男性がキープしている女性に取る態度と行動~2番目の女に男性はどんな態度を取るのか

男性がキープしている女に取る態度を見せている写真

付き合う前の微妙な関係は、「キープされてるかも…」「私は二番目の女…?」と不安になってしまう女性が少なくない。カッコいい男性、素敵な男性を好きになるのだから、「自分は本命じゃない」と、自信がなくなるのも無理はない。実際、好きな人の態度から疑いが深まることだってあるだろう。

男性心理では多くの女性にモテたいという気持ちが大きいため、キープの女を作ることで満たされる欲求がある。女性の方が好きな人ただ一人から愛されたい心理が強いために、時々相性の悪い二人がいる。

「遊びか、本命か」
男性との恋愛において、女性はテーマになることがあって、「2番目の女」になってしまう人も一定数いるのが現実である。

そこで今回は、「男性がキープしている女性に取る態度と行動」をまとめることで、2番目の女に男性はどんな態度を取るのかに答えを示したい。

キープされていると感じる女性や、遊びの恋愛はしたくない女性は参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

 キープする女性は、都合のいい女にしようとする

男性は、キープの女を都合のいい女にしようとする。キープする女性には、男性が自分の都合を優先する態度を取るのが特徴で、キープ女のわがままは聞かない。

キープしている女性は、本命の彼女ではなく2番目の彼女、もしくは遊びの女だから、無理をしてまで気遣う必要がなく、もしそんな状況で付き合っている女性は、自分の扱いに不満も疑問も抱くことになるはずだ。

仕事や友達付き合いや趣味など、女性をキープする男性は色々な言い訳をして女性を自分に都合のいい女へと変えていくが、あまりにも自分の存在の小ささに疑問を持つ場合はきちんと疑問を確かめるべきだろう。

うまくバランスを取って確信までは与えない男性が多いと思うので、キープされているかもしれない女性は、キープされてるかどうかを知るのに「自分の優先順位」を少し客観的に見てみる必要がある。

何か不満を持った際に意見しても相手にされない場合は、男性が2番目に取る態度が出たときだ。本命彼女には軽いワガママくらいは受け止めるのが男性なので、何度か自分の意見を無視されたり流されたりする女性は、キープされている可能性が高いだろう。

気持ちを試すのは恋愛的に間違いが多いのだが、キープされているかもしれないと思う時は、必要な場面もある。

都合のいい女にされていると感じる女性は下の記事で一度きちんとチェックしてみよう。

「都合のいい女」か「本命の彼女」か、違いが分かるチェックポイント10項目を解説!
女性が好きな人との関係を考える際、「もしかしたら都合のいい女にされているかもしれない」と思った時は、まずその真偽を確かめることが大切...
スポンサーリンク

キープの女性は、友達や知り合いに紹介しない

女性をキープする男性は、キープの女をあまり他人に公表しない。浮気相手に当たる場合はそれが当然とも言えるが、そうじゃなくて本命がいない場合でも、「キープしている女」という風に、個人名が聞こえてこないのが特徴だ。

従って、自分の家族はもちろん、仲の良い友達や親友と呼べる相手にも、キープしている女性のことは紹介しないタイプの男性が多い。将来切ることを前提にしているのか、一定の距離を取って付き合うのが特徴になっている。

世の中には自分の本命彼女も友達に紹介しないタイプがいるからここだけで判断できない部分があるものの、「頼んでも紹介してくれない」とか「友達に会いそうになるとそれを避ける態度を取る」というように、紹介する流れが正しいと思える時にも頑なに紹介しないのは怪しい態度と言わざるを得ない。

もし、彼氏のプライベートに踏み込めない場合は、キープされてる可能性が高いだろう。

彼女との付き合いが長くなると、「機会」という点で誰かしらに紹介することは少なくないため、あなたと彼との付き合いが長い場合は、「紹介しないこと」がキープされている可能性を上げる。彼の性格も踏まえた上で一度考えてみてもいいポイントだ。

セカンドの女性、キープの女性は、紹介できない理由があるから紹介されない状況が続く。キープされてるかどうかを知りたい場合は、頻繁に名前が出てくる彼氏の親友を紹介してもらうように頼んでみると、今よりはっきりした答えに近づくかもしれない。自然なタイミングもあると思うので、積極的に問題解決したい場合は、覚えておこう。

友達に紹介しないタイプの男性も多数いる点に注意!
>>彼氏が彼女を友達に紹介したい理由と心理+紹介したくない理由
本命彼女でも友達に紹介したくないと考える男性もいるので、複数のポイントでチェックするようにしよう。

キープする男性は、受け身の態度を取るタイプも…

キープする男性の中には「来るもの拒まず」的な恋愛の仕方をしているタイプがいる。
いわゆるモテるタイプの男性がそうなるのだが、女性からアプローチして恋愛関係になった場合は、キープ女性に「受け身の態度」を取る。

会いたいと言うのも、連絡をするのも女性からのみで、リアクションだけは悪くないけど愛されている実感がない場合、男性はあなたからの愛情をキープしてるだけなのかもしれない。

基本的に、女性をキープするタイプの男性は女性に積極的なタイプが多いのだけど、モテる男性は女性からのアプローチに対応しているだけでキープの女ができあがる恋愛事情の持ち主だ。

自分ばかり頑張る恋愛をする女性は、こういった男性のセカンドやキープになる可能性が高いため、彼からの愛情を感じなければ受け身の態度でキープされてる可能性を考えないといけない。相手男性の「あなたに対する主導的なアクション」から、キープされてる可能性が見えるのだ。

消極的な態度を取る男性は気持ちをキープするように接するのが態度の特徴なので、「あまり手を出してこない」とか、「自分の都合を押し付けない」とかで判断するだけでは間違いのもととなる。

キープされているだけかもしれないと悩むなら、恋愛相手の男性の性格で一度考えてみても良いだろう。彼氏の性格を踏まえて「違和感」や「不信感」がある場合、数百の恋愛相談に乗ってきた私の経験測では、高確率で他に本命の女子がいる。

キープする男性は、深い話を避ける

キープする女性は、男性に取って一定の距離を取りたい女性であるため、自分のコアな話も女性のコアな話も、深い話を避けたがる傾向を持っているのが特徴だ。

キープしている女性に求めるものの一つに「癒し」があることも関係しており、キープの女性とは重い話をしたくないと考える男性は多い。

彼氏であれば彼女の重い相談に親身になって話を聞き、余計なお世話になるほど解決策を考えてくれたりするが、キープされている男性からは「聞いてもらうだけ」となりやすいのだ。

女性心理では聞いてくれるだけで嬉しいという感覚が強いため、なぜそんな態度になるのか、理由を勘違いしやすい。心地良い彼氏の態度に満足してしまい、「本気だったら押さえきれない気持ちがある」という点を見逃してしまう。

男性心理では好きな人の悩みに対して「解決してあげたい」という気持ちを強くすることから、どんな話でも「よく聞いてくれるだけ」となるのは少し不自然である。あなたから見た彼がただの聞き上手なのか特別な興味がないだけなのか、見極める必要性を感じるなら確かめるべきだろう。

加えて、恋人同士だからこそする「お互いの身の上話」も、キープしている・キープされている関係ではもっと表面的な会話に留まるのは、それだけ自分のことを話したくない心理からである。キープされていると強い結びつきを感じないまま付き合いが続いていくが、こんなことも関係しているのである。

好きな人同士であればもっとお互いを知りたいと思う気持ちを強くするし、知ってほしいという気持ちも強くなるため、心の距離に空間を感じるのはキープされているときの女性に多い。

深い話を避ける理由を少し考えてみると、キープされているかどうかが分かるかもしれない。

深い話は付き合って1か月経ったくらいから
「深い話をしない」という点は、付き合いはじめのカップルで考えると勘違いがある。カップルは長く付き合う内にどんどん関係を深めていくので、付き合い立てはもう少し表面的な雰囲気があっても不自然じゃない。
付き合って2か月、付き合って3か月経っても二人の距離感に表面的な感じがする場合にキープの問題を考えてみよう。付き合って1か月経ったくらいからが目安だ。

キープする男性は、女性の話を覚えていないことが増える

キープする男性は、そのキープしている女性に特別な興味を持っていない。好きな人や本命の彼女がいるなら、興味の度合いは明らかに彼女らが上になるのである。

そうなると、本命と遊びの女性で「覚えていること」には歴然とした差ができることになる。

一緒に行った場所や思い出、ちょっと前に話した内容など、もしあなたとのことを覚えてくれていないと感じる場合は、彼の記憶力の問題ではなく、興味の度合いで忘れてしまっているのかもしれない。

特に、浮気している場合は、彼女と浮気相手とのことで頭がこんがらがる。
「その話、前も聞いたよ?」という感じのことが増えるのも特徴で、逆に「この話、前もしたんだけど」って自分のことを覚えてくれていないことにイラっとすることも増える。

キープの女性に対しても男性は一定の愛情と興味を持っているのは間違いないところだが、「本命とキープの違い」という観点では細かなところを見逃すべきではない。

もし本気の恋愛として付き合っている男女だったら、お互いのことを細かなところまで覚えているはずで、それは離れている間も相手のことを考えるからだ。キープしていると罪悪感があってあまり思い出さないようにする男性もいるため、記憶は不鮮明になりやすいのである。

キープしている男性は遊びの女のことを覚えていないことが多いので、チェックしてみよう。

キープする男性は、言葉が曖昧になる

男性が女性をキープする場合は、近づきすぎてべったり付き合うわけにいかないので、どこかで関係にブレーキをかけるのが特徴だ。態度や行動にそんな心理が透けて見えるようになる。

本当に好き同士で付き合っているならある一定の期間までラブラブ度が増すように付き合いが波に乗っていくが、そうならずに曖昧な関係に留めておこうとするならキープの女性に取る態度である。

言葉も曖昧なものが選ばれやすく、「将来の話(結婚)」に関することや「1年記念日」など、長期的な視点に立った言葉もでない。
キープされている女性から見ると、「彼が何を考えているか分からない」といった漠然とした不安を感じるような態度を取る

キープと言えども付き合うような感じで接していたらどうしても距離はゼロにまで近づいていくため、本命の彼女がいるならそれだけで困るし、何人もキープを作る男性も困る。だから、曖昧な言葉を多用することで「一定の距離を取ろうとする」わけだ。

「ストレートな言葉が返ってこない」
「はぐらかすような口ぶりが多い」
「よくごまかされる」

こんなときはキープされている可能性が高いだろう。ある意味一貫した態度を示すなら、むしろ相手の男性は答えを示しているようにも取れる。

男性は、女性をキープするのに慣れている人ほど言葉をうまく使う。
「女性が勘違いした」
「俺は違う意味でそういった」
というように、男性が逃げ道を作っている面もあるため、本気の恋愛ならではの不器用な言葉がないのは心配だ。

キープ女に取る態度は、「LINE」や「メール」などの連絡でもわかりやすい特徴が!

「キープされてるかも」と心配な女性は、相手男性との「連絡」を振り返って下の5つをチェックしてみよう。LINEやメールでこんな特徴が見られたら、キープされてる可能性が非常に高くなる。

【男性がキープ女と連絡する時の特徴】

  • 男性から発信するLINEやメールがない(少ない)
  • 男性から話題を振ってくることがない(少ない)
  • 既読無視や未読無視がある
  • 報告LINEがこない(彼氏に起こった日常の事)
  • 長文で送っても、いつも短文しか返ってこない

男性は、キープしてる女に対して興味が薄いから、連絡はさぼりがちになる。コミュニケーションコストをなるべく削ろうとしてくる特徴が顕著だ。

キープするための行動や態度には気を遣う男性も、日常的にやりとりがある「連絡」においては結構はっきりした態度の違いが見える。気を遣いきれないと表現すれば、言いたいことが分かるだろうか。

当然、こういう男性はあなたの気持ちをキープするために、会った時は優しくしたり、雰囲気が悪くなればフォローの連絡を入れたりするわけだが、客観的に振り返って連絡における「キープ女に取る態度」が見えたときは要注意である。あなたと男性側の双方向の気持ちのやり取りになっていなければ、本命になれてない可能性が高まる。

LINEやメールは後から確認できるものなので、「私は二番目の女?」と疑うならなるべく冷静に見直してみてほしい。

キープされてる場合は「時間」だけじゃなく、「お金」を使ってくれない

キープされてると適当な扱いを受けるのは有名な話だが、「お金のかけ方」にも特徴が見られる。男性は、キープしてる女に「時間」だけじゃなく、「お金」も使わないのだ。

特にここでまずいパターンが「デートがワンパターンになるケース」である。二人の定番デートを作るのは普通のカップルでもよくあるのだけど、「他のデートコースでデートしなくなった」とか「他に行きたいデートプランを提案しても流される」場合は、キープされている可能性が高い。

ワンパターン化したデートの仕方は、デートプランを考える必要も、デート先を考える必要もなくて、女性と付き合う上で時間もお金も使わない「男性に取って楽な付き合い方」と言える。キープしている女性に対しては、男性心理では「楽したい」と考えるからこんなことが起きるのだ。

アクティブな女性だと日常的にデートの提案があるから分かりやすいのだけど、もしあなたが受け身の恋愛をするタイプで行きたいデートコースの話をあまりしない場合は、キープ女なのかどうか確かめるために、時間とお金を使う「アクセントデート」の提案をしてみよう。

たとえば記念日なんかを理由に「次のデートは特別なデート」と言う感じでマンネリデート解消の提案をすれば、本命彼女だった場合に彼氏は乗ってくるはず。キープの女性だった場合は、はぐらかされるか、延期されたりして、「二人でより良い付き合い方をしたい」という気持ちを感じないリアクションを見ることになる。

キープされてるかもしれないと疑う女性は、「お金をかけてもらっているか」も考えてみよう。

急に会いたいと言った時の男性の態度

あるカップルが上手く行っているか行っていないかを見る指標に「恋人のために自分を犠牲にできるか」と言った視点がある。彼氏・彼女が困った時に、全力で助けようとするのが想い合うカップルだ。

この記事の前半部分で「男性はキープする女性を都合の良い女として扱う」ことを説明しているが、ストレートに男性の態度の違いが現れるのが「急に会いたいと彼女に言われたとき」である。

急に会いたいと言うことが相手に取って迷惑になることは誰でもわかるから、本当にこの言葉が出る機会というのは、何かあった時。「どうしたの?」と心配する発言が出るのは好き同士なら当然だし、予定があってもキャンセルしてまで会おうとする。もちろん、急に言っているから会えるかどうかはその時々で分からないけれど、愛情を感じる発言や態度が見えないなら別れを迷う瞬間になる。

これがもしキープしている女から言われた場合は、無理をしてまで会おうとしないばかりか、励ましや慰めの言葉にも愛情を感じないものとなる。感受性の弱い人でも、本当にこんな機会に出くわせば違いが分からないということはないだろう。

状況的に「急に会いたい」と言うケースは少ないと思うが、応用して考えることができる部分なので敢えて見出しを設けて解説した。「大切な人になれているならこんな態度を取らない」と思う場面に直面したら、自分達を見つめなおす機会かもしれない。

ずっとキープされてる女性というのは、キープされてることに気づかないのではなく、キープされてる事実に目をつぶって付き合いを続ける人が圧倒的に多い。

ここまでで「男性がキープしている女性に取る態度と行動」をまとめた上で、次からは「キープされる女性」にスポットライトを当てて少し解説を加えよう。

何度もキープされる女性は原因を自分に見つけるべき

女性をキープする男性は、確実に「相手を選んでキープしている」のが特徴になっている。

好きな人に何も言えない女性や、尽くすタイプの女性好きな人の言葉を鵜呑みにして信じ切ってしまう女性などは、キープする男性の好みに当たるだろう。

恋愛で失敗する時には確かに相手に問題がある場合がほとんどだと思うが、自分にも当然責任の所在がある。

「こんな男性には引っかかるな」
というタイトルの記事を読んで男性を学ぶ必要性も高いとは思うものの、もっと大切なのは恋愛の失敗から学ぶことである。

もし何度も男性にキープされている経験をしていたり、セカンドだと何となく気づきながら付き合ったことがある女性は、相手の男性のせいにするだけでなく自分の恋愛傾向をきちんと分析して、自分に合う男性との恋愛を進めてほしい

恋愛経験を重ねていくと、学びながら恋愛するタイプの人は好きになるタイプが変わっていく。一方で、学ばないタイプの女性はいつも同じタイプを好きになって同じ失敗をしている人がいるため、あなたがそうなってしまわないように、きちんと今回の恋愛を振り返ってあなたに取って正しい選択ができるようになろう。

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!
もし、あなたの恋愛力が数値化される診断があるとしたら、受けてみたいと思わないだろうか? しかも、プロが真剣に作ったテストで、恋愛傾...

私も受けたツヴァイの恋愛傾向診断では、あなたの恋愛力が数値化され、分析結果から導き出された恋愛アドバイスを受け取ることができる。キープされやすい女性は今後の恋愛でも「セカンド・キープ」がテーマとなる恋愛をすることが多くなってしまっているので、できれば一度きちんとした診断で今後の恋愛の仕方を再考するべきだ。

上の記事で紹介している診断なら、無料とは思えないクオリティで自分のことを理解できるので、今までの恋愛の仕方をどう変えていくかをはっきりさせることができると思う。

相手が悪いことを全く否定するつもりはないが、キープされる女性は自分の中に原因を見つけようとすることが大事である。

ガサツな女はキープされやすい

もう一つ大事な視点は、自分の扱い方を雑にされないために、ガサツな女にならないようにすることだ。男性はキープする女性を選ぶと言ったが、「雑に扱っても良いと思える女性」に狙いを定めることも特徴になっている。

清楚な女性が本命彼女として大切にされるという話は本当だ。ガサツな女が雑な扱い方をされ、本命彼女に選ばれないどころか、キープやセカンドの女性に選ばれてしまう。

性格はなかなか変えられないとしても、身なりや持ち物なども「外見を判断する材料」になっているから、ガサツな女に見られないように気を付けてみよう。よく男性同士の話に出てくるのは「カバンの中身が整理できない女は軽い」なんて話である。

自分の恋愛傾向の弱点を知るとともに、男性から見た自分のイメージも調整できればキープにされる可能性はほとんどなくなるはずなので、今後はこんな記事を読まなくて良いように、ぜひ素敵な恋愛をしてほしい。

まとめ

今回は、男性がキープしている女性に取る態度と行動を紹介した。
2番目の女に男性がどんな態度を取るのか、女性のあなたもイメージが固まったと思う。

キープの女性が本命の彼女になれる可能性はやはり低いため、自分がキープの女だと思った場合はその場に留まって努力を続ける方が正しい選択になりやすい。一時の感情から変な形で恋愛が進む場合はキープになる可能性があるが、恋愛の仕方もこれからはよく考えてみよう。

今回挙げている態度や行動は、本当にキープされているなら複合して合致するはずなので、一つの事実に固執することなく視野を広くしてチェックしてみるのが前提となる。不安から勘違いするとせっかくの恋愛を壊してしまうので、その点にも気を付けよう。

関連記事:

男性が取る「思わせぶりな態度」で悩むことが多い女性は、下の記事で脈ありと脈なしの違いを学んでみよう。

一途に好きな人を追う恋愛は問題点も少なくない。あなたの恋愛の仕方が「一途」なら、下の記事を読んでみよう・

告白がないままに「付き合っている」と勘違いする場合はセカンドになりやすい。なぜ付き合っていると勘違いしてしまうのか、決定的なミスがイメージできない女性は下の記事をじっくり読んでみてほしい。