次のデートはどのくらいの間隔がベストか~会わない期間が長いと上手くいかない

次のデートまでの間隔を学ぶ女性。好きな人とデートできる関係になったがデートとデートの間隔に悩んでいる。

初デートに行った時やその前後に、「次のデートをどのくらいの期間あけて誘うべきか」を考えたり、「2回目のデートまでのベストな間隔ってどのくらいだろう」と考えることはあるだろう。

せっかくデートをできる仲にまで距離を縮めることができたのだから、このままその恋愛を進めていって付き合うところまでいきたいと思うから、変なタイミングで次のデートを誘うわけにいかない。

そこで今回は、「次のデートはどのくらいの間隔がベストか」を考えてみたい。
会わない期間が長いと上手く行かないケースが多くなるので、デートとデートの間隔を解説する。

付き合うに至る恋愛の仕方、デートの重ね方が分からない人は、ぜひ参考にしてあなたの恋愛を成功させてほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

次のデートは1週間後くらいがベストな間隔

場合によりけりな部分があるのだが、初デートから2回目のデートの間隔は1週間くらいがベストだ。2回目のデートから3回目のデートも同じくらいの間隔でデートできると「付き合う直前」という雰囲気になっていく。

アバウトには10日くらいのイメージで、もし自分と相手の男性や女性がそう忙しくないタイプの人であれば、1週間後くらいで誘ってみると、「次のデートまでの空ける間隔」としては良いと思う。

1週間くらいの間隔でデートに誘う場合は、あなたから相手へのメッセージとして「近い内に会いたい」と思っていることが伝えられる。次のデートを最初から2週間後で誘った場合は、「少し先」というイメージに変わるだろう。

2週間や3週間くらいの「少し先の予定でデートに誘う」場合は、気を使った誘い方である一方、あなたから好きな人へ「会いたい」って強い意志が伝えられないし、予定を空けてまでデートをしようとは思っていないと感じさせてしまうかもしれない。

次のデートが結局いつになるかは二人の予定次第だから何とも言えないが、たとえ都合が合わない可能性があっても「来週とかで空いている日ないかな?」くらいは恋愛を進めていくために伝えたい。

次のデートに誘っている時点で、異性としてアプローチしていることと同じ意味なので、誘う間隔についても意味を乗せるように考えてみよう。

例えば、その月の後半にデートをしたとして、あなたが相手から「来月もしヒマな日があったらまた遊ばない?」と聞かれたとしたら、どう思うだろう。

それが、もし「来週」に変わったら、イメージは大分変わるのではないだろうか。

つまり、あなたの誘い方で好きな人は積極性を感じることもあれば消極性を感じることもあるわけで、腰が入っているのだか入っていないのだか(恋愛的に本気かどうかという意味)結果的にでもボカすとしたら、誤解もあり得るということだ。

それなら、10日前後でデートの予定を振って、「近い内に会いたい」と思っている誘い方をする方が、たとえ断られた場合であっても恋愛を進める意味においては有効である。忙しいなら、日にちを後ろにズラしていけば良いし、脈ありの男性や女性を誘っているなら相手から代替案が示されるだろう。

次のデートの誘い自体がアプローチであることを再認識しよう。少し先の予定を立てることは確かにやさしさだが、それなら誘い方を考える発想をするべきだ。

  • 恋愛を前に進めるなら「近い感覚」で誘ってみる
  • 断れたとしても、「会いたい」と思っていることが伝えられる
  • ストレートに誘えないと悩む人は、「探り」を入れてしっかりアプローチすること
スポンサーリンク

次のデートが1ヶ月以上空いた人と付き合うことは少ないという現実

あなたがデートに行った後、初デートから2回目のデート、もしくは3回目のデートの間隔が1ヶ月くらい空いてしまった場合は、付き合う可能性が現実的に小さくなってしまう。これは今回のテーマを考える際に念頭に置いておきたいことだ。

経験上思うことであり、友人の話を勘案しても会わない期間の最長は1ヶ月くらいで留めておくべきだと言うのが私の答えだ。片思いを進めていく気持ちがあるなら、2週間から3週間くらいの内にデートに誘い、1ヶ月以内に次のデートをしよう。

友達になってしまった場合に、男女が恋愛関係に発展していかないことはよく言われることだが、1ヶ月くらいの期間で会うような関係は友達になり易く、何よりも付き合うまで至る恋愛に必要な「勢い」がつかない。

優先順位が低いからこそ会わない期間が延びるわけだから当然なのかもしれないが、もし自分からそのくらいの期間を設定して会おうとしているなら、もう少し積極性がほしいところだ。先程も触れている通り、「デートが成立するかしないか」と同じくらい大事な「デートに誘うか誘わないか」の問題もある。

相手の男性や女性がフリーでいる以上、いつ他の人からアプローチを受けないとも限らないし、月1で会うような人は異性であっても日常の中にいる可能性もあるので、あなたが意識されにくくなってしまう。

次のデートに誘っているけど都合が合わないで期間が延びてしまった場合は仕方ないが、誘わずに間隔が空くのなら勿体ないアプローチの仕方だ。やっとデートできる関係になれたなら、できればそのまま一気に距離を縮めたい時期である。

次のデートを誘う時は、何となく先々の予定にした方が誘い方がボケてストレートな感じを無くすから言いやすい側面を持つ。

しかし、その分相手からは「(恋愛の意味で)何考えているのか分からない」との印象を与えてしまうことが増え、気持ちが伝わってこない。特に相手が女性の場合はとても中途半端なアプローチと取るだろう。

「自分みたいな人が何人かいるのかな?」と思われても仕方ないアプローチだ。

デートに行くような関係になったらストレートなアプローチをしよう。探り探り行くとすれ違いもよくあるし、タイミングが合いにくくなるから気を付けるべきだ。

恋愛は、二人が近づいた時期から違う難しさがある
デートできる関係というのはある程度その恋愛が進んだ状態だが、ここから付き合うまでの恋愛の仕方で悩む人が本当に多い。恋愛は、近づいた時期から違う難しさがあるからだ。
お互いに色々考えるのが恋愛だから、良い雰囲気に近づいたらなるべくストレートにアプローチしようと努めることがすごく大切。「本気なの?」「好きってこと?それとも友達?」などなど、複雑に考えてしまうからこそシンプル・ストレートに恋愛しようとすることは二人のためになる。
好きって感情は自分でも持て余すものだから、何かあるとムカついたり疑ったりがどうしてもあって、しかも感情の振れ幅も大きい。近づいた恋愛だからこその進め方があるから、恋愛の複雑性に負けない恋の仕方をしよう。女性は、下の記事も参考に。
>>片思いから両想いになったか確認!男性の「好き」を見極める7つのチェックポイント

付き合う前の二人のデートの間隔は?

付き合う寸前のカップルは、友達以上恋人未満のような状態になっていき、関係自体が盛り上がっていく。

花火のように派手な盛り上がり方をすることもあれば、炭火のようにじんわり盛り上がることもあるのだが、やはり恋愛が進んだときは雰囲気に現れるものだ。本人達としては相手の気持ちに不安があってまだ疑ってしまうのだが、後から考えれば両想いじゃないと成立しないエピソードができてくる。

そんな状態になっていく二人は「会っていること」が前提の条件となる。「デート」だと構えた感じじゃなくても、二人きりでいる時間ができないとその恋を盛り上げていくことが難しい。

顔を見て話さないと伝わらないこともあるし、電話やメールではスキンシップもないから、どうも一方的な感じをお互いで受け易い。二人きりの時間がないと友達っぽい雰囲気の方が強くなるのである。

恋愛は自分で自分を盛り上げていくようなところもあり、毎週のように会っている人は彼氏や彼女の候補として意識するし、ほとんどの人は気になる

なんやかんや理由を付けてでも、二人で会うことは非常に大切なこと。
メールやLINEを送り合うよりも雰囲気を高める効果は高いと言える。

「気付けば毎週のように会っているよね」
って、もし好きな人に言えるようなデートの仕方ができて、その時間が楽しく過ごせた場合は、告白の成功も近いだろう。想像すると簡単だが、あなたがそんな状態を作ろうとするかしないかは大きな問題だ。

頻繁に会える関係になれば付き合っても上手くいきそうな雰囲気が感じられるし、好きな人に取ってあなたが「失いたくない人」にもなれていく。

普通は特定の異性と二人で毎週のようには会わないから、告白の勇気を振り絞る理由にもなるだろうか。

自分の都合だけで次にデートの予定が決まるわけではないので、誘う段階での話しではあるが、気を使って先々の提案をしてしまうことのデメリットはかなり大きいので、次のデートは取り敢えず1週間~10日くらいのイメージで誘ってみよう。

頻繁に会えるようになるとデート中の会話はどんな雰囲気?

次のデートの間隔が短くなると、デート中に話すことが無くなるのではないかと心配に思うことがある。

確かに会わなかった期間のお互いの話は少なくなると思うのだが、二人が会っているからこそできる会話も出てくるので、楽しくデートできるような相手だったら頻繁に会っている時の会話に過度な不安を感じる必要はない。

まず前提として、人はよく会う人に対して親近感を持つ
短い間隔でデートするとお互いに慣れていくことも大きいし、二人で居る時の空気も徐々に出来上がっていくから、ドキドキもありつつ「落ち着ける関係」へと進んでいく。

恋愛中ならもちろんこの時期にドキドキがなくなるわけがないのだが、安心感を持っていくイメージだろうか。少しずつ相手への理解を深めていくことで盛り上がる会話の仕方が分かってくる。相性が悪い場合は話がなくなるわけだが、仲良くなれているなら別の話題ができてくる感じだ。

デートの間隔が空けばやはり二人の空気は手探りの期間が続き易くなるので、恋愛を前に進めるのが難しい。

何度か会う時のデート中の会話は、普段のことを世間話のように話すことが多いと思いがちだが、付き合う前の二人はお互いのことがメインの話題になっていくから、会う頻度を高めることで話題が無くなっていくことは少ないのである。そういう意味では話せる内容が増えていくイメージだ。

逆に言えば、それで話題が無くなっていくのなら、お互いへの興味が恋愛レベルまでは高まっていない証拠となるだろう。相性の悪さも懸念され、そうなればお互いに自然と離れていくこともある。

深い会話は、時々会っているような関係では難しいので、ある意味「お互いの慣れ」を必要条件にしている。

お見合いのように、お互いの目的がはっきりしている時は深い質問を交わし合うのだが、二人で出かける男女の「目的」はかなり曖昧なモノ。あまり期間を置かずに会うことでできる会話があるので、むしろ自分から踏み込んでいくような感覚を持ってコミュニケーションを取っていこう

恋愛経験が少ないと心配は絶えないと思うけれど、興味を持ちあって男女が会話をしていれば段々とそういう会話になっていくものだ。

下の記事が気になる人は、一度読んでおくと安心できるかもしれない。

頻繁に会うと飽きる?片思いの時期の「飽き」について

次のデートがどのくらいの間隔がいいか考える際、何度もデートしている関係だと「飽きないかな?」って点が気になる人がいる。広い意味で会話が続くかどうか、という点も気になっているわけだが、それ以上に「デートが盛り上がるか心配」との気持ちがこういった発想を生んでいる。

基本的に、片思いから両想いになる過程で「飽き」はあまり意識しなくて良い。ここまで述べてきた理由で何となくわかると思っているけれど、それ以上に恋愛が盛り上がっていくことが大切だ。

ただ、微妙な片思いの時期に「会いすぎ」が恋愛を壊してしまうことがないわけじゃないので、下の3点で工夫をしてほしい。基本的に付き合う前は飽きることはないが、好きになりかけの時期やまだ意識する人レベルだった場合、飽きることへ何の対策もしていないのはよろしくない。

  • 二人が興味を持てる場所・コトでデートすること
  • 慣れてきても丁寧な態度・言葉で接すること
  • 自分だけがマシンガントークするような会話をせず、二人が同程度話をする会話に努めること

付き合う前に飽きるパターンは、自分から友達の雰囲気を作るように接するか、デートの仕方が悪い場合。良いデートをしないと付き合えないわけではなく、二人がある程度以上楽しいデートをし、崩れ過ぎない関係で二人が話をするデートの仕方をしよう。

「頻繁にデートすると飽きる」なんて思えば付き合うに至る勢いがつかずに結局腰が引けたアプローチになってしまうから、楽しいデートができていると感じるのであれば積極的に恋を進めることが好きな人と付き合うコツである。

まとめ

今回は、「次のデートはどのくらいの間隔がベストか」を中心に、会わない期間が長いと恋愛が上手くいかない理由や、間を空けずに会うことの効果を紹介した。

次のデートの日程を決める際は、お互いの予定がある中でスケジュールの調整をするわけだから、自分が思っているデートの間隔で予定が決まらないことも多々あると思う。

しかしそれでも短い間隔で誘うことによって、意識させることもできるし、自分の気持ちを伝えることができる。

相手の男性や女性が、忙しい中で予定の調整をさせることが悪いなと感じることもあるかもしれないけれど、伝え方次第で迷惑にはならないはずだから、あまり間を置かずに会えるよう、直近の予定を聞いてみよう。

付き合う前の二人には、「盛り上がり」が不可欠なので、そこを意識して次のデートに臨むと、良い雰囲気が作れるはずだ。

関連記事: