カップルはどのくらい付き合ったら長続き?~各交際期間についてカップルの状態と長続きに対するイメージを解説

カップルはどのくらい付き合ったら長続きか考えながらカレンダーにしるしをつける様子。

好きな人と付き合えているのはとても幸せなことだ。
「このまま長続きして、ずっと楽しく一緒に居れたらいいな」
そう思えるなら、ラブラブに付き合うカップルである。

当然、カップルの目標は「長続きすること」ではないから、どのくらい続くかとか、交際期間がどのくらいかと言った問題は恋愛の本質ではない。

しかし、付き合ってからの期間は分かりやすい数字になって見えるものだから、カップルは交際期間を気にするところがある。

「どのくらい付き合えばカップルは長続きしてるって言えるんだろ?」

今回はこんな疑問に答えるために、つきあって3か月・6か月・1年・2年~3年のそれぞれの期間で見出しを設けて、「カップルの雰囲気や状態」と「長続き」に対するイメージを解説してみよう。

長く続くカップルや長続きするカップルが、それぞれの期間でどんな状態になっているかも参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

交際3か月のカップルの雰囲気と長続きについて

「付き合ってから3ヶ月」という期間は、カップルの一つポイントとなる交際期間で、「ちゃんと付き合った」と思える最低期間

ここを超えられずに別れるカップルも多いが、お互いのことを深く理解するまでに2ヶ月~3ヶ月くらいはかかることを考えると、相性が悪くなかったことを証明する期間かなと思う。

無理して付き合っていても3ヶ月くらいで限界を迎えるから、交際3ヶ月でラブラブになれていて、「ずっと一緒」を素直に願えるなら、十分にうまくいっているカップルと言える。

逆に、交際から3ヶ月経ってまだしっくりこないカップルは、付き合い方を再考する必要があるかもしれない。いくつかの問題も乗り越えて、二人の絆も深まってくる時期なのだが、付き合い方を間違えると差が大きい交際期間だろう。

交際から3か月といえば、多くのカップルはお互いに本音で話しができるようになっていく期間であり、キュンキュンドキドキも多い時期だから、人によっては「カップルにとって一番いい時期」だと思う人も多い。恋という意味ではバランスの良くなる時期だ。初々しくも二人にいることに慣れてくる、そんな期間である。

長続きとの関係では、自分たちカップルが付き合いを軌道に乗せてラブラブカップルになれてきたことに自信を深めていく時期に当たるため、まだ「長続きしてる!」とまでは思わない人が多い。

これからも長続きしていく可能性をどれくらい感じられるかで、そのカップルの雰囲気が決まってくるだろう。カップルごとに雰囲気の違いも大きい時期のように思う。

交際3ヶ月までは「どう付き合っていくか」のほうに意識が高く、カップルとして軌道に乗せていく期間だ。この先に長続きしている実感が来る。

付き合って3か月の壁を乗り越えられない人は、下の記事を読んでおこう。

スポンサーリンク

交際6か月(半年)のカップルの雰囲気と長続きについて

「付き合ってから6か月(半年)」というと、阿吽の呼吸やアイコンタクトでもコミュニケーションが取れるようになっていく交際期間で、それまでの恋愛経験も踏まえながら、「長続きしている」と思う人が増える。それだけ二人が付き合っていることにしっくりくる期間だ。

交際から半年という期間は、想い合って一緒にいないとなかなか続かない期間なので、一つの恋愛としてお互いが本気で付き合っていたことが分かる期間。それを裏付けるようなエピソードなどもあり、多くの場合で大きな別れの危機を乗り越えている。

適当に付き合うなら飽きている期間なので、カップルとして一定の完成を迎えていくのがこの時期。逆に、半年記念日を迎える頃には「マンネリ」が問題となるカップルも出てきていて、安心感が勝り、刺激がないことが問題となってくる期間でもあるだろう。

付き合ってから6か月たってくると、彼氏や彼女のことで知らないことも減ってくるので、お互いが感じる安心感は相当だ。キュンキュンドキドキが少しずつ減っていく一方、安心・信頼を得ていくカップルが多いのが特徴である。

彼氏も彼女も変に気を遣ったコミュニケーションがなくなって、素の自分が受け入れられていると思えるので、そういった付き合い方を望んでいる人にとっては良い雰囲気と感じやすく、恋愛で新鮮さや刺激を求めている人はマンネリを意識する。

長続きとの関係では、ここら辺から「長続きしているな」と思える期間となる。付き合ってみると6か月の壁を感じる人は多いので、ラブラブなら「ずっと一緒」にも自信が持ててくる。二人にまだ先があることへ疑いがない状態なら、「(彼氏や彼女と)長く続いている」と周りにもいうことがあるだろう。交際期間として、「短い期間ではない」と考える人が多い。

半年付き合って別れるなら日常が大きく変わった感覚を覚えるので、吹っ切れるまでは時間がかかるようになる。それだけ大切で身近な存在にはなっているということ。簡単に別れることは稀であり、「ちゃんとした交際」になっている。

マンネリや倦怠期が問題となった場合は下の記事を参考にしてみよう。

交際1年のカップルの雰囲気と長続きについて

「付き合ってから1年」というと、キュンキュンドキドキする機会が以前に比べて減っていることを意識しやすい期間だが、一緒にいるときの安心感はとても大きく、良い意味でも悪い意味でも恋人が「一緒にいて当たり前」の存在になっていく時期

連絡の頻度や会う回数などで悩むことはあまりなくて、何となくカップルのルールみたいなものにブレがない。性格や恋愛経験の問題があっても、1年付き合うならしっくりこないということはほぼないだろう。

将来についてもちゃんと考える交際期間なので、それが見えないときは好き同士でも別れることがある。何か大きなことがないと簡単に別れることはないが、別れる時にきっかけが大きいという条件はない。

1年くらい付き合うと、カップルが抱えていた問題が事によっては何度も問題化して末期化するカップルもいるので、大事なものが本質的に合わないときなどは別れる原因に。ただの喧嘩別れは少なく、すれ違っているなら複雑な問題にまでなっていることが多い。

ラブラブという言葉が似合うかどうかはそれぞれのカップル次第だけど、本音で話すことができるので、副作用で喧嘩ばかりになっていることもないわけではない。逆に1年付き合ったカップルがベタベタでいるなら、「ずっと一緒」「永遠」を本気で信じることもできる。現実的に「結婚」も本気で考え始める人、意識する人が多い交際期間だ。

すぐにプロポーズする交際期間ではないけれど、後から「結婚を考え始めた時期は、付き合って1年くらいだった」という人は多くなっている。

付き合って1年経ってもラブラブで居れるカップルは、何となく「もう別れないかな」とまで思う機会が相当に多い。信頼関係は、カップルの雰囲気とは別のところで結構ゆるぎないものと感じている。

長続きとの関係では、1年以上の付き合いなら「長続きしている」と自他ともに認めることができる交際期間として一般的だ。長く続いているカップルとの認識で問題ない。

「付き合ってからもう1年だよ」って言葉も、長続きしていることを思わせるのに違和感のないところだ。

もし1年付き合った人と別れることになれば、付き合い方や年齢を問わず精神的なダメージは相当大きい。家族や友達にも付き合っていた人が知れている場合も多く、恋人との関係を大事に思うタイプの人は、一つの見方として人生の転換をも意味することがある。別れると寝込む人もいるくらいだ。

20代後半や30代以降の人が1年以上続いた恋人と別れる場合は、本当にいろいろなことを考えるだろう。年齢が高いと、一人の人生を思ったとき一つの節目となる場合がある。

付き合ってから1年以上付き合う人は、人生全体を考えてもかなり貴重な存在である。たとえ愛情が冷めたとしても、情が残って別れは本当につらいものとなる。

交際2年から3年以上のカップルの雰囲気と長続きについて

付き合ってから2年以上経つと、どんなカップルもお互いの人生に相当量の影響を与える付き合い方になっている。友達はもちろん、付き合っている期間が長いので、職場関係の人や仕事関係の人に紹介するようなこともあり、当然ながら「結婚」の意識も現実的な問題となる。

交際期間が3年以上になると家族に紹介する人も多くて、周りは「結婚へ秒読みのカップル」との見方をすることが多い。

雰囲気的には、カップルと夫婦の間みたいになることが多く、人生のパートナーに近い感覚で信頼関係は非常に強い。言葉にしなかったとしても、「ずっと一緒にいるんだろうな」という感覚が、願望と言うより実感として感じる交際期間だ。

付き合って2年から3年くらいのカップルは、倦怠期を乗り越える経験をしているのが一般的なので、カップルの雰囲気が悪い時期の過ごし方や関係を修復する方法にも一定の共通理解がある。さすがにこの交際期間は山あり谷ありの付き合い方になっているので、相性だけじゃここまで長続きしない。

交際期間が3年になると、友達からは「付き合ってから長いよね~」と断定に近い表現で言われるようになるが、「いつ結婚するの?」とカップルから夫婦になる時期を聞かれるようなことがあったり、「結婚しないの?」とまだ結婚しないでお付き合いを続けることに、疑問を持たれる経験もしていく。

別れる時は間違いなく人生のターニングポイントになるので、「将来観」や「結婚観」など、価値観の違いを理由にした別れが多いのは明らかな特徴だ。浮気が原因で別れるカップルも存在するけど、これだけ長続きしたカップルは、愛し合っているなら浮気を乗り越えて交際を続けることも珍しくない。

付き合ってから3年以上経つカップルは、彼女の方が彼氏に「結婚を意識させる」ことが段々出てくるので、「結婚のタイミングが合うか合わないか」が最も大きな問題だ。

まとめ

今回は「カップルはどのくらい付き合ったら長続き?」という疑問をメインテーマに、3ヶ月・6か月(半年)・1年・2年から3年以上の各交際期間についてカップルの状態と、長続きに対するイメージや雰囲気、別れるときの気持ちや心理についても解説した。

カップルは、付き合ってからの期間で記念日をお祝いすることがあったり、多くの人が交際期間を気にする。

実際に長く続くカップルは、それだけ一緒に過ごした時間が積み重なり、思い出も乗り越えた問題もいろいろなものが絆を深めているところだろう。

3ヶ月とか半年の交際期間はキリの良さもあって目標にしがちだし、記念日を迎えれば二人でうれしい気持ちにもなるけれど、やはり幸せに楽しく一緒に居られているかが大事だし、そこでもう一度相手の大切さや日頃の感謝するべきことにも気づきたい

向き合って、お互いで優しさを大事にし、仲良く長続きカップルを目指そう。

マンネリ対策に下の記事も参考に!

【恋愛の香り対策】片思いもマンネリも、男性をその気にさせる秘密は「恋に効く香水」にあった!
あなたは「恋愛の香り対策」をどのように行っているだろう? 恋に効く香り、恋に効く香水という視点から「女性の香り」を考えたことがあ...

関連記事: