カップルが付き合い始めの最初にやるべき7つのこと~付き合うことになったんだけど、まずはじめに何したらいいの?

付き合いはじめにやることが分からないで恥ずかしい表情の女性。付き合った経験がないので、不安。

恋愛経験がない人に取って、「付き合う」ということは初体験で分からないことだらけ。せっかく片思いが叶って付き合うことになったのに、最初のころに失敗してすぐ別れるようになっては悲しすぎる。付き合った経験がない人も含めて、誰もが付き合いはじめから仲の良いカップルになりたいと思うものだ。

そこで今回は、「カップルが付き合い始めの最初にやるべき7つのこと」を紹介しよう。「付き合うことになったんだけど、まずはじめに何をしたらいい?」と思う人へ、7つポイントを挙げて解説する。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

どんな生活スタイル・生活リズムかを伝え合う

付き合うことになった男女は、彼氏・彼女として友達だった時以上に日常的な関わりを増やしていく。LINEやメールは、特に付き合い始めは毎日するカップルが多いし、デートも週に1~2回はする。

そういった状況になった時に大事なことは「お互いの生活スタイル」を知っておくこと。ざっくりとでいいから、何時くらいに起きて何時に学校や会社について、何時ころ終わって何時に帰るのかといった生活リズムみたいなものを話題に出し、休みの日やオフにやっていることまで、細かくなくていいので伝え合っておくと、付き合いはじめから付き合いやすくなる

お互いに段々と知っていくイメージで、自分から話題に出して彼氏・彼女に質問をするようにしよう。

こういったことは、お互いで報告し合うように会話で伝えあっても良いし、連絡を取り合う中で知っていっても良い。遠慮し合うだけでなく、「付き合いやすい付き合い方を見つけていく」、そんな意識を持つと上手くいくはずだ。

ただ、デートの日程は付き合うことが決まってからそう遠くない日に(カップルとしての)初デートをしたいから、「休みの日」か「夜、空いている日」に関してはすぐに聞いておくのがポイントになる。

付き合うことが決まってから初デートまでの間が空くと気まずさを感じる奥手タイプもいるので、スケジュール把握と一緒に「デートの予定を決める」ことも付き合いはじめはしっかり意識しておこう。

スポンサーリンク

連絡の頻度も各カップルでだいぶ違っているから好みを確認しておく

あるカップルが付き合い始めた場合、全ては手探りでお互いの好みを知っていく。ただ、連絡の頻度についてはすれ違ってしまうのがまずいので、好みは最初に聞いておく方が仲良く付き合える。「付き合ったんだから当たり前でしょ?」って感覚はおすすめできない。

ルールのように決めてしまうとかなり窮屈になるから、連絡の頻度に関しては好みの形で伝える方が譲り合いもできて良いと思う。たとえば、下のセリフを参考にしてみよう。

「1日1回くらいLINEしてもいい?」
「そんな忙しくないからLINEしたくなったらいつでもいいよ。返せる時に返すからさ」

案外、付き合う上での「好み」というのは難しい。お互いで密に連絡を取りたいタイプもいるし、その逆のカップルもいて、ちょっと遠慮がちな上のような会話で何となく好みを知っていこうとすると、お互いの「間」が取れる付き合い方ができるはず。

付き合い始めの「遠慮」は、新鮮さがあってドキドキの理由にもなっているから、その弊害に対処できていれば段々合うように付き合っていける。歩み寄ろうとすることはカップルの最初を上手く行かせるコツになるだろう。

長続きするLINEの方法は過去記事でまとめているので参考にしてほしい。段々とLINEの仕方は変わってくるので、付き合い始めが軌道に乗ったら長続きするLINEの仕方を意識するようにしよう。

「付き合うことになった」って自覚するためにも「呼び方」を変える

カップルは、お互いに納得して付き合うことになった瞬間から「カップル」になるわけだが、恋人同士としての関係作り自体はこれから始まる。付き合えばそれで仲の良いカップルの出来上がりではないから、彼氏・彼女の関係としては二人でまだ詰めていくべき距離がある状態である。

そんな付き合いはじめの最初にする一つが「名前の呼び方を変える」こと。下の名前で呼んだり、ちょっとあだ名っぽく文字ってみたり、各カップルで一般的なルールがあるわけじゃないが、多いのは下の名前の呼び捨てか、君付けしたりちゃん付けしたりだ。

付き合いが長くなって来たらまた呼び方が変わる場合もあるから厳密に考える必要はないのだが、付き合った最初に切り出しておくと、自分たちが恋人同士になったことを自覚できて友達を卒業しやすい。お付き合いも軌道に乗せやすくなるので、なるべく早い時期にお互いの呼び方を変える方がおすすめだ。

何度も付き合いはじめを経験した私としては、このポイントは意外と大事なことだと感じる。

「付き合うんだから下の名前で呼んでいい?」

どうしても最初は遠慮がちに言ってしまうと思うけれど、そんなカップルこそ付き合い始めに名前の呼び方を変えるべきだ。付き合った経験がない人は、「なんて呼んだらいいかな?」って素直に聞いてみよう。

「なんでもいいよ」って言われたら「じゃ、下の名前で呼ぶ!」とノリ良くリアクションすると、すごくカップルぽい会話になると思う。

呼び方が変わると、彼氏になった、彼女になったことがお互いに確認でき、カップルとしての関係作りに積極的になれる効果がある。言い出しにくくなる前に自分から切り出そう。

周りとの付き合い方について価値観を共有する

見出しに挙げた「周りとの付き合い方」は、付き合った最初に2種類の問題を考えてほしい。

  • 周りに付き合い始めたことを言うか言わないか問題
  • 周りにいる異性の友達との付き合い方問題

付き合い始めから1ヶ月記念日を迎えるころまでには「浮気問題」も具体的に話しておきたいのだけど、「付き合ったらまず何をしたらいい?」という不安については、上の2種類について価値観を共有しておくと、地雷を踏むことがなくなって安心だ。

たとえば、恋愛禁止のサークルで付き合うことになれば、周りに言わないで付き合うことになるだろう。社内恋愛の場合も周りに言いにくい。二人の環境によって「付き合っていることを周りに言うかどうか」の答えが違ってくる場合が実際にあるのである。

こういったことは本来常識的なところで判断できることかもしれないが、人それぞれ持っている価値観から、「え?」って思うこともよくある。付き合いはじめの会話で軽く確認しておくと気持ちのすれ違いが防げる。

「付き合ったらとりあえずみんなに言うでしょ!」って人もいるし、「とりあえずすぐに言うことじゃないでしょ!」って人もいるから、案外「ちょっと経ってからみんなに言おうか」なんて話になる場合も。もちろんこういったことに正しい答えはないため、二人で納得できる方法を選べば良い

また、2つ目の問題「お互いの異性友達をどうするか」という点は嫉妬の気持ちが絡むため、やんわり「相手がどう感じるか」を付き合った最初の方に知っておきたい。

それくらい、その人ごとに「浮気」の範囲が様々だ。二人で食事をするだけで浮気という人もいるし、友達なら全然気にしないというタイプまでいるのだから、付き合う彼氏・彼女に聞いてみないと分からない部分がある。仲良く付き合っていくために、話をしておくと変に我慢し合うような付き合い方じゃなくなるはずだ。

ただ、付き合い始めた頃はまだ本音が言えない人もいるため、言葉だけをそのまま受け取らず、相手の考え方などを感じ取れるような聞き方をしよう。

束縛は、二人で締め付け合って付き合えば良いといった単純な問題ではないから、少しずつ話を深めていくためにも付き合いはじめから軽く話題を振っておくと安心だ。

☆カップルの束縛に関して疑問・不安な人は、下の記事で長続きするコツを学んでおこう。

付き合いたては不安がいっぱい!愛情表現にチャレンジする

付き合うことになったのならお互いの気持ちは確認し合った後だが、それでも好きな人の気持ちに不安になるのが付き合い始めの時期である。

まだ恥ずかしいだろうし、なかなか「好きだよ」なんて言えない人が多いと思うのだが、せめて愛情表現に感じてくれそうなことにはチャレンジしよう。

カップルがカップルであるための要件は「両想いであること」だ。気持ちがなくなれば別れるのがカップル。それなのに、好きって感情は見えないものだから、それを感じなくなれば疑い出す。それが「大事な気持ち」というものである。

恋愛感情は自分自身でも持て余すコントロールが難しい感情なので、とてもナイーブなもの。本気の恋愛なら、何の不安もなく付き合っているカップルなどほとんどいない。しかも、気持ちを知るために察する力も必要で、特に恋愛初心者からすると決して簡単ではない。そこに対処の気持ちを持っておくことは、付き合いはじめに大切なことだ。

愛情表現は特に男性が苦手とする分野なので、好きな人の彼氏になったのなら、「好きだよ」って気持ちを伝えることができるように、些細な努力からでも付き合い始めからチャレンジしていこう。慣れなきゃできないことでもあるから、付き合って1ヶ月経った時など、勝手にそうなっていると思わずにきちんと努力したい。

カップルが日常的に行う愛情表現の基本は「会いたい」と言うこと。なかなか彼氏に会いたいと言えない彼女は、下の記事も参考にしてみてほしい。

愛情表現はどちらかと言うと「女性」がリードする分野だから、彼氏が愛情表現しやすいように彼女の方から積極的に気持ちを伝えるようにしよう。ストレートな言葉が苦手なら、下のようなセリフでも良い。
  • 「カッコいいね」
  • 「今日も楽しかった」
  • 「○○くん、優しいよね」
  • 「おもしろい!」
  • 「やっぱりすごいな~」

「会いたい」とか、「好きだよ」って言葉以外でも愛情を感じる言葉はたくさんあるから、もちろん彼氏側も含めて、付き合い始めから愛情を確かめ合う付き合い方をしよう。

付き合うことになったら、初デートは早めに出かけよう

付き合いはじめの初デートに出掛けるカップルの画像。

流れというのは、作らないと生まれない。付き合い始めはデートに誘うのも勇気が出ると思うのだけど、付き合うということは定期的にデートすることが基本。軽く前述しているが、付き合うことが決まったら早めに初デートに出かけよう。

こういったことは「待っている」とお互いに様子見状態になってしまうことも少なくない。まだ付き合いはじめだから言いだしにくくて待つのだけど、お互いがそうなってしまったら「付き合うことになったんだよね?」と不安や心配とになる。まだ緊張感もある中で良くない空気が生まれるから、ここは「付き合ったら当たり前だよね?」って気持ちであなたの方からデートに誘おう

告白した方が最初はデートに誘うべきかなと思う部分もあるのはあるが、相手のタイプによるところもあるため、立場に拘らずにデートを提案するべきだ。

「来週、いつ空いてる?」
「今度の土曜日休みなんだよね、○○はいつ休み?」

初デートの誘い方はストレートじゃなくても良い。付き合い立てで緊張してしまう人は、上のようなセリフから会話を広げていこう。勘の鈍い人でも、初デートの誘いであることは何となくわかるから、カップルになったことへ自信をもってデートの予定を組んでみてほしい。

付き合いはじめを軌道に乗せるには、会うことと連絡を取り合うことが何より大事だ。「カップルになった」と言っても、カップルらしいことをやっていかないと友達状態と何も変わらない。これから仲の良いカップルになっていく感覚をもって軌道に乗せていこう。

カップルの初デートは、雑誌で紹介されるような王道デートで良い。人気のデートをいくつか挙げると、下の5つが代表である。

  • 水族館
  • 映画
  • 遊園地
  • 動物園
  • ドライブ

誰でも知っているデートプランから初デートをしてお互いに慣れていき、段々と二人の好みに合うデートの仕方ができると良い。

朝から会わない場合も、お互いに休みが合うならランチから会うようなデートをしよう。ディナーデートでももちろんいいが、夕食くらいは友達同士でもよくあるもの。終日デートや半日デートに行く方がカップルらしさを感じられる。

まだ会話がぎこちないカップルは、ディナーデートからチャレンジするので問題ないから、自分たちカップルの空気を考慮し、もっと距離を縮めていくデートをしよう。焦らず、背伸びしないのもコツになる。

譲り合いの気持ちを基本にするが、「絶対に嫌なこと」は言葉で伝える

付き合いたてのカップルは、これからお互いをもっと深く知っていく。付き合っていると色々なことが起きるから、その度にお互いを知っていくイメージだ。ある程度の時間が必要で、それが濃密なほど理解が進み、パートナーと言えるくらい信頼関係を深めていく。

このことから、カップルになった時も友達付き合いと同じように、最初は遠慮し合う方がうまくいく。不快にさせないように距離を縮めるのは、恋愛も人間関係である以上やはり基本になる。

付き合ったばかりのころは、この遠慮している感じが何とも複雑な気持ちにさせ、「もっと仲良くなりたい」「もっとお互いが自分らしく居られたら幸せなのに」なんて思う原因になる。でも、そうなっていくためには信頼し合わないといけないため、時間がかかる部分がある感じだ。

従って、カップルの最初は「譲り合いの気持ち」が主になってていい。自分から動くことも大事にしてほしいが、付き合うことになった彼氏・彼女に寄り添う気持ちがあれば段々仲良くなっていくので、心配するよりコミュニケーションを大事にしよう。話さないと分からないのが「気持ち」である。

しかし、二人が「絶対に嫌な事」については、なるべく最初の頃に知っておくようにしてほしい。中には恋愛関係にトラウマを持っている人もいるし、そこまで行かなくても一気に冷めるような「彼氏からされたくないこと」「彼女からされたくないこと」がある

そういった類のものは一般的なものもあるから、それは人間性の問題のように感じる場合もあるのだが、せっかく両想いになって付き合うことになった二人だ。自分が嫌なことは伝え合う方がうまく付き合えるのだし、伝える方が間違いはより無くなっていくから、言っておくべきことになる。

たとえば浮気の問題だってそうだし、連絡の問題でもそう。すぐに問題になる可能性を孕んだものもあるから、「絶対に嫌な事」についてはタイミングときっかけを意識して話し合っておくといい。理解し合えるという点で「これから先」も明るく見えるようになるはずだ。素直に言ってくれたことが嬉しいと感じる。

付き合う時に良く理解しておいてほしいことなのだけど、「自分が相手だったらどうか」という視点を大事にしてほしい。恋愛はつい主観的になり過ぎるから、相手の立場に立って考えることができないと続かない。

その発想からすれば、もし相手が「されたら絶対に嫌なことがある」としたら、聞いておきたいと思わないだろうか?

気を付ければやらないだろうし、考え方や感じ方も分かるだろうから、聞けば確実に彼氏や彼女への理解も進むはず。私は1週間から2週間をメドになるべく自分が大切にしていること・されたら嫌なことについては、付き合うことになった恋人に伝えることにしている。

ちなみに、その結果嫌われたことは一度もないし、相手からもそんな話が聞けて、仲良く付き合うきっかけにできているから、あなたにもおすすめしたい。

まとめ

今回は「カップルが付き合い始めの最初いやるべき7つのこと」をまとめた。「付き合うことになったんだけど、まずはずめに何をしたらいい?」って思う人に参考になったら嬉しい。

恋愛経験がない、恋愛経験が少ない、と「付き合うって何?」と思うと思うが、友達に聞いてみても分かるように、各カップルで付き合い方というものには相当な幅がある

つまり、付き合った経験の有無は本来そこまで問題に影響を与えるのではなく、経験がないことを気にするその気持ちが影響を与えている。

そうなれば、付き合いはじめの最も大切にするべき気持ちは、「二人で二人の付き合い方を作っていく」という感覚で、コミュニケーションによってお互いを良く知り合い、二人で付き合い方をより自分たちらしいものにしていこうと意識することが重要だ。

経験しているからこんなことを言えるわけだから、あなたの心配に全て寄り添うことができていないとも感じるけれど、恋愛ごとには「たった一つの正解」がなく、状況や相手が変わるだけで方向性から変わってくることを理解してもらえたらと思う。これを書いた私も、彼女が変わって付き合い方が変わった例がいくつもある。

この記事で予備知識を付ければお付き合いを軌道に乗せやすいと思うので、色々な不安や心配を二人で解決していこう。

付き合い始めの最初に参考になる厳選5記事

  • 付き合い始めで失敗しないように、恋愛が短期間で終わる人の理由と原因を知ろう

>>恋愛が短期間で終わる人の理由や原因~付き合っても長く続かないのは何で?

  • 付き合い始めの不安をテーマにした記事

>>付き合い始めに不安な状態からラブラブなカップルになる方法

  • 彼氏に言いたいことが言えない女性のために書いた記事

>>彼氏に言いたいことが言えない彼女は「可愛いお願いの仕方」で本音を言う方法がおすすめ~彼氏に言いたいことがあるなら

  • 彼女が頑張ったら逆効果になることをまとめた記事

>>頑張ると逆効果も?男性が彼女にあんまり頑張ってほしくないと思っていること5選

  • カップルが長続きするコツをまとめた記事

>>長続きするカップルの秘訣10選~長く付き合うにはどんな付き合い方をしたらいいの?