距離を縮めるために「好きな人の呼び方」を変える方法と効果

好きな人の呼び方を変える方法について話す男女

あなたは、付き合う前に好きな人の呼び方を変えたことがあるだろうか?

これまで自然に好きな人の呼び方が変わるタイミングはあったとしても、恋愛テクニックの一部のようなイメージで自分からわざと好きな人の呼び方を変えた経験がある人は少ないかもしれない。

しかし、好きな人の呼び方というのは、相手とあなたの距離感を表す「恋愛する時に重要なもの」であり、大いに工夫の余地がある分野だ。

恋愛上級者は「付き合う前から好きな人の呼び方を変える」という恋愛テクニックを使って、見事に距離を縮めている。

事実、人は相手との関係性に応じて呼び方を変えているため、たとえば「さん付け」で好きな人を呼ぶのと、「ちゃん付け」「くん付け」で好きな人を呼ぶのとでは、好きな人の受け取り方や印象に大きな違いがある。

あなたも、〇〇さん!と呼ばれるより、〇〇くん!とか〇〇ちゃん!と呼ばれた方が親近感を感じるはず。呼ばれ方の意味では、あだ名で呼ばれるのも相手との距離を近くに感じると思う。

この点に注目すると、わざと好きな人の呼び方を変えた場合、あなた自身の経験からも「恋愛にも効果がある」と想像できるだろう。

この記事では、「好きな人の呼び方を変える方法と、片思いへの効果」について解説するので、好きな人の呼び方を変えたい!と思う人や、もっと距離を縮めて好きな人と仲良くなりたいと思う人は、ぜひ参考にしてみてほしい。途中、カップルの呼び方を変える方法(彼氏の呼び方を変える、彼女の呼び方を変える方法)も紹介する。

好きな人の呼び方を変えると片思いにどんな効果があるのか、恋愛が苦手な人は必見だ。

この記事のラストでは、好きな人の呼び方を変えた場合によく起こる、「好きな人から呼ばれ方が変わった時の男性心理と女性心理」と、「好きな人が呼び方を変えた時の脈あり度」「年上男性の呼び方を変える、年上女性の呼び方を変えるのはアリかナシか」などについても解説している。

  1. 付き合う前に好きな人の呼び方を変える恋愛効果と意味
    1. 好きな人の呼び方は二人の距離感を表すから、好きな人の呼び方を変えると距離を縮めることができる
    2. 好きな人の呼び方を変えると、好きな人に仲良くなったと思わせることができて、好意もやんわり伝えられる
    3. 呼ばれ方が変わったら、好きな人は呼び方を変える男性心理や女性心理を考える
  2. 好きな人の呼び方を変えるタイミングは?さん付けから君付けに変える、さん付けからちゃん付けに変えるタイミング
    1. 「いきなり下の名前で呼ぶ」など、なれなれしい態度は仲良くなる前だと好きな人から嫌われる原因になる
  3. 片思いしている好きな人の呼び方を変える方法(付き合う前に君付けで呼ぶ、ちゃん付けで呼ぶ方法)
    1. 自然に呼び方を変えたいなら、会話が盛り上がったタイミングで冗談交じりに呼び方を変えるのがコツ
    2. 付き合う前に好きな人の呼び方を変える最初の一言
    3. 付き合う前の好きな人の呼び方を変える方法は、違和感を与えないようにするのが最も重要なコツ
    4. 好きな人の呼び方を変える方法は、LINEで始めるとさらに簡単
  4. 付き合い始めにカップルの呼び方を変える場合:彼氏の呼び方を変える、彼女の呼び方を変える方法
    1. 彼氏の呼び方を変える最初の一言、彼女の呼び方を変えるはじめの一言
  5. 好きな人から呼ばれ方が変わった!呼び方を変える男性心理や女性心理、下の名前で呼ばれた時の脈あり度は?
    1. 呼び方を変える男性心理(あだ名、下の名前、ちゃんづけで呼ぶ心理)
    2. 呼び方を変える女性心理(あだ名、下の名前、君付けで呼ぶ心理)
  6. 年上男性の呼び方を変えるのはアリ?年上女性の呼び方を変えるのは失礼?
    1. 年上男性の呼び方を変えるのはアリ?
    2. 年上女性の呼び方は「ちゃん付け」だと失礼?
    3. 職場恋愛の場合は好きな人をどう呼ぶのがおすすめ?
  7. まとめ

付き合う前に好きな人の呼び方を変える恋愛効果と意味

冒頭から説明しているように、誰かが誰かを呼ぶ際は、その呼び方が二人の関係性を表現している。

たとえば、親しい友達に呼ばれる時は下の名前を呼び捨てにされることも多い一方で、知り合いからは苗字にさん付けで呼ばれることが多くなっていて、呼び方や呼ばれ方はある種「お互いの距離感」を象徴している。

年齢差などでも変わるけど、呼び方というのは相手への気持ちも表現されており、恋愛と結びつけて考えた時に意外と奥深い世界である。あなたの日常でも、様々な呼ばれ方をされているはず。

通常の人間関係は、相手と仲良くなるほどフランクな関係になっていき、それを表すように呼び方や呼ばれ方が変わる。

では、これを逆転させて考えていく(=好きな人の呼び方を変えることで仲良くなろうとする)とどうなるだろう?

考え方を逆転させることで今回のテーマ「好きな人の呼び方を変える恋愛効果と意味」がより鮮明になっていく。

好きな人の呼び方は二人の距離感を表すから、好きな人の呼び方を変えると距離を縮めることができる

人は誰かに呼ばれる際、くん付けやちゃん付けで呼ぶ人に比べて、名字にさん付けで呼ぶ人の方が、相手との距離を遠くに感じている。

これは、今までの経験則で頭が勝手に判断している部分もあり、「フランクに呼ぶ人=仲の良い人、自分のことが(友達として)好きな人」というイメージを持つ結果へ影響している。

本当は仲良くなるから呼び方が変わるのだけど、そんな経験をたくさんしているから、「呼び方が変わった人は仲の良い人」というイメージにつながるのである。

  • 呼び方が変わらない人=他人行儀な態度を取られてるように感じて、まだ仲良くない人だとイメージする
  • 呼び方が変わった人=親しみを感じて、仲良くなったとイメージする

実は、呼び方と呼ばれ方はお互いで距離感を表現し合っているのだ。

本来は、あなたと好きな人が仲良くなったところで、それを表すように色々なことが変わっていく。話す時の距離もそうだし、話し方や接する時の態度も、知り合ったばかりと仲良くなってからでは、変わるところがたくさんあるだろう。その中に「呼び方・呼ばれ方」も同じ意味で変化がある

好きな人との丁度いい距離感とは~心も体も、適切な距離で接するために恋愛における「距離感」を徹底解説
恋愛している時、あなたは好きな人との距離感を意識してアプローチできているだろうか? ただ押していくだけ、ただ気を遣って引いているだけになっていないだろうか? 恋愛では片思いでも両想いでも、好きな人との距離感が難しい。恋愛

ずっと名字にさん付けで呼ばれるのは社会人の恋愛に普通ではあるが、親しくなる中で呼び方がさん付けから君付けやちゃん付けに変わることもよくあって、本当に仲良くなれば付き合う前の社内恋愛でも二人きりになった時に下の名前で呼び合うことすら珍しくない。

もしそんな経験をすれば「仲良くなったんだな」とか「親しく思ってくれているのかな」って思ったりするだろう。

では、これをあなたからわざとやってみたら、どんな恋愛効果が期待できるだろう?

好きな人の呼び方を変えると、好きな人に仲良くなったと思わせることができて、好意もやんわり伝えられる

好きな人の呼び方を変えると、自分から意識的に仲良くなった後の状態を作ることができ、親しみを持ってることを伝えることができる。

「たまごが先かにわとりが先か(=仲良くなったから呼び方を変えるのか、呼び方を変えるから仲良くなれるのか)」という話に近いことを今回述べているのだが、私の言いたいことは伝わっただろうか?

好きな人の呼び方を変えたい、付き合う前に名前で呼ぶ効果を知りたいという人は、下のポイントをよく理解しておいてほしい。

  • わざと好きな人の呼び方を変える=好きな人に「親しみを持ってもらえてるのかな?」「(人として)好きになってくれたのかな?」と思わせることができる

簡単に言えば、仲良くなったから自然と変わる好きな人の呼び方を、まだそこまで仲良くなる前から変えることで、好きな人に「仲良くなれた」と思わせることができて、好きな人に「(友情の意味で)好意を持って接している」と伝えることができるということだ。

これが好きな人と仲良くなるのに好影響を与える。

好きな人からあだ名で呼ばれたり、くん付けやさん付け・ちゃん付けで呼ばれるようになったなら、あなたもきっとそれまで以上に親近感を持つはず。

そんな関係を自分から作っていくことで、今よりもっと好きな人と仲良くなっていき、距離を縮めていこうとするのが今回紹介する「好きな人の呼び方を変える方法」の趣旨であり、付き合う前の片思いへの効果だ。

さらに恋愛への効果に注目すると、次の効果も大きい。

呼ばれ方が変わったら、好きな人は呼び方を変える男性心理や女性心理を考える

この記事では、自然に呼び方を変える方法を解説するが、さん付けで呼んでいた人が君付けやちゃん付け、あだ名で呼んできたら、やっぱり最初は「なんでだろう?」と相手の気持ちが気になる。

そこまで嫌な気持ちではなく、何となく違和感を感じるのだ。そうなると、男女間での場合は「ドキドキさせる、キュンとさせる」ことができることもある。

簡単に言うと、好きな人目線では呼び方を変える男性心理や女性心理を考えるから、意識させることが重要な付き合う前の片思いに効果があるということだ。

他のアプローチをしていた場合は、呼び方を変えた人(=あなた)に対して、好きな人は「仲良くなったからだ」と思うだけでなく、少しは「好意や恋愛感情が理由になってるのではないか」と考える。

この「ちょっとは恋愛方向に考えさせること」が片思いのアプローチでは重要になるので、好きな人の呼び方を変えるとちょうどいいアプローチができる。

この解説をすると多くの人が好きバレすることを心配するが、呼び方や呼ばれ方は男女であっても友達同士で自然に変わることがあるものなので、そこまでストレートなアプローチにはならない。

さんからくん呼びしたり、さんからちゃん呼びすると、親しみがこもってる分、恋愛の方向に考えたとしてもちょっとなので、「好きな人を名前で呼びたい」とか「自分を意識させるために効果がある方法を実践したい」と思う人は臆することはない。

次で「好きな人の呼び方を変えるタイミング」を説明し、具体的な好きな人の呼び方を変える方法を解説をしていこう。

好きな人の呼び方を変えるタイミングは?さん付けから君付けに変える、さん付けからちゃん付けに変えるタイミング

好きな人の呼び方を変えるタイミングに成功した女性

好きな人の呼び方をタイミングは、「ある程度は仲良くなったな」と自覚できるレベルに達してからにするのが、片思いにプラス効果を与えるコツだ。

どのくらい仲良くなった後かと言うと、好きな人から話しかけられることが出てきて、冗談を言い合って笑い合える関係になれていたらOKというイメージだから、そこまでハードルは高くない。

知り合ってからの期間とか、仲良くなってからの期間はそこまで気にしないで、好きな人と普通に会話できる関係になったら、今から紹介する方法で好きな人の呼び方を変えていこう。

  • 知り合い期間、友達期間で好きな人の呼び方を変えるタイミングを計るより、仲良くなれた度合いで呼び方を変えるタイミングを計る。
  • 冗談を言い合える、冗談を言ったらよく笑ってくれる状態なら「さん付けから君付けに変える、ちゃん付けに変えるタイミング」。

仲良くなってきてからすぐに呼び方を変えるのはタイミング的に問題ないが、まだ冗談を言い合うような関係になる前に呼び方を変えたら不自然に思われるし、失礼な態度だと思って不快感を覚える人もいる。

本来は仲良くなった段階で自然と変わっていく「好きな人の呼び方」を意図的にわざと変えるため、まだあり得ないタイミングだと感じるなら、仲良くなっていくことを先に考えよう

少しずつ好きな人と仲良くなれている中で、もう一歩親密になっていくことに効果がある恋愛テクニックとして「好きな人の呼び方を変える方法」を使うと、恋愛成就に向けて一定の効果が見込める。

最初から馴れ馴れしい態度を取ると好きな人に嫌われるから、最低限「二人で何度か笑い合う会話ができた」のをサインにして、呼び方を変えるタイミングを検討しよう。

「いきなり下の名前で呼ぶ」など、なれなれしい態度は仲良くなる前だと好きな人から嫌われる原因になる

良好な関係ができた段階で好きな人に踏み込んでいくのは恋愛的にアリなのだが、勝手に距離感を勘違いする行動や態度を取ると、好きな人が引くから注意してほしい。

「なれなれしい態度」だと思われると嫌われる原因になるため、好きな人の呼び方を変えるタイミングはきちんと距離感を意識して判断しよう。

まだ好きな人の呼び方を変える時期じゃないと思う人は、下の記事で好きな人と仲良くなる方法や距離を縮める時の考え方を学んでみてほしい。

ただし、ビビり過ぎて遠慮し過ぎることはない。LINEするようになっていたり、「友達になれたな」って思えれば十分に好きな人の呼び方を変える時期に来ている。

結局は、タイミングを見て好きな人に踏み込んでいかないと好きになってもらうことはできないので、アプローチには積極的でいよう。

好きな人の呼び方を変える効果は既に説明している通りだ。あなたの恋愛を前に進めていくために、次の見出しで解説する「好きな人の呼び方を変える方法」をぜひ実践してみてほしい。

片思いしている好きな人の呼び方を変える方法(付き合う前に君付けで呼ぶ、ちゃん付けで呼ぶ方法)

付き合う前の片思いで好きな人の呼び方を変える方法を実践した男性

付き合う前に片思いしている好きな人の呼び方を変える際は、会話中に盛り上がるタイミングで冗談交じりに「〇〇ちゃん・〇〇くん」ってからかうように呼んでみることから始めると、自然に呼び方を変えることができて簡単だ。

自然に呼び方を変えたいなら、会話が盛り上がったタイミングで冗談交じりに呼び方を変えるのがコツ

なぜ、からかう感じで好きな人の呼び方を変えるのが良いかと言うと、変に意識しているのがバレないからだ。

いきなりくん付けで呼ぶ・ちゃん付けで呼ぶと、雰囲気によっては「え?」ってなってしまうことがあるけど、冗談の中で言うと明るい雰囲気で呼び方を変えるのができるため、好きな人に呼び方が変わったと強い違和感を与えないで済む。

では、どんな流れで好きな人をくん付けでよんだり、ちゃん付けでよぶと良いのだろう?

付き合う前に好きな人の呼び方を変える最初の一言

好きな人の呼び方を変える時は、笑い話の中でからかうように下の名前で呼ぶところから始めるのだが、急に呼び方を変えてきたと思われないようにするには、好きな人を褒めながら下の名前を使ってからかう方法がおすすめだ。

下のようなからかい方で、あくまでも冗談のつもりで好きな人の呼び方を変えてみよう。褒めながら呼び方を変えてからかうと、相手が照れるような感じになるから、「空気が凍る」なんてことがない。

【呼び方を変える最初の一言「からかう」例】

  • さすが○○くんだね~(笑)
  • やっぱり○○くんは頼りになるよ(笑)
  • ○○ちゃん、それ天然すぎでしょ!かわいすぎ(笑)
  • ○○ちゃんのそういうとこ、ほんとかわいいよ(笑)

本当は会話例を示す方が分かりやすいかもしれないが、「どんな会話の中で好きな人の呼び方を変えるか?」というポイントより、「下の名前で呼びながら好きな人を褒める」のが恋愛的におすすめの方法なのでこの形で紹介した。

好きな人を下の名前で呼びたい、呼び方を変えたいと思っているなら、ぜひここで伝えているニュアンスを掴んでほしい。

私の経験で鉄板となる “好きな人の呼び方を変えるタイミング” は、みんなで飲んでいる時に盛り上がった時や、仲間内などの会話の中でツッコミを入れる時だ。

二人きりの時に急に呼び方を変えるより、みんなでいる時に「その時だけ呼び方を変える」と、冗談か本気か分からない感じが違和感を減らしてくれる。(※恥ずかしがり屋の人は3人や4人の会話の時で問題ない)

この「違和感をなくすこと」が好きな人の呼び方を変える方法では肝となるポイントだ。

付き合う前の好きな人の呼び方を変える方法は、違和感を与えないようにするのが最も重要なコツ

一番最初に違う呼び方で好きな人を呼ぶ時は、どんな関係でも違和感を感じやすい。だからあなたもこれまで好きな人を下の名前で呼ぶのに躊躇していた部分があったと思う。

でも、冗談から始めれば、好きな人もだんだん下の名前で呼ばれることに慣れてくれ、いずれ当たり前のような感覚になる。友達になっていれば、「え?何て呼んだ?」とは言わないで冗談で返してきたり、意外にすんなり受け入れてくれるから、心配しないでノリ良く好きな人を君付けやちゃん付けで呼んでみよう。

好きな人を下の名前で呼んだ時に好きな人の反応が悪くなければ、普通に話している最中もちょくちょく呼び方を変えていき、最終的には普段の呼び方をフランクなものにする。

じゃれている時や、酔っている時だけ呼び方を変えていたところから、何気ない瞬間も呼び方を変えていくのだけど、ゆっくりやればやるほど、気づけばどっちが自然か分からないほどスムーズに “くんづけ” や “ちゃんづけ” で呼べるようになる

グループ内の恋愛だったり学校や職場の恋愛であれば、こうして好きな人の呼び方を変えるとかなり親密な感じが出てくる。

たとえば、同性同士でしか呼ばない呼び方を異性であるあなたがすれば、周りは「仲いいな」って思うだろうし、好きな人も同じ感覚を持つようになる。

何度も話しかけながらのことだから難易度は決して低くないが、逆に言えば普段話しかけることができているなら簡単だ。話しかけられない人は下の記事を読んでみよう。

好きな人に話しかけられない原因と対処法~気になる異性に話しかけることができないと悩むなら理由を知って改善しよう
「好きな人に話しかけることが苦手…、自分から話しかけられない人はどうしたら気軽に話しかけることができるんだろう?」 誰かが気になったり、誰かを好きになれば、誰もが「自然に話しかける方法」を考えて悩むものだ。 好きな人に話

仲良くなれば呼び方が変わる方が当たり前なので、積極的に関係性へアプローチできる「好きな人の呼び方を変える方法」は、片思い中の男女にぜひ実践してほしい恋愛テクニックである。

もう一歩進みたいときは遠慮ばかりじゃラチがあかないので、こんな方法からアプローチしてみよう。

好きな人の呼び方を変える方法は、LINEで始めるとさらに簡単

好きな人の呼び方を変えるには「ノリがいい会話中であること」「冗談半分にからかいながら褒めること」がコツなので、LINEにも応用可能だ。

好きな人と頻繁にLINEできる人は、最初はLINEの呼び方から変えるのもおすすめで、LINEで好きな人を君呼びしてみたり、ちゃん呼びしてみよう。

LINEが盛り上がると言葉遊びみたいな雰囲気になることがあると思うので、その中で好きな人の下の名前を使ってみると一種の “ボケ” みたいになる。逆にツッコミ的なコメントでからかいながら下の名前を使うのもおすすめだ。

簡単に言うとLINEでふざけ合うような時に好きな人を下の名前で呼ぶのだが、じゃれ合うような会話だったら好きな人は「ふざけてるだけ」だと思うので、呼び方を変えても好きな人が笑ってくれる。

LINEだったら、声で君付けされたりちゃん付けされるより印象がソフトなので、笑い話をしてる時はふざけて呼び方を変えるチャンスだ。1回呼び方を変えたら次からはちょくちょく下の名前で呼べるようになる。

この雰囲気で君付けしたりちゃん付けすると、LINEだけ呼び方が違うという状況も作れる。いわゆる “二人の時だけ呼び方が違う状態” を簡易的に作れるので、恋愛アプローチとしてもおすすめだ。

LINEでの呼び方を変えたら、今度は二人でいる時にも同じ要領で呼び方を変えると、自然に好きな人を下の名前で呼べるようになる。

LINEであればお互いに顔を見てないので、「下の名前で呼ぶのは恥ずかしい」とか「照れるから下の名前で呼べない」という人もチャレンジしやすいだろう。

好きな人の呼び方を変える以外に「好きな人に好意を伝える方法」を知りたい人は下の記事がおすすめだ。

付き合い始めにカップルの呼び方を変える場合:彼氏の呼び方を変える、彼女の呼び方を変える方法

次に、付き合いはじめにカップルの呼び方を変える場合について解説を加える。

付き合い立ては、下の名前で呼びたいと思っても彼氏や彼女の呼び方を変える方法が分からない人もいるので、簡単に解説していく。

友達から付き合うことになった場合などは特にそうだが、付き合うことになったらなるべくすぐにお互いの呼び方を変えるのがおすすめだ。

「下の名前で呼び合うカップルになる」ことは、付き合いはじめを軌道に乗せるコツにもなっている。

どんな呼び方にするか決める時間は、本当に好きな人と付き合うことになったことを自覚する楽しい時間である。恥ずかしがらずに「呼び方ってどうしようか」って聞いてみれば、カップルらしい初々しい会話ができる。

その他に、自分から提案して呼び方と呼ばれ方をリードするのもおすすめだ。

彼氏の呼び方を変える最初の一言、彼女の呼び方を変えるはじめの一言

  • 「(付き合うことになったけど)呼び方どうする?」などの質問から2人で呼び方と呼ばれ方を決める
  • 自分から「○○」って呼んでもいい?と提案して、呼び方と呼ばれ方をリードして決める

付き合うことになったら呼び方を変える方がカップルらしくなる。ずっと「くん付け」とか「ちゃん付け」では友達の頃と変わらないし、カップルっぽくないから空気もそうなりがちだ。

カップルの場合も自然に呼び方が変わっていくことがあるから「絶対に変えないといけない」とは言わないけれど、最初に決める方が後から変えるよりも違和感がないからおすすめである。

カップルはお互い好き同士だし、下の名前で呼び合う方が嬉しいと思う人が大半なので、「呼び方変えないとね」とか何でもいいから、彼氏や彼女と「名前の呼び方」について話してみよう。「そうだね、変えたいよね」って返ってくると思う。

付き合ったばかりのカップルで、「最初はどうしたらいい?」と思っている人は、下の記事も参考にしてほしい。

カップルが付き合い始めの最初にやるべき7つのこと~付き合うことになったんだけど、まずはじめに何したらいいの?
恋愛経験がない人に取って、「初めて付き合う」ということは初体験で分からないことだらけだ。 せっかく片思いが叶って付き合うことになったのに、付き合い始めの最初のころに失敗してすぐ別れるようになっては悲しすぎる。 付き合った

好きな人から呼ばれ方が変わった!呼び方を変える男性心理や女性心理、下の名前で呼ばれた時の脈あり度は?

好きな人から呼ばれ方が変わった女性が男性心理と脈ありか考えているところ

この記事で解説した「好きな人の呼び方を変える方法」を実践すると、「好きな人から呼ばれ方が変わった」という経験をする人がたくさん出てくる。

自分から名前の呼び方を変えなくても、「好きな人から下の名前で呼ばれた」とか「好きな人から呼ばれ方が変わった」なども、恋愛中はよくある話である。

では、好きな人から呼ばれ方が変わった時はどんな男性心理・女性心理なのだろう?

脈ありかどうかも含めて、男女それぞれに解説する。

呼び方を変える男性心理(あだ名、下の名前、ちゃんづけで呼ぶ心理)

基本的に、呼び方を変える男性心理は「親しみ」が前提にあるわけだが、好きな人からあだ名で呼ばれるより、下の名前やちゃんづけで呼ばれる方が脈ありサインの可能性が高い。

好きな人と仲良くなる中で「呼び方が変わった」ことだけで喜ぶとどうしても恋愛的に勘違いしてしまうため、「どんな呼び方に変わったのか」という点を重視して、呼ばれ方が変わった意味を判断しよう。

男性心理は、好きな女子に対しては、女の子扱いする意味でも「あだ名で呼ぶよりちゃん付けで呼びたい心理が強い」ため、完全友達扱いはアプローチの方向性を再考するべきだ。

男性が「お姫様扱いしている態度」ってどんな感じ?男性が頑張って女子をお姫様扱いしている時の態度や行動と、心理
あなたは、男性が好きな人や気になる人に「お姫様扱いしている態度」を何となくでもイメージできるだろうか? 「お姫様扱いされたい!」って思う女子は多いように思うけど、実際には男子が女子をお姫様扱いしている時の態度や行動はよく分から

さん付けからちゃん付けになった時は恋愛的に順調な意味になるし、アプローチできていたなら、あなたの好意を好きな人が好意で返してくれた点で脈ありの可能性が高まる。

ただし、高校生や大学生は「親近感を伝えたい」との男性心理で好きな人をあだ名で呼ぶタイプもいるので、その他のサインから彼の気持ちを推し量ろう。

男性の脈なしサインと脈ありサインを察知するための9つのチェックポイント
恋愛をしている女性に取って、好きな男性の脈なしサインと脈ありサインはちゃんと察知したいポイントだ。恋愛中なら、好きな人の気持ちを完全に見極めたいと思う瞬間が必ずある。 脈なしサインを確信できないといつまでも期待してしまって次の

呼び方を変える女性心理(あだ名、下の名前、君付けで呼ぶ心理)

呼び方を変える女性心理は、男性同様「親しみ」を表現している一方、下の名前に君付けで呼んでくれるようになった際は、強めの脈ありサインになるのが特徴だ。

男性の恋愛だと、相手から呼び方を変えてくることは少ないと思うから、おそらく女性が呼び方を変えるきっかけはあなたが呼び方を変えたのが理由になってると思う。そうなると、君付けで呼んでくれるのが「呼び方と呼ばれ方を合わせてくれた」という意味になるため、変に友達の雰囲気が強まっていない限り、かなり強い脈ありサインになる。

さん付けから君付けする女性心理は好意の表現になりやすいので、こちらもその他のサインと合わせて脈あり・脈なしの判断材料にしてみよう。

ただし、女性は好きな人に好意を隠したい心理が強いため、「こっちはちゃん付けで呼んでるのにあっちは君付けで呼んでくれない」という展開になったとしても、それが脈なしサインとはならない。

奥手な女性を好きになった時は相手の気持ちを理解するのが少し難しいので注意してほしい。詳しくは下の記事を参考にしよう。

すごく奥手な女性の気持ちに気づくには~女心を理解すれば奥手女子の脈ありにも気づける
奥手な女性を好きになった場合は、彼女の好意や恋愛感情などの「気持ち」に気付くのはなかなか大変である。 奥手女子は口数が少ないし、思ってることや考えていることをあまり言葉にしてくれないから、恋愛が進んでいるのかどうかもよく分から

年上男性の呼び方を変えるのはアリ?年上女性の呼び方を変えるのは失礼?

最後に、年の差がある恋愛をしている人向けに「付き合う前に年上男性の呼び方を変えるのはアリか」「付き合ってないと年上女性の呼び方を変えるのは失礼なのか」について答えを示したい。

好きな人の呼び方を変える時は相手が年上だと色々考える必要があるので、恋愛の事ばかりではなく「常識的な態度」が求めらる。この点を考慮して解説しよう。

ここで言う「年の差」は、2歳以上の年上を想定している。好きな人が1個上ならそこまで気にしないでアプローチしよう。

年上男性の呼び方を変えるのはアリ?

好きな人が年上男性だと気軽に君付けで呼ぶのは気が引けると思うが、女性から年上男性を呼ぶ時は、苗字にさん付けで呼ぶ関係をずっと続けるより、名前の呼び方を変える方が距離が縮まるし、相手からの印象が良くなる傾向にある。

そもそも同性より異性の方が、年の差があっても仲良くなることで敬語を使わない関係になりやすい。

男同士や女同士の方が年上の「先輩」に接する態度についてきちんとした接し方が求められる。でも、異性の場合はここが崩れやすくて、特に年上の男性心理では「気軽に接してくれる年下女性が可愛く見える」ところがあるから、年上男性の呼び方を変えるのはおすすめのアプローチだ。

男性心理から「構いたくなる女性」を徹底解説!好きな人に構ってほしいなら、男性が構いたくなる女になろう
男性心理には、好きな人以外に対しても「女性を構いたい」という気持ちを持つことがあるのだが、女性の中には「構いたくなる女性と構いたくない女性」の2種類がいて、好きな人から構ってもらえる女性は恋愛上手だ。 特に、年上男性が好きなタ

年上の男性に対しては、呼び方を変えると親しみが伝えられるから、距離が縮まってきた段階においては呼び方を変えることも検討してみよう。

当然、同い年の男性や年下男子よりも呼び方を変えるタイミングは少しだけシビアに判断するべきだけど、仲良くなって可愛がってもらってる状況になったらそこまで躊躇しないで良い。

年上男性は年下女性に余裕がある態度を取ってると思うので、甘える感じだったり、頼る感じで話す時にチャレンジしてみよう。他の年上男性との接し方に違いが生まれることで意識してることも伝わりやすくなる。

年上女性の呼び方は「ちゃん付け」だと失礼?

年上女性の呼び方は「ちゃん付け」だと失礼に思われる(印象が悪くなる)ことが多いため、「何度かご飯に行く関係」くらいまでは呼び方を変えない方が良い。

なぜ年上男性と対応方法が違うかというと、女性はラフに接する男性に対して「軽い」とか「常識がない」と思いやすいからだ。年上の女性心理では、慕われてると思うより、なめられてる(馬鹿にされてる)と思いやすい。

特に最初はしっかり敬語を使って紳士的に振る舞い、呼び方も常識の範囲に収めよう。

ただ、年上女性との恋愛が進んできた場合に関しては、好きな人の呼び方を変えることでより親近感を与えやすくなり、好意も伝えられる。

呼び方を変えるタイミングをしっかり判断して、片思いの後期で年上なのにわざとちゃん付けで呼んだり、下の名前で呼んでみる機会を作ると、「年下男子から呼ばれ方が変わった意味」を考えさせることができる。アプローチの効果が倍増するため、タイミングが重要だ。

年上女性に対しては、2人で会えるようになってから呼び方を変えよう。誘い方が分からなかったら下の記事を参考にしてほしい。

職場恋愛の場合は好きな人をどう呼ぶのがおすすめ?

職場恋愛の場合は、基本的に「上司と部下の関係」の場合はみんなと同じ呼び方をするのがおすすめで、そこまではっきり立場差がない場合にこの記事で解説した好きな人の呼び方を変える方法を実践してみよう。

社内恋愛の場合は仕事上の関係が重視されるため、職場の雰囲気に合わせて好きな人の呼び方を考えよう。

みんながあだ名で呼び合うような職場だったら好きな人を下の名前で呼ぶことにチャレンジしてみても良いが、固い職場だったら好きな人とご飯に行く時に「二人の時だけ呼び方を変える」のがおすすめで、職場外でラフな空気になったタイミングで、からかいながら呼び方を変えてみると、二人の距離がより一層縮まっていく。

仕事でつながってる相手はオンとオフのバランスも重要だから、仕事中の呼び方を変えないことで常識的な態度を取りつつ、二人で会う時に呼び方を変えると特別感が与えられる。職場恋愛や社内恋愛ではそれを生かすようにアプローチするのがコツだ。

みんなが一定の距離を取りながら接するからこそ、二人の時に態度を変えるとアプローチ効果が高い。付き合う前だからと言って、遠慮ばかりでは特別な関係にはなれないので、職場恋愛や社内恋愛の場合は早く社外で会う関係になって、職場以外でアプローチできる環境を作ろう。

社内恋愛の脈ありと脈なしの違いが分かる9つのポイント~好きな人の態度でサインの見分け方を徹底解説する
社内恋愛は、自分的にも相手的にも "慎重さ" が求められる恋愛だ。職場に好きな人ができたら、闇雲にアタックするのが間違いになりやすい。 そうなると、他の恋愛よりさらに重要になるのが、社内恋愛の脈ありサインと脈なしサインを見抜く

まとめ

今回は、距離を縮めるために、好きな人の呼び方を変える方法と恋愛効果をまとめた

最後は、好きな人から呼ばれ方が変わる時の男性心理と女性心理、呼び方が変わった時の脈あり度、年上男性や年上女性の呼び方を変えるのはアリかナシかなども解説しているので、ぜひ付き合う前の恋愛に悩んでいる人は参考にしてほしい。

好きな人の呼び方を変えたいと思った時はそれなりに仲良くなった後だと思うので、その気持ちを表現するために、今回紹介した方法を参考にしながら「好きな人を下の名前で呼ぶ、好きな人を君付けやちゃん付けで呼ぶ」のにチャレンジしてみよう。

最初は冗談でからかうようなイメージで好きな人の呼び方を変えた後は、ちょくちょく新しい呼び方で呼ぶ機会を作って好きな人に慣れてもらい、違和感がなくなってきたところで完全に呼び方を変えると、いつ変わったか分からないくらい自然に好きな人の呼び方を変えることができる。

呼び方や呼ばれ方は二人の関係性を表す一つの指標だが、逆に言えば人は心理的にフランクに呼ぶ人を「仲の良い人」だと思うところがある。

決して恋愛へ与える効果は小さくないので、付き合う前であっても好きな人の呼び方を変えるのはおすすめなアプローチ方法だ。

LINEで好きな人と仲良くなりたい女子は、下の記事も合わせて読んでみよう。

社内恋愛している男性は、下の記事で「社内恋愛のアプローチ方法」を知ろう。

ある程度片思いが進んでいる人は、その時期にあった恋愛行動が取れるように下の記事で「好きな人の気持ち」を確認してみよう。

アプローチ友達
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を現実的に分かった女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました