真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

付き合うタイミングを逃す原因7選とその解決法のヒント

付き合うタイミングを逃す原因を考えているカップルのイメージ

友達から始まった恋愛は「付き合うタイミングを逃す」ということがよく起きる。

恋愛はタイミングが命とも言われる中で、「付き合うタイミング」は相手の気持ちに確信が持てない以上常にリスクを孕んでおり、進むにも留まるにも判断が難しいと感じるだろう。

結果、付き合うタイミングを逃す人が決して少ない現状がある。特に恋愛が苦手な人や恋愛経験が少ない人は、カップルになるタイミングにより自信が持てないため、せっかく良い感じの雰囲気を作れても、恋愛成就に至れないのである。

両想いだったのに、付き合えないのは苦しい。

そこで今回は、「付き合うタイミングを逃す原因」になることをまとめる。進んだ恋愛をきちんと叶えるためにぜひ参考にしてみよう。「付き合うタイミングを逃した!」とならないように、気を付けたいことを挙げていこうと思う。

告白できない

付き合うタイミングを逃す人の一番多い原因は、「告白できない」から。

告白のOKサインが分からないという相談は、これまでも数えられないほど受けてきてきているが、はっきり言って勝率100%の告白は、どんなモテ男・モテ女でもなかなかない。

もし、振られてしまえば大事な人を失うことに近い「告白」は、状況がどれだけ整っているようにハタから見えても、本人的には色々な心配毎が浮かんでくるのである。

それでも行うのが告白だが、付き合うタイミングを逃す人は、自分に言い訳してしまい、告白できないことで彼氏・彼女になることができない。

付き合うために告白する勇気は必ず必要になることを肝に銘じておこう。

告白できない人へは、下の記事で私なりのメッセージを書いている。

好きな人に告白できない人へ~後悔する前に考えたいこと
好きな人に告白できない人って、実はかなり多いことがデータ上で分かっている。 上の記事で紹介しているデータの中に、告白した人数の平均を条件別...

相手の気持ちを試してしまう

片思いの期間は嬉しいこともあれば、不安になることもあって、気持ちはかなり不安定だ。

一つ一つに恋に対しては、慣れているも慣れていないもなく、唯一無二のもの。
付き合うタイミングを逃す人も逃さない人も、色々な葛藤を抱えながら片思いの期間を過ごす。

この時に、ついやってしまいがちなのが、相手の気持ちを試すようなこと。
嫉妬させようとしてみたり、わざと距離を置いてみたり。

色々「気持ちを試す行為」はあると思うが、付き合うタイミングを逃すことに繋がるケースが多いので、恋愛経験の浅い人にはお勧めできない。

先程から言っているように、片思いの期間は不安を抱えている。
「もしかしたら、相手は友達としてしか見ていないかもしれない」
どんなに上手くいっているような恋愛でも、この気持ちは付き合うまで継続する。

それだけ、大事な想いであるのが「好き」という感情だ。

では、自分の不安を打ち消すために相手を試していたら、相手はどう思うだろう。
たとえ両想いだったとしても、ただでさえ不安な気持ちが更に増大することになりはしないだろうか。

確かに恋愛テクニックとして、アプローチに強弱を付けたり、嫉妬心を煽りながら恋愛を発展させたりすることはある。

しかし、相手の気持ちがある程度読めていないとそれは逆効果にもなるものだし、普通に関係が進んでいる時にはいらないものでもある。

付き合うタイミングを逃す原因になることもあるものだと認識しながら、距離感を考えると良いだろう。

相手からアプローチされると引いてしまう

「追う恋」と「追われる恋」、好みは分かれるところだが、一度流れができた関係(アプローチ期間の)は、案外そのまま流れていってしまう方が、二人が付き合う可能性は高かったりする。(どちらかが誘って、もう一方の人がそれをOKするようなイメージでここでは言っている。)

ある日を境に、片思いしている相手から、アピールされているように思うと、急に冷める人がいる。押す恋愛ばかりの男性には多いかなと言う印象だ。

決して、ラブゲーム的に落とすことを楽しんでいるわけではないが、押されると冷めると言う人は、タイプを細分化しながら一定数存在しているだろう。

冷めてしまう方の立場へ対して、ここで何かを書くとしたら

  • 冷めるような恋なら、次へ行こう
  • 冷めるのが嫌ならそのまま押していってさっさと告白してしまおう

この二つを選ぶべきと伝える。

そもそも冷める恋をどうすることもできないし、押されるとダメだと相手には言えない。

むしろ、冷める恋を途中で降りられるなら、傷付くことも無いのかなと思うので、自分に合う人をまた探す方が良いかなと思う。

でも、そんなことの繰り返しって人もいるだろう。
いい感じになったところから、どうも前に進めない人。

それが自分の経験則で分かっているなら、悩んでいる時間がきっと恋愛の邪魔をしている状況だから、二つに目に挙げた「そのまま押していって、さっさと告白する」方を選ぶべきだと思う。

克服している人は、だいたい一気に押してしまって彼女・彼氏をゲットしているのが私の周りの人間であるから、押されないように押してしまうのも一つかと思う。

自分の恋愛傾向を自覚して片思いの期間を過ごせると、付き合うタイミングを逃さずに済むかなと思うところだ。

周りに勘付かれると押せない

奥手な男子・女子に多い理由。
周りの目が気になって恋愛が進められない人は多いのかもしれない。

自分がいないところで噂話などをされても困るから、「ねぇ、〇〇のこと好きなの?」なんて聞かれたところでいつも恋愛はストップしてしまい、付き合うところまでいけない。

恋愛中は、周りから見ると結構ピエロだ。
恥ずかしい行動も、言葉も、態度も多いし、振り返ると自分的にも見え見えの言動に思える。

でも、「まぁそれも仕方がないと思うしかない」と思って、そんな行動を取っている人が多いのではないだろうか。

陰で動ける人はいいけど、そうでない人はある意味覚悟するしかない問題でもある。

いずれにしても大勢の中で接する機会がある以上は、普段の自分を偽り続けるのも難しい。

対処法の難しい分野かもしれないが、この傾向が強いなら、コミュニティー外の接触を増やすしかないだろう。メールやLINEで接触しつつ、休みの日に出かけるような感じ。

ただ、普段の生活に好きな人がいるなら、その機会を完全に排除してしまうのは勿体ない。
活かす方向で考えるべきのは間違いないはず。

いい感じの二人は周りからどうしても突っ込まれることが多くなるが、それで奥手ぶりを発揮してしまうと、付き合うタイミングを逃す原因の典型みたいになってしまう。

彼女・彼氏がいない人から言われるなら「羨ましいのかな」くらいの感覚でいるといいし、そういう感じなら相手も同じような状況になっていると思うので、せめて相手の出方には合わせたいところ。

恋愛は他人の目を気にすると「恥ずかしいもの」に当たると思うけど、上手く行き出しているからこそ周りはツッコムわけで、コミュニティー内の恋愛は、そこから先に進む勇気を持つことがとても大切。

せめて、間接的なコミュニケーションを取りつつ、つなげて行こう。
急に態度が変われば、相手は誤解するので付き合うタイミングを逃す。

誘うタイミングが悪い

押していく人は誘うタイミングを気にすると良い。

週1で誘うぞと決めても、相手がある問題だから公式通りにことは運ばないし、誘っても忙しくて断られることが何回かあると、誘う勇気を失っていく。

脈なしで誘いを断る言葉に「忙しい」があるから、誘うタイミングが悪い人はどうしても脈なしサインを受け取る回数が多くなる。
「忙しい」には本当のことだってあるわけだし、嘘の場合もあるから案外厄介な言葉だ。

誘うタイミングが悪い人はもっと外から話を始めると良い。
「休み」に関することだったり、「日常の忙しさ」など、相手の状況を把握した上で、誘うタイミングを計ろう。

アプローチを受け入れる気があるなら、忙しくても「再来週とかならヒマになるかも」とか先々の予定を教えてくれたりするから、忙しい時に誘い過ぎないように気を付けよう。

付き合うタイミングを逃す人は、そもそも誘うタイミングが悪い人も多い。

直球で予定を空けてもらうように言えることは良いことであるはずなのに、相手の都合を念頭に置かない場合は、逆効果になってすれ違う原因になる。

付き合っていないのに束縛する

付き合っている時でさえ、相手の行動を全て把握したり、制御することは不可能の中、付き合う前からつい束縛になるようなことをしてしまうと、付き合うタイミングを逃す原因になることがある。

ケンカの原因にもなってしまうことだ。

「つい束縛をしてしまう時」って、要はそれだけ感情的になっているケースが想定される。
怒る人もいれば、落ち込む人もいるだろう。

「もう、いいや」って投げやりな態度になってしまう場合も含めると、案外この問題が付き合うタイミングを逃す原因になることは少なくない。

また、付き合う前から束縛に似たような言動がある人へ対し、相手はどうしても警戒感を覚える。

「付き合うと面倒なタイプかな」と思われてしまうと、せっかくの雰囲気は台無しに。

付き合う前はまだ束縛する権利を得ていないのだと、認識しておく方が良い。
その気持ちは、告白することにもつなげられるだろう。

イイ感じの時を大事にし過ぎる

自分のアプローチをある程度受け入れてくれるようないい感じの時は、「このままでもいいかな」と思いがち。

告白しないことで付き合うことはできなくても、好きな人と一緒に居れたり、話をできる機会がたくさんあると、それだけで十分に幸せを感じる時期がある。

しかし、これも付き合うタイミングを逃す原因だ。
経験上、このいい感じの時期はあまり長続きしないことが多い。

この部分も先程のリンク記事(好きな人に告白できない人へ~後悔する前に考えたいこと)で触れているが、様々なことが影響して、結果的に付き合うタイミングを逃したと感じることが多くなるのが「いい感じの時を大事にし過ぎた時」。

適切な時期にはやはり告白が必要であるのは、どの部分を取っても言えることである。
ここに該当する場合は、リンク記事を読んでみよう。

まとめ

今回は「付き合うタイミングを逃す原因」を7つ挙げてその解決法のヒントまでまとめてみた。該当する箇所はそれぞれであっただろうか。

一つ一つの恋が唯一無二であることと矛盾するように思うかもしれないが、付き合うタイミングを逃した人は、自分の問題だった点を振り返って、次に活かすことが大事になる。

アプローチの仕方、恋愛の傾向で付き合うタイミングを逃す原因が変わってくる部分が実際にはある。

今回の記事をヒントにしながら、自分のパターンで考えてみよう。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました