>>あなたの恋愛がうまくいかない理由と向き合う

好きな人と友達の違い~男性が女性に取る態度で友情と愛情の違いを理解しよう

f:id:Brightfuture:20160519190754j:plain

好きな人と友達の違いは、実のところ敏感に察知することが難しい問題である。

この二つの違いが気になる時は「恋愛したとき」だから、好きな人としても友達としても、相手を客観的に見ることができない時だからだ。

男性は好きな人へはどんな態度を取って、女友達とはどう接するのか、気になる人以上になった男性が相手なら、考えても良く分からないのではないだろうか?

そこで今回は、男性が女性に取る態度の差で「好きな人と友達の違い」を解説する。好きな人と友達の違いから、「恋愛感情と友情の違い」も理解してみよう。

スポンサーリンク

好きな人・友達・知り合いの定義とは?

「好きな人と友達と知り合いの定義」として素晴らしい表現をしていたものを見つけたので、まずはそれをシェアしよう。「好きだけど恋愛感情じゃない…」とか「友達を好きになったかもしれない…」など、自分の気持ちが曖昧な人も参考になる定義の仕方になっている。

理由もなく会えるのが友達で、

理由がないと会わないのが知り合いで、

理由を作って会いたくなるのが好きな人です。

浜名湖うなぎ on Twitter:

埋め込み画像への固定リンク

こまほーらん◎27.1参戦 on Twitter:

実際、上のつぶやきは非常に多くの共感を生んだのだけど、明確に「好きな人と友達の違い」が短く表現されていて分かりやすい。あなたも共感できるのではないだろうか?

今回テーマの内容そのものの定義としては、これで十分説明できているだろう。私の経験を振り返っても、「用事を作って会いに来る人」は、あなたを好きだと疑うことができると思う。

友達の定義については、若干「親友」よりに近い気がして、「理由がないと会わない人、会えない人」であっても友達だとは思う。特に男女の友情をテーマに考えれば、尚更だろう。

まずは短い表現で「好きな人と友達の違い」を定義したところで、もっと具体的に「男性が女性に取る態度」へフォーカスし、両者の違いをさらに明確にしていく。

「友達を好きになった」、「好きな人が友達」という人は、ぜひじっくり理解していこう。

好きな人と友達、会話の違いは?

友達との会話は、ノリを意識し易いのが特徴になっている。特に異性の友達との会話は、表面的なものが増えるだろう。友達との会話は、楽しければそれでいいし、特に意識せず会話が進む。

それに対して、好きな人との会話は、深くなり易いのが特徴だ。
好きだから相手のことを知りたいと思うし、好きだから自分のことを知ってもらいたい気持ちが強いから、話題が深化しやすいである。

好きな人が相手の会話でも基本「楽しければ良い」との考えで会話をすることも少なくないが、仲が深まるにつれて二人だけの会話に拘っていくことが増える。会話の内容や距離感に「もっと親しくなりたい」という気持ちが乗っていく。

したがって、最初はノリで会話をすることが多くても、そのうち「真剣な話をすることが増える」のが、男性が女性にアプローチする時の態度である。友達っぽい関係から段々恋愛関係になっていく場合は、ゲラゲラ笑う会話が少し減って、シリアスな会話が増える傾向がある。

友達だと思っていた人を好きになるので、どこか緊張感がある点も好きな人との会話で漂う雰囲気を醸し出す。友達の女性には慣れていく度にどんどん崩れた感じの雰囲気になるのが特徴だ。

「好きな人が他の人と一緒に居る時はすごく楽しそうなのに、自分と話す時はそうでもない」との体験は多いと思うが、それが一概に悪いことかと言うと、そうでもなく、好きな人だからこその態度であることも多い。

特に男性は、一緒にいて落ち着ける女性を求めるところがあり、無理をしてノリがよく話す友達と、好きな人への態度とを無意識に使い分けることがあるので、気にして察知してみよう。

あまり仲が良く無い人ほど無理にテンション高めに話して、気まずくならないように努めることはよくある話だ。無言を楽しめないのも「異性の友達」にありがちである。

仲良くなる内に相手の男性が自分らしく振舞っているなら友情よりも愛情が芽生え、心の距離を近くに感じている証拠。崩れた感じで相手の視線を気にしない様子は友情が熟している様子なので、ダラけたイメージではなく「無理していない感じ」が良い。

好きな人との会話が無言になると気まずい理由や原因とは?~片思いすると沈黙が恐怖なのはなぜか
「好きな人と会話すると、無言になるのが気まずい…」 話しかけるのが苦手な人は、好きな人との会話で沈黙が恐怖だ。それが原因で、恋愛してもアプローチができ...

好きな人と友達の違いは、「一緒にいる時間」に対しての拘りが違う

上で挙げた友達の定義をみても明らかなのだが、友達は理由がなくても会える人である一方、好きな人は理由を作って会いたくなる人なので、「積極性の部分」で好きな人と友達の大きな違いがある。

「時間があるから会おう」とか、「時間が空いたから会って話したいな」と思うのが、友達である。「すごく会いたくなるか」と問われれば、友達はそうでもない相手だ。

極端に言えば、忙しかったりして時間が無ければ会えないし、その状態でも特に気にならないのが友達と言える。時と場合がかなり限定された状況でないと「会いたい!!」とはならないだろう。

対して、好きな人とは四六時中でも一緒にいたいと思うものだ。
ふとした瞬間に「会いたい」と強く想い、願う。

「会話が続くかな?」とか、「相手はどう思うだろう?」との不安が好きな人と会おうとする積極性を削ぐことはあっても、感情や欲求の面で、好きな人とは「一緒にいたい」という思いが強い。

そうなると、忙しい時の態度は必然と「好きな人と友達」に大きな違いを生むことになる。友達とは忙しい時には会わずに自己都合を優先し、好きな人とは寝る間を惜しんで会おうとするわけだ。

仲間内で遊ぶ時でも好きな人がいるなら無理しても出席しようと思うし、友達だけの場合は、次の機会で済まそうとする。

もちろん、忙しさの種類によっては、全ての機会を大切にして明らかな態度の差を付けない場合も十分にあるが、好きな人とは一緒にいたいと思っているので、察知しようとすればどこかしらの態度に違いが見えるだろう。

好きな人と友達の違いを察知したい人は、好きな人の「暇な時」ではなく、「忙しい時や余裕のない時」の態度を見てみよう。好きな男性が時間はない時でもあなたに会いたいと思ってくれるなら、それは友情ではなく、恋愛感情になっているはずだ。

積極的にかかわりを持とうとするのが好きな人、友達にお節介はしない

ケンカできるほど仲が良いとの言葉があるが、男性の場合には特にそれが言える。

男性は女性よりも合理性を重んじるから、好きな人が間違ったことをしようとするとき、男性はどうしてもそれを止めたくなる。友達ならそう強く思わないことが増えるが、好きな人にはこんな時に「積極的な関わりを持つ」のが特徴だ。

理性的とも表現できるが、女性は感情で動くことや考えることが多いのと対照的に、男性は論理的に物事を考えることが多い。さらに加えて、男性は好きな人を守りたいとの欲求を持つので、合理的でない方法を取って彼女が傷つくことが許せない部分があるのだ。

その二つが組み合わさることで、男性は好きな人に対し、積極的な関与が増えていく。

あなたが好きな人と一緒にいる時に、雰囲気を壊してまで怒ることがあるなら、それは好きな人に対する男性の父性が愛情として注がれたからだろう。

女友達とは表面的な付き合いを好むので、積極的に関与して変に揉めたくないが、好きな人は特別な存在のため、問題を放置することができない。

案外、ケンカになるのが好きな人だったりもするのだ。

「どうしてそこまで言うの?」って問いの答えが、「そこまで心配だからだよ」ってことは少なくない。その問題に「男性の嫉妬」が絡んでいたりする時は、なおのこと感情的になってしまうこともある。

相手の男性が積極的に関わろうとするときに、好きな人と友達の違いが見えるパターンは多いだろう。時々「どうしたの?」と聞きたくなる態度や行動があるのは、恋愛感情が絡んでいる場合が多い。

「好きだから気になって流せない…」
「好きだから簡単に許せない…」

こういった感情に疎い人や、恋愛感情があるからこそケンカしてしまう気持ちに疎い人は、下の記事を読んでおこう。

好きな人と友達の違いには「誠意の違い」が見える

男性は、好きな人の前では「正直でいたい」と思う人が多い。本気の場合は、好きな人に嘘をつきながら表面的な接し方をするより、お互いよく知りたいと思うのだ。友達に対しては「合わせる」ということが起こりやすいので、やはりノリ良く会話するように接する。

男性は、所謂「ずる賢いタイプ」が女性に比べて少なく、本気の恋愛感情を持っている時ほどストレートな恋愛を好む。打ち明け話をするなら、女友達よりも好きな人へすることが多いのも特徴だ。

これは、好きな人に嫌われたくないとの心理を持っていないのではなく、「ウソをつくのが嫌だ」とか、「好きな人へは正直でいたい」と強く思っているためで、本気で好きな人へは誠意ある行動を心掛ける。受け取る女性は「信頼の表れ」と取れるだろう。

対して、友達には言わなくて良いことは言わないし、聞かなくて良いことは聞かない。簡単に言えば常識的な人間関係を作ろうとするので、感情的になることが少ないのだ。

特に異性に対しては、信頼感を持つまでに時間がかかる部分もあるだろう。あなたも聞いたことがあると思うけど、男同士ではよく「女は陰で怖い」と口にする。

好きな女性を口説こうとする時、いかに相手の女性の信頼感を得るかに苦労する男性側の立場を象徴している部分であり、「誠意」に注目すると、好きな人と友達の違いが見えることは多い。

恋愛に対して慎重性を持つことが宿命付けられている女性との違いがここにあり、好きな女性を獲得するためには、男性が努力しなければならないところでもあるため、「誠意を見せる=本気の恋愛感情」との恋愛的な方程式が成り立っている。女性は、「自分に対する誠意」というきちんとした視点で好きな人を見れば、気持ちを察することができるはずだ。

本気の恋愛に本気で臨むのは男性と女性でそう大きな変わりはなく、本気度を表そうとする時、「誠意」はとても重要な意味を持っている。友達と好きな人の違いという点でも十分に言動の違いが現れるはずだ。

好きな人に嫉妬されたい!(適度に)男性に嫉妬させる方法
好きな人に嫉妬させたいと思った時は、考え方と方法がすごく大事だ。 嫉妬させようとする行為は逆効果になった時の副作用が大きいので、慎重に考える必要がある...

みんなで会いたいのか、二人きりになろうとするのか

友情から愛情に変わるとき、好きな人の態度を見ていて「二人で話したいのかな?」と思う態度を見つけることができたら、友達から好きな人になれたサインかもしれない。

通常、友達付き合いは多くの人を呼んで楽しく過ごすのが基本になる。例えば、カラオケに行くなら「大勢で行こう」となるのが友達である。

対して、好きな人とは二人きりを望む。「ごはん食べに行こうよ」という誘いに、「じゃ、誰か呼ぼうか」とはならず、「二人でいいんじゃない?」とか「いいよ、二人で行こう」となるのが好きな人に対する誘い方だ。

また、みんなでいる場所から二人で抜けようとしたりすることも多くなるのが「男性の態度の違い」としてよく見られる。好きな人と友達として仲良くなっていると「落ち着きたいのかな?」なんて思うものだけど、「二人きりになりたい」という気持ちはあまり女友達に対して抱く感情ではないため、特別な相談があるなどの事情がない限りは、好きな人に取る態度を見せていると判断できる。

友達から好きな人になる過程では、ほとんどの恋愛で「二人になろうとする態度」が見えるはずなので、逆に「みんなでいようとする」のはまだ友情関係の場合である。グループ交際が多い場合は分かりやすい好きな人と友達の違いなので、意識しておこう。

友達と好きな人の違いは、「嫉妬」に現われる!友達に嫉妬するのは、好きだから

友達から始まった恋の場合は、男女とも両方が「他の異性の話」をすると思う。簡単に言えばただの噂話のような感じであっても、時には他の異性を褒めたり、カッコイイとか可愛いといいこともあり、ここら辺は友達関係のあるあるだ。

友達だと思っている人がいくら周りの男性を褒めても気にならないが、これが好きな人になるとやはり嫉妬してしまったり複雑な感情になるのが男心。最初の頃はノリ良く聞いてくれていた彼が急にそういう話に態度が変わった場合などは、ただの友達から存在の意味が変わったのかもしれない。

「男の影を気にする」
「好きな人の友達と仲良くすると気にする」
こういった感情を察知したのなら、友達ではなく好きな人の可能性がある。

友達と好きな人の違いは「嫉妬」に絡む態度で見極めることができるので、男性の嫉妬に疎い女性は、下の記事をチェックしておこう。

友達の場合はみんなで仲良くしたいから男女関係なく友達を褒める話は盛り上がりやすい。褒める時というのは多くの場合でみんなが共感できることだと思うので、「何で不機嫌になるの?」と思う態度を取るようなら、「好きな人に嫉妬しているから」が答えになるかもしれない。

友達と好きな人の違いは「崩れ過ぎない関係」だと言ったが、こんなところにもその理由がある。あなたの話に相手男性が感情を動かしていない感じなら友達で、何かのきっかけで色々な表情をするなら、感情が動く好きな人の話だからだろう。

嫉妬は恋愛がはじまった時に大事なキーワードになるため、男友達の気持ちに気付きたい人は注目するようにしよう。より細かいサインになるが「男性の視線」について興味がある女性は下の記事も参考になると思う。

好きな人の心理は視線で分かる~男女の違いは案外大きい!恋愛にまつわる「視線」を理解する
好きな人の心理を考える時、「視線」に注目したことがあるだろうか。 好きな人の態度を全体的に気にしていることは多いと思うが、視線に注目することは少ないか...

友達と好きな人の違いは曖昧?女友達から好きな人に変わる瞬間

女友達から好きな人になるきっかけ~友達から彼女になるヒント
男友達を好きになった場合、一番気になるのが「男は女友達を好きになることがあるの?」という疑問。 確かに、一度友達認定をしたら恋愛を考えられないとい...

上の記事で詳しく解説している通り、男性の恋愛感情は「友達から好きな人に変わる」ということが実際に起きる。男性は外見から入る恋愛が多いのだけど、中身で恋愛するタイプは好きになるのに時間がかかるタイプもいて、「時間」という概念を持ち出すと、友達と好きな人の違いはかなり曖昧になるのも事実だ。

好きになるきっかけがあれば、昨日と今日で「好きな人の気持ちが変わった」ということさえあり得る。

「好きな人に取って私は友達なの?それとも好きな人になれた?」
こんな気持ちでこの記事を読んでいる人は、恋愛を進める中で好きな人の気持ちが変わるということも意識しながら片思いを進めよう。意識されてるなら女友達から好きな人になることは可能だ。

もし意識されてないなら下の記事で好きな人に意識させる方法を実践してみよう。恋愛を前提にすると、好きな人と友達の違いの一番の違いは「恋愛対象として意識していること」なので、現状を把握したら未来を変えるために恋愛に頑張ってみてほしい。

まとめ

今回は、好きな人と友達の違いについて解説した。概念的な定義を最初に紹介し、男性が女性に取る態度で好きな人と友達を違いを解説したが、ポイントが理解できただろうか?

友達と好きな人で、言動を分けるのは、男女変わりがなく普通のことだ。

しかし、友情から愛情に変わる瞬間もあるし、仲の良さが曖昧であれば、男女の友情と愛情の関係はかなり怪しいもの。友達から好きな人へ変わることもあるし、逆だってあるだろう。

男女で友情が成立するかは、また機会を改めて記事にしたいと思っているが、なかなか微妙な問題であるのは間違いない。そこら辺も踏まえて、好きな人と友達の違いを考える必要がある。

態度の違いは、いつの瞬間から始まるのか分からないので、そこにも注視ながらこの問題を考えるようにしよう。

関連記事:

普段の生活で恋愛ができない人は、「自然な出会いを恋愛につなげる力」がどんなものかを理解できていないのかもしれない。恋人ができないことで悩んでいる人は下の記事を読んでみよう。

恋する女子の「香り対策」は片想いを叶えるのに有効。男性的な感性についても詳しく解説しているので、もう一歩進めたい恋愛をしている女子は下の記事を読んでみよう。

好きな人と友達の違いを最も意識するのが「仲の良い男友達が気になった時」かもしれない。下の記事では、男友達を好きなった時のアプローチ方法をまとめているので、友達から彼女になるのを目指す女子に読んでみてほしい。

好きな人ができたら「LINE」は欠かせないツール。女性向けに「好きな人のアプローチ」に使えるLINEの方法をまとめているので、恋愛の進め方が分からない女子は参考にしてみてほしい。

恋愛は、お互いに意識していれば進んでいくというほど単純じゃない。好き避けをするのは恋愛経験の少ない人に多いので、あなたと好きな人の両方で「好き避け」が問題になりそうな恋愛をしているなら下の記事が役立つはずだ。

タイトルとURLをコピーしました