「彼女いらない」男の理由~男性の心理と本音を知ろう

彼女がいらないという男性のイメージ

あなたの周りに「彼女いらない宣言」をする男はいるだろうか。
好きな人が「彼女いらない」なんて言うこともあるから、その男性心理や本音がどんなものかに気になることはあるかもしれない。

どんな男性に対しても「彼女がいた方が幸せな生活なんじゃない?」と思うことが多いかもしれないが、彼女がいることでリスクがあったり、環境や状況から「彼女なんていらない」って思うことや「今は彼女いらないから」なんて言うこともある。

この記事では「彼女がいらないと言う男の理由」を説明しながら、男性の心理や本音を紹介しよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

特定の彼女を作りたくない

付き合っている特定の彼女を作りたくない心理は、モテる男性に多い理由だ。

特定の女子と付き合うより、都合のいい付き合いを好んだり、遊んでいたい心理から彼女がいらないと考える。彼女がほしいと思えば作れる自信もあるため「今は」という条件が付くことが多い。

男性は多くの女性からモテたい気持ちを誰もが持っている。その欲求が表現されるかどうかは案外人それぞれだが、モテる男子で若いなら、興味関心の意味も含めてフリーでいることで遊びたい欲求を優先するイメージだ。

誰か女性を一人選んで付き合うと、一定の束縛があり自由に遊ぶことも難しくなる。この「遊ぶ」というのは女遊びだけじゃなくて友達付き合いも含むため、彼女がいない解放感も彼女がいらないという男性は求めているところがあるだろう。

女性心理ではこの理由を発想することが難しいため、男性の考え方として知っておこう。モテる男子は特定の彼女を作ることに、自由を制限されるとか、友達とも遊びにくくなるという考え方をすることがある。

元カノを引きずっている

男性は、元カノを忘れるのが不得意な人が多い。
彼女に情を持ちやすいことや女性を守るべき存在と見る心理など「男性特有の理由」で、元カノを忘れることが難しいという問題を抱えているのが男である。

彼女いらないと言う男の中には、元カノを忘れないことでそう言っている場合がある。

話をしている内に、引きずっている元カノの存在を感じたり、別れた直後に「彼女いらない」って言っているようであれば、「元カノを引きずっているから彼女がいらない」という本音が見える。

この場合は、時間の経過で解決できる可能性があるが、別れた直後より時間が経ってもまだ引きずっているようだと、忘れる時期が予想しにくい。

彼女いないのは、いらないと思っているからアピール

ある男子に彼女がいない理由もいろいろあるから、本当のところはどんな理由でその男子に現在彼女がいないのかはわかりにくいところがある。

しかし、どちらかといえば彼女がいる人を幸せだとみる向きや、モテるとみる向きもあるため、彼女がほしいと思っているのにいない状態は男性に取ってやや恥ずかしいことに感じる。

特に恋愛経験がない、付き合った経験がないという男性は彼女がいないことをコンプレックスにしがちだ。
そこで登場することが「彼女はいらないから」って彼女がいない事実の言い訳に彼女いらない宣言をする男性である。

「自分がモテないから彼女がいない」のではないという意味で、「彼女いらない」という男性がいる。この場合は、本音ではモテたいと思っているのが特徴で、いわゆるアピールとか自分のフォローに使う場合が多い。

見栄っ張りの一部だが、ある特定の女性に向けて言うのであれば、過去形にしてアピールにする場合がある。
「彼女いないのは彼女いらないと思っていたからだよ」って感じだ。

現在進行形なら本音は見えにくいが、今どう思っているのかを聞くと気になっている人がいるかや、好きな人が相手なら脈ありか脈なしかわかる場合がある。

スポンサーリンク

アプローチがうざい

いきなりこの理由で、誰かに向かって「彼女がいらない」とは言わないが、押しまくっている恋愛アプローチがうざいと感じた時に、その人に向かってこの発言をする場合は十分にあり得る。

「俺を狙っても脈なしです」という本音で彼女はいらないから諦めるように促したい心理だ。

振った振られたの関係になると面倒も多いので、気持ちを察してほしい意味でも使われる言葉だ。もし、その他の脈なしサインもその女性に出しているのであれば、それは脈なしサインで彼女がいらないとアピールしている。

大事な時期であったり忙しい時期だから

大事な時期に彼女が必要かどうかという問題は時々話題になることだが、意外と答えは分かれる。

全ての男が大事な時期や忙しい時期に彼女をいらないと考えるわけではないが、実際に彼女がいる時に取られる時間は大きいため、彼女がいらないと考える男性はそこまで少数派ではない。

彼女がいるから頑張れるという男もいる一方、体も心もコストのかかる「恋愛」を避ける人は一定数いるため、彼女がいらないという判断につながる。
合理的に考える男性脳を踏まえると、十分に理由となる部分だろう。

彼女はめんどくさい

これもどちらかというとモテる男子の心理だが、彼女がいらない理由に「彼女という存在がめんどくさい」と思うことも関係している。今までの付き合い方でそう感じているので、付き合った人数は2人以上である場合がほとんどだ。

確かに男性と女性の感性は違うから、付き合うってことがお互いの歩み寄りを必要としていて、男性が女性をめんどくさいと思うだけでなく、女性が男性をめんどくさいと思うこともあって、さらに言えば「恋愛がめんどくさい」と考える人までいるのが現実。

こういう人は本当に好きな人ができると結構変わりやすいという経験則があるが、恋愛がめんどくさいとまで思っていると、そもそも親密になる異性自体を作らないことが多い。

好きな人が彼女のことをめんどくさく思っていそうな態度で「彼女いらない」と言うなら、ウザイ女性にみられると終わりだから気を付けたい。友達付き合いで仲良くなって友達以上の関係になれたときは乗り越えやすい理由なので、頑張ってみる価値がある相手だろう。

恋バナから話を変えたい

「彼女がいらない」という発言は、恋愛話になってから出る場合が多いが、話を変えたい時に「彼女いらない」ということがある。

この場合は、「その女性が好きだから」というパターンもあり得る。

「彼女いないの?」って話題が進めば「好きな人は?」という発言が予想されるし、相手の女性が自分の恋愛話をすることもある。
アプローチ中であれば、聞きたくないし話したくないこともあるので、「彼女いらない」という言葉で恋愛話をシャットダウンしたい心理だ。

これまでの理由と合わせて使われることもあるので、本音でどう思っているかは理由を特定しにくいが、話題を避けるために使われる場合があり、それは好きバレを防ぐ意味でも使われることがあることを知っておこう。

まとめ

彼女がいらない理由を見ていると、この発言だけで心理や本音を探ることが難しいことが分かると思う。恋愛アプローチとしての本音が見えたり、脈なしアピールだったり、理由は様々あった。

「彼女いらない発言」の中にはプラスとマイナスがあるので、相手の状況や取り巻く環境を考えずに、彼の言葉をそのまま彼女を作る気がないという発言だとは考えない方が良い。

しかも、いくつかの理由では発言とは真逆に、いきなり恋愛を始める可能性がある点も頭にいれておこう。

彼女いらない=そういう女性がいないだけってことがあるから、まだあまり知らない女性に話す言葉なら意味を持たないこともあるだろう。

ストレートに喜べる言葉とは言えないので、その人のことを客観的に見て、今回挙げた理由から本音を考えてみよう。気持ちを乗せている場合があるので、言い方にも気を付けると良い。