大人の恋愛と子供の恋愛の違いとは~特徴や考え方はどこが違っているのか

子供の恋愛を卒業して、大人の恋愛をするようになったカップル

実際に多くの恋愛経験を重ねてきて、恋愛には「大人の恋愛」と「子供の恋愛」があるように感じている。

これは、「どちらがより良いものなのか」という視点での話ではなく、恋愛の形が変わっていくイメージに近い。

今、あなたのしている恋愛は「大人の恋愛」と「子供の恋愛」のどちらだろう?

子供の恋愛をしていると感じる人の中には、身近な先輩や街行く「大人恋愛」のカップルに憧れてしまうことがあるかもしれない。年齢的に子供恋愛を卒業したいという人もきっといるだろう。

今回は、様々ある恋愛を2つに分け、「大人の恋愛と子供の恋愛の違い」として考えてみたい。どんなところに特徴や考え方の違いがあるのかを知って、恋愛をもっと深く理解しよう。

スポンサーリンク

相手に求めるのが子供の恋愛、自分ができることを考えるのが大人の恋愛

若いころの恋愛、子供の恋愛をしている時の私は、とにかく相手に求めてばかりだった。

どんなことでも自分を中心に考えて、それなのに自分を省みることなく相手に色々な要求をしてしまい、自分勝手さを原因に彼女と衝突することも多かったように振り返る。

大人の恋愛と子供の恋愛の違いを考えたとき、一番始めに挙げるべきは「どこまで自分中心に考えるのか」についてだ。

大人の恋愛をする人は、相手のことを思いやることができ、より良い関係作りをするために「今の自分にできること」を相手のために考える。

それが、ひいては自分のためにもなることを知っているからだ。

子供の恋愛を卒業して大人の恋愛ができるようになって、私は「傷ついた分だけ優しくなれる」って言葉は本当だと実感している。

大人と子供の差は「経験」が大きいけれど、色々な経験則が先を予測することに役立ち、それが余裕を生み、自分だけでなく相手を思いやることを可能にする。

若いころは起こるこのすべてにとても敏感で、もちろんその全部が悪いことではなく、子供の恋愛の繊細さは「恋愛の種類」を変えているようなところがあるように思う。

一生懸命になれば余裕がなくなって、自分にばかり目が行ってしまうのは人の真理だ。

子供の恋愛をバカにするのは簡単なのだろうが、今回言いたいことはそういうことではなく、「恋愛力における成長の過程」を示せればと考えている。

若いころの恋愛は若いころしかできない面があって、それはそれでとても素敵な恋愛だ。「大人の恋愛がしたい」と思うときに役立つ内容にできればいいと思っているだけで、「種類」の違いを否定したくないという思いも持っている。

相手に求めてばかりの「子供の恋愛をしている」時の問題点

少し話がそれたけれど、ここの考え方の違いに学びを得るとしたら、お付き合いでもそうだし、人付き合いの基本についてだろう。

やはり相手に求めてばかりで苛立ちを覚えて、恋人に気持ちをぶつけるような態度をお互いでとっていれば、カップルに限らず人と人はうまくいかない。

肩肘張って無理をすれば反動がくるのは自分であって、それでは人間関係が持たない。

大人の恋愛に変わるためには「思いやり力」が問われる

「まだ子供の恋愛をしている」と感じる人であっても、今の自分にある程度の自信をもって、「自分にできること」を相手のために実行できれば、子供の恋愛から大人の恋愛に変えていくことが可能だ。

この気持ちを相手と共有できないと状態化することが難しいかもしれないけど、それでも自分からそうしていくことがその一歩目になるのは間違いない。

子供の恋愛から大人の恋愛に変わりたいなら、「思いやり力」を磨いていくのが最初の一歩だ。

「今が楽しければいい」という子供の恋愛から、「未来に渡って幸せでいられるか」を考えるのが大人の恋愛

大人の恋愛をするカップルが「ずっと一緒にいたい」と思い合っている様子

若いころは考えが刹那的になりやすく、自分にとってどのような影響があるかよりも好奇心や瞬間的な快楽を求めるところがある。

すべての若者の未来が希望であふれているというわけではないのだが、自分の未来に期待を持ち続けているようなところが心のどこかにいつもあったような気がする。それが一種のパワーを生んでいた。

「好きになったら一途に一直線!」って人は、恋に臆病な人から見ると眩しく見える。
分けてしまえば「子供の恋愛」になるけれど、決して悪いことではないはず。その勢いが多くのトキメキを生んで、感動にまで気持ちを高めるところさえある。

この点は、子供の恋愛の最大の魅力だろう。30代や40代の人が羨ましがっているところを何度もこの目に見てきた。

大人になるとそれができなくなっていくのは、何度かの恋の中で「傷ついた」ことが原因だろうし、経験のすべてが未来に良い影響を与えないことを学んだから。

大人の恋愛は「今」よりも「未来」を大事にするところがあって、刹那的に判断することが少なくなって、多少慎重さも出てくるのが特徴だ。この点は良い面・悪い面の両面がイメージされる。

決して大人の恋愛だけが素晴らしいんじゃない。若いうちにしかできない恋愛があると、大人になれば誰でも気づく。

大人の恋愛は、内面重視になっていく。その理由とは?

大人になって恋愛経験が増えると、好みの問題にも影響してきて、「見た目重視」の人を減らし「内面重視」の人を増やす。

大切だと思うことのほとんどは、成長する内に大きく変わっていく。それがより自分の本質とマッチする感じだ。大人の恋愛は幸福が大きいというのではなく、幸福の種類が間違いなく変わっていく。

若いころは「アクセサリー感覚」で恋人を見ていた人もいたけれど、大人の恋愛をするようになると、彼氏や彼女が「パートナー」としての側面が強くなって、一緒に充実した日々を送れそうな人を選ぶようになるのはその典型的な例である。

付き合い方もそれに準じて変わっていくので、お互いのことを尊重できるのも特徴だ。

無理にでも一緒にいたがるのが子供の恋愛、一緒にいる時間を充実させるのが大人の恋愛

特に付き合ったばかりの頃、子供の恋愛をしていた時は彼女と一緒にいる時間にすごくこだわったことを覚えている。

その時にやらないといけないことや、本当は優先するべきことがあっても、恋人と一緒にいる時間を無理に作ったし、それは「調整」を超えていたように思う。

恋愛に犠牲を作ってしまったと言えば、言いたいことが伝わるだろうか。それだけ情熱的だったが、当たり前に無理が続かなかった。

社会人になる前は、なんだかんだと時間はある。無理をできる範囲も広いから、子供の恋愛をしている時はお互いの熱量そのままに、一緒にいる時間をとにかく確保しようと必死になりがちだし、不安もあったりするから、会っている時間が少なくなると喧嘩も増えた。

それが大人の恋愛をするようになると、無理をして会うことがなくなるのではないが、お互いの事情に対して理解を示し、犠牲を作らずに愛を深めようと考える。

一緒にいる時間量よりも、一緒にいる時間の充実感を重視することで生活の一部に恋人がいる感覚だ。

若いころは、「誰と・どこで・何をしたか」がとても重要だったけど、大人になるとどんな時間にできたのかを考えるところもあるように思う。

思い出に残るものがどんなことかもわかってくるから、時間を「送る」のではなく「積み重ねる」ことができてくるのが大人の恋愛だ。

いつも会っていないと不安になるのは信頼関係の問題も作用していたりすると思うので、大人の恋愛をするには、年齢問わず二人の関係が発展していく工程を経ていくものかもしれない。

「相手のおかげ」を考えられるのが大人恋愛、「相手のせい」と考えてしまうのが子供恋愛

彼氏に感謝する大人の恋愛をする彼女

人と人が一緒にいるとき、感謝の気持ちはとても大切なものだ。

好きな人と深く関われば「相手のおかげ」と「相手のせい」のどちらも結果的には受けているのだろうが、どう捉えて感じるのかでは大人の恋愛と子供の恋愛に違いや差がある。

好きな人と深く関わりながら日常を送れている事実は、そうではない人から見ればとても素敵な日常だけど、子供の恋愛をしている人は受けるストレスに目が行きがちになる。

何かむかついたり思い通りにならない時に「相手のせい」を考える機会が多くなり、ケンカの原因だって相手のせいにしてしまう。

本当は好きな人から愛情を注がれることだけで人は幸せになれるはず。これに感謝できるか、それとも足りないものに目をやるかは、子供恋愛と大人恋愛の違いでも最たるところ。

恋愛は相手のあるものだから思い通りにいかないことも多いけど、何にも代えられないものを日々受け取っていることは、それだけで感謝の対象になる。

話を聞いてくれたり、応援してくれたり、心配してくれたり…

確かに足りないこともしばしばあって、タイミングの問題でそれが文句とか不満になって外に出ることもあるのだけれど、見方を変えれば得ようと思って得られないものを彼氏や彼女はきっと与えていてくれる。

お互いでストレスフルな状態になるタイミングは変わってくるから、感謝の気持ちでお互いに労り合う考え方がお付き合いをより良いものに変えていくのだろう。

大人の恋愛には喧嘩別れが少ないのもこんなところが影響していて、特徴ともいえる。

「どんな時も」と言ってしまうと多少大げさだが、経験から「大事なもの」がそれぞれではっきりし、見失いにくいのが大人恋愛だろう。

飾らない自分でいたいのが大人恋愛、自分を少しでも飾りたいのが子供恋愛

振り返って子供の恋愛をしていたなと感じる頃の私は、とにかく好きな人の前でカッコ良くいたかった。

男でも自分を飾りたいと思ったし、彼女はもっとそうだったように思う。見た目がそのウエイトを大きく占めていたとしても、たぶん内面も全部含めてそうだった。中には、好きだからこその「嘘」もあった

大人の恋愛をするようになって、ここは大きく変わったように感じる。好きな人の前でなるべく自分の素を見せたいと思うようになり、何よりも好きな人の素を見たいと思うようになった。

正直にいたいと思ったというより、嘘で塗り固める恋愛には興味を失った。本当の自分で彼女と一緒にいたいと心から願ったのだ。

恋愛は相手から好かれるための努力が欠かせないし、その気持ちを失ったら終わりだと思うんだけど、子供の恋愛では少し理想を追い求めるところがある。素の恋人を見たい気持ちより、素敵な恋人の姿の方が見たい。

振り返ると、たぶん幻滅する感じで恋人の素を見ることが怖かったんだと思う。

恋人のすべてを受けいれるだけの器と度量がなく、自分の理想と離れる彼女は見るのが嫌だったのかもしれない。そういう意味では、少し潔癖な恋愛を望むのも、子供の恋愛の特徴である。

大人の恋愛をする人は、相手の飾らない姿を見たいと思う人だ。全てを自分に見せてくれるのが嬉しくて、多少のズレを修正する力も持つ。

大人恋愛はお互いに合わせていくことが主体だから、二人とも無理している恋愛ではなく、ありのままの自分たちで素敵な付き合い方を目指すイメージだ。

よく10代の男女が恋愛したときに、「ありのままの自分でいたい」と願うけれど、その想いはいずれ叶うものの、もう少し先かもしれない。

子供の恋愛をする時期はどうしても「恋に恋している感じ」もあって、お互いに「好きな人によく思われたい」って心理が強い。それが若い頃の恋愛をその頃の感性で素敵にしている面があるだろう。

本当の意味で一人の人間と一人の人間が愛を育もうとするのが大人の恋愛で、理想の恋愛にドキドキ・キュンキュンしたいのが子供の恋愛という表現もできそうだ。
どちらが良いという話とは違う。

まとめ

今回は大人の恋愛と子供の恋愛の違いについて私の実体験をもとに解説した。特徴や考え方の差がどのようなところにあるか、感じたところも含めて理解・納得できただろうか。

恋愛は大人になったら大人の恋愛ができるというわけではなく、その人が何を経験し、何を学んできたかで変わってくる。それは何も恋愛において限定されず、人生全般に及んでそう言えるから、恋愛経験だけの問題ではない。

そして、本文でも触れているように、子供から大人への成長という意味では、一つ一つのお付き合い毎にその軌跡を辿るところもあるように思う。

付き合い始めを過ぎて、倦怠期を乗り越え、カップルとしても成熟していくような過程も必要なのだ。

子供の恋愛は、代名詞だけで否定するべきものでも、大人の恋愛よりすべてが劣化しているものでもなく、適切なタイミングで大人の恋愛に成熟しない恋愛が度々問題になるだけだ。まだ10代や20代のはじめなら、大いにその頃の恋愛にしかない幸せも感じてみてほしい。

その経験が将来の恋愛をまた変えていく。

「そろそろ結婚のことも考えている」という人は、下の記事でまとめていることをぜひ早めに知っておいてほしい。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半...

関連記事:

長続き私の恋愛観
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました