「好きだけど付き合えない」あの人の気持ち~両想いなのに付き合えない理由って何?

なぜ振られたかを考えている女性のイメージ

好きな人に告白した時、「好きだけど付き合えない」と、何とも煮え切らないフラれ方をする時がある。両想いなら告白した時点で付き合えるはずだが、断られると混乱することが多いだろう。

付き合うことは色々影響のあることなので、事情によっては両想いでも付き合えないことがあるし、そもそも本当に両想いなのかを考えないといけなかったりもする。

そこで今回は、「好きだけど付き合えない」というあの人の気持ちを考えてみよう。片思い中のモヤモヤも少しでも解決する。

両想いなのに付き合わない理由ってなんだろう。深く切り込んでいきたい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

優しさのはき違え

告白された時、断り方やフリ方って結構繊細な話だ。

告白される雰囲気があれば準備も可能だが、鈍感なあの人はそんな雰囲気を察知できかなかったかもしれない。

そうなると、問題になるのが告白してきた相手に対して「優しさ」をどのように表現するか。
告白してきた相手を振るときに、振り方で優しさをはき違えることがある。

両想いなのに付き合えない場合は、まず本当に両想いかを考えるべき。
告白は、いずれにしてもそれまでの関係を壊して次のステージに進む行為(進む方向は別として)だから、どのように返答するかはYESかNOに限らずとても大切。

「好きだけど」って言葉で、その人に取って優しいフリ方をしたのかもしれない。
前後の態度や接し方を振り返って、そもそもその言葉の信憑性を考えるのも必要だ。

告白前の片思い中:やさしさの表現がズレる場合について

今説明した部分は、告白前の片思い中にも「両想いだと思うのに付き合えない理由」となる部分だ。好きな人と特別仲良くなったのになかなか告白してこない場合、「付き合う付き合わない」の会話になったときに相手が避けるなど、両想いなのに付き合えない状況では「優しさのはき違え」が二人の関係を誤解させる。

「行き過ぎた社交辞令」のイメージで、つまりは思わせぶりな態度が優しさのみの理由で出ていた場合、二人の関係性だけが一見良くなって愛情関係が進まないパターンがあるということ。

「そんな優しさいらない…」
好きな人が社交辞令のような優しさで仲良くしてくれるのは、片思い中の人に取ってつらい。友達付き合いは恋愛感情と切り離して進んでいくものだから、雰囲気の認識力はそのまま恋愛力だ。

両想いなのに付き合えない時は、「好きな人と友達の違い」がテーマになることがある。

「責任感」が絡む二つの理由

「責任取ってよ」って言葉があるように、男女の色恋沙汰には「責任」が絡む

好きだけど付き合わない理由を「責任」の部分で考えると、二つの理由が考えられるだろう。

一つ目は付き合ってないのに関係が進んでしまって「好きだけど」という言葉で責任を濁したいからという理由。

「気持ちがあったから行為に及んだけど、付き合うことはできない」と話すことで、「あれは何だったの?」って言葉を抑制したい時に、用いられることがある。
男性に多い「好きだけど付き合えない理由」だ。

もう一つは、「責任を持ちたくないから付き合えない」と振るパターン。

お付き合いすれば、どうしても色々な面倒もあるのがデメリットなので、まだ遊んでいたかったりすると、責任の発生を回避するために「好きだけど振る」ってことがある。

こちらはどこまで好きかは置いておくとしても、本当に好きであるパターンもあり得る。愛情の深さは知れているところもあるが、恋愛観の違いで付き合えない理由だ。

結婚が絡む二つの問題

結婚を意識した場合も二つの可能性がある。

「結婚したいから好きでも付き合えない」と考えるのが一つで、所謂スペックの問題で最低ラインの条件に達していないから、次に付き合う人は結婚を意識している以上、好きでも付き合えないと考える。

女性に多いかなという印象だ。

また、「結婚をしたくないから好きでも付き合えない」と考える場合もある。

告白までに結婚願望を強めに伝えていた場合などは、お互いの恋人に求めるニーズが合っていないので、付き合えないと判断する。長期的な視点に立てば頷ける理由かもしれない。

結婚適齢期の女性が、付き合うか付き合わないかの判断に、結婚を重視して考えることは少なくない。その人ごとに、「付き合うべき人と付き合うべきではない人」が恋愛感情と関係なく存在するのは事実だ。

告白前は「迷い」がでることも !?

結婚に絡む理由で「両想いなのに付き合えない」場合は、自分の感情とは別に「理屈」で考えているとも言えるため、迷いが生じる方が一般的だ。その迷いがまた思わせぶりな態度に映ったり、難しい関係性を作る。

恋愛は感情ありきで考える必要があるから、お互いに想い合う関係なら時々壁を超えることがある。恋愛相手の価値観次第だけど、今回の問題は最後まで追っていく選択が正しい場合もあって、諦めるか追い続けるかはすごく微妙な問題

やはり、本当に好きかどうかが問われるだろう。

恋愛より大切なことがある

誰かと付き合った場合、割かれる時間はかなり多くなる。

物理的な面以外で精神面でもそれが言えるため、恋愛よりも大切な何かがある場合、好きでも付き合えないことはあり得る。

それぞれの時期や事情でその理由が色々あると想定できるが、進学・仕事・資格などはよく理由になることがある問題だ。

これは付き合った後でも恋愛の障害となるものなので、付き合う前だとなおさら乗り越えるのが大変になる。待つかどうかは判断が難しいが、相手に告げずに待つパターンは無駄になりやすいため、この理由で好きだけど付き合えないと分かった場合は、多少の話し合いの後に待つかどうかを決め、相手にもそれを伝えたい。

人間関係の問題

学生とかの時代に多かった理由。職場でも絡む問題だ。

誰かの元カレ・元カノだったり、友人の好きな人だったり、人間関係のもつれを懸念して好きでも付き合わないことを選ぶことがある。別れた後を考えてしまう人も、実際に存在しているだろう。

これが理由の場合、経験上はそこから先の関係が今回挙げているものの中では進み易いパターンだ。自分の事情ではなく、他人の事情を優先している面が強いからだろう。

体裁として、振ることから始まる面もありそう。
「振ったんだけど…」って感じで自分にも周りにも言い訳ができたら、後は気持ちが動くかどうかと言ったところだ。

告白前は相手に気遣う必要がある恋愛も存在する

人間関係が理由で両想いなのに付き合えないことが予想される恋愛の場合は、片思いの仕方にも工夫が必要だ。相手に気遣って、迷惑にならないように距離を縮めていかないと、どこかで強烈な拒否をされることが出てくる。

一般的感覚で、恋愛を持ち込みたくないコミュニティがやっぱりあるから、悪い噂につながる行為は相手の迷惑を考えないといけない。

片思いの後期でもこの問題が恋愛を壊すことがあるため、あなたの状況に合った恋愛の仕方をしよう。消極的な恋愛は実を結ばないものの、積極的すぎる恋愛も状況によって悪手となる。

ガツガツした態度を取ってしまう人など、「積極的な態度」については下の記事も参考にしてみてほしい。

「お互いの条件」が絡む理由

お互いの条件が絡む理由は、遠距離が有名だ。

一度、遠距離で上手く行かなかった経験、もっと言えば苦しんだ経験のある人ほど、遠距離恋愛になるなら好きでも付き合わない選択をする人は多い。

その他にも、それまでの話の中で「理想の彼氏」「理想の彼女」を語っていた時などは、「条件面」で振ってしまうことも。

好きと言う気持ちが微妙なほど、この理由はよくある。

付き合っても上手くいかないだろうなと予想できる時に、お互いのためを思って振ってしまうのは「相性」が最も有名だと思うが、この「条件」についても言えることだ。片思いは暖め過ぎると結果が良くないけれど、二人の雰囲気次第では強い愛情を持ってもらうための期間が必要になる場合がある。

まとめと大事なこと

今回は「好きだけど付き合えないあの人の気持ち」と題して、両想いでも付き合えない理由を考えてみた。

この問題で一番大事なことは、ちゃんと本人から理由をしっかり聞くことだ。
告白が上手く行かずにショックを受ける場面だとは思うが、そのままその答えを持ち帰っても家でモンモンとするのは間違いない。
「両想いなら付き合ってよ」って思わずにはいらないはずだ。

今回はなるべく多くの場面を設定してその理由に迫ったが、個別案件には具体的なアプローチがどうしても必要となる。

もし、こんなフラれ方をしてしまうのなら、もう一歩先にある理由を聞きたい。
そうすることで、理由によってはお互いの努力で付き合えることもあるし、誤解が解けることだってあるだろう。

もしかしたら「好きだけど」って言葉が本当ではないのかもしれないが、それを聞くことで切り替えができる人もいるはずだ。

好きな人が煮え切らない態度を取るなら、自分から進んでいくことが大事になると思うので、納得したい人はもう少し話をしてみよう。

☆なかなか恋人ができない人は、下の記事も参考にしてみてほしい。

関連記事: