2人は嫌と断る好きな人の心理~二人きりはちょっと…と断られた時の理由は?

二人は嫌と断れた女性。相手の心理や理由が気になる

食事に誘った時、「2人は嫌」と断る人はなぜ断ってくるのだろう?

ここまではっきり言われなくても、「二人きりはちょっと…」という断り文句はあるあるで、「やっぱり脈なしなのかな」って落ち込む人がたくさんいる。

しかし、2人で会うのを断れた場合であっても、相手の性格や二人の状態によっては脈なしが確定しないパターンもあり得る。表面的な言葉だけで好きな人の気持ちを推し量るのは限界があるため、勘違いしないことが片思いしている時のポイントだ。

そこで今回は、2人は嫌と断る好きな人の心理や理由を7つの側面から解説する。2人きりはちょっと…と断られた時の理由をしっかり把握して、あなたの恋愛を正しく認識しよう。

アプローチしていた時に「2人は嫌」と言われたら、脈なしを察してほしいサイン

まずは、二人きりは嫌だと言われた時に一番気になる「脈なしが確定するパターン」から解説する。

食事に誘った時や飲みに誘った時、2人は嫌だと断られたら「どのくらいアプローチしていたのか」が大きなポイントになる。

  • アプローチしてない=脈あり・脈なし関係ない理由で断られた可能性アリ
  • アプローチしていた=脈なしを察してほしいから断られた

好きな人があなたの恋愛感情に気づいていた、又は疑っていた状態で2人は嫌と言われるなら「脈なしを察してほしいサイン」となる。

特に、スキバレしていると言えるくらいのアプローチをしていた場合は、その気持ちを受け入れられない相手としては安易に二人きりで食事に行くわけにいかない。勘違いされる可能性が高いからだ。

ただ、付き合う前の男女はなかなか相手からの好意に確信が持てないものなので、「アタックしていた」と言えるくらいのアプローチでないと他の心理・理由が考えられる状況だ。

相手の性格も踏まえつつ、「何で2人を嫌がられたのか」を考えていこう。

2人が嫌なのは、二人きりで会うのが気まずいから

二人きりはちょっと…と言われたカフェ

デート経験が少ない人は、「デートがOKされるかどうかは、脈ありか脈なしかで決まる」と考えがちだが、現実はそうじゃない。

2人で会おうと言われたら、相手は「2人で会ったらどうなるのか」を考えるのだ。

とりあえずデートに行く女性の割合と、その理由~まだ脈なしだけど、とりあえずデートに誘うのはアリ?ナシ?
過去記事『微妙な人からの誘いに「とりあえずデート」するメリットと魅力~断るか、断らないか迷ったら』では、好きではない人ととりあえずデートするメリットをテーマにしたが、今回は逆の立場である「女性をデートに誘う男性」へ、その成功率や女性

上の記事で取り上げたデータでも証明されているのだが、2人で会うかどうかを決める時に検討する要素は複数あって、二人きりで会いたくないという趣旨の返事をされた時は「まだそこまでの関係が作れていない」と考えることも重要だ。

2人で会うのは気まずいと思えば、相手は「2人は嫌」と言う。

間が持たない食事は地獄だから、二人きりは嫌

恋愛感情があって好きな人を食事に誘う際、誘う方の立場では「好きな人と2人で会いたい」という気持ちで誘うのだが、誘われた相手は「この人と2人で食事に行くと、間が持たないんじゃないか」と心配する。

「2人でご飯に行ったらきっと楽しいだろうな」と思ってもらえないと、「間が持たないと地獄だから二人きりは断ろう」と思われてしまうのだ。

ここにはあなたのコミュ力が前提となる判断であるのはもちろんだが、相手のコミュ力まで関係する少し厄介な問題だ。

コミュ力に自信がないから2人は嫌だと断る人の心理

グループで食事する時は相槌や愛想笑いでも間が持つのだけど、二人きりで遊ぶ時は自分のコミュ力が試される場となってしまう。仲良くない人と2人で会えば、絶対に間が持たないと思ってしまうのがコミュ力の低い人である。

もし、あなたの好きな人が奥手な人だったり、あまり話さない女性だったりするのなら、あなたへの評価として「2人は嫌」と断ってきたのではなく、自分のコミュ力の低さを心配して「2人は嫌」と断ったのかもしれない。

この理由・心理で2人は嫌と言われた場合は、盛り上がる会話を何度かできれば二人きりに安心してもらえる。コミュ力に自信がないなら下の記事を参考にしてみよう。

好きな人との会話がすぐ終わる人へ!会話が続かない理由や特徴から、改善の方法を徹底解説!
好きな人との会話がすぐ終わる人は、距離を縮めるどころか仲良くなるのにも苦労している。せっかく好きな人と話ができる機会があっても、長く話せないなら恋愛のステップアップが難しいだろう。 そこで今回は、好きな人との会話がすぐ終わる人

モテる人の心理では、「警戒心」も二人きりは嫌と思う原因に…

大きく「脈なしパターン」に該当するのだが、あなたの誘った相手がモテるタイプだった場合、相手はあなたの好意を警戒して二人を断る判断をした可能性がある。

モテる人は2人で会う誘いを日常的に受けるが、モテない人に比べて警戒心は強くなる。なぜなら、自分が友達だと思っていても相手が恋愛感情を持っていたというパターンを何度も経験しているからだ。

モテる人は普通の人よりガードが固くないと恋愛関係で揉めごとが多くなってしまうので、むやみに2人きりで会わないようにしている。

モテる人は、外見で興味を持つ人を排除したい心理もある

次々に彼氏や彼女を変える人は当てはまらないものの、あまり恋人を作らないタイプのイケメンやイケジョは、「外見で興味を持つ人が嫌い」という心理を持っている。

言い寄ってくる相手がすごく軽く見えてしまうのだ。

もし2人で会おうとした際に関係作りができていなかった場合は、相手が「また顔で判断している」と思われたのが原因で2人は嫌だと言われたのかもしれない。

モテる人の心理はモテない人からすると理解しにくいと思うので、少し特殊な視点があることを知っておこう。

逆に、あなたがモテるタイプだった場合も「警戒される」という事が起こる

上とは逆に、あなたがモテるタイプだった場合は、誘った相手に「チャラい、軽い」とイメージされるのが理由で2人は嫌と断られることがある。

人は恋愛的に遊ばれるのを嫌う傾向が強いので、イメージが悪いとよく知り合う前に「深入りしたくない」と思われて二人きりを断られる。

2人きりになるのを避けられるとショックが大きいし、イメージとリアルにギャップがあればすごく理不尽に思うが、信用されるために頑張るべき人もいるので、「警戒された」と思ったら少しゆっくり目に恋愛を進めていこう。

勘違いされているならコミュニケーションを取っていく中で修正される。

2人で会うのを断られる理由は、特別過ぎて恥ずかしいと思ってしまう心理も関係する

二人で会うのは嫌と言ってしまった恥ずかしがり屋の女性

「二人きりの食事に誘われた」時、シャイな人は相手を問わず「恥ずかしいから誰かについてきてほしい」という心理になる。「行きたいけど、2人は嫌だ」と思う時は、この「恥ずかしい心理」が大きく関係する。

デートに友達を連れてくる男と女の理由や心理~友達連れのデートはどんな意味?脈ありと脈なしは?
二人きりでデートするはずだったのに「友達連れでデートにくる男と女」は、一体何を考えているのだろう? 好きな人とのデートや、気になる人とのデートでは、友達を連れてくる行為についがっかりしてしまう。誘う時に言ってなかったり、二人で

ここは好きな人の恋愛経験が一つの判断基準で、何人かの人と付き合ったことがある人は「二人を断る」まで行かない。恥ずかしいから2人は嫌だという心理になる人は、恋愛経験がない人や少ない人だ。

特に女性心理では、「恥ずかしさ」が脈ありの男性でも2人は嫌だと思う理由になる

男性心理では「自信の無さ」が2人は嫌だと思う理由になりやすいのだが、女性心理では「恥ずかしさ」が脈ありの男性でも2人は嫌だと思う理由になる。

反射的に「2人は無理!」みたいに断る時は深く考えていない以上「感情」が言葉に出たのだが、ネガティブな返事をする理由がすべて悪い意味ではない。「恥ずかしいから断ってしまった」ということが複雑な女心の中では起こり得るのである。

女性心理では、感情的に好きな人の誘いも断ってしまうことがあるので、ちょっと慌てた雰囲気だった場合は仕切りなおして誘うことも考えておこう。いきなり誘われて驚くと、反射的に2人は嫌と断ることがある。

2人で会う意味は、その人ごとに違う!きちんと相手の立場になって2人は嫌と断る理由を考える

ここまでを読んで、「2人で会う意味は人それぞれ全く違う」ということがあなたもよくわかったと思う。デートしたことがない人に取っては「2人で会うだけですごく特別なことになる」ため、驚かせるタイミングで誘うと2人は嫌だと思われることがある。

相手がデート慣れしてないと思う時は、なるべく流れを作って「気づけば二人で会うことになった」という感じの持って行き方をする方が誘い方としては成功になる。

2人は嫌だと断られた人は、もう一度自分の誘う方に問題はなかったか考えてみよう。

2人で遊ぶ理由が分からないから「2人は嫌」だと断られた

2人きりで会おうとするときは最低限友達になった後だと思うが、詰めが甘い時期に勇み足で誘うと「2人で会う意味が分からない」と思われる。

「何でみんなを誘わないの?」「男女2人で会うことに抵抗ないの?」ってところまで疑われると、常識を疑われることにも似ていて、2人が嫌だと言われた後で気まずい雰囲気になってしまう原因になることも。

うまく2人で会う口実があると回避できるのだが、「え?二人きり?」と思われると「二人きりはちょっと…」という話になってしまう。あなたの好きな人が真面目な人だった場合は、注意が必要なポイントだ。

「なぜ二人きりで会うのか」という点は、言い訳しておくのが無難

友達同士からカップルになろうとするときは、デートに誘う事で相手が構えてしまうことがよくある。相手は別に好きでも嫌いでもないのだが、二人きりになろうとする相手の心理が分からないので、何となくアレルギーみたいのを感じるのだ。

2人は嫌と断られる理由になるところなので、(本当は好きと思っている)男友達や女友達を誘う際は、2人で会う言い訳をしてあげる方が相手は素直にOKが出せる。

たとえば、ストレートに好意を伝えたい場合は、
「ゆっくり話したいから、2人でご飯いかない?」
もっと無難な言い訳をしたいなら、
「前に好きだって言ってた○○のおいしいお店見つけたから行ってみない?」
「この間のお礼にご飯でもどう?」

2人きりで会う口実や言い訳は色々とあると思うが、「え?なんで?」と思われると断られるため、相手が「あ、そういうことね」と思える何かを作っておこう。

2人は嫌と思う心理には「戸惑い」なども関係しているので、自然な流れをいかに作れるか考えるべきだ。

他に好きな人がいるから「二人は嫌」だと断る心理

他に好きな人がいるから二人は嫌だと断る女性

2人きりを断る心理には、相手の「好きな人に勘違いされたくない」という心理もかかわってくることがある。

特に多いのが、職場恋愛やグループ内恋愛、サークル内恋愛などのコミュニティー内恋愛のパターンだ。

2人で会うことは友達同士でもあることだが、他人から見ると「デキてるのかな?」と疑われることも多い。冷やかしの対象になったら最悪だし、好きな人に知れたら自分の好きな人を勘違いされる可能性も十分にある。

もしあなたの好きな人に好きな人がいると、その人からみた自分の印象を気にして、2人は嫌だと断られることがあるだろう。

好きな人に好きな人がいても、裏で動くと挽回することもできるのだけど、恋愛力が低い場合は少し時間を置く方が好きな人の迷惑にもならずに未来に可能性を残せる。

意識されている時特有の緊張感や恥じらいみたいなものが感じられない時は、「あなた以外」の理由で二人きりはちょっとと思われた可能性が高い。

「好きな人の友達があなたのことを好き」というパターンも二人きりを断られる

コミュニティー内の第三者が関係していると言う意味では、「好きな人の友達」が関係して2人は嫌だと思われる原因になることがある。自分の友達が好きな人とは、その友達に悪くて二人で会えないからだ。

三角関係になってしまうと恋愛は本当に厄介だけど、「別にご飯くらいは行けそうな雰囲気なのにな…」と思う時に2人は嫌と言われる時は、第三者が理由になっていることが多い。

ここには「いいなと言っていた」とか「ちょっとタイプだって言ってた」なんて状況でも気にする人がいるので、ナーバスな問題だ。

雰囲気を読めると押すべきかどうかが分かるのだけど、「残念そうにしている」「無理しているように思う」と感じた時は、会話を続けて粘りたい。好きな人の友達が関係している時は押すと状況が変わるので、相手の雰囲気で気持ちを察知しよう。

彼女はいらないから、彼氏はいらないから異性と2人で会わない

実は今、「彼氏がいらない、彼女がいらない」と思っている人が増えている。

恋人がほしい人の割合と恋人がいらない人の割合~枯れてる男子や女子はやっぱり多い?恋愛に苦手意識があるか・ないかは「コミュニケーション力」がカギ
彼氏や彼女が欲しいと思うか、いらないと思うかは、意外と各個人で大きく価値観の違いがあるところ。 付き合う友達や知り合い関係の恋愛の状況でそれぞれイメージの違う「世間の恋愛」だが、今回は内閣府が調査した結果から「恋人がほしい人の

せっかく二人きりで誘ったのに「二人よりみんなで遊ぼう」とあっけらかんと言われた場合は、カップルになる最初の段階にある「二人きり」を避けられたのかもしれない。

複数で遊ぶと変な雰囲気にもならないので、この理由で二人は嫌だと思う人は普通の友達としてあなたと理想の付き合い方ができる。

最近は異性と二人で会わないようにしている人も増えているので、「カッコいいのに彼女がいない」「可愛いのに彼氏を作らない」という人の場合は、ちょっと探りを入れてみると良い。

あなたの好きな人が恋愛しないタイプの人だったら、何度誘っても二人は嫌だと断られる。

まとめ

今回は、2人は嫌と断る理由や心理を7つの視点でまとめた。「2人はちょっと」と言われた人は、様々な視点で好きな人の気持ちを推し量ってみてほしい。

普通、きちんと好きな人との関係を作ってから誘えば1回くらい二人きりで会えるものだけど、まだ関係が浅かったり、誘い方が悪いことで断れてしまうこともあるので、嫌われてない限り、時間を置いて誘いなおそう。

二人で会おうとしても会えない場合であっても、1回や2回のお誘いじゃ脈なしが確定しない。特に好きな人が奥手やシャイだったりするなら、会話を続けて自然な流れを作ろう。

二人は嫌と断られたら、違う誘い方をすることでOKがもらえる可能性が上げられる。すぐに諦めないといけないパターンは少ないから、探りを入れつつ仕切りなおそう。

【片思い】好きな人への探りの入れ方~探るアプローチの効果や探りを入れられた相手の心理まで解説!
友達を好きになった場合など、多くの片思いでは「探りの入れ方」が案外大事な要素となる。好きな人にストレートなアプローチは難しから、探り探り恋愛する人の方が多いだろう。 しかし、片思いの好きな人に探りの入れ方がわからない人は、恋愛

関連記事:

友達 二人で食事・飲みに行く
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて

コメント

タイトルとURLをコピーしました