恋愛の信頼関係の築き方とは?~カップルが信頼関係を作る方法、付き合う前の好きな人と信頼関係を築く方法

  ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

恋愛の信頼関係の作り方を一緒に考えるカップル

恋愛では「好きな人と信頼関係を作ること」も大切な技術であり、信頼関係の作り方を知っていることは恋愛力だ。

カップルの信頼関係を作るには彼氏と彼女両方の努力が必要だが、努力の仕方が分かっていなければ、せっかく好きな人と付き合えても信頼関係の作り方に失敗することで付き合いはじめから気まずい雰囲気が漂う。

実際の恋愛では、付き合う前から少しずつ好きな人と信頼関係を築くことが重要で、特に付き合ってからは彼氏や彼女と信頼関係を作るのにスピードと精度が大切になっている。

好きな人とは関係を深めていきたいと思うものだし、信じ合いたいと思うため、カップルはなるべく早く信頼関係を作らないと「相性が悪い」と思われてしまうことが多いからだ。

信頼関係がないカップルは小さな問題さえ乗り越えてはいけず、いつも不安と付き合うことになるから、信頼関係ができてるカップルになる意味は非常に大きい。

では、カップルが信頼関係を深めていくにはどんな付き合い方をしたら良いだろうか?
好きな人から信頼される、信用されるにはどうしたら良いだろう?

この記事では、恋愛の信頼関係の築き方をテーマに、カップルが信頼関係を作る方法、付き合う前の好きな人と信頼関係を築く方法を解説する。

好きな人と信頼関係を作りたいと思う人や、彼女を信頼する方法・彼氏を信頼する方法などに興味がある人は、ぜひ最後までじっくり読んでみてほしい。

好きな人や彼氏や彼女と信頼関係を作るにはどうしたら良いか、恋愛初心者にもわかりやすく答えを出していく。

  1. 付き合ってない男女の信頼関係とは何か、好きな人と信頼関係を築くには何が大事なのか
    1. 付き合ってない男女の場合の信頼関係とは何なのか
    2. 付き合う前の信頼関係は、人としての信用と信頼が条件
    3. 付き合う前の信頼関係は「仲の良さ、親しさ」からも作られる
    4. 付き合ってない男女の信頼関係についても「お互いの好意」が前提にある
  2. カップルの信頼関係とは?(恋愛の信頼関係)
    1. カップルは愛情表現し合う中で信頼関係を作る:恋愛の信頼関係を作りたいなら愛情を伝えることが最も重要
    2. 両想いでいることが信じられないと、カップルは信頼関係ができない
  3. 喧嘩してさらに強い信頼関係を作るカップル
    1. カップルが本音で語り合う「喧嘩の仲直り」が、さらに強い信頼関係を作るきっかけになる
    2. 危機を乗り越えるカップルは信頼関係ができるけど、信頼関係を作る条件ではない
  4. 付き合い始めのカップルの信頼関係の作り方
    1. 彼氏や彼女と信頼関係を作るために、付き合う前の片思いの時の気持ちを話す効果とは?
    2. 彼氏や彼女に意識的に愛情表現し合う機会を作るのが、恋愛におけるカップルの信頼関係を作るコツ
  5. 【恋愛】信頼関係を築く行動と態度7選
    1. ①なるべく素直な気持ちで接して、隠し事をしない
    2. ②ありがとうとごめんねを適切に使う
    3. ③大小関係なく「約束を守る」
    4. ④相手の秘密を守る、友達の秘密を話さない
    5. ⑤言葉と行動がちぐはぐにならないように注意する
    6. ⑥ビッグマウスは信頼関係を壊す原因!できないことはできないと言い、自分を大きく見せるための嘘をつかない
    7. ⑦うまく行かないことを人のせいにしない、自分の失敗に言い訳を並べない
  6. カップルに信頼関係ができる期間:付き合ってからどのくらいで彼氏や彼女と信頼し合える?
    1. 付き合って3ヶ月のカップルの信頼関係
    2. 付き合って半年(6ヶ月)のカップルの信頼関係
    3. 付き合って1年のカップルの信頼関係
  7. 恋愛で彼氏や彼女と信頼関係が築けない人は、愛情表現が苦手な人
    1. 気持ちは見えないから、伝えないと信じられない!カップルは言葉なくして信頼関係を築けない
    2. 信頼し合えるカップルになりたいなら恋人にカップルらしい質問をしてみよう
  8. 恋愛で信頼関係を作っていく時に大事にしたいこと
  9. カップルの信頼関係の作り方が難しい理由は?恋愛中に信頼関係の築き方に自信がない人へ
    1. 好きだから彼氏や彼女と信頼関係が作りにくい
    2. 彼氏や彼女を信頼するには、自分自身も信じること
  10. まとめ

付き合ってない男女の信頼関係とは何か、好きな人と信頼関係を築くには何が大事なのか

まず、付き合ってない男女の場合の「信頼関係」とは何なのか、何が大事になるのかという点を解説する。

付き合ってない男女の場合の信頼関係とは何なのか

信頼関係とは、お互いに信じて頼ることができる関係のことを指し、恋愛の場合は「信じ合える関係」のことを指す。

付き合ってない男女にも当然ながら信頼関係ができることがあるのだが、その条件は以下の3つだ。

  • 人としての信用と信頼
  • 2人の仲の良さと親しさ(親密さ)
  • お互いの好意(恋愛感情だけでなく、友情の意味を含む)への信用

つまり、付き合ってない男女の場合の信頼関係とは、「相手を人として信用・信頼できるか」「2人の仲の良さ・親しさを信じられるか」「(恋愛感情だけでなく友情の意味を含んで)お互いに好き同士が信じ合えるかどうか」で決まる。

通常、チャラい人は信頼関係ができない人だが、チャラい人でも好きな人と信頼関係を築くことができる理由は、恋愛の信頼関係に2人の親密度が勘案されるからであり、好き同士になればそれが人となりを越えて「信用できる」「信頼できる」と思う要素になるから

そういう意味では、上に挙げた3つの内、どれか一つをもって信頼関係を作ることができる場合もある。信用・信頼は100%でなくても「信頼関係がある」と言える関係になることもあるから、加点と減点で評価する中で一定のラインを超えさえできれば、「信頼関係がある」と言える関係になるのにすべての条件を満たす必要はない。(※信頼関係ができたらすべてを満たしていくとも表現できる)

信頼関係は一方的な信用・信頼では構成されないため、双方向的(お互い)に信用・信頼できないといけないから、人間性以上に親しさとお互いの気持ちが強く関係する。

特に恋愛の場合は、付き合う前の好きな人と信頼関係を作るのにその2つがすごく大切になってくる。

箇条書きで挙げた3要素を解説するので、好きな人と信頼関係を作ることで両想いを目指す人は参考にしてみよう。

付き合う前の信頼関係は、人としての信用と信頼が条件

付き合う前の好きな人と信頼関係が作りたいと思ったら、まず「人としての信用と信頼」が得られるように接していくことが大切だ。

相手が好きな人なら、人として信用できないことをしないように注意していると思うが、一つ注意点があるとすれば「恋愛の駆け引き」が信用されない・信頼されない原因になることがあるから注意してほしい。

好きな人に駆け引きする主なデメリットになっている。

特に好きな人と仲良くなる前は「男性として」「女性として」というより、「人として素敵な人だな」と思ってもらえるような振る舞い方が求められるので、好きな人ができたら、最初は「仲良くなりたいな」「親しくしたいな」と思ってもらえるように行動・態度を決定していこう。(※ここは後半で詳しく解説する)

信頼関係を作る土台から失敗すると、いくらアプローチしても距離が縮まらない。

付き合う前の信頼関係は「仲の良さ、親しさ」からも作られる

付き合う前の男女で「信頼関係がある」と言える2人は、仲が良いのが大きな特徴だ。

人が信じて頼ることができるのは仲がいい人なので、恋愛初心者は単純に「好きな人と親しくなっていけば信頼関係もできてくる」と解釈してしまっても良い。

ここでも1点だけ注意点を挙げるとすると、好きな人と仲良くなろうとして一方的に圧力をかけると、好きな人と信頼関係ができない原因となる点だ。

恋愛ではゆっくり信頼関係を築く意識が大切で、そもそも人と人の信頼関係ができあがるまでに時間を要する中、恋愛感情があると変に焦ることで相手が引いてしまうケースが多々あるので気を付けてほしい。

恋愛が苦手な人は、好きな人と距離を縮めるのが苦手だから、2人が歩み寄る形で距離が縮まるように、好きな人の反応を見ながら踏み込むようにしよう。

遠慮ばかりじゃ信頼関係など築けないけど、だからと言ってガツガツ行けば距離が縮まって信頼関係ができるわけではないので、「好きな人のリアクションから自分の態度を決める」という意識が大切だ。

恋愛における「積極的な態度」と「ガツガツしている態度」の違いとは~片思いの時は、好きな人にどんな態度を取るべきか
恋愛は、好きな人に積極的な態度を取る人ほど上手くいっている状況がある。 言い方を変えれば、好きな人ができた時に「何もできない人」の恋愛が上手くいかない傾向があり、好きな人への連絡や話しかける頻度など、積極性の違いが恋愛の成功と失敗を分

付き合ってない男女の信頼関係についても「お互いの好意」が前提にある

人が信じて頼ることができるのは「自分のことが好きな人」だ。ここで言う、自分のことが好きな人とは、友達として(友情の意味)と、異性として(恋愛感情の意味)の両方の意味が含まれており、漠然として好意の意味で使っている。

いくら素敵な人で頼りがいがあっても、自分のことが嫌いな人に頼ることはできないし、自分だけが一方的に信じても相手が信じてくれないと信頼関係ができない。

このことを踏まえると、付き合ってない男女の信頼関係についても「好意を伝える」ことは本当に大事なことで、好きな人に信頼されたいと思ったら、友情の意味でも良いから好意があることを伝えないと、「普通の友達止まり(信頼関係がない男女)」で終わる。

付き合ってない男女の信頼関係ができる時というのは、「両想い」の時があるあるだが、意味は別として「好き同士」なのだと信じ合えてる時にも成立するので、やんわりした好意の伝え方は少しずつでも確実に行っていきたいことの一つだ。

好きな人と信頼関係を築くことができれば、2人の会話は深くなり、お互いに距離が縮まっていく中で新たな魅力を再発見していく。外見ではなく、内面でする恋愛には「好きな人と信頼関係を作ること」がすごく重要なので、あなたも好きな人と信頼関係が作れる人になろう。

カップルの信頼関係とは?(恋愛の信頼関係)

カップルの信頼関係の意味がわかっていて、信頼関係ができてるカップル

恋愛におけるカップルの信頼関係とは、お互いに相手を「好きだ」と思ってる気持ちを信じ合えることが第一条件になっている。

カップルをカップルにしている要件は、彼氏・彼女として付き合うことを約束する「契約」じゃないから、カップルが信頼関係を深めるには、愛情を確かめ合うことがすごく大切だ。

カップルは愛情表現し合う中で信頼関係を作る:恋愛の信頼関係を作りたいなら愛情を伝えることが最も重要

仲良く付き合うカップルは、お互いに想いがあるからこそ、その愛情がいろいろな行動や態度で表現され、好き同士なんだと心底実感する中で信頼関係をより強固なものにする。

信頼関係がないカップルは「いつ別れるかわからない」「もしかしたら振られるんじゃないか」と思いながら付き合ってるから、好き同士を確信している “信頼関係ができてるカップル” との違いは明らかだ。

恋愛の信頼関係とは、好き同士で一緒にいる(交際を続けている)ことを実感し合う中で深まるため、彼氏や彼女ができたら愛情を伝えることが何よりも重要になる。

付き合う前から好意を伝えることが重要だと言ったが、カップルになった後はさらに何倍もそれが大切になるから、「彼氏に信頼されるには?」「彼女に信頼されるには?」と考えるなら、愛情を伝える努力をしよう。

愛情を伝えて、それが返ってくる状態を続けると、カップルに信頼関係ができてくるので、カップルにとって一番大事な「好き同士の実感」を与えられる人は、彼氏や彼女から信じてもらえる人(信頼関係が作れる人)だ。

付き合う前の片思いの段階では、あなたと好きな人の二人が「友達としてでも好きかどうか」が大事になってるだけなので、まだまだ気持ちの上の結びつきが浅い。友達同士の場合は「コミュニケーション量とその深さ」に加え、「裏切らない期間」で信頼関係が強まっていくので、時間をかけないと友情の意味の信頼関係は弱いままだ。

特に男女の場合は特別な好意を伝え合わないと、信頼関係と呼べるほどの関係ができるまで時間を要する。たとえ好き同士だったとしても、付き合ってない男女は友達同士として信頼関係を築く状態となるため、どうしても長い時間をかけないと好きな人と信頼関係が作れない面があるのだ。

男女の場合は好意の種類がはっきりしてないこともあって、信じ合える関係になるのに時間がかかるから、片思い中は信頼関係の弱さを原因に思い切った行動も態度も取ることができず、恋が進むペースが付き合った後にくらべてゆっくりになるという特徴がある。

付き合う前の信頼関係が弱い理由は、「自分だけが好きかもしれない」「嫌われたらどうしよう」と思いながら二人が接するからだ。距離を縮めようとしても探り探りになってしまう。

では、なぜカップルの信頼関係が強いかと言うと、お互いに好きな人同士だと確認し合うことができて、二人で関係が深まることを望むからである。

好きだから大切にするし、大切にされるから想われてることを信じるし、信じるから信じ合える関係ができて、裏切られない確信が持てていくから頼ることができる。それがカップルだ。

付き合う前は信じることができなかった相手の想いを、付き合った後なら信じることができる。もちろん、告白して、もしくは告白されて、付き合うことになっただけじゃ信頼関係は簡単にできなくて、「本当に想われていること」を実感することが条件になる。

彼氏と信頼関係を作りたい、彼女と信頼関係を作りたいと言うなら、あなたが具体的に努力するべきことは、まず愛情表現という事になってくるのである。

両想いでいることが信じられないと、カップルは信頼関係ができない

恋愛感情というものは、様々な不安や心配の気持ちもつれてくる副作用が強い感情だ。

だからこそ、好きな人から想われている実感がないと、不安や心配が大きくなっていつも彼氏や彼女を疑うことになってしまい、心は不安定になってしまう。「嫌われるかもしれない」と思ったら、信じて頼ることなどできるはずもない。

両想いであることを心の底から実感させないと、彼氏や彼女と信頼関係ができないのだ。

カップルの本質は「告白する」ことで「付き合うことを決める」ことではない。カップルをカップルにしている要件は、「両想い」であることだからだ。

つまり、カップルが信頼関係を深めていくのに必要なことは、「お互いの好きという想いを信頼し合うこと」が最も重要なのである。

そして、それは告白だけでは足りず、時間の共有と共に、お互いがお互いの愛情を感じる瞬間を増やしていかない限り、又は裏切られないことを確信していかない限り、育っていかない。

この点は、好きな人と信頼関係を構築していく上でしっかり押さえておいてほしい。

ただし、カップルの信頼関係はただ想い合ってることを確認し合うだけでは大きくは育ってこない。もっと本音で語り合う機会も必要になっている。次はそこを解説しよう。

喧嘩してさらに強い信頼関係を作るカップル

信頼関係を作りたいカップルの手

大きな喧嘩の後、急速に信頼関係を深めるカップルは多い。

これは、喧嘩を乗り越えることで直近の不安や不満を解消する効果も大きいが、それ以上に、本音で深い会話をする中で、お互いの気持ちを語り合う効果が大きい。

彼氏や彼女と信頼関係を作るには「本当の気持ちを語り合う」ことで自分の素で付き合ってることを恋人にわかってもらう必要がある。

カップルが本音で語り合う「喧嘩の仲直り」が、さらに強い信頼関係を作るきっかけになる

大きな喧嘩の仲直りをしようという時には、場合によっては2~3時間の話し合いになったりすることが往々にしてある。

喧嘩の原因を解決して仲直りに要する時間がその半分くらいから3/4くらいだとして、残りはお互いの想いを本音レベルで確認するのに使われる。「もう怒ってない?」とか「ちょっと嫌いになっちゃった?」などの言葉で始まる会話がそれだ。

これが彼女や彼氏と信頼関係を作るのに非常に大きな効果があって、喧嘩後に「喧嘩する前よりもっと仲良くなった」と思うカップルがいる理由になっている。

「雨降って地固まる(※意味:トラブルが発生したけど、それが解決された後にトラブル前よりもかえって良い状態になること)」という諺の通り、カップルの喧嘩がうまく仲直りできると、もっと仲良くなったと思うような体験となり、信頼関係が深まってカップルは絆が強くなる。良い喧嘩ができるカップルは強い信頼関係ができるのだ。

カップルが持つ不安には、「本当はどう思っているんだろう?」「何か不満はないのかな?」「本当は我慢してることがあるんじゃないの?」という気持ちもあって、自分に向けられた愛情以外の不安もあるから、カップルが信頼関係を作るには、喧嘩の仲直りのように、素直に本音を言い合う機会も必要だ。

喧嘩して別れの危機にまで発展したカップルは、今後も仲良く付き合っていく意思をお互いに確認する。なんとなく惰性で付き合うようなカップルよりも、実はよほどカップルが信頼関係を作るための行動が為されるのが、喧嘩の仲直りをする時だ。

彼女や彼氏とケンカした時、ケンカ前よりラブラブになるための仲直り方法
カップルが上手くいくかどうかは、「喧嘩の仕方で決まる」ところがある。 これは「喧嘩の仲直りの方法」も含めての話であり、「喧嘩したあとの対応・接し方」も合わせての話だ。 良い喧嘩の仲直り方法を知っていれば、喧嘩する度に仲良くなるカップ

喧嘩のように、お互いが感情をぶつけあった後なら、素直な言葉が出やすくて、反動的にカップルがラブラブモードへ移行するパターンすら多く存在している。喧嘩もできないカップルと比較したら、言いたいことが分かるだろう。

大きな危機を乗り越えると、二人の想いを改めて確認し合うことができ、カップルの信頼関係が深まる瞬間を迎えることがよくある。

だったら、大きな喧嘩をしてそれを乗り越えれば彼氏や彼女と信頼関係を構築していくのに効果的な手段になり得るのか、と言えばもちろんそうじゃない。

危機を乗り越えるカップルは信頼関係ができるけど、信頼関係を作る条件ではない

カップルは、大きな喧嘩が信頼関係を強くするきっかけにはなるのだが、だからと言って大きな危機がカップルの信頼関係を作る条件ではない。

大きな喧嘩は、文字通りカップル消滅の絶体絶命の危機である。こんな方法でしか彼氏や彼女と信頼関係ができないのであれば、カップルに幸せなどない。信頼関係を作ろうとする行動がギャンブルの要素すら持ってしまう。

喧嘩する度に仲良くなれるカップルは幸せと言えるが、喧嘩しないと信頼関係を深めることができない状態で誰かと付き合うのなら、お互いの消耗だけが待っていて、束の間の幸福さえ遠くなる。

別れの危機?カップルが別れる直前のサインと特徴
うまくいっていないカップルは、「別れる直前のサイン」や「別れる前の特徴」が気になるものだ。 実際、もう少しで別れることになるカップルは、その前に別れそうな雰囲気が漂い、「別れるかもしれない」との不安が現実味を帯びていく。 カップルは

では、どうしたら彼女や彼氏と信頼関係が作れるのか。次からは「恋愛における信頼関係の作り方」を解説する。

喧嘩を乗り超えなくてもこの記事で恋愛における信頼関係の本質を理解すれば、彼女や彼氏と信頼関係を作ることは可能だ。

付き合い始めのカップルの信頼関係の作り方

付き合い始めのカップルが信頼関係を深めていきたいと思うなら、日頃から想いを確認し合う機会を作っていくことが最も大切なことだが、特に付き合いはじめのカップルは、片思いの時のお互いの気持ちを聞くことから始めると、お互いの愛情が確認できて信頼関係が作りやすい。

自分から聞けば相手から聞かれるから、付き合ったばかりでもお互いで本当の気持ちを語り合うことができる。

好きだという気持ちは、その表現方法を問わず、とても恥ずかしい気持ちを語ることになるけれど、時と場合を選んでぜひともカップルがやるべきことだ。

彼氏や彼女と信頼関係を作るために、付き合う前の片思いの時の気持ちを話す効果とは?

お互いの「好き」という気持ちを言葉で確認し合えば、それが実感できるエピソードと共にカップルの信頼関係を深めていける。

思い出を振り返る機会は「記念日」などが一般的なので、1ヶ月記念日や2ヶ月記念日などで、付き合い始めの彼氏や彼女と「あの時はこんな風に思っていた」ということを話してみよう。

たとえば、「○○に行った時のこと覚えてる?私はもうあの時には好きだったな。帰りにお家まで送ってくれたのには感動してたんだよ?逆方向なのに何で送ってくれたの?」みたいに話すイメージだ。

お互いの顔を見ないで話せる電話や通話だったらできるという人もいると思うので、方法を工夫してみよう。

付き合いはじめに付き合う前のことを話すと、現実に付き合えている幸せを二人で実感しながら気持ちを確認し合える

付き合う前と付き合った後を比較しながら会話すると、「本当にカップルになれたんだ」と両想いの状態が納得できて、彼氏や彼女を信頼できるようになる。信頼されたい人は自分から気持ちを語るように動いてみよう。

ここで解説した内容は二人ともに起きる心理効果なので、信頼関係を作る土台が固まってくる。

彼氏や彼女に意識的に愛情表現し合う機会を作るのが、恋愛におけるカップルの信頼関係を作るコツ

記念日などの特別な日以外でも、付き合ってから少し経ったカップルは「今の私(俺)のどこが好きか100個言って!」などと、少しおふざけモードのじゃれ合う雰囲気で気持ちを確かめてみたりするのもアリだ。

その他にも、いつもよりも特別楽しいデートができた時に「今日楽しかった?」と言葉にして聞いてみると、自然に彼氏や彼女と愛情を確かめ合うことができる。

お互いに「恋愛の相手への愛情を話す」のを意識的に行っていくことで、カップルの絶対条件である、「両想い」が確認される。それがひいてはカップルの信頼関係の作り方に活きてくる。

カップルは想い合うことが最も大切なことで、次に大事なことは「お互いが相手の気持ちをわかっている」ことだ。思い込みで「俺(私)の気持ちは分かっているだろう」ではダメなのがポイントである。

きちんと二人で愛情を確認できる瞬間をぜひ大切にしてもらいたい。カップルの気持ちはすれ違うものなので、分かり合うことがすごく重要だ。

【恋愛】信頼関係を築く行動と態度7選

好きな人との信頼関係の築き方に成功した女性、信頼関係を築く行動がとれた

ここでは、恋愛を前提に「好きな人と信頼関係を築くための行動と態度」について7つのポイントを解説する。

人としての信用・信頼に関わる部分だから当たり前のことばかりかもしれないけど、今一度「普段の自分」と比較して、できてないところや、やってしまってるミスがあれば改善しよう。

①なるべく素直な気持ちで接して、隠し事をしない

人は、素直で隠し事をしない人を信頼する。

好きな人と接する時は、なるべく素直な気持ちで接するように意識して、自分を作らないように注意しよう。

最初から自然体で好きな人に接するのは難しいけど、仲良くなっていく中で素を見せるようにしていくと好きな人と信頼関係ができてくるので、時間の経過と共に素直になれると良い。

だんだん距離が縮まって、接し方が変わってくると、好きな人に脈ありサインを出すような効果も見込めるので、恋愛テクニック的にもおすすめだ。

②ありがとうとごめんねを適切に使う

恋愛の基本ではあるが、「ありがとう」と「ごめんね」は、なるべく言葉にするようにして、好きな人と信頼関係を築いていこう。

人は、感謝の気持ちを持つ人を信頼し、自分の非を認めることができる人を信頼する。

「思ってたけど言わなかった」では、あなたの本音を誤解される可能性があるので、言葉にする意識が大切だ。

具体的に行動できるように改善していくと、今までより早く信頼関係ができてくるはずだ。

③大小関係なく「約束を守る」

人は約束を守る人を信頼する。

だが、よくやってしまうのが「小さな約束を破ること」である。

信頼関係は小さいことの積み重ねで構築されるため、どんな内容でも約束を守らない人は信頼関係が築けない。

自分の価値観で「この約束なら破っても問題ないだろう」と思っても、相手の価値観ではそう思わないことも多くあるので、信頼関係を築きたい相手に対しては「裏切らないこと」が前提条件となる。

小さな約束でも、必ず守るようにしよう。もし想定外のことが起きて約束を破ることになったらちゃんと謝ることも重要だ。

④相手の秘密を守る、友達の秘密を話さない

人は秘密を守る人を信頼する。

好きな人の秘密を守ることは信頼関係を作る上で大前提だが、ありがちなミスが「好きな人と仲良くなった後で友達の秘密をしゃべること」だ。

噂話が好きな人や、陰口が多い人は、第三者を介して信頼を失うこともあるので、信頼関係を築くなら秘密を守ることを絶対条件だと思っておこう。

⑤言葉と行動がちぐはぐにならないように注意する

人は言葉と行動が一致している人を信頼する。

たとえば、テスト前に「勉強してない」と言った人が高得点を取って信頼できないと思ったことがある人はきっとたくさんいるだろう。

好きな人や彼氏・彼女にはここまであからさまな嘘はつかないけど、会話を盛り上げるために適当なことを話したり、自分を良く見せようと嘘をつくことは往々にしてあることなので、信頼されたいなら控えるようにするべきだ。

地味でも、言葉と行動が一致する人は、信頼されたい相手から信頼される。特に親しくなった後で重要なことだ。

⑥ビッグマウスは信頼関係を壊す原因!できないことはできないと言い、自分を大きく見せるための嘘をつかない

上のことと似ているが、好きな人に対しては「ビッグマウス」にならないように注意しないと、特に男性が信頼関係を壊す原因になってしまうことがよくある。

できないことをできないと言えるのも能力の一つなので、自分を大きく見せるための嘘は「信頼関係が崩れる原因」だと思って、控えるようにしよう。

好きな人に対しては誠実な人が信頼されるから、どんな理由であれ嘘になるようなことは言うべきではない。

女性に関しては「話を合わせる」という場面で結果的に嘘になってしまうことを言ってしまうタイプがいるため、好きな人との会話では注意してほしい。

⑦うまく行かないことを人のせいにしない、自分の失敗に言い訳を並べない

自分がうまくいかない原因や失敗した原因を他責にする人は、人から信頼されない。失敗した理由を話すことは問題ないけど、「○○のせいにしてる」と思われるような言動はしないようにしよう。

人のせいにする人、自分の失敗に言い訳をあれこれ並べる人は、好きな人から信頼されたいと思ってもそれが原因で信頼してもらえない。

好きな人に対しては、自分を魅力的だと思ってほしいから言い訳したくなる瞬間がたくさん訪れるけど、自分の非を認める方が男女ともに印象が良い。

失敗は成功で挽回するようなイメージを持つと信頼される人になれるから、くよくよするより未来を見るようにしよう。

前向きな人の方が好かれることからも、好きな人との会話では意識しておきたいことだ。

カップルに信頼関係ができる期間:付き合ってからどのくらいで彼氏や彼女と信頼し合える?

カップルが信頼関係を作る期間が過ぎた二人

カップルが信頼関係を作る期間については、信頼関係の作り方がどれだけうまいかと、カップルの相性が関係するが、どんなカップルでも一定の時間がかかるのも事実である。

なぜなら、信頼し合えるカップルになるのに、実際は必要なエピソードもあるからだ。

ただし、交際期間が長くなると信頼関係を深めるきっかけが自然にできる面もあるため、基本的には交際期間が長くなるにつれてカップルの信頼関係は強くなる相関性はある。

カップルの付き合っている期間を3ヶ月・半年・1年で区切って、それぞれ彼氏や彼女との信頼関係の作り方でポイントになるところを解説しよう。

付き合って3ヶ月のカップルの信頼関係

付き合いはじめにあたる付き合ってから1か月や2ヶ月は、彼氏や彼女から好かれている実感が強いほど信頼関係が強い状態になる。

付き合いたてのカップルは、他人行儀に付き合ってると彼氏や彼女と信頼し合う関係ができないので、付き合ってすぐはなるべく心を開くように努力して、心の距離を縮める中で物理的な距離が縮まるような付き合い方をしよう。

付き合い始めは仲良しカップルになれると好き同士の実感が強まり、信頼関係ができる。

彼氏や彼女に好きだと伝えられないのは心の距離が遠いのが原因なので、なるべく素で接するように頑張って、お互いのことをよく知っていくと自然に愛情表現できるようになっていき、カップルに信頼関係ができてくる。

交際3か月までは交際期間が延びる度に「付き合いが続いている」という事実がそのまま恋人への信頼につながるイメージだから、奥手な人はあまり不安にならずに「たくさんコミュニケーションを取る」ことに頑張ってみても良い。

付き合ったばかりで過度な信頼関係を求めると「現状の弱い信頼関係」に落胆してしまうこともあるため、最初はゆっくり信頼関係を作るイメージを持つことも大切だ。

付き合って半年(6ヶ月)のカップルの信頼関係

交際6ヶ月までのカップルは、喧嘩を代表とする何かがあった時の対応で信頼関係が変わるのが特徴だ。

付き合ってから半年経つまでに「話し合える関係」になっていることが強い信頼関係を築くコツで、この時期に彼氏や彼女と本音で話せないと思っていると、信頼関係を作るのに失敗したと言える。

付き合った期間が4ヶ月をすぎて半年経つ頃には、カップルが信頼関係を作るのに必要なイベントは終わっているから、信頼関係がないと思ったらその原因を考えて具体的な対策を打とう。

自分が「信じることができない」「頼ることができない」と思っているなら、相手に求めるのは間違いになるので、根本的な原因と向き合ってみる必要がある。

付き合って1年のカップルの信頼関係

付き合って1年のカップルは信頼関係が出来上がっているのは当たり前の話だが、ポイントは、信頼関係が崩れた・信頼関係が壊れた時の修復方法(信頼関係の再構築方法)が上手くいってるかどうかである。

カップルが1年くらい付き合うと、どうしても信頼関係が崩れるようなこともあるけど、その度に修復できていればむしろ二人の関係にもっと信頼感が増して、結婚まで考えるようになる。

逆に言えば、信頼関係を壊す何かがあった時に、お互いの精神的な消耗が進んでいるカップルは、せっかく長く付き合ったのに別れてしまうのである。

カップルの信頼関係は、交際が長続きした時ほど「修復力」がカギを握っていて、ちょっとした勘違いや誤解も含めて、「信頼関係が崩れそうな時」に二人が向き合って対処できるカップルは、危機を乗り越える度に「絆」のレベルまで信頼関係が強くなっていく。

その意味では、カップルの信頼関係はその修復方法を知ってることも長続きする条件となっている。たとえば、謝っても許してくれない時などがその典型例である。

カップルのそれぞれの時期における状態や雰囲気は下の記事でも詳しく解説しているので、恋愛経験が少ない人は自分たちの交際期間と比較してみよう。

カップルはどのくらい付き合ったら長続き?~各交際期間についてカップルの状態と長続きに対するイメージを解説
好きな人と付き合えているのはとても幸せなことだ。交際期間に関わらず「このまま長続きして、ずっと楽しく一緒に居れたらいいな」と思えるなら、ラブラブに付き合うカップルである。 当然、カップルの目標は「長続きすること」ではないから、どのくら

恋愛で彼氏や彼女と信頼関係が築けない人は、愛情表現が苦手な人

男性の多くは、彼女と信頼関係を作りたいと思っても、自分の気持ちを言葉にするのが苦手だ。恥ずかしい、わかっているだろうって思ってしまう。

女性も心理的には同じで、恋人と信頼関係が築けない人は、言葉で愛情を伝えることができない。

しかし、恋愛しているとき、本当に相手の気持ちを分かってあげられているだろうか?

この質問に少しでも不安があるなら、自分がどんな性格であっても「気持ちを伝えることの重要性」に気づいて、具体的に行動しないといけない。

気持ちは見えないから、伝えないと信じられない!カップルは言葉なくして信頼関係を築けない

彼氏や彼女の好きな食べ物、好きなアーティスト、好きなスポーツ、好きな人…
どれも言葉にしないとそうそう気付けるもんじゃないし、確信できることじゃない。

あなたも本当は、彼氏や彼女のことでわかってないこともたくさんあるはずだ。見えない相手の気持ちとなれば、なおさらである。

これは相手も同じで、あなたが男性なら、愛情表現を含めたあらゆる点でリードしていこうとするのが彼女とうまく付き合っていくコツであり、彼女と信頼関係を作るコツだ。彼氏が自分から色々と自分の気持ちを話してくれると、彼女は彼氏のことを信頼するようになる。

あなたが女性だったら、かわいらしく彼氏に甘えてみると気持ちの確認をリードしてあげることができ、自分から上手く付き合っていくことに作用できる。もし愛情表現が苦手な彼氏と付き合ってる場合は、彼女の努力でカップルの信頼関係を作ろう。

ツンツン彼女の女性がデレデレ彼女になるコツ~ツンデレな自分が嫌なら
彼氏から見たとき、やっぱり「ツンツン彼女」は付き合いにくいと感じる。女性の「ツンとした態度」は男性からすると攻撃的な印象を受けるし、不機嫌な印象も受ける。 彼女がツンデレだったら可愛いなと思うことの方が多いけど、それだって「ツンツンす

信頼し合えるカップルになりたいなら恋人にカップルらしい質問をしてみよう

信頼し合えるカップルになりたい人は、相手の気持ちを知るためにカップルらしい「質問」をしてみよう。

気持ちというものは、相手から言葉にされることですごく安心できる。

どこが好きだとか、こんなところに魅かれたとか、こういうことは、機会が無いとなかなかいきなり言葉にはできないものだ。

でも、前述しているように、カップルは好き同士が実感できる付き合い方をすることがすごく大事だから、信頼関係を深めたいなら気持ちを言葉にし合わないといけない。

そこで重要になるのが、彼氏や彼女に質問することで「気持ちを聞くこと」だ。

カップルはカップルらしい質問をし合うことで愛情を伝え合っていて、甘い雰囲気の中で一緒にいることで恋人の愛情に満たされる。

特に女性心理では「聞かなくても好きだと言ってほしい」と思ってしまうけど、シャイな彼氏や奥手な彼氏と付き合ってると、お互いに「相手から好きだと言ってほしい」と思ってしまってカップルの距離が縮まらないし、相手の気持ちに安心できないから本当の意味の信頼関係ができない。

聞きにくいことでも実際に聞いてみるとまた違うから、愛情表現が苦手な人は、聞くことで聞かれて、確認し合うことで信頼関係を作っていくと良い。

もちろん、カップルが関係を深めていくことにも効果があるので、質問するのにも勇気がいると思うけど、仲良しカップルになるために頑張ってみるだけの価値はある。

彼氏にもっと愛情表現してほしい!なかなか好きって言ってくれない男性に愛情表現させるコツ
大好きな彼氏と付き合っているなら、どんな女性でも「彼氏からの愛情表現」を求めるもの。なかなか好きって言ってくれない彼氏にはヤキモキしてしまうし、不安になるのが女性である。 「どうしたら彼氏は愛情表現してくれるの?」 「彼氏に好きって言

恋愛で信頼関係を作っていく時に大事にしたいこと

信頼関係ができたカップルが楽しく一緒にいる様子

恋愛で信頼関係を作るには、愛情だけでなく、「一緒にいて楽しいこと、このままずっと一緒にいたいと思ってること」を伝えることも大事なことだ。

カップルが信頼関係を作るには、両想いが未来永劫続くことを確信し合うことが重要になってくるので、上の2つのことを言葉で伝えないといけない。

あなたと好きな人は、お互いに好き同士で、お互いに必要とし合っていて、一緒にいて楽しいから一緒にいる。

カップルは、楽しいと思える時間を共有できるから長く付き合うことができて、悲しみよりも幸せが大きいからずっと二人でいるのである。

それらを支えているものは「二人の想い」だが、恋愛も人間関係の一部だから、好き同士であることと同じくらい、一緒にいたいと思い合える関係であることに確信し合わないといけない。

付き合うカップルは様々な要素で「両想い」を確認することで安心でき、安心できる関係を築けたから信頼関係を深めていける。マンネリになる要因は「過度な安心感」なのだけど、心配になる人は下の記事を読んでおけば大丈夫だ。

倦怠期を乗り越えるには?7つの原因とその解決の方法~彼氏や彼女と倦怠期になったカップルはどう対処すれば良いか
カップルの交際は気を付けていても波ができてしまうので、良い雰囲気を維持し続けることができず、タイミングの問題でカップルは倦怠期を迎えることになる。 長く付き合ったカップルは、「倦怠期を乗り越えるにはどうすればいい?」と考える瞬間が必ず

まだ付き合いはじめなら、お互いに信頼し合える関係を作るために、たくさんの愛情表現をし、恋人からもしてもらって、幸せに一緒にいてほしい。そうしていけば、気づいたときに強い信頼関係ができてきているはずなので頑張ってみよう。

カップルの信頼関係の作り方が難しい理由は?恋愛中に信頼関係の築き方に自信がない人へ

最後に、「カップルの信頼関係の作り方が難しい理由」について解説する。恋愛中に信頼関係の築き方に自信がない人は参考にしてみてほしい。

ここは恋愛の難しさに直結する部分なのだけど、カップルがなかなか付き合いを軌道に乗せられないのは、好きな人に自分の素を表現する恥ずかしさや、気持ちを語る恥ずかしさがあるから。

加えて、「自分をよく見せたい」「もっと好きになってほしい」「嫌われたくない」と、特別な感情を強く持つ相手だからである。

好きだから彼氏や彼女と信頼関係が作りにくい

友達との信頼関係の作り方をイメージすると、要件となるのは主に下の4つが該当する。

  • お互いに深く知り合うこと
  • お互いの重要性を確認し合うこと(興味・関心)
  • 二人で長い時間を共にすること(一緒にいるより、関係を続ける方のイメージ)
  • お互いに信じたい気持ちが共有できていることを確認すること

普段の友達付き合いなら、フィーリングが合うことを前提に上記4つを満たすことは比較的簡単だ。お互いに仲良くしたいと思いながら一緒にいる時間が多くできれば、時間の問題でゆっくり信頼関係ができていく。

恋愛の場合とは違い、友達付き合いなら特別な感情がないため、自然に自分の素が出てくるからだ。

しかし、恋愛の場合は自分を取り繕うし、「好きだ」という気持ちさえ隠したくなる。相手が重要すぎてなかなか自然体でいられないから構えてしまい、本音を隠すから信頼関係が作りにくい。

信頼関係を作るのに重要な要素を、恋愛中はむしろ排除しようとする心の動きが起こるのである。

これは恋愛経験がない人や浅い人ほど顕著に出て、好きな人と付き合った経験が多いほど無難にこなす傾向がある。恋愛経験が少ないなら、信頼関係の築き方に自信がないのも仕方ないことなのだ。

好きな人に自分を理解してもらうのが苦手な人も多いと思うけど、好きな人と一緒にいることに「慣れていく」という工程はやっぱり大切である。恋愛経験が少ない人は、まずカップルで楽しい時間をたくさん共有して、焦らないで信頼関係を築いていく意識も持つようにしよう。

まだ付き合った経験が少ないなら、彼氏や彼女を信頼できるようになるのに、時間がかかる面が否定できない。

3ヶ月以内に別れるカップルの法則~すぐに別れるカップルの特徴って何?
せっかく付き合うことになっても、短期間で別れてるカップルは意外と多くて、交際3か月という期間はカップルにとって1つの壁になっている。 特に初彼女や初彼氏とは3ヶ月以内に別れる確率が高く、最初の1ヶ月から2ヶ月でうまくいかないと、想像以

彼氏や彼女を信頼するには、自分自身も信じること

恋愛感情の複雑性は、色々なところで一つの恋愛をうまくいかせない方向へ力強く作用してしまうのだが、普段抱かない特別な感情との付き合い方は誰だって難しい

そういう意味では、恋愛経験が多い人は、あなたよりも多くこの問題と向き合った結果、自分なりの答えを出してきたと見ることもできる。失敗から学んだ面もあるだろう。

恋愛経験が少ないと、恋愛力の点で自分自身への信頼もなくなるけど、今取り上げている「カップルは信頼関係の作り方が難しい」ということをしっかり自覚したら、その前提に立って自分ができることに頑張ろう。

努力しないと勝ち取れないのが「カップルの信頼関係」だ。

両想いであることを信じ、二人が同じ方向を向いていることを信じ、相手だけなく自分も信じる。

恋愛に慣れている人や付き合う経験の多い人も、本当に好きな人と付き合うことになれば誰でも複雑な気持ちを持て余すのだから、不器用でも一生懸命に恋人とコミュニケーションを取ることが大切になる。

最初からラブラブカップルになるのは本当に一部だから、“これから” ラブラブなカップルになれるように、二人で信頼関係を作っていこう。

自分だけが「彼氏・彼女となかなか信頼関係ができない」と思ってるとつらいから、最後に恋愛アドバイスをまとめた。付き合い始めの初々しさは恋愛の醍醐味でもあるので、ぜひゆっくりとでも確実に、好きな人と良い関係を作ってほしい。

恋愛に自信がない人は、下の記事も参考にしてみよう。

まとめ

今回は「恋愛の信頼関係の築き方」を解説した。

カップルが信頼関係を作る方法、付き合う前の好きな人と信頼関係を築く方法が、少しでも具体的になっただろうか。

カップルがカップルでいる要件は「両想い」でいることだ。

自分の気持ちは自分が一番わかるから、つい相手にも伝わっているだろうと思いがちなのだが、しっかり表現できていないなら恋人は不安になってしまっているかもしれない。

恋人とずっと信頼し合える関係でいられるように、ちゃんと気持ちを伝えながら付き合っていこう。

長続きするカップルの秘訣10選~長く付き合うにはどんな付き合い方をしたらいいの?
もしあなたが大好きな人と付き合うことになったら、あなたの精一杯で恋人を大切にしてあげてほしい。 彼氏や彼女と長く付き合うには、恋人に持つ愛情の強さだけでは無理で、お互いの正しい努力が求められる。 長続きするカップルになるには「好き同

下の関連記事も参考にしてもらいたい。

付き合いはじめケンカ私の恋愛観
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました