花火デートのメリット・魅力~好きな人と花火大会に行こう!

花火大会に好きな人と出かける様子

夏のデートを言えばやっぱり「花火デート」が憧れだ。もし好きな人と仲良くなれたら、ぜひとも花火大会でデートをしてみてほしい。

これから紹介する「花火デートのメリットと魅力」を知れば、あなたの好きな人を花火に誘いたくなると思うので、良いイメージが固まったら具体的な行動に移してみよう。

既に花火デートに行くことが決まった人も、デートに出かける前にその魅力やメリットを確認してみてほしい。

やっぱり、夏と言えば様々なイベントを恋愛に生かしたい季節。
夏ならではの解放感を勢いにして、好きな人と花火デートに出かけよう。

スポンサーリンク

夜の野外デートはまた違った雰囲気が魅力

夜の野外デートができる花火デートは、昼間の雰囲気とはまた違った雰囲気がある。

付き合う前のデートでは食事デートがメインになる人でも、夜の街で花火を見ながら二人で過ごすことはいつもと違った雰囲気があって、新鮮に感じるだろう。なかなかデートらしいデートに誘うことができない人、又はデートに誘いにくい関係であった場合、花火デートは思っている以上にいつもと違った雰囲気が味わえるので、きっかけがあるなら是非誘ってみたい。

食事デートなどに比べて、デートらしいデートができるのが花火デートのメリットだ。

人混みで自然と手を繋げる

花火大会は人混みをかき分けて歩かないといけないことがあったり、はぐれそうになるくらいの人出がある場合が多い。

付き合う前に手を繋ぐことの是非は置いておくとして、必要性があれば手を自然につなげる選択肢がある点は魅力となるだろう。 いい感じの雰囲気があるなら、恋愛のステップアップに一役買うかもしれない。

実際、男女の歩幅は違うし、浴衣を着てきた女の子は歩きにくいこともあるので、手を繋ぐことが「やさしさ」になる場合も少なくない。状況によっては、わざとではなくても置いていきそうになることもあるので、あくまで関係性を前提とするが、いやらしい意味ではなくやさしさとして手を繋ぐのはすべてが悪い意味にはならないだろう。

花火デートでは、状況に応じて手を繋いでみるのも一考の価値あり。「いいな」と相手が思ってくれている場合は、はぐれないように手を繋ぐことが「やさしさ」と感じる。

浴衣姿が見れる

花火と言えば「浴衣」。花火デートで浴衣を着る女の子だったら男性としてはいつもと違った姿を見られるチャンスだ。

髪もアップにしていたり、浴衣に似合う髪型を選ぶので、普段とのギャップはさらに大きくなって、これも新鮮。夏っぽさをより意識する瞬間が恋を加速させることもある。

人によっては照れて浴衣を着ない女の子もいるから花火デートを約束したなら「浴衣持ってる?」など、ちょっとだけ浴衣着て来てアピールをしておいてもいいかもしれない。

そのために用意させるようになると少し面倒に感じる人がいるかもしれないけど、一言くらい触れておくといいだろう。

せっかくならより花火デートを盛り上げたい。そのために浴衣は一つのポイントになる。

花火自体の価値

考えてみると、花火がキライという人にこれまであまり出会わなかったように思う。付き合っている人がいるなら、ひと夏で花火大会に全くいかないカップルというのは少ないんじゃないだろうか。

「デート」を考えたとき、「どこに何をしにいくか」というのは結構重要だ。付き合って長くなるとどんどんこのポイントへの依存度が減っていくけど、付き合う前、特にこれから距離を縮めていく関係においてはより重要度を増す。

その点で誰でも「ウキウキワクワク」できるような花火などのイベントはデートそのものが成功しやすい。花火自体が楽しいイベントだからである。

デートに誘う時は「どこに何をしにいくか」考えると、結構誘いにくさを感じる。だからこそ「流れ」を生かすべきだし、相手の趣味嗜好を知っておくと良いのだが、無条件的に誰でも好きそうな「花火」は打ってつけだろう。

花火デートの大きなメリットの一つだ。

花火中・花火前後でテンションのアップダウンがあって雰囲気を変える

花火大会は大きな音もあって、色とりどりの花火が舞って、一つの立派なイベントだ。

テンションのアップダウンというと悪い意味でも使われるけれど、恋仲にある二人にとっては「はしゃぐような雰囲気」も「しんみりしたような雰囲気」も色々なテンションでコミュニケーションを取れると関係を深めるところがある。

誰かと誰かが一緒にいる時というのは、その二人に合った雰囲気が作られるものだけど、様々な顔を知ると一緒にいる時の安心感が増してくる。より長い時間を共に過ごすことをイメージしやすい面もあるだろう。

花火デートは、盛り上がるポイントがはっきりしているし、「祭りの後」のような雰囲気は少しシリアスな話をしてみてもいいから色々な話ができる。テンションがいくつかのポイントで変わる点は、より良いコミュニケーションを促してくれると思う。

花火デートの魅力・メリットと言えるだろう。

カップルが多いから自分たちの関係を意識する

花火大会はカップルの定番デートである。好きな人と一緒に花火に行けば、周りのカップルを見て自分たちの関係について少しは考えてくれるのが恋愛する上でメリットになる。

好きな人と花火大会に行くにはある程度仲良くなった後だと思うが、そんな時ほど「友達に見られるリスク」が高まる。こんな時はどこかにアクセントを置きたいので、「カップルが集まっているイベント」は時に良い刺激となるだろう。

より積極的に行ける人は、
「デートみたいだよね」
みたいに、好きな人へ積極的に意識付けしてみてもいい。友達関係がおちついた時はどこかで攻めないと恋愛対象から外れる一方なので、花火デートを活かすことも考えよう。

そこまでできない人でも、周りにあふれるカップルの存在があなたたちカップルをよりカップルっぽくしてくれる。いずれにしても恋愛に効果があると思われる魅力も含まれるのが「花火デート」だから、ぜひ楽しんできてほしい。

 

花火のドン!って音と、つり橋効果

恋愛では「つり橋効果」が有名だけど、花火デートの「音」がそれに準ずる効果を期待できる点で、恋愛的な魅力がある。

花火は近くで見ると本当に音がデカい。ドン!と上がる花火の音が直接心臓をドキドキさせるから、実際に相手へのドキドキと勘違いすることがあるくらい。これは当然ながら、相手も同じことを思うことに繋がる。

まだ付き合うまえの二人なら、こういった体験で相手をより意識することがあるから、他の方法でつり橋効果を狙うより、自然で効果的だと言えよう。

もし好きな人と花火大会に出かけるなら、ぜひ花火が上がる場所の近くでデートするようにしてみよう。意外に侮れない花火デートのメリットを感じるはずだ。

まとめ

今回は花火デートのメリット・魅力を5つのポイントで紹介した。

特に冒頭挙げている「野外デートができる」点は、なかなか機会を得られないという人もいると思うので、楽しいデートになると思うし関係にインパクトを与えることもあると思う。

夏はやっぱりイベントを生かしたい季節だ。

中でも花火デートはきっかけも得やすいと思うので、好きな人を誘ってみよう。

花火デートの誘い方に悩む時のためにまた記事を用意したい。

花火デートの誘い方は下の記事を参考にしてみよう。

花火大会の誘い方~好きな人(女性)を花火デートに誘いたいなら
夏と言えばイベントがたくさんあって、「仲良くなった気になる女の子をデートに誘いたい」って男性は、花火デートも考えるだろう。 漠然と「遊ぼう」って誘...

関連記事:

デートの場所
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました