真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

【LINE】デートの誘いに返事が遅いのは脈なしなのか~OKの返信が来ない理由

LINEでデートに誘ったのに返信が遅いことに悩んでいる女性。

LINEでデートの誘いをした時、返事が遅いと脈なしを疑う人は多いと思う。

しかし、デートの誘いに返信が遅い場合であっても、脈ありのパターンはいくつかあり、「OKの返事が来ない」という時に考えるべきことがある。

そこで今回は、「デートの誘いに返事が来ないのは脈なしなのか」という疑問に答える記事を用意した。

OKの返信がこない理由をしっかり理解することで、今後の恋愛の考え方が分かるので、ぜひ参考にしてみてほしい。

デートの誘いに返信が遅いと思っても、そのサインだけで諦めるべきではない。

なぜデートの誘いに返信が遅いのは脈なしが確定しないの?

LINEでデートに誘った場合、誰もが即レスを期待するが、すぐ返信が来ないのが脈なしかと言えば、そうではない。デートの誘いに対するリアクションは相手としても考えることが複数あり、LINEでデートに誘ったのに返事が来ないという状況は恋愛のあるあるになっているのだ。

デートの誘いに限らず、LINEの返信がこない時は「なんで返事が来ないんだろう?」と考えることが重要であり、「どのくらいの時間待つべきか」という点も判断ポイントになっている。

「LINEでデートに誘われた人がすぐに返信しない理由」を解説する前に、まずデートの誘いを既読無視されたと言える時間をはっきりさせよう。

LINEでデートに誘う際、返信が来るまでの時間の目安

LINEでデートに誘う以上、返事が遅いのはよくある話。直接会っている時にデートの誘いをする時とLINEで誘う時の最大の違いは、すぐに返事する必要性だ。

  • 会っている時にデートに誘う=会話が止まるので、何かしらすぐに返事する必要がある(はぐらかす、ごまかす、流すのも含めて)
  • LINEでデートに誘う=放置できるからすぐに返信する必要性がない、返信するタイミングは相手が決められる

LINEでデートに誘うと、すぐに返事をしないといけないシチュエーションではないので、時と場合によってどうしても返信が遅れることがある。それは、脈ありと脈なしに関係なく起こるし、脈ありだからこそ返事が遅い場合もあり得るのだ。

では、LINEでデートに誘う際、返事が来るまでどの程度の時間待つべきかと言うと、LINEを送ってから約24時間が目安。昼に送ったら次の日の夜まで、夜に送ったなら次の日の夜いっぱい待つべき。

  • 昼にデートに誘う=次の日の夜まで待つ
  • 夜にデートに誘う=次の日の夜いっぱい待つ

LINEでデートに誘った際も、誘う側としてはすぐに返信を期待するのだが、誘われた相手の心理を考えると、少し時間がほしいと思っても不思議はない。

2時間、3時間返信を待たされた場合でも「デートの誘いが既読無視された」と思うのはあまりに精神的な余裕がない。そこで追撃LINEを送ったり、取り消しLINEを送ったり、もっと行って「本当にLINEを取り消ししてしまった」なんてことになれば、せっかく勇気を出してデートに誘った意味がなくなってしまう。

好きな人をLINEでデートに誘う時は、「返事が遅くなるかもしれない」と覚悟して誘うことが重要だ。

では、なぜデートの誘いに返信が遅いという事態が起こっているのだろう?

次の見出しからは、LINEでした「デートの誘いに返事が遅い理由」を解説する。

デートの誘いに返信が遅い理由

LINEでするデートの誘いに返信が遅い時は、必ず何かしらの理由がある。よくあるパターンからレアなパターンまで網羅的に相手の理由を解説するので、「返事が来ないのは脈なし」だと落ち込む人は、ぜひ参考にしてみよう。

デートに誘われたのか、そうではないのか分からなかった

LINEでデートに誘う際は「曖昧な誘い方をしてしまう」という間違いがよくある。

そうなると、相手としては「返信しにくいLINEを受けとる」ことと同義になるため、すぐに返信しないで放置しがちだ。

真意が伝わらないと、何を返信したらいいか分からないので、つい返事が遅れる。

「これって、誘われてるの?それとも社交辞令?」

ストレートに誘った人は当てはまらない「返事が来ない理由」になるとは思うのの、一度「自分の誘い方が悪くなかったか」という点は考えるべきだ。

恋愛している時は主観的に自分を見てしまうので、「これでデートに誘ってるってわかるだろう」と思った誘い方が、相手に取って分かりにくい誘い方になっていることがよくある。

付き合う前は腰が引けたアプローチをしてしまうことがあるので、注意しよう。

腰の引けたアプローチとは~片思いの恋愛で好きな人に「腰を引いしまう男」の特徴を解説!
以前書いた「【恋愛】失敗経験を増やす「腰の引けたアプローチ」は、セルフイメージをどんどん下げる効果しかない」という記事で、読者から「腰の引けたアプローチ...

いきなりデートに誘われたら、相手は戸惑う

デートに誘った時に相手からの返信が遅い時は、突然デートに誘われて相手が戸惑っている可能性も考えおこう。この場合は脈ありパターンが多数あるので、付き合う前の恋愛の気まずさとも表現できる。

それまでデートしなかった二人がデートすることになれば、それはそれで大きなことだ。友達として接していたのだから、デートに誘われると戸惑うのは普通のことで、「なんて返信したらいいか分からない」という状態になりがち。

LINEは一度止まると返信のタイミングが掴めないことも多いので、「明日返信しよう」と思ってとりあえず放置されることもある。

デートの誘いは、わざと返事を遅らせる人もいる

特に女子に多い感覚だが、「デートに誘われた時は、すぐに返信しないべきだ」との恋愛観を持った人がいる。

その心理にあるのは、「すぐに返信すると好きバレする」とか「返信が早いとノリノリみたいで恥ずかしい」など、デートの誘いに駆け引きする人にも色々な心理が隠されている。

確かに、付き合う前の微妙な会話は気を遣うことが多いので、2~3時間返信が来ないだけで慌てるのは「相手の気持ち」を考えた時に間違いである。

デートの誘いのLINEに即答しないのは、軽い女に見られたくないとの心理も絡むし、複雑になることを知っておこう。

恋愛の駆け引きは、相手の気持ちを操ると言う場合だけでなく、自分の中で為される面もある。

予定の確認と調整

デートの誘いに返信が来ない時は、相手に予定が入っている可能性も頭に入れておこう。その場合、脈ありであれば「予定が入っている」と返信しないで、予定の調整をしようとする人が多い。

付き合う前のデートの誘いは気軽に返事ができないという感覚になるので、もしスケジュールの問題で合わない時は返信が遅れてしまうことが多くなっている。

予定の調整をしてまでデートに来てくれるのは脈ありサインであるため、返信スピードで相手の気持ちを計ると勘違いしやすいので注意をしよう。

デートの誘いと関係ない急用で連絡が途絶えた

LINEでデートに誘う時は会話中に行う場合も多いと思うが、たとえ会話中に誘った場合であっても相手に急用ができれば返信が来ない状況になる。デートに誘った直後にLINEが途切れた時は気まずくてしょうがないが、追い打ちLINEは送らずにとりあえず様子をみよう。

恋愛の現実を考えると「デートの誘い」と「急用」が同時に来ることなど確率的に低いと思うのだが、デートに誘いなれた人は必ず一度は経験している。ドラマみたいな横やりやリアルにも起こるのだ。

もちろんその中には「デートの返事が遅れた言い訳」もあるのだろうが、もらった返事はOKなのだから不思議な感覚になる。初心者は突然の邪魔ものにすべてを壊されないよう、何かしら返信が来るまではどんと構えて待とう。

断るタイミングと断り方に悩む

ここまでポジティブにデートの誘いに返事が遅い理由を紹介してきたが、即答できない理由はやはりネガティブな感情が絡む。

断り方を考えるとOKの返事をするより時間がかかるし、断るタイミングを計るタイプもいるので、「デートの誘いに返事が遅い=脈なしの可能性がある」のは間違いない。

ただし、誘われて断る時はすぐ返事をする方が気まずくならない。時間を置くとそれだけで気まずい雰囲気が漂うことは誰もが経験しているので、既読無視されない限りは前向きに考えることが重要

とは言え、デートの誘いに返事が遅い時は脈なしを疑ってしまうもの。次は、脈なしの見抜き方をもっと詳しく解説する。返信のスピードだけで判断しないように、しっかり理解してほしい。

デートの誘いに返事が遅い時、脈なしだとどんな返信が来る?

LINEでデートの誘いをした時に返信が遅い時は基本待つのが正解だが、どんな返信が来たら脈なしなのか、ポイントを4つ紹介する。

1日待っても返信が来ない

LINEでデートに誘った際は次の日いっぱい待つのだが、翌日を過ぎて返信が来ない状況は基本的に脈なしだと考えよう。すぐに追撃LINEを送るのは控えるとしても、デートの話題から他の話題に変えてコミュニケーションが取りたいシチュエーションとなる。

相手が「返信の仕方が分からない」と思っていても、普通は翌日に探りを入れる。駆け引きだったり、返事のタイミングを計っている場合であっても、1日以上放置される理由は脈なし以外に浮かばない状況だ。

稀に2日目や3日目にデートOKの返事が来ることもあるのだが、少なくても恋愛感情を持っているとは思えない。相手の心理としては「まぁいいかな」くらいの気持ちであると推測されるので、過度な期待は禁物だ。

断り文句だけで返信が来た場合

脈ありの時でもデートの誘いが断られることもあるのだが、もし返信が断り文句だけのメッセージで、断ることにフォローがない場合は完全な脈なしサインとなる。

通常、気になる人以上の人からデートに誘われたら断る際に必ずフォローしたくなる。ただ断るだけだと次の機会がなくなるからだ。

断り文句にも色々種類があるから脈ありを疑うセリフもあると思うが、一言だけ送られてくるなら「相手の気持ちを軽視しているサイン」となるため、厳しい判断が必要だ。

話をそらす、話を流す

LINEでデートに誘った時に返信が遅い場合は「返事をしないパターン」があるのだが、強めの脈なしサインになるので注意をしよう。相手が鈍感だとデートに誘われてることに気づかないこともあるのだが、話をそらす・話を流されるというのは上手くいってない時の恋愛にあるあるだ。

相手が奥手だと返事が遅れたLINEを蒸し返して返信するのは「恥ずかしい」と思うこともあるのだけど、だからと言って話題を変える判断が間違いであることに気づくものだ。脈ありであるなら「恥ずかしいけど、返信する」という判断になるはず。

少なくても、軽く触れるくらいはしてくれるはずなので、微妙な返信が来た時は改めて誘いなおそう。脈なしっぽくて余計に勇気がいると思うのだけど、LINEのタイミングがずれると相手にも考えることができてしまうので、仕切り直しの誘いをしないといけないパターンとなる場合がある。

予定が合わないパターンは「他の日の提案があるかないか」に注目

LINEでデートに誘う際、「〇日、空いてない?ご飯食べに行こうよ」などと、日にちを指定して誘うこともあると思うのだが、その際にもしスケジュールが合わない場合であっても、脈ありなら相手が他の日を提案してくる。

会話を進めてしまうと気まずくならないように話題を変えてしまうこともあるのだが、そっけない断り方はやはり脈なしサイン。これも断る返信にフォローがないパターンなので、二度目の誘いは控えるべきだ。

脈ありの片思いはお互いに「デートしてみたい」という気持ちが合わさるので、そっけない断り方でLINEが終わることはない。

デートの誘い、返信が遅い時にやってはいけないこと

最後に、ちょうどいま「返信を待っている」という人のために、デートの誘いをした後で返信が遅い時にやってはいけないことをまとめる。

NG行動を取らないように注意点に配慮しよう。

追撃LINEは2日目

現状が脈ありであれば、次の日いっぱいで返信がくるはずなので、追撃LINEを送るなら二日目以降が妥当だ。毎日LINEする関係であっても、次のLINEは二日目にしよう。週に2回~3回のやり取りなら、三日目まで我慢する方が脈ありと脈なしの違いがはっきりする。

デートの誘いにOKするかしないか迷っている場合、返信する前に次のLINEが来るとかなり萎える。プレッシャーを感じる人もいるし、スケジュール調整をしている最中かもしれないので、基本的には返信を待つスタイルは貫きたいところ。

ただ、デートの誘いがきっかけで気まずくなるのももったいないので、3日目まで待って返信が来ないなら自分から話題を変えてLINEする方が現状からの逆転が可能だろう。まだ追い続ける場合は、十分な時間を取ってからLINEするようにしよう。

会う予定があるなら普通に接する

デートに誘った好きな人と、返信が来る前に会う予定がある人は、自分から気まずい雰囲気を出さないように注意しよう。とにかく普通に接するように頑張り、OKしにくい状況にしないのが恋愛成就のコツだ。

こういったタイミングですぐに気まずくなる相手と人は恋愛したいと思わない。たまたま返信が遅れただけかもしれないので、自分からOKされる可能性を減らす行動はNGだ。

落ち込む

デートの誘いは、タイミングが悪いと脈ありの時でも返信が遅い時がある。そこで落ち込む気持ちはわかるのだが、自分からアプローチしているならむしろ自分を勇気づける方が素敵な自分で恋ができる。

元気がない状態で好きな人と接すると、それだけでもプレッシャーを与えることがあるし、そもそもネガティブな気持ちで好きな人と接したり、その姿を見られるのは自分の魅力を損なうことになる。

片思いはなかなか順調に進まないところがあるので、返信が来るまでの時間で自分にまけないようにしよう。この記事で脈なしサインについても触れているが、あくまでも「現状」という意味で言っている。ここからの頑張り次第で脈ありに変えていける恋をあるので、OKしてもらえなかった場合でも前向きに恋愛するべきだ。

まとめ

今回は、「デートの誘いに返事が遅いのは脈なしなのか」という問題に恋愛の専門家として答えをまとめた。OKの返信が来ない理由は色々な角度から考えるべきなので、この記事でまとめたことはすべて理解しておいてほしい。

付き合う前はお互いの繊細な気持ちが交錯するため、時間を置くことができるLINEの誘いはタイミングがズレやすい。待っている時間はドキドキしていたたまれない気持ちになるものの、相手にも事情や複雑な心理があるので、一定時間は慌てないで待ってみよう。

記事内では脈なしの返信についてもまとめているので、返信のスピードは一つのサインと考え、脈ありか脈なしかの判断は総合的にジャッジしてほしい。

もしOKの返事が来たなら、より良いデートにして二人の関係を盛り上げよう。下の記事も参考にしてみてほしい。

なかなか片思いが上手くいかないと言う人は、下の記事を参考にしてみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました