10代カップルの付き合い方~デートの内容や連絡の頻度や浮気の問題

10代カップルがデートしている様子

10代カップルの付き合い方は、お互いに付き合うことになれていないカップルが多いから二人で付き合い方を模索する感じになる。「一般常識がどうの」という考え方よりも相手に向き合って二人で何となく作る雰囲気が大事だから、まずはそこをきちんと押さえておこう。

そのうえで、「全然付き合い方が分からない」という人も多い世代なため、私の経験から「10代カップルの付き合い方」をまとめる。恥ずかしさが邪魔をすることも多いから、少しでも自信を付けるために読んでみよう。デートの内容や頻度、連絡の仕方についても触れていく。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

10代カップルのデートも仕方

10代カップルが夜デートする場所のイメージ

10代カップルは、付き合いはじめのデートで定番デートスポットに行くのがおすすめだ。始めてお付き合いをするという人も多いので、定番どころから攻めていって、ベタなデートをすることも大事。

ディズニーデートが夢だったとか、恋人とここに行ってみたかったという願望は誰でも持っているものなので、カップルの会話の中で行ってみたいところをよく話すようにしたら良い。そこで二人の希望が合致するところに行ってみよう。どちらも遠慮して行きたいところが出ないようなら雑誌で乗っているようなデートコースなら当日もイメージしやすいと思う。

定番デートは、自分に彼氏や彼女ができたことを実感する瞬間だったりもするので、付き合っている感じに現実感が出る。最初はぎこちないことも多いと思うから、「ザ デート!」って感じの方がしっくりくるはずだ。

会話に自信が無ければ、ブラブラ系より具体的な目的のあるデートの方が失敗は少ない。
例えば、水族館とか遊園地など、そこで何をするのかがはっきりしているとデートの雰囲気が微妙になることが少ないだろう。次に何をするのかを無数の選択肢の中で選ぶ方が、面倒は多い。

正し、10代カップルはお金がない。
あまり無理をしてしまうのも良くないので、無言でも平気な関係になれたら、あまりお金を使わないデートも10代の内は大切だし、それで十分にうまくやっていける。海に行ったり、気持ちの良い公園に出かけたり、カフェでお茶でも良い。

お金があまりかからないところでデートをするのも悪いことではないし、10代カップルは頻繁に会えることも多いので、お金をかけ過ぎて二人共が負担になってしまうのは避けるべきだ。10代のデートは、お金の問題は少し難しい面があるので、お互いのお金事情は汲んであげることが必要。打ち解けていく中で、あまりお金をかけずに二人で楽しめるデートを探していくと良いだろう。

その結果として自分たちだけの定番のデートが出来上がるカップルも少なくない。

会う頻度は、関係にも寄るが頻繁に会うカップルが多いという特徴を持つのが10代カップルだ。お互い時間があれば会う頻度は当然高くなる傾向があるので、ラブラブの時期には「会い過ぎ」という問題は無視して良いだろう。会いたいのに会えないカップルの方が別れやすい。

無理に合わせて時間を作らせることは少々いき過ぎだが、10代カップルは比較的一緒にいることは多いと言える。時間に余裕があることが理由なので、社会人より忙しければ話は別だ。

10代カップルの連絡の頻度

これもデート事情と同じように、連絡の頻度は比較的多いのが10代カップルの特徴。LINEだったら、ほぼ毎日するのが普通の10代カップルだろう。

電話に関してはLINEが多いのと反比例して若干少な目だ。通話自体が友達同士でも少ないので、LINEから派生させて通話に切り替える感じで電話する。相手の事情に問題が無ければ、段々と連絡の頻度を気にしなくなっていくので、相手のことも考えながらLINEして、暇そうだったたら通話もしてみよう。そこでの会話でデートの日が決まることも多い。時間の融通がきく10代カップルは連絡の頻度は多くなる傾向だ。

また、10代の男女はフットワークも軽いので、ちょっとした時間でも会うようなことも多い。そのきっかけとして電話が使われている。

ただ、10代カップルは、軌道に乗るまでとその後で大きく違う付き合いになるという特徴がある。まだ付き合うことに慣れていない人は、なかなか自分を出せないし、素直になれないという人も多い。初めから良い雰囲気で付き合い始めるわけではないので、段々そうなっていくようなイメージを持っておこう。

10代カップルは、互いの経験で大きく進み方が違うので、理想ばかりを考えないようにすることが大事。相手にばかり求めず、二人でよく話すようにして、二人でより良い関係を築けるように努力しよう。

10代は浮気が心配?

10代カップルの浮気をイメージした三角関係

10代は浮気が特別に多いということはないが、心配になった時の問題が大きくなるという面はあろうかと思う。束縛してしまう気持ちを抑えると副作用もあるから、心配ならそれを伝えていくことも大事になってくる。

10代は、確かに若さゆえの間違いは起こし易い。
色々なことに興味を持つし、経験していきたいという気持ちも大きい。大人になりたいという願望があるので、彼氏や彼女が心配な行動を取ることもあるだろう。そのなかで浮気をしてしまうというパターンは存在しないとは言えない。

でも、実はそれより問題になることが多いのが、嫉妬心の方である。どこからが浮気かという問題は、人それぞれ違うし、嫉妬してしまう心を整理する力も必要だったりする。

しかし、一方で10代だから仕方がない問題だと思っている部分もある。なかなか心に整理を付け辛い年代だ。それだけに、好きな人に対しても嫌なことは嫌だという勇気を持つことも大切だろう。

それが言えないからと言って、他の問題で感情を出すのは間違っていて、問題の解決にならないばかりか、彼氏や彼女に嫌われる原因となってしまう。嫉妬は誰にでもある感情だし、好きだからこそ持つ感情である。

束縛は行き過ぎてはいけないが、お互いの歩みより必要な部分のなので、話題に出していかないと根本的な解決は図れない。カップルとして、雰囲気が悪くなる前にあなたの不満を、彼氏や彼女に伝えることは間違いではないだろう。

自分の気持ちを受け止めてくれることを信じることも、カップルとして上手くいくコツである。我慢ばかりではお互いが持たないだろう。

10代カップルはファーストキスに緊張もあると思うので、下の記事も読んでみてほしい。

826人が語った「ファーストキスの全て」~年齢は?相手は?場所は?初めてのキスの瞬間に思ったことは?初めてのキスを攻略!

まとめ

今回は、「10代カップルの付き合い方」をテーマにデートの内容や連絡の頻度についても説明した。

10代カップルで大切なことは、如何にカップルとして軌道に乗せていくかということだろう。経験が少ないことで色々な悩みを抱える年代である。それは当たり前のことだと思って、なるべく彼氏や彼女の前で素直な自分を出せるように頑張っていく。

好きな人を前に気を使ってしまうことはしょうがないが、自分から心を開いていかないと相手の心は開かない。

お互いが気を使った関係は、一緒にいてもリラックスできなかったり、楽しい時間を共有することが難しくなる原因になるので、その期間を如何に短くして、ラブラブ期に入っていくかがテーマになることは意外と多かったりする。

不安な気持ちを抱き易い時なので、素直な気持ちを確認し合うことが最も重要だろう。

10代の内は、自分のために使える時間が多い人も割合としては高いので、素敵な彼氏や彼女と「楽しい時間」を意識して過ごすようにするとうまくいく。焦らずにゆっくり関係作りをしていこう。

関連記事: