真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

男性が「お姫様扱いしている態度」ってどんな感じ?男性が頑張って女子をお姫様扱いしている時の態度や行動と、その心理

男性にお姫様扱いされた女性の幸せな表情。

男性が好きな人や気になる人に「お姫様扱いしている態度」って、あなたは何となくイメージできるだろうか?

「お姫様扱いされたい!」って思う女子は多いように思うけど、実際には男子が女子をお姫様扱いしている時の態度や行動は良く分からないと言うのが女子の本音かもしれない。不器用な男性は、女性が望む分かりやすいお姫様扱いをせず、自分なりの行動・態度で気持ちを示している。

「こんな風にお姫様扱いされてみたい」というものはあっても、逆の立場で考えればそれがなかなか難しいことだと気づく。ここら辺は、ちょっと気になることがあってもなかなか説明されない部分だ。

そこで今回は、「男性が女性にお姫様扱いしている態度ってどんな感じ?」と疑問に思う女性のために、「男性が頑張って女子をお姫様扱いしている時の態度や行動」について、男性心理に注目しながら解説したい。

あまり男性に慣れていない女性は、男性がお姫様扱いしている時の態度や行動を知っておくと恋愛に生かせるかもしれない。後半は「お姫様扱いされる女性の特徴」も紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

男性がお姫様扱いしている時の態度について解説します。お姫様扱いされる女性の特徴にも注目ですよ。

お姫様扱いしてくる男性は好意が理由?

男性は、好きな人ほど「お姫様扱いしたい」「女の子扱いしたい」と考えるので、男性のお姫様扱いが分かると、女性は自分に向けられた愛情を計ることができる。

付き合う前の片思いの時でも、男性は好きな人をお姫様扱いすることが多くあるので、脈の確認という意味でも男性のお姫様扱いを見抜けるようになろう。彼氏の態度がお姫様扱いになってるなら、愛されてるサインになる。

逆に言えば、この記事で紹介している男性のお姫様扱いは、二人きりになっても何一つ確認できない場合に脈なしサインとなるため、好意の有無が浮き彫りになる。

詳しくはこれから解説していくのだが、男性は不器用だったり、好意を隠すためだったり、分かりやすい態度で女性を姫扱いするタイプばかりではないので、しっかり見極められる女性になってほしい。

それでは、具体的に「男性が女性をお姫様扱いする時の態度」を紹介していく。

男性がお姫様扱いしたくなる女性は、好意を持っている女性です。男性のお姫様扱いしてる態度が分かると、好きな人の好意に気づくことができるので、恋愛力がアップしますよ。

お姫様扱いする男性は、女性の気持ちを聞こうと質問が多くなる(※大切に扱おうとする男性心理)

男性が女性にお姫様扱いしてる態度。

お姫様扱いは男性が女性を大切に扱う姿が一番イメージしやすいけれど、その気持ちを実際に具体的な態度や行動に落とし込むため、男性が女性をお姫様扱いする時は女性への質問が多くなる傾向がある。

男性が実際に恋愛に効くお姫様扱いをしたいなら「察するチカラ」がかなり重要で、先回り的に男が動くと女性の心地良さは期待した通りの感情変化があるのだけど、恋愛下手な男性ほど「言葉で女性の気持ちを確認しようとする傾向」が態度や行動に見られる。

もしあなたに質問ばかりする男性がいたら、「お姫様扱い」として大事に扱おうとする心理が態度になって現れたのかもしれない。

「寒くない?」
「お腹減った?」
「トイレ大丈夫?」
「ちょっと休憩しようか?」

質問ばかりのデートは答える女性も面倒になりがちでうんざりすることも多いのだが、気遣いできない男よりは女性を大切にしている気持ちが伝わる。

受け取り手である女性も、良い方向で考えてみるとたくさん質問されるのがやさしさだと分かり、お姫様扱いされてることに気づくことができるかもしれない。

お姫様扱いしない男性は女性の気持ちを確認してまで気遣いをしないから、比較で考えると分かりやすくイメージできると思う。

女性から見ると男らしくない態度に映ることがあるとはいえ、女性慣れしてない男性はいちいち聞かないと分からないことだらけだから、不器用な感じるする男性に対しては「お姫様扱いしようとしてるのかな?」と肯定的に疑ってみても良いと思う。

これから紹介するポイントと合わせて判断しよう。

男性がお姫様扱いする態度は女性から見ると不器用に感じるものも多くなっています。特に恋愛経験が少ない男性は「これが姫扱いなの?」と思うこともあるので、「なんでこんな行動を取るのかな?」と考えてみることが重要です。好意を理由にしているならポジティブに受け取りたいですね。

お姫様扱いする男性は、お世辞っぽくても女性を褒める(※好意を伝える、ご機嫌取りする男性心理)

これも「多くなったとき」に男性が女性をお姫様扱いしているときの態度になるのだけど、「褒めること」はやっぱり男女だと特別な意味を持っているパターンが少なくない。下心も含まれるし、いずれにしても「女性として興味を持った」という男性心理が予想される。

恋愛をテーマに「男性が女性を褒めること」を考えると、大きく2つの意味がある。

一つは好意を伝えるために褒めるパターンだ。自分がいいと思ったことを褒めるわけだから、魅力的に見えている、感じているところなどを言葉にする以上、何らかの好意を伝える意味も含まれている。好意を伝えることで自分に興味をもってもらいたい男性心理だ。

もう一つは「ご機嫌取り」の意味。女性は感情表現が豊かで、比較して良い意味でも悪い意味でも精神的に安定している男性からみると、機嫌を取りたいと思うことがままある。

女性扱いに慣れていない場合は「あれ?機嫌悪くしちゃったかな…」と不安に思うこともあるので、「褒めること」で円滑なコミュニケーションを目指す場合がある。実際に女性のテンションが上がると雰囲気が良くなるので、このような意味も含まれる。

男性が女性をお姫様扱いするときの心理にも、この「ご機嫌取り」という意味が含まれている。それがもしかしたら「お世辞っぽい」という雰囲気を作ることがあるのかもしれないけれど、それはそれとして、素直に好意を受け取る方が男女はうまくいく。

「機嫌を取る」という言葉は悪い意味の言葉と受け取り勝ちだが、いい気分で一緒の時間を過ごしてほしいという気持ちから出たものであるなら、そう悲観してみることもない。お姫様扱いは女性をお姫様気分にするのが条件だから、現実的におだてる男性もいるのだ。

当然男性はもう少し考えるべきことも出てくる問題だけど、女性に敢えて言うなら、「お世辞っぽくても、気持ちを受けとるようにしてみたらどうだろう?」と提案したい。ミスマッチが起きている問題だが、よく褒める男性はお姫様扱いの一環として色々な意味で行動や態度にそういったことを表現している。

「褒める」のは恋愛で実際に効果を期待できる行動。ここを読んで何となく腑に落ちない女性は、下の記事を合わせて読んでみよう。

男性は、お姫様扱いする女性を肯定しながら会話します。褒められるなら女性として興味を持たれているので、「男性の褒め方」にはあまりこだわらないようにしましょう。

どんな男性でも経験があるお姫様扱いは「送り迎え」

男性がお姫様扱いする女性を迎えに行った車。

男性が女性に送り迎えをするのは、お姫様扱いしている時の態度として男性がイメージしやすく、実際に一般的となっている。毎回はきついとしても、どんな男性でも経験があるお姫様扱いの行動だろう。

最も頻度が高いのは「夜遅くに酔った時」で、送る必要性が高いシチュエーションなら付き合う前でもお姫様扱いのつもりで送っていくことがよくある。

私の経験則では、彼女や好きな人を毎回送り迎えするタイプの男性は、そう多くなかった。当然必要性の問題が絡めばその限りではないのだけど、お姫様扱いとして日常的に行う男性は少数派かなとは思う。毎回となると、時間的な負担は相当なものになる。

そういったこともあって、ある男性に対して女性が「自分にお姫様扱いしているかどうかを知りたい」ときは、一貫した態度で見るよりも「男性がお姫様扱いに頑張る瞬間」の方に注目する方が良いかなと思う。

男性も、あまりにも女性に寄り添った態度や行動を続けるのはいやらしいと思うものだし、照れてしまったり、めんどくさがり屋も多い。

お姫様扱いはしつこくなってしまうと逆効果にもなるから、男性はお姫様扱いするタイミングを選ぶところもある。キュンキュンする瞬間が増えてきているなら、相手の男性は基本スタンスとしてあなたをお姫様扱いしようとしていると思って問題ないだろう。女性として強く意識している証になる。

「車を持っているから…」
「ただ優しいだけじゃ…」

自信のない女性や恋愛経験のない女性は、つい好意を寄せる男性の行動や態度を悪い方向で疑ってしまうけれど、「頻度・必要性」の観点から客観的に見ることでもう少しフラットに見ることが可能になるはずだ。

複数のポイントで本当の気持ちを知ろうとすることも大切なことだから、「どんなアプローチをされても信じない女」にならないように気を付けよう。

男性が女性を送り迎えするのは典型的な姫扱いの態度です。夜道を心配る時は大切に扱われていますよ。

レディーファースト(※「さりげないお姫様扱い」をしたい男性心理)

日本人の男性はレディーファーストが徹底できないと言われているけど、恋愛中の男性はその人なりに考えている問題だ。足りないと感じるのが女性なのだろうが、お姫様扱いとしてレディーファーストに努める男性は多くみてきた。あからさまにはできなくとも、相手の心理が知りたいなら、敏感になってみると好きサインが発見できるかもしれない。

紳士的に振舞うのは女性扱いになれている人に多いから、まじめなタイプの男性が好きならむしろ不器用に気遣う姿をお姫様扱いとして見てみるといい

分かりにくいのかもしれないが、さりげないところでお姫様扱いしようとする男性は実際多いオープンにアプローチできない男性は「さりげなさ」を考える。好きバレしたくないのは、男性心理も同じだからだ。

男性のレディファーストの態度に注目してみても何も感じないなら脈ナシともいえ、好意を抱いた女性には気遣うのが男性だから、「お姫様扱いされない」のは片思いの脈なしサインになる。

逆に、デート中や一緒にいる時に「お姫様みたいに扱ってくる」と感じるなら強い脈ありサインだ。彼氏だったら愛されてる証拠になるだろう。

男性の不器用なお姫様扱いが「片思いの初々しさ」を演出するから、緊張感のない関係はむしろ友達になっている。男女を意識しない友達関係においては、レディーファーストがない、もしくは最低限になっているだろう。

レディーファーストの態度で女性をお姫様扱いする男性は意識すればすぐ見抜くことができますよ。ちゃんと恋愛対象に思われてるサインになるので、細かな行動でも察知したいですね。

男性のお姫様扱いを見抜くには守ってあげる態度に注目する(※男らしさをアピールする男性心理)

男性がお姫様扱いの態度で女性を守ろうとしているところ。

男性が男らしさを考える時、一番に浮かぶのは「強さ」である。ヒットする歌でも「守ってあげたい」とか「支えたい」というフレーズは男性心理の象徴としてよく出てくる。男性が女性を守る態度や行動が、お姫様扱いになるのはこのためだ。

男性のお姫様扱いを見抜きたい時は、女性がピンチになればわかりやすい。と言っても、本当にピンチになる必要はなくて、自分がつらいとか困っていることを伝えることになる「相談」が良いだろう。

困っている、悩んでいることを話したときに、どれくらい親身になってくれるか、相談によって相手の愛情を感じるときは、あなたを大事に扱っている証拠となる。彼に取って、あなたはお姫様なのだろう。

男性が解決策ばかりアドバイスするのは、「あなたのために解決してあげたい思い」である。女性の「聞いてほしい心理とミスマッチするのは、男性の論理的な思考と女性の感性が合っていないから。お姫様扱いするつもりがあっても、日本人男性は女性の気持ちにあまりアプローチできていない現実がある。

性格的なものもあるから、それが脈ありサイン確定とまで言えないが、お姫様扱いしている女性に対して、内心で「守ってあげたい」と思うのが男性なため、普段の態度で分かりにくいときは、きっかけを振ってみると相手男性の心理が透けて見えそうだ。

女扱いしないで「頑張れよ笑」的な感じなら、お姫様扱いされてないということになる。こういったところもあって、強い女性はモテないと言われるわけだ。男性は頼られるのがうれしいと感じる生き物なので、「守ってあげたい」と思う心理をうまく刺激している女性は逆説的にモテるという面もある。

不器用な男性はここを変な男らしさでアピールすることもあるので、合わせて知っておくと色々なタイプの男性心理が分かるようになるはず。相手の気持ちを考える時は、相手の立場で見るようにしてみよう。

好きな人と良い感じになっているなら、下の記事を読んでおこう。男性が女性を守りたいと思う瞬間についてまとめている。

好きな男性があなたのために親身になってくれるならお姫様扱いされてると言えます。頼ってみると好きな人に取って自分がどんな存在か見極めることができますよ。

次からは「お姫様扱いされる女性の特徴」を紹介するので、好きな人にお姫様扱いされたい!と思っている女性はぜひ参考にしてみてほしい。

お姫様扱いされる女性の特徴

好きな人にお姫様扱いされたいと思うなら、関係性や気持ちだけじゃなくてあなた自身がお姫様扱いされる女性にならないと難しい

これから5つ、お姫様扱いされる女性の特徴を紹介するので、ぜひ自分にプラスワンしてみよう。

素直に接することができる女性

男性が不器用にも女性をお姫様扱いしようとするとき、心理にあるのはやっぱり「喜んでほしい」という気持ち。素直じゃない女性は男性がアクションを起こしても期待したリアクションがないから敬遠しがちだ。

素直な女性が男性からモテるのは有名な話だけど、「お姫様扱い」のように男性が大切に扱おうとする女性は基本的にポジティブな女性である。素直な女性は男性の優しさも素直に受け取ってくれるイメージなので、男性がアクションを起こしやすい。

話しかけやすい雰囲気の女性

たとえば「いつも笑顔の女性」など、話しかけやすい雰囲気の女性は、男性全般からお姫様扱いを受ける。あまり緊張せずに接することができるため、単純に機会が増えることも理由になっている。

男性は本能的に「女性に優しくしたい心理」を持っているものだ。自分の方が体力が上だから、優しくしやすい女性には優しくする。

恋愛にも「話しかけやすい女性」はすごく優位性が高いので、自分が話しかけやすい女性じゃないと思う人は下の記事を読んでおこう。

男性を頼ることができる女性

お姫様扱いを受ける女性のイメージはやっぱり「か弱い女性」である。ここは前半部分でも触れているが、男性を頼ることができる女性はお姫様扱いを受ける女性。

恋愛を前提にすれば、守ってあげたい男性心理は女子の方から刺激できると良い。あなたの振る舞いはそのまま男性から見たあなたのイメージに関わるから、ポイントを見つけて男性をわざと頼ることは恋愛テクニックにもなっている。

好きな人からお姫様扱いされたいと思うなら、「自分の弱い部分」を隠さない方が良い。ときどき男扱いされる女性は、好きな人に自分の弱さを見せられるようになろう。

リアクションが大きい女性

男性は自分のアクションに「成果」を求める心理を持っている。女性は過程を大事にするのが性別上の特徴だが、男性は分かりやすい成果に拘るのが特徴だ。

リアクションが可愛い女性がモテるのは有名な話だが、男性がお姫様扱いした時もそのリアクションが期待できるため、そのリアクション見たさに男性はアクションを起こす。

「そんなに可愛いリアクションなんてできない!」と思う女性は、多少オーバーリアクションになっても、大きめのリアクションをするように頑張れば、お姫様扱いされる女性に近づけるはずだ。

感情表現が豊かなのは女性の特徴だから、恋愛に興味のある女性にはぜひ意識してもらいたい。

聞き上手な女性

男性の積極性を引き出す「聞き上手な女性」も、お姫様扱いされる女性だ。コミュニケーションが取りやすく、男性が調子に乗れるので、積極的なアクションを起こさせる。その一部が男性の「お姫様扱いしてる態度」に出るイメージだ。

照れ屋だったり恥ずかしがり屋も少なくない男性全般の中で、お姫様扱いされるにはそれだけ男性の気分がアガらないといけない。その多くはやはりコミュニケーションの中で生まれるから、聞き上手になることであなたの扱いも変わってくるだろう。

結局「男性の扱いがうまい女性」が恋愛全般で上手くいっているので、好きな人や気になる人の前でも過度に緊張せず、楽しい会話が展開できるようになろう。苦手な人は下の記事を読んでみてほしい。

まとめ

今回は、男性が「お姫様扱いしている態度」ってどんな感じ?という疑問から、男性が頑張ってお姫様扱いしているときの態度や行動をまとめ、男性心理にも触れていった。

案外現実ではお姫様扱いがうまい男性って少ないと思う。結局女扱いに慣れているのか慣れていないのかで変わるため、イタリア人など外人のように女性を姫扱いできない日本人男性は多い。

今回は「頑張ってお姫様扱いしている」としているが、もう少しわかりにくいところばかりを紹介したのは、普段の生活で実感できるパターンを紹介したかったため。もう少し女性を知るだけで変ってくる男性は多いような気がした。

恋愛サインが分からない女性は、下の記事も参考にしてみよう。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました