統計から分かる「告白が成功する条件」~タイミング・時期・場所・方法~告白経験者233名の分析結果から見えたこと

告白が成功している様子

片思いが進んでいよいよ告白のタイミングを考える時、「告白が成功するか失敗するか」という期待と不安は、なかなか答えが出せない理由になる。

特に告白直前は好きな人ともある程度仲良くなった自覚がある頃だし、告白が失敗すれば友達関係が危ういからリスクが大きく感じてしまう。

しかし、だからと言ってそのまま友達関係が落ち着くとカップルになれる可能性はむしろ低下し、やはり恋愛において「告白のタイミング」は非常に難しい問題だ。

そこで今回は、好きな人に告白するか迷う人へ向け、統計から分かる「告白が成功する条件」を紹介する。広島大学大学院の小島奈々恵氏らが行ったある分析結果を元に、告白経験者233人の結果から見えた「告白が成功するタイミング・時期・場所・方法」などに触れていくので参考にしてみよう。

あくまでも確率的アプローチではあるが、予想する差がなかったり、参考になる読者は多いものと考えられるので、順を追って紹介していこうと思う。

スポンサーリンク

告白が成功する条件、今回の調査結果元

今回参考にさせてもらうのは、広島大学大学院の小島奈々恵氏らが発表した「恋愛にける告白の成功・失敗の規定因」という論文である。(参考:http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/19550/20141218121226312949/HPR_6_71.pdf

こちらでは、男女331名を対象に調査を行い、その内「告白経験のある233名」について回答が得られ、それを分析をして論文にまとめている。

この分析では「大学生」に焦点を当てており、他の年代に比べて恋愛環境が大きく違っている高校生を排除している。

大学生と社会人でもまた恋愛環境は違っていると思うが、当ブログの読者に参考となる分析だと判断した。

論文中にも言及があるが、高校生は恋愛に影響を与えやすい「夜間の活動」(時間的概念)が事実上制限されており、他の身分に比べて恋愛の環境差が大きい。
社会人が参考にする上で「高校生」を排除しているのは歓迎するべきフィルタリングだろう。

大学生以降で恋愛の在り方が変わる人も多いと思うので、「一般論」として考えて良いかと思う。

それでは、中身の紹介と私なりの考え方を説明していこう。

「出会ってから告白までの期間」として成功率が高い期間とは

紹介した論文によると、出会ってから告白までの期間として成功率が高いのは「3か月未満」だった。

以下パーセンテージを示す。

知り合ってから告白までの期間が

  • 3か月未満=告白の成功確率=約81%
  • 3か月~6か月=告白の成功確率=約61%
  • 6か月~12か月=告白の成功確率=約47%
  • 1年以上=告白の成功確率=約48%

以上の結果だった。

やはり出会ってからの期間が長くなると、「付き合う」という関係になる可能性はどんどん下がっていく。これは世間でよく言われるところであり、経験上でも納得する人が多いだろう。

「友達になるリスク」というのが恋愛ではよく意識される。
当該論文によると、告白に成功した人が最も告白している期間は「出会ってから3か月未満」だったようだ。逆に告白に失敗した人の告白している期間で一番多かったのは「出会ってから1年以上」だった。

好きな人と仲良くなれた場合、告白するタイミングを引っ張ることで告白の成功確率が下がっていくことは知っておくべきことだろう。

恋愛は「一緒にいる時の雰囲気」や「相性」などもよく影響を与えることなどを考えても、ある程度「短期決戦」であることは自覚するべき。著しく告白成功の可能性が減るとまでは言わないが、小さな差ではないところに注目するべきだ。

成功確率の高い告白する時間帯とは

次に「告白する時間帯」の分析結果に移ろう。

成功確率が高い告白するべき期間帯とは、当該論文を参考にするなら、「午前0時~5時台」ということになる。

以下パーセンテージを示す。

告白の時間帯的タイミングが、

  • 午前0時~午前5時台=告白の成功確率=約75%
  • 午前6時~午前11時台=告白の成功確率=約67%
  • 午後0時~午後17時台=告白の成功確率=約44%
  • 午後18時~午後23時台=告白の成功確率=約58%

以上の結果だった。

告白をした人が選んだ時間帯として一番多かったのが夜18時~23時台だったのだが、成功確率が最も高ったのは夜0時~朝5時台という結果だった。

これは二人で一緒にいられる時間帯が遅くなれば遅くなるほど親密な関係であることが大きく関わっているだろう。この時間を選んで告白するというよりは、「長く一緒に居たから告白できた」とか、「告白のタイミングを伺っていたら遅い時間になってしまった」というパターンが多そうだ。

午前中から待ち合わせをしてデートをしたけど、夕方には解散となるなら「失敗デート」の雰囲気であることもよくあるし、お互いで「一緒にいたい」と思い合える関係は解散を遅らせ、時折り終電を忘れさせる。

告白が成功する可能性が高い時と言うのは、「一緒にいて楽しい時間が過ごせる」ことがまず条件になる。その結果「長く一緒にいられる関係」も告白が成功する条件になると言えるだろう。

雰囲気を言語化するのは難しいけれど、お互いでもっと一緒にいたいと思う時と言うのは結果的に長い時間一緒にいられるものだ。好きな人が時間をあまり気にしない素振りで長く一緒に居られる雰囲気を感じる時は、告白に適したタイミングかもしれない。

成功確率の高い告白の場所とは

告白の場所については少し面白いアプローチだと思った。
どこで告白をするのが「成功確率の高い告白」になるのだろうか。

以下パーセンテージを示そう。

告白の場所が、

  • 自分の家=告白の成功確率=約70%
  • 相手の家=告白の成功確率=約80%
  • 学校=告白の成功確率=約23%
  • 道端=告白の成功確率=約56%
  • 公園=告白の成功確率=約45%
  • 車内=告白の成功確率=約53%

以上の結果だった。

「自分の家」や「相手の家」で二人きりになれる関係は、やはり告白の成功確率が高い結果となった。逆に「学校」のようにお互いの生活空間内で告白するような関係では、告白の成功確率が最も低い結果に。

これを参考にすれば、告白の場所として最適な所というのは特にないのかもしれない。
自分の家や相手の家で告白すれば告白成功の確率が上がるという考え方は間違っているだろう。

要は、「そこで告白するタイミングがあるという関係」が、成功確率が高いと言い換えるべきであり、この論文で「告白に向いている場所」を示しているわけではないと考える。

当ブログの過去記事で「告白の場所」について言及したことがあった。
告白が成功するか失敗するかを決めるのは「お互いの気持ち」であって、「告白する場所や時間帯は関係ない」というのが私の基本スタンスではあるが、なぜ「雰囲気」にこだわるべきかと言えば、告白は、思い出に残るそのカップルの最初のイベントだからだ。

がっかりさせる告白があるのもまた事実。しかし、相手も自分のことが好きだったらそれで告白を断ることはない。従って、告白して付き合う上で素敵な告白が素敵な思い出となって、その後のカップルを支える場合があるため告白の場所に拘る必要があると思っている。告白の成功と失敗は、ほとんどがその前段階でジャッジされているものだ。

ここで示した「告白の場所」で成功確率が高った場所は「相手の家」だったのは「そういう関係」だからであることが最も影響している。そのような見方でここを見るべきだと思う。

成功確率の高い告白の方法とは

告白の方法については悩む人が多いのではないだろうか。

当該論文では「告白の方法」についても分析されているので紹介しよう。

告白する時の内容が、

  • 好意のみ=告白の成功確率=41%
  • 交際申し込み=告白の成功確率=約72%
  • 好意と交際申し込み=告白の成功確率=約70%
  • 遠回し=告白の成功確率=約71%

以上の結果だった。私としてはここは少し意外な結果だった。

と言うのも、「告白の言葉」は案外重要だと思っていたからだ。
この点については以前にこんな記事を書いている。

成功確率を上げる「告白の言葉」を考える~盛り込むべきことは?
好きな人に告白するときは少しでも成功確率の高い言葉を選びたくなる。 しかし、告白したことが無い人や告白に成功したことが無い人など、経験が浅いならど...

興味を持ってもらえるなら上記記事を読んでほしいが、告白の言葉がもし重要であったなら、「交際の申し込み」と「好意と交際の申し込み」の項目に成功確率の差ができていないとおかしいのだが、結果は違っている。

当該論文を参考に「告白の内容」を考えるなら、「好意のみを伝えるだけに終わらないこと」ということが重要であることになる。

私の経験則からいえば、ここは論文の分析とは違っているが、一致している点は今挙げた「好意のみを伝えることが間違いである」という点だ。

告白された相手としては「どうしたいのか」が見えないし、「なぜ告白したのか」も分からないから返答が難しいため、ただ「ありがとう」とかのリアクションに留まり易い。又はそのリスクを高める。

告白は、確かに「付き合うためにあるもの」かもしれないが、内容が「想いを伝えるだけ」に留まれば、相手が受ける印象は「好意を伝えられただけで、付き合ってとは言われていない」ということになるから、どうせ告白するなら覚悟を決めるべきだろう。

もし覚悟が決まらないまま「告白のタイミング」が訪れたのなら、「遠回し」にでも「交際したい意志」を示すべきだ。好意を伝えるだけでは、ただ気まずくなる原因となる場合を増やすだろう。

まとめ

今回は、統計から分かる「告白が成功する条件」ということで参考にできると判断した論文を取り上げ、告白のタイミング・時期・場所・方法などでそれぞれの告白成功確率を示しながら、私なりの考え方も一緒に紹介した。

意外な結果もあったと思うが、ある程度の分母がある調査結果を分析している論文を参考にしているので、一般的な考え方として理解しておくべきだろう。

今回の内容で一貫していると思った点は、告白が成功するかどうかが「告白相手との関係性」で決まっている点。

告白の方法や言葉に拘っても与える影響は小さく、単純に「両想いであるかどうか」や「お互いで付き合いたい」と思っているかどうかが大事であることが今回の内容で分かる。

すごく当たり前の結論を胸を張って言うつもりはないが、あまり細かなところにこだわるのはナンセンスであり、「今の二人がどういう状況にあるか」を考えてしっかりアプローチしたなら、あまり時間をかけずに告白まで向かうべき。

無駄に時間が経てば、相手との関係性は落ち着いてしまうところがあるのは最初に示した通りなので、時間が経過するリスクとは向き合うべきだろう。

こちらの記事も合わせて読んでみてほしい。

好きな人に告白できない人へ~後悔する前に考えたいこと

関連記事:

告白大学生の恋愛世の中の恋愛事情
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました