別れた後に後悔すること8選~彼女や彼氏に「あの時にこうしておけば良かった」と振り返ること

彼氏と別れた後で後悔する彼女

過去記事『別れてもよりが戻るカップルの特徴や別れ方~よりが戻せるカップルとは』で、よりを戻すカップルについてテーマにした。

別れた彼女や彼氏を思い出すときに「よりを戻したい」と思うのは別れた直後に多いけれど、ある程度時間が経ってから元カノや元カレを思い出すときに浮かぶのが、「あの時になぜ○○できなかったのだろう」とか「あの時に○○しておけば良かった」という後悔の気持ちである。

特に、別れた後に幸せの大きさに気付いた時や、なかなか次の恋人ができない時などは、別れた後に後悔する人がきっと多いのではないだろうか?

しかし、こういった後悔は付き合っていた頃に気づけないことも多くて、彼氏や彼女を大切にしなかった後悔や、大切にできなった後悔は、別れる前に気づきたかったのが本音である。

そこでこの記事では、「別れた後に後悔すること」を8つのポイントで解説するので、後悔する前に、振られる前にぜひ参考にしてみてほしい。

前に付き合っていた彼女や彼氏を思い出して「あの時にこうしておけば良かった」と振り返ることってどんなことだろう?

今付き合っている人がいる人も、恋愛経験が少ない人も、「長続きする付き合い方」として参考になる反省がきっとあると思う。

  1. 別れた後の後悔① 忙しさや疲れていることを理由として、「大事な時に恋人を放置した」こと
    1. 彼女や彼氏を放置しすぎたことは、別れた後で後悔するしかない展開になりやすい
  2. 別れた後の後悔② 好きすぎて不安をぶつけたり、強い束縛をしてしまったこと
    1. 「好きだから」という理由で彼氏や彼女の気持ちを考えられないと、別れた後で後悔する
  3. 別れた後の後悔③ 過ちとしか言いようのない浮気
    1. 本気じゃないからこそ、浮気は彼氏や彼女を大切にしなかった後悔が強まる
  4. 別れた後の後悔④ 照れや慣れで愛情表現を怠ったこと(好きと言えなかった、好きと伝えられなかった)
    1. 彼氏や彼女にちゃんと好きだと言わなかったことに後悔するのは、いつの間にか愛情表現がなくなったことに気づけなかったから
    2. 本当は好きなのに、それが伝えられてなかったから別れた後で後悔する
  5. 別れた後の後悔⑤ 誕生日や記念日やイベントごとなど「大事な日」をおろそかにしたこと
    1. 別れることを決めたきっかけが具体的だと、別れた後の後悔も強くなる。「あの日をやり直したい」という後悔はつらい
  6. 別れた後の後悔⑥ 大きな喧嘩になったのに素直になれなったこと
    1. 大切な時に素直になれなかった人は「自分の気持ちが誤解された」と確信するから別れた後の後悔の気持ちも強くなる
  7. 別れた後の後悔⑦ 他の人に目移りしてしまったこと、一途に想い続けられかったこと
    1. 彼氏や彼女が大好きになったら、「そんな人は簡単に出会えない」と思って大切にしてあげないと、後悔する別れになってしまう
  8. 別れた後の後悔⑧ 彼氏や彼女を当たり前の存在に感じて、大切にしなかったこと、大事にできなかったこと
    1. 彼女を大切にしなかったことに後悔する男性や、彼氏をもっと大事にすればよかったと思う女性は「恋人をどう大切にすればよいか」が分かってない場合も…
  9. 大切にしなかった彼氏に後悔したら、彼女を大切にしなかった後悔に苦しい気持ちになったら…
  10. まとめ

別れた後の後悔① 忙しさや疲れていることを理由として、「大事な時に恋人を放置した」こと

大事な時に恋人を放置すると、たった1回のすれ違いが別れの原因になってしまうことが多い。

大事な時とは、相手にショックなことが起きて精神的に参っていたり、真剣に話を聞いてほしい悩みができた時だ。

そんな時は近い存在であって支えにもなっている彼氏・彼女を頼ることが多いけれど、相手にされないと自分に余裕がない分、すれ違いが末期化する場合がある。

彼氏や彼女を「放置してはいけないタイミング」を雰囲気で察しないといけないとすればなかなか難しいけれど、実際の場面ではほとんどのケースでいくつかのヒントがあって、SOSに似たサインや、いつもとは明らかに違う声のトーンなど、実はすれ違いを防ぐ何かがある。

後悔するような別れにつながるすれ違いは、気づこうとすれば、気づけるサインが出ているのである。

しかし、相手だけでなく自分にも余裕がない状況や、忙しかったり疲れている時は、彼氏や彼女のサインを見て見ぬふりをしてしまったり、気遣いや思いやりをもって接するべきことに気付きながらも、あしらってしまったりする。

人は、ネガティブに考え出すとそれを肯定する事実ばかりを集めて余計にネガティブになっていくところがあるから、そこまで機会の多くない「大事な時」のすれ違いは、気を付けないと別れた後で後悔することになる。

ちゃんと愛情があれば気付いて対処できる点を考慮すると、大事な時のすれ違いが別れの原因になることには頷けるだろう。

好きだったのに大事なポイントですれ違って別れてしまうと、結局別れた後で後悔する。

彼女や彼氏を放置しすぎたことは、別れた後で後悔するしかない展開になりやすい

ここで取り上げた “彼氏や彼女を放置する” という問題は、ある程度の長期間に渡ってしまっている場合もあって、別れた後に後悔することの中には「彼女や彼氏を放置しすぎた」というパターンもあるあるになっている。

彼女をないがしろにした、彼氏にかまってなかったという人は、それが常態化した時、自分が思っている以上に恋人の気持ちを消耗させてしまうから、相手が「付き合っていても辛いだけだ」と思えば、あるきっかけで振られてしまう。

もちろん、恋人を放置する人も色々な事情があってそうなるのだが、すれ違いを起こす可能性がある時は、彼氏や彼女とのコミュニケーションを大切にしないと予想以上に恋人は傷つけることになるから注意が必要だ。

放置されると想われてる自信もなくなるから、勝手に相手の気持ちを「分かってくれてる」と思ってしまうと、末期的なすれ違いを引き起こす。

すれ違いが原因で別れると、まだ好きだっただけに「自分の行動」に対する後悔の気持ちが大きくなり、「あの時もっと相手のことを考えることができていたら…」と思ってしまうから辛い別れになる。

カップルのすれ違いが起きる理由と別れる時期~見えない気持ちと矛盾する人の行動
恋愛という視点で男女を見ると、「男と女は全く違う生き物」だと思うくらい、本当に違った恋愛観を持っている。 だからこそ起こるのが「男女のすれ違い」だ。 カップルは異性同士だからこそ気持ちのすれ違いを完全に避けることができず

別れた後の後悔② 好きすぎて不安をぶつけたり、強い束縛をしてしまったこと

彼氏を大切にできなかった女性が別れを後悔している様子

彼氏や彼女が好きすぎる状態は、大好きな人と付き合っている幸せが大きくなる一方、不安が大きくなってしまったり、求めすぎてしまったりして、恋愛感情の副作用も強くなるのが特徴だ。

会えない寂しさやイライラで彼氏を攻撃してしまう女性へ~本当にあなたが望むことって何だろう
恋愛している女性は、「寂しさ」を理由にイライラしたり、ストレスを感じてしまうことがある。 彼氏は悪くないのにイライラする、寂しくてイライラするのは、恋愛中の女心であるあるになっていて、自分でどうにかしたいと思ってもできないとこ

そこで問題になるのが、強い愛情のストレスで彼氏や彼女を束縛してしまったり、不安をぶつけるような態度を取ってしまい、攻撃してしまうこと

これが別れの原因にまでなってしまうと、もともとは「好きだから」という気持ちが理由だっただけに、別れた後に後悔する気持ちが強くなる。

「好きだから」という理由で彼氏や彼女の気持ちを考えられないと、別れた後で後悔する

「好きすぎて辛い」という状態は文字通りストレスも強くて、お付き合いは二人で色々なものを合わせていく必要のあるものだけど、一方的な気持ちを押し付けてしまった時は、別れた後で後悔する。

彼氏への連絡頻度にしても、彼女と会う回数にしても、好きすぎて勝手に暴走しているような状況になってしまうと、それが原因でカップルはぎくしゃくしてしまうものだ。

「あの時、もっと相手の価値観を受け入れて、彼氏・彼女の気持ちを考えてあげられていたら…」
別れた後に後悔することのほとんどは、今のままじゃダメだとどこかで気づきながら放置してしまうことで末期化する。

「彼女を大切にできなかった」「彼氏を大切にできなかった」と思う時は、自分の気持ちだけになってしまっていなかったか、を考えないといけない。

束縛など、好きだからやってしまう行動が相手への思いやりを欠いていたら、後悔する気持ちはすごく強くなる。

長続きするカップルは束縛と放置の適切なバランスが重要~適度な束縛は相手を想う気持ちを基本に考える
長続きするカップルは「束縛と放置」の関係が適切なバランスになっている。 当然、束縛と放置のバランスは付き合いはじめからすぐに二人の中で良いバランスになるのではないが、付き合いが落ち着いてくる過程では、「束縛と放置の丁度いいポイ

別れた後の後悔③ 過ちとしか言いようのない浮気

真面目な恋愛観を持っていると、「一度でも浮気をされると信じられなくなるから別れる」と言う人が珍しくない。

確かに、お付き合いの基本は「信頼関係」だから、「浮気」という分かりやすい裏切り行為は、カップルの破綻を意味してもおかしいとは言えない。

ただ、世の中には「本当に一時の気の迷い」みたいな浮気があるのも事実で、本気じゃない浮気であればあるほど、浮気をきっかけに別れた時は、後悔の気持ちが強くなる。

浮気の境界線は、各カップルでそれぞれで定義があやふやな面もあるけれど、大凡のところでは実際としてイメージできていて、別れることになるような浮気はどこからどう見ても浮気としか表現できないようなことをやってしまっている。

バレないと思っているわけじゃないが、軽い気持ちだった浮気はバレた時のことを考えてないことが多くて、浮気をきっかけに別れた後は、本気ではなかった分、後悔することが多いパターンだ。

本気じゃないからこそ、浮気は彼氏や彼女を大切にしなかった後悔が強まる

特に後悔の気持ちが強まる時というのは、「どう考えても過ちとしか思えないような浮気」をした時だ。

「自分でも何であんなことをしたのかわからない」ってことが恋愛関係ではよくあって、喧嘩中の発言や態度などが問題となるケースが目立つのだが、浮気にも当てはまることがある。

ちょっとでも浮ついた気持ちがまだあったなら自分の行動を反省するべきだし、裏切るようなことをした以上、相手の気持ちを考慮すれば振られても仕方ない。(※それでも当然、後悔が小さくなるわけではないのだが…。)

しかし、浮ついた気持ちすらあやふやな浮気であったなら、本命の彼氏や彼女に対しては後悔がより強まる。相手に流された場合などがその典型例だ。

もちろん浮気された相手の方が辛いとは思うのだけど、恋愛感情がない状態で浮気してしまった人は、言い訳にはならないようなことが浮かんでは消え、自分の行動を振り返っては沸き起こる怒りが自分にさえ向くようなこともあって、浮気した本人に取っても悲しい別れ方になる。

過ちとしか言いようのない浮気でも浮気は浮気だ。「あの時にこうしておけば良かった」と、一番具体的に正解の行動が分かるパターンかもしれない。

本気じゃないからこそ、浮気が原因で別れると、彼氏や彼女を大切にしなかった後悔が強まる。彼氏や彼女を大事にしなかったら、振られた後の後悔は相当なものになる。

別れた後の後悔④ 照れや慣れで愛情表現を怠ったこと(好きと言えなかった、好きと伝えられなかった)

好きだと言わなくなったことを別れた後で後悔する男性

「一体いつからこんなにすれ違ったのだろう…」

付き合っているカップルが、何となく雰囲気を壊していく時によく思うこんなことは、愛情表現がなくなってしまっていることが大きな原因の一つだ。

「好きと言えなかった」「好きと伝えられなかった」ことですれ違いが起きると、別れた後に後悔することが非常に多くなっている。

彼氏や彼女にちゃんと好きだと言わなかったことに後悔するのは、いつの間にか愛情表現がなくなったことに気づけなかったから

「何を考えているかわからない」

別れのセリフでこんな言葉を聞く時というのは、愛情表現が足りていなかった時に多く、中長期的には「好きだと言わなくなった」ことが本当は問題となっていた場合に多い。

要は、カップルの土台を支える “好き同士の関係か分からなくなった” から、恋人が何を考えているか分からなくなったのだ。

カップルは慣れによって愛情表現が減ることは多いけれど、気持ちを確かめ合う機会がなくなってしまっているとしたら、本来それには気付くべきところで、好きだから交際を続けるカップルに取って、愛されている実感は関係継続に必須のものと思っておかないといけない。

ここは特に彼氏側が別れた後に後悔することが多いのだが、彼女側も決して責任がないわけじゃない。

確かに男性は「好きだよ」って言葉を相手に伝えることが苦手な人が多く、釣った魚にエサをやらないタイプもイメージするなら男性だ。

しかし、ツンデレという言葉が定着したように、照れて愛情表現をしない女性も決して珍しいとは言えず、結局どちらかが愛情表現をすることで双方向的に愛情表現しているカップルの基本を踏まえると、彼氏側に責任は偏っていても「愛情表現しなくなった」のは二人の責任になっている

照れや慣れで愛情表現をしなくなると、カップルは恋人らしい雰囲気がなくなっていく。それだけで好きかどうか分からなくなることはないが、交際中には色々とあるから、何かのきっかけで別れるようなことがあると、後に後悔してしまうことがある。

カップルは「好き同士でいること」が関係性の土台を支えており、何かをきっかけに「本当は好きじゃないんじゃないか」と疑うと、好きと言ってない時ほど簡単にすれ違う。

本当は好きなのに、それが伝えられてなかったから別れた後で後悔する

どんな理由があっても、愛情表現がなくなれば二人の心は離れていき、本来の気持ちとは別に、お互いがお互いの気持ちを否定して別れがくる。

そんな経験をすると、本当は好きなのにそれが伝えられてなかったから、別れた後で後悔するのだ。

「もっと気持ちを伝えていれば…」
「もっと彼氏・彼女と向き合っていたら…」
こんなことを考えるのは、好きだったのにそれが分かってもらえてなかったから。

本当の気持ちが「まだ好きだった」なら、後悔してもしきれない別れ方だ。愛情表現しないと倦怠期になりやすいという面もあるから、長続きした彼氏や彼女ほど注意しないと後悔の対象になる。

倦怠期を乗り越えるには?7つの原因とその解決の方法~彼氏や彼女と倦怠期になったカップルはどう対処すれば良いか
カップルの交際は気を付けていても波ができてしまうので、良い雰囲気を維持し続けることができず、タイミングの問題でカップルは倦怠期を迎えることになる。 長く付き合ったカップルは、「倦怠期を乗り越えるには?」と考える瞬間が必ずあるの

別れた後の後悔⑤ 誕生日や記念日やイベントごとなど「大事な日」をおろそかにしたこと

重大な決断(=別れること)をする時というのは、きっかけも大きなものになっていることが多い。

その日に別れ話をしないまでも、決定打になるのが誕生日や記念日やイベントごとなどの “大事な日” を相手がショックを受けるような過ごし方をした時だ。

カップルがうまく行っていない時というのは、このような時に「もうだめなんだ…」と確信してしまう。

カップルで迎えるイベントには期待値があるからこそ、二人の考えていることに大きなズレができていたことが浮き彫りになったように感じる

特に別れるかどうかを意識した関係になっていたなら、「まだ(大丈夫)」と「もう(だめだ)」を決める瞬間を迎えやすいのである。

別れることを決めたきっかけが具体的だと、別れた後の後悔も強くなる。「あの日をやり直したい」という後悔はつらい

「最近喧嘩ばかりだったから、今日だけは楽しく一緒にいたかったんだよ」

つっかかってくるようなこともなく、寂し気に言うこんなセリフを聞く時は、その瞬間に何を思ってももう遅く、まだ好きだったなら後悔する別れを迎える。

別れることを決めたきっかけが具体的であればあるほど別れた後の後悔も強くなるが、「あの日をやり直したい」という後悔の仕方になると、本当に辛いものだ。

あるイベントから数日経ってから別れ話と一緒に「あの日に別れるしかないと思った」なんて言われることも多くあって、カップルに取って「大事な日(誕生日やクリスマス、バレンタインホワイトデー等々」に対する自分の意識の低さに対して後悔することもよくあるパターンである。

誕生日のデートが、二人の状態、もしくは自分の状態を象徴していたと言われても、結果が結果だけに反論の余地はなく、一生懸命になれなかった自分に後悔が残る。

後から、それが大切な時間だった、大事な瞬間だったことを知ると、本当に後悔の気持ちが強くなるものだ。

決定的にすれ違っていることを確信させる瞬間は、このような日以外にも多くあるものだが、とても具体的なだけにちゃんと考えてあげられていれば別れを回避できた可能性を高く感じてしまうだろう。

別れた後に後悔することとして、男女共にあるあるになっている。

記念日やイベントにいつもと違うちょっといいレストランに行く意味~カップルは思い出に残る過ごし方をするべき日がある
記念日やイベント(誕生日、クリスマス、バレンタインデー・ホワイトデー等々)の日は、いつもと違うちょっといいレストランで食事をするのが恋愛的におすすめだ。 特別な日を何気ない日常と同じ過ごし方をすれば、カップルはマンネリを意識し

別れた後の後悔⑥ 大きな喧嘩になったのに素直になれなったこと

喧嘩別れした彼女に後悔する彼氏

カップルが勢いで別れるとしたら「ケンカ」は一番多い原因になる

喧嘩別れはよく考えて出した結論ではないから後悔も強くなるし、ついきつい言葉が出てしまったり、自分が悪いのに謝れなかったり、色々な理由で喧嘩別れをするカップルは、冷静になれた後で後悔しやすい別れ方である。

素直になれていればただの喧嘩で済んだはずなのに、感情的になって売り言葉から買い言葉でヒートアップして発してしまった言葉は取り返しがつかないこともあって、よりを戻したいと喧嘩別れを後悔しても、素直に切り出すことができなかったりして、後悔の仕方も色々だ。

大切な時に素直になれなかった人は「自分の気持ちが誤解された」と確信するから別れた後の後悔の気持ちも強くなる

付き合い始める時に大切なタイミングがあったように、カップルには付き合いを継続していく時にも大切なタイミングが度々訪れる。

カップルはいくつかの山や谷を超えるように付き合いを続けていくものだけど、少なくても各ポイントにおいて「素直に気持ちを伝えること」はとても重要で、もし大事な時に素直になれないことが原因で別れると、長い期間後悔することになる。

実際、大きな喧嘩に発展していく時は、その原因も結構ナイーブな問題になっていることが多く、ぶつかり合って乗り越えるべきものもあるから、現実的に仕方のない喧嘩もある。

むしろ、カップルには「分かり合うために」真剣に話し合うような喧嘩が定期的に必要だ。

喧嘩をして仲直りする過程では気持ちを確認し合えることも多くて、大きな喧嘩を乗り越えることでより強い信頼関係が作られる面もある

だが、そんなタイミングでも素直になれなければ、相手は気持ちを見失ってしまう。
「あの時にもっと素直になれていれば…」
大切な時に素直になれなかった人は「自分の気持ちが誤解された」と確信するから、後悔の気持ちも強くなる。

素直にならないといけないタイミングで素直になれないことは恋愛のあるあるでありながら、別れた後に後悔することのあるあるにもなってしまっている。

人によっては、後悔の気持ちが自分でも処理できないくらい大きく膨らんでいくこともあるだろう。

後悔することの中には正しいことが分かっていてもそれができなかった時も含まれていて、気持ちが残っている内は自分を責めることも多い。

恋愛では、「戻れない時」を意識する瞬間が多い。特に喧嘩中と喧嘩後はそのタイミングにあった言葉と態度が必要で、感情的になって選択を間違うと取り返しがつかないことになってしまう。

彼氏や彼女は「好きだからこそ」後悔するのが分かっていても素直になれないことがあるから、本当に恋愛感情は人を複雑な気持ちにさせるけど、「本当は…」という気持ちがあったら伝えられなかったことに後悔する。

喧嘩して謝ったのに無視される時や許してくれない時の対処法
彼女や彼氏と喧嘩した時は、落ち込んだり、ムカついたり、日常のことに集中できなくなったり…、悩んでしまう人はとことん気にしてしまうことがある。 特に、ちゃんと謝ったのに無視される場合や、謝っても許してくれない場合は、喧嘩してから

別れた後の後悔⑦ 他の人に目移りしてしまったこと、一途に想い続けられかったこと

付き合いが長くなってくると彼氏や彼女の「悪いところ」も見ることになるから、新鮮さがなくなってきた段階から他人がやけに素敵に見えることがある。

一つの瞬間まで含めると、ある行動や態度がそう思わせたりもする。

恋人に対して何の不満もない人は少ないし、特に長くなってくるとなおさらだけど、「目移り」と言いたくなるような恋愛が原因で本命の彼氏や彼女との別れることになったら、その後の後悔は時間がたつ度に大きくなる。

彼氏や彼女が大好きになったら、「そんな人は簡単に出会えない」と思って大切にしてあげないと、後悔する別れになってしまう

ここは恋愛経験が多くなると分かってくる部分だが、大好きな人というのはそう簡単に現れない。

「もっと○○だったら…」「ここは○○してほしい」
近くで付き合うと何かしら思う方が普通なので、その時々にドンピシャで「○○」を補う人が現れると目移りしてしまう気持ちは理解できるけれど、その人にだってまた違う部分で同じことを思う瞬間が訪れるもの。

特に、彼氏や彼女とタイプが違う人が気になったら、今の恋人が「自分にとってどのくらい大切な人なのか」を、少しでも良いから今までの交際を振り返って考えてみよう。

これができないと、いくら後悔する別れ方を経験しても、それを繰り返してしまう。大好きになれる人というのは、人生でそうそう出会えないことをぜひ早く分かってほしい。

彼氏や彼女と逆のタイプに惹かれるのは恋愛のあるあるだけど、その人の本質が見えていない自分に気づくべきだ。誰だって良いところと悪いところがあることも、再認識するべきだろう。

誰かと比較するような恋愛は本当の恋愛じゃない。自分の彼氏や彼女の弱点を補うような人と出会った時は、むしろその人の弱点を探してみるべきだ。そうしないと、大切な人を簡単に手放してしまい、どんどん恋愛が刹那的(すぐに付き合う人が変わる人)になっていく。

「好き」という気持ちを大切にできないと、後悔するのは当然かもしれない。

彼女に飽きてしまった時に無意識に取ってしまう行動と対処
彼女に飽きた男性は、無意識に取る行動や態度がある。 これのタチが悪い点は「彼氏に自覚がない」時もあることで、彼女に飽きてしまったことに本人が気づいていない内から出てしまうことがある。 男性は細やかなところに配慮できない傾

別れた後の後悔⑧ 彼氏や彼女を当たり前の存在に感じて、大切にしなかったこと、大事にできなかったこと

彼氏を大事にできなかった女子

「なんで大切にしてくれないの!」

大事にしているし、大切にしているつもりがあった「付き合っている頃」に向き合えなかったこんな言葉は、別れた後で振り返ると、恋人のことをすごく当たり前の存在に感じてしまってて、大切な存在であることを忘れたかのような態度・行動を取っていたことに気付く。

別れた後は、「本当の意味では俺は彼女を大切にしなかった」「私は大事にしていたつもりだっただけ…もっと大切にすればよかった」と後悔することがすごく多くて、恋人を大切にできなかった後悔は「好きだけど別れた時」にあるあるになってしまっている。

本当は大切にするべき相手だとわかっていても、何もできなかったら気持ちが伝わることはなく、彼氏や彼女は大切にしてもらえない自分を責めたり、大事に思ってもらえないことに怒りを覚えたり、本当につらい気持ちになる。

大切にしてくれないという問題は、「好きだから付き合っている恋人同士」に取っていつのまにか関係を壊す原因にまで発展していくのだ。付き合ってる方が苦しい、別れた方が楽になると思う最大の理由になっていく。大切にしなかったら、恋人は「本当は好きじゃないんだ」と思うから別れるしかないと判断する。

カップルが別れる時は必ず何かの原因があるものだが、結局好き同士になった二人が別れるのは、「彼氏や彼女を大切にできなかったこと」「彼氏や彼女の存在の大きさに気づけなくて、ないがしろにしてしまったこと」が原因であるように思う。

冷めたとか、ほかに好きな人ができたとか、ほんとに色々な理由でカップルは別れるのだけど、二人がずっと向き合っていて、大切にし合えたら、もっと長く続くカップルがたくさんいる

彼女を大切にしなかったことに後悔する男性や、彼氏をもっと大事にすればよかったと思う女性は「恋人をどう大切にすればよいか」が分かってない場合も…

もしあなたが恋人から「大切にしてくれなかった」とか「大事にしてくれない」と言われた時に「自分は精一杯の気持ちで大切にしている」と思うなら、あなたは「恋人をどう大切にすれば良いか」が分かってない可能性がある。

いつの間にか恋人を冷めさせたことがある人も含めて、もし彼氏を大切にする、彼女を大切にするということがどういうことか分からない人は、ぜひ下の記事を読んでみてほしい。

恋人を大切にするとはどんなことか~彼氏を大切にしたい、彼女を大切にしたい人へ
大好きな人と付き合っている人は、「彼氏を大切にしたい」「彼女を大切にしたい」と思うもの。義務感とか責任感と言った気持ちよりも、純粋な愛情がそう思わせる。 「恋人に大切にされたら嬉しいですか?」 この問いにNOと言う人はや

日常には私たちの余裕を奪うものがいっぱいあって、なかなか「付き合う相手の気持ち」が優先できないのが現実だが、それでもどんな時も忘れてはいけないものというのがあって、愛情を向ける「恋人」はその中でも最優先するべき人の一人だ。

別れた元彼や元カノへの後悔の気持ちが強い人ほど、考えに考えた挙句、本質的なところに考えが行き着く。その本質とは、「もっと大切すればよかった」という想いである。

多くの恋愛をしてきて、私が異性と付き合う上で一番大事だと思っているのは、「付き合う人を大切にすること」だ。

それは、おそらく気持ちそのものが行動や態度を超えて相手に伝わっていくから、もっともっと奥の方で持っておかないといけない気持ちなのだと思う。

「彼氏を大切にできなかった…、もっと大切にすれば良かった」
「彼女を大事にできなかった…、もっと大事にできていればよかった」

当たり前が当たり前で亡くなったときに人は一番ショックを受けるから、もし好きな人と付き合えている現実があるなら、別れるその前に、自分ができる精一杯を好きな人に届けたいと願い、具体的にその気持ちを伝える努力をするべきだ。

恋愛力に自信がないなら、下の記事を読んで「自分自身の恋愛」をより深く理解してほしい。

大切にしなかった彼氏に後悔したら、彼女を大切にしなかった後悔に苦しい気持ちになったら…

ここまでで「彼氏や彼女と別れた後に後悔すること」を8つ解説したけど、最後に「大切にしなかった彼氏に後悔している」「大切にできなかった彼女に後悔している」という人向けに、復縁の仕方を解説した記事を貼っておく。

元カノによりを戻したいと思わせる方法~元カノとやり直したいのなら
元カノのことが忘れられない男性は、どうにかして元カノによりを戻したいと思わせる方法を考えることがあると思う。 しかし、別れた元カノにまた付き合いたいと思わせるのは簡単じゃないから、元カノとやり直したいと思いながら何もできないこ
元カレと復縁する方法~元カレに復縁したいと思わせる方法
元彼と復縁したいと思った時、あなたはどんなアプローチの方法を取って元サヤを目指すだろう? 「前に付き合ってた人だから押しまくる」という人から、「もう一回会いたいけど、会えないからLINEしかない…」という人まで、元カレとの復縁

彼氏に後悔したら、彼女に後悔したら、別れ方や別れてからの期間によっては、まだ復縁の可能性は残されているし、まだできることはある。

元彼や元カノに頑張るかどうかは慎重な判断が必要で、また傷つく結果に終わる可能性もあるのだが、「できることがあるならやってみたい」と思っているなら、上の記事を参考にしてみよう。

もう一度やり直したいと思っているなら、その行動を取らないことが後々の後悔になるかもしれないので、よく考えて答えを出してほしい。

できることをやった後なら、元彼や元カノに後悔することなく、次の恋愛に進めると言う人もたくさん出てくるはずだ。

まとめ

今回は、別れた後に後悔することを徹底解説した。

本当に何も後悔がないすっきりする別れ方と言うのは少ないから、この記事で取り上げたことは強弱感の問題で誰もが思うことだったかもしれないけど、別れた後で後悔することは、好きだったら別れる前に気づいて自分を修正したいところだ。

彼女や彼氏を大切にしなかった後悔や、大切にできなかった後悔は、これからの恋愛で経験することがないように、自分自身の恋愛力をぜひ高めてほしい。

失恋は、他の失敗と比べてそのまま次の体験に生かせる経験とはならないことも多い。
思ったことができないのも恋愛だし、相手が変わるとガラッと雰囲気まで変わることがあるからだ。

しかし、それを前提としながらも、別れを後悔することで自分を見つめなおせば、成長には繋がるはず。そんな視点から読んでみても学びがある記事になったのではないかと思う。

元カノや元彼への後悔はなかなか消えないけど、もしあなたが結婚適齢期に当たる年齢だったなら、残された時間を前向きに使うべきだ。

これ以上の後悔がないように、幸せになる努力をたった今からはじめよう。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばから始まる「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦り

もし、失恋した人で好きな人を諦められない人は、下の記事も読んでみよう。

別れた後に友達に戻れるか、気になる人は読んでみよう。

関連記事:

別れ失恋元カレ元カノ
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました