他の人から告白されたら彼氏に言うべきか(対処法)~報告された彼氏の感じ方や心配することとは?

彼氏がいるのに告白された女性のイメージ

彼氏がいるのに他の人から告白された時、あなたは「他の男から告られた」という事実を、彼氏に言うだろうか、それとも言わないだろうか?

あまり周りに彼氏の存在を言っていない場合、付き合っている人がいることを知らないで告白する人がいたり、彼氏持ちであることを知っているのに敢えて告白する人もいるから、恋人持ちの状態で他の誰かから告白された経験を持つ人は案外それなりに存在している。

あなたが特にやましいことをしていなくても「他の男性から告白されること」があるから、告白されるタイミングも相手も選べない以上、どう対応するかが問題だ。

この記事では、そんな体験をした女性に向け、「他の誰かから告白されたら彼氏に言うべきか」という問題を取り上げてみたい。報告された彼氏の感じ方や心配することなど、対処法を念頭にまとめていくので、参考にしてみよう。

彼氏がいると言う理由で振った後、どう彼氏に話をしたら良いか、報告のポイントを考えてみたい。

スポンサーリンク

彼女が他の誰かから告白されたことを言うべきかどうか

彼氏がいるのに告白されたのなら、多くの場合で振ることになると思うけど、そのことを彼氏に伝えるかどうかについて悩む人がいる。

まず、この「言うべきかどうか」について結論を先に述べていこう。

私は、彼女が他の誰かから告白されたことを言うべきかどうか悩んだ時点で、それは伝えるべきかなと思う。

取るに足らないこととして流してしまうような事実なら、「彼氏に言うべきかどうか」なんて考えないだろう。悩んだとしたらあなたに取ってそれなりの出来事だったと言うことであって、なるべく異性関係で隠し事をしない方が良いのがカップルの付き合い方だから、「伝え方を考えて」彼氏に話した方がいいと思う。

その主たる理由は以下の通りだ。

  • 周りの人から彼氏に伝わって、自分から話せない場合は彼氏の気分が悪いから
  • 別に他の誰かから告白されても不可抗力なら仕方ないと思うから
  • 振った後にゴタゴタがあった場合、彼氏に話しているなら相談することもできるから
  • 彼氏としては、自分のことが好きだから振ったと、愛情の確認になるから
  • 振った後の気まずさとかでストレスを抱えて落ち込んだり機嫌が悪くなっても嘘をつかず彼氏に理由を説明できるから

5つ挙げておいたが、周りから伝わって隠し事が判明する事態はなるべく避けた方がいい。これは後述するけれど、自分の彼女が他の誰かから告白された場合、彼氏としては心配することもでてくるため、「黙っていた=隠していた」という構図が問題になる場合も考えられる。

特にやましいことがない女性は、伝えた方を考えて彼氏に話す方がいいだろう。

もしあなたが彼氏によく話を聞いてもらう彼女だったなら、振った後の「面倒」について聞いてもらいたいことも出てくるかもしれないし、隠すことでいつも通り振る舞えなかったりする場合は他の問題に飛び火するため、嘘を付けない女性はなるべく伝えるようにしたら対処しやすいと思う。

男性心理を考えれば、「誰かから告白された事実だけ」で怒る彼氏は稀だと思うのである。

彼氏の感じ方と心配すること

では、「自分の彼女が他の男から告白された」という彼氏の気持ちや心理、心配することについても触れていこう。「伝え方を考えよう」と何度か繰り返したが、対処法を考える時は相手の気持ちを想定することが大事になる。

自分の彼女が他の誰かから告られた場合、気になることや心配することは以下のことだ。

  • 結果(ちゃんと断ったのか、どんな振り方をしたのか)
  • それまでの関係性(若干の疑い)
  • 相手のリアクション
  • 彼女の気持ち

他の人から告白されたら彼氏に言うべきと考える人は、この4つを彼氏に説明することで対処を考えよう。変に刺激する話し方となれば波風が立つ場合も出てこようかと思うので、じっくり説明をしなくて良いが簡単にでも網羅できるともめない対処となる。

彼氏が彼女を心配するとしたら、まず「結果」だろう。
ちゃんとはっきり断ったのかどうかは、あやふやにされると腹が立つ男性もいる。「告白されちゃった…」だけで話すのは空気を緊張させる場合もあるので、「結果」まで一気に伝える方が変に二人の雰囲気をおかしくさせないと思われる。

また、彼氏としては「は?何で俺がいるのに告られてんだよ!」と、それまでの「相手の男性と自分の彼女の関係性」についても気になることが想定される。よく知らない人から告られたならそう伝えると安心するかもしれないし、仲良くしていたわけではないことも自分から言えるといい。「告白されるだけの何かがあった」と彼が心配することはあり得るだろうから、伝える時に盛り込むべきだろう。
「何もないなら告白何てされないはず」と考える彼氏はいるはずだ。

更に、「相手のリアクション」についても心配する男性がいるので、簡単に説明しておくといい。何か不安があるなら話すことは「信頼」を表すけれど、「本当に迷惑」と思っていない話し方では機嫌が悪くなる彼氏もいる。

彼氏以外の他の誰かから告白されたことでちょっと気分がよくなる女性もいるかと思うが、「嬉しいと思っている態度」は彼氏をイラつかせるので気を付けよう。

最後に挙げた「彼女の気持ち」についてだが、他の誰かに告白されたと言うことは異性関係のゴタゴタが発生している状況なので、一言でも彼氏への愛情が示せるといい。男性は心配したり嫉妬すると「イラつく」という態度に出てしまうことがあるので、実際大した問題ではないことが喧嘩を誘発することがある。

幸せに付き合っていきたいなら第三者を使って嫉妬させるのは避けた方が無難。機会としてそう多くもない経験なので多少の混乱もあり得るから、あまりからかうべきタイミングではないと思う。

自分の彼女が他の誰かに告白された時の男性心理

「自分の彼女が他の誰かの告白を受けたとき」の、彼氏の気持ちをもう少し考えてみよう。

自分の彼女が他の男性に好かれた事実自体は、あまり大した意味を持たないかなと個人的には思うところだ。彼女が自分を理由に振ったとしたら男性心理としては少し優越感みたいのを覚えるだろうか。どちらかと言えば、自分の彼女は他の男性から見ても魅力的であってほしいと言う気持ちは持つものである。ちゃんと話してくれて対処も間違っていないと感じたら、特に問題はないだろう。

実際、告白される時って言うのは相手を選ぶことはおろか、タイミングさえもコントロールできない。
従って、自分の彼女が告白されたとしても不可抗力であり、致し方ないとまずは思う。
そこから次に色々な疑問を持つことがあるので上では対処を考えたけれど、最終的に彼女に望むことは、「気のある男には中途半端な態度を取るな」ということだ。

つまり、告白されて喜んでいるなら意味が分からないし(理屈というより感情的に)、友達でいるならその後に何かあるかもしれないからなるべく関りを持たないでほしいという気持ちになる。彼女に恋愛感情を抱いた男が周りでうろちょろしているのは気分が良くないだろう。「何かの間違いで…」何て心配性の彼氏は考えることがあるかもしれない。

若干の嫉妬は想いがあれば抱く気持だ。何となしにモヤモヤや不安はよぎると思う。
倦怠期などで「お互いの慣れ」が悪い空気を作っていたりするなら、ある意味良いスパイスくらいにはなる可能性がある。

慣れは安心感を土台としているので、変に刺激しないのであれば「他の男性のちょっかい」がそれまで忘れていた不安感を意識させ、少し新鮮な空気をカップルに与えることはあり得そうだ。中には「大事にしないと他の男のところに行ってしまうかもしれない」とまで考える人もいると思われる。

いずれにしても、黙っていることであなたがひっかかるのなら、話せる内容の問題だと思う。自分に非があったと言うならこのタイミングで清算してしまうのも悪くないだろう。アプローチが続いてしまった場合疑われることの方がまずかったりするし、当然黙っているリスクもあるので、あなたの対処は早い方がいいと思う。

まとめ

今回は「他の人から告白されたら彼氏に言うべきか」について、報告された彼氏の感じ方や心配することをまとめた。

付き合っている人がいるのに告白されると、その状況によっては話が少し複雑になる場合もあるだろう。

しかし、告白の事実だけでは受け手である彼女に非はないはずなので、日常の報告として話をする方向で問題ないかと思う。彼氏への話し方を考えて伝えればトラブルにはならないと思うので、彼氏が他の人から聞く可能性があるなら自分から話しておこう。

関連記事:

長続き大学生の恋愛嫉妬
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました