いきなり誘われたのは何で?いきなり当日デートに誘うあの人の理由と心理

当日デートに誘われた女性。いきなりデートに誘う人の気持ちを考えている。

せっかくデートに誘われたのに、いきなり当日の予定で困ったことが無いだろうか?

付き合う前の友達状態にある男女はお互いの気持ちをそのまま語り合うことが無いから、距離が縮まってくるときほどタイミングなどの問題でモヤモヤしたりヤキモキすることが多発する。

その中でも「いきなり当日デートに誘う理由と心理」については、感覚や価値観のズレも感じて納得できない人も多いはずだ。今回はそこを紐解いてみたい

「いきなり誘われたのは何で?」と、いきなりその日にデートに誘うあの人の気持ちはどんな感じになっているのだろう?

スポンサーリンク

当日の誘いなら軽く誘える?冗談半分でノリ良く誘いたい心理

いきなり当日デートに誘われた相手に対し、あなたがそんな悪いイメージを持っていない場合、友達から彼氏彼女の関係にステップアップするとき特有の「気恥ずかしさ」が恋愛のちょっとした邪魔をしているケースが散見される。

ほんとに「何で今日なの?」ってあまり悪い気をしないで思う場合は、相手の気持ちは「そんなにマジな感じじゃ誘えないんだよ」って気持ちかもしれない。ここ最近の雰囲気が上向き加減なら「冗談半分でノリ良く誘いたい心理」で当日デートに誘ったのだろう。

気軽に誘える距離感があるため、それだけ仲良くなれたと思っている可能性も高い。

食事や飲みに誘われた場合も含めて、二人で会おうと誘うのは好きな人が相手の時ほど恥ずかしくて断れれた時のショックも大きい。当日デートの誘いは、冗談半分にできて断られる理由も「今日は予定があるから無理」ってお決まり文句みたいなものがあるし、見方を変えればジャブ程度のアプローチに向いている。

もし好きな人から「今日遊ばない?」って誘われた時は「今日は無理だけど来週空いている日ないの?」って返信できると、また違う日でデートが成立するかもしれない。

「は?今日?あり得ない!」ってなっちゃうとすれ違いが悲しいから、ちょっとの余裕が探り合いの起きやすい片思い状態を上手く行かせる

不特定多数の一人?都合のいい人扱いの可能性も

当日になっていきなり誘ってくる人は、相手のことを尊重しているかというと、やっぱりそうじゃない。失礼なヤツだって思う人がいるのも当然で、相手にそれを裏付けるような理由や心理が絡む場合も少なくないものだ。

当日デートに誘う時ってどんな時だろう?と考えてみると、「軽い理由」としては4つくらい浮かぶ。

  • 遊ぶ相手にドタキャンされた
  • 急に遊びたい気分になった
  • 今日行きたい場所ができた
  • 急に時間が余った

アクティブな人は誘うことに抵抗が少ない人もいるし、相手の都合も「今日ヒマ?」ってメッセージだけじゃわからないから、今回のテーマは「相手の人間性、性格」に左右される問題だ。

ただ、どちらかと言うと失礼な感じのお誘いになってしまうのは間違いないところなので、それだけ距離が近いと肯定的に受け取ることができる一方、不特定多数の内の一人で、都合のいい人扱いされている可能性もある。

特に、何度か「いきなり当日デートに誘われる」という場合で、実際にそれに応えている人は、より悪い意味の可能性が高まる点には注意だ。

恋愛的な理由で一緒に居たいと思うなら、何度も「いきなり今日」って誘い方をしない。そんなこともあるという程度なので、複数回経験している人は接し方を考えるべき

こんな人は、見方を変えれば実際に「都合の良い人」になってしまっている。

二人で会えるなら幸せって思っちゃう気持ちも分からないではないが、計画性のあるデートの提案をしてみたり、ただ合わせるだけにならないようにする方が今の状況が見えるし、恋愛成就の可能性も高めることができるだろう。

都合のいい人になってしまっているかもしれないと心配な人は下の記事も参考にしてみよう。

会話の流れで声をかけられた場合は、もう少し様子を見ないと理由や心理が見えにくい

バイト帰りや仕事帰り、学校帰りなど、帰り際に食事や飲みに行くような当日デートの誘いは「探り」で用いられることが多いのが特徴だ。

急に接近する男女は友達関係からこういうことをきっかけに発展する面もある。気になる人や興味のある人に、「今度飲みに行かない?」と誘うより、会話の流れで「このままご飯食べて帰らない?」って誘う方が実際やりやすいと感じるはずだ。

一緒にいる状態で「流れ重視」の誘いをされた際は、脈ありと脈なしの両方のサインが考えられる。誘いを受けるまでの前後で相手とどんな関係だったかで意味も変わってくるだろう。会話の流れでちょっと踏み込んだ話をするのは恋愛の探りとして一般的だし、友達同士なら「ちょっと二人で」ってことがままある話。

フランクな感じで「今日どう?」って声をかけられたならまだそこまで恋愛の意味を考えず、「人として好意を感じる」という程度にサインを受け取って、いくつかの出来事から相手の理由と心理を読むようにしてみよう。

一つのサインから色々と妄想を膨らませてしまうのは恋愛が苦手な人。事実を客観的に受け止める力も恋愛では重要だ。

誘われたその日にデートが成立するかしないかを問わず、予定を聞いてきたり何度かタイミングを変えて誘われるのは脈ありになりやすい。当日のいきなりデートに誘う心理はつい疑ってしまうことがいくつかあると思うけど、相手にも気持ちがあるのだから柔軟に受け取ろう。いいなと思う人ならなおさらである。

いきなり誘われる状況

「どんな時にいきなり誘われやすいのか」については、下の5つがよくあるシチュエーションなので、こんなタイミングでいきなり誘われるならあまり気にしないで行きたいか行きたくないかで返答を考えよう。

  • 一緒に帰っている時
  • 「ヒマ」だという話で一致した時
  • 何かの集まりで相手が「みんな」と一緒の時
  • そのまま帰るだけの予定であることを相手が分かっている時
  • タイムリーなイベント

話の流れで誘われたり、予定がないことを知っていた場合はそんな悪い意味じゃなく「いきなり誘う」ってことがあるから、「当日の誘い」というところだけに注目することなく、相手の心理を読み解こう。

ただし、いきなりの誘いは相手の性格として「失礼なタイプ」である可能性も高い。次の見出しで「自分勝手な性格」について言及する。

当日デートの誘いをする人は「自分勝手な性格」である可能性が高い人

いきなりデートに誘う相手というのは、性格の部分で色々と考えちゃう人もいることだろう。「何考えているの?」って気持ちがネガティブに発想される場合は、相手への性格の悪さを感じているのかもしれない。

当日デートに誘う人というのは相手への配慮を欠いた行為が定番になってしまっている人もいる。相手をナチュラルに振り回すタイプなら、それが好みじゃない場合、あなたとの相性は悪いだろう。

一つの態度や行動でその人を判断できないとはいえ、当日デートに誘わないタイプもいる以上はその人の性格が出ている行動とも取れるので、断っているのにまた当日デートに誘ってきた場合などはもう少しはっきりとした態度で拒否しないといけないかもしれない。

特に、相手が自信を持っているタイプで当日いきなり誘ってくる人だったら恋愛相手としてあまりおすすめできないタイプなので、振り回されたくない人は近づかない方が無難だ。

軽い感じの人ほど合わせているだけではうまくいかない。

いきなり思い詰めている誘い方は危険!恋愛の「距離感」を勘違いしている人

いきなりデートに誘ってくる人は距離感を失っている場合もある。ある程度仲良くなった後ならダメもとで誘うのも良いと思うが、デートする仲じゃない場合や初デートが当日の誘いだったら、何かがおかしいと思うことが必要かもしれない

人は誰かを好きになると苦しくなるものなので、頭の中で考えたことと現実がズレてしまうタイプがいて、そんな人が相手への配慮ができないタイプだと、親しくするのが危険なタイプとなる。細かなステップアップは省いて良いとしても「いきなり思い詰めるタイプ」には気を付けよう

デートに1回行っただけで、そこでちょっと仲良くするだけで勘違いする人もいるため、重い感じが嫌な雰囲気で伝わる場合は、気軽にOKしないこと。

楽しく過ごせそうと思わない限り誘いに乗ることもないと思うが、精神的に不安定になってしまう人もいるから、雰囲気から察する力がないと苦労する場合がある。

デートをOKするのは脈ありを相手に伝える行為であるため、「距離感を勘違いしている」と思った相手の誘いは基本的に断るのが正解だ。

カップルとして付き合っているなら、当日の誘いはそんなに珍しいことでもない

恋愛経験がないと、「彼氏(彼女)がいきなり今日デートに誘ってきた」って時にも相手の気持ちが気になることがあるかもしれないが、カップルとして付き合っているなら当日デートはそんなに珍しいことじゃない。

恋愛を扱う多くのサイトが「来ちゃった♡」って、いきなり恋人の前に現れるアプローチをやっちゃダメなこととしているけれど、「今日、会えない?」ってアプローチは素直な気持ちで肯定派が多い

実際に付き合っているなら急に仕事が早く終わった場合や時間が取れた時にいきなりデートに誘うということが起きている。はっきり言って、付き合う彼氏や彼女から当日デートに誘われるのは、普通のこと。

カップルならお互いで遠慮なく付き合いたいと思うから、「失礼に当たること」が友達関係とは違ってくる。「なんだ、ヒマだったなら連絡してよ~」ってこともよくあるから、都合によっては当日デートにも誘われることがあるだろう。

通常は、都合が付くか付かないかと問わず、「会いたい」って言われて嬉しいのが彼氏や彼女という存在である。カップルは気軽にデートに誘える関係になっているので、いきなりの誘いもあるということだ。

忙しい人は埋め合わせの誘いを急にするタイプがいる

忙しい人はスケジュールの都合が付かないので、急に空いた時間で埋め合わせなどの誘いをするタイプがいる。特に「忙しい時期」がある仕事をしていると、先々の予定を立てることができないこともあるため、どうしても「いきなり今日」って誘いをせざるを得ない。

優しい人だったら事前に「急に誘っちゃってもいい?」などと声をかけておくものだから、何にも言ってなかったのに忙しさを理由に急に誘うのは何だか違う気もするのだが、忙しければそこまで気遣えないことも想定できるので、恋人の事情を知っている場合は「合わせられる方が合わせる」のが正解だ。

何で今日なの?!ってなった時に、感情的になるだけで相手の気持ちを考えることができない人は恋愛が実りにくい。お互いで良い方向へ作用できる人になろう。

自分が当日の誘いをしたことがあるなら、相手も同じことをしただけ

もしあなたが過去に「いきなり当日デートの誘い」をしている場合は、相手も同じことをしただけなので気にしないのが正解だ。

シチュエーションやタイミングの違いで色々思うことがあるかもしれないが、「価値観」という部分で、自分が相手にしたことは相手から同じことをされてしまうことにつながる。

仲の良い親友関係の場合によく起こっているが、まだ社交辞令を使うような関係の場合は「相手と自分の価値観」をそれぞれで考えて、自分が失礼だと思う行動や態度を取らないものの、ある程度仲が良くなると「相手の価値観」を把握できるために相手からされたことは自分の価値観を超えて相手に返してしまうところがある。

言葉にすると少し悪い印象を持つかもしれないけれど、いきなり誘ってくる相手にそこまで悪い印象を持っていないなら、「いきなり誘われるくらい距離が縮まった」とも取れる

相手としては「いきなり誘われた人ならいきなり誘える」と思うのが人の心理なので、やはり肯定的に捉えることも可能だ。

自分が過去に当日デートに誘った相手からならあまり深く考える必要はないだろう。

恋愛感情がある場合は「不器用な誘い」とも取れる!会話が盛り上がって誘う勇気が出た場合

いきなり当日デートに誘う人に「恋愛感情」があるなら、それは「不器用な誘い方をした」とも取れる。

もし、あなたと相手の会話が盛り上がったタイミングでいきなり誘われたなら、会話している内に誘う勇気が出て、「いきなり当日」という不器用な誘い方をしたのかもしれない。

これは、恋愛が下手な人や恋愛経験が少ない人に良くある話で、要は「誘い下手」の人がやりがち。スマートに誘えないのは勢いで誘ったのが原因であり理由だろう。

誘われた時の雰囲気に緊張感を感じたり、恥ずかしそうに誘う場合は「恋愛感情の複雑性」を考えてみよう。雰囲気を読む力が求められるので判断の難易度は多少高いものの、相手のパーソナリティを理解していれば何となく分かるはず。

「本気で好きなら失礼な誘い方はしないはず!」と思い込んでいる人は、「本気で好きだから不器用にしか誘えない人の心理」について理解しておいてほしい。こんな人は誘った後でフォローがあったり、思いやりを感じる。相手に寄っては、表面的な態度や行動で心理を勘違いしないように気を付けたい。

これまで恋愛してこなかった人は下の記事も合わせて読んでみよう。

まとめ

今回は「いきなり当日デートに誘うあの人の理由と心理」をまとめた。男性と女性も参考にしてみてほしい。

いきなりの誘いは、いい雰囲気があるならそれだけ距離を近くに感じてくれている証拠とも言える行動・態度だけど、相手がどんな人かで意味は変わってくる

ただ、恋愛が進んでいく過程では微妙な距離感が色々なアクションに派生していくため、接しながら真意を知るようにしよう。思い込みが強い人は気持ちと気持ちのやりとりをする恋愛を苦手にしがちなので、多くの視点をもつようにしてほしい

関連記事:

付き合いはじめ友達2回目・3回目のデート大学生の恋愛
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました