お酒に酔った男が本命の女に取る態度と遊ぶ女に取る態度の違い

お酒に酔った男性が遊びの女性と飲んでいる様子。本命の女性とは違う態度を取っている。

お酒を飲む機会が多い女性は、ときどき酔った男性に口説かれることがあるかもしれない。

本気で口説いてくる男性ならじっくり話を聞いてみたいと思う相手であっても、遊ぶ目的なら話は別。最初から気が無いくせに近づいて来る男性は、恋愛に真面目な女性なら排除しないといけない。

そこで今回は、男性が酔ったらどんなことを考えるかを紹介しながら、「酔った男性が本命の好きな人に取る態度と遊ぶ女に取る態度の違い」を解説する。

恋愛が進む過程には「お酒」が絡みやすいけれど、酔った男性の本音は酔っているだけに見抜きにくい。素敵な恋をするために、ぜひ参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

本気と遊び、酔った男性の「口説き方」の違い

酔った男性であっても、相手が本気で好きな女性だった場合は、なかなか上手く褒められないタイプが多い。好きバレが怖い心理は男女で共通しており、お酒に酔った男性でも泥酔しない限りは好きだったら恥ずかしさを完全に消し去ることが難しいためだ。

酔っているからいつもより勢いがあって大胆にはなれるが、同時に自分を抑えないといけないとブレーキを踏むのが本気の時のサイン。押せ押せでどんどん口説いてくる男性は、遊びの女に取る態度を見せている時となる。

やっぱり好きな人はお酒の勢いだけではいけないから、酔っても「酒の席の失敗」を避けようとするのが本命の女性に取る態度である。相手があなたに恋愛感情を持っているなら、それだけ大切な気持ちが向けていることをどこかに感じられるはずだ。ガンガン口説いてくる態度ではなく、気遣いや優しさが見え、照れたり恥ずかしさを感じているような態度も見える

酔った男性が自慢話や武勇伝を語りがちなのは、自分を相手の女性に売り込んでいるから。お酒の勢いで自分をアピールするのは恋愛に対して狩猟感覚の強い男性心理を象徴しているが、本気で好きな人にも遊びで口説く女にも共通して「俺すごいんだぜアピール」をする。お酒に酔った男性でも「誠実さ」は違いが見えるので、このアピールは女性への本気度を計るより、嘘をつくかつかないかを見てみるといい男が見抜けると思う。

明らかに嘘をついて口説いてくるのは遊びの女に取る態度なので気を付けよう。

モテる女性なら、酔った男性の自慢話に付き合った経験は多いと思うのだが、相手を口説き落とすよりも惚れさせる方を意識しているのが好きな人に取る態度の特徴である。

一方、遊ぶ女に対しては恋愛特有の繊細な気持ちは持ち合わせていないので、自分よりも女性に軸足があり、その女性が喜ぶことを考え実行するのが特徴になっている。本気じゃない分、相手の女性を客観的に見ることができるから、褒めて欲しいところも分かるし、それを言葉にするのも簡単というわけだ。

つまり、照れや恥ずかしさを見せずにお酒に酔った勢いで口説き落とすように口説いてくるのが遊ぶ女に取る態度となる。女性は男性から言い寄られると警戒するが、その精神的なガードを崩すように口説かれる時はやはり気を付けた方が良い。

男性がお酒に酔った時は自分アピールに頑張るが、本気で好きだったら情熱だけじゃなくて気遣いや思いやりを感じるはず。恋愛経験が少ない男性や不器用な男性であってもここら辺は繊細さが垣間見えるので、女性なら「ちょっと可愛いな」と感じる態度の方を本命の女性に取る態度だと認識しよう。

☆本気で好きな女性には勢いだけで口説いてこない
☆酔った男性も、好きな人には気遣いや優しさを感じる態度を取る
☆酔って口説く時に嘘を付く男性は要注意するべき
スポンサーリンク

本命と遊び、酔った時の「ボディタッチ」の違い

お酒は理性を鈍らせて人をより本能的に変える。そのため、酔った男性はボディタッチやスキンシップが増える傾向を持っているが、広義の意味でこれは本命の女性と遊びの女ともに共通している部分だ。

しかし、ボディタッチの仕方には明らかな違いが存在し、遊びの女にほど大胆にボディタッチをして、恋愛の甘い雰囲気を作ることにストレートな態度を見せる。簡単に言えば、下心を如実に見せるイメージが遊びの女に取る態度で、まさにスキンシップを求める。

本命の女性に取る態度は、触るよりも触れる感じになるので、軽いボディタッチのイメージで両者には「明と暗」の受け取るイメージの違いが存在する。

無理なく受け入れてくれることを前提にすれば、スキンシップは距離を縮める効果があるから、口説く手段の一つでもある。「ボディタッチ・スキンシップ」という行動の「有無」だけを見れば、ここに好きな人と遊びの女の違いはない。本命も遊びも、どちらも触れやすくなるのが男性だ。

☆酔った男性は本気も遊びもボディタッチやスキンシップが増える
☆本気で好きな女性に対しては「軽いボディタッチ」程度に留まる
☆ボディタッチ・スキンシップの「有無」だけでは本気か遊びか判別できない

本命と遊びを見分ける「ボディタッチの場所」の違い

では、どのように酔った男の態度の違いで本命と遊びを見分けるか。ポイントの一つ目は、ボディタッチの場所にある。

ボディタッチの場所が本来触り難い「腰」や「足」であれば遊びである可能性が高い。恋愛的な雰囲気を出すためのアクションである可能性も高いので、恋愛対象としてみるなら要注意のサインだ。

酔った男性も、好きな人には肩や腕など、一般的に不快ではない場所を選ぶ。そこに本命っぽい遠慮や気遣いが見えるのだ。

本命と遊びを見分ける「ボディタッチの雰囲気」の違い

二つ目のポイントは、ボディタッチ前後の雰囲気。

酔った男性が本命の女性にボディタッチをするなら自然さやノリを大事にするが、遊びの女にはそれよりも雰囲気を大事にして、自分のアクションに対するリアクションを見ている。雰囲気をあえて甘くする感じだ。

先ほども少し触れているけれど、イメージで言えば本命の女の子は「明(=笑いのある明るい雰囲気)」でボディタッチするのに対し、遊びの子には「暗(ウェッティな雰囲気)」でボディタッチするのが態度の違いである。

要は、男性の「口説きたい」という心理が前面に出ているのが遊びの女に取る態度ということだ。

本命と遊び、酔った男性の「女性の飲ませ方」の違い

酔った男性は、本命の女か遊びの女かに関わらず、女性を酔わせたい気持ちが強くなる。せっかく一緒に飲むなら打ち解けたいので、女性の固いガードをどうにか崩そうとするのは共通したこと。

そこで違いが出るのは、「女性をどこまで酔わせるか」という問題だ。

本命の女子を酔わせすぎれば、お酒を勧めた自分の評価が落ちる心配をするし、飲ませすぎた結果相手の女性が気持ち悪くなったりすれば、せっかくお酒の席で一緒に喋っているのに、距離を縮めるどころか無意味な会になり兼ねない。もっと大切にするのが「本命の女子にとる態度」である。

しかし、遊びの女にはどれだけ酔ってもらっても良いし、酔うことが男性に取って好都合な面も多い。女性の都合は考えないので、男性のさり気ない優しさも見ることができないはず。相手の心理がストレートに見える飲ませ方をする。

本命の子にも酔った男性は調子に乗って酔わせようとはするので、多少強くお酒を勧められたとしてもそれが遊び目当てとまでは言えない。ガードの固い女性を落とすのは大変だから、それだけなら恋愛アプローチとしての努力の一環で十分あり得る点も理解しておこう。

男性向けに書いた下の記事は、本命女子との飲み会や食事前に、男性からよく読まれている記事だ。

☆女性を飲ませようとしてくるのは本気も遊びも共通
☆本命の女性に対しては「飲ませ過ぎないように」気遣いがある
☆遊びの女に対しては、ガンガンお酒を勧める

本命と遊び、酔った男性の「会話の内容」の違い

本命の女性に対し、男性はアピールが目立つと一つ目の見出しで説明しているが、これは男性が「結果」を自分のアピールポイントだと考えているためだ。

女性心理と男性心理はこの点で少し違うとされていて、自分のステータスを誇示したがるのが男性心理の特徴だから、好きな人には自分を好きになってもらいたいということもあって、どちらにしても酔った男性はアピールに気が向かう

従って、男性は本命の女に質問をしないのではなく、相手に質問をしてもそこから自分の話に持って行く形で会話をしたがる傾向を持っている。自分の魅力を伝えたい気持ちを優先することが多いということだ。

対して、遊びの女性へは、自分の魅力を伝えるよりも、相手の女性の気分をアゲて雰囲気を高めるために、聞き役に回って質問の方が多くなるという特徴がある。

話させた方が自分の話を聞かせるよりも自分に心を開かせ易いし、口説き落とすための情報も得やすい。話を聞いてほしい女性の心理を満たすことも容易だ。

酔った男性は本命の女子の話を聞きたい気持ちがないから語りたがるのではなく、それよりもアピールしたい気持ちが強くなるからこのようになる。お酒を飲んで酔った男性は、合理的な判断よりも自分の気持ちを優先し易いが、女性心理とは違う男性心理の特徴が「女性へのアピール」という形で出るわけだ。

お酒を飲むとついつい暴走することが誰にでもあるが、男性の場合はそれが「語り過ぎ」とか、「アピールのし過ぎ」で出ることが多いので、注意してその違いを見てみよう。

☆自慢話や武勇伝などの「男性の語り」は本気も遊びも共通
☆本命の女性の場合は、男性がより自分アピールに走りやすい
☆遊びの場合は、女性の気分をアゲようと聞き役に回って質問が多くなる

本命と遊び、酔った男性の「余裕」の違い

最後になるが、一番の違いとも思えるのが男性の「余裕」の有無である。

何か上手い具合に乗せられているなと女性が感じるなら、それは遊びだからこそ男性に余裕があるからだろう。心地良い雰囲気をリードするだけの余裕があるから女性は緊張をほぐされる。

余裕は装うこともできるから表情とか雰囲気だけで判断することは難しいと思うが、酔っているだけに喜怒哀楽は出易いので、そこで違いを判断すると良い。酔った男が本命の女に取る態度と遊ぶ女に取る態度の違いが見える。

分かり易いのは「怒」と「哀」だ。

本命か遊びかを確かめたいなら、恋愛の話題を振ってみる。本命女子から恋バナを振られると、多くの男性は余裕をなくすはず。
「そうやって誰でも口説いているんでしょ?」
好きな女性に言われれば、楽しく酔った男性でも普通は強めの言葉で否定したくなる。

そこで男性がどんな言葉で否定しようがこう続ける。
「でもこんな感じだと軽く感じるな…」
本命の女にここまで言われてしまうと、男性は意気消沈して引きたくなる言葉だ。
「遊びじゃねーんだけどな」って、がっかりするような、ちょっと悔しいような。

もしそれが遊びの女であれば、ストレートにそのまま口説こうとする男性が多い。遊びなら大抵のことでは凹まない。相手の女性が疑いの目を向けてもそのまま酔った勢いに任せて口説き文句を並べる男性は結局遊びだったということだ。

遊びの恋愛の場合で、女性を落とすことだけ考えてた男性は、相手の女性が自分の気持ちを確認してくる態度を脈ありサインと捉える。軽く見られて玉砕しても大してダメージはないので、酔っていれば大胆な態度に出る男性が多いだろう。

口説かれている状態でないと使いにくい例だが、応用して考えると、元カレや元カノの話を出したり、周りの評判を使ってみたりすることで反応を伺うことはできるから、その状況にあった方法で探りを入れると違いがはっきりすると思う。

お酒の席でどんな時も余裕を見せる男性は、本命女子を相手に飲んでいない。

☆酔っている状況でどんな話題でも余裕のある男性は遊び
☆恋バナを振って探りを入れると本気かどうかわかりやすいリアクションをする
☆「軽く見えるよ」という話を出すと、本気なら「怒」と「哀」の感情が見える

本命と遊び、酔った男性の「その後の態度」の違い

お酒の席で急速に仲良くなった場合、本命の女性と遊びの女性とで「その後の態度の違い」は明白となる。

もし、お酒を一緒に飲んだその時の気持ちだけで女性に言い寄る場合、その後の男性の態度は「あれは何だったの?」と聞きたくなるくらい冷たくなる男性が多い。遊びの女と言えども中期的な視点で口説く男性もいるからアプローチの継続性だけで判断はしてほしくないが、その後の態度が酔ったときの態度と違っている男性は要注意である。

本命の女性を酔った勢いで口説いた男性は、その会以降も継続してアプローチするだけでなく、仲良くなれた分アプローチの仕方が強くなる傾向がある。

恋愛とお酒の相性が良いと言われる理由は、好きな人への緊張が緩和されて普段踏み込みやすいブレーキを弱める効果もさることながら、それ以上に付き合うまで至る恋愛の勢いが加速しやすいからだ。

もし、お酒をきっかけに仲良くなった男性がいるなら、その後の態度で勢いがつくかつかないかを見てみると本命と遊びの態度の違いもはっきりしやすいだろう。

LINEやメールの連絡の頻度、会ったときの雰囲気、接し方や話し方など、お酒に酔った男性の心理を見極めるならお酒がさめた後の態度を見てみよう

遊びの恋愛が絡む場面は「一時の気持ち」が強く関係するため、その場の勢いだけじゃなくて普段の態度の変化も見てみるべきだ。

わかりにくい態度をとる男性の心理を知りたい女性は、下の記事が参考になるかもしれない。

男性がキープしている女性に取る態度と行動~2番目の女に男性はどんな態度を取るのか
付き合う前の微妙な関係は、「キープされてるかも…」「私は二番目の女…?」と不安になってしまう女性が少なくない。カッコいい男性、素敵な...
☆遊びの女性に対しては、「継続したアプローチ」がない
☆飲み会で仲良くなった本命女子に対しては、アプローチに勢いがつく
☆本気か遊びか見抜くのに「飲んだ後の態度」が最も重要なサインになる

酔った男性とキスしてしまった女性へ

酔った男性とキスしてしまった女性は、下の記事で「意味や男性心理」を解説しているので合わせて読んでみてほしい。

お酒の席に限定していないが「付き合う前のキス」は正しく意味や相手の心理を理解しないと恋愛の失敗が増えてしまう。

また、相手が友達だった場合は下の記事が役立つ。友達とのキスはその後の対処も難しいと思うから、ヒントを得てみよう。

酔った男性から告白された女性へ

この記事を読んでいる女性の中には「酔った男性から告白された」という人もいると思うが、本気かどうか知りたい場合は、3つのチェックポイントで考えてみてほしい。

  • 冷静に気持ちを整理できる酔い方だったか
  • 告白されるまで距離が縮まっていたか
  • 飲み会の後に再度アプローチされるか(もう一度告白されるか)

一番大事なのは3つ目の「飲み会の後のアプローチ」だ。従って、酔った男性から告白された場合は一度保留するのが正解で、その告白が本心かどうか、本気だったかどうか確かめる必要がある。

つまり、本気の女性に対しても、男性は酔った勢いで告白することはあるわけで、酔っているから本気じゃないと断定できないのである。

特に、恋愛に対して奥手だったりウブだったりシャイであれば、「酔わないと言えない」という心理になるのが珍しくないから、きちんと見分けることが大切だ。

「酔った振りをしているのかな?」と思う程度しかお酒を飲んでいない場合や、気合が入ったオシャレなレストランで飲んだ場合、それまでに良い関係が築けていた場合など、告白される状況で変わる部分があるので、片思いの相手なら様々な角度で相手の本心を見抜こう

まとめ

今回は、お酒に酔った男性が本命の女に取る態度と遊びの女に取る態度の違いを紹介した。

男性ごとの性格で変わる部分は否めないので、本命の子に取る態度よりも遊びの子に取る態度を重点的に確認すると、女性が無駄に傷付くことが無くなるかなと思う。

酔った男性が必ずいつも飲んだ後のことを考えているわけではないけれど、やっぱり軽い男は簡単な気持ちで女子を口説く。草食系男子が増えたけど、今回書いた「男性が遊びの女に取る態度」には気を付けよう。

関連記事: