いきなり告白されると相手はどう思う?成功の確率や振られる理由を解説

  ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

いきなり告白すると相手はどう思うのか、指輪を見ながら考える男性の画像。

「好きな人にいきなり告白するとどう思われるだろう?」
「デートなしで急に告白ってアリなんだろうか?」

恋愛には進め方や順序があると分かっていても、一目惚れだったり、接点がない人を好きになると、デートなしの状態で「いきなり告白すること」を考えることがある。

今まさに、突然の告白を検討している人や、仲良くない人・話したことない人への告白の成功率が知りたいと思っている人もいるだろう。

この恋愛サイト “恋愛のすべて” では、一か八かの告白をするのではなく、「好きな人と関係作りをしよう」と常々伝えており、距離を縮める方法についても多く発信しているが、それは急に告白することが告白の失敗確率を高めるからだ。

突然の告白は明確に否定の立場を取っているのだけど、そこには当然、理由がある。

そこで今回は、私自身の体験談も取り上げながら、「いきなり告白されると相手はどう思う?」という質問に答えを示したい。

いきなり告白した時の成功確率や、急に告白された相手の心理、仲良くない人への突然の告白が振られやすい理由などに触れながら「いきなりの告白」について徹底解説する。

急に告白する、急に告白されるという状況は高校生や大学生に多いので、「いきなり告白するとはどんな告白なのか」を整理した後は年代別の解説からはじめる。

最後は、急に告白することがないように「接点のない好きな人と仲良くなる方法」についても触れるので参考にしてみてほしい。

  1. いきなり告白するとはどんな告白か:急な告白、突然の告白の定義や条件
    1. どんな時に急に告白するの?最も多いのは「LINEで急に告白する」「酔った勢いでいきなり告白する」パターン
  2. 高校生でいきなり告白すると相手はどう思う?
    1. なぜ10代後半の高校生の頃はデートなしで急に告白しても付き合える確率が低くないのか(急に告白された高校生の心理)
    2. 高校生の時だけはいきなり告白するのもアリ:仲が良くなったのならデートしないで突然告白する人もいる
    3. 10代の恋愛は告白できる人が成功している!高校生の場合は「告白されて好きになる確率」も高い
  3. 大学生でいきなり告白するとどう思われるのか:デートなしで告白する大学生の成功率
    1. 大学生以降は「告白されて好きになる確率」に期待した告白するべきじゃない
    2. なぜ大学生でいきなり告白すると振られる確率が高いのか
  4. 社会人でいきなり告白はナシ!職場や会社で仲良くないのに急に告白されたら8割が引く
    1. 社会人の恋愛は、突然の告白にOKしてくれる可能性が著しく低い
    2. 社会人になると、急に告白する人は「何でいきなり告白するの?」と人間性を否定されるから付き合えない
  5. いきなり告白すると振られる理由:女から急に告白する、男から急に告白する場合、相手はなぜ振るのか
    1. いきなり告白すると「自分の何を知っているのか」と思われてしまうから振られる
    2. デートなしで急に告白されたら付き合っている姿が想像できない(交際後がイメージできないと突然告白されても振るしかない)
    3. 急な告白は「なぜいきなり告白することにしたのか」が分からないから振られる確率が高い:女性心理ではいきなり告白されると怖いと思うことも…
  6. 急な告白が迷惑になる理由
    1. いきなり告白された時は、相手が「アプローチしてほしかった」と思うこともある
  7. デートなしで告白するデメリット
    1. デートなしで告白すると付き合ってからどんなデートをするか分からないから振られる
    2. デートなしで告白すると、社会人の場合は「私服を見たことない状態」で付き合うか判断するしかないから振られる
    3. デートなしで告白すると、わかりやすいストレートな好意のアピールがないから「付き合うか付き合わないか考えたことがない」から咄嗟の判断で振られる
    4. デートなしで告白すると好きになるきっかけがないから振られる
  8. 好きな人にいきなり告白するのはちょっと待とう!突然告白するならアプローチに努力するべき理由
  9. 急に告白してしまった、突然の告白でびっくりさせたということを起こさない恋愛の仕方とは?
    1. 急に告白しないためには「告白の準備」という意識を持つ
  10. 一目ぼれした人や知り合いを好きになった人がいきなり告白しないために!どうやって接点のない好きな人と仲良くなるのか
    1. 友達や知り合いに紹介してもらう
    2. グループで遊ぶ
    3. 挨拶友達から本当の友達に発展させる
    4. 接点のない人にはいきなり告白しないで連絡先を交換する
  11. まとめ

いきなり告白するとはどんな告白か:急な告白、突然の告白の定義や条件

いきなり告白する、急に告白すると言う言葉の意味を知ってショックを受けている女性

いきなり告白するとは、以下の3つの条件に当てはまる告白のことを言う(重複することも多い)。

  • 関係性が弱いパターン=話したことないのに告白する、仲良くないのに告白する、デートしたことがないのに告白する
  • アプローチ不足のパターン=好意を伝えてないのに告白する、相手が自分のことを好きだと全く分かってない状態で告白する
  • 時間、期間が短いパターン=知り合ってすぐ告白する、仲良くなってすぐ告白する

告白された相手が「いきなり告白された」と思う時は、付き合うかどうかまで関係性が進んでない場合か、まさか好きだと思ってなかったというアプローチ不足の場合か、こんなに早く告白されると思ってなかったという知り合ってからの期間(仲良くなってからの期間)が短い場合か、のいずれかに該当しているのが一般的だ。

好きな人と友達になった時は、片思いの期間がそれなりにあるから告白する方の立場では急な告白だと思わない人がいるけど、アプローチしてなかったのなら相手が「急に好きだと言われた」と思うパターンになるため、時間的な概念だけを考えていると「急な告白じゃないと思っていたのに告白したらびっくりされた」ということが起きる。

友達の雰囲気で一緒にいたのに恋愛感情があったと言われたら突然の告白だと思うのが相手の感覚だ。

「急な告白」について勘違いするとしたらこのポイントなので、自分の告白がいきなりの告白になるのか迷ったら「ちょっとでも好意が伝わってるか」という点を考えるべきだ。

どんな時に急に告白するの?最も多いのは「LINEで急に告白する」「酔った勢いでいきなり告白する」パターン

急に告白するタイミングとしては、「LINEで急に告白してしまった」というパターンが多く、次に「お酒に酔って急に告白した」というパターンが多い。

もちろん恋愛の形は様々だから挙げていくと切りがないのだけど、急に告白する時は告白しやすいシチュエーションであることが条件になるため、一方的に気持ちが伝えられるLINEが選ばれる傾向があり、勇気が出しやすい(勢いで告白しやすい)酔った時もあるあるになっている。

言葉の定義を終えたところで、次からは高校生・大学生・社会人と年代別に「急に告白されたら相手はどう思うのか」告白の成功率を中心にしながら解説する。

高校生でいきなり告白すると相手はどう思う?

私の場合、高校生の時は半年から1年に1回くらいのペースで「いきなり告白される」という経験をしていて、その中には付き合うことになった女子もいた。

他の高校生カップルを参考にしても、実は高校生の時だけは突然の告白から付き合うカップルが決して珍しくない。

10代半ばから後半に入る「高校生」の時は、急な告白でも成功する可能性がある唯一の時期だ。

なぜ10代後半の高校生の頃はデートなしで急に告白しても付き合える確率が低くないのか(急に告白された高校生の心理)

そもそも高校生の時の恋愛は、それ以降の恋愛に比べて、外見や雰囲気がメインの「フィーリングカップル」の要素が強い

高校生の頃は、好きな人と仲良くなって距離を縮めて、デートを繰り返して付き合うみたいな “王道の恋愛” がまだ少ないため、あまり話したことがない人が急に告白してきたり、仲良くないのに突然告白することが少なからずある。

しかも、高校生の時は付き合うことを決める際も「いいなと思ったから」とか「ちょっと可愛かったから」というふわっとした理由で付き合うことを決めることがあって、急な告白でもOKがもらえる可能性がある。

急に告白された高校生の心理は、「付き合ってもいいと思ったら振りたくない心理が強い」のが特徴で、デートしてないことへの不安や、あまり話したことないことへの不安はもちろん大きいのだけど、それよりも「(付き合ってもいいと思う相手なら)付き合ってみたい」という好奇心に近い気持ちが優先される傾向がある。

要は、急に告白された女子高校生や男子高校生は、「告白のタイミング」や「2人の関係性」よりも、ストレートに相手を彼氏候補・彼女候補として判断するということだ。大学生以降については後述するが、高校生だけはいきなり告白された時に「付き合ってもいいかな」と思いやすい。

実際、高校生カップルは、付き合ってから初デートするカップルや仲良くなるパターンも多くて、付き合う前の恋愛がまだ拙い面がある。そのため、突然の告白から付き合い始めるパターンがそこまでレアなことではない。

10代カップルの付き合い方~高校生カップルや大学生カップルの付き合い方、デートの内容や連絡の頻度など徹底解説
10代カップルの付き合い方は、お互いに付き合うことに慣れていないカップルが多いから、二人で付き合い方を模索する感じになる。 高校生や大学生は「付き合ったらすること」や「付き合ったら決めること」「付き合うって何するの?」という部分がはっ

恋愛は、高校生から大学生にかけて大人の世界に突入していくので、愛より恋に比重が置かれる10代の頃は、いきなり告白された時に嬉しいと思う人がたくさんいる。特に容姿が良い人やスタイルが良い人は、現実的な確率で急な告白からOKがもらえることがある人だ。

早すぎる告白だった(いい感じになってすぐ告白した)場合は高校生だと前向きに検討してもらえるから、色々考えて告白できないくらいなら早すぎるくらいの方が良いこともある。

大人の恋愛と子供の恋愛の違いとは~特徴や考え方はどこが違っているのか
実際に多くの恋愛経験を重ねると、恋愛には「大人の恋愛」と「子供の恋愛」があると気付く。 これは、「どちらがより良いものなのか」という視点での話ではなく、恋愛の形が変わっていくイメージに近い。 今、あなたのしている恋愛は「大人の恋愛」

高校生の時だけはいきなり告白するのもアリ:仲が良くなったのならデートしないで突然告白する人もいる

高校生の場合は、急な告白になった時も付き合うか付き合わないかストレートに判断してくれるから、高校生の時に限っては、いきなり告白するのもアリというのが恋愛的には答えになる。

実際私の周りでも読者からの相談でも、突然の告白に至った人が複数人いたから、一般的な恋愛の一つの形であるとの認識も持っているところだ。もちろん、いきなりの告白に成功した人、もしくはOKした人が何人も出ているし、かっこいい男子・可愛い女子など「容姿に自信があるタイプ」なら、いきなり告白した場合の成功率が悪いというわけじゃない。

10代半ばから後半の「高校生」の時期は、「付き合うまでみんなで遊ぶだけだった」とか、「デートいうデートはしてない、一緒に帰ったり学校でよく話すくらいだった」ということがある。

イケメン男子や美人な女子なら、高校生の時期は急に告白しても成功の確率が高いため、顔だけじゃなく雰囲気が良い人やオシャレな人なども、いきなりの告白から現実的に付き合える可能性がある人だ。

10代の恋愛は告白できる人が成功している!高校生の場合は「告白されて好きになる確率」も高い

当然ながら、10代の恋愛もできれば恋愛を進める順序を踏むのが理想だ。

でも、気持ちを伝えられない人に比べて、いきなりでも告白できる人の方が恋愛に成功している面は否定できない。

いきなり告白すると相手が驚くのは間違いないのだが、高校生は心理的に「彼氏がほしい・彼女がほしい」と恋愛に興味を持っている人の割合が高いため、アリな相手からの告白ならOKする人が多くいる。

高校生の時は、恋愛や付き合うことをあまり重く考えない時期であることも「急な告白が成功する理由」になっているだろう。

しかも、高校生の場合は「告白されて好きになる確率」も高いから、たとえ突然の告白が振られる結果になったとしても、その後にアプローチできる人は後から幸せを掴むパターンがある。

フィーリング的な恋愛があなたの周りでも多くなっているなら、「いきなり告白する」ということを選択肢にしても良いのが、16歳17歳18歳の高校生の時期だ。

学校内カップルを参考にするとより良い判断ができるから、もし具体的に検討する人は周りの恋愛事情を探ってから実際の行動に移すと良い。

好きな人に告白できない人が後悔する前に考えたいこと~どうしたら告白できるようになるのか
好きな人に告白できない人は、男性・女性問わず実はかなり多いことがデータ上ではっきり分かっている。 それにもかかわらず、告白できない男性や女性は、彼女ができない・彼氏ができない傾向が強く、恋愛が上手くいってない状況が顕著に見受けられる。

あなたの年齢や環境によって、告白の仕方や付き合うまでの恋の仕方が違っているから、高校生くらいまではいきなり告白しても付き合える可能性は十分にあるだろう。

しかし、これが大学生の恋愛になると一気に恋愛事情が変わる。

大学生でいきなり告白するとどう思われるのか:デートなしで告白する大学生の成功率

いきなり告白する男性について語る女子大学生

私の体験談を例に取ると、大学生を過ぎてからは、いきなりの告白をする人をすべて振ってきた経緯がある。中には友達に「何であの子振ったの?」と詰め寄られるようなかわいい女子からの告白もあって、相手の外見が気に入らなかったというのが理由ではない。

詳しい理由は後述するが、大学生以降はいきなりの告白だと気軽に付き合えない人の方が圧倒的に多いことはぜひ知っておいてほしい

好きになりきっていなくても付き合う人はいるが、それはあくまでも関係がある程度できていることが条件となる。

フィーリングだけで「付き合ってもいいかな?」と思うだけじゃ足りず、もう少し具体的な “付き合う理由” がないと、大学生以降は急な告白が振られる確率が非常に高い。

大学生以降は、一緒にいて楽しいから付き合うのがアリとなったり、付き合うまでの流れを重視する傾向が一気に強まるため、いきなり告白するのは完全に悪手だ。

大学生以降は「告白されて好きになる確率」に期待した告白するべきじゃない

デートなしで告白する大学生の成功率は、2000件以上の恋愛相談に関わってきた私の統計上、10%以下になっている。

いきなり告白することを考えるような相手というのは、多くの場合でイケメンや可愛い女子だったりすると思うし、雰囲気が良かったり、仲良くなる前から相手に魅力を感じるから告白したいほど好きになるわけだが、そんな人は大学生ともなると何度も告白される経験をしている人がほとんどだ。

もし、いきなり告白する相手が告白されることに慣れているなら、いきなり告白することで「付き合ってみてもいいかも」と心を動かすのは難しい相手となる。

  • 告白されることに慣れてない人=急に告白されたことで意識する、好きになる可能性がある
  • 告白されることに慣れている人=急に告白されたことでそこまで特別に意識しない、好きにならない可能性が高い

告白に慣れている人は、告白されて舞い上がるタイプじゃないから、告白がきっかけで好きになることはあまりない。

事実、恋愛の世界では、告白されて好きになる確率や振った相手を好きになる確率が存在するのだけど、相手が告白慣れしてると特別感が少ないために、告白後に好きになる確率が低い。

いきなり告白しても振られるだけなら、告白するよりアプローチに頑張るべきである。

片思いの時に頑張ったからこそ、両想いになって付き合う時に仲良く付き合える面もあるから、大学生以降はきちんと関係作りをする片思いの仕方をおすすめしたい。

急な告白からOKしてもらえたとしても、デートなしだったら気まずい交際になる可能性が高まる。

なぜ大学生でいきなり告白すると振られる確率が高いのか

19歳20歳21歳22歳の大学生の時期、いきなり告白した場合に付き合える可能性が低いのは、以下の5つが大きな理由だ。

まとめなおしておくので、ポイントをきちんと理解しておこう。

  • 付き合った後のことを考えるようになるから
  • 付き合うことに現実的な考え方をするから
  • 告白されたことに舞い上がらないから
  • 告白する相手が恋愛の失敗も経験しているから
  • 外見だけじゃなく中身(性格)や相性を重視するから

大学生になっても距離を縮めるようなアプローチができない人と付き合う人は稀だ。高校生の時の恋愛の失敗から学びもあるし、精神年齢が上がることで恋愛にも多少の慎重さが出る。

あなたが大学生なら、きちんと好きな人と仲良くなるステップを踏んでいこう。

好きな人と仲良くなりたい人へ「好きな人と仲良くなる方法」徹底解説!好きな人と友達になる方法、仲良くなるきっかけ
気になる人や好きな人ができたら「仲良くなりたい」と思うものだけど、あなたは「好きな人と仲良くなる方法」が具体化できているだろうか? 私は、膨大な数の恋愛相談を通して、恋愛が苦手な人の恋愛の仕方に触れてきたが、そこで大きな問題だと感じた

社会人でいきなり告白はナシ!職場や会社で仲良くないのに急に告白されたら8割が引く

今述べたように、大学生の時期から先はいきなり告白した時の成功確率がガクっと下がるので、社会人の恋愛までなると、いきなり告白することに正直まったく賛成できない。明確に私は反対の立場だ。

特に職場や会社関係者へのいきなりの告白は百害あって一利なしである。この部分はある意味で “常識” に当たるため、気まずくなるだけの告白をされたら痛い人だと思う人も出てくる。

急な告白によって人間関係が悪くなったり、変な噂話が広まる可能性もあるので、このサイトの読者には慎重に考えてほしい。

社会人の恋愛は、突然の告白にOKしてくれる可能性が著しく低い

恋愛の仕方も学生と社会人で違ってくるし、社会人の恋愛は甘酸っぱい体験と言うよりも、もっと現実的に恋愛や交際を捉えている。

社会人になると仕事が忙しいこともあって適当に付き合う人が一気に減るので、止むを得ない事情がない限りきちんとアプローチする中で関係を深めて、しっかり告白のタイミングを計った告白の仕方をしよう。

統計から分かる「告白の成功率が高い条件」タイミング・時期・場所・方法~告白経験者233名の分析結果
好きな人に告白するかどうか迷う時、最も気になるのが「自分の告白の成功率」であり、次に気になるのが「成功率が高い告白の仕方」だ。 片思いが進んでいよいよ告白のタイミングを考える時、「告白が成功するか失敗するか」という期待と不安は、なかな

たとえ相手が断りにくいと思って付き合えたとしても、デートなしで付き合う社会人カップルは学生の頃のようには上手く行かない。

特に恋愛経験が少ない人は、いきなり告白して付き合うと「付き合い始めの壁」を乗り越えられないで別れる可能性が非常に高いから、気を付けてほしい。

今の世の中では多くの人が恋愛未経験で社会人になっているが(参考:調査で発覚 付き合ったことがない20代男性は3割以上!)、人間関係の作り方はその人の人となりが出る部分である。

日常的に関わり合う「カップルの関係」になろうとするのに、その前段階がないなら、あなたの常識感覚が疑われることで「人間性の否定」も出てくる

これは、20代から30代と年齢を重ねる度にその可能性が上がっていく。社会人の場合は完全に突然の告白が悪影響を及ぼすということだ。

社会人になると、急に告白する人は「何でいきなり告白するの?」と人間性を否定されるから付き合えない

転勤や転職、配置換えなどの事情がきっかけで「今後の関係作りが難しい」という理由でいきなり告白するのを検討するなら、発想を変えて「社外でどう仲良くなるか」を真剣に考える方が恋愛成就の可能性を高められる

「社会人の男性や女性がいきなり告白されたらどう思うか?」と言えば、「何でいきなり告白?」って戸惑いが大きく、「普通、仲良くないのに急に告白してくる?」と人間性を否定されるというのがセオリーだ。

同じ会社の人だったりすれば気まずさが仕事の邪魔になるかもしれないし、正直に言って急な告白は迷惑になることも珍しくない。

もし相手が恋愛対象に見てくれていたなら、好きな人は関係を作ろうとしてほしかったと思うはず。

では、なぜいきなり告白されると振られてしまう可能性が高いのか、その理由について経験を踏まえてもう少し解説していこう。

いきなり告白すると振られる理由:女から急に告白する、男から急に告白する場合、相手はなぜ振るのか

急に告白してきた男性を振る女性

たとえいきなりの告白だったとしても、告白がOKされると二人は付き合うことになる。それを相手の立場で考えると、いきなり告白された場合は友達期間も短くなりがちで、知り合い程度の関係から親密に付き合うカップルとなる。ここに、大きな無理があるからいきなり告白すると振られる確率が高い。

突然の告白では、お互いに性格や価値観や相性が分からないし、恋愛的に難しいスタートだ。

告白の返事に「お友達からお願いします」という言葉があるけれど、文字通り告白を機にお友達から関係を作る恋愛は、社会人になった以降非常に稀である。社会人カップルの大半は、付き合うに至る流れがある。

社会人は、付き合った場合に上手く行く相手なのか、そもそも惹かれる内面を持った人なのか、一緒に居て楽しいのか、と言った様々なことを考えて付き合う相手を決めているから、急な告白は「検討材料が少なすぎる」という大きな問題点がある。

「付き合うことが想像できない」
こんな返事が、いきなり告白した場合によくある反応である。

これは「女から急に告白する場合」と「男から急に告白する場合」の両方で普通に起こる。

それも含めて、いきなり告白されるとOKがもらいにくい理由を解説する。

いきなり告白すると「自分の何を知っているのか」と思われてしまうから振られる

いきなり告白されると、「俺(私)の何を知っているの?」という感覚になる。なぜ好きになったのか分からないのだ。どんな告白も驚くものだが、仲良くなる前に告白されると戸惑いを隠すことができない。

そういった感覚は、次に「外見だけで好きになったの?」という感覚に変わる。アプローチがないから本気かどうかも伝わらないため、「そもそも本当に好きなの?」という心理になる人が多くいる。

イケメンや美女は、外見だけを見て好きになられることにアレルギーを持っている人が少なくないし、恋愛の本質からも遠ざかるため、急な告白になった時は気持ちの軽さを疑わせる点には注意が必要である。

自分のことをよく知らない人から告白されて付き合うという判断をする人は、付き合うということを軽く考えているタイプに多い。だから、30代より20代、20代より10代の方がOKする可能性が高い。

逆に考えてみると、付き合うことが重いことだと思う人は、いきなりの告白に対してOKする選択肢がない場合も多いと言える。人によっては、告白がいきなりならどんな相手でも断ることを決めている人もいるけど、そんな人は自分が誰かの恋人になることに大きな意味を感じている人だ。

いきなり告白すると振られる可能性が高いのは、相手が自分を知らないと考えるからである。

少なくても真面目な恋愛観を持ってる人は急に告白されたら不信感を持つ。

デートなしで急に告白されたら付き合っている姿が想像できない(交際後がイメージできないと突然告白されても振るしかない)

世の中には「お試しで付き合う(参考:お試しで付き合うとは~言う心理や付き合う理由とお試し期間)」という言葉もあるが、付き合えば別れがあるのが恋愛で、多くの人は簡単に付き合うことを決めない。

いきなり告白することのデメリットは、お互いがよく知り合えない点が一番大きい。たとえ一瞬「ちょっといいな」と思ったとしても、相手を知らないことが「付き合う」という特別な状態になる決断へ待ったをかける。

何人かと付き合って、好きな人と関係作りができるようになると、「デートに行ったらなんか違った」という経験をすることがある。その時の気持ちは何とも表現に迷うのだけど、二人で長時間一緒にいるとそれまで見えてなかったものが見えることがあって、そこに違和感を覚えると付き合うまで恋愛が発展しない。

いきなりの告白ではなく、デートを何度か繰り返してから告白するなら、その告白にどんな答えを出すか相手が考える際に具体的な材料がある状態になる。好きになる前だったとしても、「ちょっといいな」で付き合うことを決めるのは「一緒にいて楽しかったから」だ。

もちろん、恋愛的なドキドキやキュンとするタイミングが何度かあった時が好きになってなくても付き合う時だろうし、交際後に期待感が持てるから好きと言えなくても付き合うことを決める。

アプローチしていれば「まだ好きじゃないけど付き合う」という判断があり得るが、アプローチしてなかったら、最初から奇跡的に好き同士ではない限り「振るしかない」というのが相手の本音なのだ。

いきなりの告白が振られる理由は、楽しく付き合っている姿が全然想像できないから。前向きに上手く行くかもしれないと思えないし、一緒に居る時の空気や雰囲気も分からないから、どうしても「ごめんなさい」と返事するしかない。

※デートなしで告白するデメリットについてはもう少し詳しく後述する。

急な告白は「なぜいきなり告白することにしたのか」が分からないから振られる確率が高い:女性心理ではいきなり告白されると怖いと思うことも…

逆の立場で「急に告白された人の気持ち」を考えてみると、いきなり告白する人に対して「何でいきなり告白するの?」と思わないだろうか?

LINEやメールを交換すれば直接会わなくてもコミュニケーションが取れるのだから、「いきなり告白する」のではなく、知り合いならせめて友達になろうとしてほしいと思ってしまう。それが突然告白された人の心理だ。

特に恋愛は、純愛的な意味で誰かを本気で好きになったら「もっと話したい」とか「もっと知りたい」と思うと想像されるので、いきなり付き合いたいと思う発想が好まれないところもある。

そもそも人と仲良くなる時は多くの人が「心地良い距離感」を意識するから、「いきなり告白する」という感覚が理解できず、「なんか変」って感覚が親しくすることすら躊躇わせる

特に男から急に告白した場合、好きな女性は距離感が間違ってると思う人が大半だ。女性心理を前提にすると、いきなりの告白は「ちょっと怖い…」って思うことも多くなっている。女性は男性より交際相手を軽く考えないから、不器用なら不器用なりのアプローチをする方が良い返事をもらえる確率が高い。

【女の恋愛感情】女性はゆっくり好きになる?男性と違う「女心」は、気になる人からだんだん好きになる
あなたは、男性の恋の仕方と女性の恋の仕方に違いがあることを意識して、異性の気持ちに寄り添った恋愛ができているだろうか。 男性から見ると「女心」は複雑だけど、男性と女性は「好きになるタイミング」から「好きになるスピード(好きになるまでの

恋愛の仕方や価値観に関わるところで違和感を持たれると、恋愛成就の可能性はそれだけで低くなる。

告白されるなら、告白されるまでのエピソードがないとその行動自体が不自然に思えるので、距離感を失っている行動だと思えば一人よがりな印象を持ち、やはり断るしかない状況になる。

急な告白が迷惑になる理由

急な告白が迷惑になる理由は、告白後の関係が気まずいからだ。

振った相手は告白された後に色々気を遣って接することになるので、急に告白されたら「その後」のことを心配して、煩わしいと思ってしまう人が本当に多い。

急な告白にしても突然の告白にしても、振ってしまった人は「何もなかったように振る舞えない」ため、全く脈の確認もされないまま告白されることを迷惑に感じるのである。

【経験から学んだ】振った相手への接し方!告白されて振ったのに連絡するのは相手を傷つける態度?
振ったあとは気まずい雰囲気になることも多く、告白を断ったらしばらくは振った相手への接し方がすごく微妙な問題になる。 振った後の対応を間違えると余計に傷つける態度になるのは誰もが想像するところだけど、「振った人にどんな接し方をするのが正

ただし、いきなり告白されると迷惑になる理由は、振ることが前提の理由だけじゃない。「ちゃんと恋愛を進めてくれていたら付き合えたかもしれない」と思う時もそうだ。

「なんでいきなり告白することにしたの?告白する前に仲良くなれたらOKしたかもしれないのに、急に告白されたら振るしかないじゃん…」と思えば、相手の告白の決断にストレスを覚えることもある。

(大学生以降は)まさに “百害あって一利なし” になってしまう可能性がある行動が、いきなりの告白だ。

いきなり告白された時は、相手が「アプローチしてほしかった」と思うこともある

いきなり告白されたことがある人は、口をそろえて「好きだったらアプローチしてほしかった」と言う

仲良くなる前に告白されたことが残念に思う時は、突然の告白を選んだ相手の「恋愛の進め方」にがっかりするし、アプローチすることなく2人の関係を “振った振られた関係” にすることに「むかつく」こともある。

もちろんすべての人に対して「急に告白する前にアプローチしてくれてたら…」と思うわけじゃないのだけど、外見や雰囲気がアリだと思っていた場合、恋愛対象であっても「突然の告白だから振る」という行動に出る人が多いため、「もし告白しないで頑張ってくれていたら付き合う未来があったかもしれない」と考えることがある。

デートしてから告白されたら付き合う可能性があった、仲良くなってから告白されたらOKする可能性があったと思う告白が突然になるから、迷惑だと思うのだ。

何の情報もない状況で振ることになると、相手は相手で色々と考えてしまうし、いきなり告白された時の断り方は難しいから、いずれにしてもいきなりの告白は好きな人に迷惑になる可能性が高い。

やはり、総合的に判断するなら「せっかくだったらご飯くらい行ったあとで告白する」のが正しい考え方だ。

デートなしで告白するデメリット

デートなしで告白すると、相手から「急な告白だ」と思われることが多いのだが、デートなしで告白する恋愛的なデメリットはここで取り上げる4つだ。おさらいの意味も含めて確認しておいてほしい。

デートなしで告白すると付き合ってからどんなデートをするか分からないから振られる

デートなしで告白すると、「付き合ってからどんなデートをするのか」が分からないので、告白をOKするのにギャンブル的な要素が入り込むことになる。

イケメンや美女は多くの人にとって付き合いたい対象だけど、そんな人も含めて「付き合ってから気まずいデートをするかもしれない」と思ったら、恋愛に消極的な価値観を持っている人ほど振る選択肢を選びがちだ。

1回でもデートをしていたら付き合った後も具体的に想像できるし、カップルとしてデートしている姿も明確になるからOKする人も出てくるけど、1回もデートしてないなら何もわからない。急な告白の中でも「デートなしの告白」は失敗しやすい。

デートなしで告白すると、社会人の場合は「私服を見たことない状態」で付き合うか判断するしかないから振られる

特に社会人の場合、デートナシで告白すると「私服を見たことない」「私服で会ったことがない」という状態で付き合うかどうか判断することになり、デートしたことがある関係と比較すると、大きな不安材料を残すことになる。

特に恋愛経験が多い人に急な告白をする場合は、相手が「私服で会ったら違うと思った」という経験をしている可能性が高いため、対策をしておく方がOKがもらえる確率が高い。

デートなしの告白は、あらゆる点で「相手のことが分からない」ことにデメリットがあり、「ファッションセンス」が気になる人はそこがチェックできてない状態で付き合い始めることに大きな抵抗感を持つことがある。

デートなしで告白すると、わかりやすいストレートな好意のアピールがないから「付き合うか付き合わないか考えたことがない」から咄嗟の判断で振られる

デートなしで告白する場合は、その多くが「デートの誘いをしてない」のが特徴だが、そんな弱いアプローチで告白した場合は相手が「付き合うか付き合わないか考えたことがない」という状況で告白の返事を考えないといけないから、咄嗟の判断で振ってしまう人が本当に多い。

デートに誘うと、誘われた相手は「アプローチされてる?」と疑うところから恋愛的に判断していくからアプローチ途中で脈なしが脈ありに変わることもある。だが、デートに誘わないと普通の知り合いや友達として見ているので、急に告白されたとしても「付き合う」という特別な判断をする理由がない。

一般的に誰かと付き合うことは重いことなので、OKする理由がない時は振る判断をされる。

デートなしで告白すると相手は告白されると思ってない状態だから、簡単に誰かと付き合い始める判断をしない人が多いなかで、OKしてくれる可能性が著しく低くなってしまう。

デートなしで告白すると好きになるきっかけがないから振られる

デートなしで告白すると、「デート中の態度・行動・雰囲気」などでアプローチできてないため、好きになるきっかけや意識するきっかけがない状態の告白となってしまうのも、大きなデメリットだ。

何回もデートをすると、前述したように「一緒にいて楽しいから告白をOKする」という選択肢も選べるようになるけど、デートしたことないなら長時間一緒にいた時の雰囲気が分からないし、関りが薄くて特別な感情を持ちにくい。

デートがきっかけで両想いになるカップルや、関係性が親密になる男女が多い中、デートなしで告白すると好きになるきっかけがあまりに乏しい状況となる。

告白された相手の心理としては、基本的に「好きな人以外とは付き合いたくない」と思ってることを前提にするべきなので、両思いになったと思えるエピソードがないなら振られるのも当然の結果となる。

もし、好きな人に告白するタイミングで迷ってる人は、ぜひ次の見出しに注目してほしい。

好きな人にいきなり告白するのはちょっと待とう!突然告白するならアプローチに努力するべき理由

好きな人にいきなり告白するより、仲良くなろうと頑張る男性

冒頭から解説してきている通り、「いきなり告白する」と振られる確率が非常に高いので、突然告白するくらいなら、アプローチに頑張る方があなたのためであり、好きな人のためだ。

振られる理由や迷惑に思われる理由を読んでその意味はおおよそ分かったと思うが、やはり順序を踏む恋愛の仕方をする方が自分たちの可能性を引き上げることができるし、たとえベストなタイミングで告白できないとしても、関係作りに費やした時間が好きな人に「前向きな検討」くらいはさせることができる

突然告白するよりアプローチに頑張るべき理由は、その方がOKの返事をもらえる確率が高いからである。

あなたのアプローチによって好きな人の気持ちを動かすこともできるから、付き合うためにあなたが伝えるべき気持ちや、魅力が本当はたくさんある。

上手く行かない恋愛に対しては、「もう告白してスッキリしたい」って気持ちになることもあるけれど、それは少しでも恋愛成就に向けて努力した後の話であり、まだできることがあるなら「いきなりの告白」に頑張るよりも、違う方向で頑張りたい

二人の距離を縮めるように片思いできれば、付き合うことになった後も上手く行く。両想いでも付き合って上手く行かないカップルは多いのだから、もう少し長い時間で好きな人とのことを考えるべきだ。

もしアプローチの仕方が分からないなら、下の記事を読んでみよう。自分のことを好きになってもらえるようにアプローチできたら、急に告白するよりずっと付き合える確率が高まる。

急に告白してしまった、突然の告白でびっくりさせたということを起こさない恋愛の仕方とは?

急に告白してしまった女性と、いきなり告白されたからびっくりした男性

告白のタイミングは、理屈だけじゃなく、感情面が強く影響してしまうため、恋愛中は「意図せず急に告白してしまった」とか「突然の告白でびっくりさせてしまった」ということが起こる。

では、急に告白してしまうという現象が起こらないように対策するとしたらどうすれば良いのだろう?

急に告白しないためには「告白の準備」という意識を持つ

告白しようか迷ってると、急に来た告白できるチャンス(※雰囲気だったり、話題など非常に広義な意味)で急な告白をしてしまうことがあるが、これを防ぐためには「告白する前に告白する準備をする意識」が持てると良い。

好きな人に告白する時は、それが突然の告白にならないように準備を進める。すごく簡単にプロセスを紹介するなら、「仲良くなるアプローチ→二人で会うアプローチ→(LINEなども含めて)強めに好意を伝えるアプローチ→告白する」という流れだ。

なぜ告白するまでのプロセスを踏むかというと、好きな人と関係を作って相性を高め、好意を伝えながら自分の魅力を知ってもらい、好きになってもらってから告白するためである。

状況や雰囲気を優先すると急な告白になってしまうことがあるから、「告白するまで関係作りができていて、相手への好意と自分の魅力を伝えきれたのか(=告白の準備の進捗)」を考えると勇み足の告白(=急にLINEで告白したり、唐突な告白をしてしまう)が防げる。

好きな人への告白は「その後」があるとは言え片思いの答え合わせの意味を内包しているので、しっかり問題と向き合ってから勝負しよう。なお告白の準備の仕方については下の記事で詳しく解説しているので、さらに具体的に知りたい人は参考にしてほしい。

成功確率を劇的に上げる「告白の準備の仕方」!告白する前にすることとは?
告白が成功するか失敗するかは、「告白する前にすること」で9割以上が決まる。 告白前の準備が大切なのは、より中身が重要視される20代後半から30代の恋愛ではあまりに有名な話だが、フィーリング恋愛が多い10代後半から20代前半でも、告白す

一目ぼれした人や知り合いを好きになった人がいきなり告白しないために!どうやって接点のない好きな人と仲良くなるのか

最後に、一目惚れした人や、あまり話したことない知り合いを好きになった人のために、「接点のない好きな人とどうやって仲良くなるのか」を解説する。

好きな人と友達になれない状況の人や、普段の生活で関りがない人など、いきなり告白するしかない!と思っている人は参考にしてみてほしい。

友達や知り合いに紹介してもらう

接点のない人と知り合う一番シンプルな方法は、友達や知り合いに紹介してもらうという方法だ。あなたが持っているつながりを利用して正式に知り合えば、恋の仕方も幅が広がる。

友達に紹介してもらう際に「理由」を話さないといけないというデメリットがあるけれど、「好きだから」「一目惚れした」など、直接的な理由を言わなくてもOKだ。

たとえば、好きな人のことを少しリサーチして「共通の趣味や関心事」を紹介してもらう理由にするのは意外と一般的だし、「可愛いなと思って!」「カッコいいなと思って!」など、好意をボカせばノリで行ける。

接点がないなら接点を作る!きちんと知り合う方法を模索しよう。

グループで遊ぶ

「紹介」まで構えないでも、「飲み会や食事会」などでグループで遊ぶ方法も、接点のない人と知り合いになる方法(仲良くなる方法)だ。

「一回飲んでみたい!」とノリ良く頼めばあまり深いことは聞かれないので、ごまかしつつ好きな人と接点を作ってみよう。急に告白する前にグループ交際で仲良くなる方法も模索してみよう。

挨拶友達から本当の友達に発展させる

接点のない人であっても、好きな人があなたの関係者なら、「挨拶友達」から関係性を発展させることもおすすめしたい。

いわゆる「単純接触効果」を期待した方法なのだが、人は繰り返し接すると好感度や印象が高まる心理を持っているので、少し長期戦を意識して挨拶を交換する関係から恋を進めてみよう。

紹介してもらう友達がいない人やグループ交際できない人は、挨拶を繰り返して本当の友達になるチャンスを作ろう

接点のない人にはいきなり告白しないで連絡先を交換する

好きな人にいきなり告白するより、連絡先の交換をお願いした方が恋愛成就の可能性が高い。「もう告白した方が楽だ」と思うなら、その気持ちを「連絡先の交換」に向けてみてはどうだろう?

接点のない人に連絡先の交換をお願いするのは告白に似ている面があると感じるかもしれないが、相手の印象はだいぶ違う。知り合おうとしている態度に構えないで済むし、告白よりもずっと重くない。

関係ない人からLINEを聞かれたりメアドを聞かれると断る人もいるけれど、少しでも関係があるなら断られる可能性は非常に低い。後は聞く勇気だけだ。何か用事を作れるとベストなので、きっかけや理由を考えてみよう。

連絡先の交換方法については知識があるとタイミングも計りやすい。ベストな方法をベストなタイミングで実践してみよう。

下の記事も参考にしてほしい。

好きな人とのLINEの始め方~初めてLINEする時はどうしたらいい?きっかけや話題を徹底解説!
好きな人ができた時だけじゃなく、気になる人ができた時や意識する人ができた時、「LINEの始め方」はすごく悩む部分である。 初めてラインを送る時は話しかけ方に迷うし、ラインの最初のやり取りは絶対に失敗したくないから「よろしくの後に送るL

まとめ

今回は「いきなり告白されると相手はどう思う?」という質問の答えを解説した。

いきなり告白した場合の成功率や、振られる理由にも触れていったので、ぜひ参考にしてみてほしい。

最後は「接点のない好きな人と仲良くなる方法」にも触れているので、恋を進める方法へ関心を持ってもらえたら本望だ。

いきなり告白するにはそれなりの事情があると思うけれど、順序をぶっ飛ばしていきなり告白するとなれば、どうしても付き合える可能性は低くなるというのが経験則だ。

特に学生を過ぎた社会人は、恋愛の仕方も大人になっていかないといけない。

好きな人ができたなら、告白に至るための軌跡を歩もう。

自然な出会いを恋愛につなげるためには~本当に出会いがないのが原因で彼氏や彼女ができない?
彼氏や彼女がいないシングルの人は、偶然やってくる「自然な出会い」に心のどこかで期待している人が多いと思う。 運命の出会いや引き寄せ合うような出会い方は、確かに素敵な出会いであり、憧れの恋愛かもしれない。恋愛観として「自然な出会いに拘る

関連記事:

初デート告白大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました