情で付き合う男性心理とは~情だけで付き合うってどんな意味?愛情はないの?

情で付き合うカップルのイメージ

「情で付き合う」というと、惰性で付き合っているだけのように思えて、恋愛的な意味で考えると寂しさを感じる言葉だ。

カップルも人間関係の一つだから、付き合いが長くなることで情が沸くのは事実で、男性心理では彼女に情が移ることがある。

そんな時に、「本当に好きで付き合っているのかな」って思うと、「愛情」と「友情」が曖昧に感じるようになり、さらにその状態で交際が続くと「情だけで付き合っているんじゃないか」と自分や恋人を疑うようになる。

長続きしたカップルはどうしてもドキドキやキュンとする機会が減ってしまうから、「倦怠期」や「惰性で付き合う」といった悪い想像もすることがあるのだけど、もしあなたが「情だけで付き合っている」と感じる恋人を持ったなら、相手の心理は深く知りたいと思うはずだ。

そこで今回は、彼氏の気持ちが気になる女性のために「情で付き合う男性心理」を徹底解説したい。

情で付き合うとは、どんな意味なんだろう。
相手の気持ちが分からない人は、参考にしてみてほしい。

この記事のラストでは、情で付き合ってると言われた女性や、情しかないと言われた女性へ、対処法を解説している。

情で付き合うとはどんな意味?

まず「情で付き合う」とはどんな状態なのか、その言葉の意味から説明していく。

情で付き合うカップルとは、長続きしたカップルであることを条件にしている。愛情から情に変わる、彼女に情が沸くまでに時間がかかるからだ。

最初から情で付き合う男性は非常に少数派で、付き合ってる期間が長くなる中で恋愛感情から情が移るパターンや、お互いに気を遣わない関係になることで恋愛特有の緊張感がなくなって情だけの関係になっていくパターンが多い。

一部「友達期間が長かったカップル」にも情の問題が絡むが、一般的な意味では “長続きカップルが、愛情がなくなったのに情が沸くことで別れずに付き合い続けること” を「情で付き合う」という。

「腐れ縁」「惰性で付き合う」「情けで付き合う」なども、情で付き合うカップルによく使われる言葉である。

情で付き合う状態になると惰性で付き合うような感覚になる

愛情を前提とするのが男女のお付き合いだけど、長く付き合うことで相手の何もかもを知っていくと、良い意味ではとても落ち着ける相手になる一方で、悪い意味ではドキドキやときめきを失っていく。

情が沸くと「恋愛」よりはもう少し「家族」みたいに感じたりして、異性として強烈に意識する時期は過ぎて愛情と情があやふやに感じるのが、情で付き合ってることを心配する状態のカップルだ。

情で付き合う状態になると、自分の中と相手からの両面で強い愛情を感じなくなるので、惰性で付き合うような感覚になる。

本当は愛情があるから付き合っていたはずなのに、情がわくと愛情と情の違いがよくわからなくなって、「このまま付き合ってていいのか」という問題を考え始める。

恋愛における「情」と「愛情」の違いを考えてみる~好きなのか、情なのか
過去記事で「情で付き合うこと」をテーマにしたことがあった。 ⇒情で付き合う男性心理とは~情だけで付き合うってどんな意味?愛情はないの? 恋愛感情が具体的に説明しにくい言葉であるように、「好きかわからない」とか「好きじゃなくて情な

情で付き合うカップルは最低1年以上続いたカップル。付き合って2年、3年、4年と交差期間が長くなるにつれて情で付き合う彼氏は増える

情で付き合うとは、交際期間で考えると最低でも1年以上付き合ってるカップルなのが特徴で、付き合って半年などでは情で付き合う選択より「冷めたから別れる選択肢」を選びがちだ。

付き合って短いと、冷めたから別れるとストレートな選択がしやすい。

人として情が沸くと一方的に別れたいと告げることに抵抗感が増すから、長続きカップルの一部では情だけで付き合ってるカップルがいる。

情で付き合ってる男性は「情があって別れられない」「情があるから惰性で付き合う」という深層心理を持ってることが多いので、付き合って2年3年4年と交際期間が長くなるにつれて情で付き合ってる彼氏の割合は増えていくことになる。

交際期間が長くなると情で付き合ってる男性の割合が増えるのは、彼女に情が沸くまで交際が続いたからであり、付き合い始めのドキドキがなくなって愛情は冷めるのに情はむしろ強くなるから。

落ち着いた交際に満足する男性は愛情と情のバランスを失うことはないけど、恋愛に非日常感や特別な空気感を求める男性は、彼女に情が沸くことを愛情が冷めたからだと思いやすい面もある。

付き合って3年を超えて4年5年となると、彼女に対するイメージや男性心理は個別に大きく違っている。カップルは続いたからと言って順調だと言えないところに難しさがあり、「プロポーズしてくれない彼氏」などは心に闇(=情だけ、惰性)を抱えていることがある。

カップルはどのくらい付き合ったら長続き?~各交際期間についてカップルの状態と長続きに対するイメージを解説
好きな人と付き合えているのはとても幸せなことだ。 「このまま長続きして、ずっと楽しく一緒に居れたらいいな」 そう思えるなら、ラブラブに付き合うカップルである。 当然、カップルの目標は「長続きすること」ではないから、どのくら

恋愛で言うところの「惰性で付き合うとは?」

情で付き合ってる彼氏は惰性で付き合ってる状態に近いわけだが、恋愛で言うところの「惰性で付き合う意味」とは、別れ話をしない、別れ話を切り出さないで冷めた後もそのまま成り行きで付き合い続けることを言う。

  • カップルになっていると既に交際している状態であるため、別れ話をしなかったらそのまま付き合い続けることになり、冷めたのに成り行きに任せるところが「惰性」と表現される
  • 本当は冷めていてもどちらかが別れ話をしない限りカップルは付き合い続けるから惰性の交際が恋愛にはあり得る

彼女と別れるのにもパワーがいるので、別れたいと強く思わない「情で付き合う男性」はそのまま成り行きで交際して惰性の付き合いを継続する。

好きだと言う気持ちがちょっとでも残っていれば惰性の交際にも意味が見いだせるけど、情だけ・情のみで付き合ってる男性は「別れるがめんどくさい」と思ってるタイプもいるため、レベルには非常に大きな差がある。

愛情が情に変わることはあるが、情から愛情に変わりにくいところに大きな問題点がある

結婚を意識した二人なら、人と人としての結びつきを深める「情がある」という状態が末永く続く未来に確信が持てる要素にもなりうるのだが、悪い意味で「愛情から情に変わった」という変化だった場合は、度々自分の中で問題となる。

最悪、付き合う恋人から「情だけで付き合っている」と感じた場合は、なくなってしまったかもしれない愛情がとても寂しく感じて、付き合ってる意味がないと感じることもある。

確かに「情だけで付き合うこと」は恋愛関係の終焉を意味していて、お互いでそうであればまた別の形を継続することも可能なのだけど、そうではないならカップルとしての「終わり」が近い状態だ。

要するに、情で付き合う状態になったということは、愛情が冷めて親友や家族に近い存在になったということであり、愛情を前提とするカップルの状態にはふさわしくない。

恋愛関係も人付き合いの一種であると言っても「想いの種類」が大事になる恋愛においては、良くない状況になっている。

情で付き合うことがカップルの終わりを意味すると言ったのは、基本的に「愛情からただの情」へ気持ちの変化があった場合は、その後に「ただの情から愛情」への再変換が起きにくいからである。

  • 愛情から情に変わる=1年から2年以上長く付き合うとよくある
  • 情から愛情に変わる=付き合う前ではよくあるが、付き合った後だと「愛」がなくなった状態であるため、再び愛される、愛するのが難しい

情と愛情はカップルの中で行ったり来たりするものではなく、恋心が失われて「情が残る」という状態だ。

恋愛関係の修復には、それなりの時間を使って距離を置くとか、お互いの必要性から自分の気持ちにアプローチするなどして愛情を取り戻すことが不可能ではないけど、愛情から情だけになった時はいわゆる「恋が冷めた状態」になっているため、もう一度元に戻っていくことが少ない。

では、愛情が冷めて情だけになったのになぜ交際を継続させようとするのか、男性心理に注目しながら説明していこう。

(※情が沸いたら恋愛が終わったと言う意味ではなく、情”だけ”になったら恋愛の終わりという意味、恋愛的な愛情がなくなったのが大きい)

情で付き合う男性心理:なぜ冷めたのに惰性で付き合うのか

情で付き合う男性心理が気になる女性

情で付き合う気持ちが理解できない人に向けて、その男性心理を解説する。

どんな理由で「情だけで付き合う」という選択がされるのか、男性の心理に注目しながらいくつかポイントをあげて解説するので、少しでも「なぜ冷めたのに惰性で付き合うのか」理解してみよう。

情で付き合う男性は恋愛感情の有無が自分でもよく分からない心理になる

情で付き合うと言っても、完全に愛情を失った男性(もう好きじゃなくなったと確信した男性)は、情で付き合うという方法を取らずに別れることを選択することが多い。

情がある彼女には好きか好きじゃなくなったのか、情があるだけに迷いの感情が強くなって自分でも恋愛感情の有無がよく分からないという心理になるのだ。

彼氏の気持ちとしては以下のような想いを持つ。「好きじゃないけど情がある」という状態は惰性で付き合ってる意味合いが大きい。

「恋愛時特有のドキドキみたいなものはないけど、嫌いになったわけじゃないし、意味は別にして彼女のことは好き。何となく一緒にいる感じが心地良かったりもするので、今すぐに別れを選ぶ必要もない」
「でも、恋人として強い愛情を持っているかと聞かれたら答えはNOで、特に以前と比較すると感情の変化が起きていて、差が歴然としているのは感じる」

男性は恋愛に関しても「理屈」を持ち込むが、長く続いた彼女に対する気持ちには「愛情と情のどちらも含まれている」から、情と愛情の違いが自分でもはっきりしない問題になっていて、決め手に欠けるからは別れる選択をしないで惰性で付き合う。

情で付き合う男性心理は愛情か情かはっきりしないからそのまま「情かもしれない付き合いを続ける」というのが最も多いパターンだ。

愛情の有無が問題になっても、嫌いじゃないなら別れを選ぶ決定打にかける状態だから、「情で付き合う」ということが起きる。彼女に情が芽生えると、愛情との違いが本人も不確かになる面がある。

彼女のことが好きかわからなくなったら確認する7つのこと~彼女が好きかわからない時の対処法
付き合ってから時間が経つと、カップルは落ち着いてくる時期を迎える。これには良い意味もある一方で悪い意味もあり、「彼女のことが好きかわからなくなった」という状況に陥る場合も少なくない。 ふとした瞬間だったり、彼女とケンカした時な

彼女を傷つけたくない気持ちと、逃げの気持ちで情で付き合う男性心理

彼氏のみが「情だけになってしまった」場合、長く付き合った彼女だからこそ「傷つけたくない」という気持ちが別れを決断しにくくさせるところがある。

特に、深い愛情で彼氏を想う彼女を持ったのなら、男性がやさしさの意味を間違いやすい。彼氏が優男タイプである場合、情で付き合っている可能性が高まるのは、この「優しさの意味」が惰性で付き合う言い訳に使われることもあるためだ。

本来、情だけで付き合う関係は、恐らく多くの人が否定派である。愛情がなくなったなら別れるべきだし、相手にも失礼で、時間の無駄と考える人も多いだろう。むなしい、意味がないと思う人もいる。

この常識的な感覚は情で付き合う彼氏の方も認識していることから、彼女を傷つけたくないという心理で情で付き合う男性は、自分が傷つきたくないという心理が強いと言い換えることができる。

結局彼女を振ることで自分が傷つくことを避けているのが、この心理で彼女と付き合い続ける男性だ。優しい彼氏は実は精神的に弱いところがある。

情で付き合う男性は決断力のない男性に多いのが特徴だ。逃げの気持ちから、惰性で付き合う判断が多くなっている。

彼女と情で付き合うのは、特にいい人もいないから

情で付き合っているカップルが別れる時の原因は、浮気を含めた「新しい恋」になりやすい。

情で付き合ってる彼氏は彼女のために他の女子との交際を自制する気持ちが弱い状態だし、自分の気持ちがはっきりしない状態でもあるため、むしろ異性との絡みに積極的になる人を多く見かける。

これを逆に考えれば、「いい人がいないから」という理由で情だけの付き合いを続ける男性がいるということ。

別れても次の恋人ができるわけでもないなら、情とは言え一緒にいて楽な相手(=情が沸いた彼女)と付き合いを続けるのに、現実的なリスクが感じられない。

カップルはいざこざが起きることもしばしばなのだが、長い付き合いであれば信頼関係もそれなりに強くなり、強い愛情がないなら心を動かされる機会もそうないから、あらゆる意味で楽な交際ができる。

「いい人ができるまで」と言ってしまったら本当に寂しい関係にしか思えないけど、男性心理の中では「情で付き合うこと」と「惰性」という付き合い方は、密接に関係している。

彼女の必要性の問題から情で付き合ってる男性心理

ここまでを読むと、「情で付き合う」とは、「嫌いじゃないけど好きでもない状態」のことであり、それまでの築き上げてきた関係が少しずつ変わって、「男女」よりも「人と人」の関係になってきていることが多いことに気付くと思う。

誰でも同性異性問わず情をもって接するわけだから、カップルが燃え上がる時期を超えて来た頃には、「情が湧く」のがむしろ当然であり、これは避けることができないことだ。

つまり、情で付き合ってる彼氏は「彼女から愛情がなくなった」のが本当の問題で、なくなってしまった愛情を補完し得るものが「情」だということだ。

この「情」が妥協の気持ちだとすれば、「彼女がいなくなったら困る」という理由も、ネガティブながら愛情が薄まった時に付き合いを継続する理由となる。

彼女の必要性が高くなる(=いなくなったら困る)のも、長く付き合った時の特徴だ。たとえば、同棲していたりすれば別れることで生活が大きく変わってしまうし、何でも話せる相手としての存在感だったり、自分を理解している彼女だから支えとなる人になっている場合も多い。

愛情とマッチングしていなくても、これらは成立しうる関係なのである。

必要性が高い人と付き合うと言うととても利己的な人のように思うが、それを肯定する要素の一つに「情」があるとも考えられるだろう。

情の気持ちは「彼女を利用しているわけではない」という気持ちを支える面があって、結局相互に補完する関係が出来上がる。

情で付き合う彼氏と彼女は、悪い雰囲気ばかりではないので、意外と関係性の上では穏やかな癒しがあるカップルになっているケースも目立つ。

恋愛の優先順位が低いから情で付き合う男性心理

情で付き合う関係は上手く行っていると穏やかな癒しのあるカップルになると説明したが、この状態に満足するのは「恋愛の優先順位が低い男性」に多い。

今更ほかの彼女を作るのが面倒に感じると、情が沸いた「好きでも嫌いでもない彼女」と付き合いを続ける。

強い愛情を持っていないから大きな喧嘩や揉めごとにすごく弱いのだけど、意外と癒しを感じる関係を拡大解釈して結婚まで考えるパターンもここに含まれているので、情だけで付き合ってるのかも…と思う女性は、「自分と彼氏の恋愛観の違い」を一度考えておくべきだろう。

モテない男性や、仕事や趣味に興味が強い男性は、愛情の有無よりも「情を持ち合う関係」に幸福感を覚えるタイプがいるから、イメージで言えば夫婦になって10年目くらいの雰囲気に満足することがある。

特に、彼女からの愛情に自信を持っている場合は、自分から彼女に向ける愛情とは別問題で情の付き合いに幸せを感じている。情で付き合う男性心理には幸福感を持っていることもあるのだ。

腐れ縁になってしまったカップルは、たとえまだ好きだったとしても、別れるべきカップルもいる。彼女側が満足できない交際になった時は、しっかりとした話し合いが必要になっているだろう。

情で付き合う男性心理はまだ愛情たっぷりで付き合う彼女から見ると、すごく寂しい気持ちになっていることがある。

実際、大切にされないことに悩むことがあるなら、彼氏は情だけで付き合ってるから最低限のことしかしないのだと思われる。

他に女性が現れないと、情で付き合っていることに気付かない男性もいる

今「恋愛観の違い」について少し説明したが、ここはもう一つパターンがあって、「情で付き合っているのに、それに気づかない男性がいる」という点に、女性は注意が必要だ。

彼女と長続きした時の男性心理は恋愛よりその他のことに強く意識が向くので、彼女に対する自分の気持ちを省みないところがある。

良い意味で言えば「唯一無二のパートナー」と言う意識だが、悪く言えば「長く付き合うほどどうでもよくなっていく」という心理を持っているのが男性だ。

この場合は、彼女に意識が乏しく、他に素敵な女性が現れないと、自分自身の気持ちに注目しない。結婚まで考えていて、他の女性に全く興味がなくなれば表面上の関係が上手く行くのだが、ある日素敵な出会いがあると一気に彼女の存在を否定し始めるので、「情で付き合っているかもしれない」と心配していた時に「急に彼氏の態度が変わった」と感じた時は、要注意である。

情で付き合う男性心理は、人と人として強固な関係性を彼女と作るが、新しい恋には非常に弱い。彼氏彼女として交際している以上は、他の人と付き合いたいと思った時は簡単に捨てられる面もあるのだ。

実は、過去にこのパターンで恋愛相談されたことが結構ある。「好きで付き合っていたと思っていたけど、他に好きな女性ができて情だと気づいた」というパターンは、恋愛を二の次にする男性心理特有の問題かもしれない。

彼氏が情だけで付き合っているかもしれないと思った時は、早い段階で対処しないと他に好きな人ができた後ではどうしようもなくなる。

情で付き合ってる彼氏と結婚するとどうなるのか

情で付き合ってる彼氏と結婚するとどうなるのか考える女子

情で付き合うカップルは長続きしてるのが条件であるため、実はそのまま結婚するカップルもいる。

では、情で付き合ってる彼氏と結婚するとどうなってしまうのかという点だが、意外にも結婚後は良好な関係性を作れることが多い

結婚すると結局その男性が良い男なのか、それとも良くない男なのか、人間の本質の方に大きく影響を受ける。

なぜ情で結婚してもうまく行くことが多いのか

なぜ情で結婚してもうまくいくことが多いのかというと、結婚観がそれぞれの男性ごとに違っているからだ。

情が沸いた彼女と本気で結婚したいと思う男性もいるし、ちゃんと考えて結婚した男性は彼女と良い夫婦になろうと努力するから、愛情の強さに代替するものと結婚への覚悟があれば、良い関係を作れる男性が決して少なくない。

私の周りにも「4年付き合って彼女が結婚したがってるから情があるし、結婚した」という男性がいるけど、何年たっても穏やかな結婚生活を送っている。逆に、大好きで結婚した彼女とすぐに離婚した男性の方が多いくらいだ。

もちろん、一生好きでいることを重視する男性もいて、結婚相手の条件に愛情の強さを挙げる男性は多いけど、「安心できる」「信頼関係がある」「彼女をパートナーとして必要としている」などなど、情で付き合う彼女が結婚相手として見た時に魅力的だと思う結婚観を持った男性もいる。

ここら辺は男性の年齢にも大きく影響を受け、結婚を決断するエピソードの有無も関係する。

しかし、情で付き合ってる彼女と結婚したいと思う男性は少ない

ただし、情で付き合ってる状態になると多くのカップルは結婚しないまま惰性の付き合いを続けていくことが多い。

理由は、結婚したいと強く思う機会やきっかけがないからだ。

特に男性の場合は彼女に養ってほしいとか、結婚を機に良い生活がしたいと思うタイプが少ないので、結婚の意思は彼女への愛情に大きく依存する。

情で付き合ってる彼女には強く結婚したいと思わない点で結婚する確率自体は低い傾向にある。

情が沸いた彼女と本気で結婚したいと思ったらうまくいくけど、そもそも情で付き合ってる彼女と一生ものの結婚を前向きに考える男性は少ないので、情で付き合う男性に対しては女性がよく結婚してくれないことで悩むことになる。

【対処法】情だけで付き合う男性心理に心当たりがあったら…

前述しているように、もしあなたの彼氏が情だけで付き合っていると感じた場合は、きちんと話し合いを持つようにしよう。

男性の場合は、情だけになった場合に自然に再び愛情を持つことがほとんどないので、そのまま惰性で付き合う限り、時間の問題やきっかけ次第で別れることになる。

愛情と情の間で揺れ動いている内は気持ちが戻ってくることもあるのだけど、情だけと確信した場合は時間の経過に身を任せるべきじゃない

まだできることがあるし、腐れ縁で付き合っているカップルは失うものしかない。惰性で付き合ってる状態は放置するべきではないのだ。

安心しきっている彼氏や、彼女が自分から離れて行かないと確信している彼氏は気持ちの上で彼女に甘える。それが愛情を奪っている面もあるので、「こんな付き合い方じゃ別れるべきだ」との主張が、彼氏の気持ちを動かす可能性を持っている。

「本当に情だけで付き合っているのかどうか」という判断は慎重にするべきで、決断するのに時間をかけても良いが、愛情がなくなった彼氏は放置するほど彼女から気持ちが離れていく。他に好意を持つ女性が現れないとも限らないし、動ける内に動くことは本当に大事なことだ。

まだ話し合いができる状態だったり、「別れたい」と話すことで彼氏の気持ちが揺れ動く可能性があるなら、思い切った行動が「未来の可能性を探るコツ」になってくる。

女性は愛されたいという価値観が高いし、情だけで付き合う “幸せじゃない付き合い方” を続けるべきでもない。

長続きしたカップルならお互いに信頼感もあると思うので、「このままじゃ別れる」と確信した時こそ、二人で問題と向き合い、後悔しない道を自分から選ぼう。もしかしたら、彼氏から安心できる言葉を聞けるかもしれない。

※情と愛情が曖昧に感じる時は倦怠期が疑われるので、下の記事を参考にしよう。

まとめ

今回は「情で付き合う男性心理」をまとめた。
情だけで付き合う意味が分からない人にも、相手の気持ちを知る上で参考にしてみてほしい。

人の感情は移ろいやすいし、気分や環境にも左右されるものであるから、自分の考えていることさえも見失うことがある。

情で付き合っているのか、好きだから付き合っているのかが曖昧になってしまうのは、愛情と友情に明確な違いがないからだろう。いずれにしても、長く一緒にいれば「慣れ」がカップルへ大きな影響力を持つようになる。

情だけで付き合うと言えば誰がきいても悪いことだとイメージする。しかし、恋愛につきもののドキドキを失ってからの期間が長くなると、色々な問題と向き合う際に「情で付き合っているのかもしれない」と思うことが、案外誰にでもあるものだ。

時期と共に変わってくるカップルのカタチとして、こんな気持ちになる人がいることを理解しておこう。

【恋愛の香り対策】片思いもマンネリも、男性をその気にさせる秘密は「恋に効く香水」にあった!
あなたは「恋愛の香り対策」をどのように行っているだろう? 片思いに効果がある香り、恋に効く香水という視点から、「好きな人が可愛いと思う自分の匂い」を考えたことがあるだろうか? 恋愛は本能も絡むものだから、人は五感を使って

下の記事も合わせて読んでみてほしい。

関連記事:

男性の心理と特徴倦怠期
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました