>>自分の恋愛傾向が分かるプロの診断を受けてみました

男性におすすめの恋愛本7選~女性の心理が分からない、モテない、恋愛経験がない人が読むべき恋愛の本

男性向けの恋愛指南書を読む男性

恋愛の仕方がわからない、女性の考えていることや感じていることが分からない、という男性は「恋愛本」から学ぶのも、恋愛力を上げる一つの方法だ。

ネットの記事よりも一つの本にまとまっていて理解しやすのが強みである「恋愛指南書」は、恋愛経験によって学ぶべきことを、まず「知識」のところで勉強できるメリットがある。モテない男性や恋愛経験が少ない男性は、武器を持たない実践で「女性を知る」よりも、先にしっかりとした内容のある恋愛本を読んでおく方が、恋愛を成功させられる可能性を引き上げられるだろう。

恋愛にもノウハウやハウツーがある以上、「学ぶこと」があなたの恋愛をより成功へと導く。

当然、恋愛の本をいくら読んでも「女性とコミュニケーションを取らない」というなら彼女を作ることができないが、「もしかしたらこれで上手く恋愛ができるかもしれない」と思えれば、あなたの積極性も上がるはずだ。恋愛本がそのとっかかりになる。

しかし、恋愛をテーマにした本と言っても世の中にはたくさんあってネタだけになってしまっているものがあるから、何を読んだら参考になるのか分からない人は多いと思う。私の立場でも、闇雲に適当な恋愛本を読んで、間違った知識で女性と接することで余計に消極的な男性になってほしくない。

そこで今回は、私から女性の心理が分からない男性やモテない男性、恋愛経験がない男性に読んでみてほしい恋愛の推薦本を7冊紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

「男性におすすめする恋愛本」というテーマで、男性向け恋愛指南書や恋愛心理学の本を紹介する

スポンサーリンク

 LOVE理論

恋愛指南書で一番有名な本がおそらく「LOVE理論」だ。恋愛本を探していてまだこれを読んだことのない人は、まず読んでみるべき1冊。

小難しい恋愛心理学が嫌いで、読み物として面白い本を探している人には特におすすめしたい。単純明快で笑いを誘うところもあり、読みやすい。実践してみたいと思わせる理論が多く詰まった1冊である。小さなことがはじめてみるきっかけがつかめると思う。

著者の水野敬也さんは、「女の気を引くためには、まず女の気持ちを理解しなければならない」との考えを持っており、大学生以降ずっと恋愛の研究をしている人。あなたが求める情報がふんだんに盛り込まれているはずだ。

男女脳戦略

男性脳と女性脳の違いを比較で説明しているDaiGoさんの本。恋愛だけでなく、学校や職場の人間関係をよくするためにも使える1冊だ。

恋愛指南書はどうだろう?と思っているなら、男性と女性を学ぶために読んでみてもいい。恋愛経験がないことで女性の扱い方全般に自信がない男性におすすめしたい1冊。内容はシンプルだけど、読んだ後は実践したいノウハウが得られているはず。

女性の気持ちを理解しようと思えば女性経験を増やしていくしかないが、心理学のアプローチは人間研究の結果蓄積した「事実」がたくさん詰まっている。「恋愛が得意な人」というのではなく、「きちんと男女の違いを知っている人」の本が読みたいなら、この本がおすすめ恋愛本となる。

「なるほど!とわかる」マンガ はじめての恋愛心理学

本を開くと右側にマンガでシチュエーションを紹介し、左側でデータも使いながら詳しく説明しているので見開きで一つの項目を理解できるのが特徴。分かりやすい1冊だ。

設定されているシチュエーションが実際の生活でよくある場面なので、実践しやすさを感じるはず。この本はシリーズ化されている中の「恋愛心理学」に特化している。恋愛に必要な「デートの誘い方」や「会話の内容」など、恋愛経験がない男性におすすめしたい。

とにかく好きな人ができても何もできないことに悩んでいる場合や、相手の気持ちを考えずに自己完結型の思考で恋愛してきたモテない男性は、この本を読むことで「恋愛アプローチ」に関する考え方から変わると思う。

この人と結婚していいの?

結婚を意識したことのある男性すべてにおすすめしたい1冊。男女がすれ違う原因や恋人に取って自分がどうあるべきかなど、幸せな付き合い方のヒントが多く詰まっているので、お付き合いに自信が無い男性や付き合ってもうまくいかない男性は読んでみるべき恋愛の本。

男女は歩み寄らない限りお互いの理想にはなれない。恋愛が分からないなら、自分に足りないところが浮かび上がってくる。

誰でも好きな人と付き合えれば幸せを感じて恋人を大切にするはずだが、我々はどうしてもその状態に慣れてしまって幸せの本質を見失う。特に気づかず彼女を傷つけてしまっていつの間にか幸せを逃してしまう男性は、「女性との付き合い方」をこの本で学んでみよう。

恋愛経験がない人も付き合い方に自信がないと思うので、20代半ば以降の男性は必読の恋愛本になると言っても言い過ぎではないと思う。

出会いでつまずく人のための心理術

精神科医の先生の本。ビジネスにも役立つと紹介しているが、題名にある「出会い」は恋愛をテーマにしている。女性との初対面が苦手な男性におすすめしたい恋愛本である。

せっかく素敵な女性と出会っても次につなげることができない人は読んでみると参考になるところがたくさん出てくると思う。ややテクニック的なものに偏重している印象はあるが、恋愛のとっとかかりでつまずく人にはお勧めしたい。

初対面の攻略は学生を卒業した男性が必ずテーマになることだ。みんな慣れた女性ほどうまく自分を表現できるが、「出会い」がうまくいかない限りただ女友達を増やすだけで知り合いが増えても彼女ができないことを悩みにしてしまう。

出会いから次へ次へとつなげていくことが求められる社会人以降の恋愛では、「出会いが苦手」をなるべく早く卒業したい。

話を聞かない男、地図が読めない女

女性の心理が分からない人に読んでほしい1冊。よく女性を怒らせてしまう人、女性から嫌われたと感じることが多い人は、女性の根本をこの本から学んでみよう。男女の違いを知って寛容になれれば関係の構築方法が変わってくる。

やや決めつけて語るところは気になる人がいるかもしれないが、男女は違う生き物だと知ることで恋愛環境が変わる人は多いと思う。実際、本から学んだ視点で男女の違いに注目してみると、あなたの見てた世界が実はリアルじゃなかったことに気付くだろう。

仲良くなれない、嫌われるのにはワケがある。男性と同じように女性に接する男性は読むべき1冊。女性の扱い方がわからないのは男女の違いに疎いから。「こんなところに違いがあるんだ」と感じることを増やせば、一緒にいる女性への気遣いから変わってくるはず。それが恋愛力の向上を促すはずだ。

「美女と野獣」の野獣になる方法

クドクドと説明されるのが嫌いな男性が求めている恋愛本の形で、ユーモアに富んだウケ狙いの部分が多い爆笑できる本。真面目に本から恋愛を学ぶよりも読書を楽しんで核心を知りたい男性におすすめしたい。

読んでいくと文体とは裏腹に、内容が適当ではないことが分かると思う。恋愛マニュアルが必要な人には勧めたくないが、恋愛をテーマにした面白い本として勧めたい1冊。あなたが美女を落としたい野獣なら1度読んでみよう。

女性がどんな風に落ちるのか、まさに外見に左右されない恋愛が学べる本だ。恋愛の理論は納得できるものを知ったときほど女性への積極性へ昇華させるので、何か恋愛のきっかけをつかみたい男性は読んでみるべき恋愛の本だ。

まとめ

今回は「男性におすすめする恋愛本」を7冊紹介した。

今回紹介した本はいずれもあなた恋愛に役立つ本だが、実際に女性とコミュニケーションを取って、自分に合ったカスタマイズも必要。自分らしく振る舞う中でワンポイントを意識してみてほしい。

恋愛指南書を読むことでとっかかり的なものできればうまくいく可能性をあげることはできるし、気づきがあれば自分に自信を持つきっかけにできて、恋愛が変わる場合がある。

恋愛が分からない男性、女性の心理が分からない男性は、女性を知るためだったり恋愛を知るために気になった本を読んでみよう。

女性向けの恋愛本にも興味がある男性は下の記事も読んでおこう。「幸せになる」というテーマの恋愛の本も紹介している。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました