真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

告白の前兆~告白される前触れや予兆として考えられる態度やサインとは

男性が女性に告白する前兆のイメージ

恋愛していて好きな人と仲良くなると、「告白の前兆」が気になることは多いと思う。
いい雰囲気になっていたり、脈ありの恋愛では特にそうではないだろうか?

片思いの時に友達関係が落ち着いてしまうと、距離を縮めても恋人関係になるのはどんどん難しくなっていく。現在のカップルたちの成り立ちを鑑みるに、彼氏と彼女の関係になるためには「告白」が重要な意味を持っており、曖昧な関係をはっきりさせるためにも告白の前兆を見極めることは重要だろう。

実際、告白の前触れがない場合は、恋愛の雰囲気を作るために他の努力が必要になっているケースが散見される。本当にいい感じになっているかもこの記事を読めばイメージできると思うので、片思いが進んできた自覚のある人は、告白される可能性を具体化してみよう。

今回は、「告白の前兆」をテーマに、告白される前触れや予兆として考えられる態度やサインを解説する。好きな人から告白されたい!と思う人は、その可能性をチェックしてみてほしい。

あらゆるものの「増加」がキーワード

好きな人に告白を考える場合、その行為があまりにもハイリスクハイリターンな行為のため、愛情が強いほど悩みは深くなる。

仲が良くなってたまに遊んだりする関係だった人に想いを告げれば、それまでの関係を続けていくことが難しくなる場合も多いから、「告白したいから告白する」と言った単純な思考ではいられない。

従って、告白の前兆として考えられる態度やサインを考える場合は、自分(告白する本人)に関する態度と相手(告白される人)に関する態度の両面から考える必要がある。

「告白する本人」を主体に考えた場合の告白する前の前兆として考えられる態度は、下の7つがサインとなる。

  • 連絡が増える
  • 話しかけることが増える
  • グループ外で誘う
  • 二人きりで話そうとする
  • 世間話から深い話になることが増える
  • 本音を漏らすことが増える
  • 目がよく合う

一方、「告白する相手」を主体に考えた場合の告白する前の前兆して考えられる態度は、下の3つがサインである。

  • 恋人や好きな人の有無を聞く
  • 恋愛観・恋バナに関する話を振ってくる
  • プライベートの話題が増える

二つのカテゴリーに分けて挙げてみたが、告白する前触れとなり得るのは、恋愛方向に関係が進んでいく時が前兆となるので、コミュニケーションが密になって深くなるのが特徴だろう。

正し、その一つ一つは友達関係でも起こり得ることであり、総合的な雰囲気も大事に考えるべきだ。

その場合は、好きな人である彼・彼女が他の女友達・男友達に取る態度を比較して参考にしたり、友達がハタから見てどう思うかという第三者の目も参考にしてみよう。

好きな人本人だけで考えると、好きな人だからこそバイアスがかかり易くなるので、ポジティブな人はより好意的に、ネガティブな人はその逆の意味で自分達の関係を考えがちだから、周りの目も参考にする方が精度があがる。

二人で食事に行ったり飲みに行く関係なら下の記事も読んでおこう。

告白直前の態度で前触れと予兆を考える

では、次に告白されるその直前に相手がどんな態度を取るかを見てみよう。

好きな人に告白しようと思った人は、まずその雰囲気を作ることが課題になる。
「この日のこのタイミングで告白しよう」と思ったとしても、その雰囲気作りに失敗しては、流石に笑い話の途中で告る人は稀だ。

告白される、告白しようと思った時の態度や雰囲気として可能性が上がる瞬間は、下の4つをサインとして考えてみる。

  • 急に黙る
  • 訳もなくテンションが下がる
  • 二人きりになろうとする
  • 何か言いたげな態度だから「何?」って聞くと「何でもない」って答える

色々あると思うが、ポイントは「大事なことを伝える雰囲気」と「言いたいけど言いたくないという微妙な空気」が特徴と言える。告白する人に取ってはかなりの緊張を伴うアクションだから、いつもと違った感じがするのは間違いないだろう。

告白されたくない相手に妙な雰囲気を作られた場合は全力で空気を変えると相手は告白のタイミングを失うことが増えるのでそうするとして、問題は告白されたい相手がこんなサインを出した時にあなたがどんなリアクションするかである。

もし、告白の前触れを感じた場合は、その直前の重い空気は無言で耐えるのが正解となる。告白されたいと思っている人はつい「何?何?」って聞いてしまう人がいるけれど、雰囲気を壊す態度になってしまうことがあるので注意をするべきだろう。

告白すると決断した人でも実際に言葉を放つまで時間のかかるタイプもいる。告白されたいのに自分から空気を壊して「告白されない…」と悩むことがないように対処しよう。

いきなり告白をするタイプの存在

中高生くらいだったらよくあるケースとして「いきなり告白をされる」ってことがある。学生を卒業して社会人になっても、恋愛が下手な人はいきなり告白するという選択をしがち。相手と自分に「恋愛の進み具合」への誤解があると、告白のタイミングがおかしい人も現れる。

この場合は、世間で言われるアプローチみたいなものがなく、呼び出しを受けたりしていきなり告白をされる。告白の前兆がほとんどないから、告白の返事できないくらいただただ驚いて思考停止に陥る場面だ。

経験上、このタイプの告白の前触れを見破るのはほぼ不可能だった。
告白されればただただ驚く他にない。

何で告白をするのかは、告白する人の考えや気分次第の面があるので、今回テーマにしている「告白の前兆」は完全に把握するのは不可能であり、天気予報よりも当てにならない面がある。

好きな人に対して、気持ちをアピールしたり、アプローチとして様々な態度を取ることと、実際に告白の言葉を伝えるのには、かなりの壁があるために完全に見抜くのが難しいのである。

通常は、好きな人に告白する場合、関係を深めてその成功の確率を高めたり、自分の気持ちを行動面からも暖めるように恋愛するが、そうでもないタイプの存在は頭に入れておくべきで、「仲が良くなった」と思う関係に対してもそれぞれで価値観が違うから、相手の次の行動から告白されるタイミングを察知するのは限界がある。

また、その点では次のことも原因になる。
例えば、グループで遊んでいた人となんやかんやあって仲良くなってデートに行った場合、「告白のためのデート」として考えることもあると思うけど、実際には「告白するつもりだったけどできなかった」という経験をした人も多い。

告白の雰囲気作りに失敗したり、ただただ勇気がなくなって言えなかったり、理由は様々だけど、行動を起こすのには一定のハードルがあることも理解しておこう。

意識的・無意識的に関わらず、恋愛はアクセルとブレーキが巧みに入れ替わるから難しい。

「告白の前兆はあったけど告白されなかった」ってことが多いのは、このようなことも関係している。下の記事で紹介しているように、私の場合は約2年間友達期間があった人と付き合ったことがあるのだけど、そんな恋愛になれば告白の前兆や前触れはかなり不確かなものになるのは、あなたも十分に想像できると思う。

出会ってから短い場合も同様に、分かりやすいタイミングで告白しない人もいるので、いきなり告白される経験をする人は少なくないことを知っておこう。

言おうとして言えないのが告白

告白の前兆を知りたい人は、基本的に「告白されたい」と思っている人だと思う。好きな人と仲良くなれてきて、そろそろ告白されると思う時は大事な考え方があるから最後に解説していこうと思う。

恋愛は相手の立場になった考えを巡らせることがすごく重要なのだが、今回のテーマではそれが「告白する人(あなたの好きな人」」となる。

告白される前兆を少しでも感じる場合、そこで相手の気持ちを考えると、大事になるのが「告白したらOKするよ」ってサインを送ることだと気づける。

告白する人は告白した時のリアクションがとても心配だ。告白すれば告白前の関係に完全に戻ることが難しいし、最低限時間がかかる。

その状況を理解して、告白される人がちゃんと告白のOKサインを出しておけば、告白される可能性へアプローチできるのである。

付き合う前の男女はお互いに相手の気持ちに不安を抱えるので、どうしても探り合いになる。単純に相手を信じることができればすれ違いも起きないのだが、こういう時期は得てしてネガティブに考えるエピソードが出てきたりすることで、「相手は自分のことをどう思っているんだろう?」との疑問に間違った解答を出す。

付き合うタイミングは何か奇跡が起きるようなイメージよりも、もっとお互いが素直になれるかどうかであって、片思いの複雑な気持ちを抱え合っても寄り添うことができるかどうかだ。

恋愛はが苦手な人はつい照れ隠しでおかしな態度も取ることもあると思うので、この記事で少しでも告白される可能性を感じたなら、あなたからもサインを出すようにしよう。

相手の立場になって考えてみると、今あなたがやるべきことが浮かんでくると思う。思いやりを持って考えてあげてほしい。

あなたと好きな人がいい感じになっているかどうかを確かめたい人は、下の記事で確認してみよう。もしかしたら、勇気を出すきっかけになるかもしれない

まとめ

今回は告白の前兆をテーマに、告白される前触れや予兆として考えられる態度やサインを紹介した。

相手の次のアクションを予測しようとすることなので難しい面があるけど、告白直前には独特の空気が流れるかなと思う。

各種の調査結果を見てみると、告白する人の割合は高いとは言えない現状があり、交際経験が無い人が増えている要因の一つになっている。

「告白されるのを待つ側」は、相手に重大な行動を求める以上、どうしても恋愛が上手くいくことにマイナスな態度ではあるので、告白されるための行動も意識してみる必要がある。相手任せの恋愛だけでなく、「あなたができること」も考えてみよう。

告白できないことに悩んでいる人は、下の記事も合わせて読んでみてほしい。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました