おごる男性の心理と女性の対処法~下心が気になる?おごってくれる男性に女性は甘えていいの?

女性に奢る男性の心理を考えている女性のイメージ

男性が女性に奢る心理は「下心だけ」があるわけじゃなく、奢ってくれる男性の目的や理由は様々だ。

本来、奢られる関係にないはずの「付き合ってない男性から奢られる」と、女性は色々考えることがあると思うけど、男性は男性で考えていることがあり、奢るか奢らないかの決定は個人的な価値観なども関係している。

その中には「下心以外の気持ち」も当然あるわけで、おごってくれる男性が考えていることの中には、「もっと仲良くなりたい」という好意や「付き合いたい」と言った恋愛感情だってあり得る。

しかし、男性心理を考える際に、女性が気になる下心の存在は外して考えることはできない要素であるのは間違いなくて、奢ってくれる男性心理の見分け方は、純粋な好意と遊びに近い下心を判別するのに重要である。

奢る男性があなたの取ってどんな人かでも対処法やリアクションが変わってくるし、そもそも「男性が奢ってくれる時は、女性は甘えていいのか」と言う問題も時々浮上する。

そこで今回は、「おごる男性の心理と、おごられる女性の対処法」を徹底解説していく。後半では、奢ってくれる男性の脈ありサインと脈なしサインについても解説するので、付き合ってないのに毎回奢ってくれる男性がいる女性や、時々ご飯をおごってくれる男性がいる女性は、ぜひ参考にしてみてほしい。

気のある男性か、その気のない男性かで女性は対応も変えていると思うが、そもそも男性はどんなことを考えて女性におごるのだろうか。奢ってくれる男性の心理に迫っていく。

  1. 付き合ってないのに奢る男性心理と理由:なぜ男は女におごるの?
    1. 誘いに乗ってほしいから付き合ってない女性を奢りで誘う
    2. 男性に下心があるから奢る時の特徴と対処法
    3. 不器用だから奢る男性心理(割り勘の方がコミュニケーションコストは高い)
    4. 「男性は女性に奢ってあげるもの」という価値観で好意がないのに奢る男性心理(年上男性が奢ってくれる場合に多い)
    5. 女性に奢ることで精神的に優位に立ちたい男性心理
    6. ジュースなど「飲み物をおごる心理」
    7. 奢りたがる男性は、見栄を張りたい男性心理がある
  2. 奢るのを断る女性は、男性のプライドを傷つけるのか
    1. 毎回奢る男性を断る女性は、好印象を持たれることもある
  3. 奢ってくれる男性の脈ありサインと脈なしサイン
    1. 毎回奢ってくれる先輩や上司の脈ありサインは、ご飯の頻度で察知する
    2. 時々奢ってくれる男友達は、脈なしの可能性が高い
    3. 後輩の男子や年下男性が奢ってくれるのは脈ありサイン
    4. デート代を全部出してくれる男性は脈ありの心理から
    5. 「奢ってくれるか、奢ってくれないか」より大事な恋愛サインとは
  4. 下心が気になるけど、おごってくれる男性に女性は甘えていいのか
    1. 好きな人や気になる人以外の人から「何度も奢られる」のは後々のことを考えるとデメリットが大きい
    2. 奢ってくれる男性の真意や本音を探って、その後の行動を決めよう
  5. 奢ってくれる男性がいるのに、「奢ってくれない男性」は、自分が恋愛対象外だからなのか
    1. 奢ってくれてた男性が奢ってくれなくなったら恋愛対象外になったサインになる
  6. まとめ

付き合ってないのに奢る男性心理と理由:なぜ男は女におごるの?

奢る男性心理と理由について悩む女性

まずは、付き合ってない状況を前提に「男性が女性におごる心理」を見ていこう。

女性から見ると「なぜ奢ってくれるのか」という男性心理は理解しにくいかもしれないが、男性が女性を奢る時はこのパートで解説することを考えている。

奢ってくれる男性心理は良い意味も悪い意味もあるので、一つ一つ確認してみてほしい。

誘いに乗ってほしいから付き合ってない女性を奢りで誘う

男性が好意を持ってる女性をご飯に誘う時は、「奢りだと言って誘う」と非常に誘いやすいイメージを持っている。

女性側も「奢りなら」と思ってOKすることは多いから、わかりやすく食事に行くメリットを提示することで、「断られるリスクを減らしたい」という男性心理が、奢ってくれる男性の理由になっているケースが多い。

実際、下の記事で解説している通り、付き合う前のデートや食事の誘いは「相手にメリットを与える」と断られにくいため、もし誘いの段階から「奢るからご飯行こうよ」って話しがあった場合は、断られないように彼が気を遣ったと思われる。

断られにくい誘い方7つのポイントと会話例!誘う言い訳や口実が大切なのは、相手が誘いに乗る理由になるから
「断られない誘い方がしたい!」 好きな人をデートに誘う時は誰もがこんなことを考えるけれど、あなたが実際に好きな人や気になる人を誘う時、「断られにくい誘い方」ができているだろうか? まだ付き合う前の関係では、二人で会うのに理由

男性が好意を持った女性を誘う方法として、「奢るからご飯食べに行かない?」とか「ご馳走するよ」という誘い方をするのは、付き合う前の恋愛でありがちだ。

最初の一回目の食事を成立させるために「奢るから」という誘い文句が使われたり、2回目の食事や3回目のデートに繋げるために使われたりする。相手の女性に好意があるからおごる男性心理は、「おごりを理由に女性を誘う」というアクションに表れる。

この場合は、女性に奢ってあげることで食事を成立させたいと思っているから、好きな人から言われたのであれば脈ありサインになっている。アプローチされてる感覚があるなら「奢ってでも二人で会いたいと思ってくれた」と判断できるため、普通に誘われるよりも強い脈ありサインとなる。

二人で割れば数千円の食事代も、二人分払うなら1万円を越えるのもザラだから、男性が女性に食事代を奢る時は、負担もそれなりになる。「毎回奢ってくれる」とか「頻繁に奢ってくれる」なら、相手男性はあなたとの食事に特別な意味を感じているのだろう。

男性の収入次第の面は否めないものの、「下心よりももっと純粋な好意の意味でおごることも多い」ということは、女性が分かっておくべきことだ。

相手の女性としても、「奢ってくれるなら行く!」ってことで特に好意を持ってない男性の誘いでも乗りやすい面があるので、奢りで誘う時は男女ともにメリットとデメリットがはっきりしている。

では、男性が下心でおごる時はどんな時だろう?おごってくれる理由が下心だった場合の特徴と対処法を解説する。

男性に下心があるから奢る時の特徴と対処法

奢ってくれる男性の心理を語る際、「下心」は欠かせない要素となる。そもそも男性心理では女性に対して下心を抱きやすいのが特徴だから、遊び人の男性に引っかからないように、逆に純粋な気持ちに気付けるように、「下心で奢る男性の心理」はよく理解しよう。

未来への投資の意味で女性に男性がおごる時は、見返りに求めるモノがいつもキレイなものとは限らないので、注意が必要だ。

下心でおごる男性の特徴は、以下の5つが挙げられる。

  • 誘う時以外に、会計前後でも「おごり」をやたらと強調する
  • 不自然にボディタッチが増える
  • 断っても飲まそうとする
  • 自己中心的な考えが見え隠れする
  • 逆にやたらと優しくして機嫌を取ろうとする

代表的なものを挙げてみたが、純粋なアプローチとの差異は、雰囲気的なものや、その他のことも絡めて考える必要があるので、表現が難しい。

上記で挙げた以外の「女性側の感性」も重要な要素なので、奢られる時はなるべく相手男性の真意を掴むように探りを入れられるとベストである。

【片思い】好きな人への探りの入れ方~探るアプローチの効果や探りを入れられた相手の心理まで解説!
付き合う前は好きな人にストレートなアプローチをするのが難しいため、男友達や女友達を好きになった場合など、多くの片思いでは「好きな人への探りの入れ方」が重要になる。 実際、ガンガン押していくより、探り探り恋愛する人の方が多い状況

男性があなたにおごってくれる時に、気になる人や意識する人だから存在する「ちょっと複雑な気持ち」が、あなたへの接し方に表れていれば下心ではないだろう。下心で奢る男性には、どこかストレートな恋愛感情が絡まない「余裕」が見て取れるはずだ。

もし下心で奢る男性に遭遇した時は、対処法として「おごられない」という選択以外に下の4つをポイントにしてみよう。

  • 姿勢や言葉使いを崩さずに隙を見せない
  • スキンシップはたしなめる。しつこいなら怒る
  • おごられても遠慮しない。自分の都合ははっきり言う
  • 一定の距離を取って話をする

あなたが「ちゃんと好意があってアプローチしている男性には変に脈なしサインを送りたくない」と思っても、この程度の態度や行動だったら警戒心を表現しても問題ない。男性のリアクションからニュアンスを調整すれば大丈夫だ。

上記で説明した「男性から奢られる時の対処法」を実践した結果、男性があなたから引いていくとしたら、下心だけで口説いていた可能性が高い。

好意があって女性におごる男性は、酔った勢いで思い切った行動を起こすことも珍しくないが、相手の女性が毅然とした態度(嫌がる、断る)であった時、自分の行動を反省する方に考えるのが恋愛感情を持っていた場合の男性心理である。

ゆっくり関係を深めて行きたいと思って、男性の下心をやんわり逸らしたいなら、フォローの言葉を添えれば良い。

簡単に落ちる “ガードの甘い女” は本命にしないという微妙な男性心理もあるので、変に余裕がある男性に対しては遊ばれることを防ぐ方をメインで考えて良いだろう。

ここは、より深く理解するために下の記事も参考にしてほしい。

お酒に酔った男が本命の女に取る態度と遊ぶ女に取る態度の違い
恋愛には「酔った勢い」という言葉もあって、男性が酔った時の行動や態度はいつもより積極的かつ大胆になる分、本音が分からないと思うことがある。 お酒を飲む機会が多い女性は、ときどき酔った男性に口説かれることがあるけど、本気で口説い

不器用だから奢る男性心理(割り勘の方がコミュニケーションコストは高い)

「奢る男性」をイメージすると、女慣れしている男性や恋愛経験豊富な男性を思い浮かべる女性が多いかもしれないが、逆に女慣れしてない男性や恋愛経験が少ない男性も奢るタイプが多数存在している。

そんな男性は、不器用だから女性におごるという選択をするのだ。

二人きりのデートや食事の会計は多少面倒なコミュニケーションが発生するが、男性が女性に奢ることで割り勘にかかる “めんどくさい会話” をスキップできる効果がある。

不器用な男性は「いいよ、奢るから」と言って恋愛的な雰囲気を出さずに奢ることがあるが、その心理としては「そっちの方が楽だから」という感じだ。女性とのコミュニケーションが不器用なのである。

このタイプは、デート慣れしてないとか、女慣れしてないという点をコンプレックスにしているのが特徴で、好きな女性に対してもぶっきらぼうに奢る。好意を持ってない時はめんどくさそうに奢るのが特徴なので、ここも女性への接し方で見抜くことができるだろう。

下心を見抜く時にも、相手の男性の「女慣れ度」は一つの指標になるので、ただ不器用なだけで奢る男性の存在も頭に入れておこう。

「割り勘するのがめんどくさいから奢ってくれる」となると恋愛感情は持ってないので、食事が1回だけで終わるとか、普段のアプローチは特にない場合は、「今回は奢りにするか」と気分で奢ってくれただけかもしれない。

「男性は女性に奢ってあげるもの」という価値観で好意がないのに奢る男性心理(年上男性が奢ってくれる場合に多い)

年下の後輩と飲みに行けば先輩がおごるものだと言う人がいるが、これと似たようなことを男性と女性の関係で考えているタイプの男性がいる。

男性の価値観で「女性と食事やデートに行けばおごるものだ」と思っていると、深い意味もなく女性におごる。好意がないのに奢る男性はこの理由を疑う必要がある。

特に、年上男性が奢ってくれる場合は、奢る理由が「可愛がっているだけ」ということがよくあって、恋愛感情も下心も全く無い状態でも奢る年上男性が意外と多くいる。

この他の理由とも合わさるが、男性が奢ってくれる時は深い意味など考えずに「女性だから」という理由でおごる心理を持っている男性がいることを知っておこう。

こういう人は奢り慣れている男性なので、おごりを強調することもないし、奢ったことへの見返りを求めることもないのが特徴だ。「当たり前のことだから」という感じの年上男性には甘えても問題になることは少ない。

スマートに奢ってくれる男性には「慣れている感」を感じるが、食事中や食事後に変な口説き方をしないなら下心から奢られているのではないと判断できる。

普段の態度や雰囲気も合わせて、総合的な判断でここに当てはまる男性だと思うなら、ちゃんとお礼を言っておけば良い。奢り慣れている分、こういう男性は「奢ってもらう女性の礼儀」を見ているので、きちっとしてないからと言って文句は言わないけれど、きちんとできなかったときの減点が大きいのは特徴である。好きな人が相手なら気を付けておこう。

男性心理では、可愛がっている後輩の女性に好意も下心もなくおごるパターンがある。
精神的な余裕もそうだが、金銭的な余裕も必要なので、ある程度のスペックがある男子であることが条件になるだろう。

逆に言うと、金銭的に余裕がないのに毎回奢ってくれる先輩がいたら、好意を理由にしている可能性が高いということだ。

女性に奢ることで精神的に優位に立ちたい男性心理

男性が女性に奢る時は、下心も恋愛感情も絡まない場合がある。その代表格が「奢ることで精神的に優位に立ちたい」という男性心理だ。

もし奢られた後で男性が調子に乗った態度を取る際は、お金でマウンティングしている男性なので注意をしよう。

傲慢さを感じるタイプの男性は、付き合っても幸せになれないタイプの彼氏になるので、奢ってくれるからと言ってあまり近づかないことをおすすめする。奢ってくれる男性に好意を持ってない場合はフェードアウトする方がトラブルを防げる。

女を幸せにしてくれる男と、幸せにしてくれない男の違い!男性の特徴から「付き合った方がいい男の見分け方」を解説!
男性の中には「女を幸せにしてくれる男」と「女を幸せにしてくれない男」の2種類が存在する。 実際、女性はどんな彼氏と付き合うかで日常ばかりか人生が変わるから、付き合っても幸せになれない男性とは付き合わない方がいいのは間違いない。

食事中の会話で男性心理はある程度見極めることができるので、あまりに上から目線で奢る男性と遭遇した場合は、1回きりの食事で終わって、それ以上調子に乗せないのが賢明だ。

毎回奢ってくれる男性は女性に取って都合がいいが、相手の気持ちとあなたの気持ちが違っていた場合は、後にめんどくさい男に変わる。

ジュースなど「飲み物をおごる心理」

食事やデートではなく、普段の生活の中でジュースなどの「飲み物を奢ってくれる男性」は、基本的にコミュニケーションを目的にしていることがほとんどだ。

「一緒にお茶したい」とか「休憩中に会話を楽しみたい」と思って奢る男性がいる。

奢りたがりの男性だと気軽にジュースやお菓子を奢ってくれるけど、好意を持ってる場合もあれば好意がない場合もあって、定額なおごりだけにその行動だけだと真意が分からない。

ただし、「奢るよ」と声をかけたり、自分で用意して女性に渡す時にしても、不必要なコミュニケーションが発生するため、いくら定額でも嫌いな女子には飲み物を奢ることはないことを考えると、何らかの好意を持たれているから奢ってくれるのだろう。

何度もあるなら、飲み物を奢ることで会話ができることに特別な意味を感じていると思われる。お気に入りの後輩には先輩男子がやりがちだから、「自分だけ奢ってくれるのか、みんなにも奢るのか」を見て彼の本音を見極めよう。

その場で話し込むことがなかったとしても、飲み物を奢る男性は相手女性に簡単なプレゼント攻撃をしている感覚を持ってることがあるため、ジュースを奢ろうとするアクションによって発生する相手女性とのコミュニケーションに期待がある可能性がある。

当然、缶ジュースよりもおいしいカフェの飲み物を奢ってくれたり、一緒にカフェに入って奢ってくれるパターンだと脈あり度は高いので、シチュエーションと回数で「奢る理由」を考えると良い。

奢りたがる男性は、見栄を張りたい男性心理がある

男性が女性におごる心理として、バカにできないのが「男のプライド」で見栄を張ってるパターンだ。

経済力は男性のスペックとして重要なものなので、特定の女性に向けて「アピール」する意図で見栄を張るパターンと、「女性」というカテゴリー全般に向けて見栄を張るパターンの両方がある。

軽く断っても奢りたがる男性は、見栄を張りたい男性心理が強い人だと思われる。

少しナルシスト気味の考え方のようにも思うけど、所属するコミュニティー内で男性の誘いがあった時は、陰で「あっちから誘ってきたのに、おごってくれなかった」なんて言われないように、男性が見栄を張っておごっておいたりすることもある。男性のプライドに絡む心理は女性がよく理解していきたいポイントである。

ただ、あなたの好きな人がプライドが高い人であれば、そのタイプに合った恋愛の仕方をするべきで、性格が悪いわけじゃないならプライドが高い男性は「仕事ができる傾向がある」などの魅力もある。もし「どんなアプローチをしたらいいの?」と思ったら下の記事を読んでみてほしい。

次の見出しでは、奢ってくれる男性と食事した女性がよく疑問に思う「男性の奢りを断ると、男性のプライドを傷つけるのか」と言う問題について解説する。

奢るのを断る女性は、男性のプライドを傷つけるのか

奢ってくれる男性が食事のメニューを見ている様子

女性が男性と食事などに行った時に、「奢ってくれようとするのを断ると男性のプライドを傷つけるのではないか」と心配する人が多いと思う。

しかし、これに対する答えは「NO」である。立場差や年齢差がない又は小さいなら、奢りを断ることが男性のプライドを傷つける行動にはならない。

奢りを断られると「俺におごられたくないのか」と思う人もいるにはいるが、重要なのはおごりを断る言い方の問題であり、奢りを断る女性にはきちっとした女性であることを意識する男性の方が多い。

毎回奢る男性を断る女性は、好印象を持たれることもある

特に、1度奢ってくれた男性との2回目の食事や3回目のおごりを断って割り勘にするのは、男性としては好印象を持つことが多い。

女性から間接的に好意をアピールする方法としてなら、「今回は割り勘にしようよ」とおごりを断るという行動は、むしろお勧めしたいくらいだ。

と言うのも、おごる男性心理を考えた時、好意のある女性に対して自分はメリットを提供している面があるので、「おごりだから食事やデートが成立するのか」不安に思うことがある。

奢っていると、何回もご飯に行く関係になっても自信が持てないことがあるのだ。

昔で言うところの「メッシー君(=食事をおごってもらうだけの人)になっているかもしれない」という不安や心配は、付き合ってない片思いの時期にあるあるとなっている。

おごられる女性が心配するように、おごりは確かに男性側の金銭的な負担が大きい。たまに割り勘にすると関係が長続きする効果があるので、毎回奢ってくれる男性には「負担をかけすぎるのが良いことなのか」一度考えてみると良いだろう。

奢ってくれる男性の脈ありサインと脈なしサイン

次に、「好きな男性が奢ってくれる」という女性や「好きな人と初デートに言ったら奢ってくれた」という女性のために、奢ってくれる男性の脈ありサインと脈なしサインを紹介する。

先輩や上司、男友達など、色々なパターンで考えていくので、参考にしてみよう。

毎回奢ってくれる先輩や上司の脈ありサインは、ご飯の頻度で察知する

奢ってくれる男性は、食事の頻度に脈ありと脈なしの違いが出ている

毎回奢ってくれる先輩や上司を対象に「好意があるかないか」知りたいなら、食事に誘われる頻度に注目し、月2回以上誘われることを脈ありサインだと考えよう。月1で奢ってくれる先輩や上司は、その後のアプローチが強まらない限り、今の時点では脈ありと言えない。

これは、仕事の延長線上にある「平日のランチ」だと弱いサインになるので、できたらお酒を飲む「ディナー」で見極めたい。

酔うと奢る男性もいるが、下の記事を合わせて読むことで脈ありと脈なしの違いが分かると思う。もしランチばかりに誘われる時は、女性からディナーに誘ってみると、そのリアクションから脈ありか脈なしか見抜くことができるだろう。

時々奢ってくれる男友達は、脈なしの可能性が高い

男友達から奢ってもらうと、「なんで女友達に奢るの?」と男性心理が気になると思うが、時々奢ってくれる男性は恋愛感情を理由にしてないことがほとんどだ。

なぜなら、奢る男性に好意があった場合は、畳みかけるようにアプローチするパターンが多く、二人に勢いがつかない時点でただの友達の可能性が高いから。

奢ってまでご飯を食べに行く男友達の心理が不思議に思うのは分かるが、友情の意味で奢ってあげていたり、気軽に誘うための奢りだったりと、恋愛感情が絡まないパターンはいくつかある。

奢り以外のサインで男友達の脈ありサインを察知するべき状況なので、期待のし過ぎに注意しよう。

下の記事で、より詳しく男友達の気持ちが分かると思う。

後輩の男子や年下男性が奢ってくれるのは脈ありサイン

もしあなたの方が年上で、「年下の男性が奢ってくれる」というパターンは脈ありサインになりやすい。

男性は自分の立場を気にする心理が強いので、後輩の女子や年下の女子に奢ることの方が圧倒的に多いからだ。

特に、2回目の食事や3回目の食事でも奢ってくれる年下男性は、「年上の女性だけど、対等に付き合いたい」とか「年下の男子だとバカにされたくない」といった、相手の女性を意識した男性心理が疑われる。

背伸びしてくれるのはあなたを想ってのことだから、そのまま彼とのご縁を確かめてみても良いだろう。

デート代を全部出してくれる男性は脈ありの心理から

デート中の食事だけでなく、「デート代を全額奢ってくれる男性」は好意を理由にしている確率が非常に高いパターンだ。

奢ってくれる額で脈あり度が測れるわけじゃないけど、食事代もカフェ代も遊ぶお金も全部出してくれるのは、「先輩だから」とか「男だから」という理由ではまずありえない。

ただ、本当に全額奢りでデートするのは超ハイスぺ男子と婚活の出会いを除き、ちょっとやりすぎな印象も持つ。女性も悪いなと思うだろうし、彼氏じゃないのに不自然な感じがするのは奢る額が高額だから。

デート代を全額奢ってくれる男性心理は「最高のおもてなし(本命デートへの気合)」だったり、「最大限のかっこつけ」だったりするけど、付き合う前の関係性を踏まえるに「お金で落とす」的な発想もあるのかもしれない。

しかし一方で、食事代よりデート代を奢ってくれる方が脈あり度で言えば高く、デート代を全部奢ってくれたなら、その後に期待して良い恋愛になっているのは確かだ。無理して奢る男性だけ注意してほしい。

「奢ってくれるか、奢ってくれないか」より大事な恋愛サインとは

奢る男性の心理に「自分の価値観」が絡む以上、好きな女性でも奢らない男性がいるのは事実である。

奢ってくれる男性の脈ありと脈なしを見抜きたい時は、「奢ってくれる」というサインだけに拘るべきではない。

そこで注目してほしいのが下の記事だ。

おごりで食事に誘う男性が脈ありだった場合、必ず上の記事で紹介している脈ありサインが複数出る。

女性を大切にする行動として「奢る」という面は否定しないが、奢られ慣れてない女性はその態度だけで脈ありだと思ってしまうことがあるので、しっかりした見分け方ができるように上の記事を読んでみよう。

次は、「奢ってくれる男性に女性は甘えても良いのか」という問題について解説する。

下心が気になるけど、おごってくれる男性に女性は甘えていいのか

奢ってくれる男性に甘えて良いのか悩む女性の乾杯シーン

おごる男性心理を読んでもらって大方の予想はできていると思うが、「奢ってくれる男性に甘えてもいいのか」の答えは、「YES」ということになる。

アリだと思うレベル以上のおごってくれる男性がいるなら、女性は甘えてしまおう。

ただし、下心がある男性もいるため、気のない男性から奢られるのは、投資に対する見返りを求めてくる場合があるので、注意をしないといけない。

好きな人や気になる人以外の人から「何度も奢られる」のは後々のことを考えるとデメリットが大きい

おごられることで色々と遠慮してしまう女性は、奢られるデメリットも考えてみるべきだ。

あなたの性格と相手への好意しだいでは、面倒を抱えないために割り勘にする方が実際は得することになる。特に何度も奢られる、毎回奢られるのは、相手だって色々期待する。奢りを受け入れることにデメリットがあることは「大人の女性」が分かっておかないといけないことだ。

ここは、職場の男性が奢ってくれるパターンで非常に重要なポイントだ。

社内恋愛のメリット&デメリット~付き合う前から別れた後まで
社内恋愛をイメージすると、あなたはメリットとデメリットのどちらをより強く意識するだろう? 社内恋愛の良し悪しで言ったら、やっぱりデメリットを強く意識する人が多いかもしれないが、結婚相手と出会った場所の1位は「職場」だから、社内

世の中には別れた後にプレゼント代を請求してくる元彼もいるくらいだから、好意がない男性に奢ってもらうのは1回切りにしたり、最低でも食事の頻度を上げないように注意した方が良い。2回3回と奢ってもらう回数が増えるとその分トラブルの可能性が増す。

奢った奢られたという立場の差を意識する男性もいて、精神的に優位に立とうする場合があるから、気遣い以上のことを考えてしまう女性は奢られる相手をよく選ぶ必要がある。

綺麗におごってくれる男性には甘えていて良いと思うが、気になる態度があったり、上で挙げたような「下心を疑う態度」があるなら、そのまま甘えていた場合に面倒なパターンになることがあるので断るべきかと思う。

つまり、男性の下心に気付いて、純粋な好意を感じない場合は、何度も奢られない方が良いということだ。

「奢られる」ことで好意を受け取れば、どうしても奢ってもらうデメリットが大きくなるので、あなたの期待する意味じゃないなら離れるべき相手となる。

奢ってくれる男性の真意や本音を探って、その後の行動を決めよう

逆にあなたが気になる男性や好意を持っている男性に対しては、下の記事も参考にしながら、対処法を検討しよう。

男性に食事やデート代をおごってもらう時のマナーやお礼の方法・お返しの考え方
男性と食事やデートをした時におごってもらう場合、女性はマナーやお礼の方法が気になると思う。 「奢ってもらったらお返しはどうしたらいいの?」 と、奢られ慣れていない女性は、何をどうしたらいいか分からないこともあるし、 「好き

相手の収入がある程度大きいことが予想できていて、楽しくおごってくれる男性なら、見返りを求めずにおごるパターンは少なくないし、ハイスペ男子はプライドが高いので女性におごる自分に酔っている面もある。

ただ、経験を語るなら…ある程度の高収入男子でも毎回全額おごりは、付き合ってない関係だと結構キツイ。

だから、好きな女性のおごられる態度を見て100年の恋が冷めることもあったし、おごられるのが当たり前だと思ってそうな態度を取られると、切った自腹の分だけストレスを感じることがあった。

いい感じになっている男性とのことでこの記事に辿り着いてくれたなら、自分も負担するつもりがあることを態度で示せると良い。

「おごるよ」って言葉にどんなリアクションをするか、女性を試すような男はほとんどないと思うけど、「痛い女」に見られないようにすることは大切である。

そこら辺は今紹介した記事内で触れているので合わせて読んでみよう。

最後に、何回かおごってもらった男性となんだかんだあって不仲になった時は、おごった分の反動がくる可能性があるので注意だ。当初は特に何も求めずおごっていた男性も、相手女性の見方が変われば、心の中に「あれだけおごってやったのに」と思わないわけではない。

総合的に考えると、痛い男にはリスクを残さない方が得策ということになりそうだ。器の小さな男には十分注意をしよう。

器が小さい男の特徴10選~器が大きい男との違い
男らしい頼れる彼氏がほしい女性は、「器が小さい男」と付き合うべきではない。 せっかく彼氏を作るなら、同じ男性として「器が大きい男」と素敵な恋愛をしてほしいと思う。器の小さい彼氏と付き合うと、女性は幸せになれないからだ。

奢ってくれる男性がいるのに、「奢ってくれない男性」は、自分が恋愛対象外だからなのか

ここまででも簡単に解説しているけど、「奢ってくれる男性と奢ってくれない男性」で好意の有無は判別できない。好きな人が奢ってくれない場合でも、自分が恋愛対象外というサインではないので勘違いしないようにしよう。

昭和男子なら「初デートで奢ってくれない=脈なし」だと言っても問題なかったのだが、平成男子・令和男子は好きな人との食事やデートでも奢らない男子が増えている。

【大学生のデート代】割り勘?彼氏のおごり?付き合う前と付き合った後で割合に変化アリ
大学生カップルのデート代は、昔と違って今は「割り勘」が主流になってきている。 本音では、彼氏のおごりを望むお金のない女子大学生は少なくないと思うけど、実際の大学生がどんな風にデート代を出しているかについては、なかなか確認できな

上の記事で紹介しているアンケート結果では、男女の収入格差がない大学生でも「付き合う前のデートだったら好きな人に奢る」という男子が6割ほどいるのだが、見方を変えると本命デートでも4割の男子は奢らないので、「好意があるから奢ってくれる・好意がないから奢ってくれない」と言い切ることができないのだ。

あなたに奢ってくれる男性は本命だと思われてる可能性が上がるのは間違いないのだが、恋愛対象の女性と食事した時でも奢らない男性はたくさんいるので、勘違いしないようにしよう。

奢ってくれてた男性が奢ってくれなくなったら恋愛対象外になったサインになる

一方、恋愛対象外になったサインになるのは「奢ってくれてた男性が奢ってくれなくなった」というパターンだ。

「初デートで奢ってくれたのに、2回目のデートで奢ってくれなかった」というパターンは、最初だけ奢る男性がいるので除外するけど、3回目のデートや4回目のデートで奢ってくれなくなった場合は「自腹を切ってまでかっこつけてくれなくなった」という点で脈なしサインになり、恋愛対象から恋愛対象外に降格された可能性が高まる。

次のデートはないと思った時に男性が取るデート後の態度~デートの成功と失敗は、デート中やデート後の態度で分かる!
男性が次のデートはないと思う理由はたくさんあるが、もしあなたとのデートで「次のデートはしたくない」思った場合でも、それを男性はあからさまに口に出すことはない。 初デートが脈なしだったり、2回目のデートが脈なしだった場合は、デー

男性は奢ってくれるタイプと奢ってくれないタイプに分かれているが、恋愛の途中で奢ってくれなくなった時は奢りたくなくなったと判断するべきだ。雰囲気にもその本音が見え隠れするはずなので、接している内に彼の気持ちが分かってくると思う。

自分から割り勘を提案した場合はこの限りではないので、注意しよう。

まとめ

今回は「奢る男性の心理と女性の対処法」を解説した。

おごってくれる男性に女性は甘えていいと思うけど、おごる理由によっては面倒なことになり兼ねないので、男性の態度や雰囲気には敏感でいたい。

一方、逆にあなたが好きな人から奢られるパターンで考えた時は、女性としての「奢られる態度」が重要となる。

男性に食事やデート代をおごってもらう時のマナーやお礼の方法・お返しの考え方
男性と食事やデートをした時におごってもらう場合、女性はマナーやお礼の方法が気になると思う。 「奢ってもらったらお返しはどうしたらいいの?」 と、奢られ慣れていない女性は、何をどうしたらいいか分からないこともあるし、 「好き

奢り慣れている男性は、どうしてもおごられる時の女性の態度を比べてしまうので、基本的な作法は押さえておくに越したことは無い。

下心が全くないという場合はそもそも好意の有無すら危ういが、男性が女性におごる心理は色々あるから、見分け方についてはいくつかの視点を持とう。本文で紹介した脈ありと脈なしの違いも参考にしてほしい。

関連記事:

初デート 男性の心理と特徴 二人で食事・飲みに行く 大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました