付き合うタイミングを逃す原因と、告白のタイミングを逃した時の対処法

  ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

付き合タイミングを逃す男性。

友達から始まった恋愛は「付き合うタイミングを逃す」「告白のタイミングを逃した」ということがよく起きる。

恋愛はタイミングが命とも言われる。しかし、片思いの時は相手の気持ちに確信が持てない以上、付き合うタイミングに踏み込んでいく行動は常にリスクを孕んでいて、進むにも留まるにも判断が難しいと感じる。

恋愛では、たとえ両片思いの状態になっても付き合うタイミングを逃す人がいて、付き合うタイミングが分からない人は、告白のタイミングを逃すことが決し少なくない現状がある

両想いになることと、付き合うことがイコールではないから、付き合う前の恋愛にまつわる様々なタイミングを逃したら好きな人と付き合えない。

特に恋愛が苦手な人や恋愛経験が少ない人は、カップルになるタイミングに自信が持てないため、せっかく良い感じの雰囲気を作れても恋愛成就に至れない。これが恋愛傾向になってしまってる男性や女性は片思いを叶えるのが本当に難しい状況だ。

付き合うタイミングを逃した理由は色々あるにせよ、もし両想いだったのに付き合えないのはやっぱり苦しいし切ないから、もう二度とそんな経験をしないようにぜひ原因を知って対処法を学んでほしい。

そこで今回は「付き合うタイミングを逃す原因と、告白のタイミングを逃した時の対処法」を徹底解説する。進んだ恋愛をきちんと叶えるためにぜひ参考にしてみよう。

「付き合うタイミングを逃した…」とならないように、気を付けることや付き合う直前に悩みになることを挙げていくので、付き合う前の好きと言うタイミングで起こるすれ違いをぜひ卒業してほしい。

最後は、付き合うタイミングが分からない人に向けて、「本当に付き合うタイミングとはどんな時か」についても解説を加えている。

  1. なぜ付き合うタイミングは難しいのか
    1. 付き合うタイミングが難しいのは、好きと言うタイミングを間違えたら好きな人を失うリスクがあるから
    2. 付き合うタイミングを逃す人は「高校生」から「大学生」に多いが、見極め方が下手だと社会人でも起こる
    3. 付き合うタイミングを迷う時期は、どんどん気持ちが煮詰まって感情的になるから「いい雰囲気を維持する」のが難しい
    4. 付き合うタイミングを逃した後に後悔しないために、付き合う直前になるほど2人の関係性が壊れやすくなってることを自覚しよう
  2. 付き合うタイミングを逃す理由① 100%の成功率を確信しないと告白できない
  3. 付き合うタイミングを逃す理由② 駆け引き:好きな人が自分のことをどう思ってるか不安になって相手の気持ちを試す
    1. 付き合うタイミングで駆け引きする人は、付き合う前の恋愛で失敗する人
  4. 付き合うタイミングを逃す理由③ 相手からアプローチされると引いてしまう(蛙化現象に陥るパターンも…)
    1. 相手から追われると冷める人は付き合うタイミングを逃す
  5. 付き合うタイミングを逃す理由④ 周りに冷やかされたり、勘付かれると押せない人は、付き合う直前でダメになる
    1. 付き合うタイミングは「周りの目」が気になると逃す
    2. 付き合うタイミングを逃したくないなら、周りの視線は気にしないで好きな人の気持ちにフォーカスするべき
  6. 付き合うタイミングを逃す理由⑤ 誘うタイミングが悪い
    1. 誘い方が下手な人、誘うタイミングが悪い人は付き合うタイミングを逃す
    2. 付き合うタイミングを逃した人は、あらゆる意味で「間が悪い」
  7. 付き合うタイミングを逃す理由⑥ 付き合っていないのに束縛するなど「恋愛感情をこじらせる」
    1. 付き合う前から嫉妬する人や束縛すると「付き合うとヤバイ人だ」と思われるから付き合うタイミングを逃す
    2. 両思いだったのにタイミングが合わない恋愛にしないためには「嫉妬心(ジェラシー)」の扱い方が大事になる
  8. 付き合うタイミングを逃す理由⑦ 付き合う前のいい感じの時期を守りすぎる
    1. 付き合うタイミングを逃す男性や女性は、両想いになっても守りに入るから付き合うタイミングが合わない
    2. 付き合う前の恋愛は、2人の関係性をはっきりさせるタイミングがくる!その瞬間を見逃さないようにしよう
  9. 付き合うタイミングを逃したら…逆転の方法や挽回の方法とは?
    1. 付き合うタイミングを逃したら、友達としてでも一緒にいてみて、もう一度自然にお互いの気持ちが盛り上がる可能性を模索してみる
    2. すぐに告白するのではなく、さらに距離を縮めて親密な関係になると、付き合うタイミングを逃した恋愛の逆転・挽回ができる
    3. 友達だと思われてるとしても「デート」に誘う。付き合うタイミングを逃した後も誘い続けることが重要
  10. 付き合うタイミングが分からない人へ!本当の付き合うタイミングとは?
    1. 短い期間で何度も二人きりで会える関係になったら告白のタイミングを計る
    2. 好きな人と特別仲良くなった時、付き合うタイミングを逃さないようにするには?
    3. デートの重ね方が分かれば、「付き合うタイミングが分からない」を卒業できる
  11. まとめ

なぜ付き合うタイミングは難しいのか

なぜ付き合うタイミングが難しいのか悩むカップル

最初に、付き合うタイミングが難しい理由を整理しておく。

ここで解説する内容は、恋愛初心者の人から恋愛経験豊富な人まで全員が抱える「付き合う前の時期(告白する前の時期)」の問題点なので、改めて理解しておこう。

付き合うタイミングが難しいのは、好きと言うタイミングを間違えたら好きな人を失うリスクがあるから

付き合うタイミングを逃したという経験をする人は、ほとんどの場合で他の男友達や女友達より好きな人と仲良くなっている。

それこそ両片思い(二人とも相手に片思いしてる状態)も疑うような雰囲気もあって、付き合う時期を真剣に考えるだけの「親密な関係」がある。そこまで行かなくても、ある種の幸せを感じながら恋愛していることが多い。

しかし、こんな状態になるからこそ抱える問題が、付き合おうと切り出すことで好きな人を失うリスクがある点だ。

好きと言うタイミングを間違えると、今までの友達関係が終わってしまい、今ある幸せを逃すことになるため、誰もが慎重になる。

片思いでは、付き合おうとしたからこそ好きな人と気まずい関係になることがあって、好きな人との仲の良さが本当に好意・恋愛感情が要因になってるか分からないから、「好きと言ったら失うかもしれないから現状維持する」という考え方になりやすい。

これは、恋愛経験が少ない人ほどそうだが、恋愛経験豊富な人でも向き合う問題だ。

付き合うタイミングが難しい理由は、告白が二人をカップルにする行動でありながら、それまでの関係性を壊す可能性を秘めた行動だからだ。

一度、恋愛感情を持った人と普通の友達に戻ることはできるのか~好きな人・彼氏・彼女に「友達でいよう」と言われたその後
以前、「友達でいようと振る人の心理」を解説したことがあった。 片思いの告白や、付き合っているカップルの別れの際には、「友達でいよう」と振られることが実際にある。 振られる言葉として「友達でいたい」と言われると、相手の本音が気にな

付き合うタイミングを逃す人は「高校生」から「大学生」に多いが、見極め方が下手だと社会人でも起こる

今触れたように、付き合うタイミングを逃すのは恋愛経験が少ない人に多いため、高校生から大学生の時期に最も多い。

高校生から大学生は、好きな人とも友達付き合いしながらアプローチする場合が多いこともあって、「付き合う雰囲気になっているか」の見極め方も難しい傾向があり、恋愛下手だと付き合うタイミングを逃す人が続出する。

せっかく両想いだったのに付き合うタイミングを逃すのだ。

当然だが、私も高校生の時は付き合うタイミングを逃したことがあり、その経験を何度か繰り返したあとに「本当の付き合うタイミング」「付き合うタイミングが合わない時の対処法」を学んだ経緯がある。

逆に言うとこれは、社会人でも恋愛経験が少ない人は付き合うタイミングを逃しやすいということを意味していて、付き合うタイミングは経験によって学ぶところがある。

付き合うタイミングを迷う時期は、どんどん気持ちが煮詰まって感情的になるから「いい雰囲気を維持する」のが難しい

付き合うタイミングを考えている時期は、現状維持するか、一か八か告白するかを色々な面から考えているわけだが、恋愛の現状維持ができるなら付き合うタイミングを逃すことはない。

いずれ何かのきっかけで告白のタイミングが作れるから、「付き合うタイミングを逃した」と後悔するような展開にならないはずだ。

でも、いい雰囲気の現状維持は非常に難しい。付き合うタイミングを迷う時期にどんどん気持ちは煮詰まるから、好きな人に感情的になる瞬間がきたり、ちょっとした言葉の勘違いで2人の関係が壊れてしまう。

付き合うタイミングに焦らないでいられるなら、好きな人と良い関係が続いていずれ「付き合うか」という話ができるタイミングがくるケースもあるが、告白しない時期が続くと好きな人に感情的になってしまう瞬間が必然的にやってきてしまう。

思い切りネガティブになってしまったり、攻撃的になったり、方向性はそれぞれでも、いい雰囲気を壊す態度や発言をしてしまう。

片思いの後期(付き合う前、告白前)に付き合うタイミングが難しいのは、自分でもコントロールが難しい恋愛感情の高まりが起こる点も大きい。

しかも、付き合うタイミングを考える時期はイライラだったり不安感だったりを遠回しに好きな人に伝えてしまう関係性もできてしまっている。好きと言うか悩むのと同時に、好きな人との間にも色々なことが起こるから、何かの拍子にこじれると付き合うタイミングを逃すことになる。

  • 付き合うタイミングを考えない時期=恋愛感情が育ってないし、感情的になるようなことが起きても好きな人に伝える関係性がないから、適度な距離感で好意を伝えたり、アピールできる
  • 付き合うタイミングを考える時期=恋愛感情が育っていて、感情的になるようなことが起こるとたまったストレスの分だけ好きな人に伝わる方法で伝えてしまう、ストレスを我慢しきれないほど近い距離感があるから逆にこじれやすい

片思いの初期は好きな人に嫉妬しても感情の揺れ幅は小さいが、付き合うタイミングに迷う時期は恋愛が進んでいるだけに感情の揺れ幅が大きく、表立って喧嘩しないまでも外部要因で険悪な雰囲気になる場合も少なくない。

「なんで○○さんと仲良くしてるの?昨日LINEで言ってくれた言葉って好きだからだったんじゃないの!」

付き合うタイミングの前後では、良い意味で自分への好意を疑う言葉・行動・態度があるからこそ、好きな人や2人の関係性に不信感を抱いた時に感情がかき乱される。

片思いが両想いに近づくほど恋愛感情のコントロールが難しいために、付き合うタイミングが合わないと、片思いの後期は色々な事件が起きる。

好きだからケンカになる理由と、好きな人と喧嘩した時の対処法~素直になれない片思いだからこそ起きるすれ違いを考える
「相手が好きな人だから喧嘩になる」 付き合ってない男女が喧嘩するのは日常的には珍しいことだけど、恋愛感情は特別な感情だから、"どうでもいい人" には持たない気持ちを持て余すと、人は好きな人に攻撃的な言葉や態度を取ってしまうことがある。

恋愛感情は好きな人との間に良いことが起こればこれ以上ない幸福感を与えるけど、逆に嫌なことがあればこれ以上ないストレスも与えるから、付き合うタイミングですれ違いを起こした場合は、良い関係が築けていて二人が近づいてた分、壊れやすくなる。

付き合うタイミングを逃した後に後悔しないために、付き合う直前になるほど2人の関係性が壊れやすくなってることを自覚しよう

付き合うタイミングを逃した人は、その後に気まずい関係になるか、ただの友達になってしまうかの2通りの道を進むが、いずれの道も恋愛感情の副作用を織り込んでないことが多い。

同性の友達との友情と違って、恋愛感情は本当に現状維持が難しいし、あなたがとる「付き合える確証を得ようとする行動や態度」が相手を感情的にさせることもあり、非常にナーバスな関係になっている。

付き合うタイミングが難しい理由を整理したところで、次からはこの記事の本テーマである「付き合うタイミングを逃す理由」を解説していこう。

付き合うタイミングを逃す理由① 100%の成功率を確信しないと告白できない

付き合うタイミングを逃す人の一番多い原因は、付き合えると確信できない状態で「告白できない」から。

告白のOKサインが分からないという相談はこれまでも数えられないほど受けてきてきているが、はっきり言って勝率100%の告白はどんなモテ男・モテ女でもまず無い。

このことは、付き合うタイミングを逃したことがある人が最初に理解しておかないといけないことだ。

振られると大事な人を失う行為になる「告白」は、状況がどれだけ整っているように他人から見えても、本人的には色々な心配ごとが浮かんでくる

どんなイケメン・美女も自分が一番だなんて思ってないのだから、好きな人のたった一人の好きな人に選ばれる自信なんてどれだけ恋愛を進めても持てないし、普通の見た目の人ならなおさらである。

それでも勢いやシチュエーションを利用して行うのが告白だが、付き合うタイミングを逃す人はさらに勝率の高い告白を求めたり、「まだ早いかもしれない」と自分に言い訳してしまい、いつまでも告白できないことで最終的に彼氏・彼女になることができない。

特に恋愛は好きな人と二人で進めていくものだから、「相手任せにする」「相手に期待する」ことができるため、お互いに無意味な様子見をする状況になると、それこそあらゆる恋愛のタイミングを逃す

告白タイミングを逃すと、はっきりしない関係性に疑心暗鬼になってしまい、そう時間がかからずに冷める展開に入っていく。タイミングが合わない恋愛は意外なほど長続きしないで終わる。

付き合うタイミングを逃さないためには、失敗するかもしれない告白に勇気を出して「好きと言うべきタイミングがくること」を肝に銘じておこう。

下の記事では告白できない人へ私なりのメッセージを書いている。もし恋愛のタイミングに悩むだけで行動できない人は参考にしてみてほしい。

好きな人に告白できない人が後悔する前に考えたいこと~どうしたら告白できるようになるのか
好きな人に告白できない人は、男性・女性問わず実はかなり多いことがデータ上ではっきり分かっている。 それにもかかわらず、告白できない男性や女性は、彼女ができない・彼氏ができない傾向が強く、恋愛が上手くいってない状況が顕著に見受けられる。

特に告白の役割を果たすことが多い男子に関しては、告白できないタイプが何度も付き合うタイミングを逃す結果に直面しているから、「奥手男子だから」「草食系男子だから」と言い訳しないで、告白する意味について深く考えるべきだ。

付き合うタイミングを逃す理由② 駆け引き:好きな人が自分のことをどう思ってるか不安になって相手の気持ちを試す

気持ちを試してしまい、付き合うタイミングを逃してしまったカップル。

片思いの期間は嬉しいこともあれば不安になることもあって、恋愛が進むほど気持ちは不安定になる。

本気の恋に対しては、恋愛に慣れているも慣れていないもなく、唯一無二のもの。付き合うタイミングを逃す人も逃さない人も、色々な葛藤を抱えながら片思いの期間を過ごす。

この “付き合う直前の時期” に付き合うタイミングを逃す人がついやってしまいがちなのが、好きな人が自分のことをどう思ってるか不安になって相手の気持ちを試してしまうこと。

一言でいうと、付き合う前に駆け引きしてしまうのが付き合うタイミングを逃す原因になる。

これは、無意識の場合と意識的な場合と2通りあり、いずれも付き合う直前で恋愛がダメになる原因となる。

よくあるのが嫉妬させようとしたり、わざと距離を置いてみたりする駆け引きの仕方だ。

付き合うタイミングで駆け引きする人は、付き合う前の恋愛で失敗する人

「相手が好きでいてくれているのか」を試してしまう人は、付き合う前の微妙な雰囲気を自分から壊してしまうから気を付けるようにしよう。

好きな人とストレスを与え合う関係になってしまうと、告白のタイミングがこないし、付き合うタイミングから遠くなる。

告白するべき状況が分からないと相手の気持ちを確かめたくなるものだが、その行動や態度は恋愛のタイミングが合わない原因になる。

付き合うタイミングを逃すことに繋がるケースが多いので、恋愛経験の浅い人は付き合うタイミングに迷う時期に変な恋愛テクニックを使うことがどうしてもおすすめできない。

先程から言っているように、片思いの期間はお互いに不安を抱えている。あなただけじゃない、好きな人も不安だ。
「もしかしたら、相手は友達としてしか見ていないかもしれない」
どんなに上手くいっているような恋愛でも、この気持ちは本当に付き合うまで2人ともに継続する。

それだけ、大事な想いであるのが「好き」という感情だ。

この前提の中、自分の不安を打ち消すために好きな人を試していたら(わざとじゃなくても、実質的に気持ちを試す行動や態度を取ったら)、相手はどう思うだろう?

たとえ両想いだったとしても、ただでさえ不安な気持ちを変に刺激されたら、愛情が裏返る瞬間があって普通だ。好きだからむしろ「むかつく」「イライラする」のが相手の心理だろう。

確かに恋愛テクニックとしてアプローチにわざと強弱を付けたり、嫉妬心を煽りながら恋愛を発展させたりすることはある。

しかし、相手の気持ちがある程度読めていないとそれは逆効果にもなるものだし、普通に二人の関係が進んでいる時にはいらないものでもある。

駆け引きは付き合うタイミングを逃す原因になることもあるものだと認識しながら、恋愛中は距離感を間違えないように注意しよう。これについては、付き合った後も注意するべき事柄だ。

付き合うタイミングを逃す理由③ 相手からアプローチされると引いてしまう(蛙化現象に陥るパターンも…)

「追う恋」と「追われる恋」の好みは分かれるところだが、一度流れができた関係は案外そのまま流れていってしまう方が、二人が付き合う可能性は高かったりする。(※どちらかが誘って、もう一方の人がその誘いをOKするようなイメージでここでは言っている。)

だが、恋愛は相手がいる以上そうそう型通りに進むものではなくて、追う恋愛から追われる恋愛になったり、追われる恋愛から追う恋愛に変わったりと、形を変えながら付き合うまでの道のりを歩むことの方が多い。

そんな恋愛の複雑な関係性の成り立ちを見るに、付き合うタイミングを逃す人がよく問題となっているのが「追われると引いてしまう」という恋愛観である。

付き合うタイミングを逃す人は、自分の恋愛の仕方に拘るところがあり、あらゆる意味で好きな人とタイミングが合わない。

自分からアプローチしている時、ある日を境に片思いしている相手からアピールされるようになると急に冷める人がいるけど、そういう人は何度も付き合うタイミングを逃す人だ。

押す恋愛が多い男性によくあるパターンだと思うかもしれないけど、心理学の世界では「蛙化現象」という名前がついていて、女性にも意外と多い心理現象になっている。

蛙化現象とは、好きだった人が自分に興味を示した瞬間に、興味がなくなったり、気持ち悪いと思ってしまう心理現象。片思いの相手が自分に好意を持つと冷める人は恋愛経験が少ない人に多い傾向があるが「蛙化現象」として心理学用語になっている。

相手から追われると冷める人は付き合うタイミングを逃す

男女関係なく「相手から追われるようになって急に気持ちが冷める」と言うことが起こる場合があるのだが、これが恋愛観にまでなってしまうと付き合うタイミングを掴む方が難しくなる。

決してラブゲーム的に好きな人を落とすのを楽しんでいるわけではないが、押されると冷めると言う人はタイプを細分化しながら一定数存在しているし、割合としても超少数派というわけじゃない。

しかし、追っていた恋愛が追われるようになって冷めるのであれば、相手と呼吸が合わずに付き合うタイミングを逃す。

追われると引いてしまう傾向がある人は、最後まで一気に押していくような恋愛の仕方をしないと告白するまで気持ちが盛り上がっていかないので、自分の恋愛傾向を自覚して片思いの期間を過ごせると、付き合うタイミングを逃さずに済むかもしれない。

「自己評価が低い人」や「理想が高い人」は蛙化現象を経験しやすいので、注意しよう。

ここは自覚がない人も多いので、今一度これまでの片思いを振り返って自己分析してほしいと思う。

付き合う前の恋愛では、追う追われるの関係がやや複雑だ。「相手を冷めさせない」と言う意味では、特に女性の場合は付き合うまで自分を追わせる努力が大事になってくる。付き合うタイミングを逃さないように下の記事も参考にしてみよう。

付き合うタイミングを逃す理由④ 周りに冷やかされたり、勘付かれると押せない人は、付き合う直前でダメになる

職場の好きな人と付き合うタイミングを逃した女性の画像。

奥手な男子・女子に多い「付き合うタイミングを逃す理由」が、周りに好きだと勘付かれると「押せなくなる」という、周りの目を気にする弊害が恋愛を壊すパターンだ。

下の記事で解説している通り、周りに好きな人がバレることにはメリットもあるのだが、付き合うタイミングを逃す人は、特に学校内恋愛や職場恋愛で「友達から冷やかされた」ことがきっかけで、好きな人にアプローチしなくなる傾向がある。

好きバレのデメリットや片思いへの悪影響~好きバレしたら避けられる、気持ち悪いと思われることもあるの?
意図しないタイミングで好きな人に "好きバレする" と、片思いを進める上でデメリットや悪影響がある。 恋愛ではわざと好きだとバラすアプローチの仕方もあって、好きバレにはメリットもあるのだが、恋愛が苦手な人は好きバレのデメリットが片思い

付き合うタイミングは「周りの目」が気になると逃す

恋愛が盛り上がってくる片思いの後半は、周りが付き合いそうな男女として注目しやすいけど、周りの目が気になって恋愛が進められなくなる人は、よく付き合うタイミングを逃す人である。

周りにバレないで恋愛できれば告白に至ったかもしれないけど、バレたら余計に恥ずかしくなって恋愛を途中でストップしてしまう。

自分がいないところで噂話などをされても困るから、「ねぇ、〇〇のこと好きなの?」なんて聞かれたところでいつも片思いは終わっていて、付き合うところまでいけない。これではせっかく好きな人と両想いに近づいても付き合うタイミングがやってこない。

恋愛中は、周りの目が気になると自分がピエロのように思えてくる。好きな人には恥ずかしい行動も言葉も態度も多いし、振り返ると自分的にも好意が見え見えの言動をしているように感じる。

器用に恋愛するタイプで陰で動ける人ならいいけど、そうでない人は付き合うタイミングを考える時期になったらある意味「ちょっと噂になる」くらいは覚悟するしかない

覚悟できないと、噂になりたくない心理でせっかく進んだ片思いを自ら諦めてしまうことがあるからぜひ注意してほしい。付き合うタイミングが合わない時は付き合うかどうかの時期が長くなるから特に気を付けるべきだ。

本人や周りに好きな人がバレる原因と対処法!片思いが周りにバレてる男女の恋愛方法、好きバレのごまかし方も解説!
好きな人本人や、周りに好きな人がバレる女性や男性は、片思い中に恋愛のしにくさを感じる。 恋愛感情は自分の中だけでも恥ずかしさを感じる気持ちなのに、自然に好きな人がバレる人はもっと恥ずかしい思いをしていて、片思いが周りにバレてる人は「も

付き合うタイミングを逃したくないなら、周りの視線は気にしないで好きな人の気持ちにフォーカスするべき

大勢の中で付き合う前の好きな人と接する機会がある人は、気持ちを隠すのにも限界がある。

自分が注意していても相手の態度や接し方の問題があるから、付き合う前後はどうしても周りから冷やかされることが出てくるもの。

いい感じの二人は周りからどうしても「好きなの?」「付き合ってるの?」などと突っ込まれることが多くなるが、それで奥手ぶりを発揮してしまうと付き合うタイミングを逃す原因になる。

もし彼女・彼氏がいない人から言われるなら、本当は「羨ましいのかな?」くらいの感覚が持てると良い。モテる人のマインドでいられると、周りの視線が原因で付き合うタイミングを逃すことはなくなるのだが、恋愛経験が少ないとちょっと難しい。

もしあなたが冷やかしや噂を気にしてしまう人なら、もっと好きな人の気持ちにフォーカスするようにしてみよう。

周りの視線が気になって好きな人にとる態度が変わると、好きな人から「何でそんな態度を取るの?」と疑問を持たれ、思わせぶりな人だと思われるかもしれないし、「もう冷めたんだ」と思われるかもしれない。

周りが冷やかす時はあなたの相手も同じような状況になっているので、片思いの後期(付き合う直前)は気まずい雰囲気を出すと変に勘違いされる。

恋愛は他人の目を気にすると「恥ずかしいもの」だと思ってしまうけど、上手く行き出しているからこそ周りはツッコむわけで、コミュニティー内の恋愛はそこから先に進む勇気を持つことが「付き合タイミングを逃さないために」とても大切だ。

せめてLINEで間接的なコミュニケーションを取りつつ、二人きりの時間につなげて行こう。急に態度が変わると、相手は誤解するので付き合うタイミングを逃す。

下の記事は恋愛女子がよく付き合う直前に読んでいる記事だが、実は「嫌われたんじゃなくて、好きだから気まずくなった」ということが付き合う前はよく起こっている。

対処法の難しい分野だと思ったかもしれないけど、この傾向が強いならコミュニティー外の接触を増やすしかないかもしれない。

LINEやメールで接触しつつ、休みの日に出かけるような感じで恋愛を進めると、周りの目は気にならないが、普段の生活に好きな人がいるなら、アプローチの機会を完全に排除してしまうと別の問題も出てくるのが難点だ。

周りの目を気にするのが原因で付き合うタイミングを逃すと言っても、そもそも関係を進めることができないと告白以前の問題となってしまうから、その点も考慮して対処法を考えよう。

付き合うタイミングを逃す理由⑤ 誘うタイミングが悪い

押していく人がよく付き合うタイミングを逃すなら、誘うタイミングをしっかり考えるようにすると良い。

誘うタイミングが悪い人は、「週1で誘うぞ」などと誘うペースを決めて誘うことがあるけど、相手がある問題だから思惑通りに事は運ばない。

何回か誘っても忙しくて断られることがあるなら誘う勇気を失っていくため、恋愛アプローチが悪循環を起こす。

誘うタイミングを考えない人は悪循環に陥るケースが多く、それが付き合うタイミングを逃す原因になるから注意しよう。

誘い方が下手な人、誘うタイミングが悪い人は付き合うタイミングを逃す

脈なしで誘いを断る言葉に「忙しい」があるから、誘い方が下手な人や誘うタイミングが悪い人は、どうしても脈なしサインを受け取る回数が多くなる。

本当に忙しい時があるけど、嘘の場合もあるから、取り扱い方が厄介な言葉に遭遇する機会が多い人は、付き合うタイミングが余計に難しくなる。

間が悪い人は、付き合うタイミングにおいても間が悪い傾向があり、時々それが末期的な問題を連れてくる。

誘うタイミングが悪い人は、もっと探りを入れてから誘うようにすると、誘うタイミングを合わせられるようになる。「休みの日」に関することだったり、「日常の忙しさ(曜日感覚を含む)」など、相手の状況を把握した上で、誘うタイミングを計ろう。

この感覚が身につくと、誘い方もうまくなる。

スケジュール面以外にも、探りを入れる効果は付き合うタイミングを計る時に重要になるので、ニュアンスが分かりにくい人は下の記事を読んでおこう。

【片思い】好きな人への探りの入れ方~探るアプローチの効果や探りを入れられた相手の心理まで解説!
付き合う前の恋愛では、「好きな人の情報」があればあるほど、片思いを進めやすくなる。 そこで重要になるのが「好きな人への探りの入れ方」だ。好きな人と恋バナする時の切り出し方や、好きな人と恋愛話する時のきっかけを知っていることもすごく大切

付き合うタイミングを逃した人は、あらゆる意味で「間が悪い」

付き合うタイミングを逃した人は、それが本当に両想いだったのなら、広義の意味で「間の悪さ」が原因になっている。

さらにその原因を深堀すると「相手目線が足りない」とか「自分都合で恋愛している」などの問題を抱えていることが多いので、一度しっかり振り返っておくと良い。

付き合うタイミングを逃す人は、そもそも誘うタイミングが悪い人が多い。直球で予定を空けてもらうように言えることは良いことであるはずなのに、相手の都合を念頭に置かない場合は、誘ったのが逆効果になってすれ違う原因になるから注意してほしい。

付き合うタイミングを逃す理由⑥ 付き合っていないのに束縛するなど「恋愛感情をこじらせる」

付き合うタイミングを逃す理由を解説する男性。

付き合っている時でさえ、相手の行動を全て把握したり制御することは不可能の中、付き合う前からつい束縛になるようなことをしてしまったり、言ってしまうと、よく付き合うタイミングを逃す原因になる。

付き合う前から嫉妬する人や束縛すると「付き合うとヤバイ人だ」と思われるから付き合うタイミングを逃す

ケンカの原因にもなってしまうところだけど、それ以上に付き合ってない人を束縛しようとする人は「こじらせている印象を持たれる」のが付き合うタイミングを逃す原因だ。

付き合ったらヤバイと思われるし、付き合ってないのに束縛する人と付き合ったら「交際後にもっとひどくなる」と思われる。

束縛する彼氏になる男性の特徴や態度~付き合う前に見抜く「嫉妬深い男性」とは?
嫉妬する男性の束縛は、行き過ぎると本当にうざい。 誰かと付き合った時の副作用として「彼氏からの束縛」は代表例だけど、束縛の強さは付き合った彼氏で変わるから、束縛男や嫉妬深い男性は付き合う前に気づきたい。 いくら好きでも嫉妬する彼氏の

つい束縛発言をする時というのは、本人が感情的になってしまっていて、相手は距離感的にも印象的にも引いてしまうことが多い。嫉妬心を表現する時は怒る人もいれば、落ち込む人もいるけど、いずれにしてもこじらせた人とのイメージだ。

本来は束縛したくなるほど二人が親密になったということも示しているのだけど、そこで本当に嫉妬の気持ちを「相手をコントロールする」という方法で表現してきた場合は、たとえ好きだったとしても付き合えないと思われる。

感情的になった後は「そんな行動をとるならもういいや」って投げやりな態度になってしまう場合もあることを踏まえると、案外この問題が付き合うタイミングを逃す原因になることは少なくない。

感情のコントロール力は、やはり恋愛力そのもので、付き合ってからも大事な力だ。

両思いだったのにタイミングが合わない恋愛にしないためには「嫉妬心(ジェラシー)」の扱い方が大事になる

付き合う前から束縛に似たような言動がある人へ対し、相手はどうしても警戒感を覚える。

「付き合うと面倒なタイプなのかな」と思われてしまうと、せっかくの雰囲気は台無しに…。

付き合う前はどれだけ両想いの雰囲気があっても、まだ束縛する権利を得ていないと認識しておく方が良い。付き合うタイミングを逃したくないなら、「嫉妬しても隠す覚悟」を決める方が良い。

嫉妬の気持ちは、告白する勇気やアピールする積極性につなげられるから、嫉妬が辛いと思ったらアプローチと告白する勇気に変えよう。

決して付き合う前から好きな人にぶつけて良い気持ちではない。

付き合うタイミングを逃す理由⑦ 付き合う前のいい感じの時期を守りすぎる

好きな人が自分のアプローチをある程度受け入れてくれるようになると、付き合うタイミングを逃すタイプほど「このままでもいいかな」と思いがちだ。

付き合いたいと思って恋愛アプローチに頑張ってたはずなのに、告白のタイミングが来ると「やっぱ今のままでいい」と思うのなら、恋愛全体が付き合うタイミングを逃す自然な流れになってしまっている。

告白しないことで、付き合うことはできなくても好きな人と一緒に居れたり、話をできる機会がたくさんあると、それだけで十分に幸せを感じる時期があって、別に付き合わなくてもいいと思う気持ちに半ば負ける形になると、タイミングを逃し続ける片思いになる。

付き合うタイミングを逃す男性や女性は、両想いになっても守りに入るから付き合うタイミングが合わない

付き合うタイミングを逃す人は、両想いになって付き合うか付き合わないかの瀬戸際の時期に「関係を守りたい」と思ってしまうから、付き合おうと言えない期間が長くなって、どちらともなく恋愛感情が冷める。

まさに、付き合うタイミングが合わないパターンだ。こういう人は、両想いになったタイミングが告白のタイミングにならないから、付き合うタイミングを逃す。

残念ながら、付き合う前の時期を大事にしすぎる人は、そう長くいい感じの時期が続かないことに気づくことになる。

この部分も前半で取り上げたリンク記事「好きな人に告白できない人へ~後悔する前に考えたいこと」で触れているが、付き合うべきタイミングに付き合わない二人は、恋愛感情の複雑性など様々なことが影響して、結果的に付き合うタイミングを逃したことに後悔することが多くなる

付き合う前の恋愛は、2人の関係性をはっきりさせるタイミングがくる!その瞬間を見逃さないようにしよう

付き合う前の恋愛は、適切な時期に「関係をはっきりさせる行動」がないと、微妙な関係になったり、曖昧な関係になったりして、2人の信頼関係が壊れていく。

相手が何を考えているか分からないし、はっきりしないのは好きじゃないからだと思い始める。

両想いになったかもしれないと思う時期は、「好きじゃないなら仲良くしないで」とか「何を考えてるか分からないから距離を置きたい」などと、複雑な心理を持ち合う状況になっていることをぜひ理解しておこう。

恋愛関係にある二人は、付き合わないでいる期間が長いとどんどんストレスが溜まっていく。ただ好きでいるのがつらいのが片思いの時期だから、告白のタイミングを逃すと2人の関係は時を追うごとに壊れていく。

どうしても前に進めなくなる人は下の記事を読んでみてほしい。

付き合うタイミングを逃したら…逆転の方法や挽回の方法とは?

付き合うタイミングを逃した人が挽回の方法に成功した様子。

ここからは、2つの大見出しを使って「付き合うタイミングを逃した」という人向けに、対処法を詳しく解説していく。

タイミングを逃した恋愛の挽回の方法は難しいけど、今からできることについて経験を踏まえた考察をあなたに伝える。

付き合うタイミングを逃したら、友達としてでも一緒にいてみて、もう一度自然にお互いの気持ちが盛り上がる可能性を模索してみる

私も実際に付き合うタイミングを逃した経験をしたことがあるのだが、その時に取った挽回の方法は「友達としてでも一緒にいてみる」という方法だった。

付き合うタイミングを逃したら、相手が自分に冷めた雰囲気を感じるけど、その予感はほとんどの場合で当たっている。付き合うタイミングが合わないと、気持ち的には冷める方向に作用してしまうからだ。

ある異性と仲良くなった後、冷めた感じがしたなら本当に冷めてることがほとんどだから、そこで強引に恋愛の雰囲気に持っていくより、一旦仕切り直した方が付き合うタイミングを逃したその後の可能性を模索できる。

私のケースでは、口説くような雰囲気とは程遠くて、まさに友達の雰囲気になってしまった恋愛だったが、この対処法を取り始めて私は実際に半年後に付き合うことができた。

すごく時間がかかる恋愛となってしまったが、告白のタイミングを逃したと感じた時は、焦らないで一度関係性をフラットに見る「割り切り」が必要だと感じる。

恋愛では「あの時、両想いだったから…」というのが通じる場合と、通じない場合がある。特に、付き合うタイミングを逃した時は、その後に後悔して告白したところで微妙な返答になってしまう可能性が高い。

それほど恋愛のタイミングは重要で、付き合うか付き合わないかを決める面がある。あなたも、前に好きだった人に告白されたら、時と場合によって振ることもあれば、OKすることもあると思う。

恋愛のタイミングがずれた時は、一度気持ちを割り切って、もう一度雰囲気が良くなる時期を模索するのが正解で、今さら一か八かの告白をして自分の気持ちをすっきりさせるべきではない。

すぐに告白するのではなく、さらに距離を縮めて親密な関係になると、付き合うタイミングを逃した恋愛の逆転・挽回ができる

付き合うタイミングを逃した人が挽回したい・逆転したいと思うと、「どうやって恋愛の雰囲気を取り戻そう…?」と悩むが、今さら無理に頑張ったところでそれは難しい。

付き合うタイミングを逃したのにすぐに告白するのはまさに悪手で、恋愛のタイミングが合わなかった場合は、そんなに簡単な対処法を取ったところで次の告白がただのギャンブルになる。

それよりも大事なことは、さらに心の距離を縮めて、好きな人の必要な人になっていくことだ。付き合うタイミングを逃したら、その後は「もう一度好きにさせる」ようなアプローチをしていこう。

成功確率を劇的に上げる「告白の準備の仕方」!告白する前にすることとは?
告白が成功するか失敗するかは、「告白する前にすること」で9割以上が決まる。 告白前の準備が大切なのは、より中身が重要視される20代後半から30代の恋愛ではあまりに有名な話だが、フィーリング恋愛が多い10代後半から20代前半でも、告白す

付き合うタイミングを逃したと思っても、もう一度一緒に居る時間を増やしていき、なるべく本音トークをして、二人の距離をどんどん縮めていく方向にアプローチしていこう。そうすることで、友達以上恋人未満の状態を作っていくイメージを持つと良い。

付き合ってないのに付き合っているような状態ができると、「付き合おう」と言えなかった関係に進展が期待できる。盛り下がった恋愛を無理に盛り上げると冷める原因になるから注意してほしい。

好きな物であっても、押し付けられたらあなたも嫌だろう。食べ物と人の気持ちは全然違うものだけど、無理やり与えられると拒否感が出てくるのは人の真理だ。

この方法でうまくいきそうな気配を感じたら、今度は「友達以上恋人未満の状態から付き合う方法」を実践しよう。詳しくは下の記事で解説している。

友達以上恋人未満から付き合うにはどうしたらいい?進展させる方法と付き合ったきっかけ
「友達以上恋人未満まで関係が進んだのに付き合っていない」という時期は、片思いにしかない幸せを十分に感じることができる状態である一方、恋人になれない辛さを感じる。 恋愛中は「好きな人と会話できれば楽しい」という気持ちだけでいられるほど単

友達だと思われてるとしても「デート」に誘う。付き合うタイミングを逃した後も誘い続けることが重要

便宜上「デート」と言っているが、ここで言いたいのは「遊びに誘う」「ご飯に誘う」という意味だ。

付き合うタイミングを逃したときに気まずい雰囲気になっていないなら、「遊びに行こうよ」「ご飯行かない?」という感じで気軽に誘って、楽しい時間を共有することで付き合うタイミングを逃した恋愛を挽回をしていこう。

ただし、食事や飲みに行くだけだと付き合うタイミングを逃した人に逆転や挽回の道はない。腐れ縁とか飯友や飲み友になってしまうからだ。付き合う前にタイミングが合わないことで雰囲気が悪くなった時は、1回から2回ご飯に行った後、必ず二人で出かける誘いをして、デートをするようにしよう。

デート中は好意を伝える態度を取らずに、ただただ盛り上げることだけ考える。一緒にいて楽しいと思ってもらえたら、再び恋愛対象になることもできるので、焦らないで頑張ろう。

もしデートに行ったことがない関係の場合は食事からつなげれば良いので、下の記事を参考にしてみてほしい。

付き合うタイミングを逃したら、一度アプローチに込めた気持ちを抑えて、友達として仲良くなる方向に舵を取り、自然と一緒に居られる関係から付き合う道を進もう。

友達から始まる恋愛の良さを味方につけるのが挽回のコツだ。付き合うタイミングが合わない二人が、この方法なら付き合える可能性を作れる。

付き合うタイミングが分からない人へ!本当の付き合うタイミングとは?

付き合うタイミングが分からない人が憧れる交際後のカップル

付き合うタイミングを逃す人は、付き合うタイミングが分からないから、進むべきタイミングで進めない。

もし、もう付き合うタイミングを逃したくないと思うのなら、本当の付き合うタイミングを理解しておこう。

短い期間で何度も二人きりで会える関係になったら告白のタイミングを計る

友達だった男女が付き合う王道コースは、「短い期間で何度も二人で会う関係になる」こと。

デートじゃなくてご飯でも飲みでも良いので、短期間で何度も会える関係になったら、付き合うタイミングが来ている可能性があるので、しっかり告白のタイミングを考えるようにしよう。

一般的に3回目のデートは告白のタイミングと言われているが、デート回数を気にしていても告白できない人はできない

それよりも3回目のデートの脈ありと脈なしの違いを見極めた上で決断する方が付き合うタイミングを逃さない。

好きな人と3回目のデート!脈ありと脈なしの違いはどこにある?告白するべきかどうかが分かる9つのチェックポイント
好きな人と3回目のデートをするなら、そろそろ告白も考えるタイミングだ。 3回デートしたら告白したいと思う人も出てくるし、3回目のデートで告白しなかったら告白できるタイミングがなくなると思う人も多い。 確かに、何度もデートをするのに告

ただし、ここで問題になるのが、「二人で会えないけど、LINEや電話で仲良くなった」というパターン。デートはしてないけど特別仲良くなった時の恋愛の進め方を解説する。

好きな人と特別仲良くなった時、付き合うタイミングを逃さないようにするには?

LINEや電話であっても、好きな人と特別仲良くなった時は、付き合うタイミングを計るべきシチュエーションだ。

問題になっているのは、「二人きりで出かけたことがない」という点なので、告白の前に二人きりのデートに誘うのが正解となる。

このパターンで初デートの脈ありサインが出るなら、付き合うタイミングを逃すことが本当に少なくなる。なぜなら、あなたがデートに誘うという具体的な恋愛アプローチをしているので、好きな人の気持ちも固まってくるからだ。迷いや不安がなくなる。

逆に言えば、両想いっぽいのにデートに誘わないから、お互いの気持ちがすれ違って、付き合うタイミングを逃すということ。

しっかりデートに誘っていれば先ほど挙げた付き合う王道コースに乗ることができるので、デートの誘い方を知って付き合うタイミングが分からないという状態を卒業しよう。

デートの重ね方が分かれば、「付き合うタイミングが分からない」を卒業できる

恋愛は、二人で盛り上がりポイントを作るのが「付き合うタイミングを逃さないコツ」だ。そのためには、デートの重ね方がわかっていないといけない。

デートの重ね方とは、デートとデートの間隔のことを言っている。初デートに誘うところまではみんな行けるのだが、そこから次のデートまで時間が空くから付き合うタイミングを逃すのだ。

次のデートはどのくらいの間隔がベストか~会わない期間が長いと上手くいかない
付き合う前のデートは、次のデートまでの期間や間隔で悩むことが多い。 次のデートをする約束も、誘うタイミングが難しいと思ってる人がたくさんいるだろう。 付き合う前のデートは次会う予定を決めないことが多く、次のデートの誘いをいつまで待つ

詳しくは上の記事で解説している通り、付き合うタイミングを合わせるには、1週間から10日以内の間隔でデートを重ねて、最低でも1か月以上デートの間隔を空けてはいけない。

告白するか迷うタイミングでは自信が持てないことで告白できなくなるが、その場合は来週のデートの予定で誘って脈をはかると良い。

好きじゃないなら短期間に何度もデートしたくないので断られるはずだが、OKしてくれるなら良い告白の準備の仕方になる。

成功確率を劇的に上げる「告白の準備の仕方」!告白する前にすることとは?
告白が成功するか失敗するかは、「告白する前にすること」で9割以上が決まる。 告白前の準備が大切なのは、より中身が重要視される20代後半から30代の恋愛ではあまりに有名な話だが、フィーリング恋愛が多い10代後半から20代前半でも、告白す

ここを解説すると「付き合う前の男女ってそんなに頻繁に会うの?」と聞かれるのだが、簡単に告白できない関係が多い付き合う前の恋愛では、何度も二人で会うことでお互いの好意を確認しているところがあって、月1で会う友達みたいな関係じゃ付き合う勢いがつかない。

「今度は○○に行ってみようよ」という一言でデートが成立するようになれば誰だって付き合うタイミングを逃すことはなくなるので、「告白のタイミングが分からない」と言う人は、短期間にデートに誘うという行動で脈の有無を確認しよう。

付き合ってない男女なのだから、当然お互いのスケジュール次第で頻繁に会えないことはよくある。この点を踏まえると、大事なことはデートに誘った時の相手の反応だ。「会えるか、会えないか」より「会おうとしてくれるのか、断られるだけなのか」をチェックすれば、本当に付き合うタイミングが分かる。

好き同士だったら「○○日はダメだけど、○○日はどう?」なんて反応が返ってくるから安心してほしい。

デートの誘いを交わされた時の脈なしサインとは?デートの断り文句で脈なしのパターンを解説!
気になる人や好きな人にデートの誘いをした際、「予定埋まってる」「しばらく忙しい」などと返事されて交わされるパターンは、脈なしサインになりやすい。 「予定空いてない」や「行けたら行こう」など、どのように交わされるかについては色々あるし、

まとめ

今回は「付き合うタイミングを逃す原因と、付き合うタイミングを逃した時の対処法」を徹底解説した。

付き合うタイミングを逃したことがある人は、自分の該当する箇所があっただろうか?

最後は、付き合うタイミングが分からない人向けに、対処法や挽回の方法まで踏み込んでいるので、ぜひあなたの恋愛に役立ててほしい。

付き合うタイミングを逃した人は、自分の問題だった点を振り返って、次に活かすことが大事になる。恋愛経験で学ぶことはその多くが自分の恋愛傾向を反映しているので、反省点や改善点のあぶりだしはストレートに恋愛力アップにつながる。

アプローチの仕方や恋愛傾向で付き合うタイミングを逃す原因が変わってくる部分が実際にはあるので、もう付き合うタイミングを逃したくないと思った人は、しっかり自己分析をしてみよう。

付き合うタイミングが分からない人には具体的な対処法を本文で述べているので、関連記事も含めて何度か読み返して、これからは付き合うタイミングを逃さない人になってほしい。

恋愛が苦手な人にとって「付き合う付き合わない」が本当に問題となるタイミングでは覚悟も必要だ。

結婚適齢期に差し掛かっている人は、これからの恋愛で後悔しないように下の記事も参考にしてみてほしい。幸せを手にするには覚悟を決めて行動しないといけない瞬間があるから、何となく時間を無駄にしているという感覚があるなら覚悟を決めるきっかけになるかもしれない。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばから始まる「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦りを感じて

関連記事:

告白良い雰囲気の二人大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました