男性が好きな人に告白したくなる時~どんな時に男は告白したいと思うの?

男性が告白したくなる時のイメージ

「最近、好きな人と両想いになれたかも。でも、男性が告白したくなる時ってどんな時だろう?」

好きな人とどれだけいい感じになっても、自分から告白できない女性は男性からの告白を待つことになるけど、「男性が好きな人に告白する時」がイメージできないと、色々考えてしまい、しんどくなることも多いのではないだろうか?

告白したことがない女性は、男から告白するべきと思いつつ、告白を決意する瞬間みたいのがよく分からなくて、恋愛の状態や雰囲気などが進んできていれば、告白される可能性も気になるはずだ。

そこで今回は、好きな人から告白を待つ女性のために、「男性が好きな人に告白したくなる時」をまとめてみたい。

恋愛に告白のタイミングは重要なので、あなたが告白される瞬間をイメージしながら読んでみよう。実際に告白されるなら、リアクションも大事となる。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

デートが楽しく過ごせて次のデートも乗り気の時

これから付き合いたいと思う女性とのデートが楽しく過ごせて、次のデートも会話の流れで決まるような「女性の乗り気」を意識する時は、男性が告白したくなる時だ。

当ブログで何度か告白をテーマにしてきたが、「告白されたい」と思うなら好きな人から「成功の自信」をもってもらうようにするのが大切

デートが成功すると二人でいることにも自信が持てるし、相手の気持ちにも自信が持てる。
男が告白したくなる瞬間としては最も一般的な部類に入るだろう。

デートが上手く行くと勢いがつく理由にもなるので、告白を考えていた場合は「この日に告白しよう」と思わなくても、雰囲気の良さから告白してしまう時がある。

次のデートで告白を決意するかは分からないけれど、何度かそんな展開があると、告白したくなる気持ちは増していくはず。二人でいるときの雰囲気の良さは告白と関連深い。

3回目のデートは恋愛のポイントになることが多いから、初デートが成功した女性などは下の記事も読んでおいてほしい。告白したくなるデートの仕方ができるかもしれない。

スポンサーリンク

友達の状態に限界を感じた時は告白が我慢できない(友達以上恋人未満など)

自分が好きな人に取って「友達」である状態を意識した瞬間に、「もう一歩進みたい」と思う気持ちが強くなることで、好きな人に告白したくなることがある。この時は、告白が我慢できない感じに近いのが特徴だ。

友達以上恋人未満な二人も、もどかしさがあったりするもの。

例えば、二人で歩いていても「手を繋いでいいのかな」とふと思ったり、自分が彼氏ではなく友達として扱われるのがしんどいなど、「好きだから抱える感情」を持て余した時、友達の状態に限界を感じる。二人の関係性をはっきりさせたい気持ちになる理由でもあるだろう。

男性が好きな人に告白したくなる時は、友達のままじゃ居られないってくらい、相手の女性を好きになっている状態とも表現できる。

嫉妬も告白のきっかけ!他の男性の存在に絡む問題で彼女にしたくなった時

男友達が多い女性や、モテる女性との恋愛では、ライバルの存在が気になるもの。

特に大学の新歓コンパや社会人なりたての研修などで「一気に出会う場」があったりすると、男性は時々、恋愛はスピード勝負だなと感じることがある。人気の女性には早めにアタックする男性が散見されるのである。告白も早くなるのが特徴だ。

ライバルが多いと思う女性だと分かった時に男性が告白をしたくなるのは、狩猟本能を持った男性らしいところ。計算高いイメージよりも、男性心理では「焦り」の方が強いイメージだ。動けないとしたら、男気のの無い自分にイライラする。

また、嫉妬に絡む問題も「告白したくなる時」と関連深い

女性があまり過度に好きな人の嫉妬心を刺激して告白させるのは間違っていると思うが、確かに気になってしまう人は気にするから、嫉妬を理由に男性は告白したくなる気持ちになることがある。男友達が多い女性の場合は、告白したくなる気持ちを最も刺激するのがこの理由だろう。

付き合うと言うことは「お互いの気持ちもを大切にしよう」という意味もあるので、第三者が直接的・間接的の両面で影響を及ぼすこともある。

目標を達成したり仕事などで成功した時は「全能感」が告白したくなる気持ちに繋がる

告白はどんな男性に取っても大きな勇気のいる行為。勢いを利用したいという気持ちを持つ場合は少なくなくて、目標を達成したり仕事で成功した時の「勢い」で、好きな人に告白したくなる時がある。

男として自信を持てる瞬間であることが関係しているほかに、迷いがちな告白のタイミングにメドを立てる意味で意識する場合があることも理由だろう。「○○が成功したら告白する!」と決意する男性心理は、女性も理解できると思う。

決断するには何かと理由を付けたくなる心理があるので、「全能感(=なんでも上手く行きそうな感触)」が告白したくなる気持ちと繋がる

「今日好きだって言おうって決めてたんだ」
なんて意味の言葉は、ドラマだけでなく現実にも存在している。

「こんな状態で、さらに振られたりしたら立ち直れない」
色々なことであまりうまく行っていない時は告白の勇気も踏ん切りもつかないけれど、勢いに乗っている時は前向きになれるので、仕事や生活全般の状態と「告白」が関係する場合もある。

出会う時期で恋愛の結果が変わるのは、こんなところも理由になっている。

キューピットも恋愛に影響する?友達に背中を押された時は勢いで告白したい気持ちになる

男同士でも恋バナをすることがあって、友達に話を聞いてもらったり相談に似たようなこともしたりする。

恋愛は自分自身を客観視しにくいから、現実的に友達のアドバイスが役立つ瞬間もあって、友達から後押しされたことを理由に、告白したくなる時も出てくる。「キューピットがつなげるカップル」も確実に存在しているのだ。

本人は恋愛相談する時に「告白したいと思っている」とは言わないのだけど、恋愛に慣れた友達は「背中を押してほしいのかな?」と忖度することも実際は多くて、踏ん切りをつけるために友達に話をするタイプの男性も実は多い。

やっぱり本気の恋愛に決着をつける瞬間は、色々なことを考えてしまうのだ。

好きな人に告白する時は、「どう勢いを付けるか」が本当に大事で、失うかもしれない告白に踏み切るのに、冷静な判断はちょっと違う。勢いをつける方法は様々なパターンがあるが、好きな女子と共通の友達がいわゆる「恋のキューピット」になることもあって、恋愛では誰に話を聞いてもらうかも大事だったりする。

男同士では悪ノリするようなことも多いが、最後の一歩を踏み出す「告白」は、理屈じゃ選べないのも事実である。

片思いから両想いになる前後では、周りからどう見えているかも大事になる。応援してくれる友達が多いと、実際にうまくいっている恋愛はゴール(付き合う)まで発展しやすいところがある。

長く一緒にいて離れるデートの終わり際は、寂しさや切なさが告白したくなる理由に!

好きな人と一緒に過ごした後のさよならの瞬間は、男性もやはり寂しさがこみ上げる。

長く一緒にいた状態はとても幸せを感じることができる一方、バイバイする時の寂しさも大きくなるものだ。

「告白はロマンチックな場所で」なんて言われるけれど、帰り道で告白されたことのある女性も多いのではないだろうか。

付き合っていない関係なら、次に二人きりで長時間過ごす機会は必ずやってくるものではなく、確実な予定はないから未定である。気軽に誘う関係もあるのだろうが、確約されていない感じが何とも寂しさを増幅させる面があるだろう。

男性が告白したくなる時と言うのは「離れたくない」と思う時でもあって、「もっと一緒にいたい」という気持ちになった時も同じように告白したくなる時だ。

好きな人と長く一緒にいると、つい気持ちが出てしまって告白の雰囲気になることもあるけれど、「今、告白したい」と思う瞬間に「長く一緒にいて離れる時」がある。

好きな女性が落ち込んでいる時は「守りたい気持ち」が告白したくなる気持ちへ繋がる

恋愛には色々な雰囲気があるけど、意外に「暗い雰囲気」も恋を進めるところがある。好きな人に対しては「守りたい」という気持ちを強くするからだ。

特に男性心理は、好きな人を近くで守りたいという気持ちが本能レベルで存在している。好きな女性が落ち込んでいるのを見ると、「愛情を伝えたくなる心理」になることがあるのだ。

そっと抱きしめて、「俺がいるよ」なんて言ってしまうドラマみたいなシチュエーションを、何より私自身が経験している。

好きな人を心配する気持ちは女性心理と男性心理とで違いが大きいので、「心配させたくない」と好きな人に素直な態度を取らない女性は残念な恋の結果をより多く受け取っているかもしれない。爽やかでキラキラした瞬間にしか片思いが進まないわけじゃないから、もっともっと心の距離を近くしていくべきだ。

男性が告白したくなる時と言うのは、「気持ちが抑えられない時」が代表的だが、それには「支えたい」とか「守りたい」と言った男性らしい心理でそう思うが多くある。

卒業や転勤など、生活空間が離れる時は後のことを考えずに済むので、告白したくなる瞬間になる

一緒にいるのが当たり前の関係は「告白されにくい関係性」で、「振られたら気まずい」というイメージは、告白を遠ざける。

「明日も会う」という関係など、リスクが高い告白はどうしても選ばれにくい側面があるので、勢いがつかない片思いは告白されにくいのだ。

しかし、こんな状況が変わる「卒業・転勤・転職・配置換え」などは、離れる寂しさも手伝って告白したくなる理由になる。特に、「友達でもいい」と思う理由がなくなる形だから、最後のチャンスとの印象も持つパターンだ。

人生には色々な転機があると思うが、恋愛に取っても転機が存在する。自分と好きな人の環境が変わる瞬間は、それまで二人で温めた関係の答え合わせがあるかもしれない。

ケンカの理由が「好きだから」だった場合は、感情的になることが告白したくなる理由に

好きだからケンカになる理由~素直になれない片思いだからこそ起きるすれ違いを考える
「相手が好きな人だからケンカになる」 恋愛感情は特別な感情だから、「どうでもいい人」には抱かない想いを持て余して、時に攻撃的な...

上の記事でも解説している通り、恋愛では「好きだからケンカになる」という現象が起きる。ケンカになっても本当の理由が言えないからモヤモヤする瞬間だが、片思いが進んでいる状況でこんなことが起きると、ロマンティックな雰囲気とは真逆の告白が行われることがある。

「好きだからムカつくんだろ!」

どこか限界を感じるような言葉だけど、いくら感情的になったとは言え、これが言えるのはかなり近い距離感で接する二人の場合だ。付き合うか付き合わないかのラインをうろうろするようないわゆる「恋愛下手の二人」は、ここまで感情的にならないと告白できないことがある。

告白は最後の一歩を進める行為だが、現在地に踏み止まることができないため、いずれにしても結果は2つに分かれる。時間が経てば元の友達に戻ることができたとしても、振られると距離ができるのは道理である。

ここまでこじれた告白は実際には少ないが、友達で満足しているような恋愛観を持った二人だと「感情的になった」ということが告白したくなる気持ちとつながることがある。

色々な雰囲気の告白があることを理解してもらえるエピソードだと思うが、恋愛経験がないと最後の最後まで告白しない人がいる。

二人で一緒にいる雰囲気に「落ち着き」を感じた時は、穏やかな気持ちで告白したくなる

人は「好きな人と無言を楽しめる関係になりたい」と思うところがあるけど、デートを重ねて実際に「落ち着いた雰囲気」を体験すれば、穏やかな気持ちで告白したくなることがある。

好きな人からの好意は確信が持てるものではないが、意外と「二人の雰囲気」は信じられる面がある。二人でいることに落ち着けた時は、相手からの脈ありサインがたくさん出ていることを条件に、ポロっと「付き合おうか」と言えてしまうもの。何で告白したのか本人もよく分からないパターンも、この場合は存在する。

いつもゲラゲラ笑う雰囲気はどうしても「友達の雰囲気」であり、もっと落ち着いた雰囲気の方が恋愛の雰囲気だ。今説明しているパターンは恋愛経験の多い人にあるあるなのだが、「自然と付き合うようになった」という場合の告白はまさに落ち着いた雰囲気の中で付き合う意思確認がなされている。

付き合った経験がない人には伝わりにくいところだが、「無言でも幸せに一緒にいる雰囲気」は、思いがけず告白される瞬間になっているのは間違いない。

男性が告白したくなる瞬間を自分から作るのが「恋愛上手な女性」

ここまで男性が好きな人に告白したくなる瞬間や理由を解説してきたが、恋愛上手な女性は、この機会を自分から作っているのが特徴だ。ぜひあなたも、シチュエーションや雰囲気を知るだけに留まらず「好きな人から告白されるためにはどうしたらいい?」というところを深く考えてみよう。

それぞれの雰囲気次第でその答えは変わってくるところがあるのだけど、一般的に「食事を重ねて告白待ちになるケース」が多いのではないかと予想する。

その場合は、下の記事をぜひ参考にしてみてほしい。食事する関係から付き合う方法をまとめている記事だ。

また、下の記事では告白させる方法についてまとめているので、こちらも参考になる女性がいるだろう。

ただし、女性から告白しないといけない状況もあるので、「自分から告白する」という選択肢も頭に入れておくのはポイントだ。

恋愛は二人でするものだから相手任せにしてはいけない。自分ができることを考えて実践することは自分を幸せにする方法だから、好きな人と付き合える恋愛の仕方をしよう。

まとめ

今回は「男性が好きな人に告白したくなる時」をまとめた。
どんな時に男は告白したいと思うのか、女性的な感性とのズレはあっただろうか。

受け身の恋愛をする女性は、相手の男性が告白してくれるのを待っている状態が長くなることもあると思うが、タイミングや雰囲気を重要視する告白において、いつ告白してくれるかは相手次第でどうしてもわかりにくい。

下の記事で「告白の前兆」についてまとめているので、一緒に参考にしてみよう。

関連記事: