恋人との「価値観の違い」で、決定的に別れまで考えるきっかけになる内容とは?

価値観の違いを指摘する女性のイメージ

カップルに取って「価値観の違い」というものは、時々末期的に別れの決断まで突き進む理由になる。

「価値観が合わないなら付き合っていても意味がない」
「価値観が合わないからケンカが多くてつらい」

付き合う前に確認できないことも多い「カップルの価値観の違い」だが、付き合っている内に合わせていけるものがある一方で、合わせることができないものや合わせていきたいと思えない場合もあって、価値観の違いが別れの原因になることが珍しくない。

付き合っていれば我慢しないといけないことも多いけど、価値観の違いとまで表現するときは理屈ではなくなっているケースが目立つから、本当に価値観の違いが問題になる経験をする前に、どんなことが決定的に別れの原因になるのかを知ってみよう。

この記事では「恋人との価値観の違いで決定的に別れまで考えるきっかけになる内容」を紹介するので、どんなことが「価値観が合わない」と思うきっかけになることなのか、恋人がいる人は参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク

将来観に対する価値観の違い

将来観に対する価値観の違いがあるカップルは、長く続かず価値観の違いを理由に別れやすい。

例えば、「今が楽しいならそれでいい」と言う考え方をする人と、「今を頑張るのは将来のため」という人が付き合っていると、将来観が違いすぎて一緒に付き合っていくのが難しい。もし何度か意見がぶつかる機会があれば、価値観の違いを痛感するだろう。

上の場合、深い悩みを抱える方は後者の方で「将来」を考える人の方だ。

度合いの差があるとは言え、将来を意識して今を捉えるタイプの人は、上昇思考が強い傾向があり、今に対する価値観が高い人を非常に刹那的に見てしまう。未来よりも今を大事にする考え方が下らない考え方というわけじゃないのだが、将来観が違う二人は恋人の根本的な考え方を尊敬できなくなるなるから、結局付き合いを維持できない。

カップルはどんな付き合い方をしていても、パートナーとして「共に生きていく」面もあって、将来の捉え方は意外に大事な要素になっている。未来のために頑張っている人が好きな人が多い一方、夢や希望ばかりの将来を語りたがる人がキライなタイプもいて、恋愛を軸にして考える「将来観」は案外難しいテーマ。

ずっと一緒にいるのが前提となるカップルだからこそ、価値観の違いが決定的な別れの決断へとつながることがある。

お金に対する価値観の違い

「お金」に代表される「大事なものに対する価値観の違い」は、許容範囲を超えやすいのが特徴だ。

金銭感覚では、特に「借金」に対する考え方が決定的な価値観の違いと捉えやすいのは有名な話。

しかし、借金以外でも価値観の違いが別れまで発展する問題となり易いのも「お金に関する価値観の違い」として特徴と言える。

年齢的な問題や時期的な問題をすべて超えるため、お互いの価値観に向き合う機会も一番多い問題かもしれない。

例えば、恋人の金使いの粗さが気になれば、デート中でも疑問や不満を持つ機械があるだろうし、デート代や食事代の支払いでも二人で価値観が合わない。

貯金をしていればそれでいいかということでもなくて、ケチならケチで我慢できない価値観の違いとして意識されてしまうことがこの問題が難しいところ。

偏っている場合は、合わないと思う人が多いだけでなく、別れる原因にまで比較的簡単に発展してしまう。

身近なところでは、デート代を割り勘するかおごりか、比率や割り勘するケタなど、細かい好みがないという人でも実際はいくつかの選択肢があって、場合によっては価値観の違いとして意識する人が出てくる。

何となく合わせるようにすれば大きな問題にはならないとは思うが、大きく違う考え方のカップルは上手くいかないのが現実だ。

異性の友達との付き合い方に対する価値観の違い

「束縛」に関する価値観の違いも、別れを決断するほど大きな問題となる場合がある。

実際に自分の行動や態度が制限されるから当然と感じる部分だが、相手が自分の気持ちを理解してくれないことでも十分本人は辛いため、双方向的に「価値観が合わない」という結論に達する可能性がある問題だ。

異性の友達に対しては、全く気にならない人は少数派だからお互いで気を遣い合うが、「ここまではOK」と思える境界線には価値観の差が生まれる。男女の間に友情が成立しないという価値観の人は、仲の良い異性の友達がいることにすら「価値観が合わない」と思ってしまい、普段連絡を取り合っているだけなのに理解できないと感じる。

はっきり伝えるかどうかはまた別にして、友達関係の話を聞くたびに「価値観が合わないのかもしれない」と思えば、別れを考えるきっかけになるのも頷けるところだ。

喧嘩しても価値観の違いで折り合わないことも珍しくなく、我慢しても異性関係のことだけに限界点はそう遠くない。

異性の友達問題は価値観の違いが我慢できないだけでなく、つらくなってしまうため、価値観が決定的に違うカップルは長く続かない原因になる。

家族に対する価値観の違い

人間性を深くまで理解したカップルなら誰かをディスるネガティブな話が別れる決断の決定打にはならなくなるけれど、「誰をディスるか」の問題は時々価値観の問題にまで発展する。

特に両親や兄弟など、家族に対する価値観の違いでは「許せない」とまで感情が動く内容があり、「結婚」を意識する年齢なら、問題が大きくなりやすい。

私の経験では、家族を大事にする人に悪い人はいないという考え方をしている人にも多く出会った。

ただ、家族との付き合い方はそれだけ近い存在だからこそ、色々と事情のある場合がある。

育った環境はそれぞれで違っているし、実際に「毒親」と表現するしかない親がいたり、家族関係でひどい思い出を持った人がいるのも事実である。

家族を悪く言う人を真正面から否定するつもりでここを説明しているわけではなくて、考え方の違いが価値観の違いにまで発展するということを伝えるつもりで述べている。

例えば、結婚を意識するカップルがいたとして、「家族」そのものを完全に否定する話を聞いたとしたら、別れる決断をする人がいたっておかしくないだろう。

また、現実的にすごく世話をしてもらっている立場なのにちょっとしたことで完全に否定してしまう考え方も幼稚に思うことがあって、傾向とまでなってしまうなら人間性を否定したくなる。

思い入れの異なる場合にも大きな問題に発展して、別れることを考えるきっかけになることがあって、家族に限らず自分に近い存在に対する考え方は、恋人として自分を当てはまる人が出てくるので、その他のことでも気になる価値観の違いを感じていた場合は、決定打になってしまうことがある。

食事に関する価値観の違い

「食事の仕方がどうしても許せなかった」
男性的な感覚では少し分からないという人もいそうだが、女性からは聞くことが多い話だ。

マナーに関する問題も多いことが「食事に関する価値観の違い」で特徴だろう。

付き合っている以上一緒に食事する機会は多いため、直してほしいところがあればどうしても指摘したくなる。そのポイントがお互いに価値観の合うポイントであれば改善が期待できるのだけど、価値観が合わないポイントなら「直す気がない」という態度を取られて問題は深くなる、

「何度注意をしても直らない」という状態が我慢できなくなっていく人が女性に多いのも特徴で、子供の頃からの癖になってしまっているなら諦めざるを得なくなって我慢できないなら別れを選ぶほかなくなる。ここが全然意味が分からない人は特に注意した方がいいだろう。目の前でペチャクチャ食べられたりすれば、好きかどうか関係なく食事がまずくなると感じる人は実際に決して少なくない。

価値観の違いにまで発展させて、別れることを考えるきっかけになるのが、些細なことでは「食事関係のこと」が代表になるだろう。

特に最近は恋人に求める「モラル」に意識が高くなっていて、食事中のマナーの悪さが人間性の否定につながる。付き合う前にもよく問題になることはあなたもどこかで聞いたことがあるだろう。

相手の不快感を気にせず口にものをいっぱいにしてしゃべる人や、無駄に対する意識が低くて食べきれないほど注文してしまう人、自分に関係ない人であることをいいことに接客にあたるお店の人に対して横柄な態度を取る人などなど、案外気になる態度や行動を取ってしまう人はいるものだ。

価値観の違いという意味を超えて説明したが、食事は「え?そんなこと?」と聞きたくなるようなことも多くあるから、溜まっていった結果「価値観が違う」と思う原因になることがある。

まとめ

今回は「恋人との価値観の違いで決定的に別れまで考えるきっかけになる内容とは?」を紹介した。一つのことで決定的になるかどうかと言う問題はあるけれど、こだわりの強い人が多いと思われる分野を扱った。

今回挙げたことで、あなたは価値観の違いを理由に恋人との別れを考えるだろうか?

どんなカップルでもどこかに価値観の違いはあるものだ。
歩み寄ることが必要だったり、一方的にどちらかが受け入れたり、様々な形で二人の価値観はすり合わされていくところがあるけれど、決定的なところがずれていると、別れる理由にまで発展することがある。

結婚を意識する人やカップルなら尚更だ。

お互いに譲れないところで価値観の違いが意識されるなら、離れる選択は間違いにはならいけれど、誤解やすれ違いを避けたい。

相手のこだわりに気付く力も必要なものだ。

関連記事:

長続き別れ
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました