女性から告白しなければならない状況と男の特徴7つ

女性からの告白をイメージした口紅

あなたは、正式な彼女になるために女性から告白しなければならない時がどんな時か分かるだろうか。

女性から告白することには抵抗がある人も多い思うが、それでも時と場合によっては、女性から動かないといけない時が存在する。

今回は、女性から告白しなければならない状況と男の特徴を説明しよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

関係をはっきりしない男との恋愛は、女性から告白するべき

モテるタイプに多いが、仲良くなった女性を「都合のいい女」にしてしまう男がいる。詳しくは、下の記事で個別に扱っているので確認してみよう。

付き合っていると思っていたけど勘違いだった経験をする人が犯している決定的なミス
異性と仲良くなってすごく一緒に居る時間が増えると、恋人同士のような感覚を覚えることがあって、「付き合っていると思っていたけど勘違いだ...

上の記事は「ミス」という形で表現しているが、付き合っているのか付き合っていないのかをはっきりさせないことが問題となる恋愛になった場合は、女性から告白することを検討するべきだ。

現実的に考えて「都合のいい女」になってきていると感じるときは、なるべく早めに対処する方が本命の彼女になれる可能性を高める

もし関係が進んでも告白しない男には、女性から告白をした方が良いだろう。
告白されていないと言っても、好きな人と上手くいっている形だから関係が崩れることを恐れると思うが、そのまま微妙な関係を続けた方が傷つく可能性が高い状況である。

告白のタイミングが難しいのでそこは吟味しつつだが、女性が都合のいい女になったと感じるような恋愛では、いずれにしてもどこかで関係をはっきりさせないといけない瞬間がくる

曖昧な関係が辛くなってきた際はさらにその重要性が増しているので、きちんと本音の話ができるように頑張ってみよう。

スポンサーリンク

告白できない自信のない男性には、女性から告白するしかない!すれ違いを防ごう

告白は、男女に取って勇気のいる行為であることは共通している。本来は、男性側が決める時に決めないといけないのだが、自信のない男はなかなか告白できないと言う特徴がある。好きだからこそ大事に想う心理なので、相手の男を責めるよりも、あなたにできることをやってみる方が幸せになる道だ。

自信の無い男は、告白を「男女のどちらからしても良いもの」だと思うことで心理的に逃げていることも多く、なかなか告白の決断せずに微妙な関係を続けてしまう。

自信がない男を女性が放置すると、何かのきっかけですれ違いが起きた時に諦めてしまうのが、女性から告白しない時のデメリット。相手の男性は、自分に言い訳してカップルになるための最後の努力をしない状態が続いているので、それがしんどくなった時に「諦めたい」という心理にもなりやすい。

女性からすると厄介な問題だが、自信の無さが告白しないことに繋がっていそうな男には、女性から告白してあげた方が上手くいく。あまりはっきりしたことが言えない優しいタイプの男子なら、自分から告白することも考えてみよう。恋愛はタイミングが重要だから、放置すればすれ違う。

下の記事では「両想いだと思うのに告白してくれない男性の心理」について解説しているので、男性の気持ちが知りたい女性は参考にしてみてほしい。

彼女と別れた直後の男性は、告白できないパターンもある

彼女と別れた後にあなたと彼が急接近した場合、男性からの告白はしばらく無い可能性がある。あなたのことを好きになっていたとしても、別れた後だけに「しばらくそのままの関係で良いかな」と思いがちなシチュエーションであり、付き合うことなく関係だけが進み易い。

それでもしばらくして男性から告白してくれるなら問題ないが、別れた直後は傷ついている状態なので、また彼女を作るための告白に踏み切れないことも。

特に、失恋したことをあなたが癒しているような状況になっていた場合は、告白することで関係が崩れることを恐れる心理も働くから厄介な問題である。相手の男性が抱く「元カノへの責任感」なども考えると、女性側から告白した方が良い状況だ。

元カノのことを気にして告白できない男性は私の経験でも多く見てきているので、好きな人が別れた直後なら、女性から告白することも検討しよう。

下の状況も考慮してほしい。

元カノとあなたが繋がりのある関係は、男性が告白待ちになる傾向

上で挙げたことに付随して、元カノに何の未練が無い場合でも、あなたと元カノに繋がりがあれば、女性から告白した方が良い状況だ。

元カノと友達であればあなたも気まずい思いをしてしまうが、同じ職場とか同じサークルや同じ学校とかの意味で「薄い繋がりがあるだけ」なら、自分から関係を固定させる告白をした方がいい。

直接仲が良くなくても、元カノと次に好きになった女性に繋がりのある場合は、男性の特徴として告白を躊躇する場合がある。結局本当に好きになったなら相手の男性からいずれ告白があると思うのだけど、体裁を気にするタイプも多いから注意が必要。加えて、元カノにどう思われるかななんて思ったりも。

女性から告白されたなら、相手の男性は付き合い始めるのに自分の中で言い訳ができる。自分としては体裁が保てるので、「もっと時間が経ってからしか告白できない」と好きな人に考えさせることでタイミングを失ってしまうくらいなら、女性から告白した方が良いだろう。

相手にカッコ付けたい気持ちが出ているのか、やせ我慢なのかは微妙な問題で、誰に気を遣っているかも曖昧だから、女性としてはヤキモキする理由だろうが、細かいことを気にするタイプなら色々と気にしてしまうものだ。

「今は…」なんて思っている内に壊れる恋愛が多いから、相手の男性の元カノ関係がややこしい場合は女性から告白する方が上手くいくだろう。

20代になっても付き合ったことがない男性は女性から告白するのが正解

【調査で発覚 付き合ったことがない20代男性は4割!】20代の草食男子は出会いを求めて告白する勇気を持て
付き合ったことがない男性の割合が4割もいると言ったら、おそらく驚く人の方が多いのではないだろうか? 男性の中で恋愛に積極的でな...

上の記事でも紹介しているように、現在は20代でも付き合ったことがない男性は4割に上っており、恋愛下手が非常に増えている。

恋愛経験がないと告白のタイミングが分からないだけでなく、告白の仕方が分からない男性も多くて、こんなタイプとの恋愛では「女性のリード」がどうしても不可欠である。女性から告白しないと付き合えない男性というのが現実に存在するため、相手の恋愛力に寄っては女性から告白するのが恋愛成就の条件になることすらある。

付き合った経験がないと「友達のままでいい」と思いやすいし、好きな人と仲良くなれただけで満足してしまうので、女性からいくら脈ありサインを出しても好きな人から告白されない状況が続きやすい。

いい感じの雰囲気になるまで女性がリードしてきた恋愛においては、「最後の最後まで女性がリードする」のが正解となる。

自分より優先されてしまう「何か」がある男性は、女性から告白するべき

たとえば仕事が忙しい人だったり、夢や目標に頑張っているような男性は、恋愛の優先順位が低い傾向が強い。告白しないで微妙な関係を続けるのは、自分(女性)の優先順位が低い場合があって、そんなタイプとの恋愛では「告白を待っているのにずっと告白されない」という状況になりやすい。

これを説明すると、女性から「私より優先したいことがあるなら告白してもフラれるんじゃないの?」と聞かれるが、それはあなたへの好意の度合と、どれだけあなた以外を優先するかで変わる。

確かに、本当に忙しい人は「付き合っている余裕がない」となってしまうことがあるけど、きちんと関係を作ってきていて、両想いであれば、付き合える可能性の方が高い。相手の事情を良く知るのがポイントになるだろう。

付き合い方を考えることになる事は多いけど、今の雰囲気が良いなら単純にフラれることは稀で、想い合う関係になれていれば余程のことがない限り、付き合い方を考える方が普通。

フラれる心配は付きまとうことになるとは思うが、「このままでいい」と思われている状況は恋愛的にマズイから、色々な話をする中で彼の気持ちを確かめていこう。付き合うということはお互いに物理的・精神的の両面で負担があるから、積極的にカップルにならない人がいる。

女性の「付き合いたい」という希望がはっきりしているなら、女性から告白することで話し合うべき状況(男性)だろう。

鈍感な男は告白のタイミングが分からない!不器用な男性には女性から告白する

f:id:Brightfuture:20160719185538j:plain

男性は、女性の気持ちに鈍感なタイプが少なくない。時には恋愛の雰囲気に疎すぎて、なぜその子と仲良くなっているのかもわからないという人まで出てくる。

恋愛事に鈍感だったり、不器用な男性と恋愛したときは、男女で告白のタイミングがズレるのが大きな問題点だ。モヤモヤしている内に、お互いに相手の気持ちを誤解していくことも多い。

女性の中にはうまくリードして男性に告白させることもできる人がいるのだけど、好きな人がなかなか好意に気づいてくれなくて、恥ずかしくなったりムカついてきてしまうなら、自分から告白していくことを考えるべきだろう。

鈍感なくせに彼女の気持ちが分かるまで告白できないという男性もいるので、どれだけ待っていても告白されない状況が続くこともあり得る。

鈍感な男は不器用であることも特徴なので、あまり「どちらが告白するか」の問題に拘らずに考えることも重要だ。

告白される方法を実践してみたい女性は下の記事を読んでみよう。

好きって告白されたい!好きな人に告白させる4つの方法
女性は、自分から告白するのが嫌だって思う人が多い。愛されたいという欲求が強いし、「女なら男に追われる恋愛をしたい」と思うことも多いは...

まとめ

今回は、女性から告白しなければならない状況と男の特徴を説明した。

お互いに好き同士であればどんな関係でも相手からの告白はあり得るし、今回取り上げたポイントも「彼女の方から告白しなければならない」と確定するわけではない。恋愛は二人でするものだから、全部をあなたが抱えないといけないわけではない。

しかし、恋愛は不安や心配がしんどいものでもあるので、告白を躊躇して男性任せにするのが楽になる方法とも言えない。あなたの状況や好きな人の状況、二人の関係でも「自分から告白する選択」も頭にいれておこう。

女性から告白すること自体を、男性が嫌なことだとは思わない。

もちろん、男性的な感性で最後は自分がバシっと決めたいと思っていることもあるので勇み足は禁物でもあるが、本来あるべき時期に告白されないなら、女性からの告白はアリだ。状況によって相手から告白されたいと思うときが男性にもある。

色々な男性がいて、状況ごとでも変わってくるので、今回の記事を参考に「どうしたら二人がうまくいくか」を考えよう。

好きな男性から告白されたいと思っている女性は、「告白の前兆」をまとめた下の記事がおすすめだ。

関連記事: