脈なしLINEの特徴~こんなLINEの状態になったら一度引くべきサイン

好きな人からのLINEが脈なしかどうか調べようとするイメージ

好きな人ができると「LINE」を使って仲良くしようと思うことが多いけど、もし「脈なしLINE」を受け取っているなら一度引くべきだ。

まだ仲良くなる前にしつこい連絡をしてしまえば、そのまま嫌われるところまで行って距離を縮めるのが難しくなる。一度引いてから再度関係作りに頑張れば今の恋愛をどうにかしてくこともできるため、一旦引くべきLINEについては少し冷静な気持ちでジャッジしたい。

LINEにも当然脈なしサインは出るものなので、気にしすぎることは良くないけど、最低限のところで気遣いは必要となる。

そこで今回は、好きな人とLINEをしている人に向け、「脈なしLINEの特徴」を紹介したい。しっかり解説していくので、「なぜ」「どんな状況」で脈なしLINEになるか理解しながら読んでみてほしい。

こんなLINEの状態になったら一度引くべきサインだと思われるLINEを紹介するので、脈なしサインを受け取っている場合は一旦仕切りなおそう。自分と好きな人や気になる人とのLINEのやり取りをチェックしてみてほしい。

スタンプ・絵文字・顔文字の使い方によるLINEの脈なしサインとは

好きな人・気になる人とのLINEのやり取りで、スタンプ・絵文字・顔文字の使い方はどうなっているだろう?

文字でやり取りするLINEにおいては、顔が見えない分、連絡する相手を大事に思う時ほど装飾は増えるのがセオリーだ。

感情の表現やLINEを柔らかい印象にしたり、より伝わりやすくするためにスタンプや絵文字・顔文字などを使うと思うけど、相手とのトーク履歴を見てみてどんな状況になっているだろうか。

脈なしLINEの特徴を、まずは「スタンプ・顔文字・絵文字」をテーマに解説する。

好きな人とのLINE、「スタンプ」の判断ポイント

まず、スタンプについては、「脈なしだから送る人」と、逆に「脈なしだから送らない人」の二つに分かれるため、スタンプの有無だけで脈ありも脈なしも判断しないことが重要なポイントだ。

ここは自分の感覚だけで見ていると判断を間違えるので注意が必要。かわいいスタンプを送ってくれるから大丈夫だと判断するのは少し違うし、スタンプがないから脈なしLINEともならない。

スタンプに関しては文章を考える必要がなく、無難なLINEを送れるという特徴がある。文章と一緒にスタンプを送ったりするのであればここには当てはまらないけれど、「やっつけスタンプ」は脈なしサインになることがある。

つまり、「ただスタンプを送るだけで会話していくれない」のは脈なしサインの特徴ということだ。メッセージに絡めてスタンプがある場合は「より丁寧」という意味で感触は悪くない感じになる。

スタンプだけの返信が多い場合は脈なしサインになるため、LINEの仕方を工夫する必要がある。

好きな人とのLINE、「絵文字・顔文字」の判断ポイント

次に、絵文字や顔文字の有無など、LINEの装飾におけるポイントを解説する。

LINEを機械的にして乗り気でない感じを出す時に、絵文字・顔文字を使わない人は多い。単語、又は短いメッセージで返信する人は脈なしの気持ちを表現していて、ほとんどのLINEが装飾されない場合はLINEの脈なしサインとなる。

文章の最後に付ける装飾みたいな意味でも絵文字や顔文字は使われるから、一手間かけてくれるかどうかという視点で相手の気持ちが出る部分だ。

まったく飾り気なしのLINEで、気遣いの無いLINEになっているとしたら、一旦引くべき時かもしれない。

普通、自分に取って大切だと思う人には気遣いが見えるし、逆にどうでもいい人には気遣いが減っていく。この傾向はLINEにも出るため、特に「女性からのLINE」では脈なしLINEとなるパターンが多くなり、男性からのLINEの場合もずっと顔文字や絵文字がない場合は脈なしLINEになりやすい。

既読無視は脈なしサイン、ただし既読がつくタイミングが遅いのも脈なしサイン

既読がつくのが遅いことで脈なしLINEに気づいた女性

好きな人にLINEを既読無視された時の考え方と対処方法
誰かを好きになって仲良くなりたいと思ったとき、一番使われる手段が「LINE(ライン)」を活用したアプローチである。簡単なメッセージのやり取りは、好きな人と仲良くなる前のコミュニケーションに最適だ。 しかし、LINEを使った恋愛

好きな人・気になる人とのLINEで既読無視されるのは、脈なしサインの特徴としてよく言われることだ。はてなマークのLINEでも無視されたり、内容的に返信するべきものが既読スルーされるなら尚更強い意志を感じる脈なしサインとなる。

ただ、既読無視問題は「相手の理由」が様々あるので、必ず個別に判断して「たった一度の既読スルー」を気にしないことも片思いを叶えるコツだったりする。

LINEの既読がつくタイミングには脈なしサインが隠されている

LINEの既読無視以外に、送ったLINEがなかなか既読にならないのも脈なしサインだ。

既読がつくタイミングが遅いと感じるのが「傾向」にまでなっている場合、少なくともあなたのLINEが歓迎されているとは言えず、すぐに返信しないことで脈なしサインを送っている可能性がある。

面倒臭い相手のLINEほど放置してしまうことが多いことも理由の一つだが、次のことも大きい。

何通も連投でLINEを送ってしまう人も時々いるのだが、既読を付けずに放置プレイしておけば、とりあえずその相手からのLINEを止めておけるメリットがある。LINEを既読しないことで、時間稼ぎをしていることがあるのだ。

既読無視は既読無視で面倒な展開になることから、既読を付けるタイミングに気を使う(良い意味ではなく)人は少なくないため、既読がつくまでに時間がかかることが多いなら少し好きな人とのLINEを減らし、「LINEの頻度」の部分で調整するべき状況かもしれない。

なかなか既読がつかない状況で対処を間違えた場合は、既読スルーから未読スルーまで発展していってしまうので、LINEの既読がつくタイミングで引くべきサインを察知しよう。

仲良くなれた後の「そっけないLINE」は脈なしサイン

好きな人と定期的にLINEをする仲になったなら、距離は近づいていき、感情表現も多くなる方が自然な流れ。これは、友達としでもそうだし、恋愛感情が絡むならなおさらその傾向が顕著になる。

しかし、近づいた距離の分、増えるはずの「仲良しエピソード」がないとしたら、それは逆に言って「近づこうとしても近づけない距離をわざと開けられている」と考えるべき。

普通は、仲良くなったことがきっかけでLINEのイメージも良くなっていくので、ある程度コミュニケーションを取った後で「そっけない」のは、あなたを知った上で距離を取られている証拠となる。

友達期間がある程度経った後でも「好きな人からのLINEが素っ気ないLINE」だと感じることが多い状態は、脈なしサインとなるのだ。

毎日LINEしている場合でも、社交辞令LINEばかりなら脈なしサインになることも…

好きな人と毎日LINEしている、もしくは定期的にLINEをしている場合、通常はそれだけでも脈ありとなる場合があるけど、懸念されるのは「ただの付き合いでLINEをしているパターン」。いわゆる「社交辞令LINE」である。

社交辞令でLINEしている時の特徴は、何かしら繋がりがあるから邪険にできないことでLINEを続けているというパターンなのだが、そういう時はそっけないLINEを送ることで「察してほしい」と思っていることを暗に伝える。

好きな人の性格によってはストレートな表現を嫌がって、そっけないLINEに悪い意味の気持ちを乗せることがあるため、当然LINEの脈なしサインとなる。

好きな人と友達になると、自分からLINEすることで毎日LINEする関係になるのが比較的簡単なのだが、距離を置かれていると感じる時は押し引きしながらLINEする方が結果的に距離が縮まることもある。

LINEでする質問が一方的なのは脈なしサイン!好きな人から質問されないなら、押すべきじゃない

一方的にLINEしているのが脈なしサインなんじゃないかと不安な女性

LINEは双方向的に連絡している状態が脈ありサインで、一方的に連絡している状態はいくらLINEが盛り上がっている状態であっても、脈なしの可能性をはらんでいる。

そこで注目してほしいのが、LINEにおける「好きな人からの質問量」だ。好きな人からあなた自身のことを聞かれる機会がほとんどない場合は、LINEの雰囲気とは別に、LINEにおける脈なしサインになっている。

会話の流れとして、普通は聞かれたら聞き返すのがセオリーだ。確かにLINEでは聞き返されないことも多いのだけど、一方的に質問されている状況を受け入れる人は少なく、聞かれて答えるやり取りが続いている場合は「通常の会話の感覚」も手伝って、相手にも質問するのが普通の状態なのだ。

好きな人からLINEでの質問の頻度が低い、質問されない時というのは、単純に「興味がない」という理由になってしまう。

もし好きな人からプライベートなことで質問されることがあまりない状態で、あなただけが好きな人に質問している場合は、引かれる前に一旦LINEのパワーバランスを整えるべきだろう。

LINEを頻繁にしている場合は、「自分にだけ話す内容の会話がない」のが脈なしサインに

好きな人と頻繁にLINEしている人は、脈ありの時ほど「話題が深くなっていく」のが特徴である。しょっちゅうLINEしているのに自分にだけ話す内容の会話がないのは、脈なしサインになるので注意をしよう。

これは、好きな人と友達になってからの「期間」も判断材料にするべきで、アプローチしているのに仲良くなれないことが脈なしの雰囲気を高めているパターンだ。

嫌われてないのだが、好かれてない、言わば「どうでもいい人」になってしまっている時にこんなことが起きる。

今回のテーマは「一旦引くべき脈なしLINE」を軸にしているが、距離を取るほど引かない対処法を取るべきなのがこの項目に該当した人。好きな人がわざと脈なしLINEを送ってきているパターンではないから、押し引きで対処する方が今後の可能性を作れる。

恋愛はあまり小細工するべきではないが、出会ってから期間が経っているのに深い関係になれない人は押し引きする必要性が高い人だ。下の記事も参考にしてみてほしい。

他の異性が話題に出るのはLINEの脈なしサイン

LINEで他の女子の話題をされた女子が脈なしLINEを確信した瞬間

好きな人と仲良くなると、良いコミュニケーションが取れている時ほど恋愛感情に関係なく二人の距離が縮まるのだが、そんなタイミングで出るのが「LINEで他の異性の話題が出る」という強い脈なしサインだ。

あなたの方から話題を振った場合を除き、もしLINEで好きな人が自分から他の異性の話を出してきた場合は、一旦引くべきサインとなる。「内容は関係ない」とまで言わないが、恋バナだけが該当するわけじゃない点には注意をしてほしい。

付き合う前の男女の会話はかなりナイーブなものになるので、本気の恋愛では「好きな人から誤解されること」を恐れる。ほかの異性の話題を出すことで勘違いされることもあるから、脈ありの場合は他の女子の話題や他の男子の話題を避ける傾向があるのだ。

LINEはやり取りするメッセージ量が少ないので、さらにこの傾向が顕著になる。

好きな人が気軽に他の異性の話をする時ほど強い脈なしサインになるので、「ただの友達」という雰囲気を出して来たら一旦引くべき。そのまま押していても友達として仲良くなるだけなので、つらい恋愛になる。

ただし、好きな人があなたの好意に気づいてない場合は「世間話」の範疇で他の異性を出してくるパターンがあるので、嫌な話題は少し冷たい態度を取ってみると好きな人の気持ちが見抜ける。

いつも好きな人にやさしくするだけが正しい恋の仕方ではないから、対処法を工夫してみよう。

LINEで誘った場合に「二人きりを避ける態度」は脈なしサイン!何度も誘うと気まずくなる原因に

好きな人を誘う時はLINEで様子を見る人が多いが、遠回しに誘った場合も含めて「二人きりを避ける態度を取る」場合はやはり脈なしサインになっていて、何度も誘わないのが気まずくしないコツである。

食事やデートに誘うほど好きな人とLINEができているなら、一見分かりにくい誘い方でも少しは恋愛の方向で考える。少しでも脈があるなら好きな人が自分から二人きりを否定しないのが通例である。

しかし、「じゃ、みんなも誘ってみよう!」なんてあっけらかんと言う好きな人の態度は、明らかに二人で出かけることを否定していて、分かりやすいアプローチができている時ほど強い脈なしサインとなる。

「鈍感なのかな?」と疑う人もいると思うのだけど、私の経験では「鈍感な振りをしている」ことが本当に多いから、二人きりを避けられた時は何度も誘うべきじゃない。

こんな時は一度引いてからまた誘いなおす方が上手くいくので、デートの誘いが空振りした時は仕切りなおそう。

女性は、下の記事も読んでおいてほしい。

脈なしLINEは、1回1回のLINEで判断をしないこと

 

好きな人とのLINE・気に脈なしLINEの分析方法に迷う女子なる人とのLINEは、一喜一憂してしまう人がほとんどだと思う。

「このLINEはどんな意味だろう」と、かなり具体的なLINEの意味を判断したくて当ブログに辿り着いてくれる読者も多い。

だけど、1回1回のLINEに深い意味を求めても、全体が見えなくなる部分がある。むしろ、好きな人の気持ちを知る上で逆効果となる考え方となってしまう場合が多いのだ。

相手もあなたを気にかけていて愛情も持っていたなら別だけど、そうではなくこれから距離を縮めていこうとあなたから動いている時期には、相手も一つ一つのLINEにそこまでの意味を込めて送ってきているわけではない

それは返信の内容とかスピード全般にも言える。

一喜一憂するのをやめるべきだとは言わないけれど、それで判断をコロコロ変えてしまっては相手の気持ちは見えない。

傾向と言うか、どういう状況かで判断をしていくべきで、相手にも気分や事情があって、LINEの場合はそれが見えないから気を付けてほしいと思う。

この部分については下の記事も参考にしてみてほしい。

好きな人の気持ちが分からない人へ「恋愛をシンプルに考える方法」を解説!~好きな人の気持ちは「事実」を前提に「結果」と「状況」から理解する
誰かを好きになって片思いをすれば、その恋愛が進むにしても進まないにしても、「好きな人の気持ち」を考えてしまうものだ。特に好きな人と仲良くなれた時は、脈ありと脈なしを常に意識するような感じで接することもよくある。 確かに恋愛を成

今回の「好きな人の脈なしLINE」についても上記記事で伝えていることが参考になるはずだ。そのまま当てはめて考えることでより客観的に「本当の気持ち」へ迫れるはずだ。

恋愛は二人でするものなので、自分の気持ちでいっぱいいっぱいになっては好きな人とうまく関係を作れない。だからこそ、好きな人の気持ちが知りたくなった時は冷静に判断するようにしてほしい。

今回紹介した脈なしLINEについても、脈ありと脈なしのどちらにも偏った見方をしないように気を付けよう。

LINEの脈なしサインが出ている状態でも続けるべき時期と、やめるべき時期

この記事を読んで、今のLINEの状態が脈なしだと判断した人は、「好きな人とのLINEをやめたい、LINEをやめるサインが出ている」と思った人も多くいると思うが、脈なしLINEが出ている状態でも続けるべき時期があるから注意しよう。

では、脈なしLINEを続けるべき時期とはいつだろう?

好きな人と仲良くなる前は脈なしLINEが来るのが当たり前

好きな人と仲良くなりたいなら~好きな人と仲良くなるためにするアプローチは自分を好きでいてくれることを期待してはいけない
あなたは好きな人ができた時に「仲良くなること」ができているだろうか? 恋愛が苦手な人の恋愛の仕方に触れてきて、私が大きな問題だと感じているのが、「好きな人と仲良くなることができない」という問題だ。 まだ好きな人と仲良くな

好きな人から脈なしLINEが来るのは、仲良くなる前なら当たり前のことだから、関係作りのためにLINEしている時期は脈あり・脈なしを気にしないでLINEするようにしよう。

LINEを続けることで本当の意味の脈なしサインが出てくるから、そこで判断するようにする。「最初は仕方ない」と思うことも重要なのである。

具体的には、友達になって1ヶ月はLINEしていることに意味がある時期であるため、脈なしLINEが来る状況でも連絡は入れるべきだ。引くべきサインが出ても、定期的に連絡する中で関係性の変化に期待しよう。

LINEするようになって3ヶ月経った状況で脈なしLINEが来るときは引く

引きべきサインとしては、「LINEするようになって3ヶ月経った時に脈なしLINEが来る状況」をイメージしておこう。

出会ってから3ヶ月と言う期間は、二人の関係が落ち着く時期であるため、この時期に脈なしLINEがくるということは、意識されてない、好意を持たれてないサインとなる。

ばんばんLINEするよりも、グループで絡んだりしながら関係性を作っていく方が嫌われないで距離を縮めていけるので、「めんどくさい奴」だと思われないようにLINEを控える方が無難な選択だ。

出会ってから付き合うまでの期間については下の記事を参考にしてみてほしい。

【出会ってから付き合うまでの期間】最短と最長の経験談~知り合ってから短い、長いで上手くいくか変わる?
出会ってから付き合うまでの期間は、なかなか理想の期間とはならないケースが多いように思う。世間では「知り合ってから付き合うまでの期間の理想は3ヶ月!」なんて言われるけれど、恋愛経験の多い私でも「付き合うまでの期間」に分かりやすい法則の

まとめ

今回は「脈なしLINEの特徴」を紹介した。

こんなLINEの状態は一旦引くべきだと思われる状況を紹介したけど、あなたと好きな人・気になる人とのLINEの状態と比べてどうだっただろう。

LINEのやりとりでは色々なところに脈なしサインと脈ありサインは示される機会があると思うが、LINEなどの「連絡」には文字だから見えやすいところがあるし、一緒にいない離れた状態で為されることだからわかり易い表現とも出くわす。脈なしなら一旦引く判断もあろうかと思うので、振り返ってみよう。

今回の記事で「脈ナシ」が確定的となった人の中で「あきらめる恋の見分け方」を知りたい場合は下の記事を読んでみよう。

関連記事:

脈あり・脈なし LINE・メール
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました