次のデートはないと思った時に男性が取るデート後の態度~デートの成功と失敗は、デート中やデート後の態度で分かる!

次のデートはないと思っている男性の態度を教える講師の画像。

「次のデートはない」と男性が思う理由はたくさんあるが、あからさまにそれを口に出すことは少なく、デート中やデート後の態度に出す形で相手の女性に気持ちを伝える。いわゆる「デート後の脈なしサイン」だ。

自分が楽しみにしていた好きな人とのデートの後は、一緒にいられただけで幸せを感じてしまい、なかなか客観的に初デートを振り返ることができないこともあるだろう。

初デートに出かけることができたのだから、その恋愛は進んでいると言えるが、それが前に進んでいるのか、後ろに下がってしまったのかは、また別の話でもある。

そこで今回は、「次のデートはない」と思った時に男性が取る態度をまとめてみたい。
初デートの後半にも分かり易い態度がいくつかあるので、一緒に取り上げるから参考にしてみよう。

デートの成功と失敗は、デート中やデート後の態度で分かる!
是非チェックしてみてほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

世間話的な質問が増えて自分の話をしなくなる

初デートの後半で見られる「次のデートはない」と思った時に男性が取る態度で、はじめに紹介したいのは「自分の話をしなくなる」という脈なしサイン

初デートでは、まだお互いをよく知っていない中で長時間一緒にいることから、良いデートが出来た時は、それなりに会話が深くなって質問も「理解を深める」ために為される割合が多くなる。

初デート成功のカギは「会話の盛り上がり」が必要不可欠だが、お互いで質問し合うような会話ができると、「相手を知りたい」って気持ちと「自分を知ってほしい」って気持ちがフィットして、良い雰囲気でデートできたと言えるのだ。

しかし、初デートの感触が悪く男性が「次のデートはない」と思った時は、そのデートを無難に着地させたい気持ちの方が強くなるため、誰とでもする世間話の範疇に会話が収まるようになるのが特徴だ。

また、男性は恋愛中に自分をアピールしたい気持ちが相対的に強いので、好きな人へは自分アピールを無意識的にもやりがち

相手の女性のことを知りたい気持ちがないのではないが、それよりも相手の女性を気に入っている場合は、自分のことを理解してほしい気持ちの方が強くなるのが男性心理だから、自分の話をしなくなって相手女性の話を聞く方に回る場合は強めの脈なしサインになる。

男性の性格にもよるし、あなたへの遠慮の気持ちにも左右されるので、デート後半の「変化」によってそうなった場合は、より精度が増す。

初デートは、絶好のアピールの場でもあるので、もし「何度かデートをしたい」と考えている場合は、「質問の深度」と「自分アピール」には態度に特徴があるため、あくまで初デート後半以降は気にしていると、脈ありと脈なしがはっきりし易いかと思う。

スポンサーリンク

初デート後半のチェックポイント

初デート中に見せる「次のデートはない」と思っている時に男性が取る態度をもう少しポイントで紹介しよう。

脈なしサインとして有名な指標は以下の通りだ。

  • 早めに解散しようとする
  • 携帯をよくいじる
  • 「次のデート」に関する話は流す
  • 笑顔が消えて疲れた表情が増える
  • 他の女の子の話をする

5つのポイントを挙げておいたので、初デートが終わっているなら振り返ってみよう。

脈なしを伝えるために「敢えてわざと行うもの」と、「無意識に行うもの」に分かれるが、いずれにしても当てはまるポイントが多いほど、相手の男性は「次のデートはない」と思っている可能性が増してしまう態度だ。

色々なサインや態度で総合的に考える際に、一緒に考えてみよう。長いデートをした場合は色々な表情を見ていると思うので、「一つだけ気になるところがある」という程度だったら気にしないことも大切になる。

連絡の頻度と返信の時間

恋愛では、女性よりも男性の方が欲求に素直だから、初デート後の「連絡」に関することは、ストレートに考えて脈ありと脈なしを判断できる。初デート後に2回目のデートも成立して、何度かデートを重ねて最終的に付き合うようになるカップルは、段々と連絡の頻度が増していく形になることが多いのである。

忙しい人はその限りではないが、初デートによって色々なことを知ることになれば、共通の話題は増えるし、好きな人の日常もそれまでよりは深く理解できるので、メールやLINEなどは送り易くなる。

従って、初デート後に「連絡が増えた」なら強めの脈ありサインとなり、次のデートはアリだと思っているはずだ。

それとは逆に、初デート後に連絡の頻度が落ちたり、返信が遅くなって返って来ないことなども出てくると、典型的な脈なしサインとなる。「次のデートはない」と相手男性が考えている場合は、よく見られる態度である。

初デートから2回目のデートはなるべく押していきたい時期でもあるため、もし好きな人が何度もデートに行ってみたいと思っているなら、デートに誘うか、連絡を繋いでタイミングをみるようになることが多い

「連絡の頻度」と「返信の時間」がどう変わっていくかに注目すると、脈ありと脈なしが分かりやすくなるだろう。あなたからばかりLINEをしているなら、タイミングを見てカレからのLINEを待ってみるとチェックできるかもしれない。

LINEで好きな人の気持ちが分かる!脈ありと脈なしのLINEの違い
好きな人との距離を縮めるために使うLINEは、既読無視や既読スルーの問題もあるから、メールに比べて相手の気持ちが読みやすい。 ...

「彼女いらない発言」と「忙しい発言」は次のデートは無いと思っている

以前にこんな記事を書いている。

「彼女いらない」男の理由~男性の心理と本音を知ろう
あなたの周りに「彼女いらない宣言」をする男はいるだろうか。 好きな人が「彼女いらない」なんて言うこともあるから、その男性心理や本音...

「彼女いらない」と言う男性の心理と本音を紹介している記事だが、初デート後にこんな発言をするのは、「次のデート」が嫌だからである。

デート後の態度としてはストレートな表現の中に入るのだが、女性からアプローチを受けていると相手男性が感じた場合は、「脈なし」であることを伝えるためにこんな発言をすることがある。

また、「忙しい」という発言が、デート前には無かったのに、デート後に発せられるようになることも上記と同じ意味である可能性が高い。もちろん、予定関係はいきなり忙しくなったりもするから、その場合は「きちんとした説明をしてくれるかどうか」で脈ありと脈なしを考えてみてほしい。誠意が感じられるならまだ脈ありだと言えよう。

男性が「次のデートはない」と思った時は、相手の女子からデートに誘われると面倒なため、それを抑止する発言が増えるのが態度の特徴だ。もしデート後に次のデートに誘ってくれなさそうな雰囲気を感じたり、誘いにくい雰囲気を感じる場合は、やはりもう一度デートしたいとは思ってくれていないから、男性の態度に気持ちが出ているのだろう。

片思いから両想いへと上手くいくカップルは、お互いの気持ちが同方向を向いているため、話している内に次のデートが決まるパターンが多くなる。恋愛経験が少ないと「雰囲気」を感じるのは苦手かもしれないけれど、案外空気を読んでみると感じるものがあるはず。

何となく次がありそうに思える時は、少し時間を置いてでも次のデートのきっかけが生まれるだろう。逆に嫌な予感も当たりやすい。

急に冷たくなる

相手男性のアプローチによって初デートが成立した時に、デート後の態度が急変して、冷たくなった場合も「次のデートはない」と思っている場合が多い。

悲しい現実だが、よくあることなので説明しないわけにはいかない部分だ。デートの後だし、好き避けではないと判断するのが正解。

先程は連絡の部分で「減る」とか「返信が遅くなる」ことを挙げたが、もう少し極端な態度に出る場合は、音沙汰がないパターンも実は結構多いものだ。日常に関係性がない場合は、あまり気を使う必要がないので、その傾向は高まる。

初デートではそれまで見えなかった部分を知ったり、相性の確認がコミュニケーション部分でかなり進むので、態度が急変することもよくある。次のデートはないと思ったなら、自分から誘った分、強い脈なしサインを送る男性も少なくない。

初デートは、何度かデートの誘いを受けることで断り辛くなったり、仲良くなったから遊びに行ってみようと思って初デートが成立するパターンもあるが、2回目のデートには結構シビアに考える人の割合が男性でも増える

要は初デートが楽しくなかったから、あらゆる面でデートに行くデメリットが意識されるわけだ。責任感の強い男性などは、気もないのに何度かデートをしてしまうことが相手の女性に悪いと考えるタイプも存在する。

デート後だからストレートな態度を取ることで十分気まずい関係になるのだが、言葉があるかないかは大きいし、できれば勘付いてほしいと思う場合は急に態度が硬化することも。

また、初デートをしたことで、恋愛の意味の「答え」が出たと考えた場合は、急に興味が無くなったという理由で態度が冷たくなる場合もある。こんな態度を取る場合は押してしまうと逃げるだけなので仕切り直しをするしかなくなる。しつこくすると連絡が取れなくなってしまうから気を付けよう。

初デート後の態度には意味が込められることが多いので、ストレートにその態度の意味を考えることが大切だ。付き合う男女は、初デートから一気に距離を縮めることも多いので、どんな風に変わったかを考えてみよう。奥手な男子の場合は、自分からアクションしてリアクションを見てみることも大事になるだろう。

もし自分の恋愛力に問題を感じているなら、下の記事で総合的な診断を受けてみるのもおすすめ。私がやってみた経験談を下の記事で綴っているので恋愛で失敗が多い人ほど具体的にアドバイスを受けてみてほしい。

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!
もし、あなたの恋愛力が数値化される診断があるとしたら、受けてみたいと思わないだろうか? しかも、プロが真剣に作ったテストで、恋愛傾...

まとめ

今回は、「次のデートはない」と思った時に男性が取る態度をまとめてみた。

ネガティブな態度ばかりを並べる形になったが、こんな態度が無ければ「脈あり」とみてもよいのではないかと思う。

デートに出かけるような関係になった後に、男性が「押し引き」を使うパターンは稀なので、態度は分かり易くなるだろうし、深読みする必要はないだろうと思う。

ある女性とデートに行った男性が、完全にその子との恋愛はないとジャッジするには、初デートに失敗したパターン以外に、元からそこまで興味が無かった場合もあるので、原因を考える時に「初デート」のことだけで悩むのは間違っていることもある点には注意が必要

デートの後の態度で脈ありと脈なしを見極める場合、よりはっきりとした態度の違いで確認できるパターンが多いと思うので、客観的に事実で考えてみよう。ネガティブに考え過ぎてしまうのは良くないので、今回挙げたことのどれか一つに拘るような見方はしないように気を付けて欲しい。

次のデートでより魅力的な自分をアピールしたいなら下の記事を読んでみよう。

関連記事:

最初のデートでコミュニケーションがうまくいかなかった人へおすすめ書籍:

追記:脈なしデートでも簡単に諦めてしまわない、きっかけは自分から作る

今回紹介した「次のデートはないと思った時に男性が取る態度」は本当の気持ちが確定しない以上、勘違いの問題を孕んでいる。まだ付き合う前の片思いの時期は、曖昧なサインで勘違いせず、きっかけ作りをきちんと行って、すれ違いで恋愛を壊さない努力も必要だ。

この記事で紹介した脈なしサインが多いほどデート相手の男性は「次」を考えていない可能性があるが、サインを出そうと思ってそんな態度になったのか、それとも何気ない態度や仕草をネガティブに捉えてしまっただけかは「分からない」と考えるポジティブさも大事

好きな人に連絡を取ってみたり、話しかけたり、できることをきちんと行えば最低限「勘違い」が防げるから、脈なしをイメージする時には勇気がいるけれど、頑張ろうと決めるならワンアクションは入れてみよう。恋愛中の男女は複雑な気持ちが交差するので、すれ違いが多いのも事実だ。

男性の気持ちをさらに知りたい女性は下の記事も読んでみよう。

男性の脈なしサインと脈ありサインを察知するための7つのチェックポイント

次のデートはないと思っている男性とのその後について

この記事を読んで、「好きな人が次のデートはないと思ってそう…」と確信に近い感触があった人のために、対策を少しまとめよう。

男性が次のデートはないと思った場合、絶対にやってはいけない対処の方法が「しつこいアプローチ」だ。勘違いを防ぐための「連絡」は大事だが、相手がしつこいと思うほどであれば副作用が強い。

もし、デートの態度が悪いと感じた場合、もしくはデート後の態度が悪いと感じた場合は、それを確かめる意味でも1~2度連絡を入れ、そのリアクションも悪かったなら少し時間を置いて仕切りなおすようにしよう。

毎日LINEをしていたなら3日ほど置いて頻度を二日に1回…、というようにそれまでの関係性から連絡の頻度を改める脈なしデートの後は、しつこくすると「嫌われる」まで好きな人の心情が悪化することも珍しくないため、もう一度チャンスを作る姿勢でアプローチを弱めよう。

連絡する時とは違い、会ったときはいつも通り話すことで気まずくなることにも対処すれば、関係性によっては「さみしさ」があなたの恋愛に良いスパイスとなる場合もある

とにかく「次のデートはない」と思った男性の態度にがっかりして焦ることがないよう、好きな人との関係作りを意識して恋愛を進めていってほしい。

男女はきっかけが重要だ。焦らずにその機会を伺えばまたチャンスも来るはず。間違った対処法で自ら片思いを壊すことがないように気を付けよう。

好きな人にLINEする際は、下の記事も参考にしてみよう。