好きな人との会話がすぐ終わる人へ!会話が続かない理由や特徴から、改善の方法を徹底解説!

好きな人と会話が続かない人が上手な会話の方法を知って楽しく会話できるようになった様子。好きな人との会話がすぐ終わることに悩んでいた。

好きな人との会話がすぐ終わる人は、距離を縮めるどころか仲良くなるのにも苦労している。せっかく好きな人と話ができる機会があっても、長く話せないなら恋愛のステップアップが難しいだろう。

そこで今回は、好きな人との会話がすぐ終わる人へ向け、会話が続かない理由や特徴から改善の方法を徹底解説する。

これを読んで、好きな人とたくさん会話ができる人になろう。会話が弾まない人でも、好きな人と盛り上がる会話の仕方ができるようになるはずだ。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

話題が無い人は会話がすぐ終わる!対処法は?

好きな人との会話がすぐ終わる理由は「話題がないから」だ。

たくさん話題を持っている人は、誰とでもロングトークができ、それがきっかけで仲良くなるから、好きな人との会話の機会もたくさん確保している。話題が豊富な人は周囲からも人気になるので、恋愛しやすい環境を作っている点も特筆するべき特徴だろう。

恋愛ではこの差が大きいので、ぜひ対処していこう。

一般的な世間話のジャンルを押さえておく

好きな人と仲良くなる前の会話は、いきなり深い話から入ることがない。うまく世間話を回してコミュニケーションを取り、そこから意気投合するような話題を見つけたり、強い共感が起きたときに距離が縮まるイメージだ。

そうなると、一般的な世間話のジャンルをきちんと押さえておくことが、「好きな人との会話」でも基本となる考え方である。

選択肢が用意できていれば、その時々に応じた話題選びも簡単になるので、話題のチョイスを考えるより先に、どんな話題があるかを理解しておこう。

  • 天気・気候
  • テレビ
  • 趣味
  • ニュース・スキャンダル
  • 仕事
  • 出身地
  • 休みの日、その過ごし方
  • 近況

誰かと会話するとき、「面白い話題って何だろう?」と思うタイプは、会話がすぐ終わる人だと思う。二人で好きな人と会話するときに面白い話題を探しても、あなたの頭の中にはそれが浮かばないだろう。

なぜなら、二人が面白いと思える話題とは、会話の中で見つかるものだからだ。

まず世間話で会話を回し、そこから「共感する話題」を見つけよう。共通点を見つけることも好きな人との会話のコツだから、世間話から掘り下げる話題を見つけるようにすれば会話が続くようになる。

異性にウケのいい話はストックしておく

普段異性との会話が少ないと、どんな話が相手にウケるかが分からない。チャレンジありきになってしまうけれど、色々な話を異性とする中でウケのいい話が出てくればストックしておき、違う異性との会話でもその話題を使ってみよう。いわゆる「鉄板ネタ」があると、最初のコミュニケーションにも自信がもてるようになる。

みんなで話している時に観察していると、男女の会話をより具体的にイメージできるから、誰かがウケた話をしたならそれを自分の体験と関連付けて話題のストックをしておくのもおすすめだ。どんな話が異性にウケるのかを知っておく。

初対面で相手に話題を合わせられる人は、出会ってからすぐに距離を詰めていく。世間話から鉄板ネタに繋げるのはテクニックとしても実際成功しやすい方法だと思う。

会話ネタはストックしておくのが基本なので、好きな人との会話が続かない人は意識しておこう。大ウケするネタを持っていけいないわけではないので、盛り上がる話題を知って、自分の話に繋げられるように努力すれば良い。

話題が豊富な人は、人に話したくなるような体験・経験が多い人

人が興味を持ちやすい会話の話題は「体験・経験の話」だ。会うたびにいろいろな話題を持っている人があなたの周りにもいると思うのだけど、そんな人はたくさんの体験・経験をしている。

好きな人との会話がすぐ終わる人は、体験・経験を増やすようにも頑張ってみよう。遠回りな方法に思う人は、いま話題になっていることや話題の場所に行ってみる方法から始めると即効性のある改善策になる。好きな人との会話がうまくなるのに、実際効果があるはずだ。

みんなが興味を持ちやすい話題の場所は世間話のとっかかりにも向いていて、「なぜ、その話題??」と思われることがない。「あー、いま話題だよね」と返してくるか、しらなかったとしても「今、話題なんだよ?」って紹介できるから、いずれにしても好きな人との会話がすぐに終わらない話題になる。

アクティブな人に会話がうまいイメージがあると思うのだが、その理由はたくさんの体験と経験をしていて、話題が多いから。それなら好きな人との会話もすぐに終わらないのは当たり前だと言えよう。

会話が弾まない人は好きな人に興味を持ってもらえるような自分の体験・経験を増やそう。あなた自身を知ってもらうことにも役立つから、恋愛関係に発展しやすい話題にもなると思う。

スポンサーリンク

目を見ない人は会話がすぐ終わる!対処法は?

人の感覚で一番発達したのは「視覚」である。目を見ない人は、印象として「自分が受け入れられていない」って感覚を相手に与えてしまうため、好きな人との会話がすぐ終わってしまうのだ。会話が苦手な人の特徴でもよく話題に上る項目である。

誰でも、仲良くなる前のコミュニケーションには、緊張と不安を持つ。それが異性なら同性よりも強くなる人が多いから、目をみて話すことは雰囲気的にもとても大事なもの。目を見てくれない感じは、「つれない態度」に見えてしまうし、脈なしサインも送ることになる。会話が弾まないのは無意識に嫌いサインを送ってしまっていることも原因になっているだろう。

恥ずかしくて目を見ることができない人は、下の方法で対処して、改善を目指してみよう。

目を見ようと頑張るのではなく、相手の話を聞くことに集中するために顔を見る感覚

会話を続けるためには相手の話をよく聞かないといけない。そのためには表情や口の動きなど、視覚から得られる情報も会話中だと重要な情報だ。

目を見ようとしても頑張らないとできない人は、それが原因で余計に緊張してしまうから、「相手の話をよく聞くために顔を見る」という意識で目を見ることにチャレンジしてみよう。

目と目を合わせた会話が苦手でも、意識を変えると意味が変わってやりやすくなる。好きな人と会話が続かない人も、会話の雰囲気が変わるはずだ。

ぜひ、次の方法も意識してほしい。

目よりも顔周辺を見る

目を見て話ができない人は「顔周辺」で良いので、顔をあげて好きな人と会話することから頑張ってみよう。下を向いていたり、横を向いて話をしていると、相手の印象はかなり悪くなるから、最初は「目」に集中しない方がやりやすい。

せめて顔を相手に向けることが対処になるので、そこから努力を開始してみても段々改善できるはずだ。顔を下に向けていると、相手はあなたの表情がわからないので、話しにくさを感じる。顔をあげて話す対処法を実践すれば、それまでの会話の雰囲気とは違ってくると思うから、効果を実感することで慣れていこう。

好きな人は好きな人であなたの表情から会話の仕方を変えている部分があるので、顔をあげて表情を分かりやすくすると、会話が続きやすくなる効果がある。実際に試すことでちゃんと実感できるはずだから、「改善しよう」と意識的に取り組んでほしい。

相手からあなたを見たとき、顔を向けて話すか、顔を背けて話すか、では大きく会話のしやすさが変わってくる。

鼻か片方の目を見るのもおすすめ

相手の目が見られない人が感じることの一つに「目への苦手意識」がある。確かに人の目にはパワーがあるから、苦手に感じてしまうなら鼻を見て話をしてみよう。鼻を見ても細かな相手の表情の変化は分からないことも多いのだが、相手から見たあなたの印象をあげることができる。

それができるようになれば片方の目にもチャレンジする。両方の目を見るよりは緊張しないし、この方法なら相手の表情の変化も良く分かる。会話の雰囲気もかなりつかみやすくなるので、ステップアップできるといい。

好きな人との会話を盛り上げたい人は、「好きな人に笑ってほしい」という意識を「二人で笑い合う」という方向へ持っていくべきなので、そのための解決策だと思って取り組もう。

「慣れてくれば顔を見れる」という人がいるのだが、好きな人と仲良くなりたいと思う時期ならむしろ「お互いに慣れる前の会話」が重要だから、初対面に近い状態でも顔を見て話せるように改善したい。

会話のキャッチボールができない人は会話がすぐ終わる!対処法は?

会話がすぐ終わる原因は「会話のキャッチボール」ができないということも理由になっている。会話のリズムやテンポに違和感があったり、最悪な場合、不快な感じまで与えてしまって会話が続かないのである。

普段からよく会話をする人は体感的にリズムやテンポの心地良いところを知っていくので、「慣れていない」ってことでも会話がすぐ終わる原因となっていると思われるが、対処・改善の方法はあるので紹介したい。

話すスピードを相手に合わせようと意識する

私は営業職を長くやっていたのだが、毎日のように長く会話をしていて気づいたのは、「心地良い会話のキャッチボールは、人によって違っている」ということだ。

つまり、心地良い話し方は、相手に合わせてカスタマイズされてこそ達成できるということだ。

そうなれば、話すスピードも相手によって最適が違うため、会話に少しでも自信をつけたいなら「相手に合わせる意識」があるといい。特に、会話が続かない人は話すスピードが速い傾向があるため、落ち着いて話そうと意識することはより重要となる。

会話におけるポイントはすべて完璧にできないと会話がすぐ終わるといった類のものではないから、「ちょっとずつ苦手を減らす努力」が大事。話すスピードが会話の盛り上がり方に影響していることを知ろう。話すスピードに気を付けると、会話が続かない悩みが変わってくる。

オウム返しをやめて、会話を広げる

オウム返しは、リアクションする方の立場では便利である一方、受け取り手の立場では全く会話を広げない「手抜きリアクション」に映り、実際その先の会話が続かない。

たとえば「今日って、寒すぎません?いきなりすぎてビックリしましたよ!」と話しかけられ、「今日は寒いですよね。私もビックリしました」では全く会話が広がっていない。共感はできているが、話が広がる中でできたほうがいい。

たとえば、
「ほんと、いきなり寒くなりましたよね。○○さんは寒い季節は嫌いですか?」
って返すほうが「季節」の話題に移ったり「好み」の話題に移ったりして、会話が広がる。

実際の会話ではもっとコメントを増やしたり、相手の話し方や表情、雰囲気などでより相手の気持ちに沿ったコメントにするとベストである。

好きな人との会話がすぐ終わる人はオウム返しをやめて、そこから自分の意見を言ったり、質問したりして、もう少し話を広げることに頑張ってみよう。

会話のキャッチボールがうまくいく状態は「そのままボールを返すこと」じゃなく「変化を加えて発展させること」がコツだ。

その上でヒントになるのは、相手のコメントを6つの視点で考えてみること。

  • 誰が
  • 何を
  • いつ
  • どこで
  • なぜ
  • どうやって

たとえばこんな考え方をする。
「いつ」に注目するとしたら、
「今日の寒さって天気予報で気づきました?私、きょう寒くて起きたんですよ。タオルケットだけで寝てたから風邪ひきそうです(笑)」

簡単な例ではあるが、こんな返し方をすると相手はたくさんの情報から自分のコメントを選べる。

  • 天気予報へのコメント
  • 寒いと思ったタイミングへのコメント
  • 体調を気遣うコメント
  • 寝るときの状態へのコメント

次のコメントに迷う「オウム返し」のリアクションがなぜダメなのかがわかると思う。会話を広げようとする努力は、会話している相手がちゃんと感じるものなので、手抜きリアクションに思われるような会話の返しをやめて、好きな人との会話に対するあなたのモチベーションが伝わるように、思いやりのある丁寧なリアクションをしよう。

相槌を打つタイミングやコメントを挟む「間」を作る

コミュ障というと「しゃべり下手」ってイメージを持つかもしれないが、会話のキャッチボールができないコミュ障の人の中には「しゃべりすぎ」というタイプもいる。簡単に言えば「間」が悪いのだけど、相手に相槌を打つタイミングを与えなかったり、コメントを挟む余裕を与えないから、相手は非常に話しづらい。

会話がすぐ終わる人は「良い会話のリズムが作れない」という理由も大きくて、そのために改善するべきは「キャッチボール」のように、お互いが参加できる会話展開。相槌のはさみ方は会話で重要だといわれるが、挟ませる間を作ることも大事になる。

好きな人と会話すると無言を恐れてしまうけれど、だからと言って自分が話し続ければ良いといった考えでは仲良くなることはできない。うまく相手にも話を挟んでもらう会話の仕方をしよう。

普段の会話でしゃべりすぎの自覚がある人は、「相手にもしゃべってもらう」ということを考え、相槌やコメントを挟む間を与えるとだいぶ変わってくる。一瞬無言になる間を恐れないように、「二人でする会話」のリズムも意識しよう。

質問が下手だと会話はすぐ終わる!対処法は?

会話が苦手な人に一番多く言われるアドバイスが「聞き上手になろう」という言葉。質問が下手な人は好きな人との会話がすぐ終わる。会話が続かない人は、質問力を鍛えるのが重要だ。

ここまでも質問力強化についてはヒントを示してきたが、もう少し掘り下げて改善の方法を紹介する

質問されたら同じ質問を好きな人にしてみる

会話をしていると、相手から質問をされる機会はすごく多い。その返し方でも会話のうまさが変わってくるのだけど、ただ答えるだけではもったいない。質問力を強化すれば会話を上達させることができるのだ。

好きな人との会話がすぐ終わってしまう人は、聞かれたことについて答えるだけでなくその質問を相手にもしてみよう。

「お酒は飲むの?」
「時々飲むよ。○○さんはお酒飲む人?」

会話していると、自分が話したい内容について、先に相手に質問する人がいる。たとえば上の会話でいえば、質問者は「お酒の話がしたい」と思って質問しているようなケースだ。

質問は、答えずに質問返しされるとめんどくさいが、きちんと答えた上で同じ質問を相手にすると、会話が深くなるきっかけになる。やってみると会話が続きやすくなるはずだ。

毎回同じ質問が返ってくるのもめんどくさいから、会話のリズムに気を付けてやってみよう。

好きな人にどんどんお話しをしてもらう質問力とは

好きな人と会話をしているときは、それが続くように願う一方で、もっと知りたいという気持ちにもなる。そんなとき、会話がうまい人は好きな人が話しやすいように質問しているのが特徴だ。

「この間、映画見たんだ」
「映画見に行ったんだ?」

これではダメと言わないけれど、話しやすさは感じにくい。

「え?何見に行ったの?」

こんな質問をされると、自分が見た映画の話をする流れができ、話しやすくなる。

さらに、意気投合するような会話の例は下のような感じだ。

「え?何見に行ったの?私もついこの間映画見に行ったんだよ」
「○○だよ。そっちは何見たの?」
「うわっ、同じだ!!あれ、すごく面白かったよね?」
「うんうん!期待以上だったよね。おれ、絶対もう1回見る!」
「えー!私ももう1回見たいよ。ストーリーがちょっと複雑だったから細かいところ気になってるんだよね」
「え?じゃ、一緒に見に行っちゃう笑?」
「いいの?行こう行こう♪」

少しでき過ぎな会話の展開を示したけれど、話が盛り上がるとこんなことも起きることがある。

会話が少し深くなったところで同じ体験をしたことが分かり、二人とも興味の対象が同じだったことで意気投合した。話が盛り上がってデートが成立するパターンは、会話がすぐ終わる人には無理だから、「深度を深めるために」質問力が大事になることが分かるだろう。

お互いがよく知らない状態はたとえ共通のことがたくさんあっても、その話題を探し当てることが難しい。上の場合はすぐに話題が合っているが、本来はいろいろな会話の展開からこんなことが起きている。

仲良くなりたい気持ちを示せない人は会話がすぐ終わる!改善するためには?

だれか異性と話すときは同性より緊張してしまう人が増える。それは「自分が受け入れられるか」が不安に思うからだ。同性の場合は相手からの評価を最初からそんなに気にしない場合が多いけれど、異性の場合は何倍も気になる。好きな人からあなたを見た場合も不安や心配があるのだ。

そうなると大事になるのが「仲良くなりたい意思」を相手に伝えること。好きな人には好きバレを嫌がって態度を硬化させてしまう人がいるが、それなら会話がすぐに終わってしまうのも仕方ない問題となる。

改善策を考えていこう。

相手を褒める効果を知る

会話中に褒めるのがうまい人は初対面が得意。なぜなら「ほめる」という行為にはコミュニケーションを円滑にする効果があるからだ。

  • 会話相手に好感を持ったことが伝わる(嫌いな人は褒めない)
  • 会話相手に興味を持ったことが伝わる(どうでもいい人は褒めない)
  • 会話相手を受け入れていることが伝わる(話をやめたい人は褒めない)

好きな人があなたを意識しているかどうかを問わず、会話がすぐに終わるのは、会話中に相手が「会話を終了するべきだ」と感じる「何か」があるから。

軽いほめ言葉であったとしても伝えられる人は相手に好意を伝えるので、相手がそれで安心し、会話が続けやすくなる。

好きな人と会話がすぐ終わる人は、知らず知らずの内に、相手へ「拒絶」を発信していないかを考えてみよう。恋愛の「ほめる効果」がよくわからない人は下の記事を読んで理解してみてほしい。知識を付けることでほめやすくなる人も多いと思う。

自分を開示する効果を知る

会話が続かない人は、会話中にとても表面的な話ししかしない特徴がある。無難な話に留め、なるべく回答を間違えないように振る舞う感じだ。自分のことを開示してくれないと、仲良くなりたいと思ってくれていない印象があって、会話をやめてしまう。

「休みの日は何してるの?」
「特に何か決まったことはないです」
「じゃあさ、友達と遊びに行くときはどこ行くの?」
「いろいろですね。友達によって違います」
「そっか、なんかごめん…」

話が盛り上がる状態というのは、自然にお互いが自分のことをしゃべっている。相手を信用していないとできないことかもしれないが、かと言って何も情報を与えない会話になっていれば「警戒心」をすごく強く感じるものだ。

好きな人と定期的に会えるのに会話がすぐ終わる人は、話せることからでいいので自己開示に頑張ろう。何も情報がなければ会話が続かないし、弾まない。

「これ言ったら何て思うかな?」って、好きな人には心配や不安を持つものだけど、変なことを聞くよりも何も言わない人のほうがコミュニケーションがとりにくい

しかも、多くは「変なこと」に該当しないはずなので、自己開示する効果について理解して、自分から自分のことを話すように心がけると会話も続いていくはずだ。仲良くなりたい気持ちが伝わるし、あなたも「好きな人に自分のことをしゃべってほしい」と思っているはずだから、効果はちゃんとイメージできるだろう。

表現しようと頑張れば、その気持ちが相手に伝わる

会話がすぐ終わってしまう人は「表現」が苦手なのも特徴。苦手意識も関係していそうだが、問題点を深く考えるだけじゃ改善しないので、対処を考えよう。

会話中に頑張って表現しようとするのは、会話へのモチベーションを伝えるためでもある。苦手だからと言って、むしろリアクションを抑え込むような感じなら「俺(私)とはなしたくないんだろうな」と好きな人に思わせるだろう。

感情表現豊かに話す人は周りを引き付けるけれど、そこまでできなくても「表現しよう」と頑張るべき。そこに「仲良くなりたいと思っている意思」が感じられるから、せめて「会話ベタ」ってイメージに留めておくと、会話上手な人とは会話が続くようになる。

これが「嫌われてる?」ってところまで心配させるようになると厄介な問題になるので、表現しようとする気持ちは案外大切だ。できなくてもやろうとすれば、会話の雰囲気も変わる。恥ずかしい気持ちと戦う瞬間を作るところから始めよう。

異性との会話はリアクション悪く「終わらせる」ことで無難な着地とはならない。少し話せたなら笑い合う瞬間を作れないと失敗だ。

すぐに会話が終わる人は、自分から笑うことを大事にし、なるべく話が膨らむように自分の気持ちや経験を表現するように頑張ってみよう。

まとめ

今回は、好きな人との会話がすぐ終わる人へ、会話が続かない理由や特徴から改善の方法を徹底解説した。

会話が苦手な人は今回解説した方法で会話が続くように、少しずつ改善ポイントを作っていこう。すべてできる必要はないし、いつもできないといけないのではないから、自分のイメージが相手から見て改善できていくように努力ができれば変わってくると思う。

話しやすい人と話しにくい人の違いに注目して、ほかの人から自己分析する方法もおすすめなので、一つでも「話しやすい人の特徴」を自分に付加できるようにチャレンジしてみてもいいだろう。

関連記事:

内気な女性の恋愛について下の記事で解説しているので興味がある人は合わせて読んでみよう。

好きな人と沈黙になったとき、なぜ気まずい雰囲気になるのかを解説した記事はこちら。

初対面の男性に悪い印象を与えてしまうことがないように、下の記事もどうぞ。

もし付き合えたときのために、恋愛経験がない人は予備知識をつけておこう。