運命のパートナー9つの特徴!運命の人に出会った時のサインとは?

運命のパートナーをイメージした「赤い糸」の画像。

「運命のパートナーってどんな人なんだろう?」
「もし運命の人と出会ったらどんなサインが出るの?」

女性から恋愛相談を受けると「運命のパートナー」の話がよく話題に上る。女性の恋愛は「幸せになりたい」という願望が強いため、自分の運命の人との出会いを切望している状況があるのだ。

しかし、運命のパートナーとは多くの恋愛経験を積む中でやっと出会える存在。ソウルメイトと言われるような人に出会うのは簡単なことではない。

でも、もし運命のパートナーに出会ったら「運命の人と出会ったことに気づく方法」が必要になる。ビビビっと感じる出会いに、あなたのアンテナがきちんと反応するのかは未知数である。

そこで今回は、運命のパートナーと出会ったことに気づくために、「運命のパートナー9つの特徴」を解説する。

運命の人と出会ったサインを解説していくので、一生一緒にいるような「結婚を意識したお付き合いがしたい人」は、ぜひ参考にしてみてほしい。

運命のパートナーに出会ったとしても、気づけないなら結ばれることはありません。運命の人と出会ったサインを知って、結ばれるべき相手を見極めることができる人になりましょう。

運命のパートナーって本当にいるの?

「運命のパートナーに憧れるけど、私にも運命の人っているのかな?」

自分に運命の人がいるのか信じられない、信じ切ることができないという人から恋愛相談されることも多いのだが、恋愛経験が少ない人は「運命のパートナーに気づけない」のが普通だと思う。

実際にあなたにも運命のパートナーはいるのだけど、恋愛経験がないなら「運命の人がどんな人か」「運命の人と他の人の違いは何か」が分かるはずもない。

この記事を読むことであなたの「運命のパートナーの見抜き方」が少しでも精度が増すなら、これから出会う運命の人を見つけることができるかもしれない。

恋愛で幸せになるには「誰をすきになるのか」という部分がどうしても大きな影響力を持つから、運命のパートナーに気づける人になろう。

あなたにも運命の人は実在しますが、気づけるか気づけないかはこれまでの恋愛経験も影響しますので、自信がない人はこの記事を熟読してみてくださいね。

運命のパートナーの特徴

運命のパートナーと出会いたい女性が、運命の人の特徴を考えている様子。

それでは、さっそく運命のパートナーの特徴を解説する。運命の人かもしれないと思った場合や、どんな人が運命のパートナーか知りたい人は、じっくり読んでみよう。

はじめて会った際の「パッと見た時の印象」が消えない

運命のパートナーと出会った時は、「この人と付き合うかも」とまで感じないまでも、パッと見の印象がいつまでも消えないのが特徴だ。

その際は、「かっこいい」とか「可愛い」という好印象だから印象に残るのではなく、「違和感に近い」のが特徴であるため、「第一印象が良い」という意味ではない点に注意してほしい。

特に外見で惹かれる人ではないのに、なぜか最初から気になる人になるのが運命の人である。1回会っただけで好きになる人もいるし、会話してないのに強い印象が残る。

もしあなたがこんな体験をした際は、運命のパートナーかもしれないと疑ってみても良いだろう。その特別な経験には意味がある場合が少なくない。

運命の人は出会った時の印象が本当に強く残るのが特徴です。「なんでだろう?」と思うくらい気になる人ができたら、運命を確かめてみましょうね。

不思議と何度も出会う

運命のパートナーは、出会った瞬間に分かるパターンよりも、ご縁を感じるような経験から分かることも多い。その代表的な例が「何度も出会う」という不思議な経験

運命のパートナーは何度も出会うことが多く、不思議な縁を感じる。これは、お互いが「また会いたいと思っているから」という理由で偶然ではなく必然になっている場合と、完全な偶然の両方があるが、その両方ともが運命のパートナーであることを裏付けるサインになる。

「1年ぶりに会う」など、再会するまでの期間が空く場合もあるので、「何度も会う」という期間には幅があるのも特徴だ。ただし、運命の人にあるあるなのは「短い期間で何度も会う」という方なので、あまりメルヘンチックに考えすぎるのも勘違いのもとである点には注意しよう。

運命のパートナーとは何度も出会うのが特徴です。最初の印象が弱かったとしても、ご縁を感じるような体験が連続するのが運命の人ですよ。

すぐに仲良くなれる

運命のパートナーはあなたと波長の合う人なので、すぐに仲良くなれるのが特徴だ。人見知りする人も、運命の人であれば不思議と共感ポイントがすぐに見つかり、意気投合するような会話ができる。

普通、出会いから意識してしまうような人との会話では緊張してしまうものだが、それでも運命のパートナーは時間を忘れるような会話ができる。「自分と合う人」だから、「わかる!」と言いたくなるような話題が多く、「私も!(俺も!)」とつい言ってしまうような共感ポイントが短い会話でも確認できるはず。

自分と逆のタイプを好きになる人はピンとこないと思うのだが、運命のパートナーと言うのはどこか昔からそばにいたような安心感があるものだ。

運命の人は、出会った瞬間からすぐに打ち解けるのが特徴です。「会話下手なのに…」って不思議に感じる出会いは、運命かもしれませんね。

ネガティブな気持ちがわいてこない

今解説した「安心できる」というポイントは、恋愛した時特有の「ネガティブな気持ち」を取り除いてくれる。「一緒にいて楽しいのかな?」とか「もしかして嫌われてる?」と言った、意識するから持つ感情が運命のパートナーであれば沸いてこない。

素敵だなと思っているのに、前向きに恋愛できるのは運命のパートナーの特徴であるため、運命の人に片思いした場合は自分らしく居られる恋愛になる。

運命の人との恋愛はストレートに進むのが特徴です。お互いに惹かれ合うので、ポジティブに恋できるのが素敵ですよね。

絶対に許せないことが同じ

運命の人を見極めたい人は、「絶対に許せないこと」を聞いてみると良い。運命のパートナーは「大切にしていること」が同じであるより、「これだけは嫌だ」というポイントが一致するのが特徴であるため、決定的に対立するようなことがない。

もちろん運命のパートナーは共感ポイントがたくさんあるのが特徴だから大切なことも一致する傾向が高いのだけど、恋愛を進めていく上で重要となる「許せないこと」の一致は一生一緒にいる相手であるはずの「運命の人」としては外せないポイント。ここが一致するから別れの危機が訪れないし、別れを決断するようなケンカが起きない。

通常は付き合った後で色々と気づくことが多いのだが、もし運命のパートナーと出会ったなら付き合う前からかなり深い話ができるので、「この人なら長く付き合えそうだな」って気持ちが確信のレベルで芽生えるはずだ。

出会った人が運命の人か確かめたい時は、「許せないこと」を聞いてみてください。運命の人は嫌だなと思うことが一致するので、付き合った後も幸せに一緒にいるイメージが持てます。

出会ってすぐお互いに惹かれる

あなたに取って運命のパートナーとなる人は、相手から見た時にも同じように運命のパートナーだから、出会って間もなく「お互いに惹かれる」という現象が起きるのが特徴。

運命の人同士の恋愛は、回り道しないでストレートに恋愛が進むことが多くて、あれよあれよとお付き合いに発展する。

ただし、恋愛感情を持つにまでに時間がかかることはよくあって、「気持ちが発展するきっかけがいつ訪れるのか」というポイントで違いがあるため、付き合うまで時間がかかる場合もあり得る。

運命のパートナーは「ソウルメイト」とも表現されるように、運命の人だと気づけないとお互いに惹かれながらも友達として接する時間が長い場合もある。

運命の人と出会ったとしても、自分から恋愛を進めないとやっぱり結ばれることがありません。運命の人と出会えたら片思いが順調に進むはずなので、自分から運命にアプローチしましょうね。

好きになった後は頭から離れないくらい好きになる

運命のパートナーは、好きになった時のレベルにも違いがある。とにかく、好きになった後は頭から離れないし、付き合う前から大好きになっていくのが特徴だ。運命の人は、「いいな」って思ったところから自分の中で気持ちがどんどん大きくなる。

運命のパートナーは「結ばれるべき相手」とも表現されるのだが、強い愛情を持つのは明らかな傾向である。もし運命の人に気づいた場合は、諦められない恋になるから、恋愛が苦手でも自分から恋を進める勇気を持つべきだろう。

運命のパートナーと出会ったとしても、お互いに奥手であれば結局最終的に「付き合う」というところで失敗することはあり得る。

運命の人と出会うと、好きになった後の気持ちの持ちあがり方が違います。付き合う前から大好きになる人は、運命のパートナーかもしれませんよ。

相手のことを知るたびに恋愛感情が高まる

普通の片思いであれば、好きな人の良い面と悪い面のすべてを好きになるところまでは行かないもの(※付き合った後、恋から愛に変わると話は別)だが、運命のパートナーを好きになった際は「知れば知るほど好きになる恋」となるのが特徴だ。

どんどん大好きになっていくのは、好きな人のことを知るたびにもっと好きになるから。これが運命の人と出会った時の片思いの特徴であるため、少しでも冷めていくような感触があれば運命の人じゃない可能性が高まる。

ただし、これは「内面が素晴らしい人」という意味ではない点に注意してほしい。そうではなく、「自分に合っている」とか「自分と同じ」と感じることが多いので、まさに運命を感じるようなイメージとなる。

運命のパートナーと出会うと自分を隠すようなコミュニケーションよりももっと深いコミュニケーションになるから、恋愛感情を持ったところから急速に好きになるのも特徴と言って良いだろう。

運命のパートナーは仲良くなっても幻滅するポイントがないので、減速しないでどんどん好きになっていくのが特徴です。

別れる気がしない、ずっと一緒にいるイメージが持てる

運命のパートナーと付き合っていると、別れの危機がこないのも特徴だ。別れる気がしない付き合いができ、ずっと一緒にいるイメージが持てる。

一言でいえば「そばにいるとしっくりくる」ような雰囲気があり、素直に結婚までイメージできるような付き合いができる。運命の人と付き合っている場合であっても、もちろんケンカはするのだけど、気まずい雰囲気になっても相手を信じることができる恋愛の形なので、不必要な不安がない。

中には「この人と出会うために生まれてきたんだ」と感じる人がいるけれど、それだけ自分に取ってかけがえのない存在になるからだ。

これまで恋愛に臆病な人でも、運命のパートナーと出会うことができたら未来を明るく想像できます。「この人と出会うために生きてきた」と感じるくらい素敵な出会いがあったら、頑張って恋しましょうね。

運命のパートナーに出会ったサイン

運命のパートナーに出会ったサインに気づいた女性の画像。

次に、運命のパートナーに出会った時のサインについて解説する。特徴を理解していればすぐに理解できると思うので、復習の意味も込めておさらいしていこう。

出会った時にビビビっと感じる

運命のパートナーは出会いの瞬間に強い印象が残る。ビビビっとサインが出るのは、もっと詳細を解説すると「衝撃」よりは「違和感」に近い感覚なので覚えておこう。(※個人差あり)

「ん?どうしたんだろ?」って自分に問いたくなるようなイメージのサインが運命の人と出会った時のサイン。「この人が運命のパートナーだ」と言う感じよりも、「この人なんか気になる」って勝手に意識してしまうような感じなので、そこまで強いサインではない。

運命のパートナーと出会った時は、微弱な電流が流れることがあるので、もしそんな人と出会った時は、自分から話しかけてみよう。

はじめて会った気がしない

運命のパートナーと出会った時は、最初から意気投合するような会話が可能なので、「初めて会った気がしない」のが運命の人のサインになる。

「どっかで会ったっけ?」と感じるのもサインになるので、話している時に違和感を感じた時は運命を疑ってみるのも一つとなる。最初から強烈に惹かれるような感じよりは、すぐに意識して話している内にどんどん好きになっていく感じなので、最初のサインは微弱になりやすい。

運命の人と出会うと、最初から気が合った会話ができます。「初めて会ったのに、そんな気がしない」という感覚は、運命の人に出会ったサインですよ。

短い期間に何度も顔を合わせる

出会いから再会まで短い時や、何度も再会するのは運命のパートナーに出会ったサインになることがある。その時に、既に気になっていた場合は運命の人である確率が高いパターンだ。

前述しているように運命の相手とはお互いに惹かれ合うので、不思議と何度も顔を合わせることになる。運命の人に気づくチャンスは何度も訪れるので、その瞬間に気づくことができない場合であっても縁を感じる再会があるはずだ。

「この人、なんか縁があるな」と思う時は、運命のパートナーに出会ったサインかもしれない。

「何度も再会する」のは運命の人に出会ったサインです。「なんか縁があるな」と感じたら、違和感の正体を確かめてみましょう。

なぜ好きなのか分からない

運命のパートナーは理屈よりも感情が先に動くパターンも多く、「なぜ好きなのか分からない」と感じる恋愛になりやすい。

いつもの片思いとは違いがあるはずなので、自分自身の気持ちを見失うような恋になった時は、運命のパートナーに出会ったサインになる。

「いつも好きになるタイプじゃないのに好きになった」
「なんで好きなのか説明できない」

こういう気持ちは、好きな人が運命の人だから自分自身が戸惑っているのかもしれない。

運命の人との出会いは、理屈を超えて感情が先に動きます。「知らない内に好きになっていた」と言う体験は、運命の人に出会ったサインとなりやすいパターンですよ。

長く目が合う、何度も目が合う

運命の人は出会った瞬間から「視線」にサインが出る。まだ仲良くなる前なのに「長く目が合う、何度も目が合う」のは、お互いに意識しているから出会ったばかりなのにそんなことが起きるのだろう。

運命のパートナーに出会ったサインとなるので、もしあなたも運命を感じているなら「見つめ合う」という大胆な行動にチャレンジしてみよう。見つめ合うと、会話するよりも相手の考えていることが分かることがある。

とにかく、運命のパートナーと出会えた人は、相手に取っても自分が運命のパートナーであることを自覚してほしい。これが分かっていると、恋愛が苦手な人だって「運命の人と結ばれる」と言うことが起こせる。

意識されてないはずの時期に「よく目が合う」のはお互いに運命を感じてるサインになります。第六感で運命を感じた時に起こることなので、ぜひ覚えておいてくださいね。

出会ったから世界の色が変わる

運命の人と出会った人は、片思いの付き合う前から幸せを感じるような恋愛ができる。世界の色が変わるのは、出会うべき人に出会ったからだ。

「ある人と出会ってから世界が違って見えた」
運命のパートナーと出会う人は、その出会いに特別な意味を感じている。これは、出会いに瞬間に運命を確信したと言うより、片思いを続けるうちに後から気づくのが特徴で、「思い返すと…」って感じの話し方になるのが特徴。

好きになったことがきっかけで「世界が華やぐような気持ちになる」のなら、その出会いが運命を変える人との出会いになるかもしれない。

運命の人に出会うと、自分の目の前に広がっていた世界がそれまでとは違って見えます。今までの恋愛とが違うと感じたら、運命の人に出会ったサインかもしれませんね。

運命のパートナーを見つけるコツ

運命のパートナーを見つける方法をイメージした「結婚する二人」の画像。

ここまで運命のパートナーの特徴とサインについて解説したが、最後に「運命のパートナーを見つけるコツ」について恋愛アドバイスをする。

運命のパートナーを見つけるためには、「運命の人を探している」という精神状態を脱しないといけない。

運命の人が見つかる恋愛環境(=出会いの量)を作ることは必須だが、「誰が運命の人なんだろう?」と思っていると、微弱なサインである「運命のパートナーと出会った時にサイン」に気づけないからだ。

本当に運命を感じるには、運命を探してはいけない。サインが出てないのに運命かどうかを考えていれば、どんな人を好きになっても運命の人のように感じてしまうのだ。それでは、恋に恋する乙女と一緒である。

恋愛は、結ばれるべき相手がいる一方で、結ばれるべきではない相手もいる。占いにはまるようなタイプはどうしても運命の人を探してしまうところがあるので、もっと繊細なサインを見逃さないように、フラットな気持ちで出会いに臨もう。

特別な相手との出会いに運命を疑うことは悪いことじゃないから、出会いの瞬間に弱いサインでも気づけるように、「運命を感じる」ということを大切にしてほしい。

運命の出会いは、意識していない状況でもなぜか違和感を感じる。この時に、複数の視点でサインが出ていないか検討すると運命の人を見つけることができるから、出会いの瞬間から「運命の人がいないか」意識しないように注意してほしい。

何もサインが出ていないのに「運命の人かも?」と思っていたら、運命の人との出会いに気づくことはできないだろう。

運命の人と出会うには、出会える「恋愛環境」があることが条件だ。劣悪な恋愛環境では出会うべき相手に出会えるはずもないため、下の記事も参考にしてみてほしい。

まとめ

今回は、「運命のパートナー9つの特徴」と「運命の人に出会った時のサイン」についてまとめた。

運命の人との恋愛は、本当に素敵なものだ。今までの恋は違っているところがたくさんあるだろうし、幸せを感じる恋愛になると思う。

しかし、運命の人に気づけないとしたら恋愛感情は簡単にすれ違うのも、もう一つの事実である。

運命の人に出会ったサインを見逃さないようにしてほしい。そして、運命を疑う人と出会ったなら、進む勇気を持ってほしい。

このサイト「恋愛のすべて」では、あなたの恋愛を強烈に後押ししていく。ぜひまた訪問してみてほしい。

関連記事:

出会い
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて

コメント

タイトルとURLをコピーしました