10代カップルの付き合い方~高校生カップルや大学生カップルの付き合い方、デートの内容や連絡の頻度など徹底解説

10代カップルがデートしている様子

10代カップルの付き合い方は、お互いに付き合うことになれていないカップルが多いから、二人で付き合い方を模索する感じになる。

付き合った時の一般常識という考え方よりも、相手と向き合って二人で何となく作る雰囲気を大事にするため、付き合うのが初めてという人や交際経験がない人は、予備知識を持っておかないと付き合い始めの雰囲気が気まずくなることが多くなっている。

高校生や大学生は「全然付き合い方が分からない」という人も多いため、恋愛の専門家の立場から高校生カップルや大学生カップルを対象にした「10代カップルの付き合い方」を徹底解説する。

10代の恋愛は恥ずかしさが色々な行動や言葉を邪魔することも多いから、少しでも自信を付けるために読んでみよう。デートの内容や頻度、連絡の仕方についてしっかり解説する。

付き合って1か月以内の「付き合ったばかり」の人は、先にこちらの記事を読んでおこう。
>>カップルが付き合い始めの最初にやるべき7つのこと~付き合うことになったんだけど、まずはじめに何したらいいの?

付き合ったばか

10代カップルのデートの仕方:高校生カップルや大学生カップルは、付き合い始めにどんなデートをするの?

10代カップルが夜デートする場所のイメージ

10代カップルは、付き合いはじめのデートは定番デートスポットに行くのがセオリーで、「出かける」と決めたデートでは近場で有名なデートスポットに行くのが一般的だ。

高校生カップルや大学生カップルは始めてお付き合いをするという人も多いので、定番どころからデートをしていき、最初はベタなデートをする。

その方が付き合った実感が強くなることも関係しているだろう。高校生カップルや大学生カップルは、とにかく付き合い始めにお互いが照れてしまうので、「デートするなら○○」という人気スポットでデートするのが無難な選択になる。

10代カップルのデートは「付き合ったらやってみたいこと」を叶えるデートの形が最適

高校生や大学生は、「彼氏ができたらディズニーデートが夢だった」とか、「彼女ができたら地元カップルがみんな行ってる○○に行ってみたかった」という願望を誰でも持っているものなので、付き合うことになったら二人きりの会話の中でお互いの行ってみたいところを話題にすると、デートする場所に悩まないで済む。

「次のデートはどこに行こうか?」と聞くより、「彼氏(彼女)ができたらどこに行ってみたいって思ってた?」みたいな質問をする方が満足度の高いデートができる。

二人の希望が合致するところが見つかるので、初デートから3回目のデートまではカップルになった実感が強くなるようなデートをしよう。どちらも遠慮して行きたいところが出ないようなら雑誌で載ってるようなデートコースを選ぶと、デート当日がイメージしやすい。

高校生や大学生などの10代カップルのデートは、「付き合ったらやってみたいこと」を叶えるデートの形が最適だ。

いわゆる “定番デート” は、自分に彼氏や彼女ができたことを実感する瞬間だったりもするので、付き合っている感じに現実感が出る。最初はぎこちないことも多いと思うから、「ザ デート!」って感じの方がしっくりくる。

10代カップルが会話が続くか不安なデートで選ぶおすすめデートスポットとは?

10代カップルは、彼氏や彼女と一緒にいると緊張するというタイプが多いけど、もしデート中の会話に自信がなかったら、ブラブラ系より具体的な目的のあるデートの方が失敗しない。

例えば、水族館とか遊園地など、そこで何をするのかがはっきりしていると、デートの雰囲気が微妙になることが少ない。(参考:定番デートを攻略!水族館デートの楽しみ方を徹底解説!付き合う前の初デートでも成功デートにするために)

「渋谷で遊ぼう」みたいにデートの約束をした場合は、次に何をするのかを無数の選択肢の中で選ぶことになるので、10代カップルの最初のデートの仕方としては難易度が高い。目的地だけ決めるデートはデート慣れしてない人にとって地雷がたくさんあるので、注意しよう。

【片思いから付き合い始め】おすすめデートスポットと失敗しやすいデートスポット
付き合い始めのデートは二人の空気を作っていく時期だから、どこに行くかで迷うことは多いと思う。付き合う前の片思いの時期であれば、まだ二人でいることに慣れていないから緊張もするだろうし、デート先で相手が楽しんでくれるか等も気になる。

10代カップルはお金がない!デート代がかからないデートの仕方も織り交ぜて「付き合いやすいカップル」を目指そう

ただし、高校生や大学生などの10代カップルは、友達との交際費も結構かかるし、バイト代だけじゃ豪華なデートを続けることができない。

金銭面で無理をしてしまう・無理をさせてしまうと負担になって良くないので、無言でも平気な関係になれたら、あまりお金を使わないデートをすることも10代の内は大切だ。

では、お金がかからないデートの仕方とはどんなデートかと言うと、たとえば、二人で海に行ったり、気持ちの良い公園に出かけたり、学校帰りにカフェでお茶するようなデートがおすすめ。

お金があまりかからないところでデートをするのも悪いことではないし、10代カップルは時間に余裕があって頻繁に会えることも多いので、お金をかけ過ぎて二人共が負担になってしまうのは避けるべきだ。

10代のデートは、お金の問題は少し難しい面があるので、お互いのお金事情は汲んであげることが必要になる。打ち解けていく中で、あまりお金をかけずに二人で楽しめるデートを探していくと良いだろう。

その結果として自分たちだけの定番のデートが出来上がるカップルもたくさんいる。

10代カップルの会う頻度:高校生カップルや大学生カップルは週にどのくらいデートするの?

付き合い始めの高校生カップルが週にどのくらい会うか話してる様子

10代カップルの会う頻度は、関係性によって変わるが、傾向としては「頻繁に会うカップルが多い」という特徴がある。

二人が同じ学校に通うカップルは、学校内で話したり、一緒に帰るなど、デートとは言えないデートが多いものの、会う頻度としては週5回以上になることがあるし、違う学校に通うカップルについても、学校帰りに待ち合わせして会ったりするのは日常で、社会人カップルと比較して明らかに会う頻度が多い。

10代カップルのデートの頻度:遠出デートは高校生カップルと大学生カップルに違いがある

では、デートっぽいデートの頻度についてだが、10代カップルのデート頻度はデートらしいデートと言う意味では週に1回から2週に1回の頻度が一般的だ。

それよりも、「会ってる」という感じのデートが多いため、テーマパークに行くような遠出デートは頻度的に少ない傾向がある。

ここは、10代カップルと言えども高校生カップルと大学生カップルで大きな違いがあり、高校生カップルの方が当然ながら遠出デートの頻度は少なくなっている。

高校生の方がお金がないのが主な理由だが、高校生は学校の授業だけでなく、部活があったり(習い事)、大学受験の問題(塾)があったりすることもその理由だ。

大学生カップルは特に文系だと進級・卒業のために割く時間が少ない関係でバイトの時間も多く確保できるので、週に1回から2回くらいの頻度でデートらしいデートをしているカップルがたくさんいる。

10代カップルは、会いすぎると別れるのか

高校生カップルや大学生カップルによく質問されるのが、「彼氏や彼女と会いすぎると別れるのが早い?」という点だが、楽しく一緒にいられるなら、基本的に10代カップルは会いすぎてることを心配しないで良い。

むしろ、10代カップルは会わないカップルが別れる傾向にあるので、なかなかデートに誘えない人は対策が必要だ。付き合い始めに関しては彼氏がリードしたいところなので、彼女をデートに誘うのは自分の役割だと思っておこう。

会いたいと言ってくれない彼氏に対して彼女は不安になる。

彼氏が会いたいと言わない理由と言わなくなった理由10選~何で彼氏は会いたいと言ってくれないの?
彼氏が会いたいと言わないのは、彼女として不安になってしまう。 特に、会いたいと言ってくれてた彼氏が会いたいと言わなくなった場合なら、「悪い変化」として気にしてしまうことだろう。 しかし、彼氏が会いたいと言わない理由には色

ただし、カップルは会いすぎてると飽きられる確率が高まるのは事実であり、メリハリが効いたデートの仕方をすることが重要だ。「いつも○○」というデートになると結果的に一緒にいてもつまらないと思われるので、仲良しカップルになった後のサボりすぎには注意をしよう。

10代の恋愛は熱しやすく冷めやすい傾向があるので、「飽きた」「飽きられた」と言う問題は現実的な問題である。

10代カップルの連絡の頻度:高校生カップルや大学生カップルはどのくらいLINEする?通話の頻度は?

デート事情と同じように、連絡の頻度は比較的多いのが10代カップルの特徴だ。

普段はLINEで連絡を取り合っていて、普通の10代カップルは毎日LINEするし、1日に何度もLINEする。

10代カップルのLINEの頻度は、1日に何回が適切?

高校生にしても、大学生にしても、学生の内は友達と密に連絡を取り合うこともあって、付き合い始めを超えた10代カップルは、(会話になった時のLINE回数を除き)1日に5回から10回以上もLINEしている。

最初からたくさんLINEするカップルになるかはそれぞれで違っているけど、付き合って3か月くらいした頃には、途切れ途切れながらも1日中LINEしているようなカップルも珍しくない。

あまりLINEしない男子は彼女とのやり取りがしんどいと思うこともあるから、その場合は二人にとっての適切な連絡頻度を何となくでも話すようにしたら良い。ここで解説した内容は一般化したものなので、1日に2回や3回くらいしかLINEしないカップルももちろん存在する。

適切なLINEの回数と言うとそれぞれの感覚が違ってるので難しいけど、高校生カップルや大学生カップルでLINEが少ないカップルは別れやすいので、連絡はしっかり取り合うようにしよう。

10代カップルの電話(通話)の頻度

最近は高校生や大学生で電話する機会は非常に減っているけど、付き合った彼氏や彼女ともなれば話は別で、10代カップルも3日に1回とか、週に1回くらいのペースで通話するのは普通だ。

もし、彼氏や彼女に電話したいと思ったら、素直に「声が聞きたい」と言ってみると、キュンとさせることができるし、喜んでもらえるはずだ。

高校生カップルや大学生カップルは、寝落ち電話(寝る前の通話)が人気になっているので、興味があれば下の記事を参考にしてみるとより仲良しカップルになれるだろう。

【恋愛】好きな人とする「おやすみ電話」の効果や魅力とは
あなたは、付き合う前の好きな人と、「おやすみ電話」をしたことがあるだろうか? よくカップルがするイメージのおやすみ電話だが、恋愛の効果や魅力を考えると、実は片思いしている人にもおすすめだ。カップルになる前におやすみ電話ができる

10代カップルの電話のきっかけ

10代カップルが電話するきっかけは、LINEからの流れで通話するのが一般的な流れだ。文字でやり取りするより声で会話した方がたくさん話せるため、長いLINEになった時に「電話していい?」という質問から電話に切り替えている。

相手の事情に問題が無ければ、段々と連絡の頻度を気にしなくなっていくので、相手のことも考えながらLINEして、暇そうだったたら通話もしてみよう。何気ない通話中の会話でデートの日が決まることも多い。時間の融通がきく10代カップルは連絡の頻度はLINEにしても電話にしても多くなる傾向だ。

彼氏や彼女のLINEがそっけない感じになってきたんだけど、これは別れるサイン?

LINEなどの連絡の取り方について高校生カップルや大学生カップルによく質問されるのが「LINEがそっけない感じになってきたんだけど、これは別れるサインなの?」という点だが、付き合って1か月や2か月では別れのサインになることがあるものの、付き合って3か月以上経って仲良く付き合えているなら、別れのサインじゃないことがほとんどだから安心しよう。

というのも、カップルのLINEは、良い関係を長期間維持できた時ほど良い意味で気を遣わないLINEになっていくため、そっけないとか冷たいと思うLINEになっていくところがある。

詳しくは下の記事で解説しているのだが、カップルのLINEは、付き合う前の感じから交際が長くなるにつれて、だんだん簡単になっていく傾向があるのだ。

長続きするカップルのLINEの特徴と方法~長く続くカップルは普段どんなLINEのやりとりをしてるの?
LINEは片思いの時も両想いになってからも、恋愛における重要度の高いコミュニケーションツールである。カップルは一緒にいる時間より離れている時間の方が長いため、LINEに代表される「連絡」がうまくいかないと、なかなか長続きしないで別れ

付き合う前にあった距離が付き合うことでなくなると、過度な気遣いはなくなっていくので、「そっけないLINE」や「冷たいLINE」は彼氏や彼女が素で接してくれていると判断しよう。

ただし、確かに別れる前のカップルはLINEが減るのが特徴であるため、もし会ってる時の雰囲気が悪くなったのなら、きちんと今の状況を把握する必要がある。心配な状況なら下の記事を読んでおこう。

別れの危機?カップルが別れる直前のサインと特徴
上手く行っていないカップルは、別れる直前のサインや特徴が気になるものだ。 そこまで具体的じゃなくても、好きな人と付き合っているのに不安になる人は、特に大きな問題がないのに小さなことで自分達カップルが別れの危機じゃないかと思って

10代カップルの交際上の注意点

10代カップルの付き合い方が難しいと思ってる二人

10代カップルが順調な交際をするためには「浮気」に関してしっかり対策する必要があるので、注意点としてまとめておく。

高校生カップルや大学生カップルが浮気を原因に別れることが多い理由

高校生カップルや大学生カップルなどの10代カップルは、若さゆえに「恋愛の間違い(=浮気)」をしやすいという特徴がある。

10代後半は一気に生活環境が変わる経験をする年齢で、出会いが多くて色々なことに興味を持つし、新しいことを経験したいという気持ちも大きい。大人になりたいという願望があるので、彼氏や彼女が心配な行動を取ることが実際にある。

そのなかで浮気をしてしまうというパターンは現実的な確率で起こっている。

束縛すると重いと思われることが怖いけど、だからと言って放任主義を貫くとどうしても浮気される確率が高い年代なので、バランスは大切にしよう。

長続きするカップルは束縛と放置の適切なバランスが重要~適度な束縛は相手を想う気持ちを基本に考える
長続きするカップルは「束縛と放置」の関係が適切なバランスになっている。 当然、束縛と放置のバランスは付き合いはじめからすぐに二人の中で良いバランスになるのではないが、付き合いが落ち着いてくる過程では、「丁度いいポイント」を見つ

10代カップルは束縛の仕方が下手だとすぐに別れる

10代は嫉妬心のコントロールが下手な人が多くて、束縛しすぎる人もたくさんいる。これは経験不足が主な原因で対処法が難しいのだけど、彼氏や彼女ができた時は二人で良い関係を築けるようによく話し合うことが重要だ。

10代カップルは束縛の仕方が下手だとすぐに別れる。二人は両想いで付き合っている以上、お互いに大切に想い合ってるから、束縛や嫉妬に関することは恥ずかしくても言葉で確認し合うことが重要だ。

高校生や大学生で「ずっと一緒にいたいと思える相手に出会えた」というのは本当に幸せなことだから、嫌われたくない気持ちと他の人に渡さない気持ちのバランスを取って交際を続けよう。

重いかもしれないと思ったら、下の記事で確認しておくと良い。

10代カップルはファーストキスに緊張もあると思うので、下の記事も読んでみてほしい。

826人が語った「ファーストキスの全て」~年齢は?相手は?場所は?初めてのキスの瞬間に思ったことは?初めてのキスを攻略!

まとめ

今回は、「10代カップルの付き合い方」をテーマに、高校生カップルや大学生カップルのデートの内容や連絡の頻度についても説明した。

10代カップルで大切なことは、カップルとして恋人と二人で楽しい時間を共有することである。

恋愛経験が少ないから色々な悩みを抱える年代だけど、それは当たり前のことだと思って、なるべく彼氏や彼女の前で素直な自分を出せるように頑張っていこう。

彼氏の前で作る、彼女の前で作ると、いつまで経ってもカップルとして打ち解けることができないで、微妙な空気を作って別れてしまう。

好きな人を前に気を遣ってしまうことはしょうがないが、自分から心を開いていかないと相手の心は開かないと思って、嫌われないようにする態度や行動より、もっと好きになってもらうために積極的になろう。

お互いが気を遣った関係は、一緒にいてもリラックスできなかったり、楽しい時間を共有することが難しくなる原因になるので、その期間をいかに短くしてラブラブ期に入っていくかがテーマになる。

不安な気持ちを持ちやすい時期なので、素直な気持ちを確認し合うことが最も重要だろう。

10代の内は、自分のために使える時間が多いので、素敵な彼氏や彼女と「楽しい時間」を意識して過ごすようにするとうまくいく。焦らずにゆっくり関係作りをしていこう。

長続きするカップルの秘訣10選~長く付き合うにはどんな付き合い方をしたらいいの?
もしあなたが大好きな人と付き合うことになったら、あなたの精一杯で恋人を大切にしてあげてほしい。長続きするカップルになってほしいのだ。 カップルは、不安や心配や期待や嫉妬などなど、複雑な恋愛感情をお互いに向けあっている関係だから

関連記事:

付き合いはじめ
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました