彼女や彼氏とケンカした時、ケンカ前よりラブラブになるための仲直り方法

ケンカした後、仲直りすることでさらにラブラブになったカップル

カップルが上手くいくかどうかは、「ケンカの仕方で決まる」ところがある。言うまでもなく「仲直りの方法」も含めての話だ。

良いケンカの仲直り方法を知っていれば、ケンカする度に仲良くなるカップルになれるし、お互いを理解して二人に取って「より良い付き合い方」へとつなげていける。

逆に、ただ感情を爆発させて問題の解決もできないようなケンカの仕方をしてしまうと、たとえ1回2回は時間が解決してケンカの仲直りができたとしても、気持ちを消耗するだけに終わるから別れは早いだろう。

ケンカは、お互いの本音を伝え合うチャンスになったり、ケンカ前よりもラブラブになれる機会にすることもできるものだから、ぜひその方法を知っておいてほしい。

今回は、彼女や彼氏とケンカした時、ケンカ前よりもラブラブになる仲直り方法を紹介する。カップルがケンカした時の対処法をまとめていきたい。

スポンサーリンク

複雑な恋愛感情を持つ同士、貯め込むよりはケンカした方が良いこともある

彼女や彼氏とケンカした時はつい落ち込んでしまうものだけど、複雑な恋愛感情を持つ同士のカップルは、ため込むよりも喧嘩した方が良い場合も多い。

ため込んでしまった場合はストレスが頭の中で悪循環を引き起こすことがあり、勝手な思い込みで相手を見るようになって誤解やすれ違いを生むから解決が難しくなる。

小さな喧嘩で済んだ場合はもちろん、大きな喧嘩になってしまった場合も、「今回の喧嘩で吐き出してくれて良かった」と前向きに捉える努力もしておこう。

あなたも相当のストレスを感じたと思うし、もしかしたら今もそうかもしれないが、彼女や彼氏に強い怒りの感情を持ったままでは良い仲直りの仕方などできない。少し冷静になるために「付き合っているんだから喧嘩することもある!」と、自分の目先を仲直りの方法へとグッと引き寄せよう。

それでは、ケンカ前よりもラブラブになる仲直りの方法を具体的に解説していく。ポイントを挙げながら説明するので、ぜひ仲の良いカップルに戻るために、ケンカ前よりもラブラブになれるために、よく理解してもらいたい。

些細なケンカの仲直りは、素直になることが何より大事

会えない寂しさやイライラで彼氏を攻撃してしまう女性へ~本当にあなたが望むことって何だろう
恋愛している女性は、「寂しさ」を理由にイライラしたりストレスを感じてしまうことがある。 彼氏と会いたいのに会えない寂しさ、話を聞いてほしいのに話せ...

あなたがしたケンカが重いものではなく軽いものなら、仲直りする際に最も大事なことは素直になることだ。軽いケンカの仲直りは、素直になれたらほとんどの場合で別れの危機まで発展しない。

ケンカから時間を置かずに、LINEで「言い過ぎたよ。怒っちゃってごめんね。」という感じで彼氏や彼女に送ってしまおう。できたらその流れの中で通話して、お互いに相手の声を聞いて仲直りすると良い。

ケンカしてから時間を置けば置くほど仲直りの言葉が言い辛くなるので、家に帰ったタイミングで送ったり、一晩考えて次の日にでもLINEを送ることができたら良い。

些細なケンカは、いかに落ち着いて冷静さを取り戻せるか、冷静になれたらいかに素直になって相手に時間を置かずに謝れるかが大事。素直になれないカップルは精神的な消耗がもっと大きくなるため、小さなケンカは気まずさをなるべく短い時間にするのが仲直りのコツとなる。

では、大きなケンカだった場合はどうしたら良いだろう?

当然、仲直りの方法も大きく違うので解説していく。

カップルがする大きなケンカの仲直り方法

彼氏と大きいケンカをした女性が、仲直りの仕方に悩んでいる様子。

大きなケンカと表現したいくらいのケンカをしてしまったなら、早いタイミングで謝りLINEや謝りメールを送ると、逆に相手を刺激してしまうことがある。大きなケンカの仲直りの仕方は、時間を置く必要があるのだ。

大きなケンカだったのにすぐ謝ると、「ちゃんと考えたのかよ」とか「もっとしっかり考えて欲しい」「謝ったら許してもらえると思ってるの?」などと思われる。カップルのケンカは問題の大きさで対処方法が変わるので、問題の捉え方も大切な恋愛力である。

仲直りの言葉の言い出しにくさは時間と共に上がっていくのかもしれないが、問題が大きいのなら相手だって冷静になるのに時間がかかる

大きな喧嘩をしてしまった場合は数日おく方が良いことも多いので、ケンカの原因を勘案しよう。最低限、1日はしっかり考える。

ケンカの後のLINEの仕方、メールの仕方

時間を置いたら、次は相手にコンタクトを取る。

喧嘩の原因や悪い方があなたなら、謝罪の言葉と共に会いたい旨と謝りたい旨を手短にまとめてメールやLINEで送ろう。電話を選ぶことも間違いではないが、間接的な連絡で相手の様子を見る方が失敗しない。

  • けんかの後のLINEやメールは「会って謝りたい」という気持ちを伝える。

長文で一気に謝っても悪くないのだが、文章は誤解もあるし、最終的には会って話すことになるので、質問が返って来ない限りは会いたいと伝える方がケンカ後の対応としては良い。

メールのやりとりが始まりそうなら、そのまま誤解をさせないようにしながらなるべく素直な対応をしていこう。言葉の言い回しに注意しないとまだ相手の感情は敏感であるため、また些細ないざこざに発展することがあるから気を付ける。

先ほども触れているように、ケンカの後はとにかく素直さがとても重要だ。
ここですれ違うと致命傷になり兼ねない。

ケンカの原因が相手にある場合の仲直りの仕方

大きなケンカをした後、しっかり考えた後でも相手が悪いと思うなら、相手の反応を少し待つのが正解だ。大きな喧嘩をするほどあなたに何か思うことがあるならある程度の解決を図る必要があるので、なし崩し的な仲直りの方法はお勧めできない。時間が経てば、また同じ内容でケンカをする恐れがあるためだ。

ケンカの後、数日経っても彼氏や彼女から連絡が無い場合は、自分から動くことを考える。

カップルはその二人しか当事者がいないから、どんな事情であれ相手が動かない場合は自分が動いて解決しようとするのが末期化させないコツとなる。

付き合っている相手が素直になれないタイプだったり、予想以上に落ち込んでしまっている場合なども考えられるので、カップルによってはケンカの内容に関わらず自分から動く必要のあるので、ここでも「これからも付き合っていきたい」と思う気持ちに素直になろう。

相手にケンカの原因があったとしても、自分から動いて仲直りの方法を模索していくことが現実的な対処法になる。

しかし、あなたから恋人にアクションを起こしたとしても、ケンカの原因に関してはある程度の話し合いを持ちたい。

完全に解決できることばかりではないけど、うやむやにしてまた同じことが起これば恐らく結果もまた同じになり、ケンカの原因を排除できないことに加えて、同様の理由でケンカが増えてしまう。

そうなると別れの時期がかなり早まる恐れも強くなってしまうため、出来れば会って、お互いが冷静な状態で思っていることを伝え合いたい。

彼氏や彼女への信頼がないとできないが、ケンカの仲直り方法は相手を信じることが必要条件だ。大きな喧嘩でもその前が仲良く付き合えていたなら別れ話にならないはずなので、信頼して言葉を交わそう。

次の見出しに移って、ケンカの原因を排除する方法を紹介する。

ケンカ後の話し合いにおけるポイント

ケンカの原因と言っても、様々なものがあるだろう。
きっかけが些細でも根深い問題を抱えている場合だってある。

喧嘩後にきちんと話し合いが上手くいけばケンカ前よりももっとラブラブになれるので、順を追って説明する。

良い仲直りの方法が選べるように、ケンカの原因を具体化する

カップルのケンカ後の話し合いは、まずケンカの原因を具体化することから始めよう。二人でケンカの原因について共通認識を持つ。

「寂しい」「辛い」「どうしても許せない」では分からないし、強がって問題をすり替えてしまって素直に話せない場合も問題の解決ができない。

なぜ怒ったのか、どこに不満があるのかを明確にできたら、それが一番良い仲直りの方法を選択する基盤になる。

特に、女性が彼氏を相手にした場合はここら辺が感情論になりがちなので、自分が辛いと思っていることをより明確に、なるべく相手が理解してくれるように論理的に話すことを心掛けよう。男の脳は論理的なものの方が受け入れやすいので、具体性を盛り込めるとケンカの後の話し合いが上手く行きやすい。

ケンカ後にもっと仲良くなるための話し合いをするには?

ケンカの原因が明確になったら、二人で対処法を考える。お互いの素直な意見を交換して、ケンカの解決策を見つけよう。

この時のポイントは、お互いの歩み寄りであり、良い意味の妥協である。バランスを取る形ならお互いが納得できるので、そのポイントを探るイメージを持つことが重要だ。

自分がわがままを言っているのかもしれないと疑うことも大事になる。あくまでも相手は「好きだから」という理由で思うことや感じることに不満を覚えているはず。ケンカした事実は「うまくいかせるため」ではなかったかもしれないが、「仲直りしたい」という気持ちで二人は話し合いをしているわけなので、話し合いの最中はその気持ちを常に意識しておこう。

現実的な話をすれば、ケンカの多くは完全な解決が難しい。二人の希望は違っているのが当たり前だし、男女で違う考え方をしていることも多い。希望通りになるとは思わないことと、自分から心を開いて話し合うことを意識できないと、結局物別れに終わってしまうので、「二人で付き合っている」という認識が大事になる。

謝るべき点はどこかにあるはずなので、そういった言葉は付け加えるようにし、対立した話し合いではないことを相手に伝えよう。

ケンカした後でもっと仲良くなる仲直りの方法は、原因を解明してカップルが二人で解決策を考えること。お互いに譲り合いの気持ちをもって、「どうしたらうまく付き合っていけるか」を考えながら話し合いを行おう。

自分が折れるべきか、相手が折れるべきかの判断基準

ケンカの原因は往々にしてかなり個人的な感情が原因だったりするから、自分の中の拘りの強さ等も勘案して、折れるべきは折れて相手に反省させるべきは反省させ、彼氏や彼女の声に耳を傾ける。

「どうしてもこれだけは分かってほしい」という感情があるなら適当なところで折れてもあなたが持たないと思うので、「重要度」という観点で判断するようにしよう。カップルはお互いに個人的な価値観で付き合っているので、「ここだけは譲れない」という部分があっても良い。

そんな話し合いになる可能性がある人は、きちんと「伝え方」を考えて恋人と向き合えば問題の解決も進むはずだ。自分がワガママを通す際はほかのところで折れるのがポイントになるので、あくまでも相手を立てる気持ちを忘れないことが大切になる。

今回の方法は「ケンカ前よりもラブラブになれる仲直りの方法」と題しているが、今まとめたことのやり取りすべてがカップルの仲をより親密にする。お互いが心の奥の気持ちを語り合うことで分かり合えるから、「自分が折れれば良い」は間違いで、きちんとぶつかって二人の答えを出すことが重要だ。話し合いができれば二人の答えは出せるので、変な逃げ方をせず、してしまったケンカに意味を与えよう。

ここで「カップルのケンカ」がどんな意味を持つのか、一度整理する。

カップルはケンカするほど仲がいい?

彼氏が会いたいと言わない理由と言わなくなった理由10選~何で彼氏は会いたいと言ってくれないの?
彼氏が会いたいと言わないのは、彼女として不安になってしまう。特に、会いたいと言ってくれてた彼氏が会いたいと言わなくなった場合なら、「悪い変化」として気に...

カップルは、「ケンカするほど仲が良い」のは間違いだ。誰もが恋人同士は仲が良い方がいいと考えるのだからケンカは少ないに越したことが無いし、無いなら無い方が良い。

言葉の意味を正しく理解するために、ケンカをもう少し詳しく説明する。

ケンカは感情が表に出ることによって発生することが多い。
「は?」
「あり得ないでしょ!」
ケンカのきっかけの大小にかかわらず、実際にケンカしてしまう場面では感情が大きく動いたはずだ。

ケンカは、この「感情」が大いに関係しており、あまり親しくない関係の人と彼氏や彼女との違いは以下の二つが大きなポイントだ。

  • 大事な人
  • 言いたいことを言える人

ケンカができるのが良いと表現されることがある裏には、「それだけ親しい」と言う意味と「それだけ大事に思いあっている」という意味の2つが含まれている。

言いたいことが言えずに我慢だらけのカップルはラブラブとは言えないし、ケンカを吹っ掛けても取り合ってもらえない倦怠期のようなカップルもラブラブではない。

したがって、ケンカする原因があるのにケンカできないことは悪であり、ケンカしなくても良いのにケンカするのも悪だと言うこと。

何でもかんでも感情的になってしまっては、上手く行くはずもないのは、カップルも友達も一緒だ。この点は間違えてはいけない。

では次に、ラブラブなる仲直りの方法で大事な3つのポイントをまとめる。

ラブラブになるカップルの仲直りの方法!3つのポイントとは?

ケンカした後でもっと仲良くなる仲直りの方法を実践したカップルの画像。

ケンカしても仲直りすることでさらにラブラブになるためには、下の3つがポイントになる。

  • 好きだと言う気持ちを確かめ合う
  • ケンカ中に思ったことを伝え合う
  • これからどうしていきたいかを伝え合う

上の3つができれば、ケンカ前よりも仲良くなることができる。

好きだと言う気持ちを伝え合う

ケンカすると、ケンカの原因をどちらが作ったかを問わず、不安になる人が多い。
自分の嫌な所を見せただろうし、相手の嫌なところも見たはずだ。加えて、ケンカの原因は完全に排除できなかったかもしれない。

だからこそ、カップルに取って一番大事なことである「両想い」はケンカの後で確認しておく方が良い。

結局仲直りをするというなら、今後も仲良く一緒に居たいわけだ。でも、恐らく言葉は曖昧になっていると思う。

ケンカの良いところは、良い意味でも悪い意味でも感情をぶつけあったこと。その後なら「好きだ」って話もしやすい雰囲気はできるし、もう一度付き合うことを決めたことにも似ているから、状況として気持ちを伝えることは自然である。

素直さを重視しよう。
その点で次の話題から入ると良い。

ケンカ中に思ったことを言葉で伝え合う

ケンカしてあなたは彼氏や彼女をどう思っただろう?
「失いたくない」
「このまま別れたくない」
そんなことを思いながら、悩んだのではないだろうか。

ケンカ前よりも仲良くなるためには、そういった感情を言葉にするのがとても大切。

「どれだけ大切に思っていたかがわかったよ」
「ケンカ中、ほんとに辛かった」
こんな言葉でもいいし、言いたいことはあるはず。

普段言えない言葉、聞けない言葉を交わし合うことはカップルのケンカ後に重要なことだから、自分からきっかけを作りたいし、相手にも聞いてみたい。

そうすることでもう一度自信を取り戻せるし、直近そんな言葉を言ってなかった、聞いていなかったのなら、ケンカしたことがとても良い思い出に変わっていく。

是非、やってみて欲しい。

これからどうしていきたいかを伝え合う

やっぱり未来に希望があるのは、人と人が一緒にいる上で重要だ。ケンカの原因に対するものもそうだし、その他に「こんな付き合い方をしたい」とか、少し先の話も盛り込んで仲直りができるといい。

先程も触れているように、カップルとしての自信が失われずによりラブラブになることへ繋がるはずだ。

最後は明るい話で終えられる点も魅力の一つ。

3つのポイントは、例を出しながら説明した方が分かり易いと思って色々書いたが、趣旨を理解してもらえれば、自分なりの方法にしても良い。

むしろそちらの方が彼女・彼氏が喜んでくれるだろう。
自分らしさを考えて、より良いと思うことは、実行に移していこう。

ケンカが増えたらどうしたら良い?

カップルのケンカの仲直り方法を調べている人の中には、「最近ケンカが増えた」と二人の今後に不安を持っている人もいると思う。

もしあなたがケンカばかりのカップルになっているなら、下の記事の詳しい解説を読んでみよう。

今回の記事を参考にすればケンカが多いカップルにはならないと思うが、既にケンカが増えているなら少し話が変わってくる。しっかりとした対処法を実践してケンカ別れしないように注意してほしい。

仲直り後のデートの仕方、ポイントは?

ケンカした後のデートの仕方に成功した女性の笑顔。

仲直りした後のデートは、少し大胆になって「スキンシップを取る」ことがポイント。前述している通り、ケンカの後はカップルがお互いに不安になっているので、愛情面で安心できるデートにするのがもっと仲良くなるコツだ。

ケンカを引きずると気まずい雰囲気になるカップルもいるのだが、その場合は仲直りの仕方に問題があるので、この記事の前半部分をしっかり読みなおそう。仲直りしたのならスキンシップが取れるくらいまで雰囲気を戻せる仲直り方法を取るのが重要である

ケンカの原因を作ったのがあなただったら、お茶を奢ったりして軽くお詫びするのもケンカ後のデートではアリだ。状況によっては何かプレゼントするのも彼女が相手だと実際に効果がある。これもしっかりした仲直りの仕方をしていることが前提となる。

仲直り後のデートは話し合いの場の延長線上で行われることも多いが、いつもよりもラブラブなデートができると「ケンカしてもっと仲良くなった」という実感が得られる。

ぎこちない雰囲気は自分から空気を変える努力をしよう。自分の気持ちを言葉にすることができていたら、きっとお互いの大切さに再度気づいたはずだ。そこをデートの雰囲気に投影できたら良い。

ケンカした後のデートを成功させるために、女性は下の記事も参考にしてみてほしい。

【恋愛の香り対策】片思いもマンネリも、男性をその気にさせる秘密は「恋に効く香水」にあった!
あなたは「恋愛の香り対策」をどのように行っているだろう? 恋に効く香り、恋に効く香水という視点から「女性の香り」を考えたことがあるだろうか? ...

まとめ

今回は、彼女や彼氏とケンカした時、ケンカ前よりもラブラブになる方法を紹介した。

ケンカは、カップルの別れの危機である一方、もっと仲良くなるために活かすこともできるものだ。素直になる機会とできれば、悪いものが良いものに変わる。

すべては、仲直りの仕方にかかっているのである。

ケンカそのものが決して良い物とは思っていないが、もしケンカしてしまったのなら、そこから先が絶対に重要。

今回の記事が参考になれば嬉しい。

関連記事:

付き合いはじめケンカ
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました