>>自分の恋愛傾向が分かるプロの診断を受けてみました

友達とデート?付き合っていないのにデートする男性は相手の女性をどう思っているのか、本音と心理を解説

友達とデートする男性の気持ちに疑問を持つ女性

女性と二人きりで出かけるデートに対し、相手の男性はどんな本音や心理を持っているのだろう?

好きな人とデートする時、相手の男性が自分のことをどう思っているか気にならない女性はいないだろう。友達関係なら「これから恋愛に発展するのか」、それとも「友達止まりなのか」も気になるところ。

そこで今回は、「付き合っていない友達とデートする男性は相手の女性をどう思っているのか」についてまとめる。あなたのデート相手はどんな本音と心理を持っているか、ぜひ詳しく読んでみよう。

スポンサーリンク

付き合っていない人でも、デートするのは脈アリってこと?

世の中には「デートする関係」への価値観がとても大きく分かれている。好きな人以外とはデートしないという男性もいないわけじゃないが、むしろこちらが少数派で、好きな人以外でも「デートくらいなら」って思う男性の方が多い。

「付き合っていない人でも、デートするのは脈ありってこと?」という質問に関しては、「それまでの経緯と、相手男性の性格や考え方で変ってくる」というのが答えで、デートが成立することが脈ありの確定サインとはならない。

男性の方が女性よりデートすることに抵抗がない人が多く、当然ながら「デートに行った結果どんな雰囲気だったのか」を考える方が、脈ありと脈なしを分かりやすく判断できる。付き合う前のデートは男女共通して緊張しやすいが、すべて「恋愛的に意識しているか」と言えばそうではない。

フレンドリーな男性なら二人で出かける相手をそこまで厳選するわけでもないし、気分で動く男性も「仲の良い友達」ってだけで、相手の女性が「デートだ」と思うような誘いをすることがある。

これから、付き合っていないのにデートする男性は相手の女性をどう思っているのかについて紹介していくので、あなたの好きな人に当てはめて考えてみよう。脈ありと脈なしも今よりはっきり分かると思う。

なお、今回は二人で食事したり飲みに行ったりするパターンではなく、二人でどこかに遊びに行くようなデートを想定する。二人で食事や飲みに行くパターンを知りたい女性は下の記事を読んでみてほしい。

二人で食事する関係や二人で飲みに行く関係の脈ありと脈なしの違い~二人きりで会う意味をはっきりさせる
恋愛が進む時は、まず「二人で食事する関係・二人で飲みに行く関係」になりやすい。アプローチと見抜かれやすいデートに誘うよりも、最初に食事や飲みに誘う人はき...

恋愛のアプローチとしてデートに誘う男性の心理と、脈ありサイン

中学生や高校生のころは、デートする前にいきなり告白して付き合うパターンもあるが、大学生以降、社会人になればなおさら、デートなしにいきなり告白して付き合うことはとても少なくなる。

それを踏まえると、付き合っていないのにデートする男性は、あなたのことを恋愛対象だと見ていて、恋愛アプローチの一つにデートに誘った可能性はある。

その中には軽い気持ちから本気の気持ちまで色々あると思うが、恋愛対象だと思って男性が女性を誘う時の特徴は以下の通りなのでチェックしてみよう。

脈ありの可能性が高い友達同士のデートについて、9つのポイントを挙げる。

男性があなたの趣味に合わせたデートプランを提案してくる

男性からデートの誘いを受けた時、あなたの趣味嗜好に合わせたデートプランを提案してくる場合は脈ありサインになる。これが、ただ自分が楽しむための遊びであれば、男性の趣味嗜好に合わせたデートの提案になるだろう。

男性からデートに誘われた際は、「どんなデートに誘われたか」が重要なチェックポイントだ。

唐突な感じでデートの誘いを受けた

本気の恋愛感情がある「デートの誘い方」は男性の場合「不器用な誘い方」になりやすい。恋愛経験が多い男性ならスマートに誘ってくることもあるが、唐突な感じでいきなり誘われるのは脈ありサインになりやすいのだ。

さらに、唐突な印象を受けるデートの誘いは、女性側から見るとそこまでの関係性だと思っていなかったパターンが多く、仲が良いからデートに誘うのではなく、仲良くなりたいからデートに誘う男性心理も見える。

いずれにしても、友達関係が落ち着く前のデートは脈ありの可能性が高いので、「どれくらい仲が良いか」というのも振り返っておこう。

デート中は優しく、彼なりの気遣いを感じた

男性は付き合う前の好きな人に対しては例外なく優しい。自分勝手に振舞うような場合は脈なしとなり、脈ありの場合はデート中に気遣いを感じる場面がいくつもあるはずだ。

シャイな男性は少しわかりにくい態度を取ることも多いのだが、そんなタイプの場合は「脈ありサイン」を見つけようとするより、「脈なしサインがない」のをサインにする方が分かりやすい場合がある。

デート中に感じる優しさは、性格よりも愛情を理由にしているだろう。普段と少し違ったイメージになるなら、恋愛対象になっている可能性が非常に高い。

たくさん質問され、全て興味を持って聞いてくれた

男性は言葉のやりとりを楽しむようなおしゃべりよりも情報交換的な会話を好むので、女性が「自分のプライベートをたくさん聞かれた」という質問の多いデートは、男性の脈ありサインとなる。

相手の女性に興味を持っていることが伺えるし、特に気になることのない女性のプライベートに踏み込むのは、男性の会話の楽しみ方と違っている。

男性心理では「女性全般にモテたい」という心理があるが、デート相手に恋愛感情を持っていない場合は「質問よりも自分の話をしてアピールする」ことが多くて、質問するのは相手への強い興味がある状態。

男性とデートする際は、男性が「話す量」よりも「質問の量」を脈ありサインとしてチェックしてみよう。

次のデートの話をされた、誘われた

今挙げているサインの中では最も信頼度が高い脈ありサインが「次のデートの話が出た」というパターンだ。デート中に次のデートに誘われた場合は、どれだけ友達の雰囲気を出されても、何らかの恋愛感情が絡みやすい。

片思いの時はどうしてもストレートなアプローチをしないことが多いため、積極的にデートに誘うタイプはわざと恋愛の雰囲気を出さないようにして自分の行動にバランスを取ろうとする。

こんなタイプとの恋愛は「またデートに誘われた」という事実にフォーカスして脈ありか脈なしかを判断する方が勘違いを防げるので、積極的な態度の方で彼の気持ちを推し量ろう。

緊張してる?って思うことがあった

ただの友達の場合は仲良くなるうちに緊張感がなくなるが、恋愛感情が絡む場合は仲良くなった後でも緊張感が続く。楽しいデートができれば緊張感が薄れていくと思うのだが、それでも一定の緊張を感じるのは明らかな脈ありサインだ。

恋愛経験が少ないと「どれだけ打ち解けられるか」を指標にしがちなのだが、片思いから両想いになる過程の中では「全く緊張しなくなる」ということが起こりにくい。

やはり、好きな人には自分の評価を気にするし、自分がどう思われているかずっと気になってしまうので、自然体では居られないものだ。

「緊張してるの?」と思う行動や態度があれば、脈ありサインになる。

嬉しそうに見える瞬間が多かった

デートの後半によくある脈ありサインが「嬉しそうに笑っている態度」だ。気になる人や好きな人と楽しくデートできると自然に笑顔になってしまうものなので、ふとした瞬間に「嬉しそうにしている態度」を見た時は、素直に脈ありサインと受け取ろう。

これとは逆に脈なしの二人はデートの後半で段々と笑顔が消える。ここら辺はデートの経験の量でサインの看破力が違ってくる部分なので、デートする男性の表情は「デート後半」でより注目するようにしてみてほしい。

相手の男性が他の女性とデートしている話を聞かない

友達同士のデートは、人に寄って価値観がだいぶ違うので、相手の性格や考え方を知っていると脈ありと脈なしの違いが分かりやすい。デートした男性があなた以外の女性とデートに行っているなら1回のデートにそこまでの意味はないだろうし、他の女性とデートしていないなら特別な意味があったと考えられる。

もし余裕があるなら「他の子ともよく出かけるの?」って聞けると、彼のリアクションから脈ありか脈なしかはっきりするだろう。ストレートに聞けない場合も、探りを入れられるといい。

口説かれた

デートでお酒を飲む場合は脈ありの時ほど「口説かれる」という経験をする。お酒ナシのデートであれば初デートや2回目のデートで口説かれるところまで行かないことも多いが、より感情的になる「酔った状態」は、相手の心理が見えやすくのは間違いないところだ。

デートで口説かれるほど明確な脈ありサインが出た時は、女性に恋愛感情があるならしっかり自分からも脈ありサインを送るのが恋愛を上手く行かせるコツ。脈ありサインに気付こうとするのは、恋愛を上手く行かせるためでもあるので、自分の振る舞いも相手の態度次第で工夫するようにしよう。

フレンドリーで女性慣れしている男性は、デートへのハードルが低い

女慣れしている男性が女性の顔を覗き込んでいる

付き合っていない人とのデートは、デート慣れしているかどうかで本音が変わる。

恋愛経験が多い人に取っては「たった1回のデート」は実際大したことがない出来事だから、意味は薄くなるし、恋愛経験が少ない人に取っては「貴重なデート体験」となるので、意味合いが大きくなる。

また、男女分け隔てなく遊ぶ男性に取っても「デートする意味」が薄く、女性と二人で遊びに行くときでも「ただ遊びに行く」という心理で、相手の女性を特別に思っていない可能性が高まるだろう。

チャラチャラした男性との恋愛が難しいのは女性との関わりが多く、特別な意味を察知しにくいからだ。フレンドリーで恋愛経験豊富な男性とデートする関係になった場合は、より慎重に気持ちを判断するようにしよう。

「私が本命だと思っていたのに、他の女子と付き合い出した…」
こんな状態になるのはあなたの方がデートする関係に対して価値観を高く見ていた時である。

デート中の雰囲気や相手男性の態度を主観的に見過ぎていた時は勘違いしやすいので、「なんかしっくりこない」と思うなら探りを入れてみよう。彼の気持ちリーチすれば、当然ながら本音も心理も見えやすくなる。

相手の男性にデートするような他の女子がいる場合は、「デートする関係」の意味が薄まるので、より当日の雰囲気が大事になる。友達っぽい雰囲気はそのまま脈なしの可能性が高まるだろう。

何度もデートするのに付き合っていない場合の男性心理

付き合っていないのにデートする関係は、友達同士でも時々継続する場合がある。そんなに頻繁とまで言えなくても何度もデートするなら、カレの本音と心理がここまでの説明と少し変わってくるので詳しく解説しよう。

まず、どんな男性でも「何度も同じ女性とデートする意味は大きくなる」のが特徴だ。彼女候補としてか友達としてかを問わず、相手の女性を気に入らないと「デートする関係が継続しない」のは当然のことである。

「ちょっと遊んでみたかった」なんて本音で気軽に女性をデートに誘う男性はいるとしても、「何度も同じ女性を誘う」というのは少しの興味だけではないはず。

しかし、だから言って、デート相手が彼女候補で、何度もデートを重ねるのは「両想いだから」とするのも少し違う場合があるから注意をしよう。

ここでデートする関係が継続した場合の男性心理を、脈ありと脈なしのパターンで解説する。混乱してしまう説明になってしまっているので整理してみよう。

何度もデートする時の「脈ありの男性心理」

  • 告白のタイミングを計っている
  • 友達関係を壊すのが怖い
  • 気になる人、興味を持っている人から、好きな人へ変わる過渡期

脈ありのパターンは、恋愛の複雑性が災いして付き合うべきタイミングを逃し始めている可能性があるため、女性からさり気なく好意を伝えるのがポイントになる。

「好きだと思うんだけどなぁ」と思う時は、相手の男性がより強い確信を求めている可能性があるため、女性は段階に応じて脈ありサインの強弱を調整しよう。煮え切らない男性に対しては核心を付くべきタイミングもある。

仲の良い友達になってしまった場合は、その関係を壊すのにお互いにリスクが高くなってしまうので、二人で恋愛を盛り上げていく必要がある。

それと、「好きになりかけている時」である可能性がある点も押さえておいてほしい。

仲は良いけど打ち解けすぎていないなら恋愛関係に発展しやすいので、好きになるまでに時間がかかるタイプは少しゆっくり目に恋愛を進めていく方が良い場合もあるだろう。できたら雰囲気から察知し、カレの恋愛観について質問するようにしよう。

何度もデートする時の「脈なしの男性心理」

  • 一緒にいると楽だからデートする
  • 寂しさの埋め合わせ
  • 彼女はいらないけど、女子と遊びたい
  • 恋愛対象ではなく、ただの遊び友達

何度もデートする関係なのに付き合っていないという場合、やはり脈なしのパターンも含まれる。普通、好きな人とのことは近づけば近づくほど苦しい気持ちも持つようになるため、どこかで気持ちが煮詰まっていくものだ。本気なら、「友達のままじゃいられない」って本音と心理が当然ながら男性にもある。

でも、そんな複雑な気持ちを感じることなく、友達っぽさ全開で何度もデートする関係になった場合は、デートの回数に応じて逆にどんどん脈なしの可能性が高まる点には注意が必要だ。

もし好きな人とデートの回数が増えてきた時は、カレが複雑な気持ちをあなたに向けているかを察知するようにしよう。言いたいことがあるのに言えない雰囲気はその代表的な場面。

恋愛感情というものは自分でもなかなかコントロールできないタチの悪いものでもある。好きな人と仲良くなった場合はそれでも付き合っていないという事実を前に色々と考えてしまうものなので、ただ楽しく一緒にいる雰囲気は友達だと思っている証拠となる。

自分だけが空回りしている時は二人の気持ちに違いがある時なので、そんな視点もあるといいだろう。

さらに、もっと注意が必要なのは、「デート中にキスをした」など付き合う前に関係が進んでしまった時。何度もデートをしたのに付き合わない関係は「都合のいい女」となっている可能性もあるから、進むべき関係が友達止まりになってしまった場合はやはり黒い本音と心理が透けて見える。

ここに該当してしまう女性は、自分が都合のいい女になっているか、それとも本命彼女になる一歩手前なのかを下の記事でチェックしてみよう。キープされている可能性を感じたら、そのままだと付き合えない可能性が高くなる。

「都合のいい女」か「本命の彼女」か、違いが分かるチェックポイント10項目を解説!
女性が好きな人との関係を考える際、「もしかしたら都合のいい女にされているかもしれない」と思った時は、まずその真偽を確かめることが大切だ。 実際に都...

女性から誘ったデートなのか、男性から誘ったデートなのかで本音と心理は変わる

「デートに至る経緯」という点で「誘った方がどちらか」という点は大きなファクターだ。

「誘われた場合」と「誘った場合」でデートに対するモチベーションが違うため、女性から誘った場合はアプローチとして捉え、「これから好きになってもらう」というつもりで居よう。

今増えてきている「草食男子」は、受け身の恋愛をするところが女性から見ると本音と心理が見えにくい。特に、男性は女性からの誘いに「暇だからまぁいっか」とOKするタイプも女性に比べて多いということもあって、自分から誘った場合は「OKが貰えたから脈あり!」と思わず、まだ進んでいない恋愛なら「アプローチ」だと思って頑張ろう。

草食男子との恋愛は待っているだけの女性が叶えにくい恋愛となる。
お互いが待ちになった恋愛は成就しないからだ。

従って、性格的に恋愛へ積極的なタイプじゃないと思う男性へは、女性が自分から誘うので良いのだけど、女性から誘いを受けた男性の本音は見えにくいので対処が必要だ。ここでもやはり、探りを入れつつ好意を伝えていくことが重要ということ。

脈ありか脈なしか以前の二人の関係の時に「彼の気持ちはどうなんだろう?」と思うと、アプローチそのものが出来なくなっていくので、「自分からの誘いを受け入れてくれる」という状態へ期待感を持ちつつ、これから好きになってもらうための努力をしよう。

草食男子は女子からの誘いを本音では断りづらいと思ってOKすることも多いので、そんなカレこそデート中の態度が大事。楽しそう、嬉しそうという感情表現をしてくれるなら脈ありへ近づいている。

こんな時は、本当は男性からの誘いを待ちたいところだが、待っていると恋が叶わないタイプの男性もいるため、無理やり付き合っている感じがないなら、そのまま何度かデートを重ねて男性の心理を読んでいくといい。

デートする関係は「どちらが誘ったか」も大事であるから、そんなに消極的ではない男性が相手の場合は自分からのみ誘いを続けるより、簡単な押し引きをイメージしてカレからの誘いを待ってみるのも時に有効だ。

「最近、遊んでないね」なんて好きな人が言うなら、「だって、誘ってくれないじゃん」みたいに返す。それはそれで恋愛っぽい甘い雰囲気も漂うだろう。

まとめ

今回は、「付き合っていないのにデートする男性の本音と心理」についてまとめた。デート相手の女性へ男性がどんな気持ちでいるのかはそれまでの経緯とデート中の態度、デート後のアプローチを見て判断するようにしてみよう。

デートする関係への価値観は人によって大分変わるため、「デートした」という事実だけで判断できることは少ない。もちろん、誰とでも男性はデートするかというとそうではないのだけど、デートする相手をどこまで厳選するかは人それぞれだ。

ただし、友達関係でいる男女の多くは「食事」や「飲みに行く」という状態から「デートする」という状態へは少し高めのハードルがある。誘えるかどうかもここに大きく関係する一方で、誘える空気があるからこそ誘える面もあることから、「デートできる関係」は恋愛に取って意味深いもの。

要は「これから次第」というところだと思うので、デート中の雰囲気を良くできるよう、恋愛の雰囲気にできるよう、伝えるべき気持ちを乗せながら好きな人に接していこう。デートする関係になれたならそこから勢いに乗りたいので、恥ずかしがってばかりで好き避けするようなことがないようにしてほしい。

★女性から告白しないといけないパターンは下の記事を参考に。

★友達以上恋人未満の関係については下の記事で詳しく解説している。

★友達の好きな人の違いがよくわからなくなったら下の記事を読んでみよう。色々な状況を躁的して徹底解説している。

タイトルとURLをコピーしました