好きな人の好き避けと嫌い避けの違いが分かるようになる9つのチェックポイント

好きな人に避けられた女性。好き避けなのか嫌い避けなのか違いが分からないからショックを受けている。

「好きな人から避けられる…。これってやっぱり脈なしだよね?」

好き避けと嫌い避けの違いが分からない人は、恋愛を進めていく内にやってくる微妙な空気を乗り越えることができず、本当は好き避けだった態度を嫌い避けだと勘違いして引いてしまう

確かに、好きな人から避けられた場合は大きなショックを受けるものだし、何度も避けられるようになれば脈ありを脈なしだと誤解するのも無理はないかなと思うところ。中には「ごめん避けされた」という人もいて、話しかけるのが怖いと思った人までいる。

しかし、恋愛の複雑な感情は「好きな人とはいつも笑顔で話す」というほど単純じゃない。好き避けの心理を理解して、片思いから両想いになる微妙な時期を乗り越えることができるようになろう。

この記事では「好きな人の好き避けと嫌い避けの違い」について徹底解説するので、ぜひ重要な9つのチェックポイントを押さえてほしい。

今回は、「このポイントをチェックすれば好き避けと嫌い避けの違いが分かるようになる」というものを紹介したい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

好き避けする人の特徴!あなたの好きな人は好き避けするタイプ?(男性心理・女性心理を理解する)

好き避けする男性と嫌い避けする女性が向きっている様子。好き避けと嫌い避けの違いが分からない。

好き避けと嫌い避けの違いを理解するために、まずはあなたの好きな人が好き避けするタイプか知ることが重要だ。好きな人の気持ちを知りたいと思ったら、絶対に「好きな人の性格」を加味して考えないといけない。

好き避けするタイプの人は無意識に避けてしまう人もいるし、好き避けしないタイプはなかなか好きな人を避けることがなくて、嫌い避けの方をより一層疑うべき。

では、男性心理と女性心理に注目して好き避けする人の特徴を解説する。

好き避けする人の特徴(男女共通)

  • 付き合った経験がない
  • 異性と話すのが苦手
  • 恥ずかしがり屋
  • 冗談を言わないタイプ
  • 何を考えているか分からないタイプ(自分を隠す)

好き避けする心理は、「付き合った経験がないからどうしたらいいか分からない」とか「好きバレしたくないから避けてしまう」などだから、恋愛に真面目なタイプが好き避けするタイプの典型例。

あなたの好きな人が好き避けするタイプなら、片思いから両想いになるのは難しいと言わざるを得ないけれど、もし付き合ったら幸せな恋愛ができる可能性が高い相手である

どちらかと言えば「内向的な性格」だったり、「異性に消極的」であれば、嫌いだから避けると単純に考えず、好き避けを疑うようにしよう。

次に、男性と女性に分けて好き避けするタイプを解説する

好き避けする男性の特徴

  • 声が小さい
  • 口数が少ない
  • 仕事で忙しい
  • インドア派
  • クール

あまり女子を寄せ付けない雰囲気を持った男性は好きな人を避けがちだ。元気いっぱいなイメージよりも、どちらかと言えば「クールな男性」だったり「インドア派な男性」が好き避けをするタイプの男性

勘の良い女子なら見分けることができると思うけど、「好きな人のことになると全然分からない」となってしまう女子は、上の特徴から好きな人が好き避けするタイプの男性か判別しよう。

女性のように「ツンデレな男性」というのはタイプ的にそんなに居ないので、複雑に考えるべき要素は少な目である。

好き避けする女性の特徴

  • いつも女子同士でいて、一歩引いたポジションにいる
  • 普段はおしゃべりするけど、みんなといると話さない
  • 恋バナが嫌い
  • すぐ顔が赤くなるタイプ
  • 話しかけてこないけどLINEがくる

本来おしゃべりが得意なはずの女性で好き避けするタイプは、2つの大きなタイプに分けられる。

1つは、控えめな性格の女性。あまり前に出ないタイプで、普段は聞き役に回る女性は、好きな人を避けがちだ。コミュニケーションに積極性がないので、好きな人とのおしゃべりにも苦手意識がある。

もう一つは、恋愛にウブな女性。女性全般は恋話が好きだけど、過度に照れるなら好き避けするタイプである可能性が高いし、付き合った経験がないならなおさらである。

男性も女性も異性と話すのが苦手なタイプはいるものだが、女性の方がおじゃべりが得意なので、好き避けするタイプかどうかは比較的分かりやすい。

ただ、女心は複雑だから男心よりも慎重に判断する方が失敗しない。これから解説するポイントできちんと違いが分かるようになろう。

スポンサーリンク

普段の生活で避けないこともあるなら好き避け

好き避けする人の多くは、自宅に帰ってから自分が好きな人に取ってしまった行動に自己嫌悪になることが圧倒的に多い。好き避けを嫌い避けと思われたんじゃないかと言う心配は、好き避けしてしまう人に取って常に付きまとう問題である。

反省した結果、少しづつ普通に話せるようにと努力をするのだが、好き避けしてしまう自分を簡単には変えることができない。

  • 好き避けする人は、本当は好きなのに避けてしまうから日常的に自己嫌悪する
  • そんな自分を変えたいけど、なかなか根本的には治らない

そこで、「みんながいない状況なら好き避けしなくて済むんじゃないか」とか、逆に「みんなで話すような時は普通にしてみよう」などと、好きな人に対して「部分的に努力する」ことがある。

そうすると、個人差は大きいのだけど、その努力が実を結んで好き避けしない瞬間を作り出すことが出てくる。この「好き避けしない瞬間があるかないか」が、好き避けと嫌い避けの違いだ。

  • 最大のポイント=好き避けは、避ける時と避けない時の両方が混在する

普段の生活の中で、避けられる時と避けられない時のギャップがあって、一貫性のない行動があれば、好き避けの可能性が高い。嫌い避けはどんな状況でも嫌いなのだから、態度は変わらないので、ごめん避けまで連続で出てしまうこともあるならなおさら、嫌い避けの可能性が高くなる。

  • 嫌い避けは嫌いだから避け続ける、反省もしない

このように、「態度に変化があるのかないのか」で好きな人の好き避けと嫌い避けの違いを考えてみよう。好き避けなら行動にもその時々によって変化があると思うので、こんな特徴に注目してみると違いが分かり易いはずだ。

避けるのに近くにいるなら好き避け

嫌い避けじゃないので、好きな人の近くに座る好き避けする人の視線。

いつもと言うわけではなかったとしても、好きな人の周りにいたいのは好き避けしてしまう人も同じだ。

好きな気持ちに敏感だから好き避けに陥ってしまう人がいて、そういう人は好きな人に自分をアピールする行動を同時に取っている可能性がある。それが、せめて近くにいるという行動に表れるのだ。

  • 好き避けする人も好きな人の近くにいたい心理を持っている
  • 好きだから、アプローチやアピールする意味もあって好きな人の近くに行く

「今度こそ好き避けしないように」と思って近づいては、悲しい結果を自ら呼び込んでいる側面を持つのが好き避けの特徴。話しかけたり、会話を盛り上げたりはしないが、避ける割に近くにいることが多いのなら、好き避けを疑える。

一方、嫌い避けは、避けるくらい嫌いな人なので近くにはいたくない。

嫌い避けされているならあなたから離れて過ごすことが多いはずだから、ほとんど寄ってくることがなければ嫌い避けの可能性が高まる。

嫌い避けでは、グループの話しでも離れた位置を取ることが増えるし、近寄ってもごめん避けをすることではっきり態度に示す場合も多いので、そんな人にはあまり自分から話しかけないで時間を置く方が良い。

  • 嫌い避けは自分の近くに全く寄ってこない
  • あなたから近づいてもごめん避けされる

こちらからお願いした時の反応

好き避けと嫌い避けの違いを知るには、あなたから積極的にコミュニケーションを取ろうとすると分かりやすくなる。中でも、好きな人にお願い事をしたときははっきり態度に表れるだろう。

ちょっとしたことだったとしても、嫌い避けしている人にモノを頼めばあからさまな拒否反応が返ってくる。嫌いな人の仕事を手伝うのは非常に面倒な作業だし、なぜ自分がそれをしなくてはならないのかが瞬時に疑問となり、拒否反応が出るわけだ。嫌いな人からの頼み事はごめん避けが多くなるという特徴もある。

  • 嫌い避けされていた場合は、頼み事をした時に強い拒否反応がある

好き避けの人は、仕事自体は特に嫌悪感を出さずに用事を済ませてくれる。基本的に好きな人の役に立てることは嬉しいことであるため、態度や言葉とは裏腹に、お願い事はきちんとやってくれるだろう。

素っ気なかったり、目を合わせないとか、近づいていくと離れていくような態度は好き避けによくあるが、好きな人から頼まれているなら基本的にはやってあげたいと思ってくれる

  • 好き避けされていた場合は、頼み事をした時になんやかんやあっても最終的に引き受けてくれる

ムッとするのか、エッと驚くのかで反応の違いを見ることで、好き避けか嫌い避けかを判断ができることがあるから注目しよう。好き避けと嫌い避けの特徴を知って、表情や雰囲気で察知したいので、よく観察したいところ。

自分から好きな人に絡むと多くのサインが出るので、冷静に違いを見極めることが大切だ。

好き避けと嫌い避けの違いは、やっぱり「周りの判断」が参考になる

好き避けか嫌い避けを的確に判断できるのは、やはり自分よりも客観的な目を持った周りの人だ。

好き避けは遠くから見つめるパターンが多いので、周りは「好き避けだな」と本人よりも気付き易い。他人の方が全体を見ている面も大きいだろう。

は自分のこととなると、途端に判断を誤ることがあるので、恋愛的に信頼できる人が自分の近くにいるなら、好き避けか嫌い避けかを相談してしまうことが一番早道になる。友達から見て「どう見えるか」を参考意見として聞いてみよう。

  • 好き避けか嫌い避けかを見抜きたいなら「恋愛力に信頼がある友人」に相談するのが一番わかりやすい

正し、あまり自分に興味が無く、この人は自分のことをあまり見ていないと思う人から、「嫌われているね」と言われるようなことがあっても、鵜呑みにはしないように。

好き避けと嫌い避けはかなり微妙な判断なので、表面しか見ていない人は「避けられている」という事実を前に「嫌い避けだ」と安易に判断することが多い。しっかり自分たちのことを見ている人の意見を参考にしよう。

時々、自分の恋愛を周りの友達に積極的に相談したがる人がいる。

話を聞いてほしい欲求や自分が好きな人のことを話したい欲求を達成するためなら、どんな話し方をしても問題にはなりにくいから良いが、恋愛相談をしたくてアドバイスを求めるなら、相手を選ばないと逆効果になるので注意しよう

あなたが見えていない人に変なアドバイスを言われて、それをきっかけに恋愛がうまく行かなくなってしまうのはとても悲しいことだ。

好き避けしてしまった後にフォローがあるかどうか

好き避け下女性が後でフォローする態度。好きな人を避けてしまうことに悩んでいる。

好き避けは、したくてしているわけではないので、つい避けてしてしまった後に相手からフォローしてくるのも特徴の一つ。毎回ではないが、時々でもフォローがあるなら好き避けを疑うところだ。

例えば、いきなり自分から挨拶した時に避けられた後、あまり時間を置かずにちょっとした会話をしにくるとかの場合は、たとえそれが必要性のある会話だったとしても、好き避けのフォローとして用意された要件である可能性がある。

そういったことが頻繁にあるのなら、好き避けを疑ってみるといい。嫌い避けでは要件があっても回避したいくらいコミュニケーションを避ける

  • 好き避け=避けた後に時々フォローがある
  • 嫌い避け=避けたままフォローがない

嫌い避けの場合は、その後に用事が出来た場合にメモ等で伝えるような行動にでることがあるからチェックしてみるとわかり易いかもしれない。嫌い避けからごめん避けまで行くと、少しでも話したくないし、ついさっき気まずい状態になったばかりだから、避ける一方の行動を取る。基本的にフォローが無いのが違いとして大きい。

  • ごめん避け=少しのコミュニケーションも取りたくないからあからさまに避ける態度を取る

フォローがあるタイプの好き避けは比較的見破りやすい好き避けだ。これも自分が好き避けしてしまうことの改善策として行う人が多い例だから、「ちょっとしたこと」でもきちんと察知したい。

照れるのは好き避け、嫌い避けは目を合わさずに笑顔もない

好き避けは相手が好きな人だから、緊張していて顔が強張っていても会話中に相手の笑顔を確認することができる。好き避けされていると感じた時は「笑顔の有無」を一つのチェックポイントにし、「照れた態度が見えるか」を嫌い避けとの違いとして意識してみよう。

嫌いだから避ける嫌い避けの場合、目を合わせないどころかほとんど笑顔を見ることができない。何度か自分から絡んでみるとはっきりするポイントなのだが、好き避けか嫌い避けか迷う場合は「照れている態度」の有無を、笑顔に注目しながら確認してみよう。

  • 好き避け=本当は好きだから会話中に照れた態度を見せる(笑顔の有無)
  • 嫌い避け=嫌いだから照れることはないし、そもそも笑顔を見せない

どんな会話であっても相手の笑顔が時折あるなら「目が合わないこと」は気にしないで良い。好き避けする人は好きな人の目を見てしゃべるのが本当に苦手だから、恥ずかしくて避け気味になっているのかを見極めることが大切。そこで注目するべきが「照れの有無」である。

好きな人にはどんな人であっても恥ずかしさを感じるので、大きなチェックポイントになるはずだ。笑顔が全くないまま会話したり、いつ話しかけても笑顔が無い場合は「照れてもいない」ということなので嫌い避けが濃厚。

もし嫌い避けされている時は「ごめん避け」まで発展していかないように、一定期間は接触を控えて普通の友達になれるように対処してみよう。

男性の照れ隠しを見抜きたい女子は、下の記事もぜひ参考に正しく認識してほしい。

好き避けは「嫉妬」も原因になる!嫌い避けとの違いを見抜くポイント

あなたが好きな人に避けられる時、何か傾向みたいなものはないだろうか?

実は、好き避けには「嫉妬」が原因になっているものもあって、恋心の複雑さが当てつけ的な冷たい態度に出たり、嫉妬心を治めるために一定時間距離を置くという行動に表れることがある。

もし「他の異性と仲良くした後に避けられる」とか「他の異性と一緒の時に避けられる」と言うなら、好き避けである可能性が高いだろう。避けられる時に傾向がない場合は嫌い避けが濃厚だ。

片思いは、本当に好きになった時は誰もが「つらい」と感じる瞬間があり、「嫉妬」はその中でも代表格。恋愛が苦手な人は「好きな人から嫉妬される」という発想そのものがない人も多いので、冷たい態度の原因に「嫉妬」の問題が絡むことを覚えておこう。

この見抜き方は積極的に使うことで好きな人の気持ちを確かめる方法にもなるので、他の女子・他の男子と一緒に居る時に話しかけてみたり、二人で会話できる時に他の異性の話を出してみたりして、「嫉妬が原因で好き避けされている可能性」を確かめてみることもできる。

嫉妬の態度がよく分からない人は、下にある「男性向け」「女性向け」それぞれの記事が参考になる。

嫉妬の態度が分かれば好きな人の心理もより分かりやすくなるはずだ。

LINEで分かる「好き避けと嫌い避けの違い」とは?

LINEで分かる好き避けと嫌い避けの違いをイメージした「男女が携帯を近づけている画像」。本当は好き避けの態度を取っていたことが分かった。

会った時に好き避けする人も、LINEを使ってバランスを取ろうとするタイプは少なくない。LINEで好き避けをフォローするイメージで、直接顔を見ないでコミュニケーションが取れるLINEの特徴を活かす感じだ。

では、LINEで分かる「好き避けと違い避けの違い」とはどんなところに特徴があるだろう?

好き避けする人のLINEの特徴

  • 相手からLINEがくる
  • LINEでは普段より饒舌になる
  • 絵文字や顔文字、スタンプなどを使ってLINEに装飾がある
  • LINEの表現がいつものイメージと違う
  • LINEが続く

もしあなたが好き避けされている場合、相手とのLINEでは少し違ったイメージになるはずだ

好き避けは避けられる時と避けられない時があると前半部分で説明しているけれど、LINEでは少し積極性みたいのが見られる。何も当てはまらない場合は嫌い避けされている可能性が高いだろう。

LINEで良いコミュニケーションが取れているなら、「避けられる」という状態がむしろ脈ありになることもある。友達なのに避けるということは「意識している」証拠になるので、あなたが上手くリードできれば付き合える可能性がむしろ高まっているとも言えるのだ。

下の記事も参考にしてみよう。

嫌い避けする人のLINEの特徴

  • LINEが来ない
  • LINEの返信が来ない、未読無視される
  • LINEしても返信が一言だけ
  • 絵文字・顔文字・スタンプがない
  • LINEが続かない

嫌い避けされている時は、LINEのリアクションが本当に冷たいのが最大の特徴。つながりがある関係であったとしても、装飾はないし返信のメッセージも一言だけになりやすい。

好きな人からLINEが来る経験が少ないと「LINEが来ないのは当たり前」と思ってしまう人もいるのだが、仲良くなった後なら段々と双方向的な連絡の仕方になる方が普通である。

もし、あった時も離れた時も同じように冷たい場合は、嫌い避けされているのだろう。

まとめ

今回は、好きな人の好き避けと嫌い避けの違いがわかるようになる9つのチェックポイントを解説した。

紹介したチェックポイントでどれも好き避けの要素がなければ嫌い避けの可能性が高いと思うが、それ以上に問題なのがそういう人とどうやって恋愛を進めていくかである。

好きな人に避けられる理由が「好き避けなのか嫌い避けなのか」を見抜くのは、今後の恋愛の仕方を変えるため。

好き避けされている可能性が高いなら上手くリードしながらもう一歩を進める努力が求められるし、嫌い避けされている可能性が高いなら一度引いてイメージアップに頑張らないといけない。

好きな人の心理を見抜くことで今後のあなたの行動や態度も明確になるはずだから、たくさんのポイントで正確に判断し、良い恋に繋げてほしい。

関連記事:

好き避けされる人ともう一歩片思いを進めていきたいなら…

好き避けする女の子の口説き方は…