>>あなたの恋愛がうまくいかない理由と向き合う

倦怠期を乗り越えるには?7つの原因とその解決の方法~彼氏や彼女と倦怠期になったカップルはどう対処すれば良いか

カップルの倦怠期に悩む男女のイメージ画像

どんなに仲良く付き合うカップルでも、「倦怠期」という時期はどうしても避けて通れない。

気を付けていてもお付き合いには波ができてしまうので、良い雰囲気を維持し続けることができず、タイミングの問題でカップルは倦怠期を迎えることになる。長く付き合ったカップルは、「倦怠期を乗り越えるには?」と考える瞬間が必ずあるのだ。

しかし、倦怠期の乗り越え方を知っている人はその「カップルの悪い時期」に対処して、また仲良く付き合うことができているのも事実である。倦怠期にはきちんと「原因とその解決方法」がある。

そこで今回は、「カップルの倦怠期を乗り切るには?」というテーマで、「倦怠期の7つの原因とその解決方法」を徹底解説する。

「彼氏や彼女と倦怠期になったらどう対処すれば良いか」という問題で悩む人は、この記事をぜひじっくり読ん具体的な解決策を実行してみよう。

スポンサーリンク

原因①  思い込みで更に悪循環になった「倦怠期」

倦怠期の二人の雰囲気をイメージした画像

まず、最初に伝えておきたいことが、倦怠期はほとんどのカップルに訪れる「すごく当たり前の期間」だということ。喧嘩ばかりになる倦怠期もあるけれど、付き合い方が穏やかな感じになるカップルもいて、「すごく悪い状態」とならないことも実際は多い。

確かに、倦怠期を迎えたカップルは良い状態ではないのだが、ちょっとしたことが重なった際など、自分たちが悪い状態だと思い込んでいるのが、倦怠期をより悪い状態にしてしまうことがある。

彼氏や彼女、恋愛に期待する気持ちはとても大きいものがあるが、二人で付き合っていれば色々な時期がある。自分の思い込みや空回りが原因になってカップルに訪れる波をより悪いものにしないために、ちょっとしたことで過度に不安にならないことも大事なことだ。

カップルが二人で「上手くいっていないな」と思うことで、どんどん深みにはまってしまい、倦怠期が深刻化することがあるから気を付けよう。関係性というのは、いいとこ取りが非常に難しい面がある。

長く付き合って倦怠期になったのなら、自分たちの良いところに目を向けていく努力も必要で、悪いところばかりに目を向けるのは非常にもったいない。

解決方法 落ち着いた関係がくれる幸せを二人で実感する

倦怠期で悪い状態になったと思い込むことを防ぐために、自分達が築いた「関係性」の良いところにぜひ注目してほしい。できれば、それをカップルで確認し合おう。

カップルは、どうしても付き合いが長続きする内に新鮮さが失われるけれど、その分、思い出や絆は積み重なる。

自分達がカップルとして長続きした結果、次のステージに移っていることを確認し合って、悪い意味で「倦怠期になったのだ」と二人で思ってしまうことを防ぐ。

「何だかおかしいな」と、どちらかが思ったところから倦怠期が始まることがある。
倦怠期かを確かめるようにして一緒に居ると、どうしても二人の時間は沈みがちだ。

落ち着いた関係に憧れを抱いていた時を思い出して、二人で幸せを実感し合えると、たとえそれが本当に倦怠期であっても、問題が深くならずに解決に向かう方法となる。どこを見るかは本当に大事なことだ。

穏やかな感じの付き合いになった「倦怠期」は、思い込みでさらに悪い関係にならないように、今ある幸せに目を向けよう。新鮮さがなくなっても、落ち着ける雰囲気を手に入れている。

下の記事では、付き合ってから1か月、3か月、6か月、1年、2年から3年の各時期の「カップルの雰囲気」をまとめているので、自分の場合と比べてみよう。カップルは、長く付き合う内にどんどん雰囲気が変わってくる。

原因②  お互いへの「慣れ」でときめきが減っている

倦怠期で雰囲気が悪くなったカップルのイメージ画像

二人でいる時間に慣れていくと、ときめきが減っていくのは仕方のない部分がある。

ときめきとは、驚きとも似ていて、付き合い始めは相手の色々な言動が新鮮でときめきを感じ易いのが恋愛の特徴だ。

時間が経つことで、知っていることが増えていき、相手の言動が意外性を失っていくと、ときめきは減ってしまうところがある。

恋愛のドキドキはとても大切なもので、恋愛でしかそれを感じることが出来ないから、これを失うととてもさみしい関係になってしまったと感じることが多い。恐らく倦怠期の一番の原因が、「慣れ」等によるときめきの減少だろう。

解決方法 接触の頻度を減らす・他の人との時間を増やす

カップルとして本当に落ち着いた関係になったときは、時期によって会う回数や連絡の頻度を落としても問題ないので、一緒にいても倦怠期の雰囲気がある場合は、思い切って戦略的に距離を置いてしまうことで慣れを緩和していく方法も解決策になる。

付き合い始めは、不安や自信の無さから、お互いに「会いたい」とか「声を聞きたい」と思っているので、その頻度がどんどん上がってしまうことがある。

当然ながら、行き過ぎればどこかで満腹感を覚えるのだが、接触の頻度はある意味でカップルのルールになっている場合があり、倦怠期の原因となってしまう点には注意が必要。

例えば、「毎日1回は電話をしてね」とか「週に2回は絶対に会いたい」など、そういったルールが断続的に適用された結果、二人共お腹いっぱいの状態で接触を繰り返すことが倦怠期を生む。

あなたが「倦怠期になってきたのかな」と疑い出した時点で、今の接触頻度を続けると末期化しかねない問題へと発展していく可能性があることから、思い切って会う回数を減らし、外に目を向けてみることが、倦怠期の乗り越え方を考える際に効果的だ。

一緒にいる時間を減らし、その間に友達などの他の人と時間を過ごし、「あまり会いたくないのに会っている」という条件の悪い接触を減らそう。続けると本当に良くない。

これは、原因がはっきりしたら意図的に行っていかないといけないし、どこのカップルも付き合い方には変化があるので、状態が悪くなったときは早く対処しよう。

原因③ すれ違いが進んだ結果の「倦怠期」

倦怠期ですれ違いになったカップルのイメージ画像

二人が付き合いに慣れた時、副作用になるのが「わかっているだろう」との認識によるすれ違いだ。カップルは一緒に居る時間が増えていくと、阿吽の呼吸が生まれやすいけど、それで言葉が減ると勘違いも増えていく。

これは「甘え」とも言い換えることができる部分だ。

付き合っている人は「好きな人」なので、癖や考え方を熟知するのに時間がかからず、段々話をしなくても分かってくれていることが増えていくのは事実。

しかし、それに甘えているとすれ違うことが増えていく。また、改まった言葉を発しにくくなる面もあって、すれ違いが深刻化していくことで倦怠期が進んでしまう。

特に男性側が、付き合い始めより具体的な言葉を失っていくケースが多く、倦怠期の原因となってしまうことが多い。

最悪、恋人が「自分を好きかどうか」さえもわからなくなれば、倦怠期が深刻化するのも無理はないのである。

解決方法 記念日や誕生日に手紙(LINE)で思いを伝え、気持ちを確認し合う

自然にカップルの雰囲気を変えていくには時間がかかってしまうので、具体策を講じないと倦怠期による悪影響が末期化するスピードを越えられない。気持ちを見失ったときは、恥ずかしくてもきちんと気持ちを伝えよう。

そこで、しっかりと具体的に気持ちを伝える方法として、各イベントを利用していくことをおすすめしたい。そのデート自体も少し気合を入れて、彼女から彼氏にプレゼントと一緒に手書きの手紙を渡す。男性はLINEで伝えよう。

書くべきことは、「好き」だという気持ちと「感謝」の気持ちだ。加えて「幸せ」を感じている理由やエピソード等を伝える。普段言葉にしてこなかったことを伝える機会にする。

できれば渡したその場で恋人に読んでもらった方が良いが、恥ずかしい場合は「帰ったら読んで」と言っても良い。とにかくすれ違いで二人の距離が離れる前にカップルの大前提である「愛情」を再確認しよう。

ここを読んで「恥ずかしくて無理」と思った人はいるだろうか。
気持ちはわかるが、むしろそういう人ほどきちんとした手紙やLINEで想いを伝えた方が良い。

普段から愛情表現ができていない人は、特別な日を使って想いを伝えると非常に効果が高い。すれ違いが進んだ場合の倦怠期は愛情の確認が不可欠なので、倦怠期を意識したカップルは本当の気持ちが相手に伝わっていないのだと認識してほしい。

言葉で伝えることは本当に大事だし、伝えてくれた気持ちに応えたいという気持ちがカップルとして倦怠期を乗り越える力になる。

「やった方がいいかな」と迷ったら、機会を作って実践してみることをお勧めする。

原因④ 段々と積もった不満が溜まっている

倦怠期で彼氏を不満を持つ女性のイメージ画像

カップルは付き合いはじめを超えると、どうしても相手への不満が段々たまっていってしまう。一つ一つは僅かなストレスで、総合的には幸せの方が断然多いのだけど、「何の不満もないカップル」というのは長く付き合うほど理想的過ぎて、現実にはすごく少ない。

ある意味で人付き合いに付き物であるとも思うことだが、カップルとなると少し話が違うのが「溜まった不満」だ。

好き同士で一緒にいるのがカップルというものなので、不満が溜まった状態への不快感が大きくなるという特徴があるのだ。愛情持っている分、気持ちをないがしろにされている感覚を持つし、好きな人のことはずっと自分の意識にあるため、いつも幸せな気持ちでいたいカップルの大きな災いとなる。

少しずつ溜まる不満は放置し続けると我慢の限界を超え、倦怠期の原因になるのである。

解決方法 ケンカをそのままにせず、解決する

倦怠期の特徴として、「ケンカができる期間」に制限があることを知っているだろうか。

倦怠期が続くと、お互い向き合うことが出来なくなってきて、最後は「ケンカが成立しなくなる」という特徴がある。

これは倦怠期の中でも末期だからすぐにそうなることを心配する必要はないが、相手の不満をしっかり取り除いていくための対応を取らずに放置してしまうと、倦怠期が末期化してしまう可能性が上がることは知っておいてほしい。

もし倦怠期を意識するような状態でケンカが多くなってきたのなら、きちんと問題を抽出して、その原因を取り除こう。そうしないと、いずれケンカもできない関係になって別れを迎える。

いくら好きな人でも受け入れることが難しいことがあると思う。しかし、付き合いが長くなってきたら特に我慢も必要だ。「長く付き合う」とは、こういった難しいバランスを二人で解決していかないといけない。些細なケンカでも、「増えてきた」と思うときは、きちんと解決する癖をつけよう。

倦怠期の特徴としてケンカの増加が挙げられるが、増加したケンカの放置が続くと、ケンカをしても時間を使って解決することが増えていく。

そうなると、ケンカの原因は絶えず解決しない状態になってしまうので、そのケンカは当然のように繰り返される運命だ。

まだ向き合えている内に、きちんとお互いの不満を解決するのが倦怠期を乗り越えるコツである。

カップルとしての信頼関係は強くなっているはずなので、乗り越えていく覚悟を二人で付けていけば、きっと倦怠期は乗り越えていけるはずだ。下の記事も参考にしてみてほしい。

原因⑤  デートがマンネリ化している

カップルは、付き合い始めの時期から軌道に乗っていくと、特別なデートをしなくても「一緒にいるだけで満足できる時期」を迎える。

その時期は、デートに気を使わずに二人でいられる場所へいったり、ただどこかに座ってしゃべっていたりしても良いのだが、その内そんな付き合いに飽きてしまう時期に入る。それが倦怠期の原因の一つだ。

一度デートに気合が入らなくなると、もう一度手の込んだデートをするのは本当に面倒だと感じるのが男性の特徴。それが彼女の不満となり、マンネリ化の悪影響を受ける。

カップルは、付き合いに「メリハリ」がすごく大事で、長く続くためにはマンネリ化への対策が必須となる。

ただでさえ長く一緒にいることでトキメキを失っていくのだから、その上デートがマンネリ化してしまえば、そのカップルが倦怠期を迎えるのは当然で、それが不満となり末期化し易くなる。

心当たりがある人も多いのではないだろうか。付き合いにメリハリがなくてマンネリを感じたなら、倦怠期になる原因となる。

解決方法 トレンドデートからデートにメリハリをつける

いきなりデートにメリハリを付けていくのは、「カップルの流れ」という観点から難しい。それなら、テレビや雑誌を使って誘いやすいトレンドデートをしてみよう。

流行っている場所や話題のデートなら、何気ない会話から特別なデートに発展させられるはずだ。

二人で新しい体験を共有して新鮮さを感じるようにすれば、倦怠期を解決できる方法となり得る。

また、共通の「興味」を原点にした「今までと違うデートの仕方」を模索してみることもおすすめだ。趣味が共通しているカップルは長続きすると言われるが、二人で同時に何かを始めると同じ状態になるし、そこまで大それたものを想定せずとも、新鮮なデートの仕方は少し調べるだけで難しくない。

マンネリに関しては彼女から彼氏への不満になりやすいが、倦怠期を乗り越えてずっと仲良く付き合っていきたいと思っているなら、彼氏への不満を持つだけじゃなく、彼女の努力もやっぱり大事。下の記事も参考にしてみよう。

完全にマンネリ化しているなら少しの工夫で大きく変わってくるので同時に取り組むといいだろう。

原因⑥ 相手のせいにして悪循環になった「倦怠期」

倦怠期はお互いの不満が溜まることで段々と心の距離が空く状況で陥りやすいけど、もう一歩踏み込んだ分析をすると、「相手のせいにしてしまっている」と言うことが本当に多い。

「あなたの言い方が悪いから、私も言い方が悪くなるの!」
「あなたがいつもケンカ腰だから、私もきつい言葉になるんだよ」

上のセリフ倦怠期のあるあるだが、倦怠期はお互いがお互いのせいにしてしまうところがあり、どちらも相手のせいで上手く行っていないと思っていることが多い。

確かに相手である彼氏や彼女が本当に悪いのかもしれないが、カップルは「二人だけ」だから、どちらが悪いのかはそこまで問題ではなく、二人で上手く行く方法を考えることが求められるため、この状態は悪循環になる最大の原因になってしまっている。

解決方法 「自分の非を認める」ことを前提にした話し合いをする

相手のせいにしてしまうことが原因となって倦怠期になるカップルは、軽めのケンカを繰り返すパターンが多いのだけど、仲直りのような話し合いになった際、一つポイントがある。

それは、「自分の非を認める」ことだ。これが倦怠期を乗り越えるコツとなる。

たとえ相手に大きな非があったとしても恋人を責めるだけじゃこの状態のカップルは本当の仲直りができない。なぜなら、恋人にも「あなたのせいでケンカになった」と思うエピソードがあるからだ。

繰り返しになった時にカップルは倦怠期になっていくので、仕切りなおして昔の雰囲気に戻りたいと思ったら、自分の非を自分から認めないといけない。要するに、「関係をリードする力」がないと、ただ不満を言うだけになってしまうのである。

倦怠期を抜け出す方法の最も基本的なことは「二人で元の関係に戻すこと」だから、不満をぶつけるのではなく、二人を平等に見るような視点を持とう。

カップルの雰囲気は時間をかけて変わっていくので、「悪くなった」と思う時は「どちらのせい」という感覚が間違いになりやすい。

原因⑦ お互いの存在を軽視するようになった

カップルが落ち着く関係になるには良い意味で「一緒にいて当たり前」という信頼感がないといけないが、これが悪い意味になると「存在を軽視する」という状態になる。感謝がなくなり、ないがしろにしてしまうこともしばしばだ。

付き合ってから1年から2年くらいの、いわゆる「付き合って長いカップル」は、どこか「大事が無いと別れないだろう」と思ってしまうことがあり、それが倦怠期の原因になっていく。恋人を軽視するという状況は、どっちが先だったにせよカップルが同時に進んでいく場合もあって複雑だ。

どうでもいい存在とは言わないけれど、行動や態度からそんな気持ちを察してしまうこともあって、愛情を感じなくなれば心の距離が空くのは当然とも考えられる。

ここは、お互いの感覚でも左右される問題と思うが、もし自分の存在が軽視されるようになって「大切にされない」と感じる気持ちが末期化した場合は、どこかでしっかりした対処が求められることになる。

解決方法 末期化した場合は「距離を置く」という対処法を取る

自分の存在が軽視されるようになった場合は、末期化した時にひどい付き合いになってしまうことが多い。腐れ縁とも受け取れる状況になった際は、倦怠期を乗り越えるための「普通の対処法」ではどうしてもうまく行かないので、「距離を置く」という対処法を取るしかない。

距離を置くことで文字通り仕切りなおすことができれば、以前の関係に戻れることもあるのだが、存在の軽視が末期化するとなかなか話し合いでは上手く行かないのも現実だ。

「今更深い話し合いはできない」と思うほど空気が悪化している場合もあると思うので、距離を置く選択肢を持ちながら真剣な話し合いを申し込むような感じになるかと思う。各カップル毎に若干ニュアンスが違っているが、倦怠期が末期化して別れるカップルは「存在の軽視」を最後の壁にしているところがあり、「もう一度大切にし合おう」との結論では全然上手く行かないことに絶望することもよくある話だ。

ここまで末期化した倦怠期になってしまった人は、下の記事を読んでみよう。距離を置く理由や意味ついてまとめている。

きちんと絆を作ってきたカップルは修復が難しい倦怠期を乗り越える方法として距離を置くことが有効に作用する。二人で未来を見ることが前提ではあるものの、雰囲気に流されて別れを経験するよりは、今できる対処法を探そう。

倦怠期を乗り切るために、カップルの問題を乗り越えることができる恋愛力をつけよう

彼女や彼氏とケンカした時、ケンカ前よりラブラブになるための仲直り方法
カップルが上手くいくかどうかは「ケンカの仕方」で決まるところがある。言うまでもなく「仲直りの方法」も含めての話だ。 良いケンカの仲直り方法を知って...

先ほども触れている通り、カップルが倦怠期が原因で別れる際は「ケンカの仕方」に問題がある場合に多い。お互いで不満をぶつけてしまい、しこりを残すようにケンカを繰り返していると、別れの原因をどんどん増やす結果になってしまう。

カップルは二人で密度の濃い付き合いをするため、「二人で合わせていくこと」がすごく大事だ。意地を張る人や強がりをする人は、倦怠期を乗り切るのが難しい人だから、もう少し「カップルが仲良く付き合っていく方法」を知るべきである。

当ブログは「カップルの付き合い方」についても専門性の高い記事を発信しているので、上の記事だけでなく下に挙げる記事からもあなたに合った記事を読んでみてほしい。

恋愛は、確かに傷つけながら学ぶことも多いのが現実ではあるが、知識を付けることで「正しい付き合い方」に近づけることはできるはず。1つと言わず必要な人は2つ3つ読んでみてほしい。

まとめ

今回は、「倦怠期を乗り越えるには?」というテーマで、「カップルが倦怠期になる7つの原因とその解決の方法」を解説した。

本文で取り上げた倦怠期の原因とその解決方法は以下の通りだった。もう一度確認しておこう。

原因① 思い込みによって更に悪循環となった「倦怠期」
→解決方法 落ち着いた関係がくれる幸せを二人で実感する

原因② お互いへの「慣れ」でときめきが減っている
→解決方法 接触の頻度を減らす・他の人と過ごす時間を増やす

原因③ すれ違いが進んだ結果の「倦怠期」
→解決方法 記念日や誕生日に手紙で思いを伝え、気持ちを確認し合う

原因④段々と積もった不満が溜まっている
→解決方法 ケンカをそのままにせず、解決する

原因⑤ デートやHがマンネリ化している
→解決方法 トレンドデートからデートにメリハリをつける

原因⑥ 相手のせいにして悪循環になった「倦怠期」
→解決方法 「自分の非を認める」ことを前提にした話し合いをする

原因⑦ お互いの存在を軽視するようになった
→解決方法 末期化した場合は「距離を置く」という対処法を取る

カップルの倦怠期は、関係が熟した副作用だと認識しよう。長く付き合えば必ず訪れるものだから、きちんと対応していけば問題はない。倦怠期の原因と解決策をしっかり理解して、総合的に対応をしていけば、乗り越えることは可能である。

ただし、末期化する前に対処するのが本当に大事で、放置すると付き合っている意味がないカップルになったり、お互いで傷つけあうだけの関係になりかねない。

カップルが倦怠期を乗り越えるには、二人の努力が不可欠だ。
それを認識して早めに行動を起こせば、きっと倦怠期を乗り越えラブラブに付き合っていくことができる。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました