当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

彼女に飽きてしまった時に無意識に取ってしまう行動と対処

彼女に飽きた男性が「なぜ彼女に飽きるのか」悩んでいる様子

彼女に飽きた男性は、無意識に取る行動や態度がある。

これのタチが悪い点は、彼氏が彼女に飽きた自覚がない時もあることで、彼女に飽きてしまったことに本人が気づいていない内から、飽きてる態度が出てしまうことがある。

男性は細やかなところに配慮できない傾向があって、彼女に飽きる(飽きてくる)と、彼女が「もしかしたら飽きられたかもしれない」と疑うような行動や態度を自然に取ってしまう。

彼女に飽きたことで彼氏側が「別れたい」と思ってるなら態度が変わるのも仕方がないことだが、カップルには倦怠期もあるのだし、実際に「一時的に彼女に飽きる」という状態になることもある以上、別れる気がないなら変に彼女の不安を煽ってしまうと後悔する別れに繋がってしまう。

そこで今回は「男性が、彼女に飽きてしまった時に無意識に取ってしまう行動とその対処法」について詳しく解説する。

心当たりがある男性や、彼氏の飽きたサインを知りたい女性はぜひチェックしてみよう。

彼女に飽きたと確信してる男性についても、その気持ちとは裏腹に別れたくない心理になることがあり、「好きだけど飽きた」と思うことが普通にある。彼女に飽きた時に取る行動や態度を知って対処できるところに対処しよう。

この記事は、彼女に飽きた男性用の記事なので、彼氏に飽きた女性については、こちらの記事を読んでほしい。

>>女性が彼氏に飽きた時に無意識に取ってしまう行動と対処法~女性の倦怠期とは?彼氏に飽きてきたサインとは?

  1. 彼女に飽きた時の男性心理:「彼女が好きだけど飽きた」「積極的に別れたいと思わないけど飽きた」はあり得る心理
    1. 彼女に飽きた時の男性心理は「彼女に不満がある状態」になっているから、「好きだけど飽きた」という心理になる
    2. 彼女に飽きるまでの心理変遷と、彼女に飽きた後の心理変遷
    3. なぜ彼女に飽きたのか:彼女に飽きた原因
    4. 彼女に飽きたら、成り行きに任せると後で後悔する別れ方をする
  2. 彼女に飽きた男性は、彼女への興味が減り、彼女の話をまともに聞かなくなる
    1. 彼女に飽きたことで彼女に興味がなくなった彼氏は、話の聞き方で彼女に飽きたことを気づかれる
    2. 女性は好きな人に自分の話を聞いてほしいのに、彼女に飽きた男性は「彼女の内容のない話」がストレスに変わるから話の聞き方が悪くなる
  3. 彼女に飽きた男性は、彼女への努力が減り、デート・プレゼントなど全てが適当な態度になっていく
    1. 彼女に飽きた男性のデートは彼女視点で「満足できないデート」になるため、別れたくないならイベントのデートやプレゼントで挽回する意識が大切になる
    2. 彼女に飽きた男性は無意識に愛情表現不足になるから、意識的に「尽くす日」を作らないと飽きてきたことに気づかれる
  4. 彼女に飽きた男性は彼女にお金を使わなくなる:彼女に飽きた彼氏のデートの仕方
    1. 経済力がある彼氏でも、彼女に飽きたら「デートプランやデートスポット」に気を遣わなくなるから彼女に時間を使わなくなる
  5. 彼女に飽きるとマメさがなくなる!彼女に飽きた男性はLINEやメールや電話などの連絡が減る
    1. 彼女に飽きた彼氏は「返信スピード」も遅くなる
    2. 彼氏の飽きたサインが気になる女性は、「彼氏を心配させる」と自分に飽きたかどうか見抜く方法になる
  6. 彼女に飽きた男性の態度は、そっけない態度が増えて、彼女に冷たくなる
    1. 彼女に飽きると態度や行動の全般から優しさが消える
  7. デート中に他のことが気になるのは彼女に飽きたサイン!彼女に飽きた男性は彼女と二人の時でも視線はスマホに向かう
    1. 彼女と一緒にいる時はスマホをいじりやすい雰囲気があるから、彼女に飽きたら携帯の取り扱いに注意しないといけない
  8. 彼女に飽きた男性は彼女と会いたくなくなる!一人になりたがる彼氏は、彼女に飽きている彼氏
    1. 彼女に飽きた男性は、彼女をデートに誘わないから彼女と会う頻度は必然的に下がる
  9. 彼女に飽きた男性の対処法・対応方法:飽きたけど別れたくないなら、後悔する前に対策しよう!
    1. 彼女に飽きた時は、会う回数を意識的に減らす(彼女に会い過ぎていると感じている場合の対処法)
    2. 彼女に飽きた時は、連絡を定期的に入れるのが基本的な対処法だが、あえて忙しい時にLINEするのがコツ
    3. 飽きた彼女とのデートは、自分のメリットを加えてより楽しく効率的に行う
    4. 彼女に飽きた自分を放置せず、付き合い方にバランスを与える意識を持つ
  10. 彼女に飽きた男性は、もう一度飽きる前に戻れるのか:恋愛は飽きたら終わりなの?
  11. まとめ

彼女に飽きた時の男性心理:「彼女が好きだけど飽きた」「積極的に別れたいと思わないけど飽きた」はあり得る心理

最初に「彼女に飽きた時の男性心理」について4つのポイントで解説する。

男性が彼女に飽きるともちろん「もう別れたい」と思うこともあるのだが、「彼女が好きだけど飽きた」と思ったり、「積極的に別れたいと思わないけど飽きた」と思うことがあり、冒頭から述べている通り(結果論ではあるが)「一時的に飽きた」という状態になることがある。

彼女に飽きると自分自身の気持ちにも様々な迷いが出るので、まずは彼女に飽きた時の男性心理を整理しておこう。

彼女に飽きた時の男性心理は「彼女に不満がある状態」になっているから、「好きだけど飽きた」という心理になる

彼女に飽きた男性、もしくは彼女に飽きそうな男性は、まず最初に「冷めたから飽きたと感じるのか」と疑う。

確かに彼女に飽きる男性はピーク時より彼女への愛情が減った状態になる。でも、「好きか好きじゃないか」で言えば、最初は「まだ好きな状態」であることがほとんどだ。

彼女に飽きた時の男性心理は何かしら「彼女に不満がある状態」になっているが、そのことは好きを削る原因にこそなれど、一気に冷める原因とはなり得ないので、「好きだけど飽きた」という心理になる。

彼女に飽きるということは、愛情を減らす原因にはなるのだが、心理的には遅効性の効果が強く、たとえば「何かあって幻滅した」とか「裏切られて信用できなくなった」などのケースと比較すると、一気に好きじゃなくなる原因とはならないことが多い。彼女に飽きた彼氏はだんだん冷めるのが特徴だ。

しかし一方で、彼女に飽きる心理状態は一時的な場合も多く、もう一度気持ちが盛り返すことも多い。

つまり、彼女に飽きた彼氏は、後から「倦怠期だった」と気づくパターンがあるのだ。

特に「彼女が好きだけど飽きた」「積極的に別れたいと思わないけど彼女に飽きてる」という人は、何かのきっかけで彼女への気持ちが良い方向に変わる可能性がある。

その確率については、「そもそもどのくらい彼女が好きだったか」とか「彼女と付き合ってからどのくらい経っているか」で変わってるから一般論の提示が難しいのだが、条件を度外視しても「彼女に飽きる」ということが一過性である可能性はすべての男性にある。

一時的に飽きただけなのに、自分の行動・態度が変わることで悪い方向へ彼女の気持ちに影響してしまうと、それが原因で彼女とうまくいかなくなるため、彼女に飽きたかもしれないと思いつつも、彼女と別れたくないと思うなら、ぜひこの記事を参考に今の状況を乗り切ってみてほしい。

彼女に飽きるまでの心理変遷と、彼女に飽きた後の心理変遷

男性は彼女に飽きるまでに「彼女と会うのがめんどくさい」と思ったり、「彼女のLINEがうざい」と思ったりして、自分の中の彼女の存在が小さくなっていく。

だが、そんな気持でも実際に彼女に会うと、「楽しい」と思ったり、彼女への愛を再認識したりして、彼女に飽きたと確信する前に「彼女に飽きそう」「彼女に飽きてきた」と微妙な心理を抱えることが多い。

彼女に飽きたかどうか不確かに思う時は、彼女と離れてる時より、彼女と一緒にいる時に彼女のことをどう思うか考えてみると答えが出せるので、自己分析する時は参考にしてみよう。

そして、彼女に飽きた後の心理変遷についてだが、これはここまで解説した通り、2つのパターンに分かれるのが特徴だ。

  1. 彼女に飽きた→彼女に冷める→別れる
  2. 彼女に飽きた→飽きたけど好きだから付き合い続ける→気持ちが戻っていく(何かきっかけがある場合もあるし、彼女の努力が影響したりして自然に戻ることもある)

男性心理では、彼女との交際が落ち着くとどうしても彼女を「手に入れた女」だと思うところがあって、長い期間彼女を追い続けることができない面がある。少なくても、付き合う直前の感情が1年以上も続かない。

結果的に「飽きたから冷めた」と単純な心理変遷もするのだが、“目移りする” ような感じで一時的に彼女に飽きることがあるため、彼女に飽きたその後に気持ちが戻ることがある。

その最もイメージしやすいシチュエーションが先ほども触れた「倦怠期の終わり」だ。カップルの雰囲気が変わったり、彼女の態度が良い方向に変わったり、彼氏本人に何かあって「やっぱり彼女が大切だ」と思ったりと、パターンは様々あるが、飽きた彼女に気持ちが戻ることがある。

彼女に飽きた後の心理は、「別れたい」と思うまでに変遷することがあり、その中には「やっぱり好きだ」と確信するパターンまであるので、自身の結論が出るまでは自分が未来を選ばれるように、彼女に「飽きられたかもしれない」と思われない対策をする方が良い。

なぜ彼女に飽きたのか:彼女に飽きた原因

では、「なぜ彼女に飽きたのか」という彼女に飽きた原因についてだが、それは以下の8個が一般的に多い理由だ。

彼女に飽きた原因、理由

  • 彼女と会いすぎた
  • 彼女の話がつまらない、彼女が出す話題に興味が持てない
  • 彼女と相性が悪い、しっくりこない(デートの仕方も含めて)
  • カップルとして落ち着いてきた段階で「刺激」が足りなくなった
  • 付き合ったら彼女が変わった
  • 逆に、彼女に変化がない(見た目を含む)
  • 彼女のLINEがめんどくさい
  • 彼女より優先したい趣味がある

彼女に飽きた理由はそれぞれの彼氏毎に様々な原因が考えられるが、あるあるを紹介すると、上の8個が代表的だ。

各項目を確認すると「彼女が変わらないと飽きた状態が改善しない」と思ってしまうと思うのだが、恋愛は付き合う前も付き合ってからも「感じ方・捉え方」が重要で、つまりは彼氏側の受け取り方で印象は大きく変わる。

もちろん飽きられた彼女が改善しないと根本的な原因が解消しないこともあるけど、もし本当に彼女に大問題があるなら付き合う前に冷めるはずで、付き合った後に気づいた弱点があるならすぐ別れるはず。

要は、「完全に飽きた」とならないのであれば、彼女への印象も変化する可能性があるということだ。

彼女に飽きたら、成り行きに任せると後で後悔する別れ方をする

ここまでの解説でも触れてきたように、彼女に飽きたら「別れる決断をするまで」は、自分の軽率な行動や態度が原因で彼女と末期的に関係が悪くならないように、対策・対処していくことが重要になる。

後から一時的な気持ちだったと気づいた場合に後悔しないようにするためだ。

別れた後に後悔すること8選~彼女や彼氏に「あの時にこうしておけば良かった」と振り返ること
過去記事『別れてもよりが戻るカップルの特徴や別れ方~よりが戻せるカップルとは』で、よりを戻すカップルについてテーマにした。 別れた彼女や彼氏を思い出すときに「よりを戻したい」と思うのは別れた直後に多いけれど、ある程度時間が経ってから元

彼女に飽きてしまったと思うケースや、飽きそうと思ってる中で成り行きに任せると、あなたの気持ちが離れてきていることに彼女が気づいて、「飽きた飽きてない問題」より以前に、単純にカップルとしてうまくいかなくなって別れる。

この記事では「彼女に飽きた彼氏が無意識にとる行動と態度」を解説して、その対処法も詳しく説明していくから、別れたいと思う前ならぜひ参考にしてみてほしい。

それでは早速解説していこう。

彼女に飽きた男性は、彼女への興味が減り、彼女の話をまともに聞かなくなる

彼女に飽きている彼氏は、体の状態で表現するなら「お腹がいっぱいの状況」に近い。お腹がいっぱいの時に食べ物を見ても何の興味も持たないように、彼女に飽きた男性は「彼女への興味」を著しく失うのが特徴だ。

さらに、彼女に飽きている男性は興味が減った彼女の話をまともに聞かない傾向が顕著で、彼女をないがしろにしてしまう。

彼女に飽きたことで彼女に興味がなくなった彼氏は、話の聞き方で彼女に飽きたことを気づかれる

彼女に飽きた男性は彼女の話を聞かなくなると言うと、男性から「彼女がよくしゃべるから俺はいつもちゃんと聞いているつもりだけど?」と聞かれるのだが、今説明しているのは「無意識の時」の話だ。

男性は彼女の話に “重要度” のような概念を持ち込む傾向があって、飽きた彼女の他愛のない話(男性がくだらない話だと思うような内容の話題)に対しては、無意識に興味がない聞き方をする。

から返事をしたり、無表情な反応の仕方をする時をイメージすると、わかりやすいだろう。彼女の近況報告や、聞いてもらいたいだけの愚痴を聞いてる時が「興味無さそうにする時」の典型的な例になる。

私は男女問わず恋愛相談を日常的に受けているのだが、女性から「これって、彼氏に飽きられたサインなの?」と聞かれる内容の第1位は、「彼氏が私に興味がなくなった」という点であり、その判断の大きな要素に「彼氏の会話中の態度」を挙げる女性が非常に多かった。

男性が彼女に飽きてきたと思ってる時は、彼女が「最近、あんまり話を聞いてくれなくなった」と思ってる可能性がすごく高いので、男性側は意識的に対処するべきだ。

会話中の違和感が飽きられたかもしれないという疑いにやがて変わり、確信に至ればカップルの雰囲気はあなたが思っている以上に悪くなる。

なぜなら、女性は好きな人に話を聞いてほしいと強く思うからだ。自分の希望を叶えない彼氏に彼女は心底がっかりしてしまう。

女性は好きな人に自分の話を聞いてほしいのに、彼女に飽きた男性は「彼女の内容のない話」がストレスに変わるから話の聞き方が悪くなる

女性は男性より、好きな人に自分の話を聞いてほしいと思う心理が強い。

これは、同性の友達にも向く感情で、簡単に言えば、女性は「おしゃべり好き」だ。カフェで長居する人の男女比率を見れば一目瞭然だろう。

この前提があるため、女性は彼氏の話を聞く態度から自分への愛情を測っている面がある。自分の話を真剣に聞いてくれる態度に「支えてもらってる」「自分を受け止めてくれてる」と女性は思い、愛情を感じているのだ。

しかし、彼女に飽きた男性は「彼女との会話を楽しむ」という感覚が薄れるばかりか、彼女の内容のない話がストレスに変わるため、特に自分の気持ち的に余裕がない時は、彼女が気づくレベルで話の聞き方が悪くなる。

ラブラブだった頃と彼氏の態度が変われば、彼女は「自分に飽きたのかもしれない」と気づくのにも頷けるだろう。

それが自分の大切にしていたポイントだったから、疑いの目が強くなるのである。

恋人を大切にするとはどんなことか~彼氏を大切にしたい、彼女を大切にしたい人へ
大好きな人と付き合っている人は、「彼氏を大切にしたい」「彼女を大切にしたい」と思うもの。義務感とか責任感と言った気持ちよりも、純粋な愛情がそう思わせる。 「恋人に大切にされたら嬉しいですか?」 この問いにNOと言う人はやっぱり少数派

私の経験では、彼女に飽きた時に彼女の話す声がほぼ聞こえなくなるほど適当に話を聞くようになって、はじめて彼女に飽きた時に起こることが自分に起きてることを自覚したことがあった。

彼女に飽きている状態でも話をきちんと聞いてあげていると思っていたが、別れ話の際に彼女の意見を聞くと「だいぶ昔から私の話を聞いてくれなくなった」と言われたのだから、本当にショックだった。

「好きだけど飽きた」とか「好きなのに飽きてきた」と思うような男性は、まだ別れたくない彼女がいる状態だから、私の経験のように「彼女に飽きた後の無意識の変化」に本当に気を付けてほしいと思う。

男性は女性の話を半ば義務的に聞く時があるため、彼女に飽きている時は反応の仕方がすごくそっけない態度になる。

彼女に飽きた男性は、彼女への努力が減り、デート・プレゼントなど全てが適当な態度になっていく

彼女に飽きた男性が彼女を放置しているところ

男性は釣った魚に餌をやらない傾向があるけれど、飽きた彼女へはもっともっと頑張らなくなるのが特徴だ。

特に、彼女の誕生日やクリスマスなどのイベント時の対応が明らかにサボりがちになるのは、彼女が気づきやすい “彼女に飽きた彼氏の変化” である。

元々めんどくさがり屋の男性は、気を付けないと本当に女性の評判が悪い態度なので、気づかぬうちに彼女が冷めてしまうことすらある問題だ。

彼女に飽きた男性のデートは彼女視点で「満足できないデート」になるため、別れたくないならイベントのデートやプレゼントで挽回する意識が大切になる

もしあなたが彼女に飽きてしまった場合は、気合いが入ったデートが減るので、誕生日やクリスマスなどの「イベントの日」に普段サボりがちなデートを挽回しないと、二人の交際にバランスが取れなくなる。

恋愛の公式的には、男性が女性の恋愛感情を維持するには、日常的な愛情表現が必要だ。でも、彼女に飽きた彼氏はそれが不可能な心理になっているし、彼女が「彼氏に飽きられたかもしれない」と不安に思う時は、各種イベントデートなどの「大事なデート」の態度で最終確認のように彼氏の愛情を計るため、その時の態度が重要になる。

大事なデートなのに適当なデートをすると、彼女から「冷めたから飽きたんだ」と確信されやすいから気を付けよう。

彼女に飽きた男性のデートは彼女から見たら満足できないデートになっていることが大半だから、別れたくないなら彼女の誕生日やクリスマスなどの恋愛イベントで頑張らないと、愛されてない実感が強まってしまう。

彼女に飽きた男性は無意識に愛情表現不足になるから、意識的に「尽くす日」を作らないと飽きてきたことに気づかれる

男性が彼女に飽きたときは彼女へ努力することが著しく減るため、意識的に彼女に尽くす日を作らないと、あなたからの愛情を感じない彼女は「飽きていること」にすぐに気づく。

ここは絶対に対策が必要なところになっているので、「最近まともなデートをしてない」「付き合い始めにしてたデートはもうずっとしてない」という彼氏は、彼女からもうだめだと思われない内に、埋め合わせのデートで分かりやすく愛情を表現しよう。

イベントデーの豪華なデートや記念日デートはカップルが長続きする秘訣でもあるから、カップルの交際も人間関係の一部であると自覚して、彼女の存在を当たり前のものだと思わずに最低限の意味でも「頑張る日」を作ろう。

彼女が不安になった時に「不安を打ち消すエピソード」がないと、彼女側も諦めたり、冷めてしまう。

彼女に飽きた男性は彼女にお金を使わなくなる:彼女に飽きた彼氏のデートの仕方

彼女に飽きてしまった男性はデートやプレゼントが適当になっていくと説明したが、「飽きた彼女にお金を使いたくない」との理由も影響している。

彼女に飽きた男性は彼女以外のことでお金を使いたいので、彼女には節約志向になりやすいのだ。

デートを近場で済ます彼氏は、彼女とのデートにお金を使いたくない心理がよく関係している。

特に、経済的に余裕のない人は、支出先を厳選している傾向があって、愛情の問題が “デートの質” と直結する。

デートもプレゼントも適当で、時間もお金も使わない彼氏は、分かりやすい「彼女に飽きた彼氏の態度」を取っている。

この場合は飽きたと言うより完全に冷めたことを疑われるので、彼女が言葉を発する際は「いきなり別れ話をされる」ような状況になりやすい。

彼女に飽きたかもしれないと思う男性は、「そんなに都合のいい彼女はいない」と考えるべきである。

経済力がある彼氏でも、彼女に飽きたら「デートプランやデートスポット」に気を遣わなくなるから彼女に時間を使わなくなる

ここは、実は経済力がある彼氏でも陥りやすいポイントで、彼女に飽きた男性はデートプランやデートスポットに気を遣わなくなるから、結果的にお金を使わないデートが増える傾向がある。

オシャレなレストランには連れていくけど、ご飯を食べて終わりのデートになれば、1日出かけるデートに比べてお金を使わないデートになる。

彼女に飽きると1時間以上かけて出かけるような “いつもと違ったデート” もしないから、そういう意味では「デートに時間をかけてくれないこと」も彼女に飽きた彼氏によく見られる傾向だ。

お金と時間はその人の現在の価値観が色濃く出る部分なので、「自分は経済力があって、彼女にはお金を使ってる」という男性でも、女性の感性は馬鹿にしない方が良い。

「おいしいもの食べに連れて行ってくれるのは嬉しいけど、最近どこも出かけなくなったね」と言われる時は、相当に彼女が飽きられたことを気にしているサインだ。

別れたくない彼女だったら交際の仕方全体にバランスを取るようにしよう。

彼女に飽きるとマメさがなくなる!彼女に飽きた男性はLINEやメールや電話などの連絡が減る

彼女に飽きた男性が彼女にLINEしている様子、彼女に飽きたサインが出てしまっている

これも一つ前の見出しから関連する「彼女に飽きた時に無意識に取ってしまう男性の行動」である。彼女に飽きた彼氏は、それまで気になっていた彼女の存在が自分の中で小さくなるため、元々マメでない性格の彼氏だったら、飽きた彼女に顕著に連絡が減る。

彼氏から彼女に連絡するのは、「彼女が気になるから」であり、「彼女と話したいから」だが、彼女に飽きた彼氏はそのどっちの気持ちも小さくなる。

カップルの安定期はそんなに連絡を取らないところも少なくないが、彼女の心配をするべきタイミング(例:夜遅い帰宅の時)や、彼女に聞きたいことがあるはずのタイミング(例:彼女が知らない人と飲み会に行く時)でも彼女を放置してしまうのは、彼氏が彼女に飽きた時だ。

彼女に飽きると思い出す回数も減るので、何気ないLINEも減るから、彼氏からの連絡頻度は明らかに減る傾向がある。

彼女に飽きた彼氏は「返信スピード」も遅くなる

彼女に飽きた彼氏は、自分から連絡する頻度が減るだけでなく、LINEやメールの返信スピードも遅くなる。

理由は、早く返信すると会話が長引くからであり、すぐに返信したいというモチベーションも下がっているからだ。

確かに彼女に飽きるとLINEがめんどくさくなるのは分かるが、自分から連絡しないし、返信も遅いのであれば、彼女が彼氏の異変に気付くのも時間の問題となる。「飽きたのかな?」と発想するまでそう時間はかからないだろう。

実際に彼女が「彼氏が飽きた」と思ったら嫌な雰囲気になるのは目に見えているため、 多少の義務感であったとしても彼女を放置し過ぎないように対処しよう。

ここは女性が本当に気にしているところなので、下の小見出しで女性向けに解説を加えておく。

彼氏の飽きたサインが気になる女性は、「彼氏を心配させる」と自分に飽きたかどうか見抜く方法になる

基本的に男性は女性より普段の連絡にそっけない態度を取りがちなので、半年以上続いたカップルだと「LINEの態度じゃ彼氏の気持ちがわからない」と思う人も少なくない。「飽きたのかな?」と思っても、なかなか確信できない女性もいるだろう。

では、LINEにおける彼氏の飽きたサインは何かというと、先ほど少し触れたように「心配するべき状況で心配してくれない態度」に表れる。

わざと彼氏に心配させると、本当に好きだったら(飽きてないなら)、彼氏はいつもと違った態度を取る。ここで飽きたか飽きてないか判別が可能だ。

彼女に飽きてないなら、彼氏は彼女を大事に思ってるのだから、彼女がわざと心配させるLINEを送れば、心配したくなくても心配してしまう。それが、彼女に飽きてない男性の心理だ。

実際、彼女が大好きな彼氏が無意識に心配症になってしまうのは、何となく想像できるだろう。彼女に煽られたら反応せざるを得ない。

しかし、彼女に飽きた彼氏は、どんな内容のLINEも適当な態度をとる。彼女に飽きてるなら感情が動かないからだ。男性は彼女に飽きると彼女に干渉してこない傾向が強まる。

彼女に飽きてないなら心配や不安の感情は表面に表れやすいので、彼氏の気持ちに不安になったら試してみると良い。

人の気持ちを試す人は疑いをかけてることと同義のため、信頼関係を壊す行動を取っていると言えるが、「彼氏だったら彼女が心配になるはず」と思えるようなLINEを送るくらいなら気持ちを試されてるような印象はないので、彼氏に飽きられたかもしれないと思った時に積極的に確かめたいなら活用してみよう。(ただし、頻度には注意してほしい)

彼氏の飽きたサインを見抜く方法になる。

彼女に飽きた男性の態度は、そっけない態度が増えて、彼女に冷たくなる

彼女に飽きてしまった時は、自分から積極的に彼女からの愛情を欲しないので、今までのギャップから彼女がそっけないと感じる態度が増えて、「彼氏が冷たくなった」と思うような態度がかなり増える

ポジティブに見てくれるなら「身近になって落ち着ける相手になれたのかな?」と彼女は思うだろうけど、その他の彼氏が飽きたサインに気付けば「私のこと、冷めたのかな?」と疑いが強くなるのは当然の流れである。

特に、片思いのアプローチ中に頑張った男性は彼女に飽きるとすぐにバレるので注意が必要だ。

男性が女性を落とすために頑張っている時の態度や行動~男は好きな人にどんな努力をするの?
男性からのアプローチをあまり受けたことがない女性は、「男が好きな人を落とすために頑張ること」がどんな態度や行動として表れるか、よく分からないのではないだろうか。 好きな人のために頑張る男性がリアルに想像できない女性は少なくないし、実際

彼女に飽きると態度や行動の全般から優しさが消える

彼氏の行動や態度は、付き合ってしばらく経った後も強い愛情があれば崩れすぎないものだが、彼女に飽きると「(彼女視点で)優しいと思う行動や態度」が明らかに減少していく。

彼女に飽きた彼氏は、彼女がキュンとする行動や態度を取らなくなり、代わりに悲しくなったり、切なくなるような行動や態度が増えていく。

これがきっかけで愛情がなくなったと気付く彼女も多くて、無意識の時のことなので対策をしようもなく、指摘された男性は「そんなことない」としか言い返すことができない状況になる。

さすがに彼女と会ってる時のすべてで愛情を疑われないようにするのは対処法として現実的じゃないけど、もし彼女に飽きたかもしれないと思ったら、自分が出す雰囲気や優しさを欠いた行動や態度を、意識的にフォローする機会を作るようにしないと、交際は続かない。

男性は彼女との交際が落ち着くと知らず知らずのうちに彼女への態度がそっけなく冷たくなっていく傾向があるけど、だんだん飽きる彼氏が多いとしても「フォローの有無」がその後の交際が続くかどうかのカギを握っている。

ここでも、彼女が飽きられたかもしれないと思った時に、その事実を否定するエピソードがあるかないかが「彼氏が飽きた」と確信するまでの過程に大きく影響するということだ。

デート中に他のことが気になるのは彼女に飽きたサイン!彼女に飽きた男性は彼女と二人の時でも視線はスマホに向かう

彼女に飽きた彼氏が彼女にそっけない態度を取る様子

究極的なところでは、彼女に飽きた彼氏は全般的に彼女との会話がつまらないと感じている。飽きた相手とまで言えなくても、彼女に飽きそうになっていたら、会話を楽しむ感覚がその分減っているのである。

彼女に興味がないことが分かれば彼女もすぐに勘づくわけだが、彼女に飽きた男性がよく見せるサインは「二人でいるのにスマホばかり見てしまう」という態度だ。

彼女に飽きた彼氏は、無意識に彼女よりも携帯の相手をしてしまう。

彼女と一緒にいる時はスマホをいじりやすい雰囲気があるから、彼女に飽きたら携帯の取り扱いに注意しないといけない

カップルでいるときは落ち着いた雰囲気になることもあるから、友達と一緒のときよりむしろスマホがいじりやすい雰囲気がある。

そんなタイミングに無意識でいれば、彼女に飽きた男性はそのままスマホを触ってしまうので、彼女に注意されたらその時点からでも気を付けないと、本気で彼女がキレるまで友達とLINEしていたり、インスタを見てたり、ゲームをしていたりすることも多い。

実際、二人で一緒にいるのに携帯ばかり触る彼氏は彼女に飽きたサインを出してしまっているから、雰囲気を悪くしたくないなら意識的に控えるべきだ。

携帯ばかりの彼氏に彼女が不満を持った時はかなり気まずい雰囲気になるので、「男性が彼女に飽きた時に取る行動」としてデート中に意識しておきたい。

彼女に飽きた男性は彼女と会いたくなくなる!一人になりたがる彼氏は、彼女に飽きている彼氏

男性には一人の時間が必要と言われるが、彼女に飽きた時はその傾向がより顕著だ。

それまで何かと彼女を連れて行った場所や用事でも、彼女に飽きた彼氏は急に彼女をないがしろにし始める。

彼女に飽きた男性は、彼女をデートに誘わないから彼女と会う頻度は必然的に下がる

カップルは常に一緒にいる方がラブラブであるとまで言えないのだけど、やはり二人でいる時間は、ある程度2人の気持ちの量を表す部分がある。

あまり好きじゃないなら無理に一緒にいたいと思わないため、男性・女性関わらず恋人に飽きると一人の時間を増やす傾向があるのだ。

この時の男性心理には、「友達と遊ぶ方が楽しい」「彼女と会うために時間を作るなら一人で趣味に没頭したい」「彼女と会わないで家でゆっくりしたい」などの心理が絡むため、彼氏が彼女に飽きたことで彼女の優先順位が下がることも関係している。

でも、女性は寂しがり屋の方が多いから、彼氏が無意識に彼女を避けるような感じになれば、彼女の気持ちがしんどくなってカップルは上手く行かなくなる。

そのため、彼女に飽きた時ほど、男性は二人の関係をそれ以上悪くしないための施策が意識的に必要になる。

飽きたけど別れたくないと思ってるなら、彼女が「最近、デートに誘ってくれなくなった」「このごろ彼氏が会いたいと言わなくなった」と友達に相談する前に、彼女と会う頻度を常識的な視点で振り返って、無駄に彼女を心配させないようにデートの頻度を調整する意識が必要だ。

彼女から「最近、忙しいの?」と聞かれたら、「最近会ってくれないね?」という意味が含まれているから、最低限の対策をしよう。彼氏に飽きられたと思ってる彼女は、下の記事で解説しているような悩みを持つ。

彼氏が会いたいと言わない理由と言わなくなった理由10選~何で彼氏は会いたいと言ってくれないの?
彼氏が会いたいと言わないと彼女は不安になる。特に、会いたいと言ってくれてた彼氏が会いたいと言わなくなった場合は、悪い変化として気にしてしまう女性が大半だろう。 「彼女に冷めたから彼氏が会おうと言わないの?」 「彼氏が飽きたから会いたい

以上、ここまでで「彼女に飽きてしまった時に男性が取る態度と行動」を7つのポイントで解説した。

取り上げた内容の中には対処ができそうなものから不可能だと感じることまで様々だったと思うが、次からは「彼女に飽きてしまった時の対処法」についてまとめる。

彼女に飽きた自覚があるなら、ぜひ対策まで読んでみてほしい。

彼女に飽きた男性の対処法・対応方法:飽きたけど別れたくないなら、後悔する前に対策しよう!

彼女に飽きた男性が対処法に成功してもう一度仲良しカップルになれたところ

ここからは「彼女に飽きた時はどのように対処したら良いか」を解説する。

彼女に飽きたといっても別れたくない場合は多いと思うし、一時的な問題になることもあるから、「好きだけど飽きた」「飽きたかもしれないけど確信がない」という男性は対処法・対応方法がかなり重要だ。

彼女に飽きた時は無意識に取ってしまう行動や態度があるため、彼女が勘づいて微妙な空気になる前に、やるべきことをきっちりやろう。

彼女に飽きた時は、会う回数を意識的に減らす(彼女に会い過ぎていると感じている場合の対処法)

まだ好きなのに彼女に飽きている状態と言うのは、「会いたいと思う前にまた会っている時」に多い。

LINEやメール、電話などでも彼女とのコミュニケーションはあると思うが、自分自身への対処法でも、彼女への対処法でも、「会っている時」に一番のポイントがあるため、会いすぎてる自覚があるなら、彼女に飽きてきたと思った段階で意識的に彼女と会う回数を減らす必要がある。

彼女に飽きているのに無理に会うのは完全に逆効果で、男性が飽きた時に無意識に出る行動や態度を原因にカップルの雰囲気は悪くなるし、自分でも「彼女に飽きた」と確信しやすい。

お互いに嫌な態度を取るようになったカップルは別れる流れにしかならないため、無理して会ってるなら会う頻度を調整するべき状況だ。

では、彼女と会う回数を減らす時にカップルとして雰囲気が悪くならないようにするにはどうしたら良いかというと、彼女が納得する「会えない理由」を言い訳として伝えることが重要になる。

会いたくないから会わないのではなく、会えないから会わない状態であると彼女が認識することが必要条件になるので、あなたの事情にそって彼女と会わない理由を考えてみよう。

一般的な理由としては下に3つ紹介するので参考にしてみてほしい。

彼女に飽きた彼氏の言い訳の仕方

  • (具体的な事柄をあげて)仕事を言い訳にする
  • 友達関係の付き合いが立て込んだことを言い訳にし、会う日を先延ばしする
  • 体調不良と忙しさをリンクさせて休養を言い訳にする

彼女に飽きた時は、会えば会うほど彼女に飽きたことがバレるし、冷めたと確信される。

彼女側も彼氏の態度にストレスを受けやすくなるので、彼女に飽きた男性は彼女が納得する理由で会う頻度を減らすように対処するべきである。

ただし、「最近デートしてない」など、既に彼女と会う頻度を減らしてる彼氏は、最低限10日に1回は彼女と会うようにしよう。普通のカップルは週に1回会ってるからこれでも少ない方だが、彼女に飽きてるなら仕方ない。
彼女と会う回数を減らす際は、自分から誘うのがコツで、彼女の誘いに渋々応じるような態度を取らないようにしよう。
このパートの解説は「無理して彼女に会ってる彼氏用の解説」なので、そこは勘違いがないようにしてほしい。

彼女に飽きた時は、連絡を定期的に入れるのが基本的な対処法だが、あえて忙しい時にLINEするのがコツ

彼女に飽きた時はLINEやメールが疎かになると先程も説明しているが、これは意識的に改善しないと、彼女からLINEが来ても「めんどくさい!」と思って返信の雰囲気が悪くなってしまい、LINEでの態度が彼女に飽きる前とギャップが大きくなってしまう。

無意識に後でいいと思ってしまい、結局LINEしない状態になってしまうことも多い。

では、どのように飽きてきた彼女との連絡を円満に続けるかというと、「あえて忙しい時に彼女にLINEする」のがおすすめだ。

忙しい時にLINEすれば、無駄にLINEが続いたり、電話に発展することもなくなり、彼女に自分から連絡する状況を作りながらも、彼女とのLINEの負担が減らせる。

カップルは、LINEから電話になったり、LINEから会うことになったりするケースがかなり多くなっている。カップルは話の展開で会いたいときに会える関係だからだ。

しかし、彼女に飽きた時はその流れを極力なくして彼女へ新鮮さを感じたいところなので、敢えて忙しい時に簡単なLINEやメールを送ることで「彼氏の連絡が減った」と思わせないように対策すると良い。

忙しい時でも連絡をくれる彼氏は、彼女からしたら飽きられていると感じないから、関係は悪くならない。いつも忙しいと言う彼氏は飽きたサインを出してるように思う女性もいるけど、彼氏側から連絡していれば「交際上の不満」くらいで留まる。「忙しいのに連絡くれる」とも思うからだ。

忙しいと言いながら連絡すると、LINEが長引くことがないし、連絡しなかったことでこじれることもない。短いLINEは確かに彼女からするとそっけない態度なのだけど、事情を説明していたら不満は小さくなる。

飽きた彼女へのLINE問題は、放置して末期化させない対処法を実践しよう。しばらくすれば彼女に愛情を持っている以上、また良い時期を迎えることができる。

飽きた彼女とのデートは、自分のメリットを加えてより楽しく効率的に行う

彼女に飽きた状態の時は、二人とも楽しくなるデートをしようと思うよりも、もっと自分の趣味にデートを合わせたり、自分の用事をデートで済ませたりして、自分自身で彼女とのデートにメリットを与えるように組み立てるのが上手く付き合うコツだ。

彼女と会わなければならないとネガティブに思うから、飽きた時は彼女とのデートがめんどくさくなる。

彼女に飽きたのに別れたくない彼氏は、無理する感じで頑張ってしまうことも多いのだけど、あなたから彼女への愛情が減っているなら、彼女は無意識に気づき始める。

何も対処をしないで解決できるほど甘い問題ではないから、彼女に飽きた時は「自分がいかに彼女とのデートを楽しめるか」を考える方がカップルとして上手く行くと考えよう。

どんな理由で彼女をデートに誘うかに関わらず、受け取り手の彼女の気持ちは「デートに誘ってくれる=好きだから会いたいと思ってくれてる」という気持ちになるし、「デートを楽しんでくれる=好きだから2人でいると楽しいんだ」という気持ちになる。彼女は彼氏が飽きてるとは思わなくなる。

飽きた彼女に自然に会いたいと思えない時や、デートを楽しめないと思う時は、デートに自分都合のメリットを作って、彼女に会いたくなる理由と楽しくなる理由を作ればいい。

彼女に飽きたことが原因で、「デートに誘わない彼氏」「会うのを避ける彼氏」、「デート中につまらなそうにしている彼氏」になるくらいなら、この対処の仕方は正解になる。

「彼女と会うのがめんどくさいな」
と、一瞬でも思うまで彼女に飽きた時は試してみよう。

彼女に飽きた自分を放置せず、付き合い方にバランスを与える意識を持つ

彼女に飽きた時に男性が無意識に取る行動や態度を知れば、そこを意識的にフォローしていくことが可能になる。

今回の記事で気づきや学びがあったなら、無意識を意識化することで、細かな部分も含めて対策・対処することに確実に役立つだろう。

実際、長く付き合ったカップルは良い時期と悪い時期を繰り返すところがあって、悪い時期を乗り越える手段を知っていて具体的に行動している。

残念ながら、大切な人への想いはどうしても一定ではないから、付き合い始めのカップルを見て「俺は彼女に飽きてるのかもしれない」と思うことがどんな男性にも意外と普通にある。

でも、こういう時に彼女に「彼氏に飽きられた!」と確信するまで思われたらもう続かない。好きなら不安も不満もどんどんたまることになるからだ。

最低限、彼女から疑問を持たれる状態までで、あなたの対処が求められる。

この前提に立つと、意識的に「彼女に飽きた時の彼氏の行動」の反対のことを行って、彼女が「あれ?飽きたと思ったのは勘違いだったのかな?」って思う程度に留めておくことにも効果があると分かると思う。

あなたが彼女に本当に飽きたのでなければ、バランスを取るための行動や態度がまた仲良く付き合うことに寄与するし、先にカップルの雰囲気が悪くなって「別れるしかない」という状況を回避することもできる。

意識的に優しくする、意識的に尽くすことで彼女が「飽きられたのかな?」と思っていることを否定すれば、自分に飽きた彼氏として見ないから、一時的であればカップルとして上手くいくことが多いのである。

今までの付き合い方を振り返って、昔の自分と今の自分にギャップを感じたなら、「付き合い方にバランスを与えること」を考えてみよう。彼女の気持ちを思うと大切なことなので、できる範囲でやっておくと後悔しない。

何度も繰り返すようだが、彼氏と彼女の関係は絶えず変化しながら色々な時期を過ごす。「飽きたかな?」と思う程度ならより不味い雰囲気にしない対処法で倦怠期を乗り越えることも重要だ。

いずれにしても、この記事を最後まで読んでくれたあなたなら何らかの対処をできると思うので、他者の視点で「自分の行動と態度のバランス」を感覚的に取り入れよう。

倦怠期の乗り越え方については、下の記事が役立つと思う。

彼女に飽きた男性は、もう一度飽きる前に戻れるのか:恋愛は飽きたら終わりなの?

彼女に飽きた経験は数多くの男性が体験しているが、「完全に彼女に飽きた」とならない限りは、もう一度飽きる前の気持ちに戻ることもある。

目安は「飽きたことで冷めるかどうか」だ。

最初に飽きたかもしれないと思ったところから、彼女を嫌いになるような方向に感覚が進むと、恋愛としては終わりを意味する。

「彼女に飽きたのかな?」とか「ちょっと飽きたかもしれない」という程度の飽きであれば、日常の変化や対処法を実践することで彼女への気持ちが変わっていくことは実際にある。

すごく簡単に例を解説すると、誕生日を一緒に過ごした時にたくさんの愛情を感じたり、節目に大切な人と一緒にいることに感動して、「一瞬彼女に飽きたかもしれないと思ったけど、別れないで良かった」と思うような体験がそれに当たる。

他にも、「彼女が優しくなったから雰囲気が良くなってまた好きになった」「一緒に旅行に行った時にめっちゃ楽しかったからやっぱり別れないで良かったと思った」などなど、一度飽きた彼女に気持ちが戻る例は挙げるとキリがない。

彼女に対する感情は気分のようにコロコロ変わらないけど、気持ちだから揺れ動く。嫌なことがあれば好きじゃないかもしれないと考えるし、嬉しいことがあればやっぱり好きだと思うのは当然なのだ。

恋愛は飽きたら終わりだけど「本当に飽きたのか」は微妙な問題で、長く付き合えば付き合うほど「好きなのに飽きた」「好きだけど飽きた」という感情が矛盾しない。そういう時期を迎えやすいのがカップルの交際なのである。

身近な例で言えば、あるグループが「仲が悪い時期があった」と話すような状況を考えてみると少しわかりやすいだろうか。

人と人が密接に長く付き合ったら、悪い時期が出てくるのは自然の摂理と言えるかもしれない。

ただ、男性の場合は飽きた状態での付き合いが負担に感じる人が多いので、恋愛の場合、成り行きに任せるだけだと高確率で別れることになるのは間違いないかと思う。

そもそも、好きな人に飽きるということがあまりにもネガティブな感情であるため、「飽きる=冷めた」との公式を自分に当てはめて自己暗示的に冷める人も多い。

「最近一緒にいてもそんなに楽しくないな」と思ったことがきっかけで、「飽きたのかもしれない」と考え、「飽きたのはそんなに好きじゃないからだ」と思って、本当に冷めていく。

特に彼女と長く付き合った経験がないと、自分の感情の変化にショックを受けやすいから、彼女に飽きるという現象が悩みになった時は自分から深みにはまらないように注意してほしいと思う。

長続きしたカップルは新鮮さを失うことがデメリットになるので、求めすぎは良くない。新鮮な気持ちを失ったことを理由に「彼女に飽きた」と結論付けると、他の女性を探したところで同じことが繰り返されるので、彼女の存在をもう一度きちんと考えてみることが後悔しないコツになる。

少しでも別れたくない気持ちがあるなら、飽きる前の状態に戻ることもあるから、自分の気持ちを確かめる時は、気分転換しながらなるべく客観的に彼女への気持ちを考えてみよう。

しばらく様子を見るだけで、何のきっかけもない中で気持ちの変化が起きることもある。

カップルはどのくらい付き合ったら長続き?~各交際期間についてカップルの状態と長続きに対するイメージを解説
好きな人と付き合えているのはとても幸せなことだ。交際期間に関わらず「このまま長続きして、ずっと楽しく一緒に居れたらいいな」と思えるなら、ラブラブに付き合うカップルである。 当然、カップルの目標は「長続きすること」ではないから、どのくら

まとめ

今回は「彼女に飽きてしまった時に無意識に取ってしまう行動と態度と対処法」について解説した。

付き合いが長くなると、一時的に彼女に飽きたような感覚を持つことが珍しくない。いつも一緒にいればそんな感覚になることもある。

ただ、結局それが原因で雰囲気が悪くなって別れることになれば、少なからず後悔する人が出てくる。

男性が彼女に飽きると彼女がそれに気づきやすいので、「別れたい」と思ってないなら対策・対処できることに頑張っておこう。

今回紹介したことに気を付けて彼女の不安を煽らなければ、とりあえず今の状態を維持しながら付き合いを続ける・別れるの選択ができるから、彼女をまだ大事に想う気持ちがあるなら対処をしてみよう。

付き合っている意味がないカップルの特徴~ずるずる付き合わないで捨てるべき?
恋愛相談を受けていると、時々「付き合っている意味がないと思う」という話をする人がいる。 彼氏や彼女との付き合い方に疑問を持っていたり、そもそも愛情面で疑問を持っていたりと理由は様々だが、上手く行っていないカップルは「付き合って意味がな

関連記事:

男性の心理と特徴倦怠期
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました