女性が彼氏に飽きた時に無意識に取ってしまう行動と対処法~女性の倦怠期とは?彼氏に飽きてきたサインとは?

彼氏に飽きた女性が「どうしたらまた仲良く付き合えるか」考えている様子、彼氏に飽きてきたサインに気づきながらも何もできなかった

付き合って1年など長く付き合った彼氏がいる女性は、「彼氏に飽きた」と確信したわけじゃなくても「何となく彼氏に飽きたかもしれない」と思うことがある。

いわゆる “女性の倦怠期” になると、「飽きたけど別れたくない」「好きだけど飽きたかもしれない」と思うことも多く、彼氏とのデートがめんどくさいと思ったり、彼氏に飽きたサインを自分自身が感じていくことがある。

彼氏に飽きてきたと思った女性は、「冷めたのかもしれない」という気持ちと「別れたいと思ってるわけじゃない」という気持ちの間で複雑な心理になることもあるだろう。

この問題は付き合って3ヶ月など短い交際期間の中で自覚する女性も意外といて、彼女側の倦怠期は経験したことがある人が多い状況だ。

そもそも人付き合いに器用な女性は一時的に自分が彼氏に飽きたとしてもそれをうまく隠せる人が多いのだが、彼氏に飽きてる時に無意識に取ってしまう行動や態度には十分気を付けてほしいと思う。

長く付き合うことでどんなカップルにも「倦怠期」は訪れてしまうのだから、まだ好きで嫌いになったわけじゃないなら、今回解説する「女性が彼氏に飽きた時に無意識にとってしまう行動と対処法」は、上手く付き合っていくヒントになる。

彼氏の扱いが昔と変わった女性や、なんとなく倦怠期っぽいと感じる女性はぜひ参考にしてもらいたい。

この記事の最後には、彼氏に飽きない方法として「飽きない付き合い方」についても解説している。

  1. 女性の倦怠期とは?彼氏に飽きる交際期間は付き合ってどのくらいか、彼女側が倦怠期になったらどんな心理になるのか
    1. 1か月から3か月で彼氏に飽きた女性の原因と心理
    2. 4か月から半年(6か月)で彼氏に飽きた女性の原因と心理
    3. 付き合ってから1年で彼氏に飽きた女性の原因と心理
  2. 彼氏に飽きた女性が無意識に取る行動と態度:彼氏に飽きたサインとは?
    1. 彼氏に飽きた彼女は彼氏の優先度が下がる(優先順位を無意識に下げる)
    2. 彼氏に飽きると女性は自分の評価を彼氏に聞かなくなる!彼氏からどう思われてるか気にならなくなったら、彼氏に飽きたサイン
    3. 彼女側の倦怠期は、LINEやメールなど「彼氏への連絡が減る」のが特徴
    4. 彼氏に飽きた女性は、彼氏に愛情表現を求めなくなる!好き?と聞かなくなった、好きだと言わなくなったら彼氏に飽きたサイン
    5. 彼氏に飽きた時に会話が減るのは「質問が減る」のが原因
    6. 彼氏に飽きた彼女はケンカの仕方が派手になる!彼氏に飽きると女性はイライラすることが増える
    7. 飽きた彼氏の行動や態度に厳しくなる!些細な彼氏の行動や態度、言葉が許せなくなったら彼氏に飽きたサイン
    8. 彼氏に飽きた女性心理は複雑になるため、彼氏と会う時にテンションが下がる、不機嫌になるのが「女性の倦怠期」の特徴
  3. 彼氏に飽きた時の対処法!彼氏に飽きてきた時はどんな対策があるの?
    1. 彼氏に飽きてきたと思ったら、さらに飽きることに対策しよう!飽きてきた時は彼氏と会う回数を減らす
    2. 彼氏に飽きた時もLINE等の連絡の頻度は減らさない
    3. 飽きた彼氏とのデートは、自分の用事に付き合わせるとうまくいく
    4. 彼氏に飽きた時は、交友関係を広げて他の人から刺激を受ける:彼氏に飽きたら行動範囲を広げるのもおすすめの対処法
    5. 彼氏に飽きたことが悩みになっているなら、自分磨きで前向きになる
  4. 彼氏に飽きたことが決定的で、「飽きた彼氏と別れるか悩む女性」は、正式に距離を置く対処法を取る
  5. 彼氏に飽きたと言うのはアリ?彼氏に飽きてきたら話し合いはどうするべきか、飽きたと言われた男性心理はどうなるか
    1. 彼氏に飽きた理由が分からない女性はどのような話し合いをするべきか
  6. 好きだけど飽きた…とならないように「彼氏に飽きない方法」とは?(彼氏に飽きない付き合い方)
    1. 彼氏に飽きる女性は、彼氏に会いすぎないように「デートの頻度」を調整する
    2. 彼氏に飽きないようにするには、疲れる交際の仕方をしないこと
    3. 楽しいデートができるように自分から動くことで、飽きないデートの仕方をする
  7. まとめ

女性の倦怠期とは?彼氏に飽きる交際期間は付き合ってどのくらいか、彼女側が倦怠期になったらどんな心理になるのか

最初に「女性の倦怠期とは?」という部分を「交際期間」と「心理」の面から解説する。

彼氏に飽きた状態となる交際期間はその人ごとに違うけど、恋愛に関することは自分の気持ちも見失う複雑なもの。

「付き合ってからの期間」で彼氏に飽きる時期を整理しながら、彼氏に飽きた原因と彼氏に飽きてる時の心理について詳しく解説する。

1か月から3か月で彼氏に飽きた女性の原因と心理

彼氏と付き合ってから1か月、2か月、3か月で飽きた女性は「彼氏に飽きた」というより、他の2つの原因が考えられる。

  • 最初からあんまり好きじゃなかった
  • 相性が悪かった、相性を良くできなかった

通常、本当に好きで付き合っていたのなら、付き合ってから3か月以内の彼氏に飽きることはすごく稀なことだ。

付き合ったばかりでしっくりこないことによるモヤモヤ感や歯がゆさは持つけれど、彼氏に持つ自分の気持ちに迷いみたいのは持たない。簡単に言えば「好きだけどなんかうまくいかない」という心理になる。

もし、本気で好きかどうか、別れるべきかどうかに迷うとするなら「付き合い始めの付き合い方」に失敗しているからであり、さらにその原因を紐解くと、愛情と相性が問題になっている。

付き合ってすぐ飽きたのなら「本気で好きになれなかった」というのが彼氏に飽きた原因の可能性が高く、「一緒にいてつまらなかった」から彼氏に飽きた可能性が高いということだ。

女性の倦怠期がもし付き合って1ヶ月や2ヶ月で訪れた際は、「そもそも本当に好きになったのか」「付き合い始めてから相手の印象はどう変わって行ったのか」を踏まえて、自分が彼氏に持つ気持ちを整理する必要がある。

彼氏に飽きた理由を「倦怠期じゃない」と判断するべきパターンが圧倒的に多いのが、3ヶ月未満の交際期間である。

もしあなたが彼氏と付き合って3か月以内のカップルだったら、下の記事も参考にしてみよう。

付き合い始めに失敗すると「付き合う前はあんなに好きだったのに…」ということが頻繁に起こる。

一部では「蛙化現象(=片思いが両思いになると急に気持ち悪いと思う心理現象)」に陥るパターンもあるが、告白されて付き合った場合などでは、カップルの根本的な問題である愛情と相性が問題になっていて、飽きたというより「あんまり好きになれなかった」パターンが多い。

4か月から半年(6か月)で彼氏に飽きた女性の原因と心理

彼氏に飽きた状態(女性の倦怠期)は、周期的にやってくる気持ちの波みたいのが大きく関係しているのだが、最初に経験する時期が交際6か月前後だ。

飽きやすい女性だと、付き合って4ヶ月や5カ月でも彼氏に飽きてきたと感じることがある。

これは彼女側だけの問題ではなく、彼氏が飽きたことによるカップルの雰囲気の悪化が原因になったり、お互いに飽きる「カップルの倦怠期」になるケースも多いため、避けるのが難しい ある意味で定期的に訪れる “カップルの試練” みたいな意味合いを有している。

彼女側に初めての倦怠期がやってくるあるあるな交際期間が付き合って4か月を超えて半年くらい経つころで、この時期は「どれだけ好きか」「どれだけ絆が強いか」にほぼ無関係に、彼氏に飽きたように感じる女性が増える。

「彼氏に飽きたかもしれない」「彼氏に飽きてきた」と思っても、交際半年経った頃なら「愛情が冷めたかどうか」で倦怠期を判断して、「乗り越え方」に意識を向けると、カップルの悪い時期に別れることなく、また良い時期を迎えることができる。

特に女性の倦怠期は体調の波が原因になったり、彼氏側の愛情表現不足が原因になったりすることが多いので、対処法を間違わなければ気持ちが戻ることも多い。心配しすぎることなく、前向きに乗り越えていく意識を持つことが大切だ。

付き合ってから4ヶ月や5ヶ月など「半年以内のカップル」は、彼氏に飽きたかもしれないと感じる最初の時期になっている。このことをよく理解しておこう。

カップルはずっと楽しい交際になるのが理想だけど、現実はどうしてもうまく行かない時期を迎えてしまう。この時期に彼氏に飽きてきたと思ったら、付き合い方を修正する意識を持つことが大切になる。

倦怠期の乗り越え方については、下の記事で対処法を解説しているので、「彼氏が好きだけど飽きたかもしれない」と思う女性や、「彼氏に飽きてきたかもしれない」と思う女性は参考にしてみよう。

付き合ってから1年で彼氏に飽きた女性の原因と心理

カップルが付き合ってから1年になると、ラブラブだったカップルでも雰囲気が落ち着き、彼氏に飽きたと感じる瞬間を誰もが1度は経験している。複数回、経験している人も多い。

交際1年は彼氏に飽きにくいタイプの女性でも倦怠期を迎える時期として一般的なので、最初にこの時期で彼氏に飽きるようなイメージを持つ場合は、そこまで心配することはない。時期の問題で必ず通る道だからだ。

問題は「定期的に彼氏が嫌になる女性」や、「彼氏のデートに飽きたと断言できる女性」などだ。

付き合ってから1年経つカップルは、付き合い始めにあった新鮮さがなくなって、落ち着いた雰囲気になる「雰囲気の変化」が彼氏に飽きたと感じる主な原因になるのだが、定期的に彼氏が嫌になってる場合や、デートなど具体的な何かに飽きたと断言できる場合は付き合い方が悪い可能性が高い。

逆に「好きだけど飽きた気がする」など、本気で好きなら良い恋愛ができているので、「誰もが恋人に飽きる時期が来る」と思って対処法に頑張ろう(※詳しくはこの記事後半で解説)。

なお、付き合ってからの期間でカップルの雰囲気がどんな風に変わるか知りたい人は下の記事も参考にしてほしい。交際期間でカップルは変わっていくのが普通だから安心できる人もいると思う。

「女性の倦怠期とは?」という部分を彼氏に飽きる期間と心理の面で確認したところで、次の見出しからは「彼氏に飽きた女性が無意識に取る行動と態度」を解説する。

彼氏に気付かれたくない、雰囲気を悪くしたくないと思っている女性は、この後取り上げる行動や態度に注意しよう。まだ好きなのに彼氏に飽きてきたと思ったら、その気持ちがバレないように対処することも重要な恋愛力だ。

「飽きたら終わり」と思う人もいるから、悟られないように雰囲気を修正できる状況を作って行こう。

彼氏に飽きた女性が無意識に取る行動と態度:彼氏に飽きたサインとは?

彼氏に飽きた彼女の無意識な態度や行動が気になる女子

彼氏に飽きてると、無意識にやってしまうことがいくつもある。

別れるのも仕方ないと思ってるなら自然な流れに身を任せれば良いが、「好きなのに飽きた」「ちょっと飽きたかもしれない」くらいだったら、無自覚を自覚することで必要以上に険悪な雰囲気にならないようにできる。

ここで彼氏に飽きた女性の特徴や、やってしまう行動や態度を解説するので、「注意点」として参考にしてみよう。彼氏に飽きたサインとしても参考にしてほしい。

彼氏に飽きた彼女は彼氏の優先度が下がる(優先順位を無意識に下げる)

普段の生活がアクティブな女性ほど、彼氏に飽きた時は無意識に彼氏の優先度が低下する。

それまで自分の優先度が高かったことを知っている彼氏は、彼女から放置気味にされることで「自分が彼女に飽きられたかもしれない」と感じる原因となるため、忙しい彼女は特に気を付けておこう。

優先順位の問題は、彼女に飽きた男性よりも、彼氏に飽きた女性の方が分かりやすく行動と態度に出る。

彼氏に飽きてきた時にだんだんと彼氏を放っておくようになる彼女が多いから、彼氏からの指摘で自分が彼氏に飽きたサインを出していたことに気づくこともよくある話だ。

彼氏より友達を優先する、彼氏より趣味を優先するなどは彼氏に飽きた時に彼女が無意識にやってしまう態度になっているため、バランス感覚を持っていなかったと思う女性は、今一度自分の行動や態度を振り返ってみよう。

あなたの周りでも、彼氏ができて一緒に遊ばなくなった女友達が、付き合いが落ち着いてきた頃にまた一緒に遊ぶようになることがよくあるのではないだろうか?

「彼氏は?」と聞いても「最近、ちょっと放置してるかも(苦笑)」なんて返ってくるのは、多少なりとも彼氏に飽きたからだ。

彼氏に飽きてきたかも…と思う彼女は、彼氏の優先順位を下げすぎないように調整しないと、あからさまになっていた場合は彼氏の方から離れていく原因になる。

彼氏に飽きると女性は自分の評価を彼氏に聞かなくなる!彼氏からどう思われてるか気にならなくなったら、彼氏に飽きたサイン

女性は本来、男性よりも「自分がどのように見られているのか」気になる人が多い。好きな人からはいつも気にされていたい”お姫様の心理”を持っているのが女性心理だ。

しかし、付き合って盛り上がっていた頃は、自分がどのように見られているのかを頻繁に聞いてきた彼女も、彼氏に飽きてしまうとあまり気にならなくなり、自分のファッションや髪型やメイク等、自分に変化があっても彼氏の評価を気にしなくなるのが特徴だ。無意識にそうなっていくパターンは倦怠期の女性に多い。

「この服、似合ってない?今日の私、可愛くない!?」
と聞く姿は女らしくて彼氏としては可愛く見えたりするので、そういったことを聞かなくなる傾向が強まれば、新鮮さがなくなったと思って彼氏が残念感を持つ。

飽きてきたことを悟られたくないなら気を付けてみよう。彼氏からどう思われてるか気にならなくなったら彼氏に飽きたサインであり、彼氏側が気づくきっかけになっている。

彼女側の倦怠期は、LINEやメールなど「彼氏への連絡が減る」のが特徴

これは男女の共通したところなのだが、彼氏に飽きた彼女は、ラブラブだった頃と比較して明らかに連絡の頻度が減るのが特徴だ。

基本的に普段の連絡は「彼女→彼氏」という形で始まることが多いので、彼女が飽きるとカップル全体のLINEが減る傾向が強い。

無自覚な人も含めて、LINEには明確に彼氏に飽きたサインがでているから、彼氏に飽きてきたかもしれないと思ったらチェックしてみよう。「昔はこんなに連絡してたんだ…」と思ったら彼氏に飽きてきてる可能性が高い状態である。

雰囲気を悪くしないように気を付けていても、彼氏に飽きてきた女性はなかなか連絡のモチベーションが湧かない。

女性が倦怠期になってしまっているなら仕方の無い態度と言えるけど、トーク履歴・メール履歴に顕著に出るのが連絡頻度だから、彼氏が「彼女側の倦怠期に気づく原因」としてあまりに有名になっている。

彼氏に飽きると無意識に他のことへ興味が行くので、注意しないとLINEの回数などは以前との差がかなり出るポイントだ。雰囲気を変えたくないなら、意識的に彼氏に連絡するタイミングを作らないと、彼氏から「冷めたかもしれない」と思われる。

彼氏が面倒くさがりであることも多いから、連絡が減ったとしてもうまく付き合っていける雰囲気があるならは特に対策する必要がないが、以前は彼氏からの連絡が少なかったのに最近になって増えた場合は、彼女の気持ちに対して不安や疑問を持っている可能性がある

彼女から連絡がこないから彼氏が連絡するようになった場合、そのまま放置していると問題が悪化するから注意が必要だ。

逆に、彼氏からの連絡がさらに減った場合は、倦怠期が末期化することで別れる確率が高まっている。飽きたかもしれないと思いながらも別れたくないと思ってるなら、対策するようにしよう。

カップルは連絡が減るとすれ違いが多くなる。連絡のきっかけは彼氏からでも彼女からでもいいのだが、こういったことにマメなのが女性であるため、もしコミュニケーションが減りすぎていると感じる場合は、努力できると良いのは間違いない。

彼氏に飽きた女性は、彼氏に愛情表現を求めなくなる!好き?と聞かなくなった、好きだと言わなくなったら彼氏に飽きたサイン

カップルがカップルらしい雰囲気になるのに、「彼女が彼氏に甘える」のがきっかけになりやすい面があるけど、彼氏に飽きた女性は彼氏に愛情表現を求めなくなるため、彼氏に飽きてる彼女は、彼氏と二人でいるのに友達の雰囲気を作ってしまうことがよくある。

彼氏に飽きてきたのだから彼氏からの愛情に満腹状態なのは仕方ないが、結果的にカップルの雰囲気がなくなってきた場合は、彼女側の倦怠期が別れる原因にまで発展する。

特に女性が彼氏に飽きると、好き?と聞かなくなったり、好きだと言わなくなったりするのがあるあるになっていて、彼氏側の愛情表現もなくなることでカップルの愛情表現が減る結果になれば、最初は彼女側の倦怠期だったのがカップルの倦怠期に入る原因になる。

今まで自分から好きだと言うことで彼氏の愛情表現を促していたなら、それがなくなった時の悪影響には配慮するべきだ。

彼氏にもっと愛情表現してほしい!なかなか好きって言ってくれない男性に愛情表現させるコツ
大好きな彼氏と付き合っているなら、どんな女性でも「彼氏からの愛情表現」を求めるもの。なかなか好きって言ってくれない彼氏にはヤキモキしてしまうのが女性である。 「どうしたら彼氏は愛情表現してくれるの?」 「彼氏に好きって言って

ここら辺をうまく彼氏がリードしてくれる場合は問題がないものの、上の記事で解説しているように、もし彼女主導でカップルらしい甘い雰囲気を作っていた場合は、多少無理をしても昔の雰囲気を壊さないように対処するべきだろう。

最悪LINEのスタンプでも良いから好きと言い合うカップルでいないと、彼氏に飽きたことで取ってしまう他の行動や態度と合わさって、思ったよりもずいぶん早く関係性が壊れることがある。

彼氏に飽きた時に会話が減るのは「質問が減る」のが原因

女性の恋愛は、好きな人を知りたい心理が強いため、彼氏に飽きると質問の量が変わってくる。これが段々と「会話が減る原因」に発展していくから大きな問題に発展する。

それまでは彼氏の話に興味を持ち、自分が気になったことをどんどん質問していた彼女も、彼氏に飽きると自分の話を返すようになる。彼氏に飽きた彼女は彼氏への興味が薄れているので、会話がかみ合わなくなるのだ。

彼氏に飽きてしまえば興味が減ってしまうので仕方がないが、女性の場合はその差がはっきりしやすいのが特徴である。

彼氏に「飽きられた」と感じさせないか心配している女性は、見透かされることが無いようにしたいポイントだ。

カップルでする会話は「自分の日常を報告するパターン」も多くなるので、飽きると会話がかみ合わないでお互いにストレスを抱えやすい。

会話の減少や会話への満足感が減る状態は別れる原因に直結するため、彼氏に飽きてきたと思った時は悪循環に陥らないようにしたい。

彼氏に飽きた彼女はケンカの仕方が派手になる!彼氏に飽きると女性はイライラすることが増える

カップルのケンカは「今の自分たちの状態」を非常によく表す。彼氏に飽きている彼女のケンカ方法は、キレることが多くなるのだ。

付き合いの期間が長くなると、ケンカ中におしとやかでいられないのはどんな女性でもあることだが、ビックリするようなキレっぷりは彼氏としてはショックが大きい。

「彼氏に飽きたかも」と思う彼女は、彼氏を失う怖さも減ってしまうのでキレ方も思い切りが良いし、女性の倦怠期は彼氏にイライラするのも特徴だから、喧嘩の原因が彼氏にあると思って言葉がきつくなる傾向もある。

彼氏と喧嘩したときは感情的になるから無意識的にキレるのだけど、彼氏に飽きると女性はイライラすることが増えるという点を自覚して、せめて「言葉遣い」と「言っていいことと悪いことの分別」には気をつけるようにしよう。

もうどうでもいいと思って、あることないことぶっちゃけるのは彼氏に飽きてきた女性のあるあるなので注意してほしい。

「彼氏に飽きたかも…」と思っても、「付き合っていくのか、それとも別れるのか」は、冷静な時に判断する方があなたのためだ。

女性の倦怠期は「彼氏にイライラして100年の恋も冷める言葉を言ってしまった」なんてことが実際に起きる。彼氏に飽きたら無意識に彼氏への不満をためるため、些細なことで彼氏と喧嘩に発展することが増えていく。

飽きた彼氏の行動や態度に厳しくなる!些細な彼氏の行動や態度、言葉が許せなくなったら彼氏に飽きたサイン

彼女が彼氏に飽きると、「彼氏に求めること」が無意識に厳しくなる。

大好きだったころは「いいよ!」「大丈夫だよ!」となっていたことが、彼氏に飽きた女性は「ダメ!」「は?なんで?」と態度が変わるので、彼氏からすると突っかかってくるような態度に見える。

両想いのカップルがなぜ雰囲気が良いかと言うと、相手の行動や態度を好意的に見ていることが大きい。内心で「カッコイイな」と思っているので、外見が良いわけじゃななくても大好きな彼氏なら「ただしイケメンに限る」というハードルを簡単に超えるのだ。

しかし、彼氏に飽きた状態では自分が飽きてしまったことにストレスを感じていることもあって、「そんなだから飽きてくるんだよ」と思ってしまい、どうしても彼氏に厳しくなる。これが喧嘩の原因にもなっていく。

笑顔が中心だった会話が、眉間にしわの寄る会話に変わっていくのが「彼氏に飽きた時」なので、自分が彼氏に厳しくなってしまってないか振り返って、悪い変化は調整するようにしよう。

あなたが突っかかるような態度を取れば、彼氏も突っかかってくるようになる。

彼氏の些細な言葉やちょっとした態度が許せなくなったら、彼氏に飽きたサインだ。「なんで突っかかっちゃうんだろう?」と思った時は、彼氏の原因だけじゃなく、自分の気持ちの問題も考えるようにしよう。

彼氏に飽きた女性心理は複雑になるため、彼氏と会う時にテンションが下がる、不機嫌になるのが「女性の倦怠期」の特徴

彼氏に飽きてきた、彼氏に飽きたかもしれないと思ってる時期は、大別すると「彼氏とうまく行ってない時期」になるため、女性心理は複雑だ。

どうしたらうまく行くか対処法に悩む場合だけでなく、別れた方がいいのか悩む場合もあって、彼氏と会ってる時のテンションがどうしても低くなるし、過度にストレスがかかると彼氏が何もしてないのに不機嫌になることがある。

もし「今日はどうしたの?」と聞かれることが出てきたなら彼氏側もうまく行ってないことを自覚するため、彼氏に飽きたことが心配される時は努めて明るく接することを意識しないといけなくなる。これがさらにストレスを与える悪循環が起こる。

さすがに彼氏と会うだけで不機嫌になることはないと思うが、飽きた後は彼氏の失礼な行動や態度をきっかけに機嫌が悪くなる彼女がたくさんいるので注意しよう。実際に会ってると「私が飽きてきたのはそういうとこだぞ」と言いたくなることを彼氏がやってくる。

彼氏に対して悩みがある時は、どんな内容であれ彼氏に気づかれると雰囲気が悪くなる原因になる。無理をして付き合い続ける必要はないけど、もし一時的な倦怠期だっただけなら対処法を取ることでもう一度飽きる前の状態に戻ることができるから、「無意識に出る行動と態度」には注意するべきだ。

別れの危機?カップルが別れる直前のサインと特徴
上手く行っていないカップルは、「別れる直前のサイン」や「別れる前の特徴」が気になるものだ。 別れる前兆が具体的に出てるわけじゃなくても、好きな人と付き合っているのに不安になる人は、特に大きな問題がないのに小さなことで自分達カッ

ここまでで、彼氏に飽きた女性が無意識に取ってしまう行動と態度を解説したところで、次は「彼氏に飽きた女性の対処法」を解説していく。

彼氏に飽きた時の対処法!彼氏に飽きてきた時はどんな対策があるの?

彼氏に飽きた彼女が対処法に成功して楽しいデートができるようになった様子

彼氏が好きなのに飽きてきた時など、もし彼氏に飽きてしまったことが自分に取って悲しいものなら、今後の関係回復を目指して対処法を実践しよう。

女性が彼氏に飽きたときに無意識にとってしまう行動や特徴を押さえた上で、その対処法を詳しく解説する。

彼氏に飽きてきたと思ったら、さらに飽きることに対策しよう!飽きてきた時は彼氏と会う回数を減らす

彼氏に飽きたときは、直接的な接触は抑えるほうが結果的にうまくいく。

状況にもよってくるけど、彼氏に飽きたと思う気持ちが強いときほど、会う回数は意識的に減らすようにしよう。

距離を置くこと」に意味は近いのだけど、そこまでやるとそれこそ付き合い続けるか別れるか二人で検討するような感じになる。飽きてきた彼氏に無理に会うことで「さらに飽きる」という結果にならないように対処をする方が彼氏の気持ちも逆撫でしないで済むため、デートの頻度を下げるのが無難な対処法だ。

彼氏と定期的に会う関係は維持しつつ、少し会う回数が調整できると、あなたに取ってベストな付き合い方になるだろう。

会わない理由を用意するのが少々大変な作業になるけれど、そっけない態度で接するのではなく、なるべくならきちんと理由を彼氏に伝える方が良い。

では、どのような理由で彼氏と会う頻度を減らすと良いだろう?下の3つの言い訳の中であなたに合った方法を取ろう。

  • 仕事やバイト
  • 体調不良
  • 友達付き合い

一番無難な方法は、仕事やバイトを理由にすること。「忙しい時期だから」とか「金欠で」など、仕事やバイト関係で忙しくなるのはあるあるだから、「会えない」と言った時に彼氏が心配しない言い訳となる。

また、女性の場合は「体の不調」が実は「本当に会えない理由」としてもかなり一般的で、彼氏も彼女のことを心配する方向で捉えてくれるから、雰囲気が悪くならない言い訳だ。(参考:約束したけど彼女に会いたくない時の言い訳を徹底解説~彼女に会いたくない時の断り文句は?

男性は世話焼きは少ないため、会って看病したいというようなことはほぼ無い。

少し中期的に継続する体の不調を理由にすると、一定期間会わない状態が作れるし、会う頻度が減っている状況にも納得しやすくなる。貧血やめまい、微熱が続いている等の理由が中期的な体の不調としては理由になり得る。

「一回ちゃんと直さないと辛い」と言われれば普通の彼氏は一旦引くから、「静養」という形で会う頻度を調整し、飽きた彼氏にもう一度新鮮さを取り戻すようにしてみると、自分の気持ちも変わってくることがある。

彼氏に飽きた時もLINE等の連絡の頻度は減らさない

彼氏と頻繁に会わないことで対策をしたら、LINEなどの連絡は以前の頻度を保つように工夫する。「会わないし、連絡もしない」では彼氏が冷めたと思ってしまうので、彼氏に飽きた時でも連絡の頻度はむしろマメにやっておこう。

ここは交際を継続させるためにマストになる。

LINEの内容にこだわらずにメッセージを送れば問題ないので、簡単なもので良いからとにかくコミュニケーションは取り続けるようにするのが飽きた彼氏と雰囲気を悪くしないコツだ。1回あたりの会話の量を減らす(ラリー数を減らす)ようにすれば、実質的な負担はそこまで大きくない。

彼女からの連絡の頻度は、交際中に気になる彼氏が多い。彼女発でLINEのコミュニケーションを取るカップルが多いので、彼女からの連絡が減るとあからさまに心配する彼氏が多くなるのだ。

ただし、内容を繊細に分析するような彼氏は少ないので、あまり内容を考えずに連絡の頻度を保つようにすれば、彼氏の不信感はそう大きくならずにあなたの負担も少なくて済む。

彼氏に飽きたかもしれないと思ったら、連絡頻度は高めにしながら、会話量を減らすことで関係性を維持しよう。

そもそも彼氏と長続きするLINEの仕方が分からない人は下の記事も読んでおくと良い

長続きするカップルのLINEの特徴と方法~長く続くカップルは普段どんなLINEのやりとりをしてるの?
LINEは、付き合う前の片思いの時も、両想いになって付き合い始めてからも、恋愛における重要度の高いコミュニケーションツールである。 カップルは一緒にいる時間より離れている時間の方が長いため、LINEやメールに代表される「連絡の

飽きた彼氏とのデートは、自分の用事に付き合わせるとうまくいく

デートだと言って会うと、彼氏に飽きた彼女としては少々しんどい部分があるかと思う。先程触れているように、会う回数を減らしても、定期的に会う関係を維持しないとどうせ別れる結末しかないため、彼氏と会うときにも対処ができるとより付き合いやすくなるはずだ。

そこで飽きた彼氏の対策としておすすめなのが、自分の用事に彼氏を付き合わせて、それをデートにしてしまう方法だ。

彼氏に飽きた女性は、デートの約束をする時に自分の都合のいい内容で決めることができると、ストレスが小さい交際ができる。

彼氏に飽きた時はどんなデートをしてもつまらないものだが、自分の用事に付き合ってもらった場合は、普通に遊ぶよりよほど有意義な時間を過ごすことができる。

この方法なら彼氏にあきた状態でも精神的な負担が少なく、彼氏との関係も悪化しない方法になるはずだ。あからさまにしなければ、口の上手い女性側に分がある。

彼氏とのデートに飽きた際にも有効な対処法になっているので、雰囲気を変えたい時にも検討してみてほしい。

彼氏を付き合わせるデートの口実は、買い物でもいいし、見たかった映画でもいいし、インスタで見た行ってみたい場所でもいい。

実際、「髪型を一緒に決めて」と言いながら彼氏を美容室に付き合わせるような女性も私の友人にはいた。もちろん、髪型は彼女だけで決めることになるのだけど、「彼氏と会う」ことと「自分の用事を済ませること」が両立できると、飽きた彼氏とのデートが楽しくなるのは間違いないところだ。

色々なことがあると思うので、その種類に拘らずに自分に負担の無いような会い方をすると、飽きている自分を勘付かれることもないし、彼氏に飽きた状態の改善にもつながる

少しブラックな意味合いを感じる女子もいると思うが、彼氏に飽きた今の状況をどう改善するか、又はもうダメだと確信するか、いずれにしても、あなたに取ってより良い選択をするためにやっておくべき工夫に対しては、積極的に取り組むほうがあなたのためになる。

彼氏に飽きた時は、交友関係を広げて他の人から刺激を受ける:彼氏に飽きたら行動範囲を広げるのもおすすめの対処法

彼氏に飽きた女性は、「彼氏と会いすぎた」ことが原因になっているケースもあって、彼氏ができたことをきっかけに「交友関係が狭まった女性」が陥りやすい。

彼氏に飽きたかもしれない時は、みんなと飲みに行ったり、友達とお茶しに行ったり、彼氏以外の「外部からの刺激」を意識的に増やすようにしてみよう。

彼氏以外の人と接することで、もう一度彼氏の良さに気付くこともあるし、リフレッシュすることでまた新たな気持ちを持てることもある。忙しい人でも努力して交友関係を広げたいところだ。

友達が少ない女子や、一人好きな女子は、人間関係を広げずとも行動範囲を広げる対処法がおすすめだ。ゲームや動画を見て引きこもってると悩みが倍増するから気分転換しよう。

予定を入れることでスケジュール上の彼氏のシェアも減るので、彼氏に飽きた時はヒマな状態を作るのではなく、自分のプライベートを充実させる方法を取ろう。

彼氏以外の人とたくさん会うようにするのも、行動範囲を広げてアクティブに生活するのも、彼氏に飽きてきた時の気分転換になるからおすすめの対処法だ。彼氏に会った時に新鮮な気持ちを持てる場合もある。

彼氏に飽きたことが悩みになっているなら、自分磨きで前向きになる

彼氏に飽きた女性はそれを悩みにして悪循環に入りやすい。

「まだ好きなのに昔のように一緒にいても楽しくない」
もしあなたがこんな状況になっているのなら、その対処法は自分磨きをおすすめしたい。

心理的に、女性は可愛くなる、綺麗になることで前向きさを取り戻せるから、彼氏に飽きてきたら自分の気持ちを前向きにしていく方法にも同時にチャレンジしてみよう。

彼氏に飽きたのに別れたくないと思ってる女子の中には彼氏に執着している人もいて、その原因に「自信の無さ」が関係してる場合がある。

自分磨きをすることで彼氏以外の人に対する視野が広がったり、仲良くなる男友達ができたりして生活が変わることもあるから、悩みを解決するための「具体的な行動」としてだけでなく、精神衛生上もおすすめだ。

彼氏に飽きてきたところからなんか暗くなった女子は副次的な効果が高い。

彼氏に飽きたことが決定的で、「飽きた彼氏と別れるか悩む女性」は、正式に距離を置く対処法を取る

彼氏に飽きたから距離を置くカップル

彼氏に飽きた女性が末期化していくと、「別れたい」と考えることもあると思う。

しかし、付き合ってから1年や2年経つ頃なら、一時的に彼氏に飽きることは普通のことで、彼氏に飽きる時期を乗り越えて長く付き合うのがカップルと言うもの。

長く付き合っていると愛情の波みたいなものは現実に存在するので、白と黒をはっきりさせるのがすべてではない。

そこで検討したい対処法が「飽きた彼氏と距離を置く対処法」である。距離を置くことで自分の気持ちをはっきりさせることができるから、もし彼氏と距離を置いたことがない人は下の記事を読んでおこう。

長く付き合った彼氏とは気の迷いみたいな理由で簡単に別れるべきではない。数多くの恋愛を経験してきた私でも、1年以上、2年や3年付き合った人はやっぱり少ないので、そんな人と出会えたのなら「カップルの時期」の問題で後悔する選択をしてほしくない。

もし彼氏に飽きたことをきっかけに別れの危機を経験した女性は、一度距離を置いてみよう。距離を置くことで一度一人になって考えると、それまで考えなかったことも頭に浮かび、選択に自信が持てる。

彼氏に飽きた時は「彼氏に冷めた」と原因を考えてしまうこともあると思うが、それだけが原因じゃないので、付き合っている内にあまり良くない付き合い方になってしまった人などは特に、仕切りなおすための「時間と距離」を作るといい。

「彼氏に飽きたのかな?」と思ったとしても、それは誰でも経験していることだから、後悔しない選択をしよう。

彼氏に飽きたと言うのはアリ?彼氏に飽きてきたら話し合いはどうするべきか、飽きたと言われた男性心理はどうなるか

彼氏に飽きた時の対処法は、「彼氏に飽きたと言う」ことを検討する場合もあるのだが、一般的に彼女から飽きたと言われたら冷めたと言われたことと同じ意味になってしまうため、ストレートに飽きたかもしれないと言うのは恋愛的にNGとなる。

別れる時のセリフだったらストレートに言うことも優しさになることがあってナシというわけじゃないのだが、まだ付き合い続ける可能性が高い時は「なぜ飽きたのか」理由をはっきりさせて、それを解決するように話し合いをするのがコツになる。

たとえば、「デートに飽きた」じゃなく「いつも同じようなデートじゃつまらない」と伝えるようなイメージだ。飽きたと言われた時と比較して、男性心理では以下のような変化が期待できる。

  • ただ飽きたと言われた男性心理=「それって冷めたってことだろ」と思う、飽きたのは冷めたからだとすぐに結論を出してしまう
  • 飽きた原因を解明して具体的に改善を求めた場合の男性心理=「そこが悪かったのか」と反省する、「最近うまくいってないな」と思ってたけど原因がはっきりして前向きに改善に取り組める、まだ挽回できるイメージを持つ

女性心理の場合、彼氏と倦怠期っぽい雰囲気になったら何となく飽きてきたと思うことの方が多いと思うけど、その場合も理由や原因があるはずなので、深堀していって解決するための話し合いを持てると、カップルらしく二人で乗り越えることができる。

彼氏に直してほしいところがある人は、なるべく傷つけないように言葉の表現に気を付けて話し合い、「飽きてきていること」は隠す方が結果が良いので、しっかり伝え方を考えよう。

彼氏に言いたいことが言えない彼女は「可愛いお願いの仕方」で本音を言う方法がおすすめ~彼氏に言いたいことがあるなら
彼氏に言いたいことが言えない彼女は、可愛いお願いの仕方ができるようになると、かなり改善できる。 彼氏に不満や要望がある時は、ネガティブに伝えるのではく、ポジティブに伝えることで、「彼氏に本音が言える状態になる」ことが可能だ。

飽きたかもしれないと彼氏に話す時は、話し合ってもうまく行かない時だ。2回目や3回目の話し合いならストレートな言葉が合うので、最初は今の状況をどう改善していくかに絞って話し合う方が良い。

彼氏に飽きた理由が分からない女性はどのような話し合いをするべきか

彼氏に飽きた理由が分からない女性に関しては、「どうしたらうまく行くか」「どうしたらもっと楽しく付き合えるか」という視点で話し合いのポイントを考えてみよう。

この方法で話し合いを切り出す時は、きちんとした話し合いをしようとするより、お互いに本音を言い合う雰囲気が作れるとベストだ。

あくまでも前向きに「もっと仲良く付き合っていきたい」と言う気持ちで話し合えると、お互いの気持ちが分かって対策ができたり、二人で創意工夫を考えることができる。

彼氏に飽きた原因がはっきりしない時というのは、往々にして惰性の交際になってしまっているので、二人の交際にアクセントがつけられると変わることがある。

たとえば、「その季節らしいデートをする(紅葉、お花見、花火を見に行く等)」とか「いつもの二人らしくないデートをする」などは、長続きしたカップルの代わり映えしないデート対策になり、ひいては飽きない対策になる。

その他にも、行ったことない場所に旅行に行くとか、体験したことがないアクティビティを体験しに行ったり、思い出に残るようなことを企画することでカップルの雰囲気を変えて行くのも、話し合いに変わる対策になる。

彼氏に飽きたと言った場合は、彼氏側がどうしたらいいか分からないため、ただ今の不満をぶつける結果になることが多いから、少なくても彼氏側が対処法が浮かぶ話し合いをするようにしよう。

ここを読んで「飽きたと言わない」という判断をして、交際を盛り上げようと思ったならそれも正解の1つだ。まだ好き同士なら、うまく付き合っていく方法を考えてそれを二人で共有できれば改善できる。

ただ放置するだけにしないようにしよう。

うまくいってないカップルなのに「好きだったらどうにかなる」と思う人へ~カップルは好き同士でも別れる、まだ何とかなる内に対処するのが大切
もしあなたが「うまくいっていないカップル」だと思う雰囲気で付き合っている人がいるなら、「好きだったら何とかなる」という考え方では関係がそう長く持たないだろう。 カップルは未来が約束された関係ではないから、「悪い雰囲気」を放置す

好きだけど飽きた…とならないように「彼氏に飽きない方法」とは?(彼氏に飽きない付き合い方)

彼氏に飽きない方法として「彼氏に飽きない付き合い方」をした女性

この記事を読んで「好きだけど飽きた」という状態になることがそこまでおかしいことじゃないことは理解してもらえたと思うが、では「彼氏に飽きない方法」とはどんな付き合い方なのだろう?

もう彼氏に飽きた状態になりたくないと思う女性向けに、今後の彼氏との交際について3つポイントを解説する。

彼氏に飽きる女性は、彼氏に会いすぎないように「デートの頻度」を調整する

女性の中には、「彼氏に飽きる女性(飽きやすい女性)」と「彼氏に飽きない女性(飽きにくい女性)」の2つのタイプがいる。

彼氏に飽きない女性は、週に2回以上会う付き合い方でも飽きないのだが、彼氏に飽きる女性は、同じ付き合い方をすると彼氏に飽きてしまうため、飽きる前から「デートの頻度」を調整する必要がある。

特に交際半年以内に彼氏に飽きる女性は、他の人は別として、あなたに取って彼氏との付き合い方が濃厚になり過ぎているということを証明している。あなたの深層心理ではもっと他の人との時間も楽しみたいと思っていたり、のんびりできる一人の時間も好きなのだろう。

恋愛は、経験を通して自分の恋愛観を学ぶことが「幸せになる」上ですごく重要なので、「自分はどんな付き合い方をするのが一番良いのか」という点をしっかり考えていこう。

好きだけど飽きたという状態になるのは、簡単に言えば「あなたに合った交際の仕方ができていない」ということも原因になっている。

彼氏に飽きないようにするには、疲れる交際の仕方をしないこと

彼氏が好きだけど飽きた女性は、「彼氏に頑張りすぎてなかったか」という点も一度考えてみてほしい。

彼氏に飽きる時というのは、彼氏に尽くしすぎていた場合にもよくあることで、自分らしくいられない時に気持ちが引いてしまう面も影響している。

人は、精神的に疲れるとネガティブな発想が強くなる。彼氏に合わせすぎる女性はせっかく好きな人と付き合えているのに恋愛が消耗戦になってしまうので、もっと自然体で付き合う方が彼氏に飽きない。

恋愛は自分のクセを直すのがすごく難しいが、意識すると少しずつ変わってくる。「疲れる交際の仕方をしない」ことは、彼氏に飽きない方法として強く意識するべき女性がいる。

尽くす女性や頑張りすぎる女性は、気持ちの反動が来ない付き合い方をすることで、彼氏に飽きない付き合い方をしよう。

恋人を大切にするとはどんなことか~彼氏を大切にしたい、彼女を大切にしたい人へ
大好きな人と付き合っている人は、「彼氏を大切にしたい」「彼女を大切にしたい」と思うもの。義務感とか責任感と言った気持ちよりも、純粋な愛情がそう思わせる。 「恋人に大切にされたら嬉しいですか?」 この問いにNOと言う人はや

楽しいデートができるように自分から動くことで、飽きないデートの仕方をする

好きだけど飽きたという状態にならないためには、カップルに取って最も大事な「会っている時の時間の充実」が何よりも重要になってくる。

彼氏に飽きないようにするには、あなたに取って楽しいデートができていることが条件だから、自分からデートの内容を提案したり、2人で楽しく過ごせるように努力をしよう。

ここら辺は二人の相性も問題になってくるため、「短期間で飽きる彼氏とは相性が悪い」とも言えるのだけど、デートの仕方が悪かったら好きなのに飽きるという状態になっても不思議じゃない。

「いつも彼氏に遠慮して、彼氏が喜びそうなデートに誘っていた」とか「デート中の会話を彼氏任せにしすぎていた」という女性は、自分からデートを盛り上げる努力をしつつ、自分が楽しいと思えるデートの仕方をするようにしよう。

好きなのに彼氏に飽きるのはカップル二人に取って不幸なことなので、愛情があるなら「仲良く付き合うには?」という点を自分の性格や価値観を踏まえて考えることが重要になってくる。

「わがままを言うと彼氏から嫌われるかも…」と不安な女性は、下の記事を参考に愛される女性への努力を並行して行おう。

愛される女性になるために実践してほしいこと~愛されたいなら
女性に好きな人ができたら、その想いが強いほど愛されたい心理が高まって、「愛され女になる方法」が気になると思う。 男性から愛される女性とは? 男性が愛する女性とは? 女性の中には「好きな人から愛されることが一番の喜び」だ

まとめ

今回は、女性が彼氏に飽きた時に無意識に取ってしまう行動と対処法を中心に解説した。

女性の倦怠期とはどういうものか、彼氏に飽きてきたサインとはどんなものか、少しでも理解が進んだなら「これからどうするべきか」に意識を向けてもらえたらと思う。

彼氏に飽きてそのまま自然に接してしれば、恐らく鈍感な彼氏もあなたの変化にいつか気が付いて、カップルとして上手くいかなくなってしまう。

その状態を望んでいるのなら問題はないが、もしあなたの中の彼氏の存在を以前のように戻したければ、しっかりした対処が必要になってくる。

結局その行動が二人のためにも繋がっていくので、どうしようも無くなる前に、彼氏のためにも自分のためにも、彼氏に飽きた状態を回復させる方法を具体的に実践しよう。

どんなカップルにも倦怠期は存在するから、彼女側に倦怠期が訪れたらカップル二人の問題に発展する前に軌道修正したい。

今回の記事を参考に、あなたの方法で対処を考えてみよう。

飽きた彼氏と別れるか迷う女性は、下の記事に決断のヒントがあるかもしれない。

付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由~付き合ってても辛い別れても辛い時の対処法
恋愛では、「幸せじゃないのに付き合っている」という状況に悩む時がある。 付き合ってるのに辛い、苦しいと思う理由は様々だけど、「付き合ってても幸せじゃないから別れる」と思って、そのまま別れを決断できるほど単純な心理ではいられない

倦怠期の乗り越え方については下の記事がおすすめだ。

ほかに好きな人ができて彼氏に飽きた女性は下の記事も読んでみよう。

別れ話の切り出し方については下の記事で解説している。

倦怠期ケンカ
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました