無口な男性のトリセツ~心理・好きな女性のタイプ・好きサインの見分け方

無口な男性のイメージ画像

無口な男性を好きになった女性は、好きな人の気持ちを知るのに苦労していると思う。

好きな人の気持ちはすごく気になるのに、内心でどう思っているのか言葉が少ないから心理を読み取ることが難しい。無口な男性はあまりしゃべらないだけじゃなくて自分の表現が苦手だからヒントもなくてつらいところだ。

好きな女性のタイプも見えにくいし、好きサインもほとんどない。無口な男性はクールなイメージが付く人が多いので、近づき難さも感じるのではないだろうか。恋の進め方までわからないから、好きになってもどうしたらいいかわからないで何もできないままになっている女性が多いはず。

そこで今回は、無口な男性のトリセツとして、「無口な男性の心理」についてまとめながら、好きな女性のタイプと好きサインの見分け方を解説する。無口な男子が好きになった女子は、ぜひ参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

無口な男性は、雰囲気が合う「落ち着いて話せる人」が好き

無口な男性は、女性との会話を苦手に感じているタイプが多い。男性同士の会話でも無口な男性は無口になりがちだが、同性なら安心感があって緊張しない。

一方、女性の会話は自分がしゃべらないことで相手の女性が委縮するから、どうしてもお互いで変な緊張感を作ってしまって苦手意識が出てくるのである。

そんな経験を何度もしている無口な男性は、同じ雰囲気で落ち着いた会話ができる女性を好みやすいという特徴を持っている。無理に盛り上げてほしいのではなくて、安心して自分らしく振る舞えるような会話の雰囲気を作ってくれると、内心では「会話がしやすい」と感じる。

無口な男性にアプローチする際、女性は「よくしゃべるようにする」という意識を持つことがあるが、無口な男性からすると評価が二分される。先ほど言ったように、テンションを無理に上げるような会話が苦手だから、ノリ良く来られてしまうと合わせるのが苦手だ。

実際の会話では、無口な男性はあまり言葉数を出さないから女性メインで話しをすることになるが、そこまでテンションを変えずにいろいろしゃべってくれると男性は安心していくだろう。「会話できそう」と思えば話も段々してくれるようになるため、最初の仲良くなる前は「はしゃいだ感じで話しかけること」が間違いになりやすい。お互いで雰囲気が合うとベストである。

そういったところは「一緒にいるとき」も言えることで、無口な男性は「無言でも落ち着ける女子」が好きなタイプである。無口な男性はしゃべれないというわけじゃないから静かな雰囲気が好きということだ。女性と一緒にいれば会話をするけど、ずっと話しているよりも同じ空気を共有できる女性を彼女にする。

従って、愚痴をずっと聞かされるようなことがほかの男性よりももっと嫌いで、素朴な女性に好意をもちやすい。どちらかといえば明るい雰囲気の女性は好きだから、変に力が入っていない素朴タイプでおしゃべり好きなら無口な男性とお似合いのカップルになれるだろう。

会話が嫌いなのではなく、無駄口が嫌いなタイプだと思っていると、コミュニケーションがとりやすくなるかもしれない。話を聞くのが得意ではあるので、キャッキャするよりも落ち着いて話すようにしよう。

好きな人がクールで無口だったら合わせて女性も無言でいないといけないわけではないし、すべての無言を埋めるのが女性の役目にもならないから、男性相手に構えずにリラックスできると安心してもらえ、距離も縮めていけるだろう。

こちらの記事も参考にしてほしい。

スポンサーリンク

無口な男性が恋愛に発展する相手の女性のタイプは

無口な男性は、基本的にシャイである。恥ずかしがり屋だから自分をあまり表現しないし、表現するのが苦手だ。

だから、無口な男性は好きな人ができても誘わないし、誘いに繋がりそうな会話にもなかなか持って行かない。どちらかといえば「受け身の恋愛」になる。

従って、恋愛が上手くいく時は、女性が積極的に動いた場合がほとんどになっている。奥手な女子が恋愛対象に選ぶと、これまでの恋愛の仕方とは違ったアプローチが求められることになるだろう。

自分からクールに見せようとして無口な男性は別だが、その人の性格から無口になる男性は女性にも消極的なので、よく話しかけてくれたり、デートのきっかけをくれる女性とは上手くいきやすい。もっと言えば、その条件が恋愛に発展する必要条件になるはずだ。

この恋愛傾向に対しては無口な男性も熟知しているので、好きになる人自体が「積極的なタイプ」となっている。イメージでいえば「男女関係なく友達が多いタイプ」は彼女候補に見えているだろう。
無口な男性も、そんな女性とは付き合っても上手くいきやすい。

自分には積極性がないことを知っているため、好きになる人にはそこを求める。さきほど言った「落ち着ける女子が好き」とここは矛盾しないのでしっかりイメージしてほしい。

付き合うまで発展する恋愛でも、無口な男性は奥手に徹する。意外と恋愛経験の量は差が大きいので、モテる無口な男性は結局女性からのアプローチが多いから恋愛経験も重ねているのだろう。

好きサインに関しては縁の下の力持ち的な「優しさアピール」が一番わかりやすいと思う。好きな人には積極的にアプローチしないがアピールはすることがあるので、よくフォローをしてくれたり困っていると手伝ってくれるときは、好きサインを疑える。何度もあるようだと、不器用な態度ながらも愛情を感じることが出てくるはずだ。

無口な男性を落としたいならそんな機会を積極的に活かしていこう。仲良くなっていく中でいろいろ世話を焼いてくれるようになっているなら、お礼を兼ねて食事などに誘い、二人でも会える関係になると一気に進む恋愛が多い。

奥手な無口男性は仲良くなった後の恋愛が進めやすいタイプの男性なので、最初の積極性が大事だ。もし恋愛経験が少ない男性かもしれないと思ったら下の記事を参考にしてみよう。

自分にない物を好きな人に求める

人は憧れを持つ時、それが自分に無い物であることが多い。ない物ねだりの感情とも似ていて、興味を持つし、惹かれる。それは恋愛でも共通していることだ。

そうやって考えてみると無口な男性にないものは、感情表現の豊かさである。

どうしても無口な男性は、クールを装いたくなる心理が強い。普段の自分の殻を破れないこともしばしば。気分が上がっても、はしゃぐことは苦手である。だからノリ良く来られたときに拒絶反応が度々でる。

そんな心理の中、感情表現豊かに喜怒哀楽を表現するタイプの女性には魅かれやすい特徴を持つ。自分にはない部分だから眩しく映り、可愛くも見えて、好きになり易い。女性は、仲良くなった後、なるべく自分らしく無口な男性の前で振る舞えると、魅力的な女性に映るだろう。無口な男性は、そんな女性に「一緒にいると変われるかな」とも思う。

好きサインとして覚えておきたいのは、普段クールな彼が、はしゃいでる女性を見て、微笑ましく見つめる時。声をかけてくれればさらに好きサインが分かり易いが、普段クールな彼が女性の態度や表現から気分が上がる時は、好きだという感情が裏にある場合が増える。

他の女性との対比で分かり易くなるだろう。

質問の上手い女性が好き

無口な男子を好きになった場合、あまりしゃべらないからと言って質問攻めにすると無口な男性は会話のしにくさを感じる。

質問によって発言を促すことになると思うが、無口な男性は質問攻めを嫌うのだ。
自分がクールな人間だと知っていても、上手い返しができなことは凹むし、もっと上手くしゃべれたらなと思うものだ。自分の世界観を重視する人もいる。

しかし、そんな無口な男性もしゃべりたいことは当然ある。得意な会話もあるわけだ。
そこを的確に質問できる女性のポイントは上がり易く、良い雰囲気で会話が成立することから、仲が深まって好きになり易い。気が合う女性だと感じるのである。無口な男性との会話を上手くしたいのなら、そのポイントを掴むように心がけると良い。

質問することで会話を続けるのが悪いことではないが、なるべく好きな人が話したい内容に寄せていくことが大事で、闇雲に質問攻めにすると面倒な女だと思われてしまう。

趣味の話や興味を示したことには積極的に質問をしてみよう。
この時も、話すスピードなどを合わせるようにしてみると良い。

圧迫感を与えられたくない心理を刺激してしまうのは避ける方が無難なので雰囲気については気を遣っておく方次につながる。

上手く質問できた時に、いつもよりテンションを上げて話をしてくれるのは、彼の好意を感じる瞬間だし、その後に話しかける機会が増えるのは好きサイン。
得意な話をすることで自信が増し、積極性が出てくることもあるから、早めに彼のポイントを見つけて、そこをきっかけに会話を広げていこう。

無理に話さなくても伝わる女性が好き

感情表現が苦手な無口の男性は、気遣えて世話焼きの女性に魅力を感じる。
してほしいことやしてほしくないことを上手く伝えることができないので、内に抱え易く、それを感じ取って先回りしてくれるような女性は理想のタイプだ。

相手にする女性は、思ったことを伝えて欲しいと思うだろうが、無口な男性はそれが苦手であるため、察してほしいと考える。無口だから困ることも多いと思うのだが、どちらにしても無口な男性との恋愛は器量のある女性しか進めていけないので、察する女にチャレンジしてみよう。
ちょっとわがままな心理だが、上手く恋愛に発展させたいなら女性側に必要なスキルだろう。

付き合いが浅ければ難しいことだが、もし彼の望むことが分かった時は、言葉がなくても積極的に行動に移すと良い。彼も気遣いのできる女性だと感じるし、彼自身思ったことが言えない自覚があるので、相性の良さを感じる。世話焼きタイプの女性とは付き合い易いはずだ。

好きサインとなる言葉は、「気が利くね」とか「何でわかったの?」というような言葉。これが無口な男性から出るようになれば、恋愛成就の未来が見えてくる。

自分が言葉にしなくても分かってくれている女性は、無口な男性に取って魅力的。それを表現している言葉を発した時は、好きサインになる。

二人で会える中でそんな言葉が出るなら、タイミングを見て告白しよう。相手が奥手だけにライバルがいない恋愛になるのが魅力の一つだから、進んできたところで幸せを感じることが増えていくはずだ。

もし二人で食事をしたり飲みに行く関係になった場合は下の記事で脈ありと脈なしの違いを知ろう。

まとめ

今回は、無口な男性の心理をまとめながら、好きな女性のタイプと好きサインの見分け方を紹介した。無口男子のトリセツとして活用してみてほしい。

感情の表現が乏しいクールな男性と恋愛する場合は、女性からのきっかけ作りが必須であり、それが無ければそもそも仲良くなっていくことができない。
沈黙を恐れずに、自然体で感情豊かに接することができれば、無口な男性の好きなタイプの女性に近づいて、恋愛関係を進めていくことができてくるだろう。

分かり難い好きサインは、なかなか確信できないと思うが、無口な男性は優しさのアピールをすることが多い。さりげなさに拘るはずなので、そこは敏感に察知しよう。
話さない部分で如何に気遣えるかも重要なので、上手くリードしていこうとする態度も必要かもしれない。

恋愛を進めにくい相手だが、ゆっくり距離を縮めれば心を開いた時期から一気に恋愛しやすい相手に変わる。彼氏としてもおすすめのタイプなので、ぜひ頑張ってほしい。

女性としての魅力アップのために下の記事も読んでみよう。

関連記事: