復縁と別れを繰り返すカップルの特徴や原因

復縁と別れを繰り返すカップルのイメージ

復縁と別れを繰り返すカップルは非常に精神的な消耗が大きい。何度も別れを経験することで慣れは出てくるが、修羅場を超えて復縁に至るため、付き合っていても幸せとは言えない状態である。

二人ともつらい恋愛をしているのに、なぜ復縁と別れを繰り返すカップルがいるのだろう?

今回は、復縁と別れを繰り返すカップルの特徴や原因を紹介するので、どんなカップルがくっついては離れてを繰り返してしまうのか、確認してみよう。

スポンサーリンク

精神年齢が幼いカップル

復縁と別れを繰り返すカップルは、まず「若い」「幼い」ことが特徴の一つだ。
実際の年齢という意味よりも精神年齢の方で、若いカップル・幼いカップルは、どうしても感情的に「別れ」を相手に宣言してしまう。

私も復縁と別れを繰り返した彼女がいた。
その頃はまだ10代の頃で、彼女のことでもすぐにいっぱいいっぱいになったし、付き合いの外で起きることでもそうなった。

結果的に成長へと繋がった経験のようにも思うけど、その当時にそう思えたかと言えば、そうではなかっただろう。本人は「まだ幼い」なんて思っていない。自分は十分に大人であると思っていた。

20代の中盤から後半になってくると、復縁と別れを繰り返すカップルはとても少なくなる。

些細なケンカで別れたことを後悔して経験則にしたり、問題と向き合う器ができたり、大切なものが段々揺るがなくなってきたりして、元サヤカップルがいないと言うことではなく、「別れを繰り返すカップル」は減っていく。きちんとした付き合い方がみんなできてくるイメージだ。

きつい言い方をすれば、悪いと思っていることを繰り返すのはやはり愚かと表現するべきで、成長がそれを段々と減らしていく。逆に、私の経験のように、10代カップルでは復縁と別れを繰り返すカップルは少なくなかった。そういう意味では多くの人が通る道なのかもしれない。

キャパもまだまだ小さいし、感情表現も豊かな時期は、こんなカップルになってしまうこともある意味仕方無い部分もある。

「精神的な成長」が復縁と別れを繰り返さないことに繋がるのだが、これでは対処としてあまりに弱いので、次の記事で詳しく説明することにしよう。

ここでは特徴と原因に絞ることにする。

情が移ったから一方的な恋愛感情を受け入れてしまう

復縁と別れを繰り返すカップルは、どちらか一方の恋愛感情が強い場合もよくあるパターンだ。別れた後に復縁するにはどちらかのアプローチが必要になるけど、カップルの内どちらかがモチベーションの高い状況だときっかけは作れることになる。

ただし、いくら元付き合っていた関係であっても嫌いになって別れたなら復縁はないはずで、付き合いたい気持ちをいくら伝えても徒労に終わって最悪ドロ沼化するだけ。

そこで問題となるのが「付き合っていたころに持ってしまった情」の部分で、愛情とは別の感情で復縁するパターンだ。この場合は好きなわけじゃないからまた別れを選ぶ時期が早くきて、結局別れと復縁を繰り返すパターンに陥りやすい。

「あなたがいないとダメ」
と言われたとき、長く付き合っている元恋人からであるなら振れない人もいる。それが別れと復縁を繰り返す原因となることも多い。

コミュニティー内の恋愛

別れた後に復縁をするには、二人に接触が無くてはいけない。
それは、必ずしも直接的でなくてもいいのだろうが、コミュニティー内の恋愛では顔を合わすことで復縁のきっかけとなる出来事は起こりがちだ。

まだ残っている恋愛感情を上手く制御しながら友達に戻らないといけない「コミュニティー恋愛(学校・職場・サークル・バイト等々)」では、元カノ・元カレと完全に切れることができないから、復縁と別れを繰り返してしまうことが増える。

それが幸せにつながっているなら良いことだけど、もう分かっている悪い結末に向かって歩き出す行為なら、割り切っていかないといけない時もある。

「相手に悪いから」「みんなに迷惑になるから」という理由で、そうできない性格の人が無理に友達に戻ろうとすると、揺れる想いだからこそダメなことを繰り返してしまうことがある。

復縁と別れを繰り返すカップルの中には、「別れなくてはいけない」と、未来が見えないからこそ自制的に別れを選んでいるカップルも含まれている。こんなカップルが別れた後に何度も顔を合わせていたら、どこかで復縁の流れになるのは仕方のないことかもしれない。

浮気症と心配性

幼さとはまた別の問題として、「浮気症」と「心配性」は、些細なケンカが増える特徴があるから復縁と別れを繰り返すカップルになる可能性が高まる。

浮気症に関しては些細なケンカとは言えないとも思うが、浮気症の彼氏・彼女だと思っていると実際に浮気をしていなくても浮気を疑うことで「些細」と言えるケンカが起きることを考えると、売り言葉に買い言葉で何もないのにケンカになってしまうことは多くなる。

相手が浮気症だから心配性になってしまう人もいて、案外この組み合わせで付き合っているカップルも多いだろう。好きだから持つ気持ちに対処できていないので、別れても元サヤになる可能性の高い別れとなる。

心配性の恋人の束縛が嫌になって誰かに思いやりを求めてしまう人もいるだろう。
ダメと言われるからやりたくなる人の心理もあるから、こうなったら正に悪循環だけど、嫌いになれなければ復縁と別れを繰り返すパターンも。

本当に浮ついた気持ちで浮気をする場合は、相手への気持ちは自分に残っているから完全に別れられないことがあるし、心配性の恋人が嫌になっても、完全に嫌いになれるかと言えば愛情を感じることが理由で難しい場合がある。

すぐに極論を言ってしまう人

すぐに極論を言ってしまうような人とのお付き合いを平穏無事に継続するのはかなり困難で、「大好きだからこそ別れ話を頻繁に切りだす」という人もいるから、復縁と別れを繰り返す原因になる。

別れ話を頻繁に切り出す人の特徴は下の5つが代表的だ。

  • 自分に自信がない
  •  ネガティブ
  • 愛情を確認する
  • 忍耐力がない
  • 好き過ぎてつらい

本当に別れるつもりが無くても実際に別れ話を切り出せば、結果として両想いのままで末期的な問題が無いのに別れてしまうことも出てくる。

付き合っていれば言っていることとは別の本当の気持ちに気付くのだが、別れるつもりのない別れ話をなだめることが当たり前になってしまった場合は、頻繁に「別れたい」という趣旨の話をされることになって結局ケンカが増える。こんな人と一緒にいれば相当にストレスを感じるし、面倒くさい恋人だ。

うまく付き合うためにたまの感情的な爆発は悪くないのだが、頻繁に別れ話を出す人との交際ではケンカ別れのような感じで、別れては仲直りして復縁するパターンをループする。

すぐに極論を言ってしまう恋人とのお付き合いは復縁と別れを繰り返し易い。

素直になれず問題をすり替えてしまう人

復縁と別れを繰り返すということは、何かが大きく問題になっているはずだ。
誰でも恋人とは仲良くお付き合いしたいはずなのに別れてしまうのだから、些細なケンカであっても実は根深い問題を抱えている場合は少なくない。

特に「別れを繰り返す」ならその問題を排除して、より良い付き合い方を二人で模索しないといけない。素直になれずに自分の気持ちを語れないと、問題の定義すらあいまいになってしまうだろう。別れても両想いのままだから元サヤに戻るけど、また別れるという結果になってしまう。

「ツンデレ」に代表されるように、素直になれない人は一部を「強がり」の形で気持ちとは逆の行動を取ってしまう場合が増えるので、些細なケンカも起こりがちだ。

察して欲しいと考えても、勘の悪い人では難しく、復縁と別れを繰り返すなら鈍感なタイプである場合も多い。

性格を変えるのは難しいから即効性のある対策は難しいけれど、素直になれないことでぶつかっている問題を相手にすり替えて話してしまうなら、復縁と別れを繰り返す内にお互いで消耗してしまう。

ある程度察することはその内に出来てくるけど、完全に気持ちを理解するためには言葉を交わすことがどうしても必要だ。素直になれない人の恋愛は傷つけあうような恋愛になりやすいだろう。

まとめ

今回は復縁と別れを繰り返すカップルの特徴や原因を紹介した。

最後に触れているが、復縁できる別れであってもお互いの消耗はかなりあるので、より良い付き合い方を考えれば、「繰り返す」ことが末期化への道を早める。

安心感が勝ってマンネリ化してしまうと幸せとは言えないけれど、いつまた別れるのか心配しないといけない恋愛も幸せではない。

次回は復縁と別れを繰り返すカップルの対処法を紹介してみたい。

作成記事:復縁と別れを繰り返すカップルの対処法~元サヤに戻る時はどこに注意する?

復縁と別れを繰り返すのは「合わないとわかっているのに執着していること」も原因。良い出会いから良い恋愛を始めることも重要だ。どんな人なら自分と合うかも考えよう。

関連記事:

別れ失恋
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました