バイト先の好きな人に送るLINEの内容と話題

f:id:Brightfuture:20160708105800j:plain

バイト先に好きな人がいる場合、あなたはどのようなアプローチをしているだろう。

仕事中は機会と時間があまりない場合も多いので、バイトの恋愛ではLINEの活用が大事になってくる。なかなか進まない恋愛に悩んでいる人はきっと多いのではないだろうか?

そこで今回は、バイト先の好きな人に送るLINEの内容と話題を紹介してみたい。バイトで知り合った人との恋愛だったらLINEが大事。どんな内容でコミュニケーションを取っていったらいいか、どんな風に仲良くなっていくかを解説する。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

バイト先であったことをシェアする

楽しい雰囲気のバイトもあるから、バイト中に面白い話が聞けたり、面白いことが起こったりすることもあるだろう。活気のあるバイト先でもシェアしたくなるハプニングが結構日常的にある。

バイト先で恋愛したなら、それをシフトが入っていない好きな人にシェアしてあげるLINEを送ってみよう。共通の話題となるため、仲良くなっていく段階でおすすめだ。内容が自然だし、情報そのものが有意義なLINEの内容になる。

あまり噂話が好きじゃない人ならあなたのイメージを悪くする時もあるが、明るい内容のものならデメリットはない。ネガティブな内容を避けて面白話に限定すると、興味深々でLINEのメッセージを読んでくれるだろう。

きっかけを掴んで何度かやりとりできれば、その内容も段々横に展開できるようになるので、好きな人とLINEのやりとりをはじめるきっかけにできる。

スポンサーリンク

お礼のLINE

f:id:Brightfuture:20160708105912j:plain

バイト中は、同じ仕事をしている中でフォローしてもらったり気遣ってもらうことがある。その場でお礼の一言は当然言うとしても、その後にLINEで簡単にもう一言お礼を送ってみてもいいだろう。軽い感じにしたいなら「今日はありがと!またよろしくね笑」みたいな、お礼と冗談が半分半分みたいにして送るのもアリだ。これに限らず、雰囲気は恋愛の進み方次第で微調整しよう。

バイトは社会人の仕事と違って、プライベートの一環として捉えている人も多いので、バイトが終わってからも仕事の話を出したとしてもあまりアレルギーがない。簡単なメッセージやスタンプでLINEのやりとりをする仲になるのに「お礼」は使える方法なので、あなたの状況に合わせてアレンジしてみよう。

好意を伝える手段にもなるのが「お礼」だ。嫌いな人にわざわざお礼を何度も言うことはないので、改めて言うことに特別な意味を込める。好きな人に「いい人だな」と思われると、これから距離を縮めていきたい人に取っては良い影響が期待できるだろう。

忙しかった日や頑張っていた日にお疲れLINE

バイトをしていると、日によってはトラブルがあったりして忙しい日もあるだろう。
また、好きな人が他の人をフォローしていたり、頑張っている姿をみることもあるはずだ。

そんな時は、「お疲れ!」というLINEの内容でメッセージを送ってみよう。付け加える内容は、短いメッセージを意識しながら具体的に内容を踏み込むと良い。

好きな人が相手なら「癒し」を与えられると良いと思うので、下の記事を参考にしてみよう。

上の記事で触れているが、女性は頑張っている自分を認めてほしいという感情をもつ。

結果よりも過程や影響に重きをおいているので、頑張っていることを褒めてあげることは癒しに繋がるのである。意識してLINEのやりとりをすると良いだろう。

男性を癒したいなら「結果」を意識する。「忙しかったけど、〇〇君が上手く回してくれたから良かったよ。今日はほんとお疲れさま♡」みたいな感じのメッセージは、きっと喜んでくれるだろう。

敢えてプライベートの内容を送る

何かのコミュニティーに属していると、一番簡単な会話は二人を取り巻くものを話題にすることである。今回のテーマでは、それがバイトの話題だ。

これは逆に考えると、それを越えた会話が「仲良くなったことをお互いで実感する」ことに繋がることを意味している。バイト仲間だからバイトの会話が多いのだけど、仲良くなったから普段の生活のことも話題にするイメージ。

例えば、家族の話をされたりすると、そういう話をする仲になったのだなと思うことはないだろうか?距離感をしっかり感じたいLINEの内容となるが、友達から踏み込んでいく時期では深い会話も必要。段々と、バイトを離れた内容でも話せるようになっていきたい。

バイト仲間ではバイトのこと、学校なら学校といった具合に、表面的な関係性なら普通は共通している話題でコミュニケーションを取る。バイトの知り合いに、敢えてプライベートの内容をLINE等で送ると、それだけ仲が良いと思っていることを間接的に伝えられる。バイト仲間でプライベートのことを話す機会が少ないなら効果は大きく、あまり仲が良いとは言えないバイト先ほど有効になる。

関係が進んできたら、敢えて枠を取っ払ってさらに進むことも必要。バイト関係の話から発展させるLINEも活用しよう。

自分がバイトに入っていない時の状況確認

最後にして一番初歩的な気もするが、自分がシフトに入っていない時に好きな人がバイトしていたなら、自分がいない時の話をシェアしてもらうことを考えてみよう。

どしゃぶりの雨なら「ヒマだった?」とか、近くでイベントがある日なら「今日ヤバかった?」という具合に、バイト先の状況について簡単な質問をする。

気をつけないといけないのは、返信のし易さ。

長いメッセージがほしいし、そこから展開を図りたいと思う気持ちはよくわかるが、一言でも返せる内容から好きな人の反応を確かめよう。

LINEの既読無視は精神的に辛いと思うので、そこには予防線を張るようにする。

こういった内容を送ろうと思う時は、まだ仲のいい状態とは言えないことも多いはずなので、LINEのやりとりをする仲になる方を優先して、簡単なメッセージを重視する。

その内展開は図れるので、何度もやりとりしたり、長いメッセージをやりとりすることを最初から目指さない方が無難。質問形式のLINEは送りやすいから、まだLINEする仲じゃないと思う人におすすめの内容だ。何度かやり取りをしている実績作りを行っておくと、違う内容に移りやすくなる。

もちろん、好きな人の反応が良ければこの限りではないので、きっかけに拘らず、雰囲気が良いならLINEでロングトークするのもいいだろう。

まとめ

今回は「バイト先の好きな人に送るLINEの内容」をまとめた。バイト先の知り合いと仲良くなるLINEの内容は、やはりバイト先特有の内容を意識する方が話は早い。

はじめはバイトに関する内容からLINEのやりとりをする仲になっていくことを目指してみよう。そこからプライベートな話題を出していって、距離を縮めていくようにすればよい。

バイト仲間は仲の良い人と、そうではない人で結構付き合いに差が生まれることが多いので、まずは仲の良い人になっていく努力から始めると、関係が深くなるのに加速する瞬間を迎えることができるはずだ。使える話題からどんどん活用してみてほしい。

関連記事: