女性の扱い方が上手い男と下手な男の違い~女性の扱いを知らない、分からないならこの差を意識しよう

女性の扱い方が分からない男性が泣かせてしまった女性を見ている。女性の扱いがうまい男性と下手な男性の違いが知りたいと思っているところ。

あなたの周りには、見習いたくなるような「女性の扱い方が上手い男性」がいるだろうか。
女性の扱い方が分からないとしても、理解しようと努力できているだろうか。

恋愛経験が多い「年上男性」なら、女性の扱い方を知っている人が多く、スマートに女性を口説く姿をよく見かける。ライバルが年上だと、なかなか難しい恋愛になるものだ。

しかし、年齢を問わず「女性の扱い方」を知っているか分からないかで、モテるモテないに大きな違いが発生するのは事実で、このことに気付けるかでも女性を知っているか知らないかを分けている。

そこで今回は、「女性の扱い方が上手い男性と下手な男性の違い」をまとめる。

女性の扱い方を知らない、分からない男性は今回まとめる内容の差を意識しよう。非モテ卒業に向けて、具体的に「女性の扱い方」を解説する

スポンサーリンク
記事下アドセンス

自分を気にしてくれる男性を女性は意識する

女性の扱い方を知っている男と知らない男の差は、やはり「経験値の差」が大きい。

最初から女性の扱い方を知っている男なんて居なくて、失敗しながら学ぶのが異性の扱い方である。身を持って学んだことを次の恋愛に活かし、モテる男はどんどんモテ男道を極める。

多くの事柄で「二極化」の流れが叫ばれる中、恋愛の二極化も相当のレベルに達している。「彼女を作る」ことに興味を持つなら是非勝ち組に入ってほしい。

前置きが長くなったが本文に入っていこう。

女性の扱い方を学ぶなら「女性の願い」を知るべきなのだが、まず紹介したい女性の願いは、「好きになった人からは自分を見ていてほしい」と思っている点だ。気にかけてほしくて、自分を想っていてほしい。こういった女性の気持ちが「好きになること」へも強く影響する

つまり、「自分を気にしてくれる男性」と付き合えば幸せで居られることを知っている女性は気にしてくれる男性に興味を持ちやすく、魅力的に思うのである。

有名な例を一つ示そう。
髪を切った女性には「なるべくそれに気づいて褒めてあげろ」という恋愛の王道的なテクニックがある。
「あれ?髪切ったの?今日、なんか可愛くない?」
まるで必殺技のようにこんなセリフを緊張して言うなら気持ち悪いところもあるけれど、サラっと言える男性ならあなたもモテるイメージを持つだろう。

女性の扱い方がうまい男性と下手な男性の違いとして大きいのが「女性を気遣えるかどうか」だ。これは個別具体的になればなるほど、ダイレクトに女性の気持ちに届く。

女性の扱い方がうまくなりたいなら、好きになった女性を気にしてあげよう。そして、それを態度なり言葉なりに乗せて、相手に届けよう。

恋愛していると色々な状態で好きな人と接することになる。本音は基本的に隠されるのが付き合う前の時期なので、気にかけていると時々深い話もできるようになる。

女性の扱い方が分からない男性ほど「意識しているのがバレたら気持ち悪いと思われるかも」と心配すると思うけど、「どう表現するか」でその印象は変えることができる。気持ち悪い言い方をすれば気持ち悪いけれど、距離感を間違わずに声掛けをできていれば「やさしさ」が伝わるのだ。

女性の扱い方がうまい男性は女性を気にしてあげて、適切に声掛けできている。具体的な行動・態度だけでなく、違いを意識してみよう。

スポンサーリンク

上手く女性の話を聞ける男性は女性の扱い方がうまい

付き合ってきた彼女からの不満でも、女友達の彼氏へのグチでも、一番多かったのは「話を聞いてくれない」ということ。上で挙げたことと関連していることだけど、やはり女性は「放置される」のを嫌う。

逆に考えると「楽しく会話できる男性(※これに話を聞いてくれるということが大きい)」は女性の好みに違いない*1

また、上手く話を聞ける男性は「適切なリアクション」をしているのも特徴であり、違いだ。「こんな風に話を聞いてほしい」という女性の願いはその時々で違っているが、扱い方を知っている男性は、相手の女性が求める言葉を返す

「女性の話を聞け」とアドバイスすると「聞き役として自分はしゃべらないようにする」と勘違いするのが女性の扱い方が分からない男。「うん。うん。」って聞いているだけで、話を遮らず最後まで話を聞けば良いと考える。

確かに「ちゃんと聞ける」だけでも、女性の扱い方に失敗したということはない。
しかし、話をちゃんと聞いた人の態度を逆の立場で考えてみると「具体的なリアクションがない人」にあなたはどんな印象を持つだろう?

ただ聞いているだけで話を聞けていると勘違いしている人は、女性の扱い方を知らない人だ。野暮なアドバイスは否定されがちだけど、相槌だけで良いとも限らない。

誰かに何かの話をすれば、普通はリアクションが気になる。中には「本当に聞いてるの?」と思われてしまう聞き方もあって、女性が求める話の聞き方が分かっていない男性は決して少なくない。

女性の話を聞くときは、以下の5点がポイントになる。女性の扱い方がうまくなりたい男性は必ず意識しよう。

  • 基本は女性を認めてあげて、共感してあげることで「話しができて満足」という気持ちをもってもらうように話を聞く(特にくだらない話の場合)
  • 時に反対意見を言うことでより話を深堀する、「話し応えのない男」にならないように(特に悩みや相談チックな話になったときは)
  • 話の腰を折らないように相手主体の会話をしつつ、自分の話も適宜織り込む(一つの話題で長く話しても楽しく会話できる相手になる)
  • 質問は興味の証、彼女の私的な話で「分からない点」は質問で話を膨らませる
  • 彼女が求める言葉をイメージしながら聞くことで適切な言葉をかけてあげる

女性の会話と一言でいっても色々な場面があるけれど、典型的なパターンは上記を意識することで「うまく話が聞ける男」になれるだろう。

女性も男性も、心を開いた信頼している人には「自分の話を聞いてもらいたい」という心理を持つ。ここは男女で共通しているところ。逆に、大きく違う点として「男性は何かあると自分のカラに閉じこもって考えたい心理」が強く、「女性は何かあると人に話を聞いてもらって整理したい心理」が強い。

従って、不満を持つポイントが男女で違っているから「求めること」が違っており、女性の扱い方が上手い男と下手な男の違いはここを押さえているかどうかが大きい。

女性の扱い方が上手くなりたい男性は「話を聞いてくれる男性」を正しく理解しよう。

女性との距離感が調節できる男性は、女性の扱いがうまい

女性の扱いが分からない男性は、自分の気持ちを優先してしまうことが多く、恋愛対象となる女性との距離感をうまく調節できない。積極的な性格なら「ガツガツとした態度」で女性に接し、消極的な性格なら「腰が引けた態度」で接してしまう機会が多いのだ。

少し仲良くなってきた段階で、女性の扱い方が上手い男性と下手な男性の違いが出てくるのが、「女性との距離感」である。女性の扱い方を知っている男性は、相手の気持ちを考えて距離感が調節できるのが特徴になっている。遠すぎず近すぎず、丁度いい距離感で接する男性に、女性は居心地の良さを感じる。

恋愛ではよく「好きな人との距離を縮める」という表現が使われるけれど、ここで言う「距離」は、ただ縮めようと近寄ることが正解ではない。出会ってから仲良くなる過程にも丁度いい距離感が変わるし、二人でデートしたりいい感じになった後の距離感もその時々に応じた丁度いい距離感がある。

これこそまさに恋愛力そのものと言えるのかもしれないけれど、女性の扱い方が分からない男性は「丁度いい距離感」を絶対に意識しておこう。調節しようとする意識があれば大分変わる人がいるし、自分の性格に合った対策も考えることができる

特に女性は男性に比べて警戒心が強いという特徴があるから、異性の感覚を踏まえて距離感を調整することも大切だ。気遣いが過ぎる男性は男らしさをなくしてしまうので説明が難しい部分だが、きちんと「現在の関係性」が分かっていれば距離を縮めていく恋愛の仕方ができるはずだ。ここが疎い男性は下の記事も参考にしてみてほしい。

マメで細やかな男性は、女性から「扱い方が上手い!」と思われる

マメな男性がモテることはあまりに有名な話なので詳しい説明はいらないかもしれない。ここまで挙げてきたことも王道的なものだったが、「マメな男性」がモテるのは最も有名な話となっている。

しかし、マメな男性がモテることを知っていても、「自分にはムリ」と思う男性が多い。そこまでしないといけないなら「俺は恋愛に向いてない」とも思ってしまう人がいるだろう。その点を踏まえると、なかなか対処が難しい問題とも取れるだろうか。

基本的にめんどくさがり屋の男性が多いから、マメな男性がモテることを知っていても、「できない、やりたくない」と思ってしまうもの。そんな男性は、発想を変えて「女性から扱い方が上手いと思われるにはマメさも大切なんだ」と理解しよう。やる気になってアプローチするときに活かすように考えた方がいい。

と言うのも、女性にマメになろうとしても、普段からマメな男性にはなかなかなれないものなのだ。また、本気でそうなろうとも思えない。
だから、女性の扱い方が上手い男性と下手な男性の違いとして押さえつつ、好きな女子にアプローチするときの参考にし、活かすことを考えておこう。差は意識するべきだが、ここを徹底的にやらないとモテないわけではない。少なくても私はマメな男ではないので、今回の記事全般も、自分の性格や特徴を踏まえて参考にするべきだろう。

下心があるとどうしても自然に振舞うことが難しいので、「マメさアピール」みたいに思えることをしたくなくなるし、できない原因になる。しかし、そういうことをサラっとできる男性は女性から「女の扱い分かってるなぁ」と思わせる部分があり、「恋愛初心者の男に見られる7個の特徴と対処の方法~デートだけじゃない、食事や飲みに行くだけでも恋愛初心者だとバレる原因を解決へ」でも述べているが、良い意味の「慣れてる感」に女性は安心感を持ち、心地良さを感じる

デリカシーのない男が嫌われるのも有名な話だし、マメな男になり切れないとしても、マメさも大切なんだと理解することで自分にプラスワンできるといいかなと思う。

もちろん、性格的にマメになれる男性はそれが女性の好みにフィットする部分はあるので、アピールポイントとして有効になる。サラッとマメにアピってみよう。

まとめ

今回は「女性の扱いからが上手い男性と下手な男性の違い」をまとめた。
女性の扱いを知らない、分からないなら、紹介した4つのことを意識してみよう。

女性の扱いが上手くなりたいと思うなら、女性が心地良いと感じることや魅力的に思うことを知らないといけない。今回はなるべく多くの女性に当てはまりそうなことを挙げたが、恋愛を意識するなら個別具体的に「一人の女性」の扱い方に長ける方がいい

好きな人ができたら、なるべく相手を気にしてみよう。そうするとコミュニケーションのきっかけもやり方も具体的に気付けることが出てくる。それを繰り返すことであなたなりに「女性の共通点」も分かるだろう。好きになるタイプも男性それぞれ違うから、自分が仲良くなるタイプの女性というカテゴリーではさらに共通点が増えるはずだ。

正直言ってしまうと、あなたがどんな人かでも有効なアプローチの方法は変わってくるところがある。どうしてもこういうノウハウ的な記事は自分の場合に落とし込む必要があるのだ。

だから、こういった記事を参考にし、きっかけにし、自分用にカスタマイズすることを考えてほしい。現に私も性格的に「マメさ」は課題となっている部分だ。一つの見方をすれば比較検討もしやすいので、文字通り「役立てるために」行動を起こそう。まずは王道からアプローチすることでとっかかりはできると思うので、インプットをしっかりアウトプットしてみてほしい。

恋愛をうまく行かせるには具体的な努力が必要。まずは自分自身をよく理解して、女性にどんな接し方をしたらいいかを知ろう。下の恋愛診断は役立つと思う。

関連記事:

   [ + ]

1. もちろん、いつも話を聞いてあげなくてはいけないのではないから変にハードルの高さを誤って計らないように。女性の気分まで読めるようになると「女性の扱い方を知っている男性としてベストである。