恋人を大切にするとはどんなことか~彼氏を大切にしたい、彼女を大切にしたい人へ

恋人を大切にするとはどんなことか、と考える女性の画像。彼氏を大切にしたいと思っている。

大好きな人と付き合っている人は、「彼氏を大切にしたい」「彼女を大切にしたい」と思うもの。義務感とか責任感と言った気持ちよりも、純粋な愛情がそう思わせる。

「恋人に大切にされたら嬉しいですか?」

この問いにNOと言う人はやっぱり少数派だから、もしあなたが恋人を大切にできる人であれば、幸せなお付き合いが長続きする理由にもなるだろう。

そこでこの記事では、「恋人を大切にするとはどんなことか」を徹底解説していくので、今好きな人と付き合っている人も、これから好きな人と付き合うことになった時のことを不安に思う人も、是非参考にしてみてほしい。

この記事を読み込んでくれれば、恋人を大切にする行動を学べるから、彼女や彼氏を大切にできる人になれるはずだ。

目次

「大切にされている」と感じるのは、それだけ気にしてくれる人と付き合っている時

恋人を大切にしたいなら、まず彼氏や彼女に強い関心を持つのが最初の一歩。そして、その気持ちが伝わるように、言葉や行動や態度で表現することが重要だ。

好きな人のことは気になっちゃうものだし、離れていても頻繁に思い出しちゃうものだが、その気持ちは本来彼氏や彼女に取って「嬉しい」と感じる気持ちだ。

まだ壁がある内は恥ずかしかったり強がったりして、気にしていることが好きだという気持ちを表現するようで嫌だと思ってしまうのだけど、付き合っているならなるべく伝わるように伝えたい気持ちである。それが愛情というものだからだ。

彼氏や彼女を大切にしたい人は、恋人が大切にされていると感じる条件である「気にしてあげる」ということからはじめよう。

カップルは、段々と相手のことを気にしなくなる!だからこそ、気にしているのを伝えることが彼女や彼氏を大切にするコツ

付き合いが長くなると、カップルは二人が付き合っていることに慣れてしまって、段々気にしなくなっていくかのような態度になる。

これが倦怠期の原因にもなっている。

「あれ?昔と変わった…」なんて疑心暗鬼になる気持ちがゆっくり二人の関係を冷ますことがあるため、カップルは「いつも気にしているよ」「離れている時はつい思い出して考えちゃうんだよ」って気持ちを伝えあう関係が理想である。

これは、恋人に大切にされてると思わせるコツになっている部分だ。LINEでもいいし、電話でも良いから、彼氏や彼女に気にしているよサインを出していこう。ここは男女ともに重要なところだが、特に彼女を大切にしたい彼氏は、絶対に押さえておきたいポイントだ。

  • 「今日は何してたの?」
  • 「昨日、帰り遅かった?大丈夫?」
  • 「そういえば、この間の話どうなった?」
  • 「火曜日は立て込んでるって言ってたよね?やっぱり大変だったの?」

イメージを伝えるために恋人を大切にしている言葉の例を挙げたが、あなたが彼氏や彼女を気にしていることを伝える言葉は、密に付き合っているカップルほどきっとたくさん浮かぶと思う。それをきちんと行動に落とし込むだけだ。

恋人を大切にするということは、ある瞬間のある行動だけでなく、積み重ねるような感覚が大事だ。

重いと思われるのが嫌な人は、伝え方や伝わり方を考えればいい。間違っても、離れている時に気になっていることを隠そうとたり、真逆の態度でカモフラージュして気持ちがすれ違うことがないようにしよう

彼氏や彼女から「大切な人になれていない!」って思われたら、あなたが目指していた「幸せ」から遠ざかってしまう。

  • 恋人を大切にしたいなら、彼氏や彼女に強い関心を持つ
  • その気持ちを恥ずかしがらずに、言葉・行動・態度で恋人に表現する
具体的にどんな行動や態度が「大切にされてる」と感じるのかについては、これからどんどん紹介していく。

自分のことを理解しようとしてくれて、話を聞こうとしてくれるのは、大切にしてくれる人

彼女を大切にする彼氏の行動

好きな人と付き合うなら、コミュニケーションを大事にしないといけない。恋愛感情というものは自分にストレスを与えるものにもなるから、「二人で」上手くやっていこうとする気持ちと行動がとても重要だ。

その前提を踏まえて、恋人を大切にしたいと考える人に伝えたいのは、「彼女や彼氏の話をよく聞き、理解しようとする姿勢を大事にしてほしい」と言うこと。

あなたの彼氏や彼女は、あなたから本当の自分を理解してほしいと思っている。その気持ちを叶えることが「恋人を大切にする」ということだ。

恋人を大切にするとは、恋人の話をたくさん聞いて、相手をまるごと理解してあげること

自分の話を一生懸命聞こうとする人、それを何とか理解しようとしてくれる人に、人は「大切にされている」と感じる。

恋人を大切にするということは、相手を理解しようとすることであり、固定概念を捨てて、恋人が話すことをまっすぐに聞くことから始まるのである。

あなたは、彼氏や彼女に間違ったイメージを必ず持っている。みんな、自分の感覚と気持ちがそれぞれあって十人十色だからだ。

そのギャップは付き合い始めにドキドキ・キュンキュンする理由にもなっているのだけど、時間が経っても理解し合えないカップルは、しっくりこない感覚や恋人同士の距離感がない寂しさを感じるようになる。

付き合っていても二人が一人と一人の集合体のように感じて、恋人として大切にされているとは思えないのである。こんな状態になると、最悪「付き合っている意味がない」と思われることさえある。

カップルがする会話には、相手を理解するための情報がふんだんに織り込まれている。男性も女性も、好きな人には自分のことを理解してほしいという心理を持つため、会話の内容が深まった時などは「彼氏を理解しよう」「彼女を理解しよう」という感覚が大事だ。

お互いの内面を語る会話になった時ほど、「共感の気持ちを伝えること」が彼女や彼氏を大切にする行動となる。

自分の思い込みはなるべく排除して、彼氏や彼女がどんな人か理解するのが、恋人を大切にするコツ

あなたの付き合う恋人は、どんな価値観を持っていて、どんな考え方をして、どんな夢や目標があるのか、実はまだよくわかってないことがあなたにもあるはずだ。

言葉にすると何だか大それたことをやろうとしているような感じに映る人がいるかもしれないが、前述しているように、恋人をきちんと気にしていれば自然と理解が進み、相手の話を聞く重要性にも気づく

それをもう少し積極的・主体的にするだけで、恋人を大切にできるということだ。

恋人を大切にする行動は、思い込みなどを捨てて「真正面から真摯に話を聞き、彼氏や彼女を深く理解すること」である。聞き上手な人が恋愛を成功させるから、コミュニケーションに自信がない人は下の記事を読んでおこう。

恋人を大切にしたいと思う人は、自分がどうされたら「大切にされている」と感じるのかを考えることが正解に近づくアプローチとなる。

自分のことを深く理解しようとしてくれる彼氏や彼女に、あなただって「大切にしてくれている」と感じるはずだ。

  • 深い話をたくさんして、彼氏や彼女を本当の意味で理解してあげる
  • 恋人の話を真摯に真正面から聞き、理解しようと頑張っている気持ちを伝える

恋人を大切にするとは、浮気の心配をさせないこと

あなたの恋人が最も「大切にされてない」と感じる時は、浮気を疑った時である。恋人を大切にするとは、浮気の心配をさせないことが基本にしてすごく重要なことなのだ。

しかし、ここで問題となる人が「自分は浮気するタイプじゃない」と思っている人。「自分はモテるタイプじゃない」とか、「可愛くないから大丈夫」と言っている人が、実は彼氏や彼女に大切にされてないと思わせている。

あなたの彼氏や彼女は、「本当に浮気される」なんて思っているわけじゃなくて、「嫉妬の気持ちから不安を持つこと、心配になることがつらい」のだ。落ち込ませる行動や態度を取る恋人に対して「大切にしてくれない」と思う。

恋人を大切にするには、つらい思い、しんどい思いをさせないように、先回りした配慮の仕方ができると良い。

他の女、他の男のことで心配させないようにするには?

では、具体的に「彼氏や彼女を大切にしたい人が恋人を心配させないようにするにはどうしたら良いか」と言うと、対処法は2通りある。

一つは、なるべく二人で予定を共有し合うこと。交際3か月から半年くらいしないと「なんでも話せる関係になる」のは難しいけど、カップルとして軌道に乗ってきたら、心配されるかもしれない予定ほど、安心してもらうために話すと「大切にしてくれている」と思ってもらえる。

想ってくれてるのが伝わってくるからだ。

もう一つの方法は、自分から連絡することで彼氏や彼女に過度な不安を与えないように行動すること。恋愛的な不安とは連絡が空くことで増大するので、心配・不安が大きくなりそうなポイントでは、自分から連絡して「会いたい」と言う気持ちを共有できると、「大切にしてくれてる」と分かってもらえる。

恋人を大切にしたいと思ったら、「嫉妬」に絡む感情も頭に入れて、安心させてあげる交際の仕方をしよう。

男性の嫉妬は分かりやすく表現しないから、女性は見抜き方が難しいかもしれない。下の記事が参考になるので、恋愛経験が少ない女子は読んでおこう。

  • 恋人を大切にするには「嫉妬させない交際の仕方」ができると良い
  • 変に嫉妬されないためには、2人で予定を共有し合う、自分から連絡を入れて「会いたい」と思っていることを伝える

恋人を大切にしたいなら、大好きな彼氏や彼女と本当の信頼関係を作ること

彼氏のことを大事にしたい彼女

恋人を大切にしたいと思ったとき、すごく重要になるのが「本当の信頼関係を作ること」だ。カップルの理想は、お互いに大切にし合うカップルになることであり、本当の信頼関係で結ばれてるカップルは、お互いに「大切にされてる」と日々実感する。

ひいては、恋人を大切にする行動とは、信頼関係を強くするための行動と言える。

では、本当の信頼関係を作るにはどんな行動が必要なのか。
その答えは、下の3つの行動にある。

  • 愛情を言葉と態度と行動で表現する
  • 強がらずに頼る、頼りにする
  • 一緒にいてくれることに感謝の気持ちを伝える

カップルがカップルであるために一番大切なのが「好き同士であること」だから、愛情表現は恋人を大切する行動そのもの。

これがふたりの信頼関係をより一層深める面もあるため、彼氏や彼女とうまく付き合っていく上で本当に大事な部分である。

また、頼り頼られることができればお互いの存在価値を高め合うことができ、一緒にいることに感謝することでさらに自分の存在に価値を感じれば、恋人は「大切にされてる実感」を強めることになる。

恋人を大切にしたいと思う人は、本当の信頼関係を作ることで恋愛特有の不安定な関係を脱却し、安心感のあるお付き合いの中で大切にされてる実感をより多く提供しよう。

恋愛における信頼関係の構築方法とは~カップルが信頼関係を作るにはどうしたら良いか
今回の画像はカップルが「二人で」ハートマークを作るものにしたが、「カップルの信頼関係」をイメージするとすごく合っている。信頼関係を作るには「二人の努力」が必要で、どちらかと言うと、はしゃいでいる姿よりは落ち着いた雰囲気の中で育つよう
  • カップルの信頼関係をより強固にするために、愛情を伝え、頼り頼られ、一緒にいてくれることに感謝の気持ちを伝える

恋人が大切にされたい時は、つらい時やしんどい時!彼氏や彼女を大事にしたいなら、どんな対応の仕方をするべきか

彼氏や彼女が一番大切にされたいと思う瞬間は、自分がつらい時であり、しんどい時だ。この時に恋人が大切にされてないと感じた場合は、あなたがそれまで彼氏や彼女のために取っていた行動がすべて台無しになってしまう。

常に恋人へ強い関心を持っていればおおよその場面で恋人が落ち込んだ時を見抜くことができるのだけど、勘の鈍い人や男性心理・女性心理に弱い人は察知できない場合もあると思う。

では、どうしたら彼氏や彼女が辛い時・しんどい時を見抜くことができるのか。

日常の中で違和感を覚えた時に「彼氏や彼女に声掛けをしていくこと」が最も簡単かつ、恋人が大切にされていると感じる対応の仕方だ。

  • 「今日ちょっと元気なさそうだよ、どうしたの?」
  • 「体調悪い?いつもと表情違う気がするよ」
  • 「何かあった?何にもないならいいけど、ちょっと元気ないなって思ってさ」
  • 「仕事忙しそうだね、話聞くくらいしかできないけど、何でも話してね!」
  • 「カラオケでもいこっか!嫌なことがあったんならストレス発散しよっ!」

5つ例を紹介したけど、彼氏や彼女がつらい時はあなたから見て何かしらサインが出る。

それを見逃さないように努力することも重要なのだが、それ以上に重要なことは「恋人の様子に違和感を覚えたら一言声をかけること」だ。声をかけるだけで「優しいな」と思ってもらえるし、もし何か理由や原因を話してくれたら、じっくり話を聞いてあげることができる。

人はつらい時に話を聞いてもらえるだけで大分楽になる。解決してあげることまでできなくても、励ましてあげることができれば良い。

丁寧に対応していれば大切にされてると感じてもらえるはずだ。

もし彼氏や彼女が落ち込んだ時にどう励まして良いか分からない場合は、下の記事を参考にしてみてほしい。その時々に合った励まし方ができる人は、恋人を大切にできる人だ。

  • 様子や雰囲気が違う時は「心配している気持ちを伝える一言」で声掛けする
  • 悩みを解決できる必要はない、励ましてあげることで大切にできる

次で今回のテーマの核心に迫る。

「恋人の大切にしていることを大切にすること」が一番大事なこと

彼氏の大事にしていることを大切にすると約束した時

今回のテーマ「恋人を大切にするということはどんなことか」を一言で説明するなら、「恋人の大切にしていることを、あなたが大切にすることだ」と私は答える。

ここまで、「恋人に関心を持って話を聞き、理解し合って付き合っていくことが大切である」と言ってきたのは、それによって彼氏や彼女が「大切にしていること」が分かるからだ。

あなたの恋人が「大切にしてくれている」と感じるのは、それだけ自分の望む恋人像に近づこうとする意思を感じるからでもある。それに加え、自分が喜ぶであろうことに一生懸命な姿が思いやりの気持ちを感じさせて、大切にしようとする気持ちが伝わっていくのだ。

よく友達から聞く恋人へのグチとして「私のことが分かってない」という意見があるが、これは、かみ砕くと「私が大切だと思っていることを大切にしてくれない」と要約することでほとんど説明できてしまう。

多くの人の関心は、自分が気にすることへ向かう。言葉を大切にする人は言葉を大切にしない彼氏や彼女に強い不満を感じ、向き合うことを大切にする人は向き合ってくれない彼氏や彼女に強い不満を感じるのである。

こんな状態になったとしたら、もちろん「大切にしてくれない」と思うだろう。

言葉で「私はこれを大切にしています」と伝えられると対策・対処は簡単になるけれど、恋愛ではこういったことが言いにくいと感じる人が多いため、なかなか言葉にされず、「察してほしい」と思いがちだ。

ここはお付き合いの難しさの理由になっている。

だからこそ、日々のコミュニケーションで相手を理解していくという工程が大切で、彼氏や彼女への理解が深まるほど、相手の大切にしていることが具体的に分かってきて、恋人を大切にすることができるようになる。

あなたの好きな人が大切にしていることってなんだろう?

これを考えることが恋人を大切にするうえでとても重要なことなのである。付き合いが深まると、恋人同士はお互いに理解が深まるから仲良く付き合っていけるのだ。

  • 何よりも大切にするべきは「恋人の大切にしていること」である
  • 恋人の理想に近づく努力が、大切にされている実感につながる
  • 恋人の本当に大切にしていることに気づくには、日々の深いコミュニケーションが不可欠

ケンカはお互いを理解するために大切なもの、恋人を大切にしたいなら問題解決型の思考で放置しないようにしよう

当恋愛サイト「恋愛のすべて」は、恋愛を現実的に考えることが一つのコンセプトなので、今回のテーマ「恋人を大切にするにはどうしたら良いか」をもう少し掘り下げる。

恋人を大切にする上で「カップルのケンカ」は仲直りの仕方がすごく重要なのだ。

恋人の大切にしていることを最も大切にできる瞬間が「ケンカの仲直り」の時

「恋人を理解して、恋人が大切にしていることを大切にしよう」と言ったが、現実的にそれが一番叶うのが喧嘩の仲直りの時である。

ケンカでしかできないことではないが、ケンカすることで「彼氏や彼女が大切にしていること」がよく分かるのは事実である。

カップルがケンカした時は、お互いに感情的になり、考えていたことや素直な言葉が普段より出やすくなる。理性で我慢していたり、敢えて言わなかったことが喧嘩の時は過剰なほど伝えてしまうものだ。

たとえ、ケンカ中に冷静になれないとしても、その場で伝えられることは相手が大切にしているものが多く含まれている。特に注意してほしいのが「何度も言われること」だ。

カップルは、育った環境から現在の状況はもちろん、性別すら違う。お互いの歩み寄りが必要不可欠だが、かと言って自分の意見を言いすぎれば「わがまま」に思われてしまい、案外バランスは難しいところ。恋愛の複雑さから、隠そうとしたりごまかしたりも多いのである。相手を理解することは、言葉でいうほど簡単じゃない。

しかし、カップルはとても近い距離で付き合う以上、何かをきっかけに本音をもらすことがあって、溜めてた気持ちや普段言いたくても言えなかったことが言える瞬間がある。その代表例が「ケンカした時」なのである。

彼氏や彼女と喧嘩したとき、それが些細なものでも、相手をより深く理解するためにはしっかり内容を受け止めるようにしよう。たくさん喧嘩すれば、それだけ相手への理解が深まるが、それでは消耗が激しいので、できれば1つの喧嘩からなるべく多くのことを理解したい

恋人を大切にしたい人が仲直りする際は、「時間が解決する」という考え方を捨てて、問題解決型の思考ができるようになれば、恋人を大切にすることが可能だ。

相手の気持ちと考えを受け止め、あなたもそれに言葉で応える。仲直りする時に問題が解決できるように話し合えれば、喧嘩するたびに仲が良くなるカップルになることができる。

彼氏や彼女への理解が進み、相手が大切にしていることが自然と大切にできるのが、ちゃんと問題を解決しながら付き合うカップル。「もう、同じ内容で喧嘩しないようにしたい」という気持ちがそうさせる。

適当に仲直りする人に、彼氏は彼女は「大切にしてくれない」と思っている

人は、ケンカなど感情的になった時ほど、自分が伝えたことが相手に伝わったかどうかを気にする。

ケンカしてもテキトーに仲直りするカップルは結局その喧嘩に意味を与えることができないから、「分かってくれない」となるのだ。何度もそうしていけば、これまた自然と、カップルはすれ違う。

カップルのすれ違いが起きる理由と別れる時期~見えない気持ちと矛盾する人の行動
恋愛という視点で男女を見ると、「男と女で全く違う生き物」だと思うくらいで丁度良いくらい、本当に男女は違った恋愛観を持っている。 だからこそ起こるのが「男女のすれ違い」だ。 カップルのすれ違いは、何の対処も対策もしないでい

恋人を大切にしたいなら「ケンカした時の対応」を大切にするのもコツだ。彼氏や彼女が我慢できないほどストレスを感じたことがどんなことだったのか、思い込みを捨てて話を聞いて見ると、誤解もあるだろうし、自分の感覚とは違うことも出てくる。

そんな時に二人で話し合い、二人の間を取るなり譲り合うなり自分が折れるなりして解決していけば、相手は「大切にしてくれる人だ」と感じるだろう。何を大切にしてほしかったのかを二人で理解しあえば、分かり合えるカップルになれる。

「人を理解したければ、何に対してその人が怒りを感じるのか知りなさい」

こんな言葉を最後にあなたに伝え、この記事を終わろうと思う。

  • ケンカした際は恋人の深い望みが出やすい
  • 何度も言われることは絶対に大切にする
  • ケンカは問題解決型の思考をして、さらに良い関係作りに生かす

恋人を大事にする人は、幸せな結婚ができる人

もしあなたに結婚願望があるなら、「恋人を大切にできる人」になることが、幸せな結婚への早道になる。

彼氏を大事にする女性や彼女を大事にする男性が結婚が早い理由は、恋人に幸せな結婚生活が送れることを確信させることができるからだ。

お互いでお互いを大切にできるカップルは、結婚生活に不安がなくなる。大切にしてくれる人と結婚したいと思うのは当たり前の感覚だが、恋愛や結婚は「与え与えられる関係」がベストで、もしあなたが彼女や彼氏を大切にすることができれば、その行動や態度が自分に返ってくることで「本当に幸せなカップル」へ近づいていく。

この記事で解説した「恋人を大切にするとはどういうことか」を理解して実践することができれば幸せな結婚ができるから、「ずっと一緒にいたい」と思える人と付き合っているなら、あなたの全力で愛してあげよう。

一生一緒に居たいと思える人とはそうそう出会えない。大切にしたいと思える彼氏や彼女を本当の意味で大事にしてあげてほしい。

まだ出会えてない人は、自分の人生に本気になるために、下の記事を読んで「結婚」と向き合ってみよう。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばにある「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦りを感

まとめ

今回は、「恋人を大切にするとはどんなことか」をまとめた。彼氏を大切にしたい人、彼女を大切にしたい人に参考にしてもらえたらと思う。

恋人を大切にするということは、相手を理解し、相手が大切にしていることを大切にすることが大事。しっかり受け止めることができるように、常にコミュニケーションを大切にできる人になろう。

ケンカした時は、雰囲気が悪くなって言い争いみたいになることを嫌い、冷静になれるように時間を置くことも多いのだけど、そのまま解決することなく問題を放置すれば不満は溜まることになる。

全てではなくても良いので、二度目や三度目に問題になることが出てきたらその問題を解決できるように向き合うことが重要だ。

大きな不満にきちんと対処することで「大切にしてくれる」と思ってもらうこともできるので、すれ違うことがないように頑張ってほしい。

大切な人を大切するのは、あなた自身が後悔しないためだ。別れた後で後悔するようなことがないよう、良ければ下の記事も合わせて読んでみてほしい。

関連記事:

長続き 大学生の恋愛 私の恋愛観
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました