女慣れしてない男の特徴~好きになったら落とすのは簡単?

女慣れしてない男性が恋愛に悩んでいるところ

女慣れしてない男というと、あなたはどんなイメージを持っているだろう?

男性を女慣れしないないことで好きか嫌いかとは見ないとしても、女性の扱いに慣れていないことで、恋愛を進めていくのにモヤっとすることがあるかもしれない。
「もしかしたら女性慣れしてない?」と思うことがあれば、この記事が参考になる。

この記事では「女慣れしてない男の特徴」について解説するので、仲良くなった男性や気になる男性がその特徴を持っていないか確認してみよう。

女に慣れてない男は、女性からのアピール・アプローチに弱く、恋愛相手としては落とすのが比較的簡単なので、そこら辺の話も後半で絡めたい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

女性が感じる女慣れしてない男の特徴

恋愛経験の少ない女性のために、まずは「女性から見た女慣れしてない男の特徴」から紹介しよう。世の中の女性はどんなところで「この男の人、女慣れしてない!」と男性を判断しているのだろう?

目が合わない
会話も変
ノリが重い
デートがいまいち
あまり頑張り過ぎても
隙を見せても

女性慣れしてない男性の特徴 -「質問ばっか」「急に誘う」「キスが下手」 | マイナビニュース

女性に対するアンケートから、どんな男に女慣れしていないと感じるのかが分かるが、それぞれが「不満」という形で出てきているのは特徴だろう。

どれも褒め言葉として使われることじゃない。

「女慣れしている」という言葉は、どちらかと言えば悪い表現として使われるが、実際の恋愛では、むしろ「女慣れしていない」が悪いことのようになっている。

女性のイメージとして、「コイツ女慣れしているな」と思っても、心地良さを感じていることが多く、そうじゃない女慣れしてない男には女性として「分かってないな~」となるもは同じ女性としてあなたも納得するところではないだろうか?

つまり、女慣れしていない男の特徴を一言で表現するなら、「女心が分からない男」ということになる。

女慣れしていれば、女心が分かり、上の引用部分にある「あまり頑張り過ぎても」に対しては「気の利いたお店で食事」「彼女の意見を聞きながら緩く且つ適格なデート」「優しさを見せるけどさりげなく」対応でき、「隙を見せても」に対しても、「脈あり・好きサインを見逃さず」「チャンスには大胆に」行動できる。

女性が感覚として「コイツ分かってない」となる男は、女慣れしていないからである可能性が高く、女心が理解できていないかもしれない。

女慣れしていない男の特徴をもう少し紹介しよう。

女慣れしていない男は高確率で好き避けする

なんだかんだ近くに来るクセに、積極的に二人になろうとはしないのが女慣れしていない男。
普段の付き合いがある男性なら、「好き避け」をするのが特徴だ。

女慣れしていないと、恥ずかしさから好き避けし易い。

女性の前で態度が落ち着かない男は、女慣れしてない男の分かり易い特徴なので、好き避けのタイプが該当する。

女慣れしていない男性は女性の前でキョドりやすいのは有名な話だけど、これは「気になる人・好きな人」の前でよりおかしくなるのが特徴で、可愛い女子・美人な女性にも強く出る。

要は意識する女性には特に女慣れしてないことが分かりやすくなるわけだが、理由は大きな意味の「好き避け」だ。女性ならなんとなく察するところである。

酔ったら態度が変わり易い

女慣れしていない男性は、自分が女性の前で自分らしく居られないことに悩んでいる人がほとんど。彼らも、内心ではもっと積極的になりたいのが本音である。

その本音が実現されるのが、「お酒に酔ったとき」である。

女慣れしている男は、酔っても女性をスマートにエスコートできるが、女慣れしていない男性はお酒の勢いをそのまま女性にぶつけてしまって積極性が痛々しくなる。酔っていると細やかな配慮ができなくなるが、女慣れしてない男性ほどその傾向が顕著だ。

女心が分からないから仕方のない問題だが、酔って態度が変わる場合は「変わり方」で女慣れしているかしていないかがわかりやすくなる。より変化が大きいのが女慣れしてない男の特徴である。

男性全般が女性とのお酒の席で態度が変わりやすいけれど、女慣れしてない男性は女心を全く無視した雰囲気に変わるところが見抜きやすいポイント。

中には「オレ様キャラ」とか「変に調子に乗った感じ」になったり、口説くような雰囲気はないからアピールされるとすぐに気づくと思う。とにかく「ここぞとばかり」って感じなら女慣れしてない男だと思われる。

スポンサーリンク

女性と一緒にいる際の「決断」に問題がある

女慣れしてない男は、女性の感性に自信が無いので、とにかく決めるのが不得意な特徴がある。優柔不断なタイプは多い。

また、逆にガチガチに決めてしまうタイプも少なくない。

デートをしても、予定がギッチリ決まっていたり、女の子の希望を無視したり。
二人で居る時に小さな決断をする機会は多いものだが、その際は相手の決め方をみていると、女慣れしているのか女慣れしてないのか分かり易いだろう。

男性同士でいる時とは違うので、経験が浅いと自信を持って決断ができないし、余裕が無いから自分だけで決めてしまったりして、決断に問題がある男が多い。

一番上の引用部分にもはまるが、女慣れしてない男とのデートはいまいちだと感じることが多いはずだ。

恋愛的に勘違いし易い

妄想癖とまで言わないが、女慣れしてない男性は慣れてない分、勘違いは増える。

ちょっと優しくされただけで「もしかしたら俺のこと好きかも」って思いやすいが、「それって普通のことだよ」って話をすると、落胆することが多い。

女性は、女慣れしてない男にアプローチを受けたなら、自分の気持ちは分かり易く表現する方が良い。仲良くなる女性の数も少ないので、すぐに恋愛的な意味を考えてしまう傾向があるので、気の無い男性だったらあまり優しくしないことだ。

自分が緊張して女性と接するので、その目線で相手女性を見ると、勘違いは起こり易い。

オーバーな話をすれば、ストーカーになる男で女慣れしている男はほとんど見たことが無いので、時々男性からアプローチを受ける女性なら頭に入れておくといいだろう。

好きになった人が「女慣れしてない男」なら落とすのは簡単かも

女性が女慣れしてない男を落とすのは、女慣れしている男より簡単だ。

男性は単純に恋愛を考え易いのが特徴で、嬉しいことを言われればそのまま喜び、逆は凹む。

女慣れしている男は、女性側からのアプローチにも慣れていることが多いので、あしらい方も上手いが、女慣れしていない男は女性のアプローチに慣れていないし、あしらい方も知らないから落とし易い。

教科書的なアピールも有効で、あちらからのリアクションは悪かったとしても、内心で喜んでいることは多い。好き避けしやすいところは覚えておこう。

女慣れしていない男はアプローチがヘタなので、待っていてもなかなか恋愛関係が進め辛いのだが、女性側が積極的だと上手くいき易い。

もっと言えば、女性は自分からいかないといけない男のタイプだとも表現できよう。

効果的なアプローチ方法は下の記事を参考にしてみよう。

まとめ

今回は、女慣れしてない男の特徴を紹介した。

女なれしていない分、女性のアプローチは効果が高いので、もし好きになったり気になったりしたなら、積極的に頑張ってみよう。

しかしながら、アプローチを受ける方になれば、モヤモヤすることは増えそうだ。
これから女心を勉強することになるので、「分かってないな」と思うことは多いだろう。

優しく伝えてあげることも重要だし、興味が無ければその態度で接するようにしよう。
経験を重ねることで女慣れしていくので、将来性も総合判断する方がいいかもしれない。

本文中でも言っているように「好き避け」は問題となりやすい相手だから下の記事も合わせて読んでみてほしい。

好きな人の好き避けと嫌い避けの違いが分かるようになる7つのチェックポイント

関連記事: