告白は何回目のデートでするべきか~告白のタイミングについて1回目、2回目、3回目のデートそれぞれで解説

告白のタイミングを気にしている人のイメージ画像。女性が好きな人に気持ちを伝えようとしている。

今回は、多くの人が悩む「告白のタイミング」をテーマにしてみよう。

以前の記事(上手くいく「告白の準備」が成功のポイント!告白のタイミングと成功確率を上げる方法)では、好きな人との距離感に注目するべきだと言っているが、今回の記事ではもう少し具体的な話をしていきたい。

好きな人に何度目のデートで告白するべきかに悩んでいたら、参考にしてみよう。告白が成功するタイミングについて解説する。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

告白の時期は「出会ってから3か月以内」を意識した方がいいの?

告白を考える際は「出会ってからどのくらい経ったか」を意識する人がいると思うが、一般に言う「告白は1か月から3か月以内!」という主張は無視してOK

なぜなら、実際に付き合うカップルが出会ってから付き合うまでの期間はバラバラで、告白するまでの期間で成功と失敗に因果関係がないからだ。

ちなみに、マイナビウーマンが345人の回答を得たアンケートでは、次のような結果が出ている。

  • 1年以上経ってから付き合った=31.3%
  • 半年未満=25.7%
  • 1か月未満=21.3%
  • 1週間未満=7.6%

このアンケートでは、最も多かったのが出会ってから1年以上経ってから付き合ったカップルで、実に3割以上も長期間の友達期間を経て付き合っている。それほど差がなく1か月未満で付き合ったカップルもいて、出会ってから付き合うまでの期間はバラバラであることが分かると思う。

なぜこんなことが起きるかと言うと、最終的に付き合うカップルでも「好きになるまでにかかった期間」が存在し、「仲良くなってからつきあうまでにかかった期間」も存在するので、恋愛的な意味で距離が縮まる期間がそのカップル毎にバラバラだから。

「もうそろそろ3か月経つから告白しないと付き合えない…」
こんなことを思うと告白が成功するために必要な条件を見失うから気を付けよう。

告白のタイミングは、期間に関係なく「二人の雰囲気」で決める方が成功の確率を高めることができる。今回は「デート」にフォーカスして解説するので、ぜひ失敗しない告白の仕方に役立ててほしい。

スポンサーリンク

告白は3回目のデートが最適

敢えて「デートの回数」で告白のタイミングを考えると、「3回目のデート」をおすすめする。初めてのデートや2回目のデートよりも、告白に向いているのは3回目のデートだ。

しかし、当然ながら告白に最適なタイミングは、その二人毎に違っているはずであり、より二人の雰囲気を重視するべきだである。

デートの回数で考えるよりも、自分たちの状態に注目することの方が何倍も重要だ。敢えてデートの回数で告白のタイミングを示しているのは、具体的な回数の話を読者が望むからである。

とは言え、恋愛ハウツー記事としてこれを読んでいる人も多いので、3回目のデートが告白に最適な理由を詳しく説明しよう。

1回目のデート

1回目のデートは、基本的に「アリかな」と思う程度の人とでも相手はデートに出かけてくれる。ガードが硬い女性でも、1回目のデートくらいは理由次第でどうにかできるはずだ。男性ならなおさらである。

従って、1回目のデートで告白するのは「脈が全然分からない」という理由で告白のタイミングにならない。

連絡を取り合って1ヶ月以内なら、告白よりも2回目のデートにつなげるのが正解だ。仲良くなってから期間が経っていたとしても、1回目のデートはまだ告白のタイミングではない。「楽しく一緒に居られる」と、相手に思ってもらえるように頑張るべき時期で、いきなり告白されても相手が困ってしまう。

ただ、既に「好きな人と長く友達関係を続けた」という状態なら、雰囲気次第で1回目のデートで告白することを止めない。デートの回数よりも雰囲気を重視してタイミングを選んで良い。両想いだったけど踏み込まなかった関係もあるからだ。

しかし、そうではなく、まだ関係がLINE等の間接的なものが中心だったり、あまりロングで話が出来ていないのなら、告白のタイミングとしてはよろしくない。基本的に、初めてのデートがどれだけ盛り上がっても告白は止めておいた方が良いだろう。

2回目のデート

短い間隔で2回目のデートが成功したなら、それは「恋愛が上手くいっている状態」と言える。

1回目のデートには「何となくでかける」という人が多いが、2回同じ人とデートにいくにはそれなりの理由があると考えて良い。しかもそれが楽しいデートになったのなら、恋愛関係になっている可能性も高まる。もちろん、LINEやメールも続いていることは前提だ。

しかし、恋愛の雰囲気がない友達同士なら話は別で、仲の良い友人として2回目のデートに出掛ける人は少なくない。普段一緒にいることが多ければ、2回目のデートに「理由がない」場合もあるので注意をしよう。

デート中に恋バナを振ってみると、ここは具体的に意味が分かる場合もある。答えにくそうにしていたり、「好きな人はいない」と言うなら、脈ありの可能性が上がる。「変に捉えられたくない」と相手が考えれば、脈なしサインを送りたくなるからだ。脈なしなら、「今は彼氏・彼女が欲しくない」とか「いい人がいればなぁ…」など、あなたの好意をけん制するようなセリフが出る。

雰囲気次第で2回目のデートで告白するのも悪くはない判断だ。特に昼くらいから出かけて、夕食まで一緒に取るようなデートができたのなら、告白に向くタイミングを探ってみても良い。

しかし、それが怖かったり、もうすこし無難な告白のタイミングを探すなら、次のデートの話を2回目のデート中に切り出してみよう。その場で約束できなくても、前向きで楽しそうに次のデートの話ができれば、告白の良い準備になる。

また、デート中に好きな人の方から「今度はここに行きたい」などと漠然とでもそのような発言があった際は、素直に好きサインとなる。2回目のデートは、相手が自分をどう思っているのかを多少でも確かめておきたいデートだ。ここで脈ありと脈なしの大きな違いを感じる機会は多い。

「イケるかも」と思うなら3回目のデートも成立するはずなので、いよいよ成功しやすい告白のタイミングがきた感じ。友達っぽさを強調されなければ、3回デートする関係は何かしら意味があると考える。男女なのだし、全く意識しない人とは3回もデートはしない。

3回目のデート

3回もデートにいけるのなら、あなたはその人の気になる人くらいにはなれている可能性が高い。

一緒にいてもつまらない人とは、何度も二人で出かけないのが普通。何度もデートに付き合えば、その人が自分に期待することは分かりきったことなので、普通は気が無ければ断るはず。

一緒にいて、あなたの愛情にも気づき始めているのが3回目のデートだ。特に3回目のデートを越えても告白が無い男性はどんどん友達になっていく可能性が高くなるから、告白のタイミングがいよいよ来た感じ。ここが頑張りどころだろう。

女性から告白するべきかどうかは難しい問題だけど、あなたから雰囲気作りすることはできるので、少し踏み込んで付き合うきっかけを探したい。

告白は、確かに結果によっては最悪の事態に追い込まれるが、はっきりしない男性はそれだけでも男らしくなく、魅力に欠ける。優柔不断な男が女に好かれないことはあなたも良く知っているだろう。

女性に関しても、分かりやすい好きサインを送ることが男性の告白を後押しするので、しっかり両想いにアプローチしたい。積極的になれない女子は、下の記事を読んで友達止まりにならないように頑張ろう。

3回目のデートでも告白できない男子は、女子から「自分から告白しないければいけないのか…」と悩みを持たれてしまう。楽しいデートに出来たのなら、その夜に告白しよう。

正し、3回目のデートに失敗したなら、告白は仕切り直したデートの後が良い。

見た映画が全然面白くなかったとか、行った先が思いのほか混んでいて盛り上がらなかったとか。失敗デートと言っても、色々なことが想定される。

この場合は、告白を見送る方が無難。4回目のデートで告白するパターンがまさにこれで、3回目のデートで失敗した場合は仕切り直しの告白をする方が微妙なタイミングでの告白でも成功しやすい。何とか挽回を図ってみてもその日がどうにもならなければ、告白を見送ることも考えよう。

3回目のデートが一番良いのは、お互いを知るには十分の時間が確保されたことと、まだ過ごした時間が短いので新鮮さが良い形で現れることが多いことも理由にある。

雰囲気がよくないデートでも告白しようとするのは、少々強引。女性としても、「何で今日?」と思われかねないので注意しよう。

好きな人に告白できない人へ~後悔する前に考えたいこと
好きな人に告白できない人って、実はかなり多いことがデータ上で分かっている。 上の記事で紹介しているデータの中に、告白し...

告白のポイント(場所と状況)

告白のタイミングを計る時に大切なポイント。女性が二つのカップを持っている。

せっかく告白するなら、場所と雰囲気には拘ろう。その告白の「イメージ」を作るのは、デートが土台となり、その告白の場所や状況が影響する。

何よりもそれがきっかけで付き合うのだから、あなた達カップルの取って一番の思い出になるわけだ。できたら付き合った後のことも考えて、彼女・彼氏のためにも気を遣ってあげたいところ。

告白する際の、具体的なチェックポイントを挙げておく。

  • 静かな場所で小さな声でも聞こえるところ(相手の返事が小さくても聞こえるように)
  • 誰かが目の前を通りすぎないような場所
  • 告白前は空気を作ること
  • できればキレイなところ

以上のポイントはしっかり押さえておきたい。まだ微妙な関係のときほど、この部分は告白の成功と失敗を分けることがある。なお、下の記事では「成功する告白」について統計からアプローチしているので、これから好きな人に告白しようと思っている人は合わせて読んでみてほしい。

統計から分かる「告白が成功する条件」~タイミング・時期・場所・方法~告白経験者233名の分析結果から見えたこと
片思いが進んでいよいよ告白のタイミングを考える時、「告白が成功するか失敗するか」という期待と不安は、なかなか答えが出せない理由になる...

告白は雰囲気が重要!デートの終わり間際がベストな告白のタイミング

告白のタイミングは「二人が良い雰囲気になった時」がベストであるため、少しでも雰囲気を良くするために夜の告白がベストだ。

デートの終わり間際に告白しようとすると、当然夜に告白することになる。
それまでに楽しい時間を好きな人に提供して、思いっきり雰囲気を高めることが告白成功のコツ。

甘い雰囲気にできなければそれはそれで良いので、相手の表情、特に笑顔には注目しておく。楽しい時間だと感じていれば男性も女性も笑顔になるはずなので、最低限微笑みかけてくれる状態でないと告白のタイミングではない。

あなたがそのデートに自信があるかないかではなく、相手のデート中の表情に注目していれば勘違いすることが無いので、しっかり判断すること。好きな人となら一緒に居るだけで笑顔になるものだ。その雰囲気に注目する。

また、告白は断られてしまうことも想定して動くのが正解。気まずくならない告白の仕方を考えていると思うので、フォローできる時間を残しながら、振られた後に長時間一緒に居る状況を回避するタイミングが良い。昼間の内や、デートの途中で告白したくなっても、初心者は終わり間際までは我慢する方が良いかと思う。

気まずくなって、友達に戻れなくなるのはお互いの不幸になる。告白が成功した時のことと、失敗した時のことの両方を想定しておくと、安心してその告白自体も少しリラックスできるはず。

夜は人の判断力が鈍るので、余計なことを考えずに素直な反応が期待できる。付き合っていない時のデートは、お互いにまだ気を使うので、終わり間際はそれなりに疲れている。その状態なら、あなたからの告白に対する相手の反応も、デートの雰囲気が成功確率を高めてくれる。好きな人が迷っている状態で告白してしまったとしても、単純な気持ちの方を優先してくれる確率も高まるはずだ。

夜の方が人は感情が高ぶりやすいとされている。
夜にラブレターを書くと翌日に読み返した場合、顔が真っ赤になるという話は有名だ。

つまり、疲れた状態で夜に告白すると、あなたの告白の言葉はよりロマンティックになりやすい。上手く「好きだ」という感情を乗せる告白ができるはずだ。

男性より女性の方が言葉を大事にする。
できれば、短い告白の言葉に上手く感情を乗せよう。

最後の一押しが告白成功のコツになることも

私の経験では、好きな人に告白した際、こんなリアクションをされることが何度もあった。

  • 「え…、ちょっとどうしよ…」
  • 「そんな風に思ってくれてるなんて思ってなかったから…」
  • 「少し考えたいな…」
  • 「付き合っても上手く行かないんじゃないかな…」

上の告白の返事を読んで、「これじゃ、脈なしだな」と思ったあなたは要注意。上のセリフを聞いた上で、私はすべての告白を成功させてきた。

なぜなら、告白は最後の一押しが告白成功のコツになることがあるからだ。

相手の気持ちになって考えてみるとよくわかるのだけど、相手から突然「好きだから付き合ってほしい」と言われて驚かない人はいないし、色々考えたくなったり、これからに不安になってしまうもの。

特に男性から女性に告白する場合は、告白が一言ずつのやりとりにならない場合が多いと思う。彼女の不安や心配にちゃんと応えてあげて、「大丈夫」って伝えないといけない場面があなたにも来るかもしれない。

告白は成功する場合も失敗する場合も、どっちも微妙な空気が漂うところがあって、勝手に脈なしだと思って引くと本当は付き合える関係でも付き合えないことがある。告白すると決めたら、最後までしっかり押して答えをもらおうとすることが大切だ。

友達同士の関係や、社内恋愛だったり、同じグループ内恋愛だったり、「今後の関係が変わることに不安な心理」をきちんと理解して、告白の返事に対するリアクションは落ち着いて語り合おう。

真剣な気持ちを確かめたい心理で微妙なリアクションをしてしまうタイプもいるから、最後の最後ですごく重要な部分である。

まとめ

今回は、告白のタイミングをテーマに、「告白は何回目のデートが最適か」を考えた。

ポイントは、やはりデートの回数はあくまで目安であって、二人の状況をよく理解することだろう。

3回目のデートが良いとしてきたが、良い雰囲気になり易く、相手の気持ちもある程度見えながら、お互いのことを知っ上で告白をできることが理由である。

回数に拘るよりも、1%でも告白が成功する確率の高い時はどんな時かを考えると、あなたに取って、最適な告白のタイミングがわかる。あくまで彼女の反応や、自分に対する態度で告白のタイミングを計っていくことの方が大事である。

良い関係作りをして告白を成功させよう。

友達から徐々に発展した場合や、ゆっくりでも告白の成功確率を上げる告白は下の記事を読んでみよう。

曖昧な返事の対処法は下の記事でまとめているので、念のために予備知識を付けておくと安心だ。

1回目の告白がフラれた人向けに、2回目の告白について下の記事でまとめている。