妥協して付き合うってアリ?ナシ?そんなに好きじゃない相手を彼氏や彼女にしていいのか

妥協して付き合うことの意味を考える男女の様子。

恋愛では、妥協して付き合うことの是非が時々話題に上がる。そんなに好きじゃない相手と付き合って、果たしてそれは幸せなのかどうか…。判断に迷うことは、多くの人が体験しているところだ。

あなたは妥協で付き合うことがアリだと思うだろうか?
それともナシだろうか?

今回は「そんなに好きじゃない相手と妥協して付き合うこと」をテーマに、私の体験談も交えながら、妥協で付き合うときの影響やメリットとデメリットについてまとめる。

あなたと一緒に、恋愛を妥協する是非について考えよう。

【体験談】妥協して付き合うとは

「妥協して付き合う」ときに多いのが、まだそんなに好きじゃない状態で付き合おうとする場合だ。こんなときは相手の女性や男性に対して自分が持っている愛情レベルが様々で、「ほぼ好きだけどすんなり納得できない」状態から、「ほぼキープで遊びの恋愛」まで、好きかどうかだけでは測り切れないところがある。

私もかつて妥協で付き合った彼女がいた。

私が妥協して付き合うことを決めた理由は「相手から告白されたから」という理由が主だったけど、これは「答えを迫られた」だけで、まずは自分の気持ちが大切になる恋愛において、ある種「理由にならない理由」だろうと振り返る。

当時の気持ちを整理するなら、「誰でも良かったから彼女がほしかった」という気持ちが少なからずあったのだと思う。色々あって、好きだった彼女を振った後、私は他の誰かに優しさを求め、癒しを求めた。

しかし、これは今となったから、完全なる過去となったから、冷静に分析できているだけだ。当時の私は妥協で付き合うことを頭の中で否定していたし、彼女のことを好きになろうとしていた。もっと正確に言えば、妥協を否定したくて、好きになりたかったのだった。

「妥協して付き合う」ことを選択するときとは、ただの遊び感覚で恋人を持つ場合もあるけれど、たくさんのことに悩んで決める場合もあり、時と場合によっては複雑な感情になるものだと認識している。

もちろん、私の経験だけでなく、多くの恋愛を見てきて、そう思うのだ。

妥協で恋人を決めるデメリットとは

妥協して付き合うことに悩むときは、まず自分にどんな影響があるのかを整理するところから始めよう。本来、恋はもっと感情的なものだけど、付き合うべきか付き合わないべきかを考えてしまっているなら、思考を深く進めていく方が納得のいく結論へたどり着ける

今現在、誰かを想定して「付き合うか悩む」のなら、それによる悪影響を整理すると判断がしやすくなる。メリットの前にデメリットからまとめよう。

妥協して彼女や彼氏と付き合うデメリットとは、次の7点が想定できる。

  • オープンで付き合うなら「恋人持ち」として周囲に認知される=他の誰かからのアプローチは減少
  • 日々の連絡やデートで時間がなくなる=忙しさアップ
  • 相手の容姿に問題があって悩んでいるならブス専認定される恐れがある=周囲の評判ダウン
  • そのまま好きになれないなら悩み続ける可能性がある=精神的苦痛が継続する
  • 彼女や彼氏への罪悪感が拭えない=恋愛特有の消耗
  • 情が移って別れにくくなる=妥協のまま時間が過ぎる可能性
  • 妥協だったとは言えないから別れるときに多大なパワーがいる=全てがウソの恋愛リスク

経験談も考慮し、妥協して付き合うことのデメリットについて7つ挙げた。あなたが影響を受けると予想される項目はいくつあっただろうか?

今現在、妥協して付き合うことを前向きに考えている人は、これらのデメリットに納得できるなら「付き合うべき」との答えになるかもしれない。

妥協して彼氏を作る、妥協して彼女を作るのにメリットもあるのだから、「本気で好きじゃないから付き合わない」というのも、単純すぎて何か違う。

次の見出しでメリットを考えていく。

妥協して彼氏を作る・彼女を作るメリット

妥協して付き合うことに悩むときは、好きとは言いきれないのに付き合うことを検討している状態なのだから、既にあなたは相手と付き合うことに何かしらのメリットを感じていると思われる。

ここはあなたが思うメリットだけで十分答えを出すのに必要な要件は揃うことになるが、「背中を押してほしい」と思っている人だっているはずで、「メリットが分からない」と漠然としてしまっている人もいると思うので、まとめてみよう。

デメリットと同じく、妥協して付き合うメリットを7つ挙げる。妥協の恋人を作るかどうかというテーマなので各メリットにあなたへの質問を加えるから考えながら確認してみよう。

  • とりあえず付き合っている恋人ができる⇒リア充に憧れる?
  • 見た目で妥協するならイケメン彼氏・可愛い彼女をゲット⇒他は目を瞑れる?
  • 相手が自分を好きなら「愛される喜び」がある⇒今、誰かから愛されたい?
  • 恋愛経験が増える⇒恋愛経験はメリット?それともデメリット?
  • 暇が減って、気が合うなら楽しい毎日になるかも⇒今、忙しい?暇?
  • 彼氏持ちや彼女持ちの友達と話が合うようになる⇒周りはみんなリア充?
  • 寂しい時や嫌なことが会ったとき、話を聞いてもらえる人ができる⇒何でも話せる友達はいる?

あなたの恋愛観やどのような相手に妥協しようとしているのかでメリットもデメリットもある程度変わってくるけれど、挙げた7つの「妥協で付き合うメリット」がどれも魅力的に見えないなら、デメリットを意識するべきかもしれない。

しかし一方で、私が挙げた以外のメリットを強く感じて前向きに検討するのはアリだ。自分の恋愛事情でも変化するし、恋愛経験なしや恋愛経験ゼロ、付き合った恋人が少ない人なら「恋人を作ってみたい」という理由でもいい。

妥協して付き合うにしても、大好きになって付き合うにしても、それを相手や友達などの周囲の人にあなたがどう言うかは現実的に自由で、どう表現してもいい。簡単に言えば、最初は好きなフリから入るのだって間違いとは言えないのである。付き合う内に好きになれればそれはそれで素敵な恋愛だ。

恋愛は個人的な感情が相当に優先される。嘘を付かれることもある世界で、いくら言葉を聞いても信じられないときは信じられない。複雑な気持ちも絡むから、今回の問題はまず自分の中で答えを出していく必要があるだろう。

確かに完全なる遊びで、付き合うことになる相手へ全てがウソになるなら、抱えることになるかもしれない「罪悪感」は意識するべき。ここら辺も含めて、私の結論へ移っていく。

【結論】妥協して付き合うってアリ?ナシ?

ここまでで「妥協して付き合うデメリットとメリット」を整理したが、両者を理解した上であなたがその相手と最終的に付き合いたいと思ったなら、「誰かと妥協して付き合うのはアリ」だというのが私の結論だ。

ナシだと言い切るには私があなたを知らなすぎる。一般的とまで言わなくても、妥協で付き合う人、時の経過と共に妥協で付き合っているような状態になる人は珍しくない。一般化して答えを出すなら、「付き合いたいと思うなら付き合ってもいい」ということになるはずだ。

ただ、私の場合は、これまでの経験を基に、もう妥協して付き合うことはないと思う。

求めた愛や癒しはあったけれど、私の場合は妥協して付き合うことで結局辛くなってしまった。

恋愛経験は人として成長するのに必要?「恋愛から学べること」とは
恋愛には、恋愛でしか感じることができないもの、恋愛でしか学べないことがあるように思う。人として成長するのに絶対必要だと言い切るつもりはないが、実際に「恋...

自分の性格を知って、自分の恋愛観と向き合って、私は一人の女の子と妥協で付き合った後はちゃんと好きになってから付き合うようになった。

タイミングが合わずに、好きになる前に告白されたら、悩んだとしても振ってしまう。単純に機械的な決断はしないけれど、話し合いで解決できる問題でもないから、仕方ないと割り切ることが多かった。

個人的には、ある異性に対して「ちゃんと恋人として付き合うか、付き合わないか」は大きいと思っている。自分に与える影響も、相手のことも含めてだ。

妥協だろうが心から願おうが、「あなたは私の恋人」だと言うからには、責任が出てくるし、相手を傷つけることに覚悟を決めるべきである。自分が相手を好きだったら、この責任と覚悟は決まる。それでも一緒にいたいという気持ちがどんな理屈も超えるからだ。

一度本当に悩んで、相手をたくさん傷つけて、私の出した答えは「妥協で付き合うと、自分が傷つく」というとてもエゴの強い答えだった。

あなたと私が今一緒に飲んでいるなら話したいことはこの他にたくさんあるけれど、簡単な言葉にした上の表現を補足するだけになると思う。

私の経験を参考にして答えを出さなくていい。まだ10代や20代の前半くらいまでの人なら「経験してみる」でもいいんじゃないかとも思う。誰かと付き合うかどうかに対して、妥協であっても前向きに検討するなら、本質的にあなたはその人と付き合いたいと思っているんじゃないかな。付き合ってみようかなって。そうも思っているのだから。

私がもう妥協はしないと決めたのは、私が直に経験をしたから。自分の場合はもうやめた方がいいと思ったから。遊びの恋愛もしたことがあったけれど、相手の本気な気持ちに対して自分の気持ちを隠し、キープや遊びや経験と言った自分の都合を、説明はおろか匂わせもせずに付き合おうとするのは、幸せよりも消耗が大きかった。

今回のテーマをアリかナシかを考える人は、第三者がどう思うかを気にしているかもしれないけれど、自分がどうなのかを優先して考えることを勧める。愛情を受け取ることはあなたが思っているよりもチカラがいることにすぐ気が付くから。

恋愛はイイトコ取りもできるけれど、はっきり言ってそれは難しい。相手が本気だとしたら。

知れば知るほど好きになる恋とはどんな特徴があるのか~知っていく内にどんどん分からなくなることもあるのはなぜ?
あなたは、知れば知るほど好きになる恋を体験したことがあるだろうか? ある人に興味を持って、気になって、意識するようになって、好きになる。 その過...

答えを出すべきタイミングではないならもう少し考えてみてもいいし、好きになれないかなって時間を置いてみても何かが変わるかもしれない。

あなたが歩み出す道を私が示すことはできないが、こんな回り道な考え方が、私は自分に取って正しい答えにたどり着く方法だと思っている。どんな結論であれ、今考えたことが少しずつ将来に役立つ。それは間違いない。

追記:妥協して付き合うことを相手に言う?バレることはあるの?

妥協して付き合うか迷う人は、実際付き合った後のことが気になると思う。「妥協して付き合うこと(=まだ好きになっていないこと)を伝えるかどうか」という点と、「妥協で付き合っていることがバレるかどうか」については、多くの人が気になるポイントではないだろうか?

私の経験を振り返るに、「妥協して付き合うことを新しい彼氏や彼女には伝えるべきではない」というのが答えだ。

話し合いができて、いわゆる「お友達から…」と言う話ができるならその判断は間違いとならないけれど、付き合いはじめは微妙な空気になるカップルも多い中、気持ちがないことを知ると上手く行くカップルすら上手く行かないからだ。

告白する気持ちも様々あるので、付き合うと決めたなら好きになれるように頑張ってみるべきで、純粋にカップルとして相手と向き合う方が幸せに近づける。

また、「妥協で付き合っていることが彼氏や彼女にバレるかどうか」については、「強い愛情はない」と悟られることの方が多いというのが経験則。付き合いはじめは相手の気持ちにまだ確信を持てない時期で基本的に疑っているような状態に近いため、「本当に好きなの?」という疑問の答えはいずれ悟っていく人が多い。

ただ、恋愛にはこういった不安や心配が付き物でもあるから、「本当にただの妥協」という気持ちがバレることはなく、要は「カップルとしての相性」とか「二人が上手く行くかどうか」という視点で考えることになる。

つまり、愛情問題はまた別として、楽しく上手く付き合っていけるならきちんと幸せを感じるカップルになることは可能と言うこと。妥協から始まる恋愛は上手く行かない理由もたくさんある中ではあるが、無理な恋愛ではないと言い切れる。

付き合うと決めたらその相手と一緒に上手く付き合っていけるように考えて努力できれば、上手く行くことだってある。頑張ってみたいと思えるかどうかも、判断基準の一つになるんじゃないだろうか。

まとめ

今回は恋愛ジャンルの中のよくある悩み、「妥協して付き合うってアリ?ナシ?」という疑問に対してコラムを綴った。「そんなに好きじゃない相手を彼氏や彼女にしていいのか」は時に難しい問題となるが、色々なことを考える内に進む関係の中で納得のいく答えを見つけよう。

一時の気の迷いで進んでしまう恋愛はなかなかいいことがない。幸せいっぱいで楽しいだけの恋愛が無いからだ。どんな気持ちで居ようとも、何かが自分を苦しめる瞬間があるのだと思う。そんな視点も持って考えてみよう。

真剣に考えることがいずれにしても成長に繋がる。

このコラムがあなたの何かに役立ったら嬉しい。

☆妥協で付き合う理由が「いい人がいないから」というものであるなら、下の記事も合わせて読んでみてほしい。

なぜ恋愛で一番大事な要素が「出会い」なのか~恋人を作ることができない人へ理由から対策方法までを徹底解説
当ブログ「恋愛のすべて」では、恋愛に必要な要素が3つに集約されることを何度も伝えてきている。 出会い コミュニケーション セル...

関連記事:

付き合うか悩む・迷う大学生の恋愛私の恋愛観
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました