真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

好きな人に好きな人がいるのか聞かれた時の答え方~恋愛話が出た時の対応

好きな人に好きな人がいるか聞かれた女性が驚いたリアクションをしている様子。

好きな人と仲良くなっていくと、段々話すことが深くなっていって、恋愛の話になることもある。LINEのやりとりで、好きな人から自分の好きな人を聞かれたことがある人は多いはずだ。

好きバレしないように微妙な感じで好きな人と会話をしている時、突然聞かれると返事の仕方に焦ってしまうのが「自分の好きな人」についての話題。「好きな人に好きな人がいるのか聞かれた時の答え方」は、恋をしている人の全ての人に一度は考えてほしい話題である。

なぜなら、好きな人に好きな人がいるか聞かれたと言うことは、意識されている可能性が高く、答え方を間違うと恋愛を進める上で悪影響があるからだ。チャンスに変える考え方をしてほしいし、無難な答え方も理解しておいてほしい。

この記事では、「好きな人に好きな人がいるのか聞かれた時の答え方」を解説するので、気まずい雰囲気にならない対処法を学んでみよう。もちろん、片思いを進めるためにどんな答え方が良いかも解説していく。

最後は、好きな人に好きな人がいるか聞かれたことを「きっかけ」にして恋バナを盛り上げる方法についても紹介するから、あなたに合ったベストアンサーを見つける一助にしてほしい。

目次

好きな人があなたに、好きな人がいるのか聞く理由と意味

好きな人に好きな人を聞かれたから困った女性の苦笑い。

LINEも含めて、好きな人が好きな人いるのか聞いてくる理由は、大きく3つに分けられる。

まずは、好きな人があなたの好きな人を聞く理由から押さえていこう。意味についても解説を加える。

好意があるから好きな人を聞いた

あなたと好きな人が急激に仲良くなっていた場合、好きな人を聞かれるのは脈ありサインになりやすい。仲良くなって1か月から2か月くらいなら、恋愛アプローチの意味で聞かれた可能性が高いだろう。

男女が急速に仲良くなる時、どちらかが相手のことを好きだという状況は少なくないため、仲が良いのは「友達としてなのか、好きだからなのか」が非常に微妙な問題になる。男女に友情が成立しないと考える人だっているくらいだ。

好きな人からあなたの気になる人を聞かれたり、ダイレクトに「好きな人」を聞かれるよりやんわりと「好きな人いるの?」と聞かれるような時は、もしかしたら好きな人の脈ありサインなのかもしれない。恋愛トークは男女の友達同士でもよくあるが、「好きな人の話題」はやや踏み込んできている態度なので、意識されている可能性が高いのである。

好きな人のことを聞かれる前後の話しでも大きく変わってくるので、反応次第で好きな人のサインを疑ってみても良いだろう。すごく遠まわしに聞かれた時や歯切れ悪く聞かれたときは「好きだから気になる…、だけど聞きにくかった」という気持ちだったのかもしれない。ここは態度に出るので「聞き方」に注目しよう。

あなたも好きな人の好きな人はすごく気になると思う。
相手も、もしあなたが好きなら同じ気持ちだ。あなたより少しだけ勇気があったから、あなたの好きな人を聞いてきているのかもしれない。

仲が良くなったから話題が深くなった

冒頭でも書いたが、好きな人と接触が多くなって付き合いが深くなると、話題も深くなっていく傾向がある。恋愛の話は誰にでもできるものではないので、基本的には好きな人の話が出てくることは、関係性だけを考えればプラス材料だ。それだけ仲良くなっていきたという証拠だろう。

正し、好きな人が恋バナをする理由の一つに、自分がその話題で話したいと思って話題を振ってくることがある点には注意が必要だ。

つまり、好きな人に好きな人がいて、その話をしたいからあなたに好きな人を聞くという行動に出ている可能性があるわけだ。

聞き方によるのだが、「何で私(俺)の好きな人を聞くの?」と思った時に、「好きな人に好きな人がいるから」という理由も考えられることは知っておこう。話題を変える意味で、質問から入るパターンがあり得る。

好きな人に好きな人を聞かれたことがきっかけで、恋愛話に花が咲く場合は付き合う前の微妙な距離感を勘案すると少し緊張感に欠けるため、「好きな人を聞かれたけどすぐ流された」時の方が脈ありサインになりやすい。

好きな人が自分の好きな人の話をしはじめたら、強い脈なしサインだ。

本当に何の気もなしに聞いてみた

好きな人から恋愛アプローチを受けていない自覚があったり、まだあなたの方もアプローチらしいアプローチを行っていない場合は、好きな人は本当に何も考えずに、彼氏・彼女がいないあなたへ好きな人がいないか聞いてみただけなのかもしれない。

好きな人を聞かれた時、何の意味もないパターンも考えられる。その場合は、二人に恋愛の空気がないのが最大の特徴だ。

好きな人の言動はあれこれと色々考えてしまうから、全ての言動に意味を考えることもあるけど、あなたの恋愛的なアプローチが弱く、友達的な付き合いをしていたなら、何となしに恋愛話を出すこともあるので、深読みにも注意が必要だ。

恋バナをするとき、もし二人が恋仲になっているなら「空気」や「雰囲気」に何かしら違和感を覚える。恋愛に疎い人も、気にして確認してみると気づけることがあるから、そんな視点を持ってみよう。

【積極性別】好きな人に好きな人がいるのか聞かれた時の答え方

好きな人に好きな人が聞かれた女性が、正しい答え方に自分の想いを込めている。

これまでも説明してきた通り、好きな人と恋愛話になることは、ピンチでもチャンスでもある。好きな人に好きな人がいるのか聞かれた時は、あなたのスタンスによって適切な答え方が変わってくるので、次のことを参考にしながらその答え方を考えてみよう。

あなたのタイプに寄って使い分けることができるように、積極性別に「好きな人に好きな人がいるか聞かれた時の答え方」をまとめる。

積極的にアプローチしたい時の答え方

好きな人に好きな人を聞かれた時を「チャンス」と思うあなたは、「自分から好きサインを明確に出していく」ことで答えてみよう。

具体的な答え方は、
「好きな人いるよ」
と、どストレートに自分が好きな人がいることを答えてしまう。

そして次のように続ける。
「今、頑張っているんだけど、なかなか気づいてくれなくてね…」
「でも、〇〇にだけは名前は言えないよ(秘密)」
「○○には絶対分からないと思うよ」

積極性をもっと出していくなら、好きな人の特徴や好きなところを「ヒント」として話しても良い。意味あり気な話し方や笑い方も織り交ぜると、雰囲気も違ってくるからおすすめだ。

好きな人に対して「あなたにだけは言えない」という言葉で、後からその意味を考えてもらう。ここに恋愛効果がある。

加えて、自分が頑張っている内容も少し話してみると良いだろう。例えば、笑顔で話すようにしているとか、なるべく話しかけるようにしている等々、好きな人のヒントを出すと答えを確かめるために自分への意識が強くなる可能性がある。実際に、あなたが好きな人へその行動を取ることで、好きな人があなたの気持ちに気付く良いアプローチになっていく面もあるだろう。

好きな人に積極的にいきたいのなら、好きな人から好きな人を聞かれたのはチャンスと捉えて、軽くアタックするような感じで話を進めていくと良い。ちょっといい感じになってきているのなら、相手の恋愛アプローチとして聞かれているかもしれないのだから、恋愛関係を進めるチャンスである。

自分に好きな人がいることを伝えても、好きな人がなかなか自分のことだとは確信できないので、かなりモヤモヤするし、嫉妬することもある。そんな複雑さが付き合う前は必要だ。

関係が進んできたのなら、思い切った行動を起こすきっかけにするのも一つである。好きな人がまさか自分とは思わないとしても、「好きな人は誰なんだろう」と考える内により意識してしまうこともあり得る。

上手くかわしたい時の答え方

好きな人から好きな人を聞かれた時、上手くかわしたい人は「明確な答えを出さないようにして答える」ようにしよう。積極性の意味では中間的な答え方だ。

あなたの好きな人を聞く理由のところでも説明しているように、好きな人が好きな人を聞く心理は、その行動だけでは分からない。

従って、「好きな人がいる」と答えても、「好きな人がいない」と答えても、結局はモヤモヤが残ってしまうことが多い。付き合う前はみんな自分の気持ちを隠しながら好きな人と接するからだ。告白する前に本当の気持ちは言えない。

好きな人ともっと仲良くなっていきたいと考える時期に好きな人を聞かれてしまったのなら、上手くかわした方が無難な答え方になるだろう。好きな人がいないと答えることも、好きな人がいると答えることも、時期に寄ってはリスクがあることを理解していると思う。(※LINEは少し話が別になるので後述する)

では、上手くかわしたい人の良い方法はと言うと、「好きな人の好きな人を質問返しする」ことだ。

好きな人の好きな人を聞くのは怖いかもしれないが、仲良くなってきているなら、時期が経つことで避けては通れない話題である。この際、一言触れてみて反応を見ても良い時期かもしれない。

聞いた後は、相手の反応しだいで会話の展開を変える。
相手もごまかすならそのまま話を変えていけば良いし、もし何か話すならその話をどんどん膨らませていって、最後まで自分は答えないままに会話を終えてしまう。

この方法の効果は、好きな人のことをお互いで質問し合うことで、恋愛的な意識をさせられること。よって、関係が良化しているのを自覚できる時ほどお勧めの答え方である。

友達っぽさが抜けないが、何となく話すことは多いし、連絡も多いという二人が前に進むきっかけになることがある。

あまり仲が良いとも思えない関係の時は、
「今は微妙…かな…」
と、曖昧に答えて上手くかわす方法をおすすめする。

変に否定するのもその後の影響を考えると良くないし、かと言って好きな人がいると言ってしまうと気まずくなるのが怖い。

「まだまだ関係作りがこれからだ」という人は曖昧な答え方をしても、あまり悪い影響はないので安心してかわしてしまおう。相手の心理が完全に読めないわけだから、リスクの無い答え方をするのは合理的な判断とも言える。

LINEで好きな人を聞かれた時の答え方

LINEで好きな人を聞かれた時は、LINEを盛り上げる方法で返信するのがおすすめの答え方。微妙な答え方をしても好きな人の表情や態度から色々知ることができないので、「可愛いLINEを送る」のが恋愛的には正解だ。

会っている時に聞かれた場合は探りを入れることや、話を進める答え方をする方がおすすめになるが、LINEで好きな人を聞かれた際はこんな返事の仕方をしよう。

「ええ~、恥ずかしいよ」と素直に照れる返事

LINEで好きな男性から好きな人を聞かれた女性におすすめの答え方は、「照れる」方向のリアクションをすること。「恥ずかしいよ」と素直に照れる女子は男子から見ると可愛いので、気まずい答え方をするより会話が盛り上がる。

照れるだけなら、たとえ恋愛の意味がなかったとしても普通に会話ができるので、印象アップのみを狙うことができる。好きな人を聞かれたら照れる女子が居ても普通のことだから、相手に違和感も与えない。

男性心理を前提にすると、女性の可愛いLINEになるから恋愛向きだ。

「気になる人ならいるよ」と踏み込んだ返事

LINEはノリで会話が進みやすいので、恋バナに乗ってみる答え方もおすすめだ。特に男性におすすめしたいのが、好きな人ではなく「気になる人ならいるよ」と少しボカしながらも踏み込んだ返事の仕方をすること。

まだ仲良くなる前のLINEだと恋愛的な効果が薄いので他のリアクションがおすすめになるが、仲良くなってきているなら少し踏み込んで自分を意識させる方法に繋げたいのが本音である。

好きな人から恋バナを振られた状況なので、LINEで好きな人を聞かれたら「気になる人」に直して会話を進めてみよう。お互いに探り合う会話になれば、恋愛の雰囲気ができる。

片思いなら「好きな人はいないよ!」と未来に期待させる答え方を!

好きな人に好きな人を聞かれた時は、未来の可能性を消さない返事の仕方をすることが大きなポイントになる。特に意識してほしいのが「まだ片思いの時期なのか、もう両想いを疑う時期なのか」である。(※詳しくは次の見出し)

もし、まだ恋愛が煮詰まる前の片思いの時期だったら、好きな人は答え合わせの意味で聞いたわけじゃないから、「好きな人はいないよ」と「フリーです」という意味の答え方をするのもおすすめの対処法だ。

好きな人の心理を読むと、関係が進む前は「他に誰か好きな人がいるのかな?」という気持ちだから、自分への気持ちはフラットに見ているはず。「自分のことはまだ好きじゃないんだ…」と落ち込まないタイミングで聞かれた際は、否定する答え方をしても無難な答え方となる。

では、答え方を迷う際は何をポイントにして判断するのだろう?

次の見出しで解説する。

好きな人に好きな人を聞かれた時、答え方に迷う人の判断基準

好きな人に好きな人を聞かれた時に答え方に迷う人は、その質問を「生かすのか」、「かわすのか」の判断をすることがスタートだ。

それを判断するポイントは、「好きな人との関係性」と「あなたが望む方向性」である。

判断に迷うときはまず、好きな人との恋愛的な意味も含めた「仲の良さ」が重要な判断基準である。関係が進んでいて仲が良いなら、自信を持つことを大事にして「進む勇気」も必要。ここで一つ判断する。

逆に好きな人とあなたがまだ仲が良くないなら、コミュニケーションを取って距離を縮めることが大事だから、その後に影響のない答え方が正解と言える。

気まずい雰囲気になってしまうと、それ以上仲良くなるのに精神的なハードルが上がってしまうため、恋愛の効果に拘らず交わすようにしよう。

また、あなたが望む方向性で答え方を考えることも判断基準の一つだ。

友達の雰囲気が漂っていて異性として見てもらってない場合や、出会ってからの時間が経ってきているときは「雰囲気を作るために」少し微妙な答え方をしてみるべき。

恋愛は意識されるところから始まるので、その手前の期間が長くなっているなら何らかの対策を講じる方がうまくいく。

逆に、「今は友達として変に意識されたくない」と思う人はかわすのが正解だろう。周りから噂になっているとか、好き避けされそうなときも、あまり意識されない中でアプローチする方がうまくいく恋愛がある。

恋愛は、相手の気持ちがはっきりしない以上「相手を思いやりながら自分の気持ちを大切にする」のが後悔しないコツである。自分勝手になるのではなく、思いやるなら「笑ってごまかす」のでさえ時に正解だ。

好きな人に好きな人を聞かれたら、上の点に注意して答えれば、間違いはなくなると思うので、参考にしてほしい。

好きな人に好きな人を聞かれたことを「きっかけ」にして、恋バナを盛り上げる方法

好きな人に好きな人を聞かれた際は、恋バナを盛り上げるチャンスとも取れる。

好きな人の恋愛的な情報を得る機会にしたいなら、好きな人のことを聞かれたことは「きっかけ」に変える考え方もしてみよう。

○○は好きな人いるの?と聞き返すと、リアクションから見えるものがある

「質問返し」で切り抜ける方法は前述しているが、積極的に「質問」することで話題を広げる方法は、恋バナを盛り上げる方法に応用可能だ。あなたもツッコまれるリスクはあるけれど、話は発展していく。

好きな人に好きな人を聞かれた際は、自分が答えるか交わすかを問わず、盛り上げたいと思ったら質問をしてみよう。会話のテーマを「恋バナ」と考えてちょっと話題をズラすと、聞かれたことに答えないまま、好きな人の情報をゲットできる場合もある。

付き合う直前の雰囲気だと微妙な空気になることもあるが、まだそこまでじゃないなら探り合いみたいな雰囲気になるし、意識するきっかけにもできるので、サラッと流してしまうより良い対処法になる。

ストレートに答えない場合がほとんどだけど、好きな人のリアクションから見えるものがあるはずだ。

最終的にからかって話を終えれば会話の出口も難しくないから、「意識されているかな?」と試してみたい人は、こんな方法で恋バナを盛り上げて、今の脈を探ってみると良い。

「モテそう」という社交辞令の言葉から、恋バナを盛り上げる方法

好きな人に「好きな人いるの?」と聞くことができない人は、「モテそう」という社交辞令の言葉から恋バナを盛り上げてみよう。好きな人の恋愛経験や、元カノ・元カレの人数だったり、知りたい情報が引き出せる場合がある。

モテそうという言葉は一般的に意識していない状態でも使う言葉で、距離感が丁度いい。少しだけ恋バナを盛り上げたい時は簡単に触れるだけでいいし、できるだけ盛り上げたいならどんどん話を進めていけば良いので、ニュアンスも調整可能だ。

さらに、恋愛アプローチに繋げたい人や、自分のことを意識させたい人にもおすすめなのは、モテそうと言った後に「自分の気持ちを乗せられる」から。

「モテそうだよね、○○はすごい優しいもん」
「モテそうだよ、カッコいいし」

サラッと自分目線の評価を加えれば、「え?そう思ってくれてたの?」と好きな人をドキっとさせることができる。言葉の応用範囲は広いため、あなたに合った言葉を選ぼう。

恋愛の探りは、社交辞令っぽい、お世辞っぽい言葉を使いながら行うと、友達の雰囲気にちょっとした恋愛の雰囲気が足せる。せっかく好きな人から自分の好きな人を聞かれたならアピールしたいと思う人もいると思うので、社交辞令の言葉に自分の気持ちを乗せてみよう。

両想いの雰囲気があるなら「好きな人のヒント」が良いアクセントになる

好きなタイプの話でも良いのだが、積極的な答え方で「好きな人いるよ」と答えた人は、自分が好きな人のヒントを出すことで恋バナを盛り上げよう。好きな人が当てようと考える時間が、まさにあなたのことを考えている時間だ。

好きな人のヒントは、自分を意識させることに有効だが、それ以上に「恋愛の雰囲気を作る」ことに効果がある。クネクネしたくなるようなこそばゆい感覚があると思うが、話が盛り上がるなら恋愛的に良い雰囲気で、「好きな人が興味をもってくれた」なら脈ありサインにもなってくる。

特に、両想いの雰囲気を感じている場合は積極的に好きな人のヒントを出してみたい。夜の電話だったりすると、私の経験ではそのまま告白されることさえあった。

好きな人に好きな人がいるか聞く行為は「告白の前兆」にもなることだから、雰囲気次第では簡単に流すことにリスクもある。片思いから両想いになる曖昧な時期では、守るだけじゃ恋愛の複雑性を攻略できないので、積極性が求められることもある。

好きな人いるの?と聞かれた時の間違った答え方とは

最後に、好きな人から好きな人いるの?と聞かれた時の間違った答え方を解説する。こんな答え方をすると恋愛成就が遠ざかるので、好きな人から聞かれた場合は注意しよう。

ごまかすために「私の周りにいい人いないから」と答える

好きな人に好きな人を聞かれた時、「周りに良い男がいない」「周りにイケメンがいない」など、自分の周りの男性を否定する言葉は間違った答え方になりやすい。

こんな答え方をする女性に、相手の男性は下の心理になるからだ。

  • 俺もいい男じゃないもんね(自分も否定された印象)
  • 高望みするタイプなんだね(自分じゃ無理だな)

自分の周りに良い男がいないと答えると、好きな人を否定する意味に取られてしまい、高望みするタイプだと誤解される可能性があるので、ごまかしの言葉には注意が必要だ。

男性は可能性のない女を追わないので、彼を否定する言葉は使わないようにしよう。

距離を感じさせる「言いたくない」は間違った答え方

笑顔で答える場合も含めて、距離を感じさせる言葉を使うのはNGな答え方だ。

「言いたくない」「無理」など、言葉のニュアンスで誤解される可能性のある言葉を使うと、急に好きな人を聞かれた時の緊張感が悪影響を及ぼした場合は思いがけず冷たい印象を持たれることがある。

好きな人に好きな人を聞かれた時はその質問をシャットアウトしたくなる心理になる人もいると思うのだが、恥ずかしいと感じても「照れる」方が良いリアクションの仕方になる。

驚いた時は「強い言い方」になる答え方に注意!怒った印象を与えると気まずくなる

急に好きな人を聞かれた時は驚いてしまうものだけど、質問返しや聞きなおすことで対処する際は「強い言い方になってしまう」ことにぜひ注意をしてほしい。

「は?」と聞く場合や、「何言っているの?」とか「やめてよ」などもそうで、言い方を間違えた場合は好きな人に「怒った」と誤解されることがある。

好きな人を聞くことがある程度ナイーブな質問であることを相手は意識しているので、印象が悪い答え方をした際はそれがきっかけで気まずくなることがあるため、驚いた時こそ余裕を持つように心がけよう。

後からフォローすることで雰囲気を変えることは可能だから、もし間違った答え方をした際は自分から明るい会話をするようにアクションを起こすと良い。

まとめ

今回は「好きな人に好きな人がいるのか聞かれた時の答え方」をまとめた。恋愛話が出た時の対応はナイーブな問題だけど、この記事を参考にしてもらえたらと思う。

記事の最後では、好きな人に好きな人を聞かれたことをきっかけに恋バナを盛り上げる方法についても解説しているから、色々なシチュエーションであなたに合った方法を選べるように、なるべく深く書いたつもりだ。

恋愛している時は、本当に微妙な気持ちが交錯する。付き合う前はたとえ上手く行く二人だってすれ違うことがある。

だからこそ、「今どんな関係なのか」「これからどんな関係になっていきたいのか」を大事に、色々なアプローチをしておこう。

距離を縮めていく恋愛をしたいなら、好きな人との恋バナは避けて通れないので、あなたの恋愛に合わせて自分なりのベストアンサーを見つけてほしい。

★好きな人と仲良くなりたい人は下の記事も読んでおこう。

★二人で食事に行く関係・二人で飲みに行く関係なら下の記事で脈ありと脈なしの違いを知ろう。

★好きな人と仲良くなれた人は「付き合うタイミング」についても一度真剣に考えてみよう。

タイトルとURLをコピーしました