断られにくい誘い方7つのポイントと会話例!誘う言い訳や口実が大切なのは、相手が誘いに乗る理由になるから

断られにくい誘い方をしたい男性が理由や口実を考えているイメージ

「断られない誘い方がしたい!」
好きな人をデートに誘う時は誰もがこんなことを考えるけれど、あなたが実際に好きな人や気になる人を誘う時、「断られにくい誘い方」ができているだろうか?

まだ付き合う前の関係では、二人で会うのに理由や口実が必要だ。
何となくフィーリングカップルみたいになっている二人であっても、適切に距離を縮めていこうとする気持ちは重要で、ストレートな誘い方をするにしてもスマートな理由付けがあった方が自然に恋愛を進めていける

当然ながら、まだ脈なしの恋愛なら誘う理由や口実が本当に大事で、「ちょっと行ってみようかな」という気持ちからでも、距離を縮めたい。もしこの記事からあなたが断られにくい誘いを理解すれば、自信がないから誘えなった今までと違い、もう少し積極的に好きな人へのアプローチができるだろう。

この記事では、「断られにくい誘い方7つのポイントと会話例」を紹介する。

誘う言い訳や口実が大切なのは、相手が誘いに乗る理由になるから。
好きな人と二人きりの時間が持てるように、ぜひ大事なポイントを理解して、恋愛が進めていける人になろう。断られない誘い方をして、好きな人とデートや食事に出かけよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

相手のメリットを言い訳や口実にする

好きな人や気になる人をデートや食事に誘う際、断られにくい誘い方をしたいなら「相手のメリット」を意識して誘う口実や言い訳に使うことで成功確率をグッと上げることができる。

会話の中で出てきた「好きなもの」を利用して、単純に相手が「誰と」をあまり考えずに「行きたい」と思ってもらえそうな場所に誘う。好きなものとは、例えば食事のジャンルやお酒のジャンルでもいいし、趣味に関するものや話題になっているもの・場所などだ。その専門店に誘ってみる。

断られない誘い方を考える時、二人で出かけるデートや食事は、「あなた」が好きな人の判断の根拠になってしまうと、そもそも脈ありの状態でしか成立しない面がある。二人で時間を過ごすのに抵抗があったり、不安がある場合は、何となく避ける人が増えてしまうもの。奥手だったり恋愛経験が少ない人だと特にそうだ。

これは、多少「いいな」と思ってもらっていたとしてもあり得ること、

「どうしようかな」と一瞬でも迷うなら、「何を」「どこで」するのかは大事な要素になる場合があるから、とにかく一度長い時間を二人で過ごしてみたいと思うなら、わざとらしいとか思わずにしっかり理由や口実を付けてあげよう。相手だって理由がないとOKし辛いと感じる場合がある。

誘う理由や口実を考え出すと、何もかもがわざとらしく取ってつけたような言い訳のように感じることもあると思うけど、今は二人で出かける関係じゃない以上、理由がないといきたくないと考える場合があることをよく理解しておこう。

LINEの会話例:相手にメリットを感じてもらう誘い方

では、実際に「相手にメリットを感じてもらう誘い方」をしたいと思った時、LINEの会話は具体的にどうしたら良いだろう?

下に会話例を紹介するので、あなたのパターンに応用してみよう。

男性「ね、この間SF系の映画好きだって言ってたよね?」
女性「うん!映画のジャンルではSF系が一番好き♪」
男性「じゃさ、先週からやってる○○ってもう見たの?」
女性「あー!見たいんだけど、SF系って女子あんまり好きな子いなくてね。行けてないんだよ~」
男性「俺も普段はあんまり見ないな(笑)。でも、○○は面白そうだから見てみたんだよね!良かったら来週の火曜か土曜に見に行かない?」
女性「いいの?女子誘いにくいし、誰も付き合ってくれなそうだったから嬉しい♪」

上の会話例のように、好きな人の興味が同性ウケしないものだったりすれば、経験上かなりの確率でデートが成立する。

もし、そんな感じのものが見つからなくても、タイムリーな誘いや、グッと興味を引き付けられる誘いなら勢いでデートが成立しやすいので、応用して考えてみてほしい。

恋愛テクニック:二者択一の誘い方
上で紹介したLINEの会話例では、実は「二者択一」の恋愛テニックを使っている。
「火曜か土曜か」と聞いているのがその部分なのだが、断られない誘い方をしたい人は「行くか行かないか」という誘い方をしないことがポイントだ。
二者択一の誘い方を使って「デートに行くことを前提にした聞き方」をすることで断られにくい誘い方ができる。
スポンサーリンク

会話中に盛り上がった話題を誘う口実にする

二人で話している時、盛り上がった話題の勢いと内容を利用して誘う方法も断られにくい誘い方だ。

二人で出かけるなら、何を話すのかイメージできないとしり込みする人は多くなる。つまらない時間を過ごすかもしれないと思われたなら、一緒に時間を過ごしたいとは思ってもらえない。

一つの話題で長く話せた時は、それを敢えて途中で切り上げてしまって、その内容と勢いを利用して食事やデートに誘ってみよう。

「ゆっくり話したいから、ご飯でも食べながらどう?」

誘い文句は何でもいいけど、「じっくり」「ゆっくり」話したい内容があるなら誘う理由や口実になる。相手も同じように思ってくれたらOKしてもらえる可能性は高くなるだろう。

普段の生活で絡みがあるものの「長い時間話せない関係」の時などは有効だし、長電話になった時にもお勧めの方法だ。

LINEの会話例:盛り上がった話題から好きな人を誘う

男性「俺らにこんな共通点があったって意外だよね(笑)」
女性「ね!ビックリしたよ(笑)」
男性「せっかく○○つながりの仲間が見つかったからゆっくり飲んでみたくない?」
女性「うんうん!会社じゃ長話できないしね!」
男性「そうそう!○○さんに見つかったらやばい」
女性「分かる!」
男性「丁度あした早上がりだからその後軽くどう?ダメならまた誘うし!」
女性「明日だったら大丈夫だよ!楽しみにしてる♪」

好きな人と会話が盛り上がるには「共感」がポイントになるので、そこを探しながらなるべくコアなところで共通点を見つけよう。その部分はそのまま断られない誘い方に繋げていける。

恋愛を進めるのに「ロングトーク」は絶対に必要なため、それができない状況は「二人で会う方法」を実践しないと仲の良い人止まりになる。

もう一歩進んでいくために、会話が盛り上がったところでは二人で会う口実に繋げてほしい。

恋愛テクニック:好きな人を誘う行為がそのままアプローチになる
上のLINEの会話例では「片思いの初期」を想定しているのだが、すぐに明日の予定で誘っている点に一つポイントを置いている。
この記事は断られない誘い方を目指しているが、この部分では「二人で飲みに行く・食事に行く」というところを会話の前半で先に固めて、誘い自体は断る逃げ道を作っている。明日ピンポイントで空いているか分からないけど敢えて誘っているのは、好きサインを送る意味があって、誘い自体をアプローチにしているのだ。
まだ仲良くなる前はガチガチに断られない誘い方をするより、「あなたを意識してます」って伝えながら信頼感を持ってもらうことも大切なので、あなたの恋愛の進捗状況次第では、最初に「今度飲みに行こう」という部分だけを固めてアプローチ色を強くする誘い方も検討しよう。

一人では行き辛いことを誘う理由や口実にする

これは所謂「〇〇に付き合ってよ」ってパターン。仲が良くなったのなら相手の優しさに甘えるのも一つだ。

〇〇に当てはまるものとしては

  • 買い物
  • 同性とはあまりいかない場所
  • 学校の課題や仕事関係の用事

などなど。

あなたの目的は二人で時間を過ごすことだけど、それを前面に出してしまった場合は「あなたと時間を過ごす理由」が相手に必要になる。付き合う前にとにかくコミュニケーションを取る時間が欲しいなら、自分との時間をあまりアピールしない方が相手はOKの判断がし易くなる

相手が恋愛的なアピールをされていると感じた時は、デートの承諾をしたら好意を返すことになると思う人もいる(=思わせぶりな態度)ので、「あなたとでかけたい気持ち」を隠すのも一考の価値アリだ。

LINEの会話例:仕事の用事を誘う口実にする

男性「今度の打ち上げ俺が幹事やれって言われちゃったよ(泣)」
女性「そうなんだ!うーん…ドンマイ(笑)」
男性「しかもさ、ちゃんといい店取れって圧までかけてきてさ~」
女性「それはつらみ…。分かんないよね」
男性「そうなんだよ。いつも行くところと違うし(笑)」
女性「ねー!大変だ(泣)」
男性「ね、候補絞ったら一緒に下見言って意見くれない?」
女性「そこまでやる?別にいいけどね」
男性「よし、決まり!失敗できないし!」
女性「うん、分かった!候補決まったら連絡ちょうだい!」

好きな人を誘う時は、特に最初の1回・2回は言い訳や口実を作って断られない誘い方をして、流れを作ることに頑張りたい。そこを盛り上げることができれば次からはもっと自然な誘い方にチャレンジできるはずだ。

その点で、「好きな人に協力してもらう誘い方」とか「好きな人に付き合ってもらう誘い方」は優秀。少し仲良くなったと思える時期は、好きな人の優しさに甘えて二人で会う流れを作ろう。

「お祝い」を誘う口実や言い訳にする

あなたのことでもいいし、相手のことでもいいので、「お祝い」は断られない誘い方として有効だ。断ると何だか相手からの優しさに水を差すような気分になるから、短い時間を指定したり、誕生日なら敢えて当日を避けたりすると、相手の負担も減って断られない誘い方になる。

「お祝い」の具体例としては誕生日以外に色々あると思うので、自分のことではなくても相手に取って嬉しいことがあった場合も誘う口実や理由にしてみよう。当日は、ポジティブな会話も楽しめると思うし、盛り上がると思う。

明るい感じで、少し勢いを付けた誘い方がここでは有効だ。「おめでとう!お祝いさせてよ!」って感じの雰囲気も合うので、好きな人とあなたの性格を勘案して、誘う口実に相応しいテンションで誘ってみよう。

LINEの会話例:お祝いで好きな人を誘う

女性「昇進おめでとう!良かったね♪」
男性「ありがとう!どこで知ったの?(笑)」
女性「社内で噂になってたから(笑)それよりさ、お祝いしたい!」
男性「お祝いって何よ?別に気を遣わんでいいって」
女性「気を遣ってるんじゃないの!嬉しいからお祝いしようって言ってるのに!」
男性「分かったよ、ごめんごめん。じゃさ、何かおいしいもん食べに行くか!」
女性「うん!私が探しておくから今週か来週でいつ空いてる?」
男性「来週の水曜空いてるから、19時からどうかな?」
女性「OK!」

上のLINEの会話例では女子から男子を誘う場合を想定しているが、途中から男子が女子を誘うような会話に移行している。これはいい感じの雰囲気がある男女によくあることで、雰囲気が良いと言い出しっぺがどちらか分からないようなデートの成立パターンが多くなることも説明している部分だ。

お祝いを使って断られない誘い方をすると会話の雰囲気がすごく良くなるので、脈ありの片思いでは二人で予定を決めていく会話になるのも特徴だ。いい感じになってきた自覚がある人は、ぜひチャレンジしてみてほしい。脈ありサインが出やすいシチュエーションなので、片思いから両想いの距離が分かる場合がある。

「相談」を誘う口実にする

これからアプローチをしていこうと思っているなら、「相談」から仲良くなることを考えるのも一つ。深い話ができ、二人の距離を縮める効果が期待できる

女性は男性に「話を聞いてほしい」と甘える形で最初はいいと思うし、男性が女性に相談するなら、女性ならではの視点で話を聞きたいことを伝えれば相手が悪い気をしない。

相談を持ちかける時は、相手への尊敬を付け加えよう。

誰だって友達や仲間だと思っている人から信頼されるのは嬉しいと思うはずなので、「なぜあなたに相談したいと思うのか」をやんわり具体化しておくと、相手は誘いをOKし易くなる

他の場合と違って「相談」の場合は「なぜあなたに」を理解してもらった方が断られない誘い方になるだろう。

LINEの会話例:「相談」を使って好きな人を誘う

女性「○○くんってすごく大人な考え方するから時間あったら聞いてほしいことあるんだー」
男性「どした?今時間あるから通話する?」
女性「電話よりできればごはんでも食べながらどう?」
男性「いいよ!大した話できないけど、聞くだけならできるし!」
女性「ありがとう!○○くんの意見参考になりすぎだから助かる(笑)」
男性「マジ?ちょっと嬉しいかも(笑)」

こちらは女子が好きな人を頼ることで二人の食事にこぎつけている会話例だ。男性心理をうまくくすぐることで、漠然とした好意を伝えている点もポイント。

頼られると人は断りにくさを感じるので、お誘いの成功確率はグッと高くなる。しかし、弱みに付け込むみたいに感じる人がいるので、そこは「好意を忍ばせること」で恋愛の意味も付加して対策しよう。きっかけに拘るより、恋を進めるために最初は頑張る。

相談する時は、相手への尊敬を伝えることで恋愛アプローチの意味を付加できるので、「ただ相談を言い訳にする誘い方」ではなく、「好意を持って誘っていると感じさせる誘い方」にチャレンジしてみてほしい。断られない誘い方ができるはずだ。

短い時間を指定して、気軽に付き合ってもらう誘い方

デートの誘い方が下手な人は、「つい構えてしまう誘い方」をしてしまっているのが特徴。緊張するような誘い方をすれば、相手はあなたと出かける意味を大きく捉えてしまってお誘いが失敗する確率をあげてしまう。

もしあなたがデートの誘いを下手だと思っているなら、最初は「短い時間」を口実に気軽に付き合ってもらう誘い方をしてみよう。もっと気軽に来てもらう方法を模索すれば、今までの誘い方と変わってくる。

実際の会話例を紹介するので、イメージを掴んでほしい。

会話例:短い時間を指定して、気軽に付き合ってもらう誘い方

男性「最近ラクレットチーズって流行ってるじゃん?びよーんって伸びるチーズ!」
女性「チーズタッカルビもおいしいけど、ラクレットチーズってチーズ食べてる感すごいよね(笑)」
男性「駅前に流行ってるラクレットチーズの店あるんだけど、もう行った?」
女性「え、そうなんだ!知らなかった!」
男性「軽く1時間くらい、サクッと食べに行ってみない?チーズ系って男は誘いにくくてさ。1回行ってみたんだよなー」
女性「1時間くらいならいいよ!私も行ってみたい♪」

短い時間を指定して誘うと重い誘いにならないから、相手も誘いに乗りやすい誘い方になる。

もし仮に断られたとしても軽い誘い方は流す時も軽いので、まだ脈ありになっていない片思いではおすすめの誘い方だ。

好きな人や気になる人を誘う時は、断られない誘い方がしたい!と思うものだけど、軽い誘いで断られた時の対処を簡単にしておくのも一つのポイント。もちろん、この方法は断りにくい誘い方になっているので、決して成功確率が低いということはない。

確実な方法を模索すると「誘えない」と悩んでしまう人が多いので、こんな発想も持っておこう。

「チケット2枚」を言い訳にする誘い方

少しわざとらしく感じる人が多いと思うのだけど、私の経験では「チケット2枚あるんだけど」って誘われたことが3回以上あって、案外あるあるな誘い方だ。

この方法は、相手の興味に合わせてチケットを2枚用意するのがポイントで、流されないようにするためには好きな人のリサーチが重要。「〇〇って興味ある?」という誘い方より、「○○って好きだって言ってたよね?」という誘い方の方が成功確率が高くなる。

好きなバンドやアーティストのコンサートチケット、好きな映画のチケット、興味があるイベントのチケットなどなど。ジャンルに拘らずに好きな人が乗り気になるチケットをわざと2枚用意してみよう。

断りにくい誘い方は、好きな人が断りたくないと思う理由が多ければ多いほど、強ければ強いほど達成確率が上がるので、人気チケットも候補に考えてみてほしい。

LINEの会話例:「好きなアーティストの人気チケットが余った」という誘い方

女性「せっかく○○の激レアチケット手に入ったのに友達行けなくなっちゃったよ」
男性「うわー、それはもったいないね」
女性「でしょ?予定キャンセルしなよって感じだけど、仕事みたいなんだー」
男性「仕事ならしょうがないか。それにしてももったいない(笑)」
女性「○○くんもファンだもんね。良かったら一緒に行く?」
男性「〇月〇日でしょ?実は空いてる(笑)いいの?俺で?」
女性「他の友達に大ファンって子いないんだー。予定空いてるなら行こう♪」
男性「やったね!めちゃラッキーだ俺(笑)」

好きな人が価値を感じれば感じるほどノリノリで誘いに乗ってくれそうだが、そうじゃなくても「付き合ってあげる意味」で成立するパターンがあるし、「おごり」を理由にしても良いから、会話例がたくさんあるパターン。

実際に友達が行けなくなってチケットが余るパターンはままある話なので、口実や言い訳に拘る人はこの恋愛テクニックを使って「断られにくい誘い方」をしてみよう。

まとめ

今回は気になる人や好きな人を食事やデートに誘う際の、「断られにくい誘い方」を紹介した。

誘われた相手のために口実や言い訳を考えてあげると、デートそのものが成立し易くなるので、わざとらしいと思わずに最初は理由をしっかり考えたい。そうやって何度かデートみたいなものをしていく中で理由を必要としなくなるはずだ。

そこまでの関係作りを、二人で過ごす時間の中で達成しよう。

最初はデートっぽくないデートから始めても、コミュニケーションが増えれば伝わるものもでてくるから、その時間を確保することが大事。

好きな人や気になる人を断られにくい誘い方で誘ってみよう。

☆まずはさし飲みに行きたいと思った人は下の記事を参考に!タイトルは男性向けになっているが、女性から男性を誘う際も参考になるはずだ。

関連記事:

スポンサーリンク
記事下アドセンス
記事下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツヴァイ訴求
本格的な恋愛診断でした!【無料】

自分の恋愛傾向について、詳細な分析コメント付きで数値化してくれる「プロが作った無料恋愛診断」を受けてみました。
20歳以上限定ですが、とても参考になる恋愛診断だったので読んでみてください。
【人気記事】

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!

スポンサーリンク