恋人との「価値観の違い」で、決定的に別れまで考えるきっかけになる内容とは?

価値観の違いを指摘する女性のイメージ

カップルに取って「価値観の違い」というものは、時々末期的に別れの決断まで突き進む理由になる。

「価値観が合わないなら彼氏なら、付き合っていてもムカつくだけ」
「価値観が合わない彼女だから、ケンカが多くてつらい」

付き合う前に確認できないことも多い「カップルの価値観の違い」だが、付き合っている内に合わせていけるものがある一方で、合わせることができないものや合わせていきたいと思えない場合もあって、価値観の違いが別れの原因になることが珍しくない。

付き合っていれば我慢しないといけないことも多いけど、価値観の違いとまで表現するときは理屈ではなくなっているケースが目立つから、本当に価値観の違いが問題になる経験をする前に、どんなことが決定的に別れの原因になるのかを知ってみよう。

この記事では「恋人との価値観の違いで決定的に別れまで考えるきっかけになる内容」を解説するので、どんなことが「価値観が合わない」と思うきっかけになることなのか、恋人がいる人は参考にしてみてほしい。

最後は、「価値観の違うカップルが価値観を合わせるにはどうしたら良いか」についても解説している。

将来観に対するカップルの価値観の違い

将来観に対する価値観の違いがあるカップルは、長く続かず価値観の違いを理由に別れやすい。

例えば、「今が楽しいならそれでいい」と言う考え方をする人と、「今を頑張るのは将来のため」という人が付き合っていると、将来観が違いすぎて一緒に付き合っていくのが難しい。

もし、何度か彼氏や彼女と将来のことで意見がぶつかる機会があれば、価値観の違いを痛感するだろう。

では、将来観の価値観の違いで別れるカップルはどんな別れ方をするのだろう?

深い悩みを抱える方は、将来のことを考える人

度合いの差があるとは言え、将来を意識して今を捉えるタイプの人は、上昇思考が強い傾向があり、今に対する価値観が高い人を非常に刹那的に見てしまって、どんどんストレスを抱える。

将来観の価値観の違いで別れるカップルは、将来のことを考える彼氏や彼女が、恋人を振るパターンが多いのだ。

未来よりも今を大事にする考え方が下らない考え方というわけじゃないのだが、将来観が違う二人は恋人の根本的な考え方を尊敬できなくなるなるから、結局付き合いを維持できない。

カップルはどんな付き合い方をしていても、パートナーとして「共に生きていく」面もあって、将来の捉え方は意外に大事な要素になっている。

未来のために頑張っている人が好きな人が多い一方、夢や希望ばかりの将来を語りたがる人がキライなタイプもいて、恋愛を軸にして考える「将来観」は案外難しいテーマである。

ずっと一緒にいるのが前提となるカップルだからこそ、価値観の違いが決定的な別れの決断へとつながることがある。

結婚の意思が無い彼氏…このままだらだらとした付き合いを続けてもいいの?20代から30代の「結婚願望のない男性」とのお付き合いについて
結婚の意思がない彼氏との付き合いは、「ダラダラと付き合っている」って感じがして、結婚願望が強い女性ほど悩みになってしまう。 「私は、このままで幸せになれるのかな…?」 「結婚する気がない彼氏と付き合っていたら後悔するかもしれ

お金に対するカップルの価値観の違い

金銭感覚の合わない彼女に価値観の違いを痛感する彼氏

「お金」に代表される「大事なものに対する価値観の違い」は、許容範囲を超えやすいのが特徴だ。

恋人に求める金銭感覚では、特に「借金」に対する考え方が決定的な価値観の違いと捉えやすいのは有名な話。

しかし、借金以外でも「お金に関する価値観の違い」は、価値観の違いが別れる原因にまで発展する問題となりやすいのも特徴と言える。

年齢的な問題や時期的な問題をすべて超えるため、交際人数が増える度にお互いの価値観に向き合う機会が一番多い問題だと感じてきた。

金銭感覚が違うカップルはなぜ別れるのか

例えば、彼氏や彼女のの金使いの粗さが気になれば、デート中でも疑問や不満を持つ機械があるし、デート代や食事代の支払いでも金銭感覚が合わない二人は価値観が合わないことで不満を溜めやすい。

貯金をしていればそれでいいかということでもなくて、ケチならケチで我慢できない価値観の違いとして意識されてしまうことがこの問題が難しいところ。

偏っている場合は、合わないと思う人が多いだけでなく、別れる原因にまで比較的簡単に発展してしまう。

身近なところでは、デート代を割り勘するかおごりか、彼氏と彼女の比率や割り勘するケタなど、細かい好みがないという人でも実際はいくつかの選択肢があって、場合によっては価値観の違いとして意識する人が出てくる。

何となく合わせるようにすれば大きな問題にはならないとは思うが、大きく違う考え方のカップルは上手くいかないのが現実だ。

異性の友達との付き合い方に対するカップルの価値観の違い

「束縛」に関する価値観の違いも、別れを決断するほど大きな問題となる場合がある。

長続きするカップルは束縛と放置の適切なバランスが重要~適度な束縛は相手を想う気持ちを基本に考える
長続きするカップルは「束縛と放置」の関係が適切なバランスになっている。 当然、束縛と放置のバランスは付き合いはじめからすぐに二人の中で良いバランスになるのではないが、付き合いが落ち着いてくる過程では、「丁度いいポイント」を見つ

実際に彼氏や彼女から束縛されると自分の行動や態度が制限されるから当然と感じる部分だが、相手が自分の気持ちを理解してくれないことでも十分本人はつらいため、双方向的に「価値観が合わない」という結論に達する可能性がある問題だ。

異性関係の価値観の違いは、付き合っているのがつらいから別れる

彼氏や彼女の異性の友達に対しては、全く気にならない人は少数派だからお互いで気を遣い合うが、「ここまではOK」と思える境界線には価値観の差が生まれる。

男女の間に友情が成立しないという価値観の人は、自分の彼氏や彼女に仲の良い異性の友達がいることにすら「価値観が合わない」と思ってしまい、普段連絡を取り合っているだけなのに理解できないと感じる。

異性関係の価値観が合わないと、好きな人と付き合えていてもつらいと思ってしまう瞬間がたくさん出てきてしまうのだ。

はっきり伝えるかどうかはまた別にして、異性の友達関係の話を聞くたびに「価値観が合わないのかもしれない」と思えば、別れを考えるきっかけになるのも頷けるところだ。

嫉妬が原因になると喧嘩しても価値観の違いで折り合わないこともよくあって、我慢しても異性関係のことだけに限界点はそう遠くない。

異性の友達問題は価値観の違いが我慢できないだけでなく、つらくなってしまうため、価値観が決定的に違うカップルは長く続かない原因になる。

束縛する彼氏になる男性の特徴や態度~付き合う前に見抜く「嫉妬深い男性」とは?
嫉妬する男性の束縛は、行き過ぎると本当にウザイ。 付き合った時の副作用して「束縛」は代表例だけど、束縛の強さは付き合った彼氏で変わるから、嫉妬深い男性に捕まると彼女は苦労する。 嫉妬する彼氏の望む行動ばかりが取れるわけで

家族に対するカップルの価値観の違い

家族に関する価値観の違いを感じるカップルのイメージ

人間性を深くまで理解したカップルなら誰かをディスるネガティブな話が別れる決断の決定打にはならなくなるけれど、「誰をディスるか」の問題は時々価値観の問題にまで発展する。

特に両親や兄弟など、家族に対するカップルの価値観の違いでは「許せない」とまで感情が動く内容があり、「結婚」を意識する年齢なら、カップルの中で問題が大きくなりやすい。

私の経験では、家族を大事にする人に悪い人はいないという考え方をしている人にも多く出会った。

ただ、家族との付き合い方はそれだけ近い存在だからこそ、色々と事情のある場合がある。

育った環境はそれぞれで違っているし、実際に「毒親」と表現するしかない親がいたり、家族関係でひどい思い出を持った人がいるのも事実である。

家族を悪く言う人を真正面から否定するつもりでここを説明しているわけではなくて、家族や家庭への考え方の違いがカップルに取って許せない価値観の違いにまで発展するということを伝えている部分だ。

結婚を意識している人ほど、家族や家庭への価値観の違いが別れるきっかけになる

例えば、結婚を意識するカップルがいたとして、「家族」そのものを完全に否定する話を聞いたとしたら、別れる決断をする人がいたっておかしくない。

また、現実的にすごく世話をしてもらっている立場なのに、ちょっとしたことで自分の親を完全に否定してしまう考え方も幼稚に思うことがあって、傾向とまでなってしまうなら人間性を否定したくなる。

家族への思い入れの異なる場合にも大きな問題に発展して、別れることを考えるきっかけになることがあって、家族に限らず自分に近い存在に対する考え方は、恋人として自分を当てはまる人が出てくるため、その他のことでも気になる価値観の違いを感じていた場合は、別れる決定打になってしまうことがある。

【2020年最新】結婚したい人の割合と、結婚したくない人の割合は?子供が欲しい人と子供がいらない人の割合を含めて「みんなの結婚観」を紹介する
2020年の「結婚したい人と結婚したくない人の割合」については、大きな規模だと国立青少年教育復興機構が2016年11月1日に発表した「若者の結婚観・子育て観等に関する調査」が最新となっている。 全国の20代から30代の4000

食事に関する価値観の違い

「彼氏の食べ方がどうしても許せなかった」
男性的な感覚では少し分からないという人もいそうだが、女性からは聞くことが多い話だ。

マナーに関する問題も多いことが「食事に関する価値観の違い」で特徴だろう。

付き合っている以上一緒に食事する機会は多いため、直してほしいところがあればどうしても指摘したくなる。そのポイントがお互いに価値観の合うポイントであれば改善が期待できるのだけど、価値観が合わないポイントなら「直す気がない」という態度を取られて問題は深くなる、

食事の仕方に関しては「何度注意をしても直らない」という状態が我慢できなくなっていく人が女性に多いのも特徴で、子供の頃からの癖になってしまっているなら諦めしかないのに、だからと言って我慢できないなら別れを選ぶほかなくなる。

ここが全然意味が分からない人は特に注意した方がいいだろう。目の前でペチャクチャ食べられたりすれば、好きかどうか関係なく食事がまずくなると感じる人は実際に決して少なくない。

些細な価値観の違いも、別れるきっかけになる

些細な価値観の違いから別れることを考えるきっかけになるのが、「食事関係のこと」だ。

カップルが会う時は必ずと言うほど二人で食事するので、食事の仕方や食べ方があり得ないと思えば、長く続くことは無い。食事に関する価値観の違いは些細なことであることが多いのだけど、「何で?」とストレスを抱える頻度が高いために別れの原因になるのだ。

特に最近は恋人に求める「モラル」に意識が高くなっていて、食事中のマナーの悪さが人間性の否定につながる。付き合う前にもよく問題になることはあなたもどこかで聞いたことがあるだろう。

相手の不快感を気にせず口にものをいっぱいにしてしゃべる人や、無駄に対する意識が低くて食べきれないほど注文してしまう人、自分に関係ない人であることをいいことに接客にあたるお店の人に対して横柄な態度を取る人などなど、案外気になる態度や行動を取ってしまう人はいるものだ。

価値観の違いという意味を超えて説明したが、食事は「え?そんなこと?」と聞きたくなるようなことも多くあるから、溜まっていった結果「価値観が違う」と思う原因になることがある。

価値観の違いで別れるカップルは、積み重ねも多い

価値観の違いで別れるカップル

今回は、彼女や彼氏との価値観の違いで決定的に別れを考えるきっかけになることを取り上げているが、恋愛経験の少ない人にぜひ理解しておいてほしいのが「価値観の違いは些細なことの積み重ね」も別れの原因になるという事だ。

価値観の違いで別れるカップルは、「○○が許せない」とすごく具体的な理由で別れ話をする人がいる一方、「もう何が合わないのか分からない」とすごく抽象的な理由で別れ話をする人がいる。

なぜこんなことがあるかと言うと、カップルの価値観の違いは、ストレスがボディーブローのように「じわじわと相手への愛情を奪っていくことがある」からだ。

彼氏や彼女の価値観に関しては、ストレスが溜まっていく

基本的に、カップルは好き同士で付き合っているから、「すべてが合うこと」を望む。恋愛中は誰もが恋人と仲良しで付き合っていきたい心理が強いので、合わないと思うことにストレスが強いのだ。

しかも、それが自分の価値観に合わないことであれば、「何で!」ってかかったストレスの分、相手の価値観が理解できない状態になってしまう。

友達だったら許せることが、彼氏や彼女になると許せないことに変わってしまう面もある。

カップルの価値観の違いは、大きい価値観の違いを合わせていくことが重要な一方で、小さな違いも放置できないのである。

カップルのすれ違いが起きる理由と別れる時期~見えない気持ちと矛盾する人の行動
恋愛という視点で男女を見ると、「男と女は全く違う生き物」だと思うくらい、本当に違った恋愛観を持っている。 だからこそ起こるのが「男女のすれ違い」だ。 カップルのすれ違いは、何の対処も対策もしなければ、いつか必ず起きる。「

では、カップルが価値観が合うようにするにはどうしたら良いか。

価値観が合わないカップルから、価値観が合うカップルになるには?

今現在、価値観が合わない彼氏や、価値観が合わない彼女と付き合ってる人は、「価値観が合うカップルになるにはどうしたら良いか」に強い関心があると思う。

確かに、価値観が合わないカップルから価値観が合うカップルになることは可能だから、価値観の合わないカップルの対処法として最後にまとめよう。

価値観が合わないカップルは、意味のある喧嘩をすることで、2人で価値観を合わせていく

付き合いはじめのカップルに取って、些細な価値観の違いは仕方ない部分がある。それぞれ別の人生を歩んできた以上、育った環境の違いは価値観の違いを生む。

では、なぜ世の中のカップルが価値観の違いを乗り越えることができているかと言えば、「二人で価値観を合わせる」ことができたからだ。

その価値観を合わせるために重要なのが「意味のある喧嘩」である。カップルに取って喧嘩は良くないものだが、価値観の違いを埋める作業も兼ねているのである。

喧嘩する時は彼氏や彼女の何かにムカついたわけだが、そこには自分の価値観が大いに反映されている。ケンカの仲直りの際に、「相手と違う価値観」に目をつぶることなく向き合うことができれば、二人の感覚を合わせていくことが可能だ。

彼氏や彼女と喧嘩したの仲直りは、「ごめんね」と謝って許してもらったり、相手からの謝罪で許すかどうかを決めるような仲直りの仕方ではなく、きちんと本音で話し合う仲直りの仕方をしよう。

「ほんとはそんなこと思ってたんだね」って二人の深いところの気持ちを語り合えば、カップルはケンカする度にお互いを深く理解していく。これを繰り返すのが価値観の合うカップルになるコツだ。

詳しくは、下の記事も参考にしてほしい。

彼女や彼氏とケンカした時、ケンカ前よりラブラブになるための仲直り方法
カップルが上手くいくかどうかは、「ケンカの仕方で決まる」ところがある。言うまでもなく「仲直りの方法」も含めての話だ。 良いケンカの仲直り方法を知っていれば、ケンカする度に仲良くなるカップルになれるし、お互いを理解して二人に取っ

価値観が合わない彼氏や彼女を「当たり前」だと思う価値観を身につける

世の中には、彼氏や彼女と価値観を合わせることができる人がいる一方で、価値観を合わせられない人がいる。

それを決定的に分けているのは、「価値観が合わないことを当たり前だと思うのか、あり得ないことだと思うのか」という部分である。

彼女や彼氏と「合わない」と思った人へ~段々と合うようになるカップルの付き合い方とは
付き合いはじめは、彼氏や彼女と「合わない」と思ってしまうことが少なくない。 合わない彼氏、合わない彼女と付き合っている自覚がある人は、周りにいるラブラブなカップルが羨ましく見えることもあるんじゃないだろうか? カップルが

先ほどから言っているように、カップルは付き合いはじめから価値観が合うわけじゃない。合わせていく期間が必要なのだ。

その合わせていく期間ですごく重要なのが、付き合っている彼氏や彼女を「自分と違う人間」だと思うこと。価値観の違いを痛感する度に愛情の強さや相性の悪さを疑うのではなく、「どうしたら合うように付き合えるか」を考える人は、少しずつ価値観の合うカップルになれていく。

恋愛は感情的な営みなので、自分の心持ちが本当に大事になってくるから、価値観が合わないことを残念に思うだけでなく、「合わせていこう」と思って交際を続けよう。

価値観の違いを乗り越えるには、お互いの妥協点を探ることが重要

カップルが価値観の違いを乗り越えるには、お互いの妥協点を探る(ケンカの仲直りなどの際の)話し合いがカギを握る。

こんな話をすると「結局は、お互いで価値観の違いを我慢するの?」って質問を受けるのだがそうじゃない。

価値観の違いを合わせていくには、彼氏と彼女で歩み寄りが必要なのだ。二人で歩み寄りつつ交際を継続していれば、少しずつ価値観の違いが埋まる。

なぜなら、歩み寄ることで二人は相手の価値観が認められるようになり、お互いの努力を愛情として受け取れるので、カップルの向いている方向が一致することで絆を深めることができるから。

これが反対になると、カップルは相手の価値観を否定して、お互いの愛情を否定し、カップルの向いている方向が違うことで近い将来に別れの決断をする。

上に述べた2つのカップルの違いをしっかり認識して、価値観の違いを乗り越えるカップルになろう。二人の妥協点を探るように交際ができると、交際期間が長くなる中で価値観の違いが相当埋まっているはずだ。

経験してないと想像できないかもしれないが、これは私が実際に何度も経験していることである。

彼氏や彼女とまだ付き合ったばかりの人は、下の記事で未来の関係を予習しておこう。カップルは、交際期間が長くなるにつれて雰囲気すら変わっていく。

カップルはどのくらい付き合ったら長続き?~各交際期間についてカップルの状態と長続きに対するイメージを解説
好きな人と付き合えているのはとても幸せなことだ。 「このまま長続きして、ずっと楽しく一緒に居れたらいいな」 そう思えるなら、ラブラブに付き合うカップルである。 当然、カップルの目標は「長続きすること」ではないから、どのくら

まとめ

今回は、「恋人との価値観の違いで決定的に別れまで考えるきっかけになる内容とは?」という部分を解説した。一つのことで決定的になるかどうかと言う問題はあるけれど、こだわりの強い人が多いと思われる分野を扱った。

今回挙げたことで、あなたは価値観の違いを理由に恋人との別れを考えるだろうか?

どんなカップルでもどこかに価値観の違いはあるものだ。

歩み寄ることが必要だったり、一方的にどちらかが受け入れたり、様々な形で二人の価値観はすり合わされていくところがあるけれど、決定的なところがずれていると、別れる理由にまで発展することがある。

結婚を意識する人やカップルなら尚更だ。

お互いに譲れないところで価値観の違いが意識されるなら、離れる選択は間違いにはならいけれど、誤解やすれ違いを避けたい。

相手のこだわりに気付く力も必要なものだ。

結婚の意思が無い彼氏…このままだらだらとした付き合いを続けてもいいの?20代から30代の「結婚願望のない男性」とのお付き合いについて
結婚の意思がない彼氏との付き合いは、「ダラダラと付き合っている」って感じがして、結婚願望が強い女性ほど悩みになってしまう。 「私は、このままで幸せになれるのかな…?」 「結婚する気がない彼氏と付き合っていたら後悔するかもしれ

関連記事:

長続き 別れ
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました