【厳選7個】嫌われるきっかけになるNGメール・NGラインの特徴

好きな人から嫌われるLINEとメールについて考える女性のイメージ

好きな人ができた時にLINEやメールで仲良くなろうとする時は多いと思うが、あなたは好きな人から「嫌われるLINE・嫌われるメール」を意識しながら連絡を取っているだろうか?

恋愛のアプローチにLINEやメールを使うのは当たり前になっているが、恋愛相談を受けるとその気軽さゆえに好きな人の迷惑になっているケースもよく見てきた。好きな人とのLINEやメールは、「使い方」の観点が抜け落ちると、簡単に送れるからこそ間違いも増える傾向がある。

しかし、好きな人とLINEのやり取りやメールのやり取りをする際、どんな連絡の取り方が好きな人から嫌われるきっかけとなるのだろう?

この記事では、「嫌われるきっかけになるNGライン・NGメール」について、厳選した7つのポイントで解説する。不安な人や心配な人は参考にしてみてほしい。

好きな人に積極的になることは恋愛成就に向けてすごく良いことだから、この記事で好きな人に嫌われない連絡の仕方を知って、ぜひ良い関係を築いていって片想いから両想いを目指そう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

質問ばかりは嫌われる!「?マーク」の量に注意

好きな人から嫌われたくない人は、とにかくめんどくさいLINEやメールをしないことが基本になる。そこで、まず意識したいのが「質問の量」だ。

好きな人とメールやLINEをする時は何通もやりとりを続けたいから、つい「?」で終わるメッセージを送ってしまう人が多い。既読スルー、未読無視が気になる人も、?マークの量が多いという特徴がある。自然に返信があるように、質問形にして好きな人にLINE・メールする。

好きな人が相手であれば、知りたいことがたくさんあったり、相手からの返信がほしかったりして、自分から相手への興味が強いからこそこんなことがよく起こるのだけれど、質問の頻度には注意をしよう。

意識してか無意識かを問わず、「毎回?マークのLINEを送ってしまう」のはNGである。

毎回のように?マークがついていると、相手は返信を強制されているような印象を受ける。当然、普通のLINEやメールでも質問は多いのだけど、頻度が増えれば典型的な「めんどくさいLINE・メール」となってしまう。どんな形であっても「質問攻め」は、嫌われるきっかけだ。

好きな人とのLINEは返信でニュアンスを掴むしかないが、質問ばかりをするLINEを嫌われるまで続けてはいけない。NGメール・NGラインの特徴の一つだから気を付けよう。

加えて、仲良くなる前から「連絡が来ると毎回長くなる人」に認定されるのも防ごう。やり取りが毎回長引く人とも、日常的に連絡を取りたくない。会話のニュアンスで切るべきポイントできっちり切っておき、まずは短い会話から仲良くなる方が断然嫌われない。

好きな人とのLINEは「ただやりとりを続ければ良いのではない」から、相手への思いやりを持つようにするのがポイントだ。決して自分勝手になってはいけない。

スポンサーリンク

しつこい人は嫌われる!恋愛は察する力が大切

恋愛経験が少なく、好きな人の気持ちを察するのが下手な人は、「しつこい人」だと思われないように気を付けよう。嫌われるLINE・嫌われるメールの特徴になっている。

メールやLINEでは、「口で言いにくいことをメッセージに変えて送れる」のがメリットの一つである。この点が、恋愛と相性が良いと言われる大きな理由で、うまく使えば好きな人と良い関係性を作るきっかけにできるのだが、NG行動が多い人は好きな人の気持ちを察することができず、踏み込み過ぎてしまうのである。そうなれば、めんどくさいとも思われるだろう。

特に注意するべきは「誘うLINE・誘うメール」だ。
好きな人に探りを入れたり、誘う流れを作ろうとする時、相手が乗り気じゃない場合は話が発展していかない。そんなタイミングでしつこく会話を続ければ、嫌われるきっかけとなるはずだ。

好きな人をデートに誘ったり、食事や飲みに誘う際、なかなかはっきりしたことが言えない人がいるのも事実ではあるが、遠回しな誘い方をしたとしても好きな人があなたに興味を持っていればそれなりに話が進む。そうならないなら現状は「脈なし」だから、引くところを間違えてしつこくなると嫌われるのである。

「忙しい」とか「その内に」とか、あなたの誘いに「話を流したい雰囲気」を感じた場合は、一度引いてもっと仲良くなってから誘うようにするべき。この時点でも嫌われている可能性がないわけじゃないが、しつこくすれば確実に嫌われる原因になってしまう。

こんな時は、相手が「察してほしい」と考えていることが多く、そのまま話を進めようとしたり、時間を置かずに再度誘うような行動を取るとしつこく感じさせる。誘いやすいメールやLINEでよくあるNG行動だ。対面してないから勢いで誘い続ける。

二人で会いたいと思う関係は「出会いの段階」で全てが決まるわけではなく、何かのきっかけでそうなったりすることもあるから、「しつこい誘い」はデート成立の可能性すら排除してしまう行動になることがある。要は、しっかり誘いに乗ってくれる関係作りをしようということ。

恋愛は友達になるリスクとか、関係が落ち着いてしまうリスクを考慮すると、ある程度短期決戦をイメージするべきだけど、「誘うタイミング」はお互いの距離を考慮して決めるべき。

メールやLINEなら誘いやすさがあるけれど、相手のリアクションをしっかりニュアンスで感じて、押すべき時は押し、引くべき時は引いておこう。

またチャンスは訪れるはずだから、「しつこい」とは思わせないことが基本となる。好きな人から嫌われないアプローチをしよう。好きな人との距離感が苦手な人は、下の記事が参考になる。

好きな人との丁度いい距離感とは~心も体も、適切な距離で接するために恋愛における「距離感」を徹底解説
恋愛している時、あなたは好きな人との距離感を意識してアプローチできているだろうか? ただ押していくだけ、ただ気を遣って引いているだ...

仲良くないのに頻繁にLINEすると嫌われる

上の見出しで挙げた「しつこさ」については、当然「LINEの頻度」でも感じさせてしまうものだ。特に注意するべきは、仲良くなる前の時期。LINEで好きな人と仲良くなろうとするなら徐々に頻度をあげていかないと、距離を縮めるどころか逆効果となってしまう。

いい感じになった頃には毎日LINEする関係も珍しくないが、仲良くなろうとしている時期に毎日LINEが来るのは多少しんどい場合もある。乗り気で返信しているとLINEを楽しんでいるように感じさせると思って、好きな人からの返信がそっけないものになる原因ともなってしまうだろう。相手の性格も考慮できるといい。

さきほど紹介した記事でも触れているように、距離感を間違える人は関係を深めていく恋愛に失敗する。メールやLINEで嫌われるきっかけになるのは、「仲良くしているとヤバイ」と思われるからであり、LINEの頻度が高いと迷惑な存在になりやすから注意をするべき。

まだそこまで仲良くなれていないと感じる場合は、1週間に1度から2度くらいの頻度に留め、「会った時のコミュニケーション」を大切にしながら距離を縮めよう。LINEだけ、メールだけという人が嫌われるので、総合的に仲良くなっていこうとすることが大切だ。

好きな人とのLINEの頻度については下の記事でまとめているので、参考にしてみてほしい。

好きな人とのLINEの頻度とは~迷惑にならないやりとりの考え方
好きな人とのLINE(ライン)は、頻度に悩むことが多いかもしれない。 「好きになってほしいけど、嫌われたくない…」 「気まず...

返信のタイミングが合わないと嫌われやすい

LINEやメールでのやり取りも「コミュニケーション」の一部であるため、心地良さが大切だ。逆に言えば、心地良くないやり取りをすれば、嫌われる原因になるということ。

そこで最もポイントになっているのが「返信のタイミング」である。好きな人から嫌われやすい人は、返信のタイミングが悪いのが特徴。

返信のタイミングが合わない二人は、メールやLINEをしてもイライラすることが多いため、やり取りする期間が長続きしない。ここは、「すぐに返信する人」も「返信が遅い人」もどちらも心地良くないやり取りになってしまうのが少し難しいところだ。

LINEだけじゃなく好きな人との会話でも意識してほしいのだが、コミュニケーションは相手に合わせることがとても重要。LINEやメールで言えば、好きな人の返信のタイミングに合わせて、二人がしっくりくるやり取りをしていこう。もちろん、合わせすぎる必要はないので、合わせていこうとする意識の方を大切にする。

たとえば、すぐに返信するタイプの人に駆け引きで返信を遅らせれば相手からの印象は悪くなる。返信が遅いタイプの人に対して即レスを続けるのも、圧迫感があって嫌がられるだろう。

あまり過度に気にするとそちらの方が上手く行かなくなる原因になるとは思うものの、自分勝手なコミュニケーションは相手から好かれる可能性を低くしてしまうので注意できるといい。

好きな人から自分を好きになってもらうことがアプローチの目的なので、二人の空気を良くする方へ工夫してみよう。気分のまま好きな人と連絡を取り合うと「合わないな」と思われて嫌われる原因になることがある。

暗い話題が多い人は嫌われる!ネガティブな話題に注意

好きな人と仲良くなってきた人は、メールやLINEの内容が深くなったり、グチを言って甘えたりするようなことも出てくると思う。いつも明るい話題ばかりで盛り上がるのは表面的な関係の特徴だから、シリアスな雰囲気でも会話できるようになるのは恋愛が進んできた証拠と取れる。

しかし、好きな人と本音でしゃべれるようになった時も、暗い話題が多くならないように気を付けよう。嫌われるメールやLINEの特徴として「ネガティブな話題が多い」というのも、典型的なパターンになっている。

メールやLINEでは、基本的に言いたいことを言えばいいし、いつもポジティブな内容ばかりでも疲れてしまうところがあると思うが、「自分をディスったり、ネガティブな内容が多い」と思われるような状態になってしまうのは避けよう。NGメール・NGラインの特徴の一つだ。

仲良くなってきた段階では自分の性格がメールやLINEにも出てくるようになるけど、やっぱりネガティブな人は好かれないし、相手にし続けるのが辛い。基本的にモテる人の性格が「ポジティブ」であるのは、「一緒に居て楽しい」と思える人が好かれるからだ。

メールやLINEで自分までテンションが下げられてしまうと、あなたの印象はやっぱり悪くなる。グチや不満が増えると、好きな人があなたのフォローをしたり、励ましたりしないといけないからだ。それが続くと、めんどくさいと思われる。

傾向として「ネガティブな内容のメール・LINEをする人」だと思われたなら、嫌われるきっかけになるだろう。

愚痴をこぼせるだけ距離が近づいたことは本来恋愛に取って良いこと。せっかくメールやLINEでそう言える関係になれたのなら、言いたいこと言って、深いコミュニケーションを取るべきだとも思う。

しかし、やっぱりせっかくなら楽しい会話の比重は増やすべきだ。何でも話せる相手になるということも重要だろうけど、「一緒にいて楽しい相手になること」はもっと重要。

グチをいったりネガティブな発言をした時は自分でフォローの言葉を添えたり、そこからポジティブな話にもっていったり、コミュニケーション全体を良いものにしていこうとする姿勢は大事だと思う。

好きな人とこれからどんどん仲良くなっていきたいと思うなら、会話が盛り上がる内容でコミュニケーションが取れるようになろう。最初は笑い話がたくさんできるといい。

よく知らないのに好意を伝えると嫌われる!知り合ったばかりの頃は、相手のリアクションを見ながらアプローチする

恋愛は、好きな人に自分を意識してもらってからが勝負なので、「好意」についてはある程度伝えていく方向で問題はない。それがいわゆる「恋愛のアプローチ」に繋がる。

でも、出会ったばかりでまだあまり知らない内から「好意を前面に出してしまうメールやLINE」はNGだ。好きな人から嫌われる原因になるから、「距離感」を適切にしないといけない。

なぜ好きな人から嫌われる原因になるかと言うと、自分のことをあまり知らないはずなのに好きになられると「外見しか見ていない」と思われたり、「誰にでもそんなことを言うチャラい人」だと思われるのが理由だ。

要は、好きな人からすれば、自分を知らないくせに好きになる理由が理解できず、あなたからの想いにネガティブな印象を持つ。簡単に言えば、遊びのようなチャラさを感じるのだ。

また、相手に好意を確信されてしまうと、好きな人に引かれてしまう原因になることもある点にも重ねて注意する必要がある。もともと興味を持ってもらっていたなら問題にはならないけれど、そうではない場合、知り合って間もない状態で好意を伝えてしまうと、仲良くなるのを避ける人も出てくる。

あなたからの想いに「応えられない」とジャッジが早くなるからであり、仲良くすることが「好意を受け入れている」と相手に思わせてしまうと心配するためだ。

好意を伝えながらアプローチする際は伝え方や時期に気を付けて、その時々に応じたアピール方法を取ろう。段々と自然に伝わっていくなら、それを止めようとまではしなくて良い。

そのために重要なのが「相手のリアクションを見ること」なので、アプローチの強弱を調整して、あなたからの想いが良いイメージで伝わるように工夫してみてほしい。

好きな人のアプローチでは基本となる「褒め方」が分からない人は、下の記事を参考にしてみよう。最初は、さりげなく褒めることでも好意の伝え方となる。そこで警戒心を出さないようであれば、好意の伝え方をより恋愛的にしていこう。

アンケートで分かる「正しい女性の褒め方」とは~社交辞令と思われない女性が喜ぶ褒め方も解説!

医師が推奨した「男性の褒め方」2つのポイント~男性が喜ぶ褒め方をしたいなら意識してみよう

プライベートなやり取りを周りに言いふらす人は嫌われる

最後のポイントは、「周りとの兼ね合い」で問題になることに触れる。嫌われるLINEの仕方やメールの仕方としては間接的な部分になるけれど、これも大切なポイントなので押さえておこう。

好きな人とLINEやメールをするとき、周りに内容を漏らすのは嫌われる人の特徴だ。時々、個人間のやり取りをツイッターやフェイスブックに上げる人もいるが、付き合った後ならまだしも、片思いの時では相手が「晒し」だと思って嫌悪感を覚えても普通。個人的な恋愛相談で人に漏らす際も、相手とその数を意識しなければ、プライベートが筒抜けになっているような印象を与え、バレれば嫌われる原因になるだろう。

特に恋愛に関することは恥ずかしさを覚えるものなので、嫌悪感は深まる傾向が強い。良い意味だったとしても、本気の恋愛なら控えるべきだろう。

LINEやメールのように、個人間のやり取りは通常第三者に見られたくないものであり、恋愛に絡むことについてはさらにその気持ちが強まる。自分の噂をされて気持ちいい気分になる人もいないわけじゃないが、好きな人を想像して自分と個人的な付き合いを深めていきたいと思ってもらえるかどうかは考えるべき事柄になる。

片想いしていると人に聞いてほしいという気持ちになることが多いから、結果好きな人のことを言いふらすような感じになって地雷扱いされないように注意をしよう。つながりのある人を好きになったらある程度相手のことを考慮しながら恋愛する方が嫌われないし、常識的な配慮にもなっている。

好きな人とのLINEやメールでは、やり取りできる期間が長続きするように信頼関係が大切になるため、口が軽いと思われたら恋愛関係も発展しない。お互いが本音で深いコミュニケーションが取れるように、二人の秘密を守れる人でいよう。恋愛相談は、好きな人と関係ない人にすると良い。

まとめ

今回は「嫌われるきっかけになるNGメール・NGライン」の特徴を紹介した。最後は、好きな人との連絡に関係するNGにも触れたので、アプローチする際は参考にしてみてほしい。

メールやLINEなどの間接的なコミュニケーションは、お互いで時間のある時に対応でき、二人きりで話のできるものなのだから恋愛では重要な意味を持つツールだ。これだけで距離を縮めていくのには限界があるから他のアプローチ方法と連動させていくべきだけど、日々のコミュニケーションの中心になる場合は少なくない。

色々と考えてメッセージを決定しているとは思うけど、メールやLINEで一番問題になるのは「しつこさ」であり、次に「察することができない」こと。返信のスピードやメッセージ量なども考慮して、良いコミュニケーションを取ろう。

以下に、LINE関係の記事を貼っておくので、気になる人は合わせて読んでみよう。

もしあなたが好きな人から嫌われてしまった後なら、少し時間を置くことでほとぼりが冷める場合がある。余裕がないと恋愛はうまくいかないし、一度嫌われてからの恋愛はしんどいので、しつこくなってしまうのには注意をしよう。脈なしの確認や、冷たく感じる場合は下の記事も参考にしてみてほしい。

【片思い】LINEがこない時の脈なしパターン~これであなたの恋愛を完全判別!

心当たりがないのに男性が冷たくなった理由8選~いい感じだったのに好きな人は何で突然冷たくなったの?